小テストの範囲なのですが、和訳を写したプリントを紛失してしまいました(--;)
先生に頼んでも「自己責任よ」ということで教えてもらえず……(泣)

残念ながらアホ学校のため、友人の中にはまともに訳せる人間がいません!

どうか訳を教えてください!
1問ずつでも構いません(;_;)


(1)If you had told truth,she wouldn't have been angry.

(2)I wish I could have spoken Chinese.

(3)I wish my parent had followed my advice than,he would have been better now.

とりあえず3問お願いします!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

(1)If you had told truth, she wouldn't have been angry.



ほんとの事を話していれば、彼女怒ったりはしなかっただろうに。

(2)I wish I could have spoken Chinese.

中国語が話せていればなぁ。

(3)I wish my parent had followed my advice then, he would have been better now.

あの時父親が自分の助言を受け入れていれば、今よりもっとましな生活が送れただろうに。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QI wish I wouldn't have asked her. と I wish I had not asked her.

こんにちは。

「彼女に尋ねなければ良かった」のような表現は、学校英語では I wish I had not asked her. が正しいのかも知れませんが、I wish I wouldn't have asked her. の形をたまに聞くことがあります。

感じとしては、後者の方は I wouldn't have asked her. だけでも「(もう一度同じようなことがあれば)尋ねなかっただろう」で、I wish が必要ないと思うのですが、この I wish は仮定法を伴う「願う」という意味ではなく、単に I hope とか I think のような感じで使われていると解釈すればいいでしょうか?

語句の解釈でも、文法的な解釈でもどんなことでもいいのですが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

おおむねお考えの通りです。I wish の後に would を含む節をつなげるのはその意味から言っても文法違反なのですが実際には仮定法という連想から(文法用語的な理解ではなく非現実にはwouldがよく出て来るという慣用から)実際には用いられることがあります。人は文法で話しているのではないという例の一つです。

I wish+仮定法というのは現在の状態や過去の「変えようのないもの」に対する「実際は違うし願ってもしかたないがこうであればどんなにかいいだろう」ということですから I would not have asked「尋ねなかったであろう」の“であろう”は本来不要です。

I wish you would do「君がやってくれたらいいのになあ」のような場合の would は「現在の意思」でその裏にある現実は you will not do「君はどうしてもやってくれない」です。しかし I wish I would do のように自分の意志に自分で願望をいうのはおかしなことで(自分がそうする気になってくれたらいいのに)まして I wish I would have pp では意思にもなりません。

類似の現象はドイツ語にも見られ(条件節に would に相当する語を用いるなど)仮定法(接続法)が変わりゆく過程に起きた現象の一つと言えるかもしれません。

おおむねお考えの通りです。I wish の後に would を含む節をつなげるのはその意味から言っても文法違反なのですが実際には仮定法という連想から(文法用語的な理解ではなく非現実にはwouldがよく出て来るという慣用から)実際には用いられることがあります。人は文法で話しているのではないという例の一つです。

I wish+仮定法というのは現在の状態や過去の「変えようのないもの」に対する「実際は違うし願ってもしかたないがこうであればどんなにかいいだろう」ということですから I would not have asked「...続きを読む

QI wish の中身とhave been to と have gone to

I wish I ( ) to the theater last night
①would have been ②has gone ③had gone ④was going

この問題で仮定法過去完了だから①か③
have been to は経験、have gone to は完了(行って帰ってこない)を表すから答えは①だと思ったのですが
正解は③でした
なぜ①が間違いで③が正解なのか教えて頂けませんか?

Aベストアンサー

普通の現在完了では last night のような過去について表現できません。

仮定法過去完了は、過去について表現するもので、通常の完了とか経験と関係なく使えます。

だからこの仮定法過去完了は
have been to
have gone to
という通常の完了時制の違いとは関係なく、

I didn't go to the theater last night.
という現実に対して、行ったらよかった

というもので、
そのまま go について、過去完了形にすればいいです。

QI haven't had to や I'd had to は間違い?

I haven't had to や
I had had to は英語として認められた言い方でしょうか?間違い?

Aベストアンサー

文法的に認められています。

Qこの"to have"は仮定法でwould have beenと同じ時

この"to have"は仮定法でwould have beenと同じ時制を示しているのでしょうか、それとも仮定法ではなくwould have beenの一つ前の時制を表わしているのでしょうか?Itが形式主語ということは理解の上での質問です。

I used to think how dreadful it would have been to have never smelt that smell again.
この匂いを二度と再び嗅げなかったらどんなに嫌だったかなどと思ったりしたものだった。

Aベストアンサー

 「would have been」は仮定法過去完了の帰結節だと考えられますので、「to have never smelt ...」がその条件節を表していると考えられます。

 書き換えると「(I used to think) how dreadful it would have been if I had never smelt that smell again.」という英文になります。

 仮定法過去完了は「過去の事実の反対」を表しますので、実際は「そのにおいを嗅ぐことができたので良かった(と私は思っていたのです)。」という意味を表しています。

 すなわち、「to have never smelt ...」と「would have been」は同じ時制(過去)を表していると考えて良いと思います。

 ご参考になれば・・・。

Q(?) I have lost my pen which my father gave to me on my birthday last year.

次の問題は、中高一貫の学校用に編集された教科書に準拠するように作られているワークブックにある問題で、関係代名詞のいわゆる制限用法を習っている課のものです。

次の2つの文を、関係詞を用いて1つの文にしなさい。
1.I have lost my pen. 
2.My father gave it to me on my birthday last year.

この課は制限用法のみをターゲットにした課で、非制限[継続]用法はまだこの課では習っておらず、次の課で習うことになっています。よって、きっとこのワークブックの著者は正解を次のものと考えているように私は思います。
3.I have lost my pen which[あるいはthat] my father gave to me on my birthday last year.

しかし、上の文3のように関係詞節の先行詞に人称代名詞Iの所有格my がつく場合は、少なくとも学校文法ではいわゆる制限用法ではなく、次の文4のように非制限[継続]用法にすべきような気が私はします。
4.I have lost my pen, which my father gave to me on my birthday last year.

上の文3(whichの前にカンマなし)も正しい英文なのでしょうか?

次の問題は、中高一貫の学校用に編集された教科書に準拠するように作られているワークブックにある問題で、関係代名詞のいわゆる制限用法を習っている課のものです。

次の2つの文を、関係詞を用いて1つの文にしなさい。
1.I have lost my pen. 
2.My father gave it to me on my birthday last year.

この課は制限用法のみをターゲットにした課で、非制限[継続]用法はまだこの課では習っておらず、次の課で習うことになっています。よって、きっとこのワークブックの著者は正解を次のものと考えている...続きを読む

Aベストアンサー

my pen というのは,「私が持っている一本のペン」という意味に加え,「一本しか持っていない」ことが暗示されます。
a pen of mine や one of my pens と比較して言われることが多いです。

そういう意味では my pen という表現で,もともと一本しか持っていなかった,すなわち一つに限定されているものですので,限定用法で修飾することはない,
ということがおっしゃりたいのだと思います。

一文だけとらえるとその通りだと思います。
ただ,すでに my pens について述べられた後であれば,
その中のある一本を my pen と言うことができ,
それを限定用法の関係代名詞節で修飾することは可能になります。

あるいは,いろいろな人のペンをなくした話の中で,
「私の場合は,父に誕生日にもらったペンをなくした」のような場面では
my pen だけで一本に限定されず,「私の場合」という意味合いで用いることになると覆います。

あと,pen のようなものを一本しか持っていないはずがない,という一般常識を考えても,my pen which/that ~という限定用法は許容されるのではないかと考えます。

よく言われることですが,文法で例文にあげられる英文は一文だけで,前後の文脈が度外視される点で気をつけないといけないと思います。

my pen というのは,「私が持っている一本のペン」という意味に加え,「一本しか持っていない」ことが暗示されます。
a pen of mine や one of my pens と比較して言われることが多いです。

そういう意味では my pen という表現で,もともと一本しか持っていなかった,すなわち一つに限定されているものですので,限定用法で修飾することはない,
ということがおっしゃりたいのだと思います。

一文だけとらえるとその通りだと思います。
ただ,すでに my pens について述べられた後であれば,
その中の...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報