『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

先日、テレビで映画を字幕版と吹き替え版の両方を観ました。字幕の日本語と、吹き替えの時の表現が違っていました。吹き替え版は、字幕日本語を忠実に再生するのではないのでしょうか?表現によっては、だいぶ雰囲気が変わります!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 吹き替えは字幕日本語とは全く違います。


質問者さんがいうところの「字幕日本語を忠実に再生する」のなら、字幕を読み上げるだけですね?

 どちらも原盤を日本語化して、字幕なら台詞1秒に対して4文字以内、一度に表示される字幕は20文字までが基本。1行あたりの文字数は、かつては13字だったが現在では10字ってことになっています。めちゃくちゃ制限があって、その中で会話の大筋を的確に観客に見せなければいけません。

 吹き替えは、それこそ声優さんの演技力にも左右されますが、基本オリジナルの言葉をそのまま日本語に変えています。「わお!」「きゃー」などの感嘆詞まで吹き替えますが、字幕ではよほどのことがない限り簡単師は字幕化されませんね。俳優さんの表情と見ている内容で字幕化する必要がないからです。

 字幕の利点はオリジナルの俳優の声が楽しめる。しかし、その会話の内容は5割も表現できません。
吹き替えの利点は、会話の内容はほぼそのまま伝わりますが、オリジナルの俳優の声が聞こえません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます・・、そうでしたか。

お礼日時:2012/07/09 13:05

たとえば


何か本を読んでいて
「何を読んでるの?」
といったシーンがあったとして
それがあちらでベストセラーだったり
むずかしい哲学の本だったり
その国の人にはわかるダサイ本だったりした場合
吹き替えても我々には理解できないことってありますよね

そうそう
こんなシーンもありました
高級な外車を盗むのに
テレビ版では
「高級なお店の前に行けばいくらでもあるだろう」
というのを
(字幕版もおなじでしたが)
言っているセリフは
「スターバックスの前に行けばいくらでもあるだろう」でした

友人と
アメリカではそんなにスターバックスの客って
高級なのかねえ
という話題になりました

偉そうな人に「どこのお生まれ?」というセリフで
「栃木」と答えれば日本人ならおかしみがわきますが
海外の人には
このおかしさってわかりませんよね

洋画を見ていると
字幕の翻訳者、テレビの翻訳者の
センスが分かれることがありますね

たまーに
うーん、うまいこと翻訳したなあ…ってのがありますね

洋画で刑事が帰る時に
「バイバイ」と言ったあと
黒人の主婦が
「ブラックバード」と返事をします

ジャズのナンバーに
「バイバイ・ブラックバード」という歌があるので
すぐ駄洒落だなとわかりましたが
字幕では
「黒い鳥」と出ました

歌を知らない人には
なぜ主婦がいきなり「黒い鳥」と言ったのか
わかりませんよね

「もう来ないで」とかに
訳すべきですよね
(アメリカではカラスは縁起の悪い鳥という意味になります)

こういう時
翻訳をする人が
どのくらい雑学や風習などを知っているか
または
意味がわからなければ
調べるかをすべきですよね

字幕でも吹き替えでも
洋画は何度でも楽しめます
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。納得です。

お礼日時:2012/07/09 13:08

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qもし、映画を見るなら吹き替え派?字幕派?

素朴な疑問なんですが、今度映画を見に行こうと思うのですが、考えてみたら、字幕と吹き替えの両方があるので、悩んでいます。

字幕・吹き替えのメリット・デメリミットを教えてください。

Aベストアンサー

私は絶対に、何が何でも絶対に字幕です。吹き替え版はありえません!
レンタル店で間違って吹き替え版を借りてしまった時は、わざわざ交換に行きました。吹き替え版しか出てない、置いてないものは、中身に興味があっても、多分見ません。

字幕版
○メリット
・俳優本人の声が聞ける
・俳優たちの表現するニュアンスをちゃんと感じられる
・俳優が言っている通りの台詞を楽しめる
・文化的背景から和訳が非常に困難と思われる台詞について、うまい意訳がされていると、へえーなるほど!そう来たか!ってワクワクする。(英語しかわからないけど)
○デメリット
・日本語字幕を長時間読む
・台詞と字幕がぜんぜん違う事があり、意訳のしすぎに
たまーに腹がたつ。違うじゃん!そんな事言ってない!その訳じゃ、日本人にニュアンスが伝わらないよ~。的な。

吹き替え版
○メリット
・字幕を読まなくて良い
○デメリット
・吹き替えを聞きつつ、あ、今本当はこう言ったんだろうな、と思うと残念に感じる。
・声優がいろんな映画でかぶってる。俳優本人の声が聞けない
・意訳の世界なので意味が通じるように本来の話と言い換えられてる部分が多すぎるし、心に染みるような良い台詞もとばされてるケースが多い。(日本語字幕から推測。なので、字幕版でも、言葉がわからなければ結局一緒ですが)

その作品の魅力を余すところなく満喫するか否か、というのがポイントだと思います。日本語版だって当然ちゃんと映画として成立してるし、製作者が伝えたいメッセージはちゃんと伝わるんだろうと思います。
語学力と、価値観の問題だと思います。

私は絶対に、何が何でも絶対に字幕です。吹き替え版はありえません!
レンタル店で間違って吹き替え版を借りてしまった時は、わざわざ交換に行きました。吹き替え版しか出てない、置いてないものは、中身に興味があっても、多分見ません。

字幕版
○メリット
・俳優本人の声が聞ける
・俳優たちの表現するニュアンスをちゃんと感じられる
・俳優が言っている通りの台詞を楽しめる
・文化的背景から和訳が非常に困難と思われる台詞について、うまい意訳がされていると、へえーなるほど!そう来たか!ってワ...続きを読む

Q字幕と吹き替えの比較

大学のゼミで、映画の「英語の字幕」と「日本語の吹き替え」を比較しようと思っているのですが、比較するのに何かいい映画はありませんでしょうか?

自分の好きな映画のDVDでも借りて、やってみてもいいのですが、「英語と日本語の違い」や「文化の違い」というものが結構わかりやすく出る、比較するのに割と適した映画を何かご存知でしたら教えていただきたいと思います。

どんなジャンルでも結構ですので、何かアドバイスいただければと思います。

Aベストアンサー

シチュエーションコメディは違いが顕著でわかりやすいと思います。基本的に大量のセリフで物語が進行していくので、吹き替えと比べて、字幕は文字量に制限のあることから随分と簡潔にまとめられていることが多いです。更に言えば、日本人の感覚にわかりやすいように、本来の英語から、全くかけ離れた意訳も数多く見受けられます。シチュエーションコメディの有名どころと言えば、やはりFriendsでしょうか。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000BIX84G/qid=1132852355/sr=8-1/ref=sr_8_xs_ap_i1_xgl/249-6412553-0170762


人気Q&Aランキング