独身OL女性です。

私は毎月、
健康保険、厚生年金、雇用保険、所得税、住民税が引かれています。

給与所得の源泉徴収票の項目で
社会保険料控除等の金額 368,241円と記載されているのですが、
これは、1年間の健康保険、厚生年金、雇用保険、所得税、住民税の合計額でしょうか?

それとも住民税・所得税を抜いた合計額でしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>1年間の健康保険、厚生年金、雇用保険、所得税、住民税の合計額でしょうか?それとも住民税・所得税を抜いた合計額でしょうか?



「健康保険、厚生年金、雇用保険」の(自己負担分の)合計額です。

-------
○「所得税」は以下のように求めます。

所得税=(給与支払額-「各種控除」)×税率 (-税額控除)

「各種控除」の内訳は以下のようになります。

・「給与所得 控除」
・「社会保険料控除」…上記の保険料の合計
・自己申告した「所得控除」

○「住民税」は前年および前々年の所得に対してかかったものです。

平成24年の6月~平成25年5月に給与から引き去り:平成23年の所得に対する「住民税」

(参考)

『~年金が「2階建て」といわれる理由~』
http://nenkin.news-site.net/kiso/kiso03.html
『国民年金と厚生年金の比較(違い)』
http://www.kokumin-nenkin.com/knowledge/kouseine …

『所得税・住民税簡易計算機【給与所得用】』
http://tsundere-server.net/tax.php
『給与所得 控除とは』
http://tt110.net/22syoto-zei/T-kyuyo-koujyo.htm
『所得控除とは』
http://tt110.net/22syoto-zei/T-syotokukoujyo-toh …
※所得控除が増えても「(給与)所得金額」そのものは変わりません。

『源泉徴収とは?支払者が所得税を納付』
http://allabout.co.jp/gm/gc/12014/
『住民税とは?住民税の基本を知ろう』
http://allabout.co.jp/gm/gc/14737/
『和歌山県情報館|個人住民税「特別徴収」に係る Q&A』
http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/010500/toku …

『[PDF]平成23年版 給与所得者と年末調整(リーフレット)(平成23年10月)』
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/g …
『税についての相談窓口 』
http://www.nta.go.jp/shiraberu/sodan/sodanshitsu …
※住民税は【お住まいの】市区町村役場(役所)です。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2012/10/10 20:03

 


社会保険料控除とは下記の合計です

健康保険料
介護保険料
厚生年金保険料
雇用保険料
 
    • good
    • 9
この回答へのお礼

やはり所得税、住民税は社会保険ではないのですね。
ありがとうございました。大変参考になりました。

お礼日時:2012/07/07 10:10

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q月収25万円で、所得税、住民税、健康保険、厚生年金いくら差し引かれ、実

月収25万円で、所得税、住民税、健康保険、厚生年金いくら差し引かれ、実質の手取り額はいくらになりますでしょうか?
昨年の収入は、約350万。44歳。妻はパート(年間60万) 中学生一人の3人家族です。

ざっくりでもいいのでわかる方、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ざっくりですが(厚生年金、協会けんぽ(東京都)加入の場合で)
・月の収入(25万)から社会保険料を引く
 雇用保険(4/1000):1000円、厚生年金保険料:20415円、健康保険保険料:12181円
 250000-(1000+20415+12181)=216404
 (厚生年金は1.の16等級、健康保険は2.の20等級介護保険含む、より)
・上記の金額を、3.の表の扶養親族2人に当て嵌めると、月の源泉所得税は2060円になります
 (月の源泉分の所得税は仮徴収なので、正確なこの年の所得税額ではありません・・年末調整時で正確な所得税額に確定します)
・ここまでで、250000-33596-2060=214344円の手取り
・あとこれから、住民税の天引き分(特別徴収)を引きます
  (税額は計算のしようがないので:データ不足、該当額を引いて下さい・・引いた金額が実質の手取金額になります)

1.厚生年金保険(保険料額表):社会保険庁
http://www.sia.go.jp/seido/iryo/ryogaku2109/ryogaku01.pdf
2.協会けんぽ保険料(東京都):全国健康保険協会
http://www.kyoukaikenpo.or.jp/resources/content/4378/20090916-120659.pdf
3.源泉徴収税額票(月額):国税庁
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/gensen/zeigakuhyo2008/data/02.pdf
※厚生年金基金に加入の場合は保険料は違う
 健康保険組合の健康保険に加入の場合は保険料は違う
 ・・ので参考程度にご覧下さい
 (通勤交通費は非課税の場合は手取額にそのまま足して下さい)

ざっくりですが(厚生年金、協会けんぽ(東京都)加入の場合で)
・月の収入(25万)から社会保険料を引く
 雇用保険(4/1000):1000円、厚生年金保険料:20415円、健康保険保険料:12181円
 250000-(1000+20415+12181)=216404
 (厚生年金は1.の16等級、健康保険は2.の20等級介護保険含む、より)
・上記の金額を、3.の表の扶養親族2人に当て嵌めると、月の源泉所得税は2060円になります
 (月の源泉分の所得税は仮徴収なので、正確なこの年の所得税額ではありません・・年末調整時で正確な所得...続きを読む

Q所得税・住民税・社会保険・健康保険について

私の会社にはパートが沢山居るのですが、給与から所得税・住民税・社会保険・健康保険などの税金が給与から天引きされていません。これらの税金は
徴収する基準などがあるからなのでしょうか?
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

所得税と住民税は、確定申告。
社会保険と健康保険(両方とも同じですね)は、賭けていなくて、国民健康保険と国民年金。
と、言うことじゃないですか?

Q住民税・所得税・雇用保険 支払いの件

初めまして。
実は支払いの件で 困っているのですが
今 勤めている会社では 社会保険(健康保険、厚生年金)には
加入をしてるのですが 雇用保険には加入をしていないみたいなのです。給与明細を見ても 雇用保険分は 引かれておりません。
雇用保険は 例えば 退職時に 失業保険をもらえないという事なのでしょうか?また法人として 加入する必要は無いのでしょうか?
僕自身 今 勤めている会社を辞めなければ問題が無いという事は
本末転倒なのでしょうか?

あと こちらの方が深刻な質問になるのですが
税金に関しても 給与明細に 所得税 住民税の欄がなく
引かれてもないです。所得税を会社で払ってないから 住民税も
請求が来ないのでしょうか?以前勤めていた会社の場合は全て天引き もしくは 市役所から住民税の振込み用紙が自宅に届いておりました。住民税というのは 会社が払う 所得税から算出されて請求が来ると理解してるのですが。。。

給与は通帳に振り込まれてますし 記録は通帳に記帳されています。
心配なのは 後から 住民税や所得税を払ってくれ!と市役所から
督促(遅延分も含めて)があるかが心配なのです。
僕自身は 税金は払っていいと考えてますので。。。。
市役所に行って どうして 振込用紙が届かないのですか?と
聴きに行って会社に調査が入るというのも やぶへびかと思っております。
過去の質問なども読ませていただいたのですが
僕自身がとる最善の方法を アドバイスしていただければと思って
質問を書かせていただきました。
何卒 ご回答のほど 宜しくお願いいたします。

初めまして。
実は支払いの件で 困っているのですが
今 勤めている会社では 社会保険(健康保険、厚生年金)には
加入をしてるのですが 雇用保険には加入をしていないみたいなのです。給与明細を見ても 雇用保険分は 引かれておりません。
雇用保険は 例えば 退職時に 失業保険をもらえないという事なのでしょうか?また法人として 加入する必要は無いのでしょうか?
僕自身 今 勤めている会社を辞めなければ問題が無いという事は
本末転倒なのでしょうか?

あと こちらの方が深刻な質問にな...続きを読む

Aベストアンサー

住民税に関してなんですが基本は普通徴収だと思ってください。
特別徴収にする際に市役所に特別徴収に切り替えますという届けを出します。だいたいこれは企業がします。 小さなところであれば
個人宛に届いた振込用紙を会社に持っていけば手続きをしてくれますが
それはされていないでしょうか?
個人宛に届いていないのであればそれも含め会社側に確認してみてください。
所得税に関しても会社が天引きをしていないのであれば個人で
確定申告する必要があります。 会社で天引きしている際でも
あくまで会社が代行して確定申告をしているだけでしていないわけではないです。会社にお勤めだったら年末調整がこれに当たります。
本当に何らかの事情で税金を納めていないというのであれば所得なし
となりますので融資等に関しては厳しいかと思います。
とりあえず早急に会社に確認してみましょう。
会社が払っていないのであれば市役所に行きどうすればいいのか
相談してみましょう。 さすがに滞納分一括で全部払えとは市役所も言いませんから相談してみてください

Q住民税と所得税で異なる所得控除額について

 住民税の方が、ほとんどの場合、所得税より所得控除額が小さいので、同じ所得金額でも課税標準額の大きくなる住民税の方が負担が大きくなります。
 住民税は広く負担をお願いする趣旨でそのようになっているようですが、異なる控除額を等しくしたり、所得税にしかない「住宅ローン控除」を住民税でも適用するなど、住民税と所得税にある所得控除の違いをなくすことに課題はあるでしょうか?

Aベストアンサー

>住民税の方が、ほとんどの場合、所得税より所得控除額が小さいので、同じ所得金額でも課税標準額の大きくなる住民税の方が負担が大きくなります。

これはなんともいえませんが、、、税率の階段が違うので、課税所得によって変化しますよ。
最低課税は住民税の方が広くカバーしていますが、段々所得税の方が高くなり、また住民税のほうが高くなり、また所得税が高くなり、最終的には所得税の方が高いという結果になりますよね。(最高税率所得税は30%で住民税は15%)

>住民税と所得税にある所得控除の違いをなくすことに課題はあるでしょうか
税率はどうしましょう。課税所得に対する税率の階段はどこにしましょうか。
総合的に見れば税率の階段と所得控除の見直しというのは議論されていますので、その中で所得税住民税共に同一とする考えはあってもよいと思いますよ。特段の課題というものはないでしょう。

Q国民健康保険、年金、住民税、所得税など

年齢:26歳
女性
横浜市在住
アルバイトにて月13万~18万給与としてあります。
年収は約180万
だいたい週4日~5日 8時間勤務
旦那の扶養には入っておりません。

・国民健康保険
・国民年金
・市民税
・県民税
・所得税などの支払い額が知りたいと思っております

Aベストアンサー

収入があるから、夫は配偶者控除を申告できまん。

・国民健康保険・・・http://www.kokuho.info/hoken-keisan.htm
・国民年金・・・・・http://www.nenkin.go.jp/main/individual_01/index3.html
・市民税・県民税・・http://www.pref.hokkaido.jp/soumu/sm-zeimu/tax_sim/sim_001.html
・所得税・・・・・・年収により、年末調整又は確定申告で確定します。

健康保険料は、貴方が夫の被扶養者でなくなった証明を戴いて、市役所で手続きします。
国民年金も同じです。納付額は収入に関係なく一律です。
市県民税は、申告した年収により計算されて、納付書が送られてきます。不服があれば、申し立てができます。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報