人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

外車で、
miniって言うのがあるじゃないですか。
僕は外車全然興味ないんで詳しいことはよくわかりませんけど、
あのくるまって、
全然miniじゃないのに、
どうしてminiって言うんですか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

元々のMINIは、イギリスのBMCグループのオースチンとモーリスの二つのブランドで発売されていた車で、No.1さんの画像の通り、今の軽より一回り小さな大衆車でした。

映画「Mr.ビーン」の愛車としても有名で、Mr.ビーンの人物像というか社会的地位を如実に表している車ともいえます。その後、チューンナップしたクーパーというモデルがモンテカルロラリーなどで大きな車たちを破って大活躍したことから、日本でも人気が出て、バンモデルの荷台外部の枠に本物の木材を使ったワゴンモデルの「カントリーマン」は、IVYファッションやサーファーにも人気がありました。発売後約40年で生産を終了する頃には、総生産台数の約半分が日本向けに作られていたといわれています。途中でキャブレターからインジェクションになったり、それなりのモデルチェンジはしましたが、基本設計はそのままだったので、性能的にも安全面でも現在の基準には達せず、またBMCも経営不振に陥り、MINIブランドは工場とともにドイツのBMW社に売却されました。その後新たにBMWミニとして発売されたのですが、フロントデザインなどに元々のミニの面影を残しながらも、現代の基準に則した全く別物の車となりました。BMWミニでも全長は小さくてコンパクトカーの部類に入りますが、全幅がそこそこ大きく、特に最新の「クロスオーバー」に至っては、ミニどころかかなり大型サイズになってしまいました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2012/07/19 11:22

昔の小さなBMC mini をリスペクトしてBMWと旧ローバーが現代の基準に則って開発した車がBMW MINIです。


今や、BMWの一つのブランド 「MINI」ブランドとして車種展開しています。
未だに、BMC miniの生産拠点であったオックスフォードをメイン工場としているところなど、ブランドにこだわりを感じます。

BMC miniがモンテカルロラリーで連勝した事から、走りには特に力を入れており、BMWとしては、初めてのFF車ですが、サスペンションはリアにアルミアームを使ったマルチリンクを奢ってBMWらしいクラスを超えた車造りをしています。
吊るし状態でもサーキットでそこそこのタイムを出せるほど、完成度の高い車です。

ちなみにチューンドモデルのジョンクーパーワークスモデルではスタートトラクションに不利なFFながら0-100km/hが6秒台という俊足ぶりを見せてくれます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2012/07/19 11:22

TNTNにminiって刺青したアホがいたので、彼を哀れんで車格を大きくしてやったのです♪

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2012/07/19 11:22

昔のはちっちゃかったんですよ。

35年ほど改良されながら作られていたんですけど、会社が傾いたので、BMWに売られちゃったの。で、今の基準で新規に作ったら小さくできなかった。というわけ。画像は昔の。
「mini?」の回答画像2
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2012/07/19 11:22

昔は軽より小さかったそうです。

  By Wiki
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2012/07/19 11:23

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング