詩の1部抜粋です。どれが動詞だかなんだかわかりません。助けてください!

For hence not callous to the mourner's pains through youth's gay prime and thornless paths I went:
And when the darker day of life began,
and I did roam, a thought-bewilderd man!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

正直に言いますと、英語は苦手です(ぺこり)


「若き頃の陽気で、大切な、苦悩に満ちた経験故に哀悼者の苦痛に冷淡なのではない。そして人生のさらに暗い日が始まるとき、私は彷徨う。ああ、考えの混乱した者よ。」
 時制が無視されていますが、このあたりの訳は如何でしょうか。前後がないので、明確なことが分かりません。特にgayの扱いで・・・どう転ぶか?
 あとthought-bewilderdは、thought-bewilderedのミススペルと考えました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

みなさんの役をを参考にもう1度自分もがんばって訳しなおしてみますが、何とかがんばれそうです。皆さんありがとうございました。

お礼日時:2001/05/17 17:15

(正解を知りたいので、いろいろ考えた挙句の私なりの「試みの訳」を投稿させてください. 回答というより、できたら勉強会みたいな雰囲気でご笑覧ください.私の試訳の意図が明確になるように適宜「」をつけました.詩なんか訳したこと初めてだからひどくても許してください..あー恥ずかしい.正解教えてくり.)



「春のうららかさに溢れ、なんの苦悩もないような、明るい青年期」
を十分に味わった 私は、その後に、
「嘆き悲しむ人たちの心の痛み」に心を向けずにいられなかった:
なんとならば
(青春が終わり)「暗く厳しい現実」が訪れたその時に、
他でもない私自身が、
「どうしてよいかわからない(哀れな)一人の男」として、
「救いを求めてさまよう」はめに陥った、のだから.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧にありがとうございます。
とても参考になりました。

お礼日時:2001/05/17 17:10

Youth's gay prime and thornless paths



若い時には、苦境も挫折も味わったことの無い隆盛期の(人生の)面白楽しい街道を歩いた私だが、

not callous to the mourners's pains
(そういう苦しみを味わった)人達の悲しみには無頓着ではないので、

(だから、年を積んで)暗い日々の人生の坂が始まったときには、
困惑してあちこちさまよったものだ。

とか何とかいうような意味ではないのですかね。 その上に詩的に訳すとなると、、、。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

Not のところが分からなかったのでとても助かりました。ありがとうございます。

お礼日時:2001/05/17 17:13

したがって, 若者の同性愛者の第1を通る嘆く人の苦心に冷淡でthornlessでない経路Iが行ったので:


そして, 人生の, より暗い日間のいつが始まった.
そして, 私は歩き回って, 考え-bewilderdは男性である!
が翻訳ソフトでの翻訳ですので、これは男性間の同性愛を語ったものだと思います。答えになっていなくてすいません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

同性愛とは興味深い訳ですね。Bowlesは名高い牧師なのでそれはないと思いますが、妙にマッチした訳ですね。ありがとうございました。

お礼日時:2001/05/17 17:08

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QAs witness the hands of the Parties the day and year first before written

英文で書かれた契約書をみていると最後の署名の前に以下のような文章がありました。
As witness the hands of the Parties the day and year first before written
Googleで調べると、どうも契約書の最後にでてくる定型文のようです。これは日本語で何と訳せばよろしいですか。

Aベストアンサー

「ここに上記の当事者は、上記の年月において、この契約書を署名する。」

でどうでしょうか。


在日米海軍司令官との間に締結された賃貸住宅提携プログラム同意書のサンプルのサイト。↓

http://64.233.167.104/search?q=cache:6zkt0V_rIrIJ:housing.cnfj.navy.mil/Japanese/RPP%2520Agreement.pdf+%22the+day+and+year%22&hl=ja&lr=lang_ja


IN WITNESS WHEREOF, the Installation and the Landlord have executed this Agreement as of the day and year first above written.

ここに在日米海軍、又は、家主は、上記の年日において、この同意書を履行する。

Q訳は「Sitting where he did,Dad was framed by the window through which the yard coul

宜しくお願い致します。

Sitting where he did,Dad was framed by the window through which the yard could be seen with its carefully cultivared trees and grass.

の訳をしているのですが
「????,入念に手入れされた庭木と芝生が見渡せる庭越しの窓のそばに父(の肖像)が掛けられた」
という訳のなるのと思うのですが
分子構文の部分がどういう訳になるのか分かりません。
ご存知の方お教え下さい。

Aベストアンサー

この文は見覚えがあるのですが何かの英語教材の中の、確か「お父さんの椅子」とかいうタイトルがついてませんでしたか?お父さんの家庭での地位や力の象徴である窓際の定位置のどっしりした椅子のことで、お父さんが退職し、年老いた時に作者(男の子だったかな)が家長としてその椅子座るようにとお父さんに言われたときの悲しみの混じった複雑な気持ちを表した話だったような・・。

>分詞構文の部分は分かりやすく書き直すと
When he(=Dad) sat where(=at the place which) he sat,になるのでしょうか?

When/While Dad was sitting where he should/ought to sit
(父がいつのも座るべき所に座っているときに・・)
*もし上に書いたような文なら「権威の座」ですから
When/While Dad was sitting where he always sat in those days
(父が当時いつも座っていた場所に)
どちらともとれますが上の方かな、そのように思います。

この文は見覚えがあるのですが何かの英語教材の中の、確か「お父さんの椅子」とかいうタイトルがついてませんでしたか?お父さんの家庭での地位や力の象徴である窓際の定位置のどっしりした椅子のことで、お父さんが退職し、年老いた時に作者(男の子だったかな)が家長としてその椅子座るようにとお父さんに言われたときの悲しみの混じった複雑な気持ちを表した話だったような・・。

>分詞構文の部分は分かりやすく書き直すと
When he(=Dad) sat where(=at the place which) he sat,になるのでしょうか?

Wh...続きを読む

Q”All the nickels and the dimes ”の訳

All the nickels and the dimes
この上手い訳って何でしょうか?

Aベストアンサー

「つまんない所も全て」「小銭=大したモノじゃない」
ほぼいいんですけど、
「つまんない・おもしろい」「大したモノじゃない・大したモノ」
という対比ではなくて、小銭も必要でないわけではないので
日常にあるものというニュアンスが入っていた方がいいと思います。

「こまごましたありきたりのことすべて」とか。

QThe guests wanted the happy couple a long and happ

The guests wanted the happy couple a long and happy life.

のようにここでwantを使ってはいけないのはなぜですか?
教えてください。

Aベストアンサー

ここからが本論なので切りました。

SVOO で「O に O を願う」というのは wish のみに許される語法です。
この wish ももちろん、仮定法とは関係ありません。
あり得ることに使います。

結婚式のお祝いに

I wish you two every happiness.

you two が同格的に間接目的語「お二人に」

every happiness が直接目的語。

こういうのは want にも hope にも無理で、
wish の独特な表現です。

Q美女と野獣 ”Beauty and the Beast” なぜtheがないか。

「美女と野獣」という映画があります。
英語では、
Beauty and the Beast
だそうです。
Beautyが美女で、the Beastが野獣だと思うのですが、
ここで、疑問に思ったのです。
「なぜBeautyにはtheがつかないのか」と。。。
the Beastは「その野獣」という意味だと思います。
Beautyは辞書(ジーニアス英和第二版)によれば、
1. U 美
2. C 美人、美女
とあります。Beauty and the Beastは2.の項目に分類されていたのです。
1.の抽象名詞としてのBeautyならばtheがつかないのも納得できますが、ここでのBeautyは「美女」という意味です。
これが可算名詞ですので、a beautyやthe beautyなどとすべきだと思うのですが、どのように考えたら良いでしょう。。。
そもそも可算名詞なら、aやtheをつけるべきという私の考え方から間違っているのでしょうか。。
また、こういった場合の「美人」としてのbeautyは大文字で始めるべきでしょうか。なぜBeastが大文字なのかも疑問でもあります。

映画のタイトルなので、ゴロの良さも含め文法通りではない、ということなのでしょうか。

皆さまのお知恵を拝借できれば、と思います。

namin

「美女と野獣」という映画があります。
英語では、
Beauty and the Beast
だそうです。
Beautyが美女で、the Beastが野獣だと思うのですが、
ここで、疑問に思ったのです。
「なぜBeautyにはtheがつかないのか」と。。。
the Beastは「その野獣」という意味だと思います。
Beautyは辞書(ジーニアス英和第二版)によれば、
1. U 美
2. C 美人、美女
とあります。Beauty and the Beastは2.の項目に分類されていたのです。
1.の抽象名詞としてのBeautyならばtheがつかないのも納得できますが、ここでのB...続きを読む

Aベストアンサー

naminさん、こんにちは。

まず最初にお断りしておかなければならないのは、英語という言語において冠詞の使い方というのはとても難しく、その文法だけで一冊の本が書けてしまうし、用法については専門家でも意見が分かれる場合もあるということです。
その上で、一つの意見として受け取っていただければ幸いです。

naminさんは「可算名詞なら、aやtheをつけるべきという私の考え方から間違っているのでしょうか」とおっしゃっていますが、確かにその考え方はあまり通用しないかもしれません。
この例のように、映画、音楽、表、新聞など、何かのタイトルにおいては頻繁に冠詞やbe動詞などが省略されます。
このことは、学校で習う文法と違うという意味では間違っているとも考えられるかもしれませんが、新聞等に用いられる文法としてはれっきとした正しい表現ということになるでしょう。

また、基本的に「主語+動詞(+…)」という形になっていない文では、あまり冠詞を付けません。
例えば、

We wish you a merry christmas and a happy new year.
楽しいクリスマスと幸福な新年があなたに訪れますように
Merry Christmas! Happy new year!
クリスマスおめでとう。新年おめでとう。

とは言いますが、

We wish you merry christmas and happy new year.
A merry Christmas! A happy new year!

とは言わないのです。

次に、「その野獣」という訳についてですが、theの訳として「その」というのを付けるのがいつでもふさわしいということでもないです。
むしろ、「その」を付けない(theを訳さない)ほうが日本語として自然ということが多いでしょう。
theという単語の役割は、熟語の中で使用することが決まっている場合もありますが、基本的には「名詞を特定のものに限定する」という働きをしています。
つまり、the Beastとは野獣なら何でもいいのではなくて、ご近所で噂になっているような、あの城に住んでいるあの野獣、というふうに限定されているわけですね。
beastをBeastと大文字にしてあたかも人名(獣名?)であるかのように扱うのも同じような発想ですね。
fatherをFatherとすると、「自分の父親」とか「神父」いう意味に限定されるのと同じですね。
ちなみにBeautyは、人の名前でなかったとしても大文字にも小文字にもなり得る気がしますが、文頭なので大文字ですし、限定はせずに「ある美女」というだけでよければ、あえてtheは付けないことになります。
また、この「ある」の部分を強調したければ、タイトルとして用いる場合でも冠詞の「a (an)」をあえて付けることもあります。

最後に、naminさんがご指摘の「ゴロの良さ」というのは、タイトルを決定する上では非常に重要な要素だと思います。

以上、ご参考になりましたら幸いです。

naminさん、こんにちは。

まず最初にお断りしておかなければならないのは、英語という言語において冠詞の使い方というのはとても難しく、その文法だけで一冊の本が書けてしまうし、用法については専門家でも意見が分かれる場合もあるということです。
その上で、一つの意見として受け取っていただければ幸いです。

naminさんは「可算名詞なら、aやtheをつけるべきという私の考え方から間違っているのでしょうか」とおっしゃっていますが、確かにその考え方はあまり通用しないかもしれません。
この例のよ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報