分子標的薬と抗体医薬の違いが質問タイトルです。

先日、週間ダイヤモンド合併特集号(2012/4/28・5/5)を読んでいました。
そこで、わからないことが出てきました。

まず、お話しておきますが、私は医療・病気に関して全くの素人です。
それを前提にご回答していただけたならば嬉しいです。

一言でいいますと、分子標的薬と抗体医薬の違いです。

この教えてgooでも、この質問はでてきます。
ですが、今ひとつわからないのです。

調べてみますと、
分子標的薬の一種に抗体医薬があるとのことでした。

分子標的薬は広義で
抗体医薬は狭義であるのかなと思った次第でした。

週間ダイヤモンドの雑誌では
分子標的薬の列と抗体医薬の列がありました。
たしかに、分子標的薬の一部分に抗体医薬があるのは理解できるのですが
、ひとくくりで示すのであれば、わざわざ、列として
分けのは不要であるのかと思ったのです。

私個人として、狭義である抗体医薬が
分子標的薬と別立てでなっているのは何か理由があるのかと
思います。

分子標的薬内の抗体医薬はどう違ってくるのでしょうか?

ご教授いただければ嬉しく思います。
よろしくお願い申し上げます。

A 回答 (1件)

例え話……



敵のロボット兵を攻撃して、撃破しようとします。
色々な方法があります。
(1)強大な爆弾を投下して、ロボット兵だけでなく、
周囲も根こそぎ破壊する。
(2)ロケット砲を使って、ロボット兵を破壊する。
(3)ロボット兵の兵器だけを破壊する。
(4)ロボット兵の手足だけを破壊する。

(1)(2)は、当たれば完全だけど、
周りも影響を受けるというものです。
(3)(4)ターゲットのある特定のものだけを
破壊する方法です。

分子標的型の薬というのは、ターゲットの一部だけを破壊することで
ターゲットの動きを止めようという目的の薬です。
その中でも、抗体医薬は、抗原・抗体反応という生体が
本来持っている機能をターゲットにしている薬です。
なので、抗体医薬は、理論上は副作用を大幅に減らして、
効果を期待できるのです。
(現実は、そんなに甘くありませんが……)

この回答への補足

早速のご回答をありがとうございます。
わかりやすく例を示していただき嬉しく思っております。

今までの抗がん剤は(1)(2)で、
分子標的薬というのは、例でいえば
(3)(4)になるわけですね。

とりあえず、がん細胞の動きを止めようする薬(=増殖)である分子標的薬の中で
抗体医薬は、
加えて、がん細胞を殺すまではいかないけれど、
がん細胞に悪さをさせない(=がんの武器を取ってしまう)ようにする薬ということですね。
がん細胞も悪さをしなければ、
単なる良性腫瘍ということになってしまいます。

・・・ということは、
良性腫瘍という名前に変わり、ともに人間も生きていける。
それを目的としている薬というわけですか。
こういうことですよね。

正常細胞が影響を受けないというのは嬉しいことです。
なるほど。

わかりやすかったです。
ありがとうございました。

尚、締切りはもう少しお待ち下さい。

感謝しております。

補足日時:2012/07/17 19:16
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2012/07/17 19:24

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q分子標的薬と抗体医薬 (がん)

分子標的薬と抗体医薬の違いが質問タイトルです。

先日、週間ダイヤモンド合併特集号(2012/4/28・5/5)を読んでいました。
そこで、わからないことが出てきました。

まず、お話しておきますが、私は医療・病気に関して全くの素人です。
それを前提にご回答していただけたならば嬉しいです。

一言でいいますと、分子標的薬と抗体医薬の違いです。

この教えてgooでも、この質問はでてきます。
ですが、今ひとつわからないのです。

調べてみますと、
分子標的薬の一種に抗体医薬があるとのことでした。

分子標的薬は広義で
抗体医薬は狭義であるのかなと思った次第でした。

週間ダイヤモンドの雑誌では
分子標的薬の列と抗体医薬の列がありました。
たしかに、分子標的薬の一部分に抗体医薬があるのは理解できるのですが
、ひとくくりで示すのであれば、わざわざ、列として
分けのは不要であるのかと思ったのです。

私個人として、狭義である抗体医薬が
分子標的薬と別立てでなっているのは何か理由があるのかと
思います。

分子標的薬内の抗体医薬はどう違ってくるのでしょうか?

ご教授いただければ嬉しく思います。
よろしくお願い申し上げます。

分子標的薬と抗体医薬の違いが質問タイトルです。

先日、週間ダイヤモンド合併特集号(2012/4/28・5/5)を読んでいました。
そこで、わからないことが出てきました。

まず、お話しておきますが、私は医療・病気に関して全くの素人です。
それを前提にご回答していただけたならば嬉しいです。

一言でいいますと、分子標的薬と抗体医薬の違いです。

この教えてgooでも、この質問はでてきます。
ですが、今ひとつわからないのです。

調べてみますと、
分子標的薬の一種に抗体医薬があるとのことでした。

分子標的...続きを読む

Aベストアンサー

例え話……

敵のロボット兵を攻撃して、撃破しようとします。
色々な方法があります。
(1)強大な爆弾を投下して、ロボット兵だけでなく、
周囲も根こそぎ破壊する。
(2)ロケット砲を使って、ロボット兵を破壊する。
(3)ロボット兵の兵器だけを破壊する。
(4)ロボット兵の手足だけを破壊する。

(1)(2)は、当たれば完全だけど、
周りも影響を受けるというものです。
(3)(4)ターゲットのある特定のものだけを
破壊する方法です。

分子標的型の薬というのは、ターゲットの一部だけを破壊することで
ターゲットの動きを止めようという目的の薬です。
その中でも、抗体医薬は、抗原・抗体反応という生体が
本来持っている機能をターゲットにしている薬です。
なので、抗体医薬は、理論上は副作用を大幅に減らして、
効果を期待できるのです。
(現実は、そんなに甘くありませんが……)

Q先日、直腸がんと診断されました。がんになりやすい?

先日、直腸がんと診断されました。がんになりやすい?


有茎型の大腸ポリープが見つかり、入院・切除、病理検査の結果悪性腫瘍と診断されました。

悪いものは全て切除したし、転移してることもないので、これで治療は終了。
次回は半年後に内視鏡検査をするように言われています。


腫瘍を切除する前から血便と下痢の症状があり、切除後血便はなくなりましたが、今だに下痢は続いています。


この前の診察の時にドクターにはその旨を伝えましたが、また半年後に会いましょうと言われ…


下痢はただの体質的なことなのか、悪性腫瘍が関係しているのか、不安なのです。
がんセンターのような専門病院でセカンドオピニオンをお願いした方がいいでしょうか?
心配しすぎですかね?


また、
私は30代、家族親戚にがんになった人はいません。

この歳でがんになるということは、今回見つかった大腸はもちろん、その他の臓器にもがんが出来やすかったりするものでしょうか?

Aベストアンサー

私は81才、直腸Rs部に癌が見つかり、5月28日、腹腔鏡下手術をしました。
その前、排便に異常を感じ、便潜血検査・大腸内視鏡検査・PET検査・その他の検査で癌切除手術となりました。
幸いにもステージ:1で、抗がん剤投与・放射線治療も受ける必要がありませんでした。
術後、9日目に退院しました。
今、整腸剤と便を柔らかくする薬を毎食後飲んでいます。
術後は、頻便になり、オナラに水気か混じったりしていましたが、今は楽になって来ました。
下痢をする事はありません。
退院後、6月26日、通院で採血・レントゲン検査があり、経過順調との診断があり、
次は9月13日に通院予定です。
術後3ヶ月位で、以前の生活に戻れるとか? 私は、今、日常生活に支障はありません。
何か御参考になればと。

Q分子標的薬について教えてください。

生物学、医学にお詳しいかた、教えてください。

癌の分子標的薬についてなんですが、p53もしくは他の癌抑制遺伝子を標的とした分子標的薬が存在もしくは、研究開発されていると聞いたのですが、本当でしょうか?

癌はp53を始め、癌抑制遺伝子に機能喪失型の変異が生じているかと思いますが、この分子標的薬は、どのような作用機序なのでしょうか?
p53を癌細胞に導入して、アポトーシスを誘発させるようなものなんでしょうか?

お詳しい方、是非、教えてください。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

p53は、プロテイン53キロダルトン(分子量53,000のタンパク質)の略です。タンパク質です。

「薬の最前線
遺伝子治療薬と核酸医薬」(国立医薬品食品衛生研究所。平成22年度一般公開)
http://www.nihs.go.jp/cgtp/cgtp/sec1/Homepage%20PDFs/index1-j3%20PDF/0-19.pdf

「癌治療の表的―p53タンパク質―」(長崎大学薬学部鈴木啓司さん。平成12年)
http://www.ph.nagasaki-u.ac.jp/openseminar/data/pharma/000713.pdf
>『 一方、遺伝子治療とは別の観点でp53 機能を癌治療に応用しようとする試みも始まっている。』

http://rinshoken.igakuken.or.jp/data/k07.html

遺伝子治療の方は、ウイルスベクターを用いて細胞に遺伝子導入する方法。
分子標的薬の方は、従来の抗癌剤と同じ流れです。創薬のコンセプトが従来より理想的なだけです。

社会>医療カテで、実際のところどうなのかを質問してみたらいかがですか。現場の本音として能書きどおりに信頼が置かれている薬なのか、業を煮やした末の流行り物か。

p53は、プロテイン53キロダルトン(分子量53,000のタンパク質)の略です。タンパク質です。

「薬の最前線
遺伝子治療薬と核酸医薬」(国立医薬品食品衛生研究所。平成22年度一般公開)
http://www.nihs.go.jp/cgtp/cgtp/sec1/Homepage%20PDFs/index1-j3%20PDF/0-19.pdf

「癌治療の表的―p53タンパク質―」(長崎大学薬学部鈴木啓司さん。平成12年)
http://www.ph.nagasaki-u.ac.jp/openseminar/data/pharma/000713.pdf
>『 一方、遺伝子治療とは別の観点でp53 機能を癌治療に応用しようとする試みも始まって...続きを読む

Q大阪府在住の38歳女性です。 先日、子宮頸がん(腺がん)と診断され、現

大阪府在住の38歳女性です。 先日、子宮頸がん(腺がん)と診断され、現在はMRやCTの検査を受けている段階です。主治医からは、広汎全摘出と言われていますが、今まで病気らしい病気一つした事が無く(勿論入院も手術もありません)不安な日々を送っています。未婚、未出産の為子宮全摘と言う最終診断が下った時は納得がいく様にセカンドオピニオンをとろうと考えています。『子宮がんならこの病院が良いわよ!』と言う情報をお持ちの方、是非とも教えて下さい。現在は大阪市内の某大病院に紹介でかかっています。大阪府内、奈良県内の情報をお待ちしております。

Aベストアンサー

初めまして。
もう日にちも経ってるんで結果も出ているでしょうが…
私も頸部腺癌で手術後抗がん剤治療続行中です。 あくまでも私の考えですが 例えステージ1であっても手術が出来るのであれば摘出した方が安心かと思われます。また術後の詳細な検査後 抗がん剤治療等の方針も言われると思いますが 納得する為にセカンドもありだと思います。
因みに私は京都在中なんで市内某大学病院です。

Q分子標的薬

分子標的薬

母が肺癌です。
何の情報でもほしいのです。
BS朝日の鳥越俊太郎 医療の現場で10月23日放送の
分子標的薬を見る事が出来ませんでした。
イレッサやタルセバは知っていますが、他の薬でしょうか。
見た方で覚えていたら、薬の名前を教えて下さい。

Aベストアンサー

おはようございます。
ご心配ですね!私も一年前に鳥越氏の番組で話していた病院で肺癌を宣告され抗がん剤治療をし、幸いにも抗がん剤が効き現在は月一の通院で経過観察をしています。私の場合は一般的な抗がん剤でしたので詳しくは判りませんが下記URLに詳しく記載されています参考までに!。
http://www.anticancer-drug.net/molecular/
「抗がん剤の種類と副作用」

参考URL:http://www.anticancer-drug.net/molecular/

Q子宮がん、肝臓がん、腎臓がん、大腸がんによく効く画期的な治療は?

親が子宮がんです。手術しましたが再発ありうる状態だそうです。
また、肝臓がん、腎臓がん、の可能性も今後あるとのこと。
そして、大腸がんになりやすい体質と判明しているのでよくないことなどあったのですが、これらによく効く画期的な治療はどんなものがあるでしょうか?

保険対象外ならばというものもあるそうですが、兵庫の粒子線治療は300万とかするらしいですが、よく効くならば対象外を優先したいくらいです。

情報お持ちのかたいらっしゃいましたら宜しくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

私の友人も癌と告知され、セカンドオピニオンとして全国にある癌専門の病院を調べていました。そのなかのサイトとして非常にわかりやすかったサイトを参考までに添付いたします。癌専門の名医が載っているTVですので是非ご覧になってみてはいかがでしょうか?

参考URL:http://www.meiitv.net/cancer/index.html

Qスーテント分子標的薬でいいか?

腎がん摘出後5年目で背骨の筋肉に腎がんが転移しました。鎖骨から背骨の周辺の筋肉に腫瘍が46mmできてます。CT下生検査して現在病理検査で第一報告が RCC--renal cell carcinoma metastatic で免疫組織化学的に異型細胞は cytokeratin、CD10陽性として報告されています。この段階で最適の分子標的薬は スーテントと考えてよいでしょうか?12.5mgを4回で50mg服用でよろしいでしょうか?それとも他にいい分子標的薬がありますでしょうか? それとCD10陽性の意味は リンパ腫 汎急性のリンパ腫ということで理解していいのでしょうか?(医学書で病理レポートを調べました)いかがでしょうか。何の薬がいいのかアドバイスをお願いします。医者が病理検査の結果が全部出てからーーと診察が伸ばされて困っています。背中筋肉痛や腰痛の症状からMRIで鎖骨からの腫瘍を発見しました。CTでは見過ごされていました。

Aベストアンサー

参照URLのNCCNガイドライン日本語版2010年第2版に状況を照らし合わせると
腎細胞癌の再発で淡明細胞(clear cell)型優位であれば、スーテント(スニチニブ)は、カテゴリー1の治療法になると推測されます。
アメリカでのガイドラインですので、人種差などどのように評価すればよいかわからないので、
最適かどうかは、わかりません。
癌に対する薬の効果としては、高いレベルのエビデンスが存在し、質問文に書かれている範囲の状況においても2011年の医療水準として許容できる治療と推測されます。
スーテント以外の薬も、それぞれ有用性が報告されているようですので、効果と副作用などをご検討のうえ、担当医とよく相談してまず最初に行う治療を決定されることをお祈りいたします。

参考URL:http://www.tri-kobe.org/nccn/guideline/urological/japanese/kidney.pdf

Q母が肺がん検診を受けて、要精密検査の結果になりました。 理由が肺がん以外にあるそうで、肺がん検診なの

母が肺がん検診を受けて、要精密検査の結果になりました。
理由が肺がん以外にあるそうで、肺がん検診なのに肺がん以外に何か異常があるとなると何が考えられるのだろうと余計に心配してしまいます。
母はこれまで乳がんやポリープが見つかったりしています。
骨に見つかったのかな?などと考えてしまうのですが…肺がん以外とはどういったことが考えられますでしょうか?

Aベストアンサー

脊椎の側弯、心肥大、大動脈の石灰化、肺の古い炎症の後、胸膜肥厚。

 いろいろ考えられますよ。

Qがん保険 解約戻金は必要?

現在アフラックの「スーパーがん保険」をやめて他のがん保険に入ろうと思っています。

そこで「がん保険」の解約払戻金についてなのですが、将来がんは治療で治せる病気になるかもしれない→終身で解約払戻金がない保険に入るのは損。という意見を見ました。
「スーパーがん保険」も結局は現在のがん治療に合った保険ではないから解約を考えているわけで。。。
(スーパーがんは解約払戻金は結構でますが)
今考えている「21世紀がん保険」は解約払戻金がでません。
やっぱりそこらへんも考えて他社のがん保険の方がよいのか、(保険料は高くなりますが・・・)
年間24000円くらいなので保障を買うと言う意味で割り切って考えた方が(自動車の任意保険のように)よいのか悩んでいます。

アドバイスよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>ただ、代理店さんもきっと(保険に入ってほしいというのがあると思うので)良いところしか言わないかな?と思いここでも質問してみたのですが。。。
結局、どの保険をお選びになろうと最後の選択はすべてご契約者の判断になります。
つまり自己責任ということですね。
その上でアドバイスすれば、がん保険もひとつの買い物と考えれば、備えるべき対象となるがんという病に対して少なからず知識をお持ちになることも必要ではないでしょうか?
がんは高齢になればなるほど罹患のリスクは高まります。
つまり「もうがんには罹患しない」と言い切れる年齢はないということ。
さらに、現在のがん治療がどういったものなのか?
言ってしまえば、こうした知識がなければ、相応しいがん保険とは何なのかをご質問者様が判断できない可能性があります。
保険を保険だけで比較なさることも必要かとは思いますが、やはり実際のがん治療を知った上で「何が必要なのか?」をご質問者様がまず先に知ることの方が大事なような気がします。
参考URLは国立がんセンターの「がん情報サービス」のサイトです。
参考になれば幸いです。

参考URL:http://ganjoho.ncc.go.jp/public/index.html

>ただ、代理店さんもきっと(保険に入ってほしいというのがあると思うので)良いところしか言わないかな?と思いここでも質問してみたのですが。。。
結局、どの保険をお選びになろうと最後の選択はすべてご契約者の判断になります。
つまり自己責任ということですね。
その上でアドバイスすれば、がん保険もひとつの買い物と考えれば、備えるべき対象となるがんという病に対して少なからず知識をお持ちになることも必要ではないでしょうか?
がんは高齢になればなるほど罹患のリスクは高まります。
つまり「...続きを読む

Q今日、子宮体がん検診と頸がん検診をしました。体がんは、初めてでした。 診察終わって先生に右側に白い影

今日、子宮体がん検診と頸がん検診をしました。体がんは、初めてでした。
診察終わって先生に右側に白い影があると言われました。血の塊なのか?癌なのか?
三カ月後に大きくなってないか調べると言われました。心配です。こういう症状で結果はどうだったか教えてほしいです。
三カ月も待たないとわからないのでしょうか?
初めて受けたので、いままでの大きさがわからないそうです。
血の塊って何ですか?
閉経しています。
心配症なので落ち込んでいます。
誰にも言えません。
教えてください。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

子宮がんが疑われる時は、

1)不正出血がある、
2)子宮全体が腫れる、
3)子宮内腔全体が白く厚く腫れる、
4)医者がおかしいと考え、その場で検査をすすめる様な検査所見の時、


人気Q&Aランキング

おすすめ情報