今年の5月中旬に特定健康診断を受けました。

結果は異常なしで安心していたのですが、アレルギーの薬や安定剤を2年ほどずっと飲んでいるので、もう少し詳しい血液検査をしましょうと言われ、かかりつけの病院で6月末に受けました。

すると、LDL158/HDL59/中性脂肪79

と、LDLだけが高値になってしまいました!1か月半しかたっていないので、急に上がる理由がわかりません。

40前半女性、165cm、60キロ、体脂肪は29%

いままで血液検査で異常が出たことはないのですが、ここ3年の中性脂肪の値だけは37→68→79と上がってきています。

ほかの数字は横ばいですが、1年前から腰痛肩コリ、いわゆる関節痛がひどくなり、白髪も増えるし、疲れやすく、低血圧気味で冷えもあり、プレ更年期的な気もします。(生理は月1で、不通にあるのですが)

女性ホルモンが下がるとコレステロール値は上がってくると先生はおっしゃるのですが、1ヵ月半で上がってしまうものでしょうか?

前日夜から食事は抜いていましたが、その前に食べた物とか影響があるのでしょうか?

とりあえず腰痛改善にここ1年は毎日ウォーキング30分はしていましたし、主人が尿酸値が高めなので和食にしたり、油をひかえたり食事も努力を重ねてきたつもりでいたので、なんだかプチショックなのです。

ひきつづき運動と食事は気をつけて行こうとは思いますが、数値が急にあがる原因が気になっています。

なにかご存知でしたらよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

中性脂肪ほど直前の食事との関係があるわけではないですが、結構、LDLは変動します。


人間ドックでLDLが高いですね..と言ったら、一週間後に来院され、食事を頑張ったから測定してくれとの事でした。一週間では変わらないと思います..と言いながら測定したら、LDL 200が150に減っていました。

ただ、注意しないといけないのは、痩せると直後はLDLは一時的に高くなる傾向があります。その後、ゆっくり減少はしていくのですが..。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

痩せていないです。5キロぐらい落としたいのですが(20代のころぐらい)、40過ぎたら体重を落とすのがほんとに難しくなりました。

食事での変動もあるのですね~。やっぱり年齢的にもそういう年なんだなぁ。

お礼日時:2012/07/17 15:35

こんばんは



ちなみにストレスはないですか?
それで上がる場合もありますので
    • good
    • 9
この回答へのお礼

ストレスは・・・腰痛とか背中の痛みなど関節や筋肉の痛みがストレスです。
1年間ず~っとですから。

お礼日時:2012/07/17 15:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q脂肪肝について教えてください。血液検査では、AST22、ALT37、γGT29、中性脂肪198、総コ

脂肪肝について教えてください。血液検査では、AST22、ALT37、γGT29、中性脂肪198、総コレステロール244です。上限値は医者によって差があるようで今回の医者は、ALTの上限が40でしたのでギリギリ正常値でしたが、前の医者は、ALTの上限が30でした。私の肝機能は血液検査では大丈夫でしょうか。体重67キロ身長174センチ。アルコールは週に三回1日あたり350ミリの缶ビール二本飲んでます。運動はしていません。8月の腹部エコーでは脂肪肝と診断されています。血液検査は正常でも脂肪肝そのものは食事や運動をしないと治らないですか。アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

食べる量とくに炭水化物を控え目にして、運動(とくに有酸素運動)を積極的に取り入れないと、脂肪肝は治りません。

ASTは基準値(30)以下でOK、ALTは基準値(30。50以上は受診必要)を少し超えて要注意、γGTは基準値(50)以内でOK、中性脂肪は基準値(150)を超えてNG、総コレステロールは基準値(151~254)に収まっています。ALTは肝細胞(とくに脂肪肝)に関係する数値です。

エネルギー源になる炭水化物(糖質+食物繊維)を摂りすぎると、余った分は中性脂肪として蓄えられます(内臓脂肪や皮下脂肪になります)。この中性脂肪は肝臓にも蓄えられます(肝臓のひとつひとつの細胞内に脂肪が溜まります)。そうすると肝細胞がダメージを受け壊れていき、肝臓の機能が低下していきます。肝臓は2/3くらい壊れても自覚症状がなく見かけの働きにも障害がないので、肝臓の数値が悪くなってきたときにはそれなりに症状が進んでいます。

実は私は15年くらい前は、太っていてγGTはかなり悪く、超音波検査すると脂肪が真っ白に見えるくらいの脂肪肝でした。医者からこのままでは大変なことになるよ、と言われて初めて脂肪肝の問題の重大性が分かったんです。

それからは食べる量(とくに炭水化物)を控え目にし、取り入れたのが有酸素運動です。毎日スポーツジムに通って汗を流すようにしました(今日もいまジムから帰ってきたところです)。これで1年も経たずに脂肪肝も他の悪い数値も完全に治りました。

食事制限よりも重要なのは有酸素運動です。毎日のように大量の汗を流す有酸素運動をすると、脂肪肝にはテキメンに効きます。慣れない最初のうちはともかく、有酸素運動に体を慣らしながら、たとえばジョギングならせめて5km走るようにしてください。ウォーキングなら8km(2時間)です(万歩計をつけてください)。食事制限だけではダメです。これでまずは半年して効果をみてください(改善してもずっと続けてください)。

食べる量とくに炭水化物を控え目にして、運動(とくに有酸素運動)を積極的に取り入れないと、脂肪肝は治りません。

ASTは基準値(30)以下でOK、ALTは基準値(30。50以上は受診必要)を少し超えて要注意、γGTは基準値(50)以内でOK、中性脂肪は基準値(150)を超えてNG、総コレステロールは基準値(151~254)に収まっています。ALTは肝細胞(とくに脂肪肝)に関係する数値です。

エネルギー源になる炭水化物(糖質+食物繊維)を摂りすぎると、余った分は中性脂肪として蓄えられます(内臓脂肪や皮下脂...続きを読む

Q中性脂肪が基準値より低く、善玉コレステロールが基準値より高い。これって問題ですか?

タイトルの通りなのですが、先日の健康診断で唯一基準外だったのが

・中性脂肪(基準より少ない)
・善玉コレステロール(基準より多い)
・血圧(低い)

以上みっつでした。
この状態は問題ですか?

Aベストアンサー

問題ないですね。
中性脂肪は高いと高脂血症という病気になり高い方が悪く、善玉コレステロールは高い方が良い状態です。
また血圧は高いと高血圧になり悪いのですが、低い分には症状がない限りは特に問題にはなりません。

Q市民健診結果・・中性脂肪値が高い!

 いつもお世話になります、1月に受けた市民健診結果が「中性脂肪307」となっていて、高脂血症・・「要医療」となっていました。他の数値では総コレ170,HDLコレ54と正常範囲内、他に気がかりはγーGTPが13とわずかに(正常15~60)下回っている事です・・。
 年齢は33才、女性、定期的に献血をしボランティア兼ね血液検査結果も見てきましたし、一応食事は年齢のわりに気を付けている方だと思います、運動不足ではあります・・・。今婦人科に定期的に行っており正直内科へ通うのは時間的にも金銭的にも余裕はないですが急を要するのでしょうか・・結果には脂肪、砂糖を減らし運動をするようにとコメントがありましたがそれで改善されるもんでしょうか・・かかりつけ医は欲しいと思っていたので少し間をおき血液検査に出向いた方が良いのでしょうか?
 また今回の市民健診では食後3時間開けるようにとの事でしたが食後3時間ぎりぎりでした・・これって少しは影響する物でしょうか?
 何卒宜しくお願いします。
 

Aベストアンサー

中性脂肪の値は食事に影響されやすく、食事の内容によっては、3時間だと影響した可能性があります。
脂肪、糖分、あと飲むのであればアルコールを減らし、数ヵ月後に再検査してみてはどうでしょうか。献血でも中性脂肪の値は検査されましたよね?

Q中性脂肪とコレステロール値

血液検査で、中性脂肪値が正常値の2倍、コレステロール値が正常値の半分以下だと言われ、1ケ月後に再度血液検査をする予定です。
中性脂肪値が高いと良くないのは、TV等でよく耳にしていますのが、コレステロール値が低いとどう悪いのでしょうか?
生活状態は、割と規則正しい生活に近い状態だと思われますし、食生活も肉や脂物は本来苦手なのですが、適度に取り入れているつもりなのですが、何が悪いのでしょうか?
お時間が取れるときでかまいませんので、アドバイスいただければ幸いです。

Aベストアンサー

ご説明を読んで想像するに、多分akkenさんは運動不足なんだと思います。血液はドロドロになっているでしょう。

血液中の中性脂肪が高く、コレステロールの中でも善玉コレステロールである「HDL」が低いと、血管の壁に中性脂肪と悪玉コレステロールの「LDL」が取り込まれやすくなり、壁に厚みが出てきます。どちらか一つが多めでもそうなりますが、二つ合わさると相乗効果で余計に取り込まれやすくなります。どんどん血管が細くなってしまうんですね。そして本来その取り込んだ中性脂肪やらLDLを再び血流の中へ取り出す役目のHDLが少ないと血管は細いままとなり、たくさん中性脂肪やらLDLを取り込んだ血管の壁はもろくなっていきます。これが「動脈硬化」と呼ばれるものです。akkenさんは今のままなら「動脈硬化予備軍」でしょう。そして少しの衝撃でもやぶれてしまい傷となって血が固まり血流を止めてしまうのが、心筋梗塞・脳梗塞という病気なわけです。

そうなるのを防ぐためにも毎日適度な運動をするのをおすすめします。一番簡単なのはウォーキングでしょうね。
以前まではたくさん歩かないと効果は出ないと言われていましたが、最近になって少しの時間、たとえば10分程度でも充分効果があるという研究データが発表されました。
まず10分歩くと筋肉の運動を活発化させるために血液中の糖分が使われます。この段階で既に血液の流れはとてもスムーズになっています。さらに数十分歩くと中性脂肪を使い出し、LDLもどんどん血管の壁から出て血液から流れていきます。血がサラサラになるんです。これは10分歩いた再び数10分立ったまま行動しても同じ効果になります。

今はまだそれほど自覚はなくても、将来的に恐ろしい病気になる可能性があるので、今のうちに予防しておいた方がいいでしょう。
ちなみに適度な運動プラス、食事療法も一緒にすると効果も出やすくなると思います。血液をサラサラにして疲れを取る「酢」を多く摂取するとなおいいと思いますよ。
ぜひお試しを。

ご説明を読んで想像するに、多分akkenさんは運動不足なんだと思います。血液はドロドロになっているでしょう。

血液中の中性脂肪が高く、コレステロールの中でも善玉コレステロールである「HDL」が低いと、血管の壁に中性脂肪と悪玉コレステロールの「LDL」が取り込まれやすくなり、壁に厚みが出てきます。どちらか一つが多めでもそうなりますが、二つ合わさると相乗効果で余計に取り込まれやすくなります。どんどん血管が細くなってしまうんですね。そして本来その取り込んだ中性脂肪やらLDLを再び血流の中へ...続きを読む

Q健康診断の中性脂肪値のついて

主人が会社の生活習慣病検診を受けた結果、
(1)総コレステロール・・・・・217
   HDLコレステロール・・・ 39
   中性脂肪・・・・・・・・・320
 
(2)クレアチン・・・・・・・・0.7

と言う結果が出ました。上記以外の数値は正常です。
(1)は精密検査を要するとなっていました。中性脂肪が高いのはいけないと言うのは知っていますが、
この数値の危険度はどのくらいのものでしょうか?
今日、明日中にも精密検査をしなくてはいけないものでしょうか?
その際は大きい病院か近所の個人診療所どちらが、また何科を受診すればいいのでしょうか?
 
主人は10代の頃は大変華奢だったのですが、20代、とみにここ4~5年体重がふえてきて現在180cm、77kgです。年齢は37才です。
お酒は飲まず、煙草は4年前に1日1箱程度すっていたのをやめています。
主人の両親は父親が37歳ぐらいで脳腫瘍で、母親が42歳ぐらいで腎臓が悪く透析治療をしていて最後は心臓発作でなくなっています。
両親のそういったマイナス要因は受け継いでいるものでしょうか。

これからの生活で何をすればいいのか具体的にご教授おねがいします。

主人が会社の生活習慣病検診を受けた結果、
(1)総コレステロール・・・・・217
   HDLコレステロール・・・ 39
   中性脂肪・・・・・・・・・320
 
(2)クレアチン・・・・・・・・0.7

と言う結果が出ました。上記以外の数値は正常です。
(1)は精密検査を要するとなっていました。中性脂肪が高いのはいけないと言うのは知っていますが、
この数値の危険度はどのくらいのものでしょうか?
今日、明日中にも精密検査をしなくてはいけないものでしょうか?
その際は大き...続きを読む

Aベストアンサー

 まず「中性脂肪」ですが、標準値は50~149なので、320はちょっと高いですね。「中性脂肪」は運動することによって、比較的簡単に落とすことができます。

 次にHDLコレステロール(善玉コレステロール)ですが、39ですからわずかに基準値(41~80)を下回っていますが、この程度であればあまり問題ではありません。もちろん、もう少し高いのが理想ですが・・・。

 あと総コレステロールが217ということですが、これは条件によって危険度が変わってきます。

 1.危険因子:無&冠動脈疾患:無 → ~219が標準値
 2.危険因子:有&冠動脈疾患:無 → ~199が標準値
 3.冠動脈疾患:有        → ~179が標準値
 ※危険因子:加齢(男:45歳、女:閉経後)、高血圧、喫煙、肥満、糖尿病等
 ※冠動脈疾患:心筋梗塞、狭心症等

 ご主人のBMIを計算しますと、23.8となり、「太り気味」となります。従って、危険因子の「肥満」があるということになります。となると2.に該当することになり、標準値を上回ることになります。
 各標準値の最大値+20までは運動療法+食事療法の対象になります。ご主人はこの範囲ですから、運動をする、食事に気をつけることが大切となります。
 (ちなみに、各標準値の最大値+20を超えた場合は、運動療法+食事療法+薬物療法の対象となります)
 
 ご質問の危険度ですが、強いて言えば中程度位かと考えます。今日、明日中に病院へいくレベルではありませんが、早めに内科等に相談に行った方がよいかと思います。

 なお、私は医師ではありませんので専門家の方、フォローをお願いします。

 まず「中性脂肪」ですが、標準値は50~149なので、320はちょっと高いですね。「中性脂肪」は運動することによって、比較的簡単に落とすことができます。

 次にHDLコレステロール(善玉コレステロール)ですが、39ですからわずかに基準値(41~80)を下回っていますが、この程度であればあまり問題ではありません。もちろん、もう少し高いのが理想ですが・・・。

 あと総コレステロールが217ということですが、これは条件によって危険度が変わってきます。

 1.危険因子:無&...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報