どなたか、この歌をご存知ないですか?
20数年前、家にあった子供向けのレコード集のなかにあった1曲で
「宇宙船ペペペペラン」という題だったと思うのですが・・・
宇宙へ旅立った子供達は、最後には結局どうなってしまったのか?
思い出せず、現物もないので聞くこともできず、ここ数年とっても気になって
います。

また、そのレコード集に収録されているものはとても面白く、
「白雪姫」なども恐ろしげな音楽とセリフ回しで(ミュージカル調?)
何度聞いても飽きず、怖いくせにわくわくして聞いていました。

できることなら入手したいのですが
シリーズ名、版元など、何も覚えていないので探しようがありません。

何かご存知でしたら教えてください。お願いします。

A 回答 (4件)

「宇宙船ペペペペラン」は知らなかったのですが


検索してみたら次のURLを見つけました。

「最後には結局どうなってしまったのか」が書いてあります。

違ってたら、ごめんなさい。

参考URL:http://village.infoweb.ne.jp/~fwie4125/sonota/da …
    • good
    • 0

問い合わせた人がいらっしゃいました。


版元は世界文化社さんだそうです。φ(..;)


>怖いくせにわくわくして聞いていました。

そんなに凄い歌なんですか?
タイトルが変わっているので、惹かれて捜してしまいましたが・・・

ではでは。

参考URL:http://www12.u-page.so-net.ne.jp/bk9/hiro-kyo/mu …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
おかげさまで、詳細がわかりました。
今後はこの情報をもとにオリジナルを探しまくり、いつか必ずコピーをゲットしたいと思います。

お礼日時:2001/05/17 16:08

下の回答をしたものですが、URLの最後の所を見ていたら以下のコメントがありました。




・・・何が言いたいんだこの話は!?子供に見せる絵本だぞ!?で、作者は谷川俊太郎だった。レコードがついてて、歌つき。私は今でもこの歌、歌えます。読みたい人はTAKEXまでメールください。「ペペペペラン読みたいぞ」係まで

この回答への補足

と、思ったのですが、ドレミファブックというのはシリーズ名ですよね?
版元はどこなのでしょうか??
一応検索してみたんですが、分かりませんでした。
ちょっと入手は難しそうですね・・・
どこかに売っているのを見かけた方、ご一報頂けたらとってもとっても嬉しいです。

補足日時:2001/05/15 16:36
    • good
    • 0
この回答へのお礼

本当に谷川さんは何が言いたかったのでしょう??
っていうか、谷川さんの詩だったということに驚き。
やはり、とても子供に読んだり歌ったりして聞かせる内容ではないかったのですね・・・
でも、現物が欲しいです。ドレミファブックに問い合わせてみます。
詩の真意は、今度谷川さんにお会いしたときに聞いてみます。
みなさん、ありがとうございます。

お礼日時:2001/05/15 16:26

私も気になったので検索しました。


うーんあんまりないですねー。

これなんかどうでしょう。
www.jade.dti.ne.jp/~bwv971/00.htm
www.diary.ne.jp/user/39472/

かなり恐い話みたいですね。
私は苦手です。C= C= \(;・_・)/
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q宇宙船の速度はいかほどに見えるのか?

 例えば宇宙の任意の点Pを限りなく光速(とりあえず光速の99%として)に近い
速度で宇宙船Aが通過したとします。
当然、点Pからも宇宙船Aからもお互いにどちらも
光速に限りなく近い速度で遠ざかる様に観測されますよね。

 そんな宇宙船Aと宇宙船Bがすれ違いました。
宇宙船Bは宇宙船Aと同じ速度で点Pに向かっています。
 宇宙船Aにとって点Pは限りなく光速に近い速度で遠ざかっているように見えますが、宇宙船Bも限りなく光速に近い速度で遠ざかって行きます。

 宇宙船Aから見て、宇宙船Bも店Pも同じ速度で
宇宙船Aから遠ざかってゆくように見えるのでしょうか?宇宙船BとPの間の空間は宇宙船Aからどんなふうにみえるのでしょう?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

・相対論的速度の足し算
走る列車の中で乗客Aが乗客Bを拳銃で撃つとします(例によってA,Bは時刻あわせした時計を持っているとします)。ABの距離は、列車のなかではL0、外、つまり相対速度vを持つ観測者DからみてLだとします。拳銃発射から着弾までは、以下のような状況になります。列車中でみた弾丸の速度がv'、列車のDに対する速度がv、Dに対する弾丸の速度がv"とします。

 1)発射!        2)命中!
 +-------+   +-------+
 |バーン!   |   |   ズギュ!|
 |A*→v'  B|   |A   *→B| 速度v→
 +-------+   +-------+
  |←-L0-→|     |←-L0-→|
-------------------------
 外|←---vΔt'----→|←-L--→|
  |←------VΔt'-------→|
  |←------S--------→|Dから見た距離
  A'                 B'
      D

さて、列車内でピストルを発射した時刻をTa、Bが撃たれた時刻をTbとします。これにかかる時間を、
 Tb - Ta = Δt0
として、「列車に対する」弾丸の速度 v' は、
 v' = L0/Δt0

一方、外から見ているDからは、A'で発射時刻がT'a、B'での命中時刻がT'bだとします。A'B'にははDから見て時刻が合わされた時計が置いてあるとします。で、発射から命中までにかかる時間を、
 T'b - T'a = Δt'
とすると、「Dに対する弾丸の速度 v"」は、上の図と見比べて計算すると以下のようになります。
 v"= S/Δt' = (vΔt' + L) / Δt' = v + L/Δt'

問題はΔt0とΔt'の関係です。列車内で時刻が合わされたA,Bの時計は外のDからすれば合っていません。時刻のずれ方は、先のの計算で、以下のようになりました。

      vL0/c^2
 Δt = ----------------
    √(1 - (v/c)^2)

これを使って異なる二つの時刻の引き算をしてみると、

 Δt' = T'b - T'a = ・・・ =  Δt0+(vL0/c^2)
               ------------------
               √(1 - (c/v)^2)
さらに、ローレンツ短縮の式を使ってLをL0に直したりして計算していくと、先に出てきたDに対する弾丸の速度 v' は、L0/Δt0 = v'に注意して、
              L0√(1 - (v/c)^2)
 v"= v + L/Δt'=v + -------------------------------------
           (Δt0 + (v*L0/c^2)) / √(1-(v/c)^2)

      (L0/Δt0)(1 - (v/c)^2)     v' - (v'v^2/c^2)
  = v + ------------------------- = v + -------------------
      1 + (v*(L0/Δt0)/c^2)     1 + (vv'/c^2)
     v + v'
  = ----------------- ---(4)
    1 + (v'v)/c^2

念のためもう少し(4)式をむりやり変形すると、光速以下を足し合わせても光速以下にしかならないことが、はっきりします。
       (1 - v/c)(1 - v'/c)
 v'= c * (1 - -------------------)
         1+ (v'v)/c^2

 さてご質問でお考えの、AからみてPに対してBは遠ざかる方向に速度を持っています。上述のようにAからみてBが光速を超えるわけではありませんが、速度は加算されますので、AからみてPよりBのほうが速度は大きいことになります。

・相対論的速度の足し算
走る列車の中で乗客Aが乗客Bを拳銃で撃つとします(例によってA,Bは時刻あわせした時計を持っているとします)。ABの距離は、列車のなかではL0、外、つまり相対速度vを持つ観測者DからみてLだとします。拳銃発射から着弾までは、以下のような状況になります。列車中でみた弾丸の速度がv'、列車のDに対する速度がv、Dに対する弾丸の速度がv"とします。

 1)発射!        2)命中!
 +-------+   +-------+
 |バーン!   |   |...続きを読む

Qどなたかこの音楽をご存知ありませんか?

JAZZとかそういう類の音楽なのですが、マラカスとかタンバリンとかが出てきて、トランペットかサックスみたいな音楽とともに南国で流れてそうな、心落ち着く音楽って何というのですか?

ジャズみたいな感じです

わかりにくいと思いますが、「これかな」と思うものを教えてください。よろしくお願いします

Aベストアンサー

たぶんボサノバとかラテンのジャンルではないでしょうか?ジャズの演奏でも取り上げますし。落ち着くってことでボサノバの可能性のうほうが高そうですが。ボサノバでトランペットやサックスも出てきますが、他の楽器が出てくるバンドの編成もたくさんありますよ。

Q無限のロケットエンジン?宇宙船?

昔、NHK?かなんかで宇宙上の物質を吸収、変化させてずっと飛びつづけるロケットがあるというのを聞いた覚えがあるのですが実際に可能なんでしょうか?
それにたくさんの部屋(医務室、食料の生産等の部屋)をくっつけて人が生活するらしいです。

Aベストアンサー

これは恒星間ラムジェットと忌むものですね
結論から言うと今の技術では無理です。

と言うのは以前に答えられた方(下の解答の方たち)の言う通り、宇宙空間に1m四方の立方体中に平均約2個存在する水素原子を磁場でかき集めながらそれを核融合エンジンの燃料にして進むロケットのことです。
これを作るためには問題がたくさんあります。分かりやすいものを2つ挙げるならば、
まず一つに核融合エンジンが必要です。しかし現在の技術では作れません。
もう一つの問題はとてつもなくでかいと言うことです。どのくらいでかいかと言うと、吸い込み口の大きさが地球と同じくらいか少し小さいぐらいです。(どうやって作るっちゅうねん)

以上の理由より今の技術(水素爆弾の形でしか核融合が制御できない上、たかだか上空500Kmの地球の表面に近い軌道へ10トンの荷物を運ぶのに50~100億円近くかかる)では無理です。
実現するにはまず核融合の制御と、安く宇宙へ荷物を運ぶ方法が必要です。
しかし数百年~数千年単位でのスパンで考えれば不可能とは言い切れないと思います。

他にもいろいろなロケットが考えられていますが以下の参考URL(宇宙開発事業団HP)をご覧ください

参考URL:http://spaceboy.nasda.go.jp/Note/Rocket/j/Roc15b_j.html

これは恒星間ラムジェットと忌むものですね
結論から言うと今の技術では無理です。

と言うのは以前に答えられた方(下の解答の方たち)の言う通り、宇宙空間に1m四方の立方体中に平均約2個存在する水素原子を磁場でかき集めながらそれを核融合エンジンの燃料にして進むロケットのことです。
これを作るためには問題がたくさんあります。分かりやすいものを2つ挙げるならば、
まず一つに核融合エンジンが必要です。しかし現在の技術では作れません。
もう一つの問題はとてつもなくでかいと言うことです...続きを読む

Q元歌の歌詞を、ご存知でしょうか

「グーチョキパー」を使った手遊びの歌ってとてもポピュラーになってますよね。
でも、私が子どもの頃(幼稚園時代?だとしたら30年ちょっと前)には違う歌詞で歌った記憶があるのです。
「何作ろう」の箇所は「サンタクロース」、
作った物の名を歌う箇所は「ディンドンディン」か、「リンゴンリン」と歌ってたと思います。
が、これ以上はどうしても思い出せません。

検索をかけてみたら、元はマザーグースらしく、やはりサンタクロースの歌で、鐘の音も出て来る事がわかりました。
ですが、どうも日本語の歌詞がピンと来ません。

ずーっと記憶の底に眠っていた歌なのですが、子育ての中で聞くようになってから、気になってしまって・・・
いかにも‘舶来モノ’というメロディーがすごく好きで、よく歌っていたような覚えがあるだけに、「グーチョキパー」を聞く度に気持ちが悪い感じです(^_^;)。

ヒントでも結構です。どなたか宜しくお願いします。

Aベストアンサー

またまた、こんにちは。しつこいですね。

ひとつ、わかったことがあったので、お知らせします。静かな鐘の音のほかにも、「鐘が鳴る」という題名もあるようです。

フランス民謡で、ホントの題名は「フレールジャック」というみたいですよ。

参考URLをみてください。世界の民謡を開いたら、わかると思います。ただ、歌詞がわからないのが、残念ですが。

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~YW4Y-OOb/j-index.html

Q宇宙空間と宇宙船の中は微妙に違いますよね?

宇宙船の中で、宇宙飛行士がいろいろなことをやってくれた映像とかを最近良く見ますよね。
宇宙船の中は無重力なので、いろんな物体が不思議な動きをしておもしろいのですが、宇宙船の中は空気があるので宇宙空間とは厳密には違いますよね?
よく宇宙ではこんな動きをします、こんな形になりますって言ってますけど、「宇宙では」なくて「宇宙船の中では」とするべきじゃないでしょうか?
たとえば、球に紐をつけて支点を固定し回転させると、宇宙空間では永久に回り続けることになりますが、宇宙船の中では空気の摩擦があるので永久に回るわけではないですよね。

Aベストアンサー

こんばんは。

>>>宇宙船の中では空気の摩擦があるので永久に回るわけではないですよね

はい。そうですね。

屁理屈かもしれませんが、地球上でも真空装置は存在しますから、
同じ地球上でも空気があるところとないところがあることになりますよね。
果たして、それをもって
「宇宙船の中は宇宙と違う」、「地球上と地球上の真空装置内は違う」
と言ってみたところで、意味があるのでしょうか?

たしか、スペースシャトルの中で半導体結晶成長の実験をやったことはあったと思うので、
その際は真空容器内でやっているはずですが。

Q関西方面の方、「ちこちゃん」の歌をご存知ですか?

関西の方しかご存じないと思うのですが、小学校の音楽の時間に
「ちこちゃん」という歌を歌いませんでしたか?
歌詞の内容は「ちこちゃんがトラックに撥ねられ死んでしまう」という
ちょっとハードな内容です。
友人とこの話になり、私自身は知らないのですが(道民です)
気になりました。ご存知の方、どういう内容で誰が作ったものか、
お教えいただけると幸いです。

Aベストアンサー

こんにちは。
多分、「ちこちゃん」ではなくて「ちこたん」ではないですか?
歌詞ののってるURLをのせておきます。

参考URL:http://www.mahoroba.ne.jp/~gonbe007/hog/shouka/chikotan.html

Q宇宙船の最高速度

最も速い宇宙船の航海速度はヘリオスの252,800 km/hだと聞きました。

宇宙はほとんど真空で抵抗はないと思うのですが、やはり相対論が示す影響が大きいのでしょうか。
宇宙船の加速を遮るものとしてほかに何かあれば教えてください。
あと、ロケットエンジン以外の夢のような推力装置があれば教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>最も速い宇宙船の航海速度はヘリオスの252,800 km/hだと聞きました。

宇宙に行ってから推進機やスイングバイで加速することが行われますが,
そもそも打上ロケットでめちゃめちゃ加速する方法もあります.
その場合,打上ロケットにはブースターをいっぱいつけます.
いま冥王星に向けて飛んでいる「ニューホライズンズ」も力業で,
地上から16.2km/sの最速で打ち上げられ,9時間で月を通過,78日で火星を通過,13ヶ月で木星に到達,現在も飛行中です.

>ロケットエンジン以外の夢のような推力装置があれば教えてください。

今のところ人類は,次の2種類の推進装置しか知りません.
1.物体を放出又は受け止めて,その反作用で推力を得る.
2.場(地磁場など)との干渉を利用して推力を得る.

目下,夢の推進機関としては,「核融合推進」ですね.
これは「比推力」が何万秒と言うものです.
(通常のロケットは数100秒,
 イオンエンジンなどの「電気推進」では数1000~1万秒.)

また,一時期,「VASIMR(ヴァシミール)」と言う推進機関が話題となりました.
これは電磁力を利用した推進機関で,電気推進の一種ですが,大きな装置で木星有人探査など,
学会で幾つも発表があったと記憶しています.

因みに,「比推力」が高いことと「推力」が大きいこととは相反しますので,
上記の核融合推進でも,加速はとても微小なものです,が,時間を掛けて,
最終的に極めて高速に加速することが出来ます.

推進剤の噴射速度は,上記のgとIspとを掛けたものに大体等しいとお考え下さい.
Isp=300秒ならば,噴射速度は大体3km/sです.
実際には「ノズル」があり,この値から更に1.5~1.7倍くらいに加速しています.

一方,ではどこまで宇宙機は加速出来るのか?について,
上記1については,宇宙機ではどうしても,推進機自身と宇宙機自体の構造の質量はありますので,
頭打ちになります.因みにいくら増速可能かを求めるには,「ロケット方程式(又は「ツォルコフスキーの式」)を用います.

ΔV=g×Isp×ln(mi/mf)
g:重力加速度
Isp:比推力
mi:宇宙船の初期質量
mf:宇宙船の終端質量(miから推進剤の質量を引いたもの)

「太陽ヨット(ソーラーセイル)」や「磁気セイル」もあります.
こちらは,例えばソーラーセイルは太陽光の「輻射圧(放射圧)」により
推力を得ますが,遠方に行くほど太陽光密度は減りますので力は小さくなります,
しかし持続的に加速が行えるので,場合によってはかなり高速まで加速することが出来ます.

上記2には「テザー(EDT)」などがありますが,これは地球周回軌道の
軌道遷移に使うことを意図して研究されています.

他の方が書かれているもので,「反物質」や「光子ロケット」もまた,
夢の推進機関ですが,
更に言えば「反重力推進」や「ワープ」なども,まともにまじめに研究している方もいらっしゃいます.
(学会では名物講演として有名です.)

「レーザー推進」は,「ライトクラフト」と呼ばれるとても軽いものの飛翔には成功しています,
もし大出力レーザーを非常に高精度で宇宙機に追尾させることが出来れば,
これも持続的に加速を与えることが出来るので有望ですが,いかんせん大出力と追尾は,
非常に高度な技術を要します.小規模でしたら,日本でも幾つかの大学などで研究されています.

私の後輩も,反重力推進をやるんだ!と言って,アメリカに旅立って行ったのがいます.

上記「・・・」の語句は,検索されますと,より詳しい説明や,
いろいろな研究室などのウェブが見付かると思います.

>最も速い宇宙船の航海速度はヘリオスの252,800 km/hだと聞きました。

宇宙に行ってから推進機やスイングバイで加速することが行われますが,
そもそも打上ロケットでめちゃめちゃ加速する方法もあります.
その場合,打上ロケットにはブースターをいっぱいつけます.
いま冥王星に向けて飛んでいる「ニューホライズンズ」も力業で,
地上から16.2km/sの最速で打ち上げられ,9時間で月を通過,78日で火星を通過,13ヶ月で木星に到達,現在も飛行中です.

>ロケットエンジン以外の夢のような推力...続きを読む

Q手品(マジック)の歌をご存知ありませんか

私は手品が趣味ですが、手品(マジック)をテーマにした歌が意外に少ないと思っています。私の知る範囲では「公園の手品師」「チンライ節」の2曲です。
 このほかに、手品(マジック)を題材にした歌をご存知の方、教えていただけませんか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

谷山浩子さんの曲で

”手品師の夜”(お昼寝宮・お散歩宮)(D32A0416 '89.01.21)(PCCA-00271 '91.05.21)
”手品師の心臓”(ボクハ・キミガ・スキ)(PCCA-00272 '91.05.21)

という曲があります。

是非聞いてください。

参考URL:http://taniyama.hiroko.com/db/info/CD-list.txt

Q亜光速宇宙船の航行について

地球から10光年離れた植民地惑星Aがあると仮定します。宇宙船が、地球からAに向って光速の90%のスピードで発進したとします。

さて地球&A時間で5年が経ちました。Aから航行中の宇宙船に向って電波通信が放たれました。

そのとき宇宙船は4.5光年進んでいるはずですよね? 宇宙船が通信をキャッチするのは地球を旅立ってから地球&A時間で何年後になるのでしょうか?

無い知恵絞って考えてみました。

Xを地球&A時間とします。
通信の速さ×X+宇宙船の速さ×X=通信が放たれたときのAと宇宙船との距離

で、数式は合ってるでしょうか? 速さを光年で表します。

1X+0.9X=10-4.5
   1.9X=5.5
      X=約2.89

約2.89年後に通信をキャッチしたことになるのでしょうか? これが正しいとすれば、宇宙船は地球を旅立ってから(つまり5を足して)約7.89年後に通信をキャッチした、と考えていいのでしょうか?

ここで新たな疑問です。宇宙船内では時間はどのくらい経過したのか? 相対性理論によれば光速の90%では、地球の1秒が0.44秒にまで遅れるはずです。

7.89×0.44=約3.47

宇宙船の通信士は、約3.47年旅をしてきてある日、地球&A時間で5年経った、すなわち宇宙船からすれば5-約3.47=約1.53年未来からの通信を傍受することになるのでしょうか?

なんだか頭がこんがらがってきました。長文、大変失礼いたしました。
どなたかこの方面に明るい方、ご回答願えれば光栄です。  

地球から10光年離れた植民地惑星Aがあると仮定します。宇宙船が、地球からAに向って光速の90%のスピードで発進したとします。

さて地球&A時間で5年が経ちました。Aから航行中の宇宙船に向って電波通信が放たれました。

そのとき宇宙船は4.5光年進んでいるはずですよね? 宇宙船が通信をキャッチするのは地球を旅立ってから地球&A時間で何年後になるのでしょうか?

無い知恵絞って考えてみました。

Xを地球&A時間とします。
通信の速さ×X+宇宙船の速さ×X=通信が放たれたときの...続きを読む

Aベストアンサー

 考え方は間違ってはおりませんが、3.47年ではなく、3.44年がより正確です(No2様のご指摘の通りです)。
 さて、少し混乱しそうですが、もう少し出来事を整理してみましょう。以下の4つの出来事について、いつ、どこで起きた出来事なのかを、地球と宇宙船とで比較してみます。(1)宇宙船が地球を出発、(2)植民星Aから電波を発信、(3)宇宙船が電波を受信、(4)宇宙船が植民星Aに到着。(場所、時間)の形で、座標点として表します。
 地球から見ると、それぞれ次のようになります。
(1)宇宙船が地球を出発(0,0):これは、座標の原点をそのように設定したということです。
(2)植民星Aから電波を発信(10光年、5年):10光年離れた植民星Aから5年後に電波を発信したということです。
(3)宇宙船が電波を受信(7.11光年、7.89年):質問者様の計算のとおりです。
(4)宇宙船が植民星Aに到着(10光年、11.11年):10光年を光の90%で移動したということです。
 さて、上記の出来事を宇宙船から見てみるとどうなるかを求めてみます。この計算は、ローレンツ変換の式を使います。
(1)宇宙船が地球を出発(0,0):これも、宇宙船での座標の原点をそのように設定したということです。
(2)植民星Aから電波を発信(12.62光年、-9.18年):植民星Aから電波を発信したのは、地球を出発するよりも9.18年前の出来事であり、そのとき、植民星Aは、12.62光年の位置にあったということです。宇宙船が地球を出発する時点では、植民星Aは9.18年かけて光の90%の速さで向かってきますから、12.62-0.9C×9.18=4.36光年となり、宇宙船が地球を出発するときには、植民星Aは4.36光年の位置にあります。これは、10光年の距離がローレンツ収縮した値です。
(3)宇宙船が電波を受信(0、3.44年):位置が0というのは、宇宙船が原点となる座標系だからです。宇宙船が受信するのですから、その場所は原点となります。(2)で述べたように、9.18年前に12.62光年離れた位置から電波が出てますので、12.62-9.18=3.44で、地球出発後3.44年で電波が到着します。なお、3.44年は、質問者様の計算でも求められます。
(4)宇宙船が植民星Aに到着(0、4.84年):(2)で説明したように、地球と植民星Aとの距離は、宇宙船にとっては10光年ではありません。ローレンツ収縮するため、4.36光年になります。そこを光の90%で移動すると、4.84年かかります。
 以上のように、地球と宇宙船とでは、出来事の起こった時間と場所はまったく違ってきます。特に(2)では、宇宙船にとっては、植民星Aが電波を発信するのは、地球を出発する前です。このあたりは理解が難しいと思いますが、次のことに気をつければ理解できると思います。宇宙船が地球を出発する前に植民星Aが電波を発信するとは言っても、それが分かるのは、実際に電波が受信されてからです。電波を受信する前には、電波を発信したという事実は、宇宙船では決してわかりません。それは、光の速さより早く情報が伝わることはないからです。受信した後に、色々な観測結果から、電波を発信したのは地球を出発する前だった、という結論が得られるのです。

 考え方は間違ってはおりませんが、3.47年ではなく、3.44年がより正確です(No2様のご指摘の通りです)。
 さて、少し混乱しそうですが、もう少し出来事を整理してみましょう。以下の4つの出来事について、いつ、どこで起きた出来事なのかを、地球と宇宙船とで比較してみます。(1)宇宙船が地球を出発、(2)植民星Aから電波を発信、(3)宇宙船が電波を受信、(4)宇宙船が植民星Aに到着。(場所、時間)の形で、座標点として表します。
 地球から見ると、それぞれ次のようになります。
(1)宇宙船が地球を出発(0,...続きを読む

QMoscow Nights という歌の中国語の歌詞をご存知の方、いま

Moscow Nights という歌の中国語の歌詞をご存知の方、いませんでしょうか。1955年に発表されたソビエト歌曲です。宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

「モスクワ郊外の夕べ Подмосковные Вечера」ですね。

http://lyrics.oiktv.com/lyric.php?sid=2295&aid=4800&lid=52918

動画と比べてみましたがこれで合っているようです。

http://zh.wikipedia.org/zh/%E8%8E%AB%E6%96%AF%E7%A7%91%E9%83%8A%E5%A4%96%E7%9A%84%E6%99%9A%E4%B8%8A
これは翻訳かと思いましたが、中国語の「歌詞」でした。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報