子供のころ読んでた「宇宙のひみつ」みたいな学習本に
たびたび登場してくる宇宙人はタコ型のイメージでした。
ですから、自分も幼い頃は宇宙人=火星人=タコ型になってました。
さすがに今は違いますが、それでも子供の描く宇宙人は
タコ型の宇宙人が多いので、これも子供向けの本の影響だと思ってました。
しかし、映画「インディペンデンス・デイ」の
宇宙人もタコかイカのような生物なのには驚きました。
いろんな生き物がいてるのになぜタコやイカのイメージなのでしょう?
不思議なんです。なぜそのイメージが定着したのですか?
次元の低い質問でスミマセン。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

SFで最初に登場した宇宙人はH.G.ウエルズの「宇宙戦争」に登場した火星人です。


作品中で火星人は人類より優れた頭脳と文明を持って地球に侵略し、圧倒的な科学力で19世紀の地球を侵略していきます。
作品中で火星人の特徴に関する表記があり、彼らは
●頭脳が非常に発達しており、大きな頭部をもっている
●火星の重力は地球に比べて小さいこと、また機械により補助を受けた生活をしているので胴体や手足は退化して細くなっている
と描写されています。
これがペーパーバックスになったとき、挿絵画家がタコのような宇宙人を描きました。

「宇宙戦争」は大ヒットし、それが「火星人」=タコのルーツになっています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。
ルーツがわかり、なぞが解けました。

お礼日時:2001/05/14 13:00

>人型の目のつり上がった宇宙人


いわゆる「リトルグレイ」ですね。

元ネタは「コミュニオン」というSF小説の表紙イラストで、まんま釣りあがった大きな目の灰色の小人の絵がかかれています。

アメリカでドライブ中に単純刺激の継続による失神をした夫婦に学者が退行催眠をかけて「宇宙人にさらわれた」という偽の記憶を植え付けてしまった事件があります。
(ドラマ「X-ファイル」のオープニングでやっているアレです。)

この奥さんが「コミュニオン」を読んでいたため、「自分たちをさらった宇宙人の似顔絵」として公開したのが「リトルグレイ」として全米に報道されました。

真相は後の詳しい調査でわかったのですが事件の報道が一人歩きして今でもUFOビリーバーの間ではリトルグレイが大ブームです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

またまた、ありがとうございます!!!
「リトルグレイ」なるほどです。銀色の発光体と記憶してました。

そう言えば、「x-ファイル」はこのての話がとても多かったですよね。

お礼日時:2001/05/15 19:52

私の浅はかな知識で申し訳ないのですが、アメリカでラジオ放送されたH.G.ウェルズ原作のSFドラマ「宇宙戦争」(だったと思うのですが・・・)の火星人がタコ型宇宙人の原型だと思います。


欧米ではタコは「悪魔の使い」とされていて、火星人が地球に来襲するときに悪役としてイメージされたものと察します。
その後、同タイトルでも映画化されて、よりイメージが定着したと思うのですが・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。欧米でタコが「悪魔の使い」というのは知りませんでした。興味深いです。
そう言えば、ディズニーの「リトルマーメード」の魔女もタコでしたね。
わりと人型の目のつり上がった宇宙人も元ネタがあるんでしょうか?

お礼日時:2001/05/14 13:07

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q僕らとお化けと宇宙人

あなたはどれを信じますか?

宇宙人してみればこっちも宇宙人。
幽霊からしてみればこっちが憎い。

僕は宇宙人信じますね(笑)

こんな広い宇宙だったらいると…思う!!

会ったら友達になりたいお化けと宇宙人…

Aベストアンサー

このご質問のタイトル、これまで何年もアンカテ楽しんで来たけれど
こんなにキマった楽しそうなタイトルは初めてです…。

わたしは、幽霊さんも宇宙人の方も、どちらも存在を信じてますよ。
でも、お友達になりたいといえば宇宙の方のほう。

なんたって幽霊って陰気でしょう、ぼんやり出てきて、一枚~、二枚~、
なんちゃって、すう~っと消えてしまったり…。

その点、宇宙からお出でになる方々は陽気、ドミレソドなんてメロディ
で会話しちゃったりして楽しそうだもの…。

Q膜宇宙論 サイクリック宇宙論 五次元宇宙論 ホログラフィック宇宙論 現在の宇宙論の中で一番有力視され

膜宇宙論 サイクリック宇宙論 五次元宇宙論 ホログラフィック宇宙論 現在の宇宙論の中で一番有力視されているのはどの宇宙論ですか?

Aベストアンサー

超弦理論の派生である膜理論。
全ての物理定数をプランク定数h(=量子)のみから
導くプロセスの奇跡の美しさが、偶然であるはずがない。

Q宇宙人の世界

よく繰り返される質問・アンケートの一つに、「宇宙人は存在すると思いますか?」というのがあります。圧倒的に多い回答が「存在する」。

そこで、「宇宙人」に関してアンケートをしますので、皆様のイメージで気軽に答えてください。


(1)宇宙人には 2つの性(地球でいえば、男と女)があると思いますか

(2)宇宙人の平均寿命はどれくらいと思いますか

(3)宇宙人は「音楽」という娯楽・芸術を持っていると思いますか

(4)宇宙人社会に差別やイジメはありますか

(5)宇宙人の住んでいるところに猫によく似た生き物がいますか
 

Aベストアンサー

面白いので応えます。
(1)、(2)に付いて、生物的に考えると生命は進化の過程により2つ以上の性を持つことが自然。生命誕生を地球を単位とすれば、単細胞から新たな進化を得るため遺伝子に時限爆弾(つまり生存の寿命を決めた)そのためクローン化より2つの性を選択。生物は環境により変化する炭素を基本とした有機物型を現在考えられているが、構造を考えると無機物を基本とした生命体(つまり岩石基本の生命体)が有っても不思議では有りません。従って寿命についてかんがえると知性を得て進化するのに、個体で言えば30年それ以下であれば文明の進化は不可能(子供に社会や、生産能力が無い為。)その他長生きに付いては不明、ただし文明の進化により地球人より長生きは確実ですね。
(3)有るとおもう。文明の進化によりかたちは変わるが、私たちには理解出来ないものが芸術と呼ばれても不思議ではない。
自分たち地球人の感覚は成長段階で植えつけられた物。従って価値観は根底から違うと思います。
(4)差別はあると思いますよ。それは能力により決められていると思う。
(5)猫に似た生物はいてもおかしくない、しかし手が使えるかどうかが問題。モノの生産は手又は手に変わるものが無いと不可能。従って環境によりネコ型は存在してもそれに伴う進化がなければ無理。
結論。生物は環境により変化多様化する。だから全てYES!!!

面白いので応えます。
(1)、(2)に付いて、生物的に考えると生命は進化の過程により2つ以上の性を持つことが自然。生命誕生を地球を単位とすれば、単細胞から新たな進化を得るため遺伝子に時限爆弾(つまり生存の寿命を決めた)そのためクローン化より2つの性を選択。生物は環境により変化する炭素を基本とした有機物型を現在考えられているが、構造を考えると無機物を基本とした生命体(つまり岩石基本の生命体)が有っても不思議では有りません。従って寿命についてかんがえると知性を得て進化するのに、...続きを読む

Qビッグバンの際、この宇宙意外にも幾つも宇宙が生まれてパラレルワールドと呼ばれ地球型惑星の存在は当たり

ビッグバンの際、この宇宙意外にも幾つも宇宙が生まれてパラレルワールドと呼ばれ地球型惑星の存在は当たり前と聞きましたが、ビッグバンは一回きりなのでしょうか。big bangの前はinflationと聞いてますが、ご存知の方御教授頂きたい。

Aベストアンサー

単なる仮説にすぎない。

Qタコのように宇宙人が描かれる理由

子供のころ読んでた「宇宙のひみつ」みたいな学習本に
たびたび登場してくる宇宙人はタコ型のイメージでした。
ですから、自分も幼い頃は宇宙人=火星人=タコ型になってました。
さすがに今は違いますが、それでも子供の描く宇宙人は
タコ型の宇宙人が多いので、これも子供向けの本の影響だと思ってました。
しかし、映画「インディペンデンス・デイ」の
宇宙人もタコかイカのような生物なのには驚きました。
いろんな生き物がいてるのになぜタコやイカのイメージなのでしょう?
不思議なんです。なぜそのイメージが定着したのですか?
次元の低い質問でスミマセン。

Aベストアンサー

SFで最初に登場した宇宙人はH.G.ウエルズの「宇宙戦争」に登場した火星人です。
作品中で火星人は人類より優れた頭脳と文明を持って地球に侵略し、圧倒的な科学力で19世紀の地球を侵略していきます。
作品中で火星人の特徴に関する表記があり、彼らは
●頭脳が非常に発達しており、大きな頭部をもっている
●火星の重力は地球に比べて小さいこと、また機械により補助を受けた生活をしているので胴体や手足は退化して細くなっている
と描写されています。
これがペーパーバックスになったとき、挿絵画家がタコのような宇宙人を描きました。

「宇宙戦争」は大ヒットし、それが「火星人」=タコのルーツになっています。

Q例えば宇宙空間で爆発した宇宙船などが宇宙塵となって、月のまわりの引力圏を周回することはありえますか?

例えば宇宙空間で爆発した宇宙船などが宇宙塵となって、
(大きくても小さくてもいいのですが)
月のまわりの引力圏を周回することはありえますか?

お教え頂きたくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

 
 
1.
 「爆発したロケット」ではないですが、切り離されたロケットの実例があります。

http://www.planetary.or.jp/HotTopics/topics020925_3.htm

http://www.astroarts.co.jp/news/2002/09/13j002e3/index-j.shtml

http://hotwired.goo.ne.jp/i/news/20020930306.html

 月~地球~太陽~その他の惑星… これら全員から(重力を介して)指図を受けて 右往左往するので、小さく軽い物の将来は不透明です。地球のように大きく重ければ 一応 我が道を行くに近いですが。人間社会に似てますね。



2.単純化した話;
ロケットと月だけあって、日本の花火のように一様に割れた。

     ハ
     ●
     ↑
 イ●←☆→●ロ       ○
     ↓           月
     ●
     ニ

 破片のスピードが;
(1) 脱出速度より大きいなら イロハニ全ての方向の破片が脱出して 帰って来ません。途中の軌道は様々ですが 最終的に全て居なくなります。(ロの方向でも月にぶつからなければ脱出します。)

(2) 脱出速度と周回速度の中間なら イロハニ全てが月を回る衛星になります。その軌道は様々ですが。(月にぶつかって終わる軌道もあります。)

(3) 周回速度より小さいなら イロハニ全てが月に落ちてゆきます。その軌道は様々ですが。

 破片が飛ぶ方向は関係ないのです。爆発のエネルギだけで決まります。大,中,小 ですね。



 余談;
なぜ方向が関係ないのか?  ブラックホールなどの絵で 星の重力が中心で深い穴になってる図がありますね、地面に図と同じ形の穴を掘ったとします。(観客席が坂になってるスタジアムでも良いです。) 坂を登り降りすれば 位置エネルギの差があります。が、同じ深さの所をグルグル回るだけなら位置エネルギは変わりません。(歩き疲れるという話は無しです。)
 爆発地点から地上に出るまでに登らないとだめな高さは、イも ハも ニも同じです。 ハとニは距離は長いですが 登る高さはイと同じです。
(斜め後ろから引っぱられながら登るので 道は真っすぐでなく 双曲線になります。)
 ロの方向は 深く降りて反対側に登ります。降りる時に位置エネが速度エネに変わり、登りはそれが位置エネに戻るのだから、反対側で爆破位置と同じ深さになったときは 最初の速度エネに戻ってます。そして向きは月を背にしてます。これはイと同じですね。
 
 

 
 
1.
 「爆発したロケット」ではないですが、切り離されたロケットの実例があります。

http://www.planetary.or.jp/HotTopics/topics020925_3.htm

http://www.astroarts.co.jp/news/2002/09/13j002e3/index-j.shtml

http://hotwired.goo.ne.jp/i/news/20020930306.html

 月~地球~太陽~その他の惑星… これら全員から(重力を介して)指図を受けて 右往左往するので、小さく軽い物の将来は不透明です。地球のように大きく重ければ 一応 我が道を行くに近いですが。人間社会に似てますね。...続きを読む

Q宇宙人はいると思いますか

世界にはたくさん「UFOを見た!宇宙人と遭遇した!」という人がいますが彼らの言うことは本当なんでしょうか。TVでも時々、UFO特集や宇宙人と遭遇したという人が出演してその時の状況を語ったりしてますが、彼らは本当に宇宙人と遭遇したんでしょうか。それともああいう番組はやらせだと思いますか。本にもUFOや宇宙人関連の本はいっぱいありますね。

さて、みなさんは宇宙人はいると思いますか。

Aベストアンサー

宇宙人がいる、いないという話とUFOを見た、宇宙人を見た、連れて行かれた、円盤に乗ったなどという話は明確に分けて考える必要があると思います。UFO関連の殆どの話はウソか勘違いで、そういい切れないものについても確たる物証があるものはないからです。そもそもUFOという言葉すら Unidentified Fliing Objects で単に「何だかわからない空飛んでいる物」な訳で、それイコール宇宙人がそれに乗って運転していると考えるのは論理に飛躍がありすぎです。

個人的には宇宙人(というか人なのか?知的生命体というべき)は必ず存在すると思っています。われわれの銀河系に知的生命体がいくつあるかを計算する方程式というのが存在します。フランクドレイクという人の考え出した「ドレイク方程式」です。この方程式を世の中に広く知らしめたカールせーガン博士(ジョディフォスター主演映画コンタクト原作者)の試算によると知的生命体の数は最小10、最大で1000万という数値をはじき出しています。この方程式自体には全く矛盾点は存在せず、もっともな方程式だと個人的には思いますが、悲しいかなそれに当てはめるべき正確な数値を我々がしらないということで結果の数値はバラついているわけです。

仮に知的生命体の数が最小の10だったとしても、これは我々が住んでいる銀河系(天の川銀河)だけの話です。銀河自体はこれまた無数(何千億、何兆?)にありますので合計ではとんでもない数の知的生命体が存在することになります。

知的生命体の存在を否定する学者によると知的生命体の発生する確率はとても低く、詳しくは分かりませんが「XXXがYYYとなる確率はZZしかない」という理屈をいくつもいくつも挙げ、だから知的生命体は存在しないという結論としているようです。しかし、この考えはおかしくありませんか?地球には現に事実として我々をはじめ数多くの生命が存在するわけです。知的生命体の存在を否定する理屈を並べたてることはイコール我々の存在をも否定していることに繋がっているということにならないでしょうか?我々の住む地球にだけ絶対有り得そうもない「奇跡」が次から次へと発生しているから我々が存在していると考えるのは傲慢(思い上がり)だと思います。

やはり、地球も我々人類も宇宙のなかでは特別な存在ではなく、環境さえそろっていれば生命の発生はどこにでも起こりうると考える方が自然なように私には思えます。

ということで「宇宙人はいる」に一票です。


ドレイク方程式についての質問があり、私も一部回答していますので参考にしてください。
http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=464254

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=464254

宇宙人がいる、いないという話とUFOを見た、宇宙人を見た、連れて行かれた、円盤に乗ったなどという話は明確に分けて考える必要があると思います。UFO関連の殆どの話はウソか勘違いで、そういい切れないものについても確たる物証があるものはないからです。そもそもUFOという言葉すら Unidentified Fliing Objects で単に「何だかわからない空飛んでいる物」な訳で、それイコール宇宙人がそれに乗って運転していると考えるのは論理に飛躍がありすぎです。

個人的には宇...続きを読む

Q【天文学・宇宙・重力波】なぜ宇宙は真空の世界なのに重力波が伝わるんですか? 地球と宇宙は電波で通信

【天文学・宇宙・重力波】なぜ宇宙は真空の世界なのに重力波が伝わるんですか?

地球と宇宙は電波で通信している?

真空でも振動が伝わるってことは地球と宇宙ステーションで電波で通信している。

衛星も電波で通信して指示を与えている。

ってことは重力波が宇宙で伝わるのも当然ってことですか?

とすると、重力波の発見って電波で通信出来ているんだから存在して当たり前な気がしました。

そんな重力波の発見は偉大な発見だったのでしょうか。

地球と宇宙ステーションは電波で通信出来ずに光で通信していたらすみません。

Aベストアンサー

>真空でも振動が伝わるってことは地球と宇宙ステーションで電波で通信している。
この場合電磁波である光(光波・光子)が真空中を伝わります。光は透明な媒体ならどこでも届く。ただし速度の上限である「真空中の光速」より速くは情報は伝達出来ない。
現在のところ、この時空で相互作用を行なうに必要な力は、古典的には、電磁波、弱い力、強い力、重力、の四つしかない。力の媒体は、ファインマンと朝永先生が矛盾を解決した電磁波と弱い力が統一された電弱相互作用、強い力は湯川先生が見いだしたパイオン。問題は理論でも実際も重力を媒介する波・粒子が有る筈なのに見つからなかった。検出装置は巨大な金属柱を全ての振動から隔離し、それに多くの伸縮検出器を貼り付けたもの、それだけ。50年以上も無駄だった、だけどITが進歩し信じられない程細かい伸縮を検出出来る様になり、巨大な金属柱も作られた。でも重力子は質量が無い。なお電磁波を通信に用いるアンテナ間の電磁波も質量が無い。今回重力波・重力子が見いだされたのはほとんど運が良いとしか言い様が無い、二つの巨大な銀河系が斜めに衝突していた。多分それぞれの中には多くのブラックホールが含まれていたはず。それでようやく重力波・重力子が実在することが分かった。こいつには質量が無いので光速で飛んで来た。やっと欠落が埋まった。

>真空でも振動が伝わるってことは地球と宇宙ステーションで電波で通信している。
この場合電磁波である光(光波・光子)が真空中を伝わります。光は透明な媒体ならどこでも届く。ただし速度の上限である「真空中の光速」より速くは情報は伝達出来ない。
現在のところ、この時空で相互作用を行なうに必要な力は、古典的には、電磁波、弱い力、強い力、重力、の四つしかない。力の媒体は、ファインマンと朝永先生が矛盾を解決した電磁波と弱い力が統一された電弱相互作用、強い力は湯川先生が見いだしたパイオン。問題...続きを読む

Q宇宙人の化石は見つかりましたか?

今日地球上に残される科学的に説明できない遺物についてはこれを、
宇宙人の残した物又は宇宙人の知恵を借りた古代人が工作したものである、
とする考え方が明快で合理的で説明しやすいと思います。
ただこれは間接的な事象からの推論に留まり、できれば古代地球に
宇宙人が飛来した痕跡などの直接的な事象が欲しい処であります。

宇宙船の骸などはすでに跡形もないでしょうから化石化したもの、
ですから有機物が変容したものがあれば有力な証拠になると考えられます。
地球に降り立った宇宙人は恐らく我々と類似した組成、構成をしていると想われ、
脊椎があると言いますか少なくとも骨がありそうです。
全ての宇宙人が故郷の星へ帰ったとは言い切れないはずです、
地球で人生を全うしたもの、地球人と婚姻したものもいたかも知れません。

宇宙人の化石はすでに発見されているのではないか?
がしかし古代人の化石と混同されていないか?
それは自分の祖先ばかり捜して宇宙人を捜そうとしていないからです。
宇宙人の化石は見つかりましたか?

Aベストアンサー

句読点の用法がユニークで斬新な文章だと思います。

>今日地球上に残される科学的に説明できない遺物についてはこれを、宇宙人の残した物又は宇宙人の知恵を借りた古代人が工作したものである、とする考え方が明快で合理的で説明しやすいと思います。

さすがです。
技術の後退した中世の人間が、ローマの遺跡を見て「悪魔に造らせた」と思ったのと同じくらい、明快で合理的だと思います。


>ただこれは間接的な事象からの推論に留まり、できれば古代地球に宇宙人が飛来した痕跡などの直接的な事象が欲しい処であります。

証拠がなくても信じるという、質問者様の信念は立派だと思います。



>全ての宇宙人が故郷の星へ帰ったとは言い切れないはずです、

確かに「来た事」がなければ、「帰ったという」事実も存在しないわけですよね。


>地球で人生を全うしたもの、地球人と婚姻したものもいたかも知れません。

「かもしれない」 非常にロマンや夢や希望に溢れる、使いやすい言葉だと思います。



愚者はしばしば推理や考察を願望と混同し、確信にすり替える。



>宇宙船の骸などはすでに跡形もないでしょうから化石化したもの、
>ですから有機物が変容したものがあれば有力な証拠になると考えられます。
>地球に降り立った宇宙人は恐らく我々と類似した組成、構成をしていると想われ、脊椎があると言いますか少なくとも骨がありそうです。

宇宙飛行にも耐える素材が有機物より残らない事については疑問がありますが、
「高度に進んだ妄想は、自分では論理と見分けが付かない。」とも言われているので、そうなのかもしれません。

「宇宙人」については、それだとかえって見つかりにくいのでは?

句読点の用法がユニークで斬新な文章だと思います。

>今日地球上に残される科学的に説明できない遺物についてはこれを、宇宙人の残した物又は宇宙人の知恵を借りた古代人が工作したものである、とする考え方が明快で合理的で説明しやすいと思います。

さすがです。
技術の後退した中世の人間が、ローマの遺跡を見て「悪魔に造らせた」と思ったのと同じくらい、明快で合理的だと思います。


>ただこれは間接的な事象からの推論に留まり、できれば古代地球に宇宙人が飛来した痕跡などの直接的な事象が欲しい処...続きを読む

Q宇宙のイメージ

宇宙のイメージを人間は描けるものなんでしょうか?有限であるとは聞いたことがありますが その有限の先はあるのかとか、無限とはいったいどんなものか などどうしても理解できません 仮にある人がまっすぐ水平線を進んだ結果 元の位置に戻ったが地球の概念がないので意味がわからない・・・こんなことが宇宙の概念なんでしょうか?

Aベストアンサー

アインシュタインは自分の宇宙モデルを説明する際、
地球上をまっすぐ進んで行くと「終わり」に行き着くことはなく何周でもできてしまうが、地球は無限に大きいのかというとそうではなくて、表面積には限りがある。宇宙は実際には3次元なので2次元の地球表面とは違うが理解の仕方はこれで良いのだと言っていたんだそうです。
もし宇宙の『端っこ』にたどり着くことができればまた反対側から戻ってくるが、
実際には、宇宙はとてつもなく巨大で、しかも光速で今も膨張し続けているので、『端っこ』に到達することも、望遠鏡で捕らえることもできないんだそうです。


人気Q&Aランキング