マルシェル新規登録で5000円分当たる

どれが一番正確とかはあるのでしょうか?

参考に
「命」という漢字は
部首が「人」というのもあれば、部首が「口」にあたる辞典もあります(>_<)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

漢字の成り立ちにはいくつかの説があることが珍しくなく、正確かどうかは決められません。



「新字源」では「命」を「口」+「令」と解釈しており、意符を「口」とし、「令」は読み(レイ→メイと変化)と「人を使う」を表すとし、六書では会意形声文字、部首は「口」としています。元の意味は「人に言いつける」で、そこから転じて「天の支配」「世の成り行き」「人の命」となったとしています。

漢字の成り立ちや語源は、分解することはできても肝心の「なぜこの字や語を作ったか」は分かるはずがなく、推測でしかありません。字典の編者が信じる説によって部首や解字は異なります。

ただし、引きやすさだけを優先した、日本人が日常の用法を調べる「漢字字典」と、漢文の学習や解字を調べることを優先した「漢和辞典」の違いは明らかです。

例えば、「相」を木へんに、「恥」を耳へんに分類しているのは漢字字典です。それぞれ木や耳とは関係ない字で、意味を担っているのは目と心です。意味がどうのとか考える必要がなく、目立つところである木へんや耳へんにした方が引きやすいのは明らかです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しくありがとうございました(-^〇^-)

お礼日時:2012/10/18 22:44

中国で「部首」が決められ整理された頃は漢字研究がそれほど進んでおらず(だって後漢時代ですからね)、見た目で部首を決めていったんです。

その後研究が進むにつれて「この字のこの部分、意符じゃねーじゃん」ってことが分かってきて訂正したり、でも古い辞書には権威があるから訂正しなかったり、で現在に至るわけです。だから「正確」というよりは「解釈」の問題だと思いますよ。
ちなみに「命」という字は白川静氏の説ではもと「令」。この字は「礼冠をつけた人が神の命令を聞くためにかしこまっている様子を表す象形文字」です。だから上の「人」に見える部分は実は帽子です。のちに、祝詞を入れた箱を示す「口(サイ。『くち』ではない)」が加えられたもの。だから「ひと」も「くち」も意味としては関係ないのですよ。
    • good
    • 0

『漢字要覧2級』(漢検協会発行)をご覧ください。

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q候,修,條,脩,攸,これらは何偏っていうのでしょうか?

左側の人偏みたいなやつのことです。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

「候」だけは「人べん」の漢字で真ん中の縦棒は右側の一部です。

他は「攸+彡」「攸+木」「攸+月(肉づき)」という組み合わせで部首は「攸」以外の部分です。

「攸」は「人」と「|(水の象形)」と「攵(叩く)」からできていますが部首は「攵」です。

以上から「イ」は「人」に違いないのですが「イ|」そのものは部首でもなく特に名前はありません。

(引きやすさを優先した漢字字典ではすべて「人べん」のところに配置したものもあります)


人気Q&Aランキング