20歳を過ぎた頃から腰が痛くなりました(現在28歳です)。
長時間の中腰・掃除(重たいものを持つ)・徒歩をすると、立ちあがれないほどの激痛が走ります。上半身を縮めたままでしばらく動かないでいると、ようやく息ができるようになるくらいです。
横になって腰を左右に倒して「ゴキッ」となれば楽になります。
骨がはまる感覚です。
運転中や椅子に座っていて腰が痛くなった時は、左右にひねったり肛門をギュッと閉じると(変な話ですが)骨がはまる感じがして楽になります。
仕事はデスクワークなのですが、25歳くらいからはいつも右足が痺れているような感覚が続き、右膝が痛むようになりました。
右腰に重い痛みを持ちつづけているのが気になり、26歳の時病院で検査を受けたところ「先天性臼蓋形成不全」と診断されました。
腰痛なので骨盤に原因があると思っていたのですが、股関節に原因があったということ、また先天性なのに大人になってから発症したことに驚きました。
病院では筋肉の緊張を和らげる薬と鎮痛剤を出されましたが、それでは一時的に楽になるにすぎません。一生この痛みと付き合っていくのなら、リハビリなども受けてみたいと思うようになりました。
最近では歩いている最中に太ももの付け根が抜けるカンジで、痛みで立ち止まってしまうことがあります。
以前整体の先生に身体が歪んでいると言われたこともありますし、自分でも骨盤が広がっている気がするので、その補整もできればいいと思っています。
わたしのような症状は一般的なことなのか、特殊なことなのか分かりませんが、リハビリ科のある病院でこんな曖昧な訴え方で満足のいく治療はしてもらえるのでしょうか?
長い質問で読みにくかったと思いますが、教えて頂けたらうれしいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

原因 腰痛」に関するQ&A: 自律神経失調症について お願いします。3年前から、肩、首の凝り、原因不明の腰痛、原因不明の高熱、胃の

A 回答 (3件)

 「先天性臼蓋形成不全」という状態は、生まれてから成長していく過程で、太ももの骨(大腿骨)がきっちり股関節内にはまっていないために起こります。

「臼蓋」とは、大腿骨の頭の部分を支えるための骨盤側の受け皿に相当しますが、この部分は大腿骨頭に刺激されて正常な形に成長していきます。ですから生まれた時に「先天性股関節脱臼」があった人は、この状態になる場合が多いです。しかし、時にはこの状態が分らずに経過し、成人になってから股関節痛が出現したため、「臼蓋形成不全」を発見される人も少なくありません。Nyancoさんも、もともとこの状態であって、症状が出たのが最近のはなしだったのだと思います。
 治療や経過についてはimoさんの仰られていることが中心になりますが、もちろん手術は最終手段なので、普通はリハビリを中心に治療を進めていきます。
 片方の股関節にこれがある場合どうしてもこれをかばうため、歩き方のバランスが悪くなり、ついには腰椎にまで負担がかかり腰痛を合併します。
 レントゲンを見ていないのでなんとも言えませんが、基本的に股関節を守る場合、「外転筋力訓練」をします。「臼蓋形成不全」のある人は、大腿骨が外側へずれていく傾向にあるので、これを押さえ込むように筋肉でカバーするわけです。「中殿筋」という筋肉がこの役目をするのですが、この筋肉は「股を開く」ための筋肉なので、この筋肉を鍛えていくことで「大腿骨頭」は股関節内にとどまり、外側へのずれを防いでくれます。
 再度、整形外科を受診し、リハビリの指導を受けられたらいかがでしょうか。まだお若いので頑張ってリハビリを続ければきっと痛みを和らげることが出来るはずです。頑張って下さいね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答、どうもありがとうございます。
ちょっとウルウルしてしまいそうです。
ちゃんとリハビリで治療することができるんですね!
ホッとしました。
先天的なものは治らなくても、筋肉で補うことができるなら今が始め時かもしれません。
病院では薬をもらうだけじゃなくて、治療してもらいたいという事をちゃんと訴えないと「良くある事ですよ」で済まされてしまうようです。
もう一度病院に行ってみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/05/16 09:29

リハビリテーションはもhimeroさんが答えてらっしゃる通りで、とりあえず筋トレが必要であり、重要となってきます。

臼蓋形成不全の患者は人よりも体を支える部分が狭いために、関節のクッションとなる軟骨が人よりも早く傷んできます。その負担をカバーするために筋力をしっかり付けていかなければ軟骨のみならず関節の変形する速度を抑えることができません。

痛みが強い時期、股関節に長時間の負担をかけ続けると更に痛みがひどくなります。まめに姿勢を変えるなり、重い物を持つことは避けるようにしましょう。
それでも踏ん張るような動作が必要なときには、足を軽く開き膝をやや外向きにする「がに股」の姿勢の方が少しは体重支持面が広くなるので負担が軽減します。
逆に内股で立って動作するのは避けた方が、長い目で見て好ましいと思います。

無意識的に傷む足をかばうことで動く姿勢が不自然となるため腰痛が生じることもあります。ただこの場合、股関節後面から生じる痛みが腰に近い部分(お尻よりちょっと上)に感じ、それが広がって腰痛と感じているのかもしれません。
骨盤のゆがみは結構みんな潜在的に持っていますよ。今修正しても、痛みをかばうアンバランスな動作を繰り返すとすぐにまた戻ってしまうと思います。(整体ってよくわからないけど、似たような手技を勉強したことがあるので…。)

以上、22歳で両臼蓋形成不全を指摘された理学療法士より。
(現在も痛みを抱えつつ仕事してます。筋トレして今のところ比較的快調!
 体重管理も大事。長期戦になりますが頑張りましょうね)
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご回答、どうもありがとうございます。
wakabaさんも同じような症状を持っていらっしゃるんですね。
それでも筋トレと体重管理で比較的快調に過ごされているなんて、私も見習わないと!
それにしても病院の先生はどうして治療を勧めてくれないんですかね?
リハビリや体重管理で楽になると教えてくれていたら、もう少し早く取り組んでいたのに・・・なんて愚痴を言ってもはじまりませんね。
なるべく早めに病院に行ってきます。
確かに長期戦になると思いますが、たくさん同じ症状の方がいらっしゃると思えばがんばれそうです。
励ましていただいて、ありがとうございました!!

お礼日時:2001/05/16 09:39

私も両股臼蓋形成不全で昨年左側を臼蓋回転骨きり術という手術をしました。


ネット上にも沢山の同じ病気で生活している人がいます。
nyancoさんの症状もよく聞く症状です。
今は「臼蓋形成不全」ということのようですが
そのまま無理をして生活すると「変形性股関節症」に進行していきます。
そして、最後は人工股関節を入れることになります。
体重を増やさない。重いものを持たない。筋力をつける。杖を突く。ことで
ある程度、痛みや進行を遅らせることができます。
「腰痛」や「坐骨神経痛」と勘違いして治療を続けていて
治療のタイミングをはずしてしまう方もいますので
信頼できる股関節専門の先生をみつけて定期的にレントゲンを撮られることをお勧めします。きっとそこでリハビリの方法も教授してもらえると思います。

自分ではサイトを持っていないのでここではあえてURLはかきませんが
検索サイトで「臼蓋形成不全」or「変形性股関節症」
で検索すると簡単にみつかるとおもいますので探してみてください。
きっと、「みんないっしょじゃん」とおもえますよ。

ちなみに私も28歳です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、どうもありがとうございました。
imoさんの場合は私よりも大変そうなのですね。
手術もされたとのこと、お大事になさって下さいね。

「治療のタイミング」という言葉にハッとしました。
きっと今がそうなのかもしれません。
ネットでいろいろ調べて、知識を豊富にしたいと思います。

お礼日時:2001/05/16 09:21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • 先天性膝関節脱臼<運動器系の病気(外傷を含む)>の症状や原因・診断と治療方法

    先天性膝関節脱臼とはどんな病気か  膝関節において、膝下に位置する脛骨(けいこつ)が、上側の大腿骨(だいたいこつ)に対して前側に外れた状態(脱臼)で産まれてくる異常です(図6)。 原因は何か  母体内の胎児の膝は、いくつかの点で成人よりも前方へ外れやすい形態的特徴をもっていて、胎内での肢位(骨盤位)などの悪条件によって脱臼となると考えられています。 症状の現れ方  膝関節は反り返った状態(反張位)で、屈...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q臼蓋形成不全。痛みで眠れないのですが。

臼蓋形成不全と診断されている者です。
夜、横になると、腰、臀部の奥の方、足の付け根、膝、くるぶしなどがシクシクと痛み、眠れず、辛いです。
筋トレを行い、痛み止めも飲んでいるのですが、効きません。
歩行中も少し痛むことはありますが、それほど酷くはないです。
医師に相談したのですが、「でも歩けるんでしょ?」と言われただけで、特に処置はありませんでした。
まだ歩けるのだから手術をする段階ではないということです。
歩行が困難になり、手術が必要になるまで、この痛みは我慢するしかないのでしょうか?
別のお医者様なら、何か処置していただけるのでしょうか?
何でも良いので、痛みが軽減できる方法があれば教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

長くなってしまいましたが、さじを投げるような病院はゆるせません。
ネットでusakaburiさんの痛みが少しでも和らげばいいと思いしらべました。少しでもお役に立てば・・・

↓↓↓
股関節では、過去に先天性股関節脱臼や臼蓋形成不全のあった人、股関節部を骨折した人に多いです。足関節の場合は、足関節の関節内骨折後に生じるものが多いです。

股関節とスリムクッションについての質問です ぺころさん 02年 7月 1日(月)
初めまして。スリムクッションを愛用しています。
私は生まれつき臼蓋形成不全(小学6年生位から時々痛むようになりました)なのです。
思春期の頃より下半身が異様なほど太くなってしまいました。(ウエストは57cmなのに対してヒップは93cm、というのが思春期のサイズです。今はウエスト62cmに対してヒップ93cm位です)直立すると膝下が曲がっています。
肩こりや頭痛もひどいのですが、クッションには多少の効果も感じています。
このまま使い続けても大丈夫なのでしょうか?
また、日常気をつけなければいけないことがあれば教えて頂けると嬉しいです。
福辻先生からのアドバイス
メールありがとうございます。
クッション体調と相談しながら続けてください。
腰かけて脚がつかない高さのところに腰かけて、膝から下をブランブラン動かすのが、膝に無理のない運動です。
あと、これからクーラーなどで冷やさないようにして下さいね。

大事な手術のタイミングをのがしてしまったり、さらに進行しますと、痛みが強くなり、股関節の動きが悪くなったり、股関節のまわりの筋肉が弱くなり、歩くのに傾き(跛行:はこう)がひどくなります。また患部が片側のみであっても、痛みなどのため反対側にも影響し、両側変形性股関節症に苦しむ方も多くおられます。日常生活動作では足の爪切りや靴下の着脱などに不自由を強く感じ、歩けないからといって消極的な生活を送っている方も少なくありません。
治療としては運動療法(スイミングなど)や杖などの使用、体重の軽減(股関節には、ある単位面積あたり体重の3~5倍負荷がかかると言われます。)など手術をしないで経過を見る治療方法がありますが、その多くは進行し悪化することが多く、手術治療が必要となります。関節症が進行した方には、運動療法はむしろ悪影響を及ぼすと考えています。

現代医学では老化の為に起こるものだから対症療法しかないと言われている病気ですが、漢方煎剤はこのような病気も100%治すことが出きる証拠としてお見せします。
整形外科を訪れると、股関節も膝も老人性変形は始まっているが、とりわけ悪いところもなく、関節を支える軟骨の老化ですり減ってきているそうで、痛み止めと筋弛緩剤と湿布を頂きました。(現代医学が出せる薬はこの程度です。根治治療には全く関わりが無いのです。)
尊敬する藤岡先生(書道の達人で関西書道家100人の一人に数えられている高名なお方です。この先生の難治な気管支喘息を完治させてあげたので、数多くの難病の患者さんを紹介していただき治してあげました。)から「明日11時、JR大阪駅の京都行きホームへおいで。」というお電話を頂きました。そして3月2日、藤岡先生という立派な保護者に連れられて、松本先生の門を叩きました。昔から人見知りの質ですが、保護者同伴の上、松本先生も看護婦さんも楽しい方で、いっぺんに十年の知己のようにほぐれてしまって、「治るよ!」と言って下さったときには不安が吹っ飛んでしまいました。(老化による変形性関節症の患者さんも何百人となく治してあげているので、リウマチを治す以上にこの病気に対してもすでに私の自信は出来上がっていたので、治すと言ってあげたのです。変形性関節症には膝関節症・脊椎症・腰椎症・股関節症などがあり軟骨が磨り減って起こるものです。漢方は骨や軟骨を新たに作ることができることがすでに証明され、このような老化による関節症も必ず良くなるのです。)
服み始めてからも、痛みはひいたり戻ったりしながらすっかりはとれませんが、いつの間にか気が付くと布団から支えなしに起き上がっていますし、さっさと歩いていますし、正座できる時間も長くなってきていますし、家の階段はとんとんと降りています。着実に快方に向かっています。旅に出ようかと希望も湧いてきました。体重は変わらないのに、「スマートになったんとちがう?」とか言われて悦には入っています。これは先生とお会いして服み始めてから40日目のことです。(漢方は新陳代謝を早めることができるので、真剣に漢方を飲んでいる人は必ず体重が減ります。血流を改善することによって新陳代謝は改善されるわけですから、水の代謝も良くなり、不必要な水分が排泄され、体も引き締まっていきます。)

 完全に痛みがとれるのはまだ先と思いますが、目に見えては良くなっているように思わないのに、ある日「あら、こんなに良くなっている。」と吃驚するのが漢方薬でしょうか。先生のお元気さ、看護婦さんの明るさも相乗してると思います。

 1ヶ月の漢方薬の重さにも驚きました。そして保険で安くしていただいているのも、とても有り難いことでございます。
 朝、滝まで散歩を始めましたら、それもいいような気がします。
 そういう気持ちになれたのも先生のお陰です。

入浴で血行促進を図ろう

 片脚で立ったとき、股関節にかかるストレスは体重の3倍以上といわれます。股関節が痛むときに、関節に過重な負担をかけたり無理に動かしたりすると、ますます関節軟骨が摩耗して症状が悪化します。無理をしないで、痛みがやわらぐまで安静を心がけましょう。台所仕事やアイロン掛けといった家事を行う際も、椅子やスツールなどに腰掛けて作業すると、股関節への負担はかなり軽減されます。
 医療機関の治療の一つに温熱療法があります。これは患部を温め血流をよくすることで痛みを緩和しようというものですが、日常生活の中でも取り入れることができます。たとえば、家事などで体をどうしても動かさないといけないときに市販の温湿布を貼ったり、衣類のポケットに携帯用や使い捨てのカイロなどを入れたりしておくのもよい工夫です。椅子に腰掛けるときに膝掛けで足全体をおおうと足腰の冷えの予防になります。さらに、もっと効果的なのが入浴です。ぬるめの湯にゆっくり浸かり、体の芯から温めましょう。湯船の中で股関節の周りやふともも、ふくらはぎなどの筋肉のマッサージを行うと血行がより促進されます。

水中ウォークやウォーキングで筋肉を鍛える

 出かけるときには杖を使うと、股関節や膝にかかる負担を軽減し、歩きやすくなります。杖には手の握り部分がT字の形になっているT字杖と、脇の下で支える松葉杖の2タイプがあります。必ず自分で試して合ったものを選ぶようにします。
 病態が進行し、股関節をまっすに伸ばせなくなったようなとき仰向けになると腰が浮いた状態になります。そういう場合は、膝の下に枕やクッションなどを入れ、膝を少し高くするとリラックスできます。
 もう一つ忘れてならないのが運動です。入浴後、体が温まったときに股関節を支える筋肉を鍛える運動をできれば毎日行いたいものです(第2回参照)。また、水中ウォークやウォーキング、水泳、サイクリングなどは股関節の動きをよくします。精神的なリフレッシュにもなるので積極的に行いましょう。

太りすぎは股関節に負担

 冒頭にもあるように、股関節には体重の3倍もの負荷がかかります。体重が重ければ重いほど股関節への負担は大きくなります。太りすぎは股関節にとってマイナスであるだけなく、多くの生活習慣病の引き金にもなります。適正体重を維持するように努めることが大事です。

BMI(体格指標の求め方):体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)
 判定基準:
   18.5未満→やせ
   18.5以上25未満→正常
   25以上30未満→肥満(1度)
   30以上35未満→肥満(2度)
   35以上40未満→肥満(3度)
   40以上→肥満(4度)


標準体重の求め方(kg):身長(m)×身長(m)×22
 体重をコントロールするには、食事と運動の2つの面からのアプローチが欠かせません。特に食事では摂取カロリーに気をつけるとともに、栄養バランスにも気を配りましょう
1>沐浴とマッサージに用いて、毒素を体外へ排出するのを促進させる
     1.サイプレス
     2.フェンネル
     3.ジュニパー
     4.レモン
<2>鎮痛効果がある
     1.安息香
     2.カミルレ
     3.ラベンダー
     4.ローズマリー
<3>局所の血液循環を改善
     1.ブラックペパー
     2.ジンジャー
     3.マージョラムアズライト
銅のブレスレット
[クリソコラ]
[ガーネット・緑色の]
[ベリドット・緑色の]
○アオツズラフジ・アサガオ・ウシ・ウド・オオツズラフジ・クガイソウ・ゴボウ・サン ショウ・ショウガ・スイカズラ・ダイコン・ダイコンソウ・トウガラシ・ドジョウ・ニ ワトコ・ハトムギ・ヒガンバナ・ボタン。
○[ドクダミ+サルトリイバラ+ボタン]
○[クワ+エビスグサ+ハトムギ]

漢方療法 ◎浅田宗伯は、関節炎の初期は、[越婢湯][大青竜湯][続命湯]で発汗せしめ、慢性になって疼痛のひどいもの、又は関節だけが大きく腫れて、他の処が痩せて細くなったものには、[烏頭湯][桂芍知母湯]を用い、熱毒の激しい者には[千金の犀角湯][当帰拈痛湯]を用いている。そしてによるものには、[桂枝茯苓丸+附子][桃核承気湯+附子]を用いている。私は打撲の後遺症として、手足に神経痛様の疼痛を訴える者には、[桂枝茯苓丸]や[桃核承気湯]を用いる《大塚敬節》
越婢加朮湯
桂枝加朮附湯
桂芍知母湯
五積散
柴胡桂枝湯
小青竜湯
続命湯
疎経活血湯
大黄牡丹皮湯
大防風湯
当帰四逆加呉茱萸生姜湯
当帰芍薬散
二朮湯
風湿舒筋丸
防已黄蓍湯
防風通聖散
鹿茸大補湯

●フシブシの悩み、あきらめる前に節楽生活を試してみませんか?
毎日を「がまん」で乗り切ろうと考えてはいませんか?
そんな方にこそぜひ、おすすめしたいのが「節楽生活」です。
グルコサミン・コンドロイチン・発酵コラーゲンペプチド・ヒアルロン酸・キャッツクロー・ビタミンCを、特殊製法によりドリンク状にした事で、より配合比を正確にしました。
↓↓↓ (節楽生活のホームページです。)
http://www.sanseido.ne.jp/order.htm#fushiraku
Q01:いつ飲むのが効果的ですか?
A:朝、もしくは夜の食中か食後が効果的かと思われます。
Q02:どのように飲めばよいでしょうか?
A:1日キャップの15mlの目盛り(約キャップ半分)を目安に、毎日継続
してお飲みになられることをおすすめ致します。
Q03:どのくらい飲み続ければ効果がでますか?
A:飲み始めて2~3ヶ月で効果が現れてくるとされています。
Q04:飲み続けるとどのような効果が出てきますか?
A: ◎関節の働きをなめらかにする。
◎ 歩行時の膝の痛みや違和感をとる。
◎ 起き上がるときの膝や足の突っ張り感をとる。
◎ 関節や肘などの痛み、違和感をとる。
等の効果があります。
Q05:特に痛みが激しいのですが、どう飲めば効果的でしょうか?
A:特に痛みの激しい方は、キャップ30mlの目盛り(約キャップ1杯)を
目安に飲まれることをおすすめします。
Q06:2ヶ月以上も飲み続けていますが、効果が出ません。量を増やしてもいいですか?
A:普通飲み始めて2~3ヶ月で効果が現れてくるとされていますが、それでも効果が現れない場合は、少し量を増やしてみてもいいと思います。どんなに効くといっても100%の有効率ではありません。期間としては、半年後や10ヶ月後に効果を得られたという人もいますので、できれば根気よく続けてみてください。
Q07:どのような人が飲んだらいいのですか?
A:お年寄りの方や、関節の痛みが気になる方、スポーツをされる方、お肌が気になる方に、今後の予防と健康におすすめします。
Q08:妊娠中ですが、飲んでも胎児に影響はないでしょうか?
A:妊娠中に摂取して、母子に悪影響を与えたという例はまだありません。しかし、「妊娠中に飲んでも心配ない」という、はっきりとした臨床実験の結果も得られているわけではありません。万全の話ではない以上、妊娠中の摂取は避けたほうがいいと思います。
Q09:具体的に、どのような場所の、どのような症状に効くのでしょうか?
A:変形性膝関節症をはじめ、変形性肘関節症、変形性股関節症、全身性エリテマトーデス慢性関節リウマチ、変形性脊椎症、肩関節周囲炎(五十肩)など、さまざまな関節痛の改善に効果が現れています。
Q10:副作用はありますか?
A:これまでに深刻な副作用が報告された例はありません。ごくまれに下痢症状を起こす人がいますが、体質的なものと思われますので、1口の摂取量を減らせばすぐ治ります。節楽生活は、グルコミンサンはカニ由来のもの、コンドロイチンはサメ由来のものが原料で、天然の食品ですので安心してお飲みいただけます。安全な治療法と考えています。
Q11:そのままストレートに飲んでもよいのですか?
A:はい。よく冷やして、そのままストレートでお召し上がりください。
  飲みにくく感じられる方は、冷たい水などで割ってお飲みになってください。
Q12:1ビンで何日分ありますか?
A:毎日15ml飲んで、約1ヶ月もちます。
Q13:変形性関節症を予防できますか?
A:変形性関節症は、30代後半から少しずつ増え50代以降に急増しています。とくに女性に多く見られる疾患です。変形性関節症の早い時期ほど高い有効成分を発揮します。これは重度になると関節内の軟骨細胞がすでに減っており、軟骨細胞がなければせっかくのグルコサミンも、十分に力を生かせないからです。
反対に、若くて軟骨細胞が元気なころなら軟骨を修復するのは比較的簡単で、グルコサミンを摂れば、効率よく働いて変形性関節症が進行しています。そうなる前に飲み始めることが予防につながります。
Q14:保管方法を教えてください。
A:開封後は冷蔵庫で冷やして保管してください。
Q15:ずっと非ステロイド系の痛み止めの薬を飲んでいます。
このうえに節楽生活を飲んでも大丈夫でしょうか?
A:大丈夫です。非ステロイド系抗炎症剤や鎮痛剤、ステロイド注射などの薬物療法を
はじめ、どの治療法と併用しても構いません。
Q16:グルコサミンは薬ですか?
A:ヨーロッパでは薬として使用されていますが、日本では食品です。
Q17:カニ・エビなどの甲殻アレルギーの人は飲まない方がいいでしょうか?
A:まずは、少ない量でお試しになることをおすすめ致します。
Q18:節楽生活に含まれている成分を教えてください。
A:節楽生活には、軟骨のカギを握る物質がバランスよく配合されています。
成分はグルコサミン・コンドロイチン・ヒアルロン酸・コラーゲン・キャッツクロー・ビタミンCを特殊製法によりドリンク状にしたことで、より配合比を正確にしました。
Q19:グルコサミンの成分と効能を教えてください。
A:天然アミノ糖の一種です。糖タンパクとして、もともと多くの動物の体内に分泌している成分です。節楽生活では、カニ由来のものを使用しています。軟骨関節の水分を保持し、傷んだ軟骨を修復します。
Q20:コンドロイチンの成分と効能を教えてください。
A:細胞間の基礎物質として全身に存在し、細胞外液の水分を調整、皮膚などに潤いを保つ(水分を維持する)成分です。節楽生活ではサメ由来のものを使用しています。軟骨を分解する酵素の働きをおさえて、痛みをやわらげ、損傷しかけている軟骨を守り栄養分が逃げ出すのを防止します。
Q21:キャッツクローの成分と効能を教えてください。
A:漢方に類するハーブ(ペルーに自生する奇跡のハーブ)でありながら、非常に即効性に優れています。
アルカロイド・グリコシド・ポリフェノール等の成分も含まれており、慢性の痛み抗炎症作用に効果があります。
Q22:ヒアルロン酸の成分と効能を教えてください。
A:ムコ多糖の一種で、優れた保水力の他に、滑液のなかで痛みを発するブラジキニンという物質に作用し、痛みをすばやく取り除く力があります。体内では、たんぱく質と共に粘調な溶液やゲルをつくって、細胞と細胞をつなぐ働きがあり、効果的に補うことで、潤いとハリのある若々しい美肌作りをサポートします。
Q23:コラーゲンの成分と効能を教えてください。
A:繊維状のタンパク質で、皮膚、骨、軟骨、腱などの結合組織の主要な構成成分になっております。
プロテオグリカンを固定し、軟骨の強度や柔軟性、弾力性を保ちます。
Q24:ビタミンCの成分と効能を教えてください。
A:コラーゲンの生成に不可欠で、軟骨の4大物質の中の2つ、プロテオグリカンとコラーゲンの生成を促進します。グルコサミンの吸収を助けて効果を高める作用があります。
Q25:エリスリトールの成分と効能を教えてください。
A:糖アルコールの一種で、醤油、味噌などの発酵食品に含まれている天然の糖質です。
ブドウ糖発酵甘味料。砂糖の約70%の甘味度でカロリーゼロの甘味料です。

参考URL:http://www.kenko-recipe.com/e_taiken.html

長くなってしまいましたが、さじを投げるような病院はゆるせません。
ネットでusakaburiさんの痛みが少しでも和らげばいいと思いしらべました。少しでもお役に立てば・・・

↓↓↓
股関節では、過去に先天性股関節脱臼や臼蓋形成不全のあった人、股関節部を骨折した人に多いです。足関節の場合は、足関節の関節内骨折後に生じるものが多いです。

股関節とスリムクッションについての質問です ぺころさん 02年 7月 1日(月)
初めまして。スリムクッションを愛用しています。
私は生まれつき臼蓋形成不全...続きを読む

Q臼蓋形成不全の障害者認定について

親は先天性両股関節脱臼で、障害者認定を受けています。

ある時痛みにより整形外科で診断して貰うと
先天性臼蓋形成不全 と診断され
角度は20度で遺伝による物が大きいと言われました。

その後ネットで先天性臼蓋形成不全について
調べていると、あるブログこの先天性臼蓋形成不全に
なっていた方がいて、そのブログには
先天性臼蓋形成不全は症状にかかわらず
障害者認定が受けられると記載してありました。

その後通院している病院で先生に
障害者認定が受けられると聞いたのですが・・・と
確認したところ、先天性臼蓋形成不全は障害者認定の
対象ではないと言われました。
障害者認定には、メリットデメリットあるのは承知しておりますが
障害者認定は受けられない病気なんでしょうか?

ちなみに現在は頸椎のヘルニアも同時に発症していて
リハビリで週二回通院しています。
もしご存じの方がいらしたら教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

すみません、少し補足させて下さい。

既にご存じだと思いますが、臼蓋形成不全は徐々に進行していき
いつかは必ず手術が必要になる病気です(痛みに耐えられれば別)。

今現在の状況は分かりかねますが、もし軟骨がまだ残っているなら
自骨移植で手術ができるので、決断なさっては如何でしょうか?
(臼蓋回転骨切り術、いわゆるRAOやERAOなど)

既に軟骨がすり減っている場合には、キアリ骨盤骨切り術、
もしくは、大腿骨骨切り術などが適用になりますでしょうか。

不幸にして既に屋根のかぶりが修復不可能なほど進行した場合は、
人工股関節置換術(親が受けた手術)が適用ですね。しかし、
将来20年後には再置換になるので、年配の方が中心ですね。

この辺りのお話は、主治医と充分にお話されているのでしょうか?

余計なお世話と言われればそれまでですが、自分の親が決断を
引き延ばして、結果的に手術時期を逸してしまい人工股関節置換術
になってしまったのが非常に悔やまれるので、ご質問者様には早めの
決断をお勧めしたかったのです。

もう一件の補足ですが、会社で痛みをわかってもらえない件です。

主治医にお願いして、診断書を書いて頂いて具体的な数値を入れて
(例えば10キログラム)もらい、それ以上の重量物の扱いは禁止
する旨を書いていただいて、会社に提出する方法は如何ですか?

これならば、会社は診断書の内容に従う義務を負いますので、
普通は改善されると思います。それでも改善されなければ、
労働基準監督署に状況を訴え出れば、調査を行ってくれて、
会社に対して改善命令を出すはずです。これに従わなければ
会社は罰せられますので、今度こそ絶対に改善されるはずです。

人は自分の痛みには敏感に反応しますが、他人の痛みには鈍感
です(痛みが有っても死ぬわけじゃない、と言う人もいますし)。
その改善のためには、医者の診断書は非常に有効です。

とにかく、お身体を充分にいたわってお仕事して下さい。

すみません、少し補足させて下さい。

既にご存じだと思いますが、臼蓋形成不全は徐々に進行していき
いつかは必ず手術が必要になる病気です(痛みに耐えられれば別)。

今現在の状況は分かりかねますが、もし軟骨がまだ残っているなら
自骨移植で手術ができるので、決断なさっては如何でしょうか?
(臼蓋回転骨切り術、いわゆるRAOやERAOなど)

既に軟骨がすり減っている場合には、キアリ骨盤骨切り術、
もしくは、大腿骨骨切り術などが適用になりますでしょうか。

不幸にして既に屋根のか...続きを読む

Q臼蓋形成不全を予防するため中殿筋を鍛えたいのですが・・・。

いつもお世話になっております。
また質問させてください。

高校生の時から(現在25歳)、歩く時に足の付け根の骨が
ガクンと外れるような痛みがたまに発生してはそれが続き、
おさまるとしばらくないという症状がありましたが、
おととし位に病院にて調べてもらった結果、臼蓋形成不全と
診断されました。

診断といっても、このままだと臼蓋形成不全になると診断され、
今は筋トレをすれば予防できると言われました。

そこで聞いた話では、中殿筋を鍛えろと言われました。
股関節を支える筋肉と聞いたのですが、どのように鍛えたら
いいのか分らずにずっと放っておいたのです。
しかし、このままでは年を重ねてから取り返しのつかない
ことになると思い、始めようと思っています。

そこで皆さんにお聞きしたいことは、中殿筋って、どうやって
鍛えたらよいのでしょうか?
ジムに通わずに家で出来る範囲でお願いします。

また、これをすると股関節に負担をかけるよ!!って言う事は
なんでしょうか?

今は足を組まないようにすることしか実行していませんが・・・。

よろしくお願いします!!

いつもお世話になっております。
また質問させてください。

高校生の時から(現在25歳)、歩く時に足の付け根の骨が
ガクンと外れるような痛みがたまに発生してはそれが続き、
おさまるとしばらくないという症状がありましたが、
おととし位に病院にて調べてもらった結果、臼蓋形成不全と
診断されました。

診断といっても、このままだと臼蓋形成不全になると診断され、
今は筋トレをすれば予防できると言われました。

そこで聞いた話では、中殿筋を鍛えろと言われました。
股関節を支える筋肉...続きを読む

Aベストアンサー

中臀筋は、大臀筋(お尻の筋肉)の内部にある筋肉です。簡単なのは、レッグレイズでしょう。

仰向けに寝て、膝を少し曲げた状態で脚を垂直に浮かせていき、お尻をぐっと上に持ち上げた状態を数秒維持したら、また戻していき、地面に脚をつける寸前でまた上げていきます。

あとは四つんばいになって、右手を地面と平行にして、その状態で左足も地面に平行にした状態を数秒維持したら戻して、今度は左手と右足というのを繰り返す動作も効果的です。

それぞれゆっくり20~30回くらいをメドに行なうといいでしょう。

このほか、大臀筋が使われればそれに伴って刺激されるので、自重を利用したスクワットでもかまいません。

なお、通常は、まめに歩く習慣をつけるだけで十分維持できます。また、電車やバスで必ず立つようにするだけでも効果があります。

それから、股関節に負担をかける行為としては、「暴飲暴食や深酒、喫煙などの不摂生による体重増加」「運動不足や加齢による筋肉の衰え」「過剰なジョギングや高重量でのスクワットなど今の自分の体力レベルを超えた運動(やりすぎもよくないということ)」「むやみに伸ばすストレッチ(痛いというところまでは伸ばさない)」などがあります。

ですから、日常生活でこまめに体を動かすクセをつけ、不摂生をせず、規則正しい生活を送るなら、十分維持できます。

参考URL:http://f-kawaraban.cside.com/find/kinoukaibou/muscles/gluteusmedius.htm

中臀筋は、大臀筋(お尻の筋肉)の内部にある筋肉です。簡単なのは、レッグレイズでしょう。

仰向けに寝て、膝を少し曲げた状態で脚を垂直に浮かせていき、お尻をぐっと上に持ち上げた状態を数秒維持したら、また戻していき、地面に脚をつける寸前でまた上げていきます。

あとは四つんばいになって、右手を地面と平行にして、その状態で左足も地面に平行にした状態を数秒維持したら戻して、今度は左手と右足というのを繰り返す動作も効果的です。

それぞれゆっくり20~30回くらいをメドに行なうといいで...続きを読む

Q臼蓋形成不全の運動やダイエット 

10年以上前から長時間歩くと股関節の前(太ももから足のちょうど一番出ている部分周辺?)が痛み何度か病院で見てもらったのですが原因はわからずにいました。2度の出産を経験し体重も10キロほど増えてしまい最近ますます股関節の痛み、腰痛や足の痺れ等が出てきたため病院を訪れレントゲンを取ってもらったのですが臼蓋形成不全だといわれました。長時間のウォーキングはもちろん趣味で週2回ほどしていたエアロビも足へ負担がかかるので止めるよういわれ、足への負担を減らすよう体重増加はもってのほかとのことで減量を進められました。(身長165センチ、ここ10年で体重50キロから62キロに増えています。)
ここで質問ですが、足に負担のかからず体重を効率よく落とすダイエットってどのようなことをしたらよいのでしょうか。先生は水中ウォーキングやエアロバイクを進めましたがかなりの田舎に在住のため近くに施設がありません。週に2度のリハビリで腸腰筋などを鍛えるのをしていますが2ヶ月たった今でもいまいち効果は現れずあせりを感じています。
ちなみにピラティスがよいとも医師に言われ5回ほどレッスンを受けたのですがピラティスの先生に言わせると股関節の稼動域を広げることで治るというのですが。ただピラティスレッスンの後も股関節がいたみます。
長々と書いてしまいましたが、同じような経験を持つ方やダイエットの知識に詳しい方のご意見お待ちしています。
よろしくお願いします。

10年以上前から長時間歩くと股関節の前(太ももから足のちょうど一番出ている部分周辺?)が痛み何度か病院で見てもらったのですが原因はわからずにいました。2度の出産を経験し体重も10キロほど増えてしまい最近ますます股関節の痛み、腰痛や足の痺れ等が出てきたため病院を訪れレントゲンを取ってもらったのですが臼蓋形成不全だといわれました。長時間のウォーキングはもちろん趣味で週2回ほどしていたエアロビも足へ負担がかかるので止めるよういわれ、足への負担を減らすよう体重増加はもってのほかと...続きを読む

Aベストアンサー

>ピラティスの先生に言わせると股関節の稼動域を広げることで治るというのですが。

ピラティスで”治る”事はありません。
ピラティスはインナーマッスル(深部の体幹をサポートする筋肉)のトレーニングなので、意識してきちんと鍛える事ができればそれなりの効果があるとは思いますが、関節に負担になるような無理な動きはしない事です。
(一人でもきちんとしたトレーニングが出来るようになるまでは、継続してレッスンに通ってトレーニングを受ける必要があります。)

基本的には股関節周囲にしっかりとした筋肉が付けて関節への負担を減らすのがベストです。
リハビリ内容に沿ってまずは脚上げなどの運動(筋トレ)を行うのが良いでしょう。
(方法はネットなどを探してください)

>ここで質問ですが、足に負担のかからず体重を効率よく落とすダイエット

運動が出来ないのにダイエットというのはちょっと難しいですが、食事などの面からも注意した方がよいと思います。
私自身、自骨手術の後、一時は良かったのでえすが、現在は変形性股関節症になっています。医者には激しい運動はしないように~と言われていますけど、脚の痛み(股関節・膝)を抱えたままダイエットのためにエアロビクスをする日々です(^_^;)

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3083923.html

>ピラティスの先生に言わせると股関節の稼動域を広げることで治るというのですが。

ピラティスで”治る”事はありません。
ピラティスはインナーマッスル(深部の体幹をサポートする筋肉)のトレーニングなので、意識してきちんと鍛える事ができればそれなりの効果があるとは思いますが、関節に負担になるような無理な動きはしない事です。
(一人でもきちんとしたトレーニングが出来るようになるまでは、継続してレッスンに通ってトレーニングを受ける必要があります。)

基本的には股関節周囲にしっかり...続きを読む

Q臼蓋形成不全を診断する際の角度について

ネットで調べたところ30°以上との説と40°以上の説があるみたいなのですがどちらが正しいのでしょうか?

私は幼児期に股関節脱臼の既往歴があります。
一応、当時発見された際にコルセットをつけるなどをし治療はしたようです。
ですが、物心ついたときから立っているときも座っているときも寝ているときも歩行の時も違和感がありました。しかしそれが当たり前だと思っていたためこれまで何もせずに過ごしてきてしまいました。

中学時代には練習の激しいバドミントン部に所属していましたしかなり足を酷使していたと思います。(疲労骨折と診断されたこともあります)

そしてこの度、自分が正しい姿勢をとれないこと・ヒョコヒョコ歩きしかできない(足の付け根から歩こうとするとグキッと音がします)ことが変だと気づき、股関節に詳しい先生に診てもらいました。レントゲンの所見によると右が42°、左が40°でした。先生曰く、40°以下なら問題ないから君は大丈夫ですね。で終わってしまいました。いやいや、右は余裕で基準値超えてますけど、と心の中で突っ込みつつ会計までの待ち時間でネット検索していたら40ではなく30°と言う専門家もいるじゃないですか。それを知って不安は増しました。
激痛がなければいいじゃないとおっしゃる方もいるかもしれませんが、この疾患は痛みが出るようになったらそれは末期。そうなる前に治療するのが大事だと言うことも調べました。
もちろん、手術だってリスクを伴うわけですし安易に選択肢に入れるのは考え物だということは承知していますが、このまま経過観察で生活していていざ老後になったときに身動きとれなくなったら怖いのです。しかも自骨を使う手術ならば若い方がいいのを加味すると早い段階で手術を、と願ってしまいます。

現時点で股関節の激痛はありませんが、足の付け根の位置に安定感がないのは事実で、それに付随して座骨・腰・背中などにゆがみを生じて全身が常に辛いです。(湯船につかる・適度な運動など推奨されていることは実行しています)
この苦痛は同じ患者でないと想像しがたいと思いますが。。

まとまりのない文章になってしまいましたが、同じ症状の方や手術をされた方の経緯・アドバイスなどお聞かせいただけますと嬉しいです。
よろしくお願いいたします。

ネットで調べたところ30°以上との説と40°以上の説があるみたいなのですがどちらが正しいのでしょうか?

私は幼児期に股関節脱臼の既往歴があります。
一応、当時発見された際にコルセットをつけるなどをし治療はしたようです。
ですが、物心ついたときから立っているときも座っているときも寝ているときも歩行の時も違和感がありました。しかしそれが当たり前だと思っていたためこれまで何もせずに過ごしてきてしまいました。

中学時代には練習の激しいバドミントン部に所属していましたしかなり足を酷使してい...続きを読む

Aベストアンサー

>ネットで調べたところ30°以上との説と40°以上の説があるみたいなのですがどちらが正しいのでしょうか?

角度から言うとSharp角のことかと思いますが(評価方法は他にもCE角などある)、正常値は男性で38~42度、女性で43~45度になります。ちなみにCE角では25度以上で正常、20度以下で臼蓋形成不全です。


現状であれば保存療法が恐らくメインでしょうね。激しい運動は止め、体重のコントロール、筋力強化、杖の使用などです。手術には大きなリスクが伴いますから、先手を打って手術という選択肢は賢くないと個人的には思います。貴方がおいくつか分かりませんが、歳も関係ありますし、もちろん生活環境なども十分考慮すべきです。

ただし貴方の状況が100%分かりませんので、この回答は参考程度とされてください。背骨に歪みということで、側弯症まではいかなくても側弯気味なのかもしれませんよね。ただ股OAのない臼蓋形成不全が原因で脊柱が側弯することはまずありえないと思います。どちらしてもここではよく分かりませんので、股関節手術に強い病院で一度見てもらうことをお勧めいたします。


長文、乱文失礼しました。ご参考になれば幸いです。お大事にどうぞ。

>ネットで調べたところ30°以上との説と40°以上の説があるみたいなのですがどちらが正しいのでしょうか?

角度から言うとSharp角のことかと思いますが(評価方法は他にもCE角などある)、正常値は男性で38~42度、女性で43~45度になります。ちなみにCE角では25度以上で正常、20度以下で臼蓋形成不全です。


現状であれば保存療法が恐らくメインでしょうね。激しい運動は止め、体重のコントロール、筋力強化、杖の使用などです。手術には大きなリスクが伴いますから、先手を打って手術という選択肢は賢くないと...続きを読む

Qヘルニア、坐骨神経痛、股関節痛の方にお聞きしたいです(長文)

31歳女性です。
4年前腰痛&足痺れ=MRI検査でヘルニアと診断されました。
その時は10日程で普通の生活に戻れました。

今から2ヶ月程前に腰&足に痛み痺れが出ました。
本格的に私生活に支障が出てきた為、整形外科にて診察。
ヘルニア持ちだと伝え、レントゲンを撮り、診察台で足上げなどの診察。
診断は「ヘルニアの坐骨神経痛だと思います」との事。それと同時に「股関節が少しおかしい感じがする」と。
「身内に股関節が悪い人居る?」などの質問を受け、すべてNOと答え。
医師は病名を言ったのですが私は聞き逃してしまい。
「○○(病名)な感じがするけど、今すぐ手術が必要なわけではないが、
このままだと40~50才になって手術する事になるから体重管理を」と注意を受けました。
その時の診断は医師自身も微妙といった感じでその病気だと診断された訳ではありません。

現在、痛み止めと筋肉の緊張を和らげるお薬を頂き、2日に1回、腰の牽引をしてもらっています。
2週間が経ちましたが、一向に痛みも良くならず。
精神的にも参ってしまっている自分がわかります。

現在痛みは、前面足の付け根、お尻、足(膝・スネ・ふくらはぎ)がスゴク痛く、
腰の痛みは我慢出来ない程ではない感じです。
(痛みで3分程しか立ち歩きが出来ない、夜中に激痛で数回目が覚める)


●ヘルニアの方にお聞きします。
ヘルニアからの坐骨神経痛で股関節(前面足の付け根)が痛いって事はありますか?
坐骨神経痛の痛み(お尻、足など)を和らげる方法として何かしていますか?

●股関節痛の方にお聞きします。
変形性股関節症の方、足(太もも・膝・ふくらはぎなど)に痛みは出ますか?
痛みを和らげる為に何かしている事はありますか?


経験からのアドバイス、ご意見など頂けたら大変助かります。
宜しくお願い致します。

31歳女性です。
4年前腰痛&足痺れ=MRI検査でヘルニアと診断されました。
その時は10日程で普通の生活に戻れました。

今から2ヶ月程前に腰&足に痛み痺れが出ました。
本格的に私生活に支障が出てきた為、整形外科にて診察。
ヘルニア持ちだと伝え、レントゲンを撮り、診察台で足上げなどの診察。
診断は「ヘルニアの坐骨神経痛だと思います」との事。それと同時に「股関節が少しおかしい感じがする」と。
「身内に股関節が悪い人居る?」などの質問を受け、すべてNOと答え。
医師は病名を...続きを読む

Aベストアンサー

現在の状況はおそらく坐骨神経痛と考えて良いと思います。
また股関節に関しては、臼蓋形成不全(きゅうがいけいせいふぜん)と説明されたものと思われます。

ヘルニアに関して
特に4番5番目の腰椎の付近のヘルニアの場合に股関節周囲の痛みをともなうことがあります。痛みを和らげる方法は、痛み止めの内服、それでだめなら神経ブロック(但し開業医ではやらないことが多い)それでもだめなら手術という方法があります。手術の適応は、基本的にご本人がどのくらいつらくて、それによってどのくらい日常生活に制限があるか、また手術をするより、保存的に治療するだけの時間的余裕があるか等も重要な要素です。先生と相談してください。
股関節に関して
おそらく骨盤と大腿骨頭の適合性が少しだけ悪かったのでしょう。確かに体重の過度の増加はいけません。入浴中など暖かい条件でゆっくり十分に関節を開く(あぐら)運動がよいと思いますが、今は無理をしなくても良いでしょう(神経痛が良くなってからで)

人間は痛い、かゆいが一番苦痛ですから先生とよくご相談の上、早く良くなってください。

Q臼蓋形成不全の病院を教えてください!(関西)

たった今、病院で「臼蓋形成不全」と診断されて大変ショックを受けている31才です。
10年ぐらい前から長時間歩くと右股関節が大変痛くなるようになり、年月と共にだんだんと痛みが来るまでの時間が短くなって来ていました。

2年ほど前に一度近くの整形外科に行ったところ、大なり小なり関節は痛むもの。痛いのなら杖をつくなどすれば良いと言われ、
「そんなものなの?」と思っていました。

が、最近は買い物以外は全く歩いていない日も痛むようになり、さすがにおかしいと思い再度別の病院に行き、臼蓋形成不全と診断されました。

股関節痛についてはあまり詳しくない先生だったようで、とりあえず筋トレと痛み止めの投薬を勧められましたが、歩くのは負担がかかるから良くないと言われ、これからの長い人生を考えると、かなりショックです。
現時点でも友だちと遊びに行くのもためらうような状況ですが、それどころか、仕事、日常生活にも支障が来るかも知れないと思い、なんとかしたい気持ちでいっぱいです。

手術をするにしてもしないにしても、術例のある適切な病院で相談するのは良いことだ、と言われましたが肝心の病院は「すぐには分からない。」と言われて教えてもらえませんでした。

そこで、関西で手術まで視野に入れて相談にのってくれるような病院をご存知の方がおられましたら是非お教えください!

ショックでご飯が喉を通りません・・・

たった今、病院で「臼蓋形成不全」と診断されて大変ショックを受けている31才です。
10年ぐらい前から長時間歩くと右股関節が大変痛くなるようになり、年月と共にだんだんと痛みが来るまでの時間が短くなって来ていました。

2年ほど前に一度近くの整形外科に行ったところ、大なり小なり関節は痛むもの。痛いのなら杖をつくなどすれば良いと言われ、
「そんなものなの?」と思っていました。

が、最近は買い物以外は全く歩いていない日も痛むようになり、さすがにおかしいと思い再度別の病院に行き、...続きを読む

Aベストアンサー

私も3ヶ月くらい前に臼蓋形成不全と診断されました。
右足付け根が痛い日が続いたので近所の整形外科に行ってレントゲンを撮ってもらって臼蓋形成不全と言われました。
初めて聞いた病名で良く分からなかったんですが、いずれ「びっこ」になると言われました。私は逆子で生まれたんですが、さかごの人には臼蓋形成不全になる人が多いそうです。
お腹の中でさかさまでいた為にお腹の中で足を動かすことが出来なくて、骨盤の形が引っ込んでいるようです。
帰ってきてからネット検索してみると意外と多い病気でした。
たぶん、いつか手術しないといけないようですが、手術すれば良いみたいだし、そんなに大変な手術ではないようなので今は取り合えず先生に言われた「太らないようにする。」と「登山みたいな足を使う運動はさける」を心がけてはいます。
私も関西ではないので、質問者さんに紹介できる病院はわかりませんが、大きな病院、たとえば赤十字病院とか・・総合病院で良いと思います。
大丈夫ですよ。歩けなくなるわけでもないし、足を切断されてしまうわけでもないし、死ぬわけじゃないんだから。
大きな病院に行って先生と相談しましょうよ。私もそのうち、そうするつもりです。

私も3ヶ月くらい前に臼蓋形成不全と診断されました。
右足付け根が痛い日が続いたので近所の整形外科に行ってレントゲンを撮ってもらって臼蓋形成不全と言われました。
初めて聞いた病名で良く分からなかったんですが、いずれ「びっこ」になると言われました。私は逆子で生まれたんですが、さかごの人には臼蓋形成不全になる人が多いそうです。
お腹の中でさかさまでいた為にお腹の中で足を動かすことが出来なくて、骨盤の形が引っ込んでいるようです。
帰ってきてからネット検索してみると意外と多い病気でし...続きを読む

Q股関節が痛く、今度MRIをとるのですが・・・。

今までに何度か股関節に痛みを感じ、歩くのも座っているのも辛いので、病院に行っています。一度目は町医者、2度目は総合病院の整形外科です。一度目の医者でとったレントゲンでは、股関節に点のようなものがあるというようなことを言われましたが、2度目の整形外科でとったレントゲンでは、股関節に異常はないとのことでした。

今年に入って、2月にまた痛みが発生したので、また別の病院に行っています。やはりレントゲンに異常はないのですが、痛みを感じる角度をみてもらい、MRIをとってみましょうという話になりました。それが1週間前くらいで、MRIの予約は来週です。

股関節の痛みは、足に負荷のかかる動作(長時間のウォーキング、重たい荷物を持っての移動が重なるなど)でぶり返しますし、痛いときは歩くのがきつくてひきずってしまうのはもちろん、座っていると気持ち悪くなってきます。直近の痛みは2週間前ですが、その2週間前にも痛みを感じており、痛くなる間隔が短いのも気になり、MRIはぜひ受けたいと思っているのですが、現在、股関節にほぼ痛みがない状態なのが気になります。(痛みは大抵1~2週間ほどでおさまります)

こういう状況でMRIを受けた場合、原因てわかりづらくなるものでしょうか?やはり、痛みがあるときの方がはっきりするのですか?
経験談で構いませんので、教えていただけると嬉しいです。
(金額もかかる検査なので、心づもりだけでもしておこうと思い・・・)

今までに何度か股関節に痛みを感じ、歩くのも座っているのも辛いので、病院に行っています。一度目は町医者、2度目は総合病院の整形外科です。一度目の医者でとったレントゲンでは、股関節に点のようなものがあるというようなことを言われましたが、2度目の整形外科でとったレントゲンでは、股関節に異常はないとのことでした。

今年に入って、2月にまた痛みが発生したので、また別の病院に行っています。やはりレントゲンに異常はないのですが、痛みを感じる角度をみてもらい、MRIをとってみましょうという...続きを読む

Aベストアンサー

整形外科医です。
股関節の疾患の場合、関節炎や筋炎以外、基本的には痛みがなくてもMRIの結果には関係ないので、そのまま受けられて良いです。
MRIをとると、単純レントゲンではわかりづらい病気(初期の大腿骨頭壊死や関節唇損傷、転移性骨腫瘍など)も、わかります。
大腿骨頭壊死や腫瘍であれば、早期加療が重要ですし、関節唇損傷ですと手術しないとよくならない場合もありますので、疾患にもよりますがMRIは有用です。

Q妻が股関節の手術をします。経験者の方教えて下さい。

人工股関節置換手術をします。
手術後はかなり関節の動きに制限があるみたいですが、SEXはだいじょうぶでしょうか?

Aベストアンサー

大丈夫ですよ。

体重を掛けない事が一番大切な事です。
理学療法士に質問すれば体位なども教えてくれます。
恥ずかしがらずに聞いて下さい。

関節手術は要するに、わざと骨折させるようなものです。
そう想像すると、養生のサポートが楽だと思います。
骨折なら身近な人に経験者も多いので、参考になること聞けますよね。

術後傷は早く癒えますが、痛みを感じる期間が長い(自然になるまで三年くらい)ので、
それを理解して、優しくしてあげてください。

以後一生、長い時間の立ち、歩き、重い荷物を持つ事が良くありません。
ガラスの靴ならぬ関節を履かせてあげたと思い、奥様を大切にしてあげてくださいね。

お幸せに!

Q臼蓋形成不全/股関節に水が溜まっているのを放置してもいいのせしょうか?

臼蓋形成不全・ 頚骨の頚部が短い 両足変形股関節であります。
現在は通院し、入院予約をして手術を待ち望んでいるところでありますが、
あと半年は待たなくてはならない様子です。
現在の病院に通院してからもう8ヶ月になりますが、
一刻も早くRAOを受けて良くなりたいと思い
筋力を付ける為にウォーキングをしたら、歩けないほど痛みました。

MRIの検査を受けたところ、片側股関節に水が溜まっているとの説明を受けましたが
実際には水を抜いたりする処置も行われず
水が増えるのが怖いのでウォーキングやちょっとした外出もできずに居ります。
このまま放置して安静にすると水が引いて痛みが軽減するのでしょうか?

どうか知識をお持ちの方、ご経験者に教えていただきたく存じます。
よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

手術までの待ち時間、半年以上先だととてつもなく長く感じますね。
焦る気持ちもよーくわかります。

私も2000年2002年と両足、同様の手術を経験しました。

水は炎症を冷やすために溜まると聞きますので
先生が特に処置しないのなら、
安静にすれば炎症も引きじきに収まるという判断だとは思いますが、
寝る前に消炎鎮痛剤を飲んでみてはいかがでしょうか?
寝る前に飲むのは昼間に飲むと鎮痛剤のおかげで痛みを感じずに
無理して動いてしまうからです。
ただし、空腹時は内臓に負担がかかりますので、牛乳やチーズなど
なにか胃に入れてから飲んでくださいね。

痛いときはお休みして、痛くないところの筋トレをしてください。
術後は杖や車椅子を使うので腕の筋肉結構必要ですし。
いろんな意味で腹筋も重要です。
ということで、やっぱり一番はプールですけど近くにないと続かないのが難点。

術後を考えると筋力はあるに越したことはありませんが、
進行させては意味がないです。術後も然り。
手術までは進行させないことが一番重要ですのでお大事になさってください。
筋トレは術後いやになるほど指導されますから(笑)
余力があったら筋力をつけてください。

No.1の方が書かれているような同疾患のサイトは数多くあります。
私もいくつかのサイトは常連ですが、仲間がいることでがんばれますよ。
手術までの時間は仲間作りに費やしてはいかがでしょうか?

手術までの待ち時間、半年以上先だととてつもなく長く感じますね。
焦る気持ちもよーくわかります。

私も2000年2002年と両足、同様の手術を経験しました。

水は炎症を冷やすために溜まると聞きますので
先生が特に処置しないのなら、
安静にすれば炎症も引きじきに収まるという判断だとは思いますが、
寝る前に消炎鎮痛剤を飲んでみてはいかがでしょうか?
寝る前に飲むのは昼間に飲むと鎮痛剤のおかげで痛みを感じずに
無理して動いてしまうからです。
ただし、空腹時は内臓に負担がかかりますので...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング