はじめての親子ハイキングに挑戦!! >>

その影響を教えてください

このQ&Aに関連する最新のQ&A

移住 イタリア」に関するQ&A: イタリア移住

A 回答 (2件)

>ビザンティン美術で、イコノクラスムがなぜ起きたか



8世紀にビザンツ帝国でイコノクラスム(聖像破壊運動)
起きた背景

おもに外政的な理由、内政的な理由があると言われている。

ビザンツ帝国ヘラクレイオス朝(610~711)最後の皇帝
ユスティニアノス二世は二度目の反乱によって殺され、
ビザンツ帝国は内紛とアラブの攻撃が激しくなる。

イサウリア朝(シリア朝、717~802)は、このような状況
のもとで、北シリア出身のレオン3世が皇帝に即位し、
始められるのである。
彼はアラブのコンスタンティノープル包囲を退け、帝国の危機
を救うことになるのだが、その際、北シリア出身である彼は、
イスラム軍に対して東部の国境を守っていた東部の住民の
忠誠を確保しなければならなかったのだが、その帝国東部
では、オリエント世界に弘布していたユダヤ教やイスラム教の
偶像否定論の影響をうけた聖像禁止派が基盤を持っていた
ので、皇帝は東部の住民に配慮し聖像禁止の立場をとらざる
を得なくなった。
これが外政的な理由の一つ。

もう一つ、内政的な理由の一つとしては、
このころ帝国内で大いに発展した修道院が帝国の徴税権、
徴兵権をむしばんでいたため、(帝国維持のためには
「軍管区制」を進める事が必要不可欠だった)
修道院から土地、財産を没収する狙いがあったといわれている。
それだけでなく、修道僧の徴兵、修道僧と尼僧の結婚までもが
帝国によって強制され、修道院の反発を招いた。
こうして、皇帝が神学の問題にまで立ち入ってまで指導権を
発揮するという、いわゆる皇帝教皇主義を取ることによって、
皇帝に教皇を密接に協力させる事により、帝国の維持、
統一を成し遂げようとしたのである。

こうしてまずレオン三世によってまず726年、聖像(イコン)の
崇拝が禁止され、つづくコンスタンティノス五世のもとでは
聖像そのものの禁止、さらにその破壊へと発展し
各地で聖像の破壊が行われる事になる。

>その影響

この聖像破壊運動の圧迫をうけ、一部の修道僧や聖像製作者が
イタリアに移住し、ビザンツ美術の西方への伝播に一役かった
といわれている。

(一応回答を述べてみましたが、もしかしたら歴史の
カテゴリーで改めて質問をしたほうがいいかもしれません)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

わかりやすい回答、ありがとうございます。

お礼日時:2012/07/19 01:52

A.No1です。

申し訳ありません。

誤 >皇帝に教皇を密接に協力させる事により、

正  皇帝に教会を密接に協力させる事により、

に訂正します。

ビザンツ帝国においてローマ教皇に対応するのは
コンスタンティノープル総主教でしたね。

尚、A.No1での >その影響 で
歴史的に重要なのはもちろん東西教会の分離の伏線であって、
事実、ローマ教皇はこの後カール・マルテルに接触を試みる
ことになるのですが、ここは美術のカテゴリーですので、
その点についてはあえて述べるのを避けました。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q古代ローマの造形技術の衰退について

つい先日塩野七生さんのローマ人の物語の最新刊を読んでいて、ふと疑問に思ったのですが


コンスタンティヌス大帝の時代の彫像(でいいのかな?素人なので)とアウグストゥス帝やユリウス・カエサルの肖像と比べると明かに下手くそな出来映えだと思いました。
これ以外にも技術の衰退は他にもあって中近東の優れた彫金技術というか冶金技術が衰退した理由は皮肉にも増えた需要に対して供給するべく森林資源の伐採で砂漠化が進み、それによって却って供給量が減少した為技術の継承がしにくくなった為だとは聞いた事がありました。


個人的には偶像崇拝を禁じたユダヤ教から派生したキリスト教の普及で古代ローマの造形技術がそうなったのかな?とも思いますが実際にはどんな説があるのか教えて頂ければと思います。

Aベストアンサー

こんにちは。
西洋美術史の一般論では、「古代ローマ末期は芸術衰退期」とされています。
その原因はご推察のとおり、キリスト教の普及です。

偶像崇拝と関係するかもしれませんが、非常に観念的なキリスト教の精神世界が、現世的で人間的なものに価値を置く古典古代の精神世界にとってかわっていくためです。
実在するヒーロー(=たとえばアウグストゥス)に至高の価値を見いだし表現するか、見えない神という観念的な存在にそれを求めるか、によって当然芸術は変容します。
前者では写実性の中に崇高さを求めますし、後者は「意味」が重要ですから記号的になったり装飾的な傾向が強くなります。

ローマ分裂後はキリスト教の世界が主流になりますよね。それが中世の始まりであり、古代ローマとは全く異質のビザンチン芸術のスタートとなります。

コンスタンティヌスの頃はまだローマの伝統が残っていますが、すでに中世に向かって古典古代の社会が崩壊しつつあるとも言え、移行期の皇帝の彫像にも変化が出てきているように私も感じます。写生はするけど、その中に人間の尊厳を表現するモチベーションがもはや前ほど感じられないというか・・・。かなり私見ですが。

他の要因としてはもちろん、経済の衰退とそれに起因する皇帝の政治力低下も、要因としてははずせないでしょう。

この時期のに比べると、最盛期のカエサルやアウグストゥスの彫刻は、非常に古典的な芸術性が高いと思います。

こんにちは。
西洋美術史の一般論では、「古代ローマ末期は芸術衰退期」とされています。
その原因はご推察のとおり、キリスト教の普及です。

偶像崇拝と関係するかもしれませんが、非常に観念的なキリスト教の精神世界が、現世的で人間的なものに価値を置く古典古代の精神世界にとってかわっていくためです。
実在するヒーロー(=たとえばアウグストゥス)に至高の価値を見いだし表現するか、見えない神という観念的な存在にそれを求めるか、によって当然芸術は変容します。
前者では写実性の中に崇高さ...続きを読む


人気Q&Aランキング