人が亡くなると、通夜、葬儀、 四十九日、初盆、 一周忌、三回忌・・・・と法要が行われますが、
一周忌以降の法要の意味は?と常々疑問がありました。

もちろん、法事は身内が集まって故人を偲ぶ場、コミニケーションの場としてはいいでしょうし、
故人を偲ぶ心、先祖を思う感謝する心は大切にしたいとは考えますが、
故人と最も血の繋がりのある方が高齢で病気や障害を抱えると、結局その子供たちが大変な思いをして、遠方から同伴して来たり、故人との繋がりの濃い人は皆亡くなっている・・という様子をみると、そもそも、四十九日以降「宗教行事として」「法事を行う」「僧侶を招いてお経を唱えて頂く」という事が必要なのか?と思うのです。

そんな折、知人から「日本以外の仏教国では、法事を行うのは四十九日まで。それ以降一周忌、3回忌・・と法要を行うのは日本だけの事で、それは日本の仏教界、お寺の都合。」と聞きました。

本当のところ、実際はどうなのでしょう? 
どうぞご教示よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

確かに七回忌以降の法要については、日本独自で付加されてきたものです。



十三仏信仰についてご紹介されている回答もありますが、あくまでもこれは鎌倉時代に日本で発生した考え方によります。これが日本における法要の回数です。

初七日~七七日(四十九日)の7回。それに百か日と一周忌と三回忌。あわせて10回となりますが、中国の道教の教えと混じって十王信仰が発生してきています。10人の仏によってそれぞれの日が担当されるわけです。故に中国などでは三回忌までは存在しますし、3年間は法要はしなくとも喪に服しなさいといわれることにつながります。それ以後は行ってはいないようです。

もともとのインドでは仏教僧侶は葬儀や法要に関知しません。在家の方で行うか他教でおこなうかいずれかです。

諸外国には諸外国の事情があります。日本には日本においての事情があります。単純に比較することはできないんです。諸外国がこうだからやらないというのでは納得しない人も出てきます。

法事を行うと言っても、確かに親族の方の高齢化や費用のご負担を考えると難しい面もあります。
時と場合によってではありますが、周りのご親戚の方のことも考えて、近くにお住まいの方のみとか、施主の近親者のみで行うとか、方法はいくらでもあるのです。

施主側の都合もあります。多忙にて行うことが出来ないとか費用がどうしてもまわらないとか、いろいろあるものです。こんなときは菩提寺さんにお布施をお渡しになって、お寺にて簡単に読経をお願いし、あとは墓参するだけでも十分なことでもあるのです。

さて簡単に説明させて頂きましたが、日本における回忌法要とは故人への供養を積み重ねていくという意味があるのです。

「回忌法要とは追善供養を行うことなのです。」おわかりになられますでしょうか。

浄土真宗さんにおかれては追善供養という考え方は基本的にありませんので、仏縁に触れる機会として捉えられているようです。

けしてお寺の都合だけで年回忌法要を行っているわけではありませんのでご理解なさってください。お寺さんにとってその家がやろうがやるまいが関係はないことなんです。

なおやりたければやればいいし、やらなくても良いと思うのならそうすれば良いことです。これは施主に当たる方の判断によります。

以上です。ご参考まで。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

丁寧にご回答ありがとうございます。


七回忌以降の法要については、日本独自で付加されたのですね。
「回忌法要とは追善供養を行うことなのです。」→なるほど、勉強になります。感謝!

お礼日時:2012/07/13 23:02

「お寺嫌い」の人に尋ねると、そのような回答になるのでしょうね。

僕はそのような回答を聞くと悲しい気持ちになります。
日本人は古代から亡くなった祖先に対する敬愛や畏怖の精神が強いので、別の方が言われるように、神道とも結びついた日本独自の仏教発展の中で、故人を偲ぶ法事という行事が一般に定着したものだと思います。確かに古いお宅だと、一周忌や三回忌だけでなく十三回忌だの33回忌だのと毎年のように法事があり、若い人はうっとおしく感じることでしょうね。特に33年も前に亡くなったひい爺さんとかだと、顔も知らなかったりして、良く分からないと思います。
しかし、自分が今、ここで生きて暮らしているのは、自分の祖先のお陰でもあることを忘れずに、私はこれからも祖先を偲んで法要を重ねていくつもりです。もちろん、それは個人の自由ですから、私の子孫にそれを強要するつもりもありませんし、貴方がすべきことと言うつもりはありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。 勉強になります、なるほど・・です。

お礼日時:2012/07/13 22:58

 他国と比べるからおかしい。

日本の仏教は日本の中で育っていったので。神道とかと結びついたりしているので、そのあたりからの変化もあるし、外国のが正しくて日本が間違っている訳でもありません。
 喪の服し方も世界を見れば様々なんですね。

 宗派によっても、地域によっても異なりますが、近くのお寺のお坊さんに尋ねてみては?それぞれの行事の意味などを。 

 それと、外国でもお寺の都合というか神社とか教会の都合とか普通にあるから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。 
確かに、宗派というのも関係しますね。

お礼日時:2012/07/13 22:56

 実際の所そのようですね。


インドでは四十九日、中国は三年喪に服するとはされています。

 http://www1.ttv.ne.jp/~saame/syuusi.html

 こちらによると、回忌法要って日本神道の一年祭・三年祭の神事を借用したものらしいですね。

 ただまぁ、江戸時代中期にはこうした回忌法要が一般化されてきたらしいので、250年~300年続いている日本の仏教の習慣を「お寺の都合」などとするのはそれこそそれぞれの自由だと思います。

 必要じゃないとするならばなさらなくてもいいのではないでしょうか?

 ちなみに日本では、亡くなってからの初七日、二七日、三七日、四七日、五七日(三十五日)六七日、四十九日、百日、一周忌、三回忌、七回忌、十三回忌、三十三回忌の13回の法要があります。それぞれに担当の仏様がいて、十三仏などと信仰されてもいます。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%81%E4%B8%89% …

 四十九日で満中陰で亡くなった方は仏様になりますが、法要を営むことで故人を偲ぶのももちろんですし、そんな事する必要はなく、常日頃私達の心にいるものだとするのもいいのではないでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。 勉強になります。感謝!

お礼日時:2012/07/13 22:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q法事の案内状について

法事の案内状の文面についてお尋ねしたいのですが、
故人の名前は呼び捨てで良いのでしょうか?

例:○山×吉 ××回忌のお知らせ~

みたいな感じで良いのでしょうか?

Aベストアンサー

teinenさんに一票です。
ただし「××回忌のお知らせ~」という書き出しは変ですよ。例えば四十九日の法事であれば、葬儀の時に会葬してもらったことへのお礼を一言書き、それから本題に入られた方がいいと思いますが。

Q本家の葬儀で香典はなしでと言われたので香典は持参しませんでした。先日四十九日法要があり、義兄弟を含め

本家の葬儀で香典はなしでと言われたので香典は持参しませんでした。先日四十九日法要があり、義兄弟を含め家族7人で、お饅頭を持参で出席しました。帰り際、喪主の方から、言いづらい事だが御霊前!?をうちから貰ってないけど、何か聞いてる!?と、義母には聞けない事なので嫁である私に尋ねられ、こういう席の場合いつも義母達から出してもらっていたので、何も聞いてないとの事を伝え、持ち合わせもなくその場で出す事もできず、申し訳ない気持ちで帰ってきました。家に帰ってから、私の無知の恥を忍んで、義母に一般常識として四十九日法要で持参する物を聞いてみたところ、四十九日法要はおよばれの席だから、御霊前はもってかないよとあっさり言われ、義母に言うわけにもいかず、しかしそう聞いた以上、このままでよいのか、どう対処するのがよいのか、アドバイスをいただけたらと思います。

Aベストアンサー

「義母ルール」ですかね。
少なくとも、本家には通じていないところをみると、
お義母さんだけが、そういう方針でやってこられたのかもしれません。
有名人の、日を改めての、お別れ会などで、
「御供物や御香典は遠慮します」と、一般の参列者に申し渡すのは聞きますが。
葬儀は、急な事でもあるし、香典はいいですよ。
という意味だったのでしょうね。
もしかしたら、本家も、先代までは、親戚内で、そういうとりきめにしていたのかもしれません。
一般的には、法要に呼ばれれば、その都度、「御仏前」「御供物料」という名目で、
香典の半額くらいを持って行きます。
他の兄弟はどうなのでしょう。
みんな持って行っていないのでしょうか。
とにかく、「いただいていない」(というのも、すごいですね)と言うのですから、
催促みたいなものですね。
先日は失礼しました。と、送っておいた方がいいでしょうね。
近くなら、持参して、お線香をあげてくるとか。

Q法事の香典についてお聞きします。 娘婿の妹(子供の頃に亡くなったので嫁いだときには亡くなってます)の

法事の香典についてお聞きします。
娘婿の妹(子供の頃に亡くなったので嫁いだときには亡くなってます)の33回忌法要があります。夫婦で出席いたしますが香典はいくら包むものでしょう?会食にも出席します。

Aベストアンサー

だいたい出席しなくてもいいくらいの関係です。
招待されたんでしょうか?
会食有なら2万円(3万円になるかな)。

Qお通夜(精進おとし)葬儀後(初七日の法要の後のお膳)両方出席の場合の香典について

妹の姑が亡くなり,喪主は長男である妹の旦那です。
お通夜(精進おとし)とお葬式(初七日の法要も当日なのでお膳が出る)両方出席する場合、香典はいくらでしょうか?別にお花を(一万円)お供えします。夫婦と子供一人(お子様用のお膳)で行きます

Aベストアンサー

こんにちは。40代前半既婚女性です。

お通夜と、葬儀はお香典を出します。
お通夜に出る軽食は、「精進おとし」ではなく
「通夜ぶるまい」です。
お通夜と葬儀がセットと考えて
姉夫婦ならば、1万~3万くらいですね。
あなた様のご実家の親御さんも
ご出席でしょうか。
そうなると、ご実家の親御さんのほうが、お香典も
あなた方よりも高額になります。
お香典と別に、御供えのお菓子など(個別包装されていて、30個ぐらい入っているもの。5000円程度)も
御供えとのしをつけて用意します。

また葬儀後の初七日は
また別に包みます。
ご霊前と書いて、また1万から3万ですね。
本来は本当に1週間後に集まって、そのときに持参したので
お香典とは別に香典袋を用意しておきます。
初七日の法要が終って食べる食事や
葬儀後に食べる食事を「精進おとし」といいます。

喪主の妻をする
妹さんの面目が立つように支えてあげてくださいね。

Q一年忌法事の献杯はだれがするの?

 私が施主で今度、父親の一年忌の法事を行います。
法事の後、食事を用意してあります。その際の献杯の音頭は誰が
すべきなのでしょうか?
 私がすべきか、それとも出席者の誰かに頼むべきか悩んでいます。
教えて下さい。

Aベストアンサー

私も先月亡父の一周忌を済ませましたが、
うちの場合は内輪だけの法事でしたので、直前に私から伯父に献杯の音頭をとっていただけるように頼みました。喪主挨拶などと違って、献杯の音頭は故人と親しかった人、席上の年長者などにお願いすればいいのではないでしょうか。

Q寺の嫁です。大変お世話になったご夫婦のご主人が亡くなり、明日、四十九日の法要があります。葬儀のときに

寺の嫁です。大変お世話になったご夫婦のご主人が亡くなり、明日、四十九日の法要があります。葬儀のときにもお会いすることがなかったので、ご挨拶したいのですが…こういうときって、なんて言えばいいのですか?スミマセン( ;´・ω・`)何も知らないんです…

Aベストアンサー

この度は、御愁傷様でした。いろいろと大変でしたでしょう。お力落としのないように、お身体ご自愛下さいね〜


っていかがですか?

Q嫁の親が亡くなった場合 初七日終わってからの法事は毎回お供えするの? お金は包むの?

嫁の親が亡くなった場合
初七日終わってからの法事は毎回お供えするの?
お金は包むの?

Aベストアンサー

何が疑問なのですか。
あなたが一人娘のところに婿入りしたのでないかぎり、あなたは法事の主催者ではありません。
近い親戚として、金品を持ってお参りする客に過ぎません。

古来の日本では、他人の家へお参りに伺うには、「お香」と御供えを持ち寄ったものです。
それが現代ではお香が現金に代わっただけですから、当然に「御仏前」としての現金が必要です。

現金のほかに「御供物」として、デコレーションケーキや西瓜をドオ~ンと一つではなく、個包装された和菓子類やみかんやリンゴなど、また缶飲料でもよいですが、読経が済み次第ばらばらしてお参り客に持って帰ってもらえるものを持参します。

なお、お寺へ包むのは施主の役目であり、お参り客はそんなことは考えなくてよいです。
卒塔婆があるかないかは宗派によって異なりますし、「御霊前」でよいかどうかも宗派によって異なります。
「御仏前」と書いておけばまず問題はありません。

Q亡くなった母の遺骨を四十九日まで置くことについて

先日母が亡くなり、葬儀を済ませました。母は一人暮らしをしていてアパート住まいでした。母の遺言で四十九日までは自分の部屋に遺骨を置いてほしいということでしたが、二人の子どもは仕事があり、少し離れたところに住んでいるので夜は母のアパートに行ってお線香をあげたりお花の水をかえたりしていますが、日中は母がひとりでアパートで居るようでかわいそうでなりません。そこでいま考えているのが土日は母のアパートで過ごして線香をたむけ、平日は娘の家に遺骨を持ってきて供養しようと思うのですが、遺骨をそのように移動してよいものなのかどうか、わかりませんので、アドバイスをいただけると助かります。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

全ては質問者さんのお気持ちしだいだと思いますが、仮に遺骨はアパートに在っても、
お母様は質問者様達といつも一緒にいらっしゃると思います。
寂しい思いはされていないと思います。

お元気な頃の写真などを写真立てに入れ、ご自宅の居間に飾られたら、どうでしょうか、
写真の笑顔を見てると、少しは気がまぎれるかも知れません。

Q一周忌の施主への挨拶

まもなく義祖母の一周忌法要があります。施主は義父で、私の夫はその次男です。

調べたところ、法事の場合の招待客から施主への挨拶は「本日はご招待いただきありがとうございます。」と言うものだとわかりました。私たち夫婦は施主の子供ですが、次男ですし別居していますので上記のような他の招待客と同じ挨拶で大丈夫でしょうか?

また、招待客は持参した御仏前を法事の当日に受付で渡すのだと思いますが、ウチは義実家から遠方のため法事の前日からお邪魔します。この場合、御仏前は前日に着いた時に挨拶とともに渡すべきでしょうか、それとも法事の当日にすべきでしょうか?

御仏前については、夫婦と幼児の3人で出席して3万円包み、3千円の進物用のお線香を添える予定でいます。もし問題があればご指摘をよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>次男ですし別居していますので上記のような他の招待客と同じ挨拶で…

そういうことになりますね。

>御仏前を法事の当日に受付で渡すのだと…

何百人も集まる著名人の法事なら受付もあるかもしれませんが、普通の市民でしたら受付などないのではないでしょうか。
一般に、仏壇の脇ぐらいに小机が用意されています。読経が始まる前に、お供え物を小机に、御仏前は仏団の香炉の横あたりに置いておけばよいです。

>3千円の進物用のお線香を添える…

線香でも悪くはないですが、皆さんが線香を持ってきたらどうなるでしょうか。
無難なのは、法要終了後直ちに配れるような、個包装されたお菓子や缶飲料などです。

Q亡くなられて四十九日も過ぎてからのお悔やみについて

以前に親しくお付き合いをしていた方の奥様が亡くなられていて、四十九日も過ぎている時に、挨拶の手紙を送るのですが、一緒に何か気持ちの品を贈りたいと思うのですが、どのようなものがいいか悩んでいます。現金か花とか。アドバイスください。

Aベストアンサー

初めまして。

私も過去勤務していた上司が、ガンで亡くなったと数年経ってから聞かされました。
出入りが激しい会社で、同期の同僚も辞めていたこともあり私への連絡は数年という時間が経ってから届きました。
かなり迷いましたが、やはりお世話になったということもあったので私はお手紙とお線香を送りました。多少値ははりましたが、気持ちでしたので。

お花もいいと思いますよ。
私の家で不幸が出たときには、「お花券」というものも頂きました。これは結構重宝しましたね。仏壇に飾るお花代もばかにはならないので^^;


人気Q&Aランキング