国内でのMBAを取ろうと考えています。
慶応、早稲田をはじめ複数の候補があります。
資料を請求したところ、だいたいの違いはわかりましたが、
実際にどこで取るのが良いか考えています。
 できるだけ、実例ベース、実務ベースでディスカッションが多いところが
希望ですが、実際に国内MBAを受けた方のご意見をお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

私は、一橋大学大学院国際企業戦略研究科MBA金融戦略コースを卒業いたしました。

また、グロービスのMBAの単科(経営戦略、マーケティング、等)を受講したことがあります。

【昼間MBAのメリットデメリット】
昼間のMBAと夜間のMBAの違いがあります。日本の現状では、MBAを卒業したからといって転職して大きく年収が上昇するといったことがありません。したがって、いろいろな意味において恵まれた企業に在籍している場合、そこを辞めて昼間のMBAに行くメリットは、あまりありません。そういった意味で、慶応のMBAはお勧めとは言えません。しかしながら、慶応のMBAは経営者の2世が多く集まっています。 自ら企業を立ち上げた1世が、自分の子息に経営を告ぐ前に、MBAで経営を真剣に学んで後継者となってほしいと思っています。そこで学ぶ経営者の2世同士が、2年間勉学をともにすることにより一生の友人を得るメリットは大きいと慶応大学MBAの教授から最近お聞きいたしました。
【夜間のMBAについて】
 スキルアップのメリットを狙うかたは、夜間にすべきでしょう。
たとえば、一橋夜間MBAや早稲田のファイナンス研究科の場合は、金融専門ということもあり、金融の専門知識はかなりアップします。(逆にいうと経営戦略等の知識はあまりつきません。)
 グロービスの場合は、実務家が教えている点が特徴です。講師の全員が実務経験があります。実践的なケースによる講義で、議論を通じて仲間もできやすく、スキルアップも当然ありますが、人脈を築くという点でもメリットがあります。
 私の知人が「東京MBAコミュニティー」というボランティア集団を立ち上げましたが、ここに参加すると早稲田、一橋、グロービス等の卒業生・在校生が講師・スタッフですので、各MBAのメリット・デメリットを教えてくれるそうです。
http://mba-bs.jimdo.com/

参考URL:http://mba-bs.jimdo.com/
    • good
    • 4

米国のMBAを目指すならAACSBの認証を取得しているかが一つの目安になります。

何故なら米国連邦政府には日本の文部科学省のように学校を統括管理する仕組みがなく、AACSBが実質的な質保証機関として機能しているためです。

日本のMBA(というより日本は「経営管理学修士」であって、MBAは通称)では、慶應と名古屋商科がAACBSを取得しています。

国内で実務的なディスカッションを希望するとなると、参加者の平均平均年齢が30歳を超えているところを選ばれると、学卒ストレートではなく、実務経験を持った学生を中心に授業が行われている事を知るための目安になります。慶應、青学、一橋(ICS)など加え、民間のグロービス大やBBT大、海外のテンプル大、マギル大、(遠隔)ボンド大学などケースメソッド教育に力を特に入れており、高いレベルを期待できるかと思います。

参考URL:http://mba.nikkei.co.jp/
    • good
    • 1

外資系企業に勤める友人がMBAを取得すると言い出したところ「そこは認証を受けているのか?」と聞かれたそうです。

やはり認証を受けているということは国際的に価値があるということのようです。
国際的に最も権威のある経営教育評価機関としてAACSB Internatinalがあります。1916年創立で世界各国の大学にMBA教育機関として認証する、MBA教育の質を保証する認証機関です。もちろんハーバード、スタンフォードも含まれますが、2008年現在日本で承認を受けているのは慶應義塾大学(KBS)と名古屋商科大学(NUCB)のみです。東京であればKBS,NUCBどちらも通学可能です。NUCBは東京にもサテライトキャンパスを持っているようです。

参考URL:http://www.aacsb.edu/General/InstLists.asp?lid=3
    • good
    • 0

会社を辞めMBAに通う現役学生です。

国内では慶応のみが社会的に認知され、他校はまだ実績が浅いため、これから評価されるという段階です。全日制か夜間かにもよりますが、実例ベース、ディスカッション中心を希望されるなら慶応か、英語ができるなら一橋(国際企業戦略研究科)が良いでしょう。ただ、ケース中心では数量をこなすことで手一杯となり、理論に深く研究できないことも危惧されます。経営管理には理論が必要ですから、この点は押さえた方がいいでしょう。他校でもケースやディスカッションがないMBAなどありません。金銭面も含め、早稲田、一橋(商学研究科)、青山学院、法政、日大、筑波など、各校のMBAプログラムの特徴を入試要項で検討することをお勧めします。
    • good
    • 3

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QMBA 国内で優れたカリキュラムの学校は?

MBA 国内で優れたカリキュラムの学校は?

ビジネスを体系的に学ぼうと考え、国内でMBAを取得しようと考えております。
それで、現在グロービス経営大学院とビジネスブレークスルー大学大学院の二つを検討しておりますが、
その他の学校(早稲田や一橋)も含めて、講師やカリキュラムの質、また評判等について、
国内でMBAを取得され、お分かりになる方、教えて頂けると有難いです。
どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

追加です
その後、DBAやPh.Dまで考えているなら同じスクールの方がいいと思いますので、コースが用意されているスクールを選ぶと言うのも一つのポイントです。

Q国内MBAで年収はアップしますか?

現在30歳で年収500万です。
職種はSEです。
フルタイム・パートタイムの両方で国内MBAを検討しています。
MBA取得後33歳となりますが、年収アップは可能でしょうか。

海外トップスクールのように卒業しただけで企業が欲しがることは
ないと思いますが、基本的な経営スキルを身につけることができ、
年収アップは可能だと考えているのですが、どうなんでしょうか?

Aベストアンサー

「投資に見合う年収UPは見込めない」
が私の見解です。

MBAを評価してくれる会社への転職が可能になれば認められるでしょうが
取得期間の間、仮に離職したとしたら本来は得ることのできたビジネス経験
が得ることができなくなります。
職との掛け持ちで上手くこなせばいいのでしょうが脂ののったこの時期に
残業拒否で職場での評価は大丈夫かなと心配です。
例えば一流大学卒で一流勤務勤めであればハクもつくからいいでしょうが
私のような三流以下の大学卒ですと国内MBAを評価してくれる企業に
当たることが困難。
一発逆転のカードとしてはMBAより費用対効果の高い物があると思います。

Q国内MBAは転職に役立つ?

私は関西にある有名な国立のMBAを志望しています。

果たして有名国内MBAで転職やキャリアアップに役立つでしょうか。

それよりもっとプロ志向になって結果を出しつつ、転職活動するべきでしょうか。

Aベストアンサー

国内修士(文系)修了者です。

転職やキャリアアップで重要なのは「職歴」であり、修士を取るだけで、転職が有利になる、収入が増える等は期待しないほうがいいと思います。

学んだ知識をうまく使いこなせるかが重要です。
学ぶことで職歴に対する相乗効果が期待できるのなら、修士にお進みになられたら思います。

QMBA取得のための勉強方法、MBAの魅力がわかる本を教えてください

よろしくお願いします。
20代後半男性です。

とある人の話を聞いて、MBAというものに興味を抱きました。

今までは、
『間違いだらけのMBA』

『MBAが会社を滅ぼす』

などの本を読んで、MBAってただの資格なのに、高級が取れるようになる、などの文献を読んでいたのでかなり怪しいと思っていました。

しかし、M&Aやある種の専門知識を身につける”高級な資格”と割り切ってしまえば、かなり勉強できる資格だと思い興味を抱きました。

MBAをとるためにまずはどんな勉強をすればいいのか(理想は海外留学か、英語で授業をするスクールを探しています)
また、MBAの魅力というものがわかる本、または体験談などを教えていただければと思います。

よろしくお願いします

Aベストアンサー

確か講談社新書や中公新書とかの新書に、MBA の体験談や解説した本がありましたよ。

QイギリスでMBAを取りたい

この度、イギリスでMBAの取得を考えている者です。
本心ですと、アメリカのMBAにチャレンジしたかったのですが、
費用の面を考えるとイギリスの一年間コースというのは、
大変魅力的です。
もちろん、資格だけでは意味がないので、勉強量的な側面では、
2年より1年の方が劣るのは承知致しております。

そこで、みなさんにお聞きしたいことがございます。

・イギリスとアメリカのMBAでは、学ぶ内容や扱い、
 環境等の違いはありますか?

・私のイメージですと、MBAというとどうしてもアメリカの印象が
 強いのですが、イギリスで取得した場合、MBAの評価、
 MBA取得後の進路の違いはありますか?

・イギリスで取得する場合のおすすめの大学はございますか?
知名度だけですと、やはりオックスフォード、ケンブリッジが
有名ですが、日本の大学にも見られるように、
イメージやブランドが先行して、内容が伴っていない大学もあるかと
思います。逆に日本ではあまり知名度がなくとも、
内容がしっかりしており、向こうでは評価の高い大学もあるかと
思います。

当方は、メインがモノ作りですので、金融よりはブランディングや
マーケティングといった内容に重点を置きたいと考えております。

経験者の方、知識をお持ちの方、是非ともご教示くださいますよう
お願い致します。

この度、イギリスでMBAの取得を考えている者です。
本心ですと、アメリカのMBAにチャレンジしたかったのですが、
費用の面を考えるとイギリスの一年間コースというのは、
大変魅力的です。
もちろん、資格だけでは意味がないので、勉強量的な側面では、
2年より1年の方が劣るのは承知致しております。

そこで、みなさんにお聞きしたいことがございます。

・イギリスとアメリカのMBAでは、学ぶ内容や扱い、
 環境等の違いはありますか?

・私のイメージですと、MBAというとどうしてもアメリカの...続きを読む

Aベストアンサー

欧州の1年制のMBA受講中です。(UKではありません)
1年制と2年制の違いですがカリキュラム自体に違いは余りありません。時間を掛けるか集中するかの違いです。
大きいのはインターンシップ、MBAでインターンシップを重視する人には1年生の場合は長い期間できないというものがあります。
http://mba.yuza5.biz/mba/1mba.html

1年制は職歴を重視し、基礎部分の授業を減らして必要な部分に集中すると言う話もあります。ただ、これは実際比べた事ないので事実確認したことありませんし、どのレベルの人材をターゲットとしたコースなのかによっても変るのでなんとも言えないでしょう。

アメリカでも短期間でMBAを取得して早く職場に復帰しようとする人もいて1年制MBAを持つTOPビジネススクールがあります。
http://www.businessweek.com/bschools/content/oct2009/bs20091015_554659.htm

国選びよりは学校選びですね。MBAといってもそれぞれ特徴があるので自分の目的に合った学校を選ぶのがいいです。たとえばブランドマーケティングに強いMBAなど。
国で違うのは、ケーススタディのケースがその国や周辺の国のケースが多めになる事と、Financial accountingなどがその国の会計基準を中心に勉強する事になる事ですね。後は集まる生徒の国籍などの違いです。イギリスなら国内とEU圏からの生徒が多いでしょう。

イギリスにあるエージェントのHPです。なぜ欧州MBAなのかと言う一覧です。100%ではないけど割と賛成できるところがあります。
http://www.business-paradigm.com/why_uk.html

参考までにUKのfinancial timesの世界MBAランキング
ここにもあるようにイギリスMBAで真っ先に思い浮かぶのはLondon business schoolですね。他のランキングでも上位に入るところですし、日本でも名が知れています。
http://rankings.ft.com/businessschoolrankings/global-mba-rankings
ランキングはあくまでも参考程度に。一応TOP校と呼ばれる学校にいますが、しょぼいなーと思う部分結構あります。

ぐだぐだ書きましたが、結局はご自身で調査され決断する必要があります。がんばってください。

参考になりそうなHPです
http://www.britishcouncil.org/jp/japan-educationuk-postgraduate-about.htm
http://www.ft.com/mba
http://www.topmba.com/mba-tour
http://www.geocities.jp/kousurebaukaru2009_owner/

欧州の1年制のMBA受講中です。(UKではありません)
1年制と2年制の違いですがカリキュラム自体に違いは余りありません。時間を掛けるか集中するかの違いです。
大きいのはインターンシップ、MBAでインターンシップを重視する人には1年生の場合は長い期間できないというものがあります。
http://mba.yuza5.biz/mba/1mba.html

1年制は職歴を重視し、基礎部分の授業を減らして必要な部分に集中すると言う話もあります。ただ、これは実際比べた事ないので事実確認したことありませんし、どのレベルの人材を...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報