人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

西東京市の住民票の見方を教えてください。
一番上に住所欄があり、その右には『世帯主』欄があります。
この欄の下に5人分の氏名・本籍・生年月日・性別・続柄・住民になった日・前住所・筆頭者などを書く欄があります。
質問はこの『筆頭者』についてです。
フォーマットは『世帯主』は特定の一人で、5人は『筆頭者』がすべて異なる場合もありうることを想定して作られています。
『世帯主』と『筆頭者』が異なるケースは、どういう場合が考えられるのでしょうか?

A 回答 (3件)

 そもそも「世帯主」と「筆頭者」とは全く違うものです。

前者は、祖父母、父母、子、孫まで一緒に暮らしている世帯の生計を維持している人です。
 筆頭者は戸籍の一番最初に名前がある人のことです。戸籍は夫婦と子供が一つの単位となっており、子供が結婚すると親の戸籍から抜けて夫婦のどちらかが筆頭者となります。
 よって世帯主は、その世帯に一人ですが、筆頭者は全員に親族(夫婦、親子)関係がなければ違うこともあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お陰で理解できました。
ありがとうございました。

お礼日時:2004/01/23 01:02

「世帯主」は住民票の代表者で、「筆頭者」は戸籍の代表者。



結婚すれば、戸籍が別になりますから、2世代、3世代と住んでいる家族なら、世帯主と筆頭者が違うのが普通ですね。筆頭者は死んでも変わりませんから、未亡人の一人暮らしでは、一人でも筆頭者と世帯主が違うこともあるのですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
納得できました。

お礼日時:2004/01/23 00:57

ほとんどです。


世帯主 じいさん 筆頭者 本人
妻   ばあさん 筆頭者 じいさん
長男  たろう  筆頭者 たろう
長男の妻 はなこ 筆頭者 たろう
長男の長男 じろう 筆頭者 じろう
とかになります。

全部違う場合。
世帯主 じいさん 筆頭者 じいさん
同居人 ばあさん 筆頭者 ばあさん
長男  たろう  筆頭者 じいさんの前妻
次男  じろう  筆頭者 ばあさんの旧姓
              本人は、続称届
三男  さぶろう 筆頭者 さぶろう

逆に、5人全員が同一というのは
ほとんどないですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

例を具体的にあげて説明を下さり、よくわかりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2004/01/23 01:04

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q住民票除票の見方

住民票除票の見方を教えて下さい。
まず、住所に移動前の住所が表示されています。その右に○年○月○日転入とあります。これはそこに転入されてきた年月日だと思います。では、さらにその右に○年○月○日届出とありますがこれは何でしょう?
そして、転出先に2段の住所が表示されていて上段には住所の上に抹消線が引かれて、その右に○年○月○日転予、さらにその右に○年○月○日届出とあります。そして、下段には上段と同じ住所が表示されていて○年○月○日転出、○年○月○日通知となっています。これをわかりやすく解説してもらえないでしょうか?役場に聞けばわかるとおもいますが何せ今日は週末なもので・・・

Aベストアンサー

>その右に○年○月○日転入とあります。これはそこに転入されてきた年月日だと思います。
そのとおりです。
>さらにその右に○年○月○日届出とありますがこれは何でしょう?
そこに転入したことを届け出た日です。
>そして、転出先に2段の住所が・・・・
転出届けは、実際に引っ越しをする前に届け出るものです。ですから、転出先の住所が確定していないため、転出届があるとその「届出日」と「転出の予定の日」、「転出予定先」を住民票に記載します。(何かの理由で引っ越しが終わっていても、住所の表示方法などが、届け出どおりで正しいとは限りません。)
そして、転出証明書を持って転入届をすることによって、新住所での「住所を定めた日(略して住定日)」と正確な「住所」が決定するわけです。ここでいう正確な、とは、住所の数字だけではなく、○番○号なのか、○番地○なのか、といったことも含めてです。これで新住所地での住民票ができあがるのですが、市役所では住民票を作って終わりではありません。前住所地の市町村長宛に、この人がここに転入した、という内容の通知をします。住民基本台帳法第9条第1項の通知といい、この通知を受け取った前住所地では、除票に「転出日」と「転出先」とを記載します。仮に正しい記載であっても、分かりやすくするために書き直すこともあります。「通知」というのはその通知を受けた日か除票に記載をした日です。
第9条1項通知の他に本籍地当てに第19条1項通知というのもあり、こちらは戸籍の附票に新住所を記載するための通知です。

>その右に○年○月○日転入とあります。これはそこに転入されてきた年月日だと思います。
そのとおりです。
>さらにその右に○年○月○日届出とありますがこれは何でしょう?
そこに転入したことを届け出た日です。
>そして、転出先に2段の住所が・・・・
転出届けは、実際に引っ越しをする前に届け出るものです。ですから、転出先の住所が確定していないため、転出届があるとその「届出日」と「転出の予定の日」、「転出予定先」を住民票に記載します。(何かの理由で引っ越しが終わっていても、住所の表示方法な...続きを読む

Q住民票の見方・本籍と住所などの疑問

昨年引越しをしました。
昨日、僕(子)が住民票を取って来たんですが、いろいろ分からないことがあるので教えてください。

1.住民票の世帯主と住所っていうのはなんですか?世帯主は父のことですか?住所とは引っ越した先の住所のことですか?

2.住所と現住所は同じですか???

3.本籍って何ですか?引越しをしたのに、本籍が変更になっていないのですが、この住民票は使用できますか?

4.本籍ってどこでもいいと聞いたのですが、それはどうしてですか?
分からないことだらけなのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 こんにちは。以前、戸籍や住民登録の事務をしていましたので、今回のケースはお答えできそうです。

 今までの皆さんのお答えを読んでいませんので、重なる部分があると思いますが御了承ください。

○本籍地(戸籍があるところ)と住所地(住民票があるところ)の違い
・本籍地は日本全国何処へでも好きなところに定められる。例えば富士山の頂上でも良い。また、本籍地を変えたい場合は、戸籍単位でいつでも変えられる。
・住所地は実際に住んでいるところ人か定められない。住所地は住所を移動しない限り変更はできない。
以上が大前提です。

○本籍地と住所地を繋ぐもの
・籍地と住所地が違う方が沢山おられるはずですが、戸籍には「附票」という書類が一緒に保管されていまして、住所を変更すると、変更先の役所から本籍地の役所に連絡が来て、「附票」に住所が順番に書かれていきます。これで、戸籍と住民票が連動しています。
 また、婚姻届などを提出されたときも、本籍地に出されれば住所地に、住所地に出されれば本籍地に、それぞれ連絡が行き、戸籍と住民票の内容が常に整合が取れるような仕組になっています。

 以上を前程に、

1.住民票の世帯主と住所っていうのはなんですか?

 住民票は色々なケースがありますが大抵はそのお家で一緒に住まれている家族の単位で作られます。その住民票のいわば代表者が世帯主です。
 住所とは、実際に住んでいて住民登録している場所です。ちなみに、住民登録はしていないが住んでいる場所を「居所」といいまして、「住所」と「居所」を会わせて「住居」といいます。


>世帯主は父のことですか?住所とは引っ越した先の住所のことですか?

 世帯主は、一緒にお住まいになっている方(住民票を一緒にされている方)の中から自由に決められます。お父さんにされているケースが多いだけです。

>住所とは引っ越した先の住所のことですか?

 先にも書きましたが、実際に住んでいて住民登録している場所です。

2.住所と現住所は同じですか???

 通常は同じです。通常とは、お住まいになっているところにちゃんと住民登録されている場合、と言うことです。

3.本籍って何ですか?

 戸籍が置かれているところです。

>引越しをしたのに、本籍が変更になっていないのですが、この住民票は使用できますか?

 本籍は、住所を変更しただけでは変更されません。本籍を変えたい場合は、戸籍の「転籍届」をする必要があります。

4.本籍ってどこでもいいと聞いたのですが、それはどうしてですか?

 戸籍法でそう決められているからです。
---------------------------------------------------------------
○戸籍法

第六条  戸籍は、市町村の区域内に本籍を定める一の夫婦及びこれと氏を同じくする子ごとに、これを編製する。ただし、日本人でない者(以下「外国人」という。)と婚姻をした者又は配偶者がない者について新たに戸籍を編製するときは、その者及びこれと氏を同じくする子ごとに、これを編製する。
---------------------------------------------------------------
 「市町村の区域内に本籍を定める」つまり、住所本当にあればそこに本籍を定められるということです。

 それと、戸籍は、
・日本国籍である証明であり、本籍地の地名自体には意味がない。地名は、しいて言えば、その戸籍のインデックスみたいなものである
・親族や姻族関係を記録するものですが、日本全国何処に置いていようがそれが可能
だからです。

 ご質問から推察しますと、戸籍と住民票の住所が何故違うのかということが疑問のスタートの様に思いましたが、以上のとおり、戸籍の「地名」と住民票の「住所」の違いを考えていただきましたら、そのなぞは解けたかと思います。どうですか?

 補足が必要でしたらどうぞ♪

 こんにちは。以前、戸籍や住民登録の事務をしていましたので、今回のケースはお答えできそうです。

 今までの皆さんのお答えを読んでいませんので、重なる部分があると思いますが御了承ください。

○本籍地(戸籍があるところ)と住所地(住民票があるところ)の違い
・本籍地は日本全国何処へでも好きなところに定められる。例えば富士山の頂上でも良い。また、本籍地を変えたい場合は、戸籍単位でいつでも変えられる。
・住所地は実際に住んでいるところ人か定められない。住所地は住所を移動しない限...続きを読む


人気Q&Aランキング