独身OL女性です。

私は毎月、
健康保険、厚生年金、雇用保険、所得税、住民税が引かれています。

給与所得の源泉徴収票の項目で
社会保険料控除等の金額 368,241円と記載されているのですが、
これは、1年間の健康保険、厚生年金、雇用保険、所得税、住民税の合計額でしょうか?

それとも住民税・所得税を抜いた合計額でしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>1年間の健康保険、厚生年金、雇用保険、所得税、住民税の合計額でしょうか?それとも住民税・所得税を抜いた合計額でしょうか?



「健康保険、厚生年金、雇用保険」の(自己負担分の)合計額です。

-------
○「所得税」は以下のように求めます。

所得税=(給与支払額-「各種控除」)×税率 (-税額控除)

「各種控除」の内訳は以下のようになります。

・「給与所得 控除」
・「社会保険料控除」…上記の保険料の合計
・自己申告した「所得控除」

○「住民税」は前年および前々年の所得に対してかかったものです。

平成24年の6月~平成25年5月に給与から引き去り:平成23年の所得に対する「住民税」

(参考)

『~年金が「2階建て」といわれる理由~』
http://nenkin.news-site.net/kiso/kiso03.html
『国民年金と厚生年金の比較(違い)』
http://www.kokumin-nenkin.com/knowledge/kouseine …

『所得税・住民税簡易計算機【給与所得用】』
http://tsundere-server.net/tax.php
『給与所得 控除とは』
http://tt110.net/22syoto-zei/T-kyuyo-koujyo.htm
『所得控除とは』
http://tt110.net/22syoto-zei/T-syotokukoujyo-toh …
※所得控除が増えても「(給与)所得金額」そのものは変わりません。

『源泉徴収とは?支払者が所得税を納付』
http://allabout.co.jp/gm/gc/12014/
『住民税とは?住民税の基本を知ろう』
http://allabout.co.jp/gm/gc/14737/
『和歌山県情報館|個人住民税「特別徴収」に係る Q&A』
http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/010500/toku …

『[PDF]平成23年版 給与所得者と年末調整(リーフレット)(平成23年10月)』
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/g …
『税についての相談窓口 』
http://www.nta.go.jp/shiraberu/sodan/sodanshitsu …
※住民税は【お住まいの】市区町村役場(役所)です。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2012/10/10 20:03

 


社会保険料控除とは下記の合計です

健康保険料
介護保険料
厚生年金保険料
雇用保険料
 
    • good
    • 9
この回答へのお礼

やはり所得税、住民税は社会保険ではないのですね。
ありがとうございました。大変参考になりました。

お礼日時:2012/07/07 10:10

このQ&Aに関連する人気のQ&A

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q賞与計算時の社会保険料控除について

賞与計算時の
社会保険料控除についてご教示ください。


6月10日が賞与支給日で

6月2日に育児休職をした方は
社会保険料は控除されるでしょうか。
それとも免除となりますでしょうか。

初歩的なご質問で申し訳ございませんが
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

仮にその社員をAさんと呼びましょう。
当然の前提条件ですが、Aさんに関する育児休業の届出は済んでいますよね。

育児休業期間の社会保険料ですが、ご質問の場合には徴集する必要は御座いません。
理由としては、今更説明するまでも無いのですが・・・育児休業期間として届けられている月の保険料は免除するという基本的なルールだからです。
尚、育児休業期間であると届け出ている月に出勤し、それに対する給料であれば、社会保険料の徴収は必要です。

私も資格者ですが、念の為に、専門家が書いているHPのURLを付けておきます。
http://hoken-tetsuduki.com/index.php?%E8%B3%9E%E4%B8%8E%E3%82%92%E6%89%95%E3%81%A3%E3%81%9F%E3%80%82

Q住民税は控除対象にならないのですか?

住民税は控除対象にならないのですか?

無知ですいません。
社会保険料や雇用保険は控除され所得税などの課税対象外になってるかと思いますが、
住民税は所得税や次年度の住民税の課税対象になってしますのでしょうか?
今派遣で働いており、住民税は普通徴収になっています。

Aベストアンサー

控除対象と課税対象はまったく違うものです。

まず控除対象と課税対象の違いから、
控除対象とは所得税の計算上控除できるもので、
社会保険料や雇用保険料などお金を支払うものがこの分類に入ります。
課税対象とは所得税の元となる収入で、
給料や年金などお金を受け取るものがこの分類に入ります。

ですから控除対象=課税対象外ではありません。
社会保険料は控除対象ですが課税対象外ではありません
所得税の計算上控除できるものです。

そして住民税はお金を受け取るものではなく支払うものなので
課税されるかどうかという話にはなりません。
課税対象か対象外か?という問題ではありません。
所得税の計算上、控除できるかどうかという問題です。

結論ですが住民税は、消費税やたばこ税など他の税金と同じように、
所得税の計算上、控除できません。
控除の対象になりません。

Q社会保険料の中に厚生年金は含まれるの?

給与明細を見てもよくわからないのですが
社会保険料の中に厚生年金は含まれるのでしょうか?

Aベストアンサー

事業所によっては厚生年金に加入しませんので、常にとは断定でません。
健康保険法、厚生年金法、所得税法等々で明細発行義務があり、合計では明細とは言えません。

Q年末調整の社会保険料等控除額について

まったくの初心者です。
よろしくお願いします。

年末調整の際に記入する「所得税源泉徴収簿」の中の「社会保険料等の控除額」に記入する金額ですが、厚生年金・社会保険・雇用保険は分かるのですが後はどのようなものが当てはまるのでしょうか?

控除内の交通費などはココに入れてしまっても良いのでしょうか?

ここの金額を源泉徴収票の中の「社会保険料等の金額」に記載すればいいんですよね??

すみませんがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

源泉徴収簿のマル10の「給与等からの控除分」の事ですよね。

この欄は、給与から天引きした、健康保険料・厚生年金保険料・雇用保険料等について記載すべき事となります。

非課税となる交通費は、ここに記載するのではなく、というより、控除項目ではなく、非課税な訳ですから、総支給額の欄で、その分を控除して記載すべき事となります。
例えば、給与20万円、非課税通勤費1万円、合計で21万円支給していた場合、源泉徴収簿のその月の総支給額の欄には、非課税分を控除した後の20万円と記載すべき事となります。

ご参考までに、源泉徴収簿のマル11の「申告による社会保険料の控除分」の部分は、従業員の方が保険料控除申告書に記載した、ご自分で支払われている健康保険料や国民年金等について記載する事となります。

源泉徴収簿のマル12の「申告による小規模企業共済等掛金の控除分」については、会社の役員がご自分でかける小規模企業共済について、保険料控除申告書に記載及び証明書の添付があった場合に、転記すべき事となります。

Q確定申告 社会保険料控除

H22年分の確定申告をしています。過去に納付した社会保険料の保険料額が更生され過納分が還付されました。H22年中に還付されたのでH22年に納付した社会保険料から差し引いたものを社会保険料控除の額にすればいいですか

Aベストアンサー

>H22年中に還付されたのでH22年に納付した社会保険料から差し引いたものを…

そうではありません。
当該年の所得税額が変わるなら、当該年の修正申告が必要です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2026.htm

>過去に納付した社会保険料の保険料額が更生され…

当該年の翌年 3/15 までに更正額だけでも判明していなかったのですか。
3/15 までに分かっていれば、その年分の確定申告ということで、ペナルティは発生しなかったのですけど。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

Q源泉徴収税額とは・・・・・

現在、派遣社員として某企業で働いています。「給与所得の源泉徴収票」というのが送られてきました。源泉徴収税額のところに、97360円とか書いてあったのですが、これってこれから払わないといけないでしょうか?ちなみに源泉徴収税って何ですか?

Aベストアンサー

源泉徴収税って所得税ですよ。年収に応じて所得税を
払います。

ちなみに所得税は月々の給料で少しずつ仮に引かれて
います。で、年末調整でそれを再計算して正しい年間
の所得税額を計算します。

で、senta200さんからみて月々払っているのが多ければ
還付(戻ってくる)されるし、払っている額が少な
ければ徴収されます。

源泉徴収税額のところに97360円とかいてあるのは
年間のsenta2003さんの所得税ですよ。
だからこれに毎月払っている額を照らし合わせて
差額が還付か納付になります。

Q今月 社会保険料が、倍近くになってしまいました。

社会険料、引越をして交通費15000円支給を受けたら、
社会保険料が、
25000円になったのですが、これって有りでしょうかね。
交通費が高い方は、それだけ将来貰える年金額が、高く
なるの??
社会保険料の事を 知っている方 どうぞ 教えてください。

Aベストアンサー

>これって有りでしょうかね。

ありえます。

>交通費が高い方は、それだけ将来貰える年金額が、高くなるの??

理論上はそうです。


社会保険料の算出方法は、4.5.6月の
給与等(これには交通費や現物供与されたものも含まれる)の
平均で計算されます。それが反映されるのが今月からです。

これを社会保険料の標準報酬月額の算定基礎届といいます。
http://www.kyousinkai.jp/snteikiso.htm

ですから、去年の4-6月の給与等に比べて、
今年の4-6月の給与等が倍になったということです。
(大きな残業なんかがたまたま入ってということが原因のこともあります)

Q給与/報酬の「支給額」と「支払額」の違い

恥ずかしながら現在平成17年度分給与所得の源泉徴収票等の法定調書合計表を作成しています。

うちの会社は毎月、給与所得・退職金の領収済通知書と報酬・料金等の領収済通知書を使って郵便局から納税をしています。
しかし、今回法定調書合計表を作成するにあたって控えから合計を出していたのですが、給与~の方は控除前の金額、報酬~の方は控除後の金額を書いていることに気づきました。

よく見ると給与~の方は「支給額」、報酬~の方は「支払額」となっていますが、ここの違いでしょうか?

そして、給与所得の源泉徴収票等の法定調書合計表を書くとき、給与所得は控除後の金額の合計に変えないといけないのでしょうか?
(だとすると毎月出してる領収済通知書と違ってくると思うのですが...)

前任者のやり方をそのまま疑いもせずにやっていたので気づかなかったのですが、もし「支給」も「支払」も同じだとすると少しやばいかも?という気もし始めています・・・

ご存知の方教えてくださいm(__)m

Aベストアンサー

こんばんは。

給与の「支給額」も報酬の「支払額」も意味合いは同じで、その人に
「支払うこととしている金額(税引前・保険料控除前の金額)」です。
源泉徴収票も支払調書も、またそれらに係る法定調書合計表も
「支払金額」欄はすべて税引前の金額を記載します。
ですから、法定調書合計表の「報酬、料金~の支払調書合計表」の
「支払金額」欄は訂正することになります。もし、支払調書の方の
「支払金額」欄も税引後の金額で書かれているなら、そちらも訂正する
ことになります。

以前からこれらの記載方法を誤っていたということのようですが、
質問者様の会社はその報酬等に係る所得税額を正しく計算・徴収・納付
されているのですから、単なる記載ミスと捉えて問題ないと思います。

Qパート社員の社会保険料の計算方法

新規に立ち上げた会社で給与関係の事務に携わることになり、
ネットで調べたりしているのですが、それでも素人なせいか
解らないのでお教え願います。

10月1日より契約社員2名、パート社員5名を雇用しています。
10月分給与(10/25支給)で契約社員からは社会保険料を
天引きしているのですが、パート社員からは天引きしていません。

パート社員さんの今月支給分で前月分の社会保険料を「調整」という
形で天引きします。(これはパート社員さんに了承えております)
この場合の社会保険料の計算する方法は、保険料額表に基づいて
行うだけでいいのでしょうか?
ちなみに給与計算は給与ソフト「弥生給与」を使用します。
パート社員さん達は、その月々により収入は変わると思います。
この場合でも保険料月額表に基づいて保険料が決まるのでしょうか?

保険料は、自動振替ではなく毎月金融機関へ納付する予定でおります。
それとこのように給与・人事関係のお薦めの著書がありましたら
教えてください。

Aベストアンサー

政府管掌保険か、組合保険か分かりませんが政府管掌保険として…

>10月分給与(10/25支給)で契約社員からは社会保険料を
>天引きしているのですが、パート社員からは天引きしていません。

通常保険料は翌月払いとなりますので、10/1入社の方分は11月末に届く保険料納付書から支払となります。御社の初めて支払う保険料は11月末に支払えばいいので、普通の会社は11/25給与から徴収し、11月末に納付書で払います。10月中に納付書は届きませんでしたよね?

パートの場合、社会保険に該当するかどうかは勤務時間と勤務日数で両方に該当するときに被保険者とするのが妥当とされています。

(1)1日の所定労働時間が一般社員のおおむね4分の3以上であれば該当。
例えば一般社員の所定労働時間が1日8時間とすると、6時間以上であれば該当します。

(2)1ヶ月の勤務日数が一般社員の所定労働日数のおおむね4分の3以上であれば該当します。

※あくまで目安なので総合的に常用的来ようと認められれば被保険者となれますが…。

以上を踏まえて被保険者に該当するようであれば通常通り保険料額表に従って等級を取得して大丈夫です。

>パート社員さん達は、その月々により収入は変わると思います。
>この場合でも保険料月額表に基づいて保険料が決まるのでしょうか?

そのたびに月額変更対象者となります。こちらで説明しますと長くなりますので、社会保険事務所へ直接電話して相談されるのが1番早いです!とても丁寧に教えていただけますよ。

オススメの本は「社会保険のてびき(社会保険研究所)」です。保険担当になって7年ですが毎年購入していますよ。

政府管掌保険か、組合保険か分かりませんが政府管掌保険として…

>10月分給与(10/25支給)で契約社員からは社会保険料を
>天引きしているのですが、パート社員からは天引きしていません。

通常保険料は翌月払いとなりますので、10/1入社の方分は11月末に届く保険料納付書から支払となります。御社の初めて支払う保険料は11月末に支払えばいいので、普通の会社は11/25給与から徴収し、11月末に納付書で払います。10月中に納付書は届きませんでしたよね?

パートの場合、社会保...続きを読む

Q健康保険資格喪失証明書について

恐れ入ります。

まず自分は今年の1月末で会社を退職し
現在無職の一人暮らしとなっております。

保険証を退社時に返却していたので、
届出などが必要というのはしっていたのですが、
保険などについては、全くわからないということがあって、
退職してからなにもしておりませんでした。

しかし、最近になって急に昔から放置していた
虫歯が尋常じゃなく痛み出し、
保険証が必要となりインターネットで調べていたのですが、
国民健康保険に変更申請するのに

「健康保険資格喪失証明書」

が必要ということだけはわかりました。

しかし、退職時にはいただいておりません。
退職して約2ヶ月たちますが、自宅に郵送などもされてきておりません。

そこでお聞きしたいのですが、
1.健康保険資格喪失証明書は退職時に渡されるのが普通なのか?
2.問い合わせは前の会社でよいのか?
3.現状で最短で保険証を手に入れる手順は?

以上です。大変申し訳ありませんが宜しくお願いします。


早く歯医者行きたいです。
痛みでよるも眠れません;;

恐れ入ります。

まず自分は今年の1月末で会社を退職し
現在無職の一人暮らしとなっております。

保険証を退社時に返却していたので、
届出などが必要というのはしっていたのですが、
保険などについては、全くわからないということがあって、
退職してからなにもしておりませんでした。

しかし、最近になって急に昔から放置していた
虫歯が尋常じゃなく痛み出し、
保険証が必要となりインターネットで調べていたのですが、
国民健康保険に変更申請するのに

「健康保険資格喪失証明書」

が...続きを読む

Aベストアンサー

喪失証明書は送付義務はありません。
また、勝手に自宅に送られてくるものでもありません。
通常会社は、資格喪失届を出すことで送られる資格喪失通知書の
コピーか、もしくは資格喪失連絡票というものを退職者に渡します。

前の会社に問い合わせして、資格喪失通知書のコピーをもらうことです。
通常は雇用保険の離職票などと一緒に退職後すぐに会社が退職者に渡すべきものです。
保険証については、市役所などで問い合わせしないとここでは分かりません。
健康保険は退職日にさかのぼって加入することになります。
また、届出が遅れた場合は届出日以前に発病した病気については保険が使えない
場合もあります。

このような手続きは通常は退職後すぐに行うべきものです。
誰も教えてくれないから分からない、教えてくれない会社や役所が悪いでは、済まされません。
分からなければ退職した会社の担当者なりに聞けばいいのです。

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング