最大35,000円進呈!IPoEはOCN光

本を読む習慣をつけて欲しいです。
なのでたまに勉強も教えている知り合いの中学生に
本を送りたいのです。

中1、中2の男の子二人なのですが
普段読む習慣もないような子でも興味を持ってよんでくれそうで
誕生日のプレゼントとしてもちょうどいいもの
ぜひ教えて下さい!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

以下がオススメです ジャンルはいずれも「自己啓発」になります。


苫米地英人著「努力はいらない!『夢』実現脳の作り方」(マキノ出版)
・・・夢のかなえ方の基本が述べられています。
ルー・タイス著で田口未和訳「アファメーション」(フォレスト出版)
・・・読み進めるうちに、運がたちまち向上します。
野口嘉則著「3つの真実」(ビジネス社)
・・・人生明るくなります。この中の「内面化ワーク」を今も私は毎日やって、毎日喜びに満たされてます。
D・カーネギー著で山口博訳「人を動かす」(創元社)
・・・お友達がたくさんできます。
ロバート・シュラー著で稲盛和夫監訳「いかにして自分の夢を実現するか」(三笠書房)
・・・夢が実現し、元気になれます。
D・J・シュワルツ著桑名一央訳「大きく考えることの魔術」(実務教育出版)
・・・自分の無限の可能性に目覚めます。何より自信がつきますよ。
西田文郎著「No.1理論」(三笠書房)
・・・何でもできるようになりますよ。
マクスウェル・マルツ著で田中孝顕訳「潜在意識が答えを知っている!」
・・・まさしく元気の基。一生の座右の書になりますよ。
佐藤伝著「図解 朝日記で夢をかなえるノート」(PHP研究所)
・・・夢がかなわざるを得ない日記のつけ方などが紹介されてます。
ジェームス・スキナー著「成功の9ステップ」(幻冬舎)
・・・元気・健康になれます。
スティーブン・R・コヴィー著ジェームススキナー・川西茂訳「七つの習慣」(キングベアー出版)
・・・自分の価値観を明るいものにかえられます。
アンソニー・ロビンズ著本田健訳「一瞬で自分を変える方法」(三笠書房)
・・・元気出ます。
ナポレオン・ヒル著で田中孝顕訳「思考は現実化する」(きこ書房)
・・・まさしく願望が現実化します。
今村暁著「1分間の日記で夢は必ずかなう!」(フォレスト出版)
・・・まさに人生の夢がかないます。
望月俊孝著「100%夢をかなえる人の習慣」(中経出版)
・・・この本に書かれてある通り宝地図を作れば楽しく、夢がかないますよ。
アラン・コーエン著 牧野・M・美枝訳「人生の答えはいつも私の中にある」(KKベストセラーズ)
・・・まさに目からウロコです。元気が出ます。
アラン・コーエン著 牧野・M・美枝訳「願う力で人生は変えられる」(ダイヤモンド社)
・・・自分が王様の子供になったかのごとく、自信にあふれてきます。
カレン・キングストン著で田村明子訳「ガラクタ捨てれば自分が見える」
・・・この本に書かれてあるとおりガラクタ捨ててすっきりし、毎日嬉しいです。
安藤一男著「無意識の魔力」(三笠書房)
・・・無意識の無限の可能性に目覚めます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
参考になりました。

お礼日時:2013/01/23 02:41

男の子たちの興味があることはなんでしょうか? それが分かると紹介しやすいです。


例えば、打ち込んでいる部活とか趣味とか。好きなゲームや漫画などでもいいです。

でも、とりあえず誰にでもオススメな本をいくつか。
香月日輪『妖怪アパートの幽雅な日常』
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4062761696.h …

ルイス・サッカー『穴』
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4062755874.h …

森絵都『DIVE!!』
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4043791038.h …
    • good
    • 0

星新一のショートショートはいかがでしょうか。



「ボッコちゃん」
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%9C%E3%83%83%E3%82 …

「きまぐれロボット」
http://www.amazon.co.jp/%E3%81%8D%E3%81%BE%E3%81 …

など、たくさんあります。
私も中学生の時に見つけて読むようになり、結局、星新一氏の文庫本を全部読みました。
一編一編が非常に短く読みやすいので、本を読まない人でも割とすんなり読めます。

超おすすめです。
    • good
    • 0

難しい質問です。

例えば私の場合、高校時代は所謂純文学小説を鬼のように沢山読んでいましたが、中学生の時には・・・・・。

中学生という年齢を考えると、興味ある分野の本にしか興味を示さないと思います。私の中学時代は教育問題に関する本ばかり読んでいました。たまたま興味があったからです。ですからまずは何に興味があるのかということですね。視野を広げるためとか、頭を柔軟にするためとか、人間的に成長する為ならやはり純文学が良いかと思われますが、果たして中学生が興味を持つかどうか・・・。文学入門として、ヘルマンヘッセの「車輪の下」とか、北杜夫の「どくとるマンボウ青春記」とか、井上靖の「しろばんば」とか・・・一応色々ありますが・・・・。どうかなあ。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q中学3年生の娘の誕生日に贈る本

中3の娘を持つ父親です。誕生日に本をプレゼントしようと思いますが、なかなか思いつきません。
2年前はあさのあつこさんの「バッテリー」、昨年は佐藤多佳子さんの「一瞬の風になれ」を贈りました。別にスポーツ物に限定してるわけではないのですが・・・。
今年は司馬さんの「竜馬がいく」全8巻にしようか(自分が読みたいから)と思っていますが、いまひとつ決定打になりえず、どなたかよろしければアドバイスのほどよろしくお願い致します。
(出来ましたら普段ほとんど感じられない父親の威厳を保てるもので・・・涙)

Aベストアンサー

こんにちは。司馬さんの「竜馬がいく」を3巻目で挫折した者ですが(^_^;)、良かったら参考にして下さい。
 趣味は読書なんですが、高校生の頃「竜馬~」にチャレンジして見事に挫折しました。何せ長くて自分が長編に向いていないなと思った次第です。お嬢様が普段長編物を読まれていらっしゃるなら良いですが、あまり読書をされない(質問者様が買ってこられた本以外あまり借りたり買ったりしていない)方ですと、結構体力というか読書力がいりますのでヘビーです。無論素晴しい文学作品であるのは承知なんですが(^_^;)。
 中3なら「14歳の本棚」シリーズはいかがでしょうか?川端康成や森鴎外のような大文豪から角田光代や石田衣良のような現在活躍されている人気作家さんの作品を、これも本の雑誌という書評誌で活躍されている北上次郎さんがまとめたアンソロジー集です。「青春編」や「親子編」などがあり、短く良質な短篇集が揃っています。作家開拓にも役立ちますので、イマイチ好きな作家がいないな~と思われる人ならこのような幕の内方式は喜ばれます。文庫で全三巻ですのでまとめてプレゼントされるのはいかがでしょうか?
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31856234
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31828930
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31840905
 他にも森絵都さんの「リズム」や角田光代さんの「対岸の彼女」、重松清さんの「青い鳥」「きみの友だち」「エイジ」などがちょうどお嬢様と同じ年代の主人公が活躍していますので、親近感がわき読みやすいのではと思います。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/09891687
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31922363
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/32068539
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31379451
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31951401
 読書が趣味なお嬢様ですと既にこれらは既読の可能性があります。私なら「完訳グリム童話集」や「完訳アンデルセン童話集」などを岩波の赤帯で貰うと嬉しいです(というより高校生の頃リクエストして買ってもらいました)。意訳や子どもに都合の良い訳され方、又は相応しくないと訳されなかった全作品が網羅されていて、すっごく面白かったです。以前はやった「本当は○○なグリム童話」なんかはヘナチョコに思えるぐらいなインパクトです。変化球というか、意表をついたプレゼントとしてはもってこいです。
http://books.yahoo.co.jp/search?p=%B4%B0%CC%F5%A1%A1%A5%B0%A5%EA%A5%E0%A1%A1%B4%E4%C7%C8
http://books.yahoo.co.jp/search?p=%B4%B0%CC%F5%A1%A1%A5%A2%A5%F3%A5%C7%A5%EB%A5%BB%A5%F3%A1%A1%B4%E4%C7%C8

 ご参考までにm(__)m。

こんにちは。司馬さんの「竜馬がいく」を3巻目で挫折した者ですが(^_^;)、良かったら参考にして下さい。
 趣味は読書なんですが、高校生の頃「竜馬~」にチャレンジして見事に挫折しました。何せ長くて自分が長編に向いていないなと思った次第です。お嬢様が普段長編物を読まれていらっしゃるなら良いですが、あまり読書をされない(質問者様が買ってこられた本以外あまり借りたり買ったりしていない)方ですと、結構体力というか読書力がいりますのでヘビーです。無論素晴しい文学作品であるのは承知なんです...続きを読む

Q思春期・反抗期・受験生…複雑な息子に送る本

初めての質問投稿です!
私の息子は、中3です。
思春期、反抗期、受験生の真っ只中…
あんなに「ママ、ママ♪」って、我ながら他のご家庭の母子よりも、何でも話せて、分かち合える関係だった息子(第一子)が、つまらない理由の親子喧嘩をきっかけに、無口になり反抗的に…
しかも、もうひとつの問題が、パソコンにかじりつきコミュニティサイト、ゲーム等にハマり、勉強そっちのけ、友達や家族、世間、アナログな事柄をそっちのけでやる始末…
このまま放っとけばネット廃人になるんじゃ…
本来は純粋で素直で明るい子なはずなのに、最近では心ない言葉や、思いやりに欠ける言動に、私は心を痛めてます。
彼に家族や友人の大切さや、世間や周りの風景に目をやる様に、現実、愛、思いやりに気付かせられる様な本を紹介してください!!
31日は息子の誕生日。
以前までは欲しい物を迷う程だったのに、今年は「別にない」ってぶっきらぼうなんです…
では、本がわりと好きな息子に、受験勉強の気分転換にも、これから彼にも、私から本を送りたいと思いました。
どうか、こんな難しい彼を救う本を紹介してください!!
お願いします。心より…

初めての質問投稿です!
私の息子は、中3です。
思春期、反抗期、受験生の真っ只中…
あんなに「ママ、ママ♪」って、我ながら他のご家庭の母子よりも、何でも話せて、分かち合える関係だった息子(第一子)が、つまらない理由の親子喧嘩をきっかけに、無口になり反抗的に…
しかも、もうひとつの問題が、パソコンにかじりつきコミュニティサイト、ゲーム等にハマり、勉強そっちのけ、友達や家族、世間、アナログな事柄をそっちのけでやる始末…
このまま放っとけばネット廃人になるんじゃ…
本来は純粋で素直で明...続きを読む

Aベストアンサー

経験者です。但し子供の側での。
少し引っかかる部分があったので回答させて下さい。

>こんな難しい彼を救う
とあるのですが、そんな難しいとされる現行の息子さんはそれが自然な状態だと思われます。
中学あたりでは親に対して反抗しつつも、親への愛情をどうすれば良いのか煩悶する時期です。
中学くらいの男子であれば、自分の自己決定の確立(親からの要求に従わない)の欲求と、周囲への認知(親にべったりではない)の欲求を満たす為に、親というものが切り離されがちですが、それと同時に親への愛情も存在するので、この相反した心理が自分の中に発生して、ジレンマを抱えるのです。経験談になりますが、これは書籍によってどうとなる問題でもありません。同じ悩みを持つ同世代の友人によってのみ解決が図られる問題ですので、親御さんの出番はありません。

お母様であるPOTARINOさんにとって、素っ気無くされたり、冷たく接される事はがっかりされたと思いますが、ジョブズの自伝を読んでいる事で愛情が全くゼロであるという事は無いと思いますよ。
こうした失意や心配はどこの家庭でも持っているとは思うのですが、ただPOTARINOさんの質問からは今時分でも息子さんから「ママ、ママ」とまではいかずとも、昔通り慕って欲しいという欲求も見えますがいかがでしょうか。
そして、息子さんが中学にもなって「お母さん、お母さん」と今まで通り言ってくるのは本当に正しい事でしょうか? 

上記の心配やあるいは干渉が過ぎれば、良薬を通り越して息子さんの成長を妨げる害毒になりかねず、大人になった時、人間としてより良い判断を下す人間にはなれません。
男子であれば尚更です。大人になった際には時として涙を呑む英断、勇断を下さねばならないのです。
(私はこんな偉そうな事を言えた人間ではないのですが、こうした事はいずれ誰かが言わねばならないので、ここで言いました。)

20代や30代になっても、あるいは死ぬまで母親べったりの息子に成長させたいのであれば、それも宜しいでしょう。
ただ、子供は子供の立場から精神的に成長する事を欲しますし、あるいは大人の立場からは精神的に成長させねばなりません。

息子さんの将来を心配されるのもよく分かります。ネットやゲームにはまりやすい時期でもあります。
これは親がコントロールするしかありません。
私は小学生の頃は貧乏でしたのでファミコンを買って貰えなかったのですが、親戚からたまたまファミコン本体を譲って貰う機会があり、小学生の私はそれにのめりこんでいました。家族はこれはよくないと判断して、色々な所に隠しました。隠し場所は色々ありましたが、米びつの中に隠されていたのは今でも思い出します。
捨てられなかったり、あるいは壊されなかったりしたのは、親から見れば子供の娯楽として許容されていたからなのでしょうが、ある時、私と姉がお金を出し合って買ったスーパーマリオブラザーズ(当時は5000円前後したと思います。私からすれば物凄く高価なもので、今の感覚からすれば50万円くらい)で遊びまくっていたのですが、勉強もせずにファミコンで遊ぶ姿を見た私の父が、怒ってカセットを無理矢理引っこ抜き、力の限りに土間へ叩きつけ「こんなもので遊ぶな! 」と激しく怒られたのを思い出します。あまりの剣幕と、高価で大切なものでも親の怒りによって一瞬の内に破壊される事にビビりまくり、その後暫くは自粛しました。
※後日談:カセットは割れているが中のROMは無事という事が分かって、割れたカセットを指して見つからぬようこっそりと遊んでいた。

話しを戻すと、勉強時間を自主的に確保できるくらい自制が効くのであれば別に心配せずとも良いと思うのですが、自制が効かないのであれば強制的に従わせるしかありません。ただそれは小学生の頃から躾けておくべきだったと思います。

書籍の話しも少ししたいのですが、こうした問題に私が危機意識を発揮したのは「石川啄木の伝記」です。
幼少の頃は神童とも言われた石川が、自らの傲慢と増長、怠惰により坂を転げ落ちるようにして人生を転落して行くのです。
私はこれを読んで、自分自身と石川啄木を重ね併せて「これはまずい、このままではまずい」と危機感を募らせたのです。

マイナスになるのはまずいという危機意識を持たせるのも良いのですが、プラスの方向へ行く事も良いんだよ、という事を教えてくれる媒体も一応ご紹介しておきます。
こちらは誕生日のプレゼントとしては説教クサすぎるので、もしご覧になる機会があれば、卒業間際に見せた方が良いと思います。

いまを生きる
http://www.amazon.co.jp/dp/B000066A5L

ロレンツォのオイル-命の詩
※実話を基にしたお話しです。
http://www.amazon.co.jp/dp/B0000QWX2C


また、書籍紹介でほぼ必ず紹介しているのが
学問のすゝめ(伊藤正雄校柱版)
http://www.amazon.co.jp/dp/4061597590
です。一万円札の肖像でお馴染み、福澤諭吉の学問のすゝめですが、私は生涯の読書はこれ一冊で良いと思っているくらいです。
上記の伊藤正雄氏校柱版はほぼ古文に近いので難しいとは思うのですが、頑張って読めば読めない事はありません。
中学生には早いと思いますので高校卒業くらいでお薦めしたいです。
斉藤孝さんの全訳本も出ていますので、難しそうであればこちらを(ただ私としては心情的に伊藤校柱版を薦めたいです)。
全訳であれば高1~高2でも構わないでしょう。
なぜ勉強をするのか、というのが書かれているのですが、私は超がつくほど納得しました。
そもそもの「天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず」という言葉で始まるのですが、福澤が言いたいのは全く逆です。
簡単に概略だけ書きますと(私の脚色も少し加えました)、
「『天は人の上に人を造らず』と言っているが、『実際にはそうではない』。
 賢い人もいれば愚かな人もいる。貧しい人がいれば富む人もいる。それはなぜだろう。
 それは知識が有るか無いかの差だ。知識があれば難しい仕事ができる。難しい仕事が人に富貴を与える。
 天は人に対して富貴を与えるのではなく、その働きに富貴を与えるのである。
 ならば、その働きができるような知識を得るべく、学問をすべきなのだ。
 学問を勤めて物事をよく知る者は、貴人となり富人となり、無学なる者は、貧人となり、下人となる。」
「役に立たない学問は学問ではない。憶えるべきではない。」
「世間の事物、進まざる者は必ず退き、退かざる者は必ず進む。進まず退かずして瀦滞(ちょたい:その場所に留まって動かない事)する者はいない事を理解すべきである。」
「世の中のことはケガのはずみで出来るわけではない。良い事も悪い事も必ず人の意思があってできるものである。」
「日本中、日本一となる自分の腕をふるう舞台には困る事はない。場所に寄らず、どこでも自らの力をふるうべきだ。」


人を成長させる為には、良い人に引き合わせるのが一番なのですが、書籍の読了によっても人の意見を吸収したり、あるいは疑似体験を行う事によって読んだ人の精神的成長を見込む事ができます。そうした書籍は上記のものとあと数冊(ゲーテのファウストなど)があるのですが、まずは上記の媒体から見て頂く事をお薦めします。

経験者です。但し子供の側での。
少し引っかかる部分があったので回答させて下さい。

>こんな難しい彼を救う
とあるのですが、そんな難しいとされる現行の息子さんはそれが自然な状態だと思われます。
中学あたりでは親に対して反抗しつつも、親への愛情をどうすれば良いのか煩悶する時期です。
中学くらいの男子であれば、自分の自己決定の確立(親からの要求に従わない)の欲求と、周囲への認知(親にべったりではない)の欲求を満たす為に、親というものが切り離されがちですが、それと同時に親への愛情も存在...続きを読む


人気Q&Aランキング