人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

『港区』 VS『品川区』 

『渋谷区』VS『目黒区』

『世田谷区』 VS『大田区』


みなさんは、どちら派ですか??

いろんな意味でお答えいただければとおもいます。

「『港区』 VS『品川区』 『渋谷区』VS」の質問画像

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

これは、その、どっちが好みかという質問ですよね?



私ならどちらに住みたいかで選択しました。

港区>品川区

渋谷区>目黒区

世田谷区>大田区の東側

世田谷区<大田区の西側

大田区は東と西で全然違います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

私も、回答結果は一緒です!

お礼日時:2012/07/09 23:55

引き分け


渋谷区
世田谷区

…単に総画数が多い方を選びました。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q江戸時代、渋谷ってどういうところだったんですか?

江戸時代には現在の千代田区、中央区、江東区、台東区にあたる場所がよく出て来ます。
渋谷は今では非常に賑わっている街ですが、時代劇では聞いたことがありません。どういう街だったんでしょうか? また赤坂や六本木はいかがでしょう?

Aベストアンサー

江戸時代の渋谷は、諸侯や寺領のほかは幕府の直轄地として統治されていました。
渋谷の丘はほとんどが武家屋敷で、低地の水田地帯には農家が点在し、宮益坂と元広尾には商家がありました。
渋谷の地域は、江戸市街の繁昌にともない、江戸の郊外地として代官や村役人の支配をうけ、人々は名主の絶大な権力と五人組の連帯責任の中で生活していました。

渋谷の語源についてはいくつかの説がありますが、定説はありません。
•昔、この付近は入江であり、「塩谷の里」と呼ばれていました。
その「塩谷(しおや)」が「渋谷(しぶや)」に変わったとする説。
•平安時代の終わりごろ、このあたりの領主は河崎重家でした。
河崎重家は京都の御所に侵入した賊を捕えました。
この賊の名を渋谷権介盛国といいま した。
そこで、堀川の院は、河崎重家に「渋谷」の姓を与えました。
このことから、重家の領地であった谷盛庄が「渋谷」に変わったとする説。
•この地を流れる川の水が、鉄分を多く含み、赤さび色の「シブ色」だったため「シブヤ川」と呼ばれていたとする説。
•渋谷川の流域の低地が、しぼんだ谷あいだったからとする説。

以上、全て渋谷区のHPから。


赤坂には大昔海が奥深く入り込み、坂の下は海でした。長い間に海が徐々に引いて陸地となり、低地は耕作地となり高台とつなぐ坂道ができて、現在の街の原形ができました。「赤坂」の地名の由来は、その昔、現在の赤坂離宮(旧・紀伊徳川屋敷跡)のある高台で、茜が多く取れたことから茜山と呼ばれ、その坂を茜坂(赤根坂)と言っていました。その「あかねさか」の音が詰まって「あかさか」になり、付近一帯を赤坂と呼ぶようになったと言われています。
赤坂の本格的な始まりは徳川家康の入府に始まります。江戸城の造営に際し、江戸城の西に位置する赤坂台地に紀伊徳川家(現在の赤坂離宮・迎賓館周辺)をはじめ大身の旗本や大名を配置して江戸城西の守りを固めました。低地を流れる川は江戸城外堀として整備し、溜池は一時、江戸の水瓶として利用されていました。その名残が現在も「溜池」の地名として残っています。江戸城入り口に赤坂見附門が置かれ、門を出たすぐの坂下には幕下藩士、城内で働く職人方や庶民が住み、坂の上の高台は大名や旗本の屋敷町となって、その形が現在にも受け継がれています。

以上、赤阪五通り商店街のHPから。




「 六本木 」 という地名の由来には諸説あるようです。


[ 説 : その一 ]
その昔、六方庵という大屋敷があり、その庭に六本の松の木があったためにこう呼ばれたという説。

しかしながら、現在は、この大屋敷も六本の松の木も存在していません。

地名の由来は六本の木があったからだと伝えられるが、位置は不明と、文政11年 ( 1828年 ) に地元の名主が幕府へ差し出した文書に書かれていたそうです。


[ 説 : その二 ]
「 六本木 」 という土地は、江戸城にそう遠くない場所で、武家屋敷が多くあったそうです。

その中に、 「 上杉 」 、 「 朽木 」 、 「 青木 」 、 「 片桐 」 、 「 高木 」 、 「 一柳 」 という大名家があり、どの家も 『 木 』 に関係している苗字を持っていたので、そこから転じて、 「 六つの木の付く名前の家がある 」 から、 「 六本木 」 となったという説です。




ヒント
上杉家は、出羽米沢藩上杉家中屋敷 ( 飯倉片町 )
朽木家は、丹波福知山藩朽木家上屋敷 ( 赤坂今井谷 )
片桐家は、大和小泉藩片桐家下屋敷 ( 麻布鳥居坂 )
高木家は、河内丹南藩高木家中屋敷 ( 麻布笄橋 )
一柳家は、2家あるが、播州小野藩 ・ 伊予小松藩ともに佐久間小路 ( 西新橋 ) に上屋敷があってこれが最も近い。

つまり6大名家の江戸屋敷が揃って六本木地区にあったことはないらしい。


[ 説 : その三 ]
市三坂を登った高台には、昔、五本の榎が高くそびえ、品川沖からもよく見えたので漁師の道しるべとなっていたそうです。

この辺りは、武蔵野の雑木林で大木が生い茂げる土地でした。

その土地に、源氏に追われた平家の6人の落武者が逃れて来て力尽き、五本の榎の幼木を墓標がわりに植えて切腹し相果てたが、1人は肯んぜず、さらに落ち延び、一本松に至ってついに力尽き腹を屠して果てた。

そこで村人が供養してやり、五本榎と一本の松を入れ合わせ六本木といったという説。


[ 説 : その四 ]
江戸六方の男伊達がこのあたりに住んでいたので、六方気という言葉が訛り、いつのまにか六本木になった。

六本木という名の起源 ・ 由来については不確かな言い伝えが複数あります。


◯本木という地名
地名は、自然の形態、地形や土地柄、土壌、植物や産業、農鉱業から転じた名前が命名される場合があります。
六本木のように◯本木という地名は、全国各地に点在しているようです。
一本木 ( 北海道、埼玉県、富山県、長野県 )
二本木 ( 新潟県 )
三本木 ( 青森県 )
五本木 ( 東京都 )
七本木 ( 三重県 )
特に二本木、三本木が日本各地に多いようです。

遠方から見て、台地上の六本の松が目立ち、ごく自然に 「 六本木 」 という地名になった可能性があります。


麻布区史には
「 今の六本木辺に昔六本の松があったことに因ると云ひ、又一説に六本の榎があった為めと傳へる 」 と記されているようです。


“ どこに六本の木があるやら ”
江戸の初期の随筆集に、六本木というが、 “ どこに六本の木があるやら ” と書かれている文献もあったそうです。
“ 木は元々と生えていないのです ”
四つ木にも四本の木は生えていません。
それどころか、古くは日本橋の伝馬町あたりが六本木と呼ばれていたそうです。
馬をつなぐ木が横にならべてあったので、四つ木とか六本木とか呼んだらしいのです。


江戸時代に入ってから 「 六本木 」 が形成
六本木が一つの町として形成され たのは、江戸時代に入ってからのこと。

徳川 秀忠 二代将軍夫人の葬儀に功績のあった僧侶たちが、夫人の火葬場であった六本木の地を寺地として受領して起立したもの。

人気のない寂しいこの地に4つの寺を建て、門前町を開いたことに始まります。


真相は一体どの様なものなのでしょう。



以上、Yahoo知恵袋「 六本木 」 地名 由来の真相は?に対するnsawc_nfwsさんの回答。

江戸時代の渋谷は、諸侯や寺領のほかは幕府の直轄地として統治されていました。
渋谷の丘はほとんどが武家屋敷で、低地の水田地帯には農家が点在し、宮益坂と元広尾には商家がありました。
渋谷の地域は、江戸市街の繁昌にともない、江戸の郊外地として代官や村役人の支配をうけ、人々は名主の絶大な権力と五人組の連帯責任の中で生活していました。

渋谷の語源についてはいくつかの説がありますが、定説はありません。
•昔、この付近は入江であり、「塩谷の里」と呼ばれていました。
その「塩谷(しおや)」が「...続きを読む


人気Q&Aランキング