ヒッグス粒子というものは、発見されたらノーベル賞だと書かれていますが、
どういう人がノーベル賞を取るのかがどこにも書いていません。
今の時点で、ノーベル賞を受賞すると思われるのは誰なのでしょうか。

A 回答 (6件)

それは先駆的な「実験」の場合です。



私が言いたいのは、理論のほうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

理論だとしても、「粒子の予言」という点では、3つの論文全て同じなのですから、一番最初に受理された論文の著者たちが優先権を持つべきじゃないのですか。

前に書いた通り、粒子の名に「ヒッグス」が冠せられたことの理由はよく分かっていないと書いたサイエンスライターの文章を、私は重く見ています。

なぜ、二番手であるヒッグス博士の名を粒子に冠するのかを合理的に説明した文章を私は読んだことがありません。

あなたはヒッグス博士の論文を読んで、ほかの人たちより圧倒的に優れていると思ったのですか。

お礼日時:2012/07/07 02:46

ノーベル賞は業績にもっとも貢献した3人までと書きましたが?



論文提出順ではないです。
その過程なり内容が重要です。粒子の名を冠するほどの業績だったから今注目されているんでは?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いいえ、論文提出順ですよ。
ノーベル賞の委員会は、1から10000まで進めた人より、ゼロから1まで進めた人を受賞者に選んでいます。
2002年のノーベル化学賞が、有名なドイツのヒーレンカンプ教授ではなく、全く無名な田中耕一氏に与えられたことからもそれは明らかです。
ノーベル賞の委員会は、もっとも貢献した人ではなく、一番先にやった人を選んでいます。

粒子の名に「ヒッグス」が冠せられたことの理由はよく分かっていないとサイエンスライターが書いた文章を読んだことがあります。

2010年度のJ.J.Sakurai賞が、ヒッグス博士だけでなく、私が名を挙げた6人全員に与えられていることから、ヒッグス博士以外の5名の貢献が大きいことは明らかだと思います。

お礼日時:2012/07/06 12:11

ノーベル賞は、その功績にもっとも貢献した3人までに送られます(一学賞3人まで)。


賞金も山分けです。

間違いなく粒子の名を冠したヒッグス博士はもらえると思います(生きていれば)。
残りの2人がどうかが問題ですね。

物理の世界では、理詰めの理論でノーベル賞がもらえるケースと、実験で得られるケースの2パターンですが、今回は実験に関与した人間が多すぎて、わかりません。従って、理論でヒッグス博士はほぼ決まりであると考えられます。


余談ですが、理論を最初に提唱してノーベル賞を授賞した人に、ブライアン・D・ジョセフソンという人がいます。この人は超伝導トンネル現象の理論構築をしましたが、ノーベル賞を2回授賞しているバーディーンに学会でメッタ打ちに遭いましたが、面白いと思ったアンダーソンやシャピロらによる実験により理論が正しいとして、ノーベル賞授賞に至りました。(同様のトンネル効果の実験成果によるアイバー・ジェバーと江崎玲於奈と同時授賞。しかし、理論の方が偉大だとして、ジョセフソンは賞金の半分をもらっています。)

ですので、今回の実験も理論検証であるため、授賞となればヒッグス博士が一番賞金の配分も多いでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうでしょうか? 私はそうは思いませんが。
ヒッグス博士はヒッグス粒子を予言した最初の人ではありませんよ。

ヒッグス粒子を予言した論文は、1964年に3本発表されています。いずれも、フィジカル・レビュー・レターズに発表されています。

その3本の論文の著者は、
(1)F・アングレール、R・ブラウト
(2)ピーター・ヒッグス
(3)G・グラルニック、C・ヘイゲン、T・キッブル
となっています。

そして、上記3つの論文が、フィジカル・レビュー・レターズに受理された日付と、掲載された日付を比較すると、いずれも、
(1)→(2)→(3)
の順番になっています。

つまり、ピーター・ヒッグス博士は、ヒッグス粒子を予言した2番目の人であって、1番目は、F・アングレールとR・ブラウトです。

それなのになぜ、「ヒッグス粒子」という名が付いているのかは私には謎です。

とにかく、ヒッグス博士が、ノーベル賞の第1候補というのは、間違っていると思います。

お礼日時:2012/07/06 06:09

間違いなく、ピーター・ヒッグス氏でしょう。


もう80歳を超える高齢なので、
死ぬ前に早くノーベル賞を与えたほうがいいと思います。

実験物理学者の方はどうかな、国際共同プロジェクトで
多数の人が参加してますからね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうでしょうか? 私はそうは思いませんが。
ヒッグス博士はヒッグス粒子を予言した最初の人ではありませんよ。

ヒッグス粒子を予言した論文は、1964年に3本発表されています。いずれも、フィジカル・レビュー・レターズに発表されています。

その3本の論文の著者は、
(1)F・アングレール、R・ブラウト
(2)ピーター・ヒッグス
(3)G・グラルニック、C・ヘイゲン、T・キッブル
となっています。

そして、上記3つの論文が、フィジカル・レビュー・レターズに受理された日付と、掲載された日付を比較すると、いずれも、
(1)→(2)→(3)
の順番になっています。

つまり、ピーター・ヒッグス博士は、ヒッグス粒子を予言した2番目の人であって、1番目は、F・アングレールとR・ブラウトです。

それなのになぜ、「ヒッグス粒子」という名が付いているのかは私には謎です。

とにかく、ヒッグス博士が、ノーベル賞の第1候補というのは、間違っていると思います。

お礼日時:2012/07/06 06:08

びっくす博士じゃないかな?


ノーベル賞は 発見もしくは理論を確立した人がもらうよ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうでしょうか? 私はそうは思いませんが。
ヒッグス博士はヒッグス粒子を予言した最初の人ではありませんよ。

ヒッグス粒子を予言した論文は、1964年に3本発表されています。いずれも、フィジカル・レビュー・レターズに発表されています。

その3本の論文の著者は、
(1)F・アングレール、R・ブラウト
(2)ピーター・ヒッグス
(3)G・グラルニック、C・ヘイゲン、T・キッブル
となっています。

そして、上記3つの論文が、フィジカル・レビュー・レターズに受理された日付と、掲載された日付を比較すると、いずれも、
(1)→(2)→(3)
の順番になっています。

つまり、ピーター・ヒッグス博士は、ヒッグス粒子を予言した2番目の人であって、1番目は、F・アングレールとR・ブラウトです。

それなのになぜ、「ヒッグス粒子」という名が付いているのかは私には謎です。

とにかく、ヒッグス博士が、ノーベル賞の第1候補というのは、間違っていると思います。

お礼日時:2012/07/06 06:08

最も妥当なのは、理論を構築されたヒッグスさんではないかと思います。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうでしょうか? 私はそうは思いませんが。
ヒッグス博士はヒッグス粒子を予言した最初の人ではありませんよ。

ヒッグス粒子を予言した論文は、1964年に3本発表されています。いずれも、フィジカル・レビュー・レターズに発表されています。

その3本の論文の著者は、
(1)F・アングレール、R・ブラウト
(2)ピーター・ヒッグス
(3)G・グラルニック、C・ヘイゲン、T・キッブル
となっています。

そして、上記3つの論文が、フィジカル・レビュー・レターズに受理された日付と、掲載された日付を比較すると、いずれも、
(1)→(2)→(3)
の順番になっています。

つまり、ピーター・ヒッグス博士は、ヒッグス粒子を予言した2番目の人であって、1番目は、F・アングレールとR・ブラウトです。

それなのになぜ、「ヒッグス粒子」という名が付いているのかは私には謎です。

とにかく、ヒッグス博士が、ノーベル賞の第1候補というのは、間違っていると思います。

お礼日時:2012/07/06 06:08

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qヒッグス粒子が発見できた理由

ヒッグス粒子はLHCが実現する超高エネルギーのおかげで発見できた!!
と思っていたのですが
1995年に発見されたトップ・クォークの質量は 172 GeV くらいで
数年前に発見されてノーベル賞につながったヒッグス粒子の質量は 126 GeV くらいですよね

ということは単純に考えたら
ヒッグス粒子が発見されないネックになっていたのはエネルギーではないのだろうなとなります

LHC 以前にトップ・クォークが発見されていたにも関わらずヒッグス粒子が発見できていなかった理由
そして数年前にようやくヒッグス粒子が発見された理由
というのは一体何なのでしょうか?

Aベストアンサー

ナショジオのインタビューを引用

何故エネルギーがトップクォークより小さいのに
発見が後になったのかという質問に対する
東大の小林教授の回答です。

「確かに、一般的には質量が大きい素粒子ほど
加速器内ではできにくくなります。
ヒッグス粒子のほうが質量は小さい。
しかし、トップクォークとヒッグス粒子は
相互作用の大きさが異なります。
繰り返しになりますが、加速器内での陽子衝突で
素粒子を発生させる場合、トップクォークより
ヒッグス粒子のほうが
できにくいということがその理由です。」

Qヒッグス粒子発見か?について教えてください

最初にお断り。私はそもそも物理学(も含めて理学系)はど素人です。本当にたままたのタイミングですが、ごく最近になっておよそ30年ぶりにブルーバックスを読み漁りはじめた(もっぱら宇宙とか素粒子とか。なんでもここ最近の観測技術の発達でいろんな事が分かってきた・確認できたと聞き興味本位で本屋さん巡りをしている程度の)唯の読書好き・雑学好きに過ぎません。

本日(2012年7月4日)、ありとあらゆるニュース媒体で「世紀の発見」とか「神の粒子」などと大騒ぎになっています。
個人的にも素人ながら「なんかよくわからないけど、凄い、凄い。めでたい、めでたい。ノーベル賞確実かな?」ってな具合でお祭り気分になっています。
しかし、そこは素人の悲しさ。一体全体何を以て発見(もしくは確認)できたと判断したのか、ニュースサイトを見てもよくわかりません。また、その確認には何eV必要だったのかも。
この点について素人でも分かるような報道・記事があればご紹介いただけますと助かります。日本語ですとありがたですが、英語でしたら何とかネット検索を駆使して見てみようと思います。
↑「そんなど素人が理解できるような話じゃないので最初っから無理」というご助言もありがたく拝聴いたします。m(_ _)m

最初にお断り。私はそもそも物理学(も含めて理学系)はど素人です。本当にたままたのタイミングですが、ごく最近になっておよそ30年ぶりにブルーバックスを読み漁りはじめた(もっぱら宇宙とか素粒子とか。なんでもここ最近の観測技術の発達でいろんな事が分かってきた・確認できたと聞き興味本位で本屋さん巡りをしている程度の)唯の読書好き・雑学好きに過ぎません。

本日(2012年7月4日)、ありとあらゆるニュース媒体で「世紀の発見」とか「神の粒子」などと大騒ぎになっています。
個人的にも素人ながら...続きを読む

Aベストアンサー

こんな記事がありました。

http://sankei.jp.msn.com/science/topics/science-16569-t1.htm

Qヒッグス粒子の発見について

こんにちは、
ヒッグス粒子は発見間近なのでしょうか?その発見は、ヒッグス粒子が崩壊して出来た他の粒子なのでしょうか?それともヒッグス粒子そのものなのでしょうか?ヒッグス粒子が質量ゼロもしくは存在しない可能性は残されているのでしょうか?

Aベストアンサー

概略は下記を参照してください。
http://www.kek.jp/newskek/2007/janfeb/Wboson.html
ここにあるとおり、ヒッグス粒子を直接観測する方法とトップクォークの質量とWボソンの質量のから間接に求める方法の両方が実施される予定です。ヒッグス粒子の質量が130GeV以下あるいは150~170GeVの場合であれば、99.7%で分かると言うことですが、2008年から稼働のCERNの世界最高エネルギーの陽子・陽子コライダーLHCなら、まずまちがいなく観測されるとのことです。

Qノーベル物理学賞の受賞理由

ノーベル物理学賞の受賞理由を見てみると、物理法則の発見や、困難あるいは画期的な実験で理論を検証したとかではなく、単純に工学的に優れた機械を発明した人も受賞しているようです。
機械を開発というのは物理学的にはどうでもいいことなんですが、なんで工学と物理学がごっちゃにされてるんですか?

Aベストアンサー

>業績がわかりやすいから、です。

まあ、審査は秘密なので誰にもわからないわけですが、

ダイナマイトの発明で儲けたお金で作った賞ですし
19世紀末、物理の新理論はもう出ないと思われていたらしいですから
工学的な発明や実用化に賞を与えるのは自然な流れかと。

数学賞がないというのも、この賞の性格をよく表していると思います。

Q南部陽一郎博士はアメリカ人ノーベル賞受賞者なのですか

今年のノーベル物理学賞を、南部陽一郎氏、小林誠氏、益川敏英氏が受賞し、マスコミでは、「日本人が物理学賞を3人受賞」と書き立てられていますが、
南部陽一郎博士は、アメリカ国籍を取得しているから、アメリカ人受賞者ではないのでしょうか。
南部博士も、「日本人受賞者」と言って良いのでしょうか。

Aベストアンサー

「○○人」の定義は、○○国籍を持つ人だけではありません。人種・民族・出身地・居住地の意味で「○○人」を用いる場合もあります。

そういう意味では、今回の報道は許容範囲ではないかと思います。

ただ、「日本人のノーベル賞受賞者はこれで○人」という報じ方は誇大表現のように思えます。統計的数値を出すならば、日本人の定義を明確にする必要があるかと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報