少し長いですが・・・まず事故の内容

休みを利用して家族で出掛けました
渋滞で止まりました。ただの渋滞ならハザードでも
付けるのですが、左車線に分岐用の車線があり、
そこはすいていたのと、朝早かったので少しボーとしてて
ハザードは点け忘れました
そこまですんなり来ていて「ここから渋滞じゃ時間かかるな」
と、思った瞬間、ドカンとぶつけられました。
テールが割れ、後ろのバンパーとボディも少し凹み
後ろのドアの開閉とトランクの開閉がままならなくなりました。

去年からドライブレコーダーが付いていて
あとから動画を見るとぶつかった瞬間
1m以上前に飛び出した感じです。
危うく前の車にもぶつかりかけました。
家族は寝てました。
うしろに子供、隣に妻が乗ってました。
皆熟睡していて子供は横になっていて
妻は首を前にうなだれてる時でした

警察を呼びました。怪我はないか、
人身扱いにするかと聞かれました。
血が出るという怪我は無いし、子供も大丈夫と言っていて、
ここで人身扱いにすると調書とかがあり
久しぶりの長距離の家族との旅行もパーになるかもと思い
物損扱いにし、1時間ほどで開放されました。

100対0でこちらには責任ないので「車を修理してくれればいいや」
程度に思ってました。
一応交渉とかのためこちらが加入してる共済に連絡して
手続きは共済にお願いしました。
共済が言うには、あなたの車は古い(15年)ので、
例えば修理が40万かかっても
20万円とかに相手は渋る可能性が大、
そうなったらぶつけられた上20万円は自腹だよ
ハッキリ言って当てられ損になる場合があると言われました

まず質問(1) これは本当ですか?
(ちなみに全額修理してもらえました)(金額は不明)

次に私の加入共済が
「相手に払わせるので一応病院に行って下さい。」
と言われたので病院に行きました。
その時私は共済の人に
「人身扱いにしなかったんですけど、大丈夫ですか?」
という質問に対し「人身扱いなんてしなくていい」と言われました。
まるで人身扱いじゃないほうが都合がよいような言い方でした。

質問(2) これはなぜですか?

整形外科に行きレントゲンを撮りシップを1週間もらいました。
その後、共済から連絡あり、
「1回じゃなくて何度も行ったほうがいいよ
だってぶつけられたんだよ。貴方は被害者なんだよ。
慰謝料くらいもらって当然でしょ?行かなかったら慰謝料もないよ
その場合、行くと相手の共済に言ってはダメだよ
なぜなら、いやがれるから。
行ってから、『行った』と言うのがいい。こちらから交渉するから」
と言われました。

質問(3) 行く前に行くというと保険会社にいやがれるというのは
そんなもんですか?

そこで整骨院に通う事にしました。
行った時、相手の共済から整骨院に連絡があり
「全額出すので窓口では代金は支払わなくて結構」
と連絡がきました。
妻は翌日以降症状が出て、今までに無い違和感と
吐き気等が出て重くなり毎日行ってます。
私は翌日は寝違えた感じがひどかったのですが、
今は肩が凝ってる程度の感じだけで
正直そんなにほとんど症状はありません。
でも共済は1ヶ月程度は行ったほうがいいよと言うので、
週3~4回行ってます。もうじき1ヶ月です

質問(4) これは被害者として当然の権利ですよね?

妻は症状がひどくあとからもっとひどくなる場合もあるそうで
大事を取って3ヶ月ほど通う事にしました。
ですからあと2ヶ月ほどです。
症状が和らぐまでは毎日、和らいでも週何回かは行く予定です
こちらの共済が言うには、相手は自賠責を使うから
自賠責は3ヶ月程度までは細かい審査はなくて
書類だけで簡単に通るから3ヶ月程度までならなんら問題ない
というのです。

質問(5) 3ヶ月までは書類だけというのは本当ですか?

以上5点、宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

補足をありがとうございました。



>あ、こうも言ってました。
>ぶつけられた時は救急車呼んで
>人身事故扱いにしたほうが良かったと。
>そうすれば示談交渉上、
>相手に対してこちらが優位に立て
>交渉も比較的楽だからと。

 人身事故の場合、示談の状況により、警察の処理が変わってくるようです。
 そのため、より罰金が少なくなるように、加害者側は示談を早く進めたいと考えます。
 加害者側が示談を急ぐほど交渉も楽であると言うことでしょう。


>例えば今回の事故でも当人が来て、深々と謝罪して
>少ないですけどこれ慰謝料ですと10万持って来たら
>そこまでしなくても良いのにと思い
>それっきりで許せると思います。
>でも20kmほと離れた所に住む相手は
>現状そんな事もないので心情的には
>せめて通院して自賠責の慰謝料をもらうというのは
>当然だと思うのです。

 お気持ちは良くわかります。
 私も以前、同じような思いをいたしました。

 しかしながら、保険での事故の補償と言うのはあくまでも、実損害に対しての補填でなのです。
 ですから、相手が真摯に謝罪して下さる方でも、全く保険会社任せであっても補償額に変わりはありません。
 
 私は、質問者さまのお体に症状があるのであれば、通院するのが悪いと言っているのではありません。
 ただ、中には、全く症状がない状態まで回復しているにもかかわらず、慰謝料目当てに延々と通院を続けている人に対しては、やはりおかしいのではないかと思ってしまうのです。

 通院の慰謝料はいろいろな算定方法があります。
  http://jiko110.org/accident/standard.html#02

 自賠責保険の慰謝料は、総治療期間とこの間の実通院日数×2を比較して、小さい方に4200円を掛けて計算します。
 一方、任意保険支払基準は、最初の3ヶ月では日額4200円ですが、6ヶ月目になると2100円、1年目は833円と逓減してきます。

 慰謝料が逓減するのは、日にちが経てばそれだけ痛みも減ってくると言う考え方のようです。つまり、慰謝料の基準は、ほとんど精神的な苦痛ではなく、肉体的な痛みなどに対するものだと私的には考えています。

 事故を起こした時には、相手は事故がおきなかった状態に戻すことは不可能なのですから、きちんと謝罪をするべきだと思っています。
 残念なことに、いまだに保険会社によっては、「下手に謝罪に行かれると過失相殺の交渉がしづらくなるから被害者とコンタクトを取らないように」と助言するところもあります。

 相手の方は、いまさら人身事故に切り替えもしないだろうということもあるのでしょうか。
 電話で、様子を聞くぐらいはしても良いと思います。
 
 最初に共済の方が言われたように、事故は当てられ損と言うものがほとんどです。
 この憤りは本当にどこに持って行けば良いのかと思います。

 それが事故処理の決まりであるのならば、と補償部分では諦めるしかない部分も大きくあると思います。
 しかしながら、先回も書きましたが、お身体の治療に関しては、途中で諦めず、きちんとした治療をお受け下さい。
 幸い、共済の担当者はいろいろな事例をご存知のようですから、相手側保険会社が症状固定の手続きをと言ってきたときの対応などをよく聞いて欲しいと思います。

 どうぞ、お大事に。
 
    • good
    • 7
この回答へのお礼

この場を借りて皆様にお礼申し上げます。
今回の事は自分の人生で大きな体験であり
皆様の肯定的批判的なご意見合わせて
大変参考になりました。
とてもベストアンサーは決められず
もうしわけありません。
このまま締め切らせて頂きます。

お礼日時:2012/07/25 03:07

NO,4です。

補足を拝見いたしました。

 慰謝料に関する部分に補足を加えさせていただきますね。

 自賠責から支払われるのは、治療費実費、休業損害、慰謝料などを合計して120万円までです。実費だけではありません。それを超えると任意保険(共済)からの支払になりますので、書類の取り付けが増えたり事故サービスの調査が入ったりします。場合によっては相手側の担当者から、「そんなに治療が必要なんですか?」などと失礼なことも言われたりします。だから担当の方は、割とすんなり請求が通る自賠責の範囲で収める、という意味で3ヶ月くらいという判断をしたのではないでしょうかね。

 また、もちろん実際に症状があって病院に行く限りはそれを相手方に請求するのは当然の権利ですが、充分回復しているのに無理矢理通院を続けて慰謝料を吊り上げようとする行為は認められておりませんのでご注意ください。民法上は、被害者であってもむやみに損害額を増やしてはいけないという「損害拡大防止義務」というものがありますので。症状が無いのに通院するといったことの他に、必要以上に高級な代車を請求するというような行為もこれに含まれます。

>年間何千件と事故処理するベテランの人です。
>軽微な事故から死亡事故まで扱う人です
>色々なノウハウは知ってるはずです

 これには少し疑問を感じます。大手損保の事故担当者でも1人あたりの事故対応数は年間数百件ほどですから、そんなに多くの事故を担当することはないと思いますよ。もし本当に数千件も事故を担当しているとすれば、質問者様の件ですらこれだけのケアをしなければならないのですから、体がいくつあってもたりませんし、それだけの経験があってご質問のような対応なら、やっぱりレベルが低いか、もしくは忙しくてやっつけ仕事になっているかのどちらかですね。事故担当者になってから今までに数千件~という経験ならまだわかりますが。

この回答への補足

何度もご回答ありがとうございました。
必要以上に高額の代車を請求もするきありませんでしたし
私が言いたかった事は、原状回復(車の修理と症状の完治)
を、したからハイおしまいでは納得できないという意味なのです。
何も症状が無いからと言って病院にも行かなかったら、
一円ももらえず全く持ってぶつけられ損です。
その事をこちらの共済の人も言っていました。

年間数千件というのはオーバーだったかもしれません。
でも自分が担当しなくても、
どんな事故がありどうだったかというのは
報告書で回ってくるでしょうし、同僚からも話しを聞くと思うのです。
ですから年間数千件分の情報はあると思います。

私が他の方に補足した分も、
すごく長文ですが読んでもらいたい気分です。
ぶつけられさえしなければ、楽しい家族旅行でした。
それを台無しにした分は、慰謝料というという形でしか
納得できません
それでも私や妻、二人の子供の心は癒されないかもしれまん

話は飛びますが子供がいじめられて死んだとか
民事裁判で慰謝料を請求すると思います。
いくらもらっても消えた命は戻りませんが、
勝訴すれば少しは気分も和らぐものだと思います。

やはり相手の誠意の無さです。
相手が完全に悪いのに連絡は週明け、
べつに謝罪に来るわけでもありません。
以前バンパーをちょっと凹むほどの事故の経験があります。
わたはし全くなんでもありませんでしたが、
二重事故で後ろの車が人身扱いにしたので
調書で時間をくいました。
翌日にはわざわざ相手が我が家まで来て
頭を下げて何度も謝罪しました。
そこまでするのが当然なのではないでしょうか?
示談とはそんなもんではないでしょうか。
「保険会社にまかさせました。あとは
保険会社経由で示談してね。私はあとは関知しません」
でいいのでしょうか。

これ以上は水掛け論ですから
とりあえずこれで質問は締め切らせて頂きます。

補足日時:2012/07/24 04:48
    • good
    • 6

奥様の調子はいかがですか?



(1)

 相手の保険に対物超過の特約が付いていたからです。
 通常は、修理費用は時価額までですが、対物超過の特約が付いていた場合(通常は時価額+〇万円)を限度として支払いがされます。
 時価額までの損害の場合、現金で補償を受けることもできますが、対物超過の特約を使った場合は、「修理する」ことが条件となりますので、現金での補償は受け取ることができません。
 自分の過失割合が高い場合、事故に関係がない部分の修理が近い将来考えられる場合などは、現金の補償(時価額での補償)を選ぶ方も多いです。
 共済の方が言われたのは、「全損」と言われる状態です。
  http://www.mclaw.jp/03division/so_txt_shuridekit …

(2)

 軽微な治療の場合、物損であっても「人身事故証明書取得不能理由書」を添付することで、支払請求ができるからです。http://jibaisekihoken.web.fc2.com/jitsurei4.html
 人身事故扱いにすると、相手が違反点数が高くなり、感情的に示談交渉がしにくくなることから、アジャスターによっては、自賠責基準(120万)でおさまりそうな場合は物損のままで良いということが多いようです。
 ただ、事故の後遺症は後から出てくるものですし、ムチ打ちのように思えて、かなり重度(脳脊髄液減少症)の場合もありますので、私が相談を受けたとしたら、人身での届出を勧めると思います。

(3)

 必要のない「慰謝料目当て」の通院と思えば、保険会社としても嫌がるでしょうね。
 現実に、貴方の共済の担当者が、慰謝料を貰う為に、通院しろと言っているようですが、保険金目当ての通院をそそのかされているわけです。
 
(4)

 このようなお話を聞くと、保険料の無駄遣い??と言うような気持ちは若干してしまいますが、貴方の状態が、週に3~4回通うことで症状が緩和している可能性もありますので、なんとも言えないです。
 奥様の方は、症状が続くようでしたら、きちんと整形外科で受診した方が良いです。
 受診先は相手の保険会社に申し出れば変更できます。

(5)

 書類の審査については、詳しくないので、お答えできません。
 しかしながら、一般的に症状固定の判断を6ヶ月程度で行うので、一定の目安なのかもしれません。
  http://www.wakaba-office.jp/afre/f-s.htm
 ただ、回復が見込まれるのであれば、6ヶ月を越えても通院はできますから、きちんと整形外科で診断を受けた方が良いと思われます。
 整骨院を利用する場合、健康保険などでは、3ヵ月後とに同意書が必要とされる(すみません、再確認はしていません)と記憶しておりますので、この辺りとも関係があるのかもしれません。



 他の方への回答コメントで、保険会社は事故車修理の方が休業損害を~~~というものがありましたが、通常は、「修理期間」の代車費用が認められるぐらいでしょう。
 そうしないと、示談交渉が長引けば、それだけ休業損害を請求できることになってしまいます。
 
 ご質問とは離れてしまいますが、必要のない治療は時間と費用の無駄遣いだと思います。
 その反面、必要な治療は、保険会社が〇ヶ月経ったから打ち切り・・・と言われても続けるべきですし、権利も有ると思います。

 私としては、1ヶ月経った今も、奥様に吐き気などの症状が残っているとすれば、心配です。
 「ブラッドパッチ」や「脳脊髄液減少症」で検索してみてください。

 どうぞお大事に。
 

この回答への補足

(1)
多分こちらの共済の人が言ってたのはその事なのですね。
修理した場合、
ぶつけられ損になる場合があると言ってましたから。
30万円以内なら交渉するから修理しろと言ってました。
車が古い事もあると思います
同じ車で同じ程度の中古は40万円しませんから。
修理工場の人に見せたら30万円はかからないと言われたので
修理に出したのです。

(2)
そんな理由があったんですね。
実際、警察では物損扱いでしたけど
共済金支払い通知書は人身と記載されてました。

(3)
おっしゃる通り、
慰謝料もらうためにも通院しろという言い方でした。
でも正直その考えは一利あると思いますよ。
子供も今回の事はトラウマになり、
私も妻も、ものすごくいやな思いをしたのですから。
「慰謝料は当然の権利ですよね?」と質問したのは
こういう意味合いでの話です。

こちらの共済の人に最初
「妻は少しだけ症状あるけど、私はほとんど症状が無いので
通院は面倒」と言ったら
しきりと、「追突は100対ゼロの事故で貴方は完全な被害者
それで営業保障代だってたいした金額もらえない
専業主婦でも損害金が出るし
なにしろあなたは1ヶ月くらいは通わないと損
奥様は症状があるうちは
通院したほうがいい」って言ってました。
「でないと完全な、ぶつけられ損だ」と。

あ、こうも言ってました。
ぶつけられた時は救急車呼んで
人身事故扱いにしたほうが良かったと。
そうすれば示談交渉上、
相手に対してこちらが優位に立て
交渉も比較的楽だからと。
でも前にも書きましたがそんな事したら
久しぶりの家族旅行がパーになり、
もっといやな思いをしたと思うので、
物損で済ませた次第です。

慰謝料の話であと1点、
例えば、酔っ払いに突然殴られて、
完治までの治療費交通費、通院の時間的損失費、
それと、その間の給与を保障を
保険会社に任せましたからと100%支払ってくれたところで
相手の謝罪も無く
それ以上何も望まず、それで許せる人って
いったいいるでしょうか?

例えば今回の事故でも当人が来て、深々と謝罪して
少ないですけどこれ慰謝料ですと10万持って来たら
そこまでしなくても良いのにと思い
それっきりで許せると思います。
でも20kmほと離れた所に住む相手は
現状そんな事もないので心情的には
せめて通院して自賠責の慰謝料をもらうというのは
当然だと思うのです。

妻はやはりぶつけられてから
年齢的な事もあるかもしれませんが
調子は芳しくありませんね。

ご回答ありがとうございました。

補足日時:2012/07/21 07:57
    • good
    • 3
この回答へのお礼

すみません、1964orihimeさんの7件目の最後の回答に、
補足を書いたのですが、最後の「補足をする」ボタンを押し忘れ、
投稿できなかったので、折角書いたのでこちらに記載しておきます

=======================

>下手に謝罪に行かれると過失相殺の交渉がしづらくなるから
>被害者とコンタクトを取らないように」と助言するところもあります

お互い動いていてぶつかったら100ゼロは無いと聞きましたが、
今回は停車中の追突なので過失相殺は100セロと
こちらの共済の人は言ってました。
昔ぶつけられた時も100ゼロでしたが
バンバーのキズ以外身体的に何でもないのに
相手は我が家まで来ての謝罪だったので、
「ま、これでいいや」という気持ちになりましたが
今回も相手が100%悪いのに、連絡が週明けで
その後共済からの連絡が来るのみ。
色々書類が送られて来て記入し返送し
こういう事も、全く面倒です
こちらの共済の人に
「全く症状が無い」と言った時に
それでも1ヶ月くらいは行かないと損だと言われ
心情的にもそうしようと決めた次第です
今は肩が凝ってる程度ですけど、
10~20万円の慰謝料の為に通います。
これがもらえればもうそれ以上は望みません。

今回はボディーが歪むほどぶつけられ
免許取得後ほぼ毎日運転して30年目にして一番大きな事故で
今後はもうこういう事は無いかもしれませんが
あるいみよい勉強になりました。

お礼日時:2012/07/25 03:16

(1)本当です。

ただし、NO,2さんがおっしゃられているように、相手の保険に、対物超過修理の特約がついている場合には修理費用について時価額を超えても出ますので、それが適用になったのでしょう。ちなみに、今回のケースでは営業損失などは支払の対象外と思われますので質問者様の予測は外れています。

(2)これはご加入しているのが共済だからですかねぇ。人身切り替えなどに係る手続きを面倒くさがっているのかもしれません。

(3)さて?正当な請求であれば事前申告であろうと事後報告であろうといやがらずに払ってくれるはずですが?事前申告が普通ですけどね。

(4)症状がなくなるまで治療したり休業したりした分を請求するのはもちろん当然の権利ですよ。それ以上はだめですが。

(5)自賠責に請求するのは傷害の場合120万円までです。治療期間ではありません。担当の方は、質問者様の症状を見て、それで大体3ヶ月くらいだろうという表現をしたのでしょうかね。

総合的に感じたことは、やっぱり共済ってそんなもんなんだな~ということですかね、質問者様の言っていることが全て本当なら、この共済の担当者の方は相当レベルが低いなと感じました。

ちなみに、確かNO,2さんは専門家の方だったはずですよ。質問者様が言ってはなんですが色々誤解しているようで、しかも素人さんのようでしたのでわかりやすく手短に回答してくれたのだと私には見えましたけどね。

この回答への補足

人身扱い、物損扱いの話ですけど、
事故当日は物損扱いでしたが、
相手の共済から届いた先月分までの
共済金支払い通知書には「人身」と記載されてました。
警察の事故処理で物損扱いでも
共済に申し出れば人身扱いにすると分りました。

慰謝料の話ですけど、
楽しい家族旅行が一転
不穏な空気に覆われたのは事実です。
私もボディーが歪むほどぶつけられたのは
免許取って30年で初めてだし
二人の子供もたいへんショックを受けました。
これで「車は修理しました」でハイ終わりで誰が納得できるでしょうか
相手の共済の人とこちらの共済の人と色々連絡取ったり
車を修理に持って行ったり持ち帰ったり
これらは事故さえなければ無かった事であり
とんだ災難であり、それに対する損害費用
(実質的損害でなく心情的損害=慰謝料)と考えます
120万まで出るからと言って120万もらいたいとは思ってません。
自賠責は1回の通院で4200円出ると聞いたので
私1ヶ月妻3ヶ月通って
二人分で計30回~50回位?分(10~20万円)程度は欲しいですよ
その程度で許せる金額ですけど、
車修理代と営業保障代と病院での費用と交通費の
それだけの実費では、とうてい納得いかないです。
金目当ての不正請求とかではなく、心情的な金額です
その程度の要求は
被害者として当然だと思って質問事項に入れました。

余談ですけど昔バンパーがちょっと凹む程度にぶつけられた時は
加害者が後ろの車にぶつかりその車が私の車にぶつかって
後ろの車の人が人身事故扱いにしたため、
私も調書ですごく時間を取られました。
私自身は本当になんでもなく、ぶつけた人も悪気はないだろうし
相手の運転手が翌日わざわざ自宅まで手土産持って謝罪に来て
何度も頭を下げられたのには少々驚いた事もありました。
今回は当日こそ相手は謝ってましたがそれだけですよ。
電話番号も知ってるでしょうが謝罪の電話すらありません。

ちなみに私の所属共済の幹部はよく言います
どんなに小さい事故でも
こちらが悪い時は当然だけど、もし相手が悪かったとしても
相手が怪我をしたら、手続き等共済に全部任せるとしても、
事故は感情がからむ部分が大きいので、
1度は直接相手の所に行って頭を下げて必ず謝罪が必要ですと言います。
とても納得できる言葉でした

治療の話ですけど、
私は症状は軽いので車修理後仕事はすぐに復帰しました。
整形外科は2週間分のシップ薬をくれて終わりです。
すなわち2週間で1回しか通えません。ですから整骨院にしたのです
でないと正直慰謝料だって1万円も出ないと思います。

自賠責3ヶ月の話ですけど
>質問者様の症状を見て、
>それで大体3ヶ月くらいだろうという表現をしたのでしょうかね。

それは違います。だいたい3ヶ月位までなら書類が簡単に通ると言ってました。

それと、
>この共済の担当者の方は相当レベルが低いなと感じました。

それだけは否定させて下さい。
私の所属の共済担当の人は、
年間何千件と事故処理するベテランの人です。
軽微な事故から死亡事故まで扱う人です
色々なノウハウは知ってるはずです

色々ご回答ありがとうございました
今後の参考にさせて頂きます。

補足日時:2012/07/21 07:08
    • good
    • 0

ここは誰でも自由に質問出来る場所です。


そして、だれでも自由に回答出来る場所です。

>☆回答頂いてこんな事申し上げるのは悪いのですが
>あまり詳しくない方はご回答不要です。

と、お思いなら、ここで質問するのでは無く、専門家に質問して下さい。

回答者だって、少しでも質問者のお役に立てればと思って、知ってることを書いてくれています。

当然、専門家では無いので、間違っていたり、勘違いしていることもあるでしょう。

ですがっ!!!

ここはそういう場です。

もし、回答に間違いが一切許されない、専門的な知識がなければ回答も出来ないのならば、
ここの存在意義が無くなります。

専門家の回答が欲しければ、それりの場所で質問して下さい。

専門家の意見しか聞きたくないという事であれば、それ以外の回答は無視すれば良いだけです。

わざわざ、回答しなくて結構ですとか、書く必要はありません。

素人の戯言は無視して、専門かの意見にのみ、参考意にしてください。

非常に不愉快です。

この回答への補足

No.1さんは
>質問(1) 査定価額より修繕費が高くても保険で出ますよ。
と回答してます。私の所属の共済の人の言っていた事と違います。

>質問(4) 無理に実績作らなくてもいいですが、
>     症状があれば当然通院してください。
これも違います。
通院しないと慰謝料はもらえないとハッキリ言ってます。
月1回3ヶ月行っても、3回分です。
毎日1ヶ月行ったら 30日分ではないですか?

>質問(5) 書類以外に何があるんだろう?
>     面談でもするのかな?
全治1週間でも、全治10年でも書類だけなんでしょうか?
面談でもするのかな?と曖昧な回答です。
分らない部分は抜かして頂けても良かったと思います。


No.2さん
>2)治療は慰謝料をもらうために行くのではありません。
と言ってますが、では慰謝料はどのようにもらうのでしょうか?
相手に連絡して「慰謝料よこせ」と言えばいいのですか?
そこまであなたできますか?
通院1日4200円の慰謝料が自賠責から出るとハッキリ言われました。
なら自賠責からもらっていいんじゃないですか?

>4)・・・・・かも。
>5)・・・・・かも・・

「かも」と回答されるなら、その質問をとばしたほうが良いです。

以上の事からあまり詳しくないと思ってそう書いたのです。
だって、私の加入の共済の担当の人は
「かも」なんて言わないですよ。
発言は全て断定的に言いますよ。

だから私はその回答が不愉快だからそう書いたのです。
あたなも私の最後の部分が不愉快だったわけですよね?
素人の戯言は無視しろとおっしゃるなら
私の文章も無視すれば済んだ事ではないですか?

あなたは事故当時者になった事ありますか?
事故の被害者になれば。
全く同じ事故でも相手の対応言葉遣い等々で
不愉快に思うか、
「今回はこれでいいか」になるか分かれますよ

余談ですけど相手の共済に通院の交通費の話をした時、
バスで往復400円と言ったら
「車だと交通費は普通1km15円なんですけど」とか言うし。
2kmの往復で60円?これじゃ燃料代にもならないし
車で行ったら駐車場代のほうが高いのに

あ、それに事故のあった日は土曜日で、
相手の共済から連絡があったのは月曜です。
JA共済は土日休みとか。
でもこちらの加入共済担当者が言うには、
事故の場合、ましてや100対ゼロの場合、
すぐに連絡くるのが普通だと憤慨してましたよ。
事故の相手からも月曜日に連絡あり、
「土日休みだったので、今日共済に連絡しました」
と連絡あっただけですよ
それとまだ相手が何の保険に入っるか知らなかった時、
こちらの共済担当者は、相手の保険会社による対応の違いを
よーく熟知して、
東京海上だとこうで、三井住友海上だとこういう対応・・・と
対応の違いなど説明してくれました。
やはりその話をきいても
数をこなしているベテラン担当者だと感じましたよ。

ま、土日祝日休み、午後5時以降休みのJA共済だから
何かと連絡も後手後手になりましたよ。
いまどき自動車保険で24時間対応じゃないって・・・
そんな所に入ってた相手も相手だと私も不愉快でしたよ
本当は書かない予定でしたけど、
あなたが不快だと言うので、
私も不快な相手の共済名を書きました。

補足日時:2012/07/21 08:51
    • good
    • 6

1)相手からは時価額以上は法的にも支払われることはありません。


 ただし、支払われたのは相手が「対物全損時修理費用特約」に
 加入していたからでしょう。
 この特約では時価額+50万円までなら、実際に修理した場合に
 時価額以上でも、支払われます。

2)治療は慰謝料をもらうために行くのではありません。

3)同上

4)あり得るかも。

5)通常はそうかも知れませんが、警察の人身事故証明がないと
 場合によっては支払われないかも・・

この回答への補足

回答ありがとうございます。

1)ですが、私の車はものすごく古く、同じ物を中古で買っても
多分20万あれば買い換えられる品です。
だからそう言われたんでしょうかね。
しかし営業車なので修理だと期間が短かったですが
買い替えとなると長くなり、その間の営業保障もかさむと思います。
でも営業保障より仕事したほうが当然収入は多いので
もし買い換えるとなると当然こちらの損失は増えます

2)「人身扱いにしなかったんですけど、大丈夫ですか?」
という質問に対し「人身扱いなんてしなくていい」
と、言われましたのは何故かという質問です。

(4) これは被害者として当然の権利ですよね?
という質問に「あり得るかも」??

>5)通常はそうかも知れませんが、警察の人身事故証明がないと
>場合によっては支払われないかも・・

私もそう思っていたのですが、
2)の所で「人身扱いなんてしなくていい」
と言われたのが解せないのですが・・・

☆回答頂いてこんな事申し上げるのは悪いのですが
あまり詳しくない方はご回答不要です。
実際事故担当をしたことのある人とか
保険会社の人とかの回答があるといいのですが・・・

補足日時:2012/07/18 11:49
    • good
    • 1

質問(1) 査定価額より修繕費が高くても保険で出ますよ。



質問(2) 人身の場合警察がからんで手続きが面倒です。
     大きな怪我の場合は人身にしておくべきですよ。
質問(3) 保険会社は支払いが少ない方がいいですからね。

質問(4) 無理に実績作らなくてもいいですが、
     症状があれば当然通院してください。

質問(5) 書類以外に何があるんだろう?
     面談でもするのかな?

この回答への補足

回答ありがとうございます。

1) もう一人の人と回答が違いますが??

>4)無理に実績作らなくてもいいですが
質問は
>これは被害者として当然の権利ですよね?
です

共済でも整骨院でもこう言われました
「慰謝料は自賠責で1日4200円出る
でも通院した日数だけ出るので通院は必要」と

5)ですが、
4ヶ月とか5ヶ月とか長期になると
本当にそんなにひどいのか見に来たり
細かく調べたりするので、そう言われたんではないかと
勝手に私は考えたのですが・・・

☆回答頂いてこんな事申し上げるのは悪いのですが
あまり詳しくない方はご回答不要です。
実際事故担当をしたことのある人とか
保険会社の人とかの回答があるといいのですが・・・

補足日時:2012/07/18 11:47
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q相手100%過失の事故。物損扱いと人身扱い

追突され通院しています。
当初事故相手が、保険屋さんから「人身扱いにしても物損扱いのままでも、補償はされますので物損扱いのままでいいか確認してみては?」とアドバイスされたそうで、その話を私が聞いて「私にとって不利益な事がないなら物損のままでも構わない」と回答しました。
それで3週間経ちますが物損のままです。

ですが、ネットで調べるうちに、今後例えば後遺症等でもめた場合に不利益になるというような書き込みを発見して、それはまずいと人身扱いに変更したいと思っています。

こんなに時間が経っていてもできますか?
また、ホントに不利益になるような事例が見つかりませんでしたが、実際とのような不利益があるのは教えていただけますか?

事故相手の方には、人身にすると伝えてありますが、相手の方も反省しておられるし、対応が悪いわけでもありません。
私としてはとにかく人身扱いにしておければ、相手に刑事罰等なくてもかまいません。罰をナシにするのがムリとしても軽減する方法がないか教えて頂けますか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 ご質問の回答を致します。「入手不能理由書」での扱いにおいてはあなたに責任が有るわけではなく、責任は加害者とそれを処理する保険会社に有る訳です、人身の届けにしないと都合の悪いのは保険会社です。既に病院の手続きもされているとのことですのであなたは心配意要りません。相手の保険会社が責任を持って損害賠償をしてくれるなら、あなたへの賠償は人身事故の証明書と同じ扱いになります。従って後遺障害に付いても問題ありません、示談に関しても特別に気をつける事も有りません。あなたが任意保険を掛けていれば搭乗者傷害保険を請求する時に、あなたの保険会社から何故人身に成っていないのかと聞かれるかもしれません、その時は事情を説明する必要があるかもしれませんので、相手の保険会社から搭乗者傷害保険の請求の為の資料を貰う時に不届け理由書のコピーも物件の事故証明書と一緒に貰って下さい。

Qこちらの車が停車中で、右後部座席のドアを開けたときにぶつけられた場合の過失割合について

事故がおきた時、こちらの車は停車中で、私の母親が運転席に、助手席のチャイルドシートに1歳未満の子供と右後部座席には家内が乗ってました。ちょうどマンションの前で子供を先に下ろすために停車し、家内が降りようとしてドアを3-40cmくらい開けた直後、右側から白いイプサムが走ってきて、私の右後部座席ドアとイプサムの左ライトの側面とが鋭角にぶつかり、大きく凹み、左の2つのドアの側面にかすり傷と微妙な凹みが生じました。相手車のスピードは正確にはわかりませんが、全長4メートルくらいある車の左側面を削りつつ、突き抜けていった感じです。相手車はこちらの車のバンパーから相手車のテールまで数メートル離れて止まりました。

このような状況だと相手車とこちらの車の感覚が50センチ前後ということになりますが、相手側は多分100%こちらの過失になるのではないかといっています。(修理費用予想100万以上)こちらの車が止まっていた道路は片側一車線で、こちらの車から見て右側車線の端に路上駐車が一台ありました。こちらの車と路上駐車していた車の間には車2台が通るスペースがあり、対向車もない状況でした。間隔をあけようと思えばあけられるよう状況であったわけです。しかし、家内が不注意だったのは確かですが、それくらいのスピードで相手が進入し間隔が狭かったのも事実です。

この状況だとどれくらいの過失割合になるのでしょうか。こちらが無保険なので相手の保険会社と直談判前に知識として教えていただければと思ってます。

事故がおきた時、こちらの車は停車中で、私の母親が運転席に、助手席のチャイルドシートに1歳未満の子供と右後部座席には家内が乗ってました。ちょうどマンションの前で子供を先に下ろすために停車し、家内が降りようとしてドアを3-40cmくらい開けた直後、右側から白いイプサムが走ってきて、私の右後部座席ドアとイプサムの左ライトの側面とが鋭角にぶつかり、大きく凹み、左の2つのドアの側面にかすり傷と微妙な凹みが生じました。相手車のスピードは正確にはわかりませんが、全長4メートルくらいある車の左側面...続きを読む

Aベストアンサー

私の経験談をお知らせします。

私の場合もjunimケースとしてはほとんど同じ状況でしたが、私の場合被害者(ドアをぶつけられた)側でした。
タイミング的にはjunimさんのケースよりもドアが開いたのが遅く、私の前輪のホイールハウス後端あたりにドアの先端が当たりました。
道幅5m弱、センターラインなしの対面通行で、緩やかな左カーブの真中あたりに停車車両がいました。
カーブミラーはあるものの、道幅が狭いことと、停車車両がいたことから減速しており、スピード的には20~25km/h程度まで減速していたと思います。
私の車が停止したとき、停車車両を完全に追い越していませんでした。
過失の割合は相手側の100%でした。
子供が後ろを確認せずにドアを開けたそうです。
はじめは相手側の保険屋さんが私にも10%程度過失があるとい言ってきましたが「この道の広さとタイミングでドアを開けられて回避できますか?」と聞いたらあっさり過失なしにしてくれました。

相手の車に乗っていた子供が、跳ね返って半ドア状態に閉まったドアに挟まり怪我をしなくて良かったと思った経験があります。

次にjunimさんのケースですが、私の経験を元に考えると、相手の方は「徐行」状態ではなかったのではないかと考えます。
(停車車両がドアを開けることを予想していたかどうか?、少々スピードが出すぎていたのでは?)
ですから相手側にも10~20%位は過失が認められるのではないでしょうか?
そのあたりは保険屋さんにがんばってもらうしかないと思います。

ともあれ、双方とも怪我がなかったことをよしと割り切ることが大事かと思います。

私の経験談をお知らせします。

私の場合もjunimケースとしてはほとんど同じ状況でしたが、私の場合被害者(ドアをぶつけられた)側でした。
タイミング的にはjunimさんのケースよりもドアが開いたのが遅く、私の前輪のホイールハウス後端あたりにドアの先端が当たりました。
道幅5m弱、センターラインなしの対面通行で、緩やかな左カーブの真中あたりに停車車両がいました。
カーブミラーはあるものの、道幅が狭いことと、停車車両がいたことから減速しており、スピード的には20~25km/h程度まで減速してい...続きを読む

Qこちらが加害者ですが人身事故を示談にできないですか?

つい先日交差点で後ろから車で追突してしまいました。


その場で警察を呼び事故の手続きを行い相手の方が「人身事故」で手続きをなさいました。


相手の方の怪我と車の状態ですが

けが
運転者のかたはその場では首が少し重い感じ

同乗者A
特に問題ない

同乗者B
少し首が痛いかもと


後ろのトランク部分にへこみ
自走可能

とのことでした。


そこで自分の状況ですが

けが
なし


ナンバープレートがまがtった

免許点数状況

前歴二回 
二回目の処分から違反なし


自賠責保険、損保

両方とも加入してます


でした。点数の状況から免取になってしまう可能性があり、また営業職で車がないと仕事にならなくなってしまうのでなんとか示談で対応させてくれとお願いをしました。

ですが相手の方はとりあえずちゃんとした対応がしたいので人身事故であげますとの返事でした。


そこから電話で2.3日ほど怪我の具合をかねて上述したとおり再度示談でおねがいしていたらいったん示談でもOKとの返事をいただきました

それから二日後にこちらで作成した示談書をFAXでお送りし内容を確認
してもらいました。


それから示談書の内容に不備がないか確認したかったのでまた電話をさせてもらってましたが連絡つかずでした

昨日少し連絡をいただいたのですがその時にはこちらが送付した示談書の内容がはっきりとわからないので修正点をFAXにて連絡するとの内容でした。


本日も昼休み中に連絡したところ「2、3日ちゃんと不備がないか考えてから返事をするので待ってほしい」とのことだったので自分も了解いたしました
その後8時頃に着信がありましたのでおりかえしすると


やはり今回は人身事故にしてほしい とのことでした

理由として

・同乗していた娘に対して教育上、示談という形はみせたくない
・娘も調書をとったので娘だけをごまかすのはできない
・上記の詳しい理由として後日物損事故に変更するとまた娘も警察に行かないといけないから



とのことでした


自分としては一度示談で仮決定したし、免許、仕事もうしないたくないものですからもう一度なんとか示談にもっていきたいと考えています。


どなたかよい意見をいただけないでしょうか?
助けていただけると幸いです。

つい先日交差点で後ろから車で追突してしまいました。


その場で警察を呼び事故の手続きを行い相手の方が「人身事故」で手続きをなさいました。


相手の方の怪我と車の状態ですが

けが
運転者のかたはその場では首が少し重い感じ

同乗者A
特に問題ない

同乗者B
少し首が痛いかもと


後ろのトランク部分にへこみ
自走可能

とのことでした。


そこで自分の状況ですが

けが
なし


ナンバープレートがまがtった

免許点数状況

前歴二回 
二回目の処分から違反な...続きを読む

Aベストアンサー

少し勘違いをなさっている様子なので・・・

運転免許の点数加算については「行政責任対する行政処分」
損害賠償、その賠償に関する示談は「民事責任の範囲」
起訴・不起訴・罰金などは「刑事責任に対する刑事処分」

それぞれ別々の物です。

ます、被害者の方が示談に応じるかどうかと、点数が加算されるかどうかは全く別の責任・処分の話で、関係ありません。
物損か人身かによって行政処分は変わりますが、示談が成立しているかどうかは行政処分に関係ないはずです。

人身事故扱いになり、警察から書類送検されれると、検察官が事故の内容を調べて、不起訴・起訴・起訴猶予などの処分の仕方を判断します。
起訴されれば、裁判により罰金刑や実刑などが下されます。
この、検察官による処分の判断や裁判において、被害者との関係(示談が成立し和解しているのか、誠意無い対応でもめているのか)が判断材料の一つとなる場合があるだけです。

正しい知識を持たれた方が、被害者に対する対応も正しい物になると思いますよ。

参考URL:http://www.kotsujiko.com/jidan.html

少し勘違いをなさっている様子なので・・・

運転免許の点数加算については「行政責任対する行政処分」
損害賠償、その賠償に関する示談は「民事責任の範囲」
起訴・不起訴・罰金などは「刑事責任に対する刑事処分」

それぞれ別々の物です。

ます、被害者の方が示談に応じるかどうかと、点数が加算されるかどうかは全く別の責任・処分の話で、関係ありません。
物損か人身かによって行政処分は変わりますが、示談が成立しているかどうかは行政処分に関係ないはずです。

人身事故扱いになり、警察か...続きを読む

Q停止していた車にぶつけられたのにこちらに回避義務?

知人の事故ですのできちんとした詳細が不明なのですが、以下のような事故にあったそうです。
交差点にかかる、一方通行の道路(左右には移動できるような幅なし)で前から2台目で停車、後ろにも車が数台停車。前の車がやや頭を出した感じで止まっていたそうですが、交差する道路の車の通行にじゃまだったため少しバックしたところ知人のフロント部分に追突されたそうです。
あっというまだったため知人もクラクションで知らせる間もなかったそうです。追突してきた運転手は自分が悪い、保険に入っているので100%責任持ちます、と言ったそうです。知人は走行可能だったのでそのまま修理工場へ直行しまかせたのですが、いつまでたっても相手方の保険会社(外資のA・H・D)から連絡なし。仕方がないので知人側から相手側の保険会社に連絡すると「あなたに回避義務があったのでこちらが100%にはなりません」といわれているそうです。
このようなことが上記のような状況で成り立つのでしょうか。また自分がこのような事故を受けたときにできればしておいたほうがいい対策などはありますでしょうか。

Aベストアンサー

こんにちは。
相手方保険会社の言い分に無理がありますね。過失とはどんな法令違反をしたか、どんな注意義務を怠ったかを問うものです。
ご友人の場合、予見できずに回避が出来なかった状態ですし、予見できたとしても後ろに車がいては回避できません。100:0主張で構わないでしょう。
また、相手方保険会社は任意の代理人として交渉してきますが、正式な代理人ではありません。(あくまでもご友人の同意の下交渉できるという立場です。)
あまりに理不尽な言い分であれば保険会社との交渉は打ち切り、直接事故相手とやりとりしても構いません。
ですので、修理を終えたら直接事故相手に請求書を送って様子をみたら如何でしょうか。相手方保険会社が支払ってもよし、事故相手が払っても良しです。(事故相手は支払えば自分の保険会社から回収できます。)
保険会社に限りませんが、被害者側が動かないと何もしない、と言う所は残念ながら少なからず存在しています。腹立たしいとは思いますが、損害回復のためにはやはり労力を掛けないとならないでしょう。

Q人身事故を物損事故扱いに

会社の営業係が、居眠り運転で対向車の軽自動車に衝突し怪我を負わせました。相手の方は全身打撲で通院。お勤めは1ヶ月位休むそうで、車は全損です。
当人が会社の役員に出した経過報告書には、人身扱いだと業務にも私生活にも支障をきたすので、保険屋と交渉をして保険屋内部のみ人身事故扱いに切替えて頂いて、被害者が警察に人身事故の証明を出さなくても補償されるようにしましたというのです。
そのような事出来るのでしょうか?
私用外出を勤務外出と偽り、会社の保険ですべて済まそうとしているのにも憤りを感じています。

Aベストアンサー

様々な見解がでていますね。

私個人としても「人を死傷させ補償が必要な場合は(どんな小さな事故も)人身事故にする。」「人身に関する補償がほしければ人身事故にする」という姿勢でいます。

人身に纏わる補償はまず自賠責保険から行われ、それが終わると初めて任意保険が機能することになっています。

自賠責保険は基本的に「被害者救済」を目的とした保険なので、交通事故で死傷したことが明らかであれば、保険金は払われることになります。ここにも人身事故として受理されていなければならないといった規定はありません。

任意保険についても、約款上は「人身事故届がなければ保険が使えない」旨の文言はありません。しかし(おそらく)公序良俗の観点から保険金を支払うことを拒否します。訴訟でも起こせば保険会社が払うことになるのは明白ですが。しかし自賠責保険から既に保険金が支払われているという事実があれば、支払いには問題がないでしょう。

ここで厄介になるのが事故処理の手順です。通常は任意保険会社が自賠責保険部分も含めて一括して処理することになります。ちょっと専門的かつテクニックの話になってしまいましたが、このあたりの事を理解されていれば、質問のように「物損事故のままで人身部分を保険処理」ということも机上の論理では可能になります。問題はどこまで代理店がこの件に絡んでいるか、ということです。質問のような場合、明らかに人身事故として処理する案件です。それを手先のテクニックだけでごまかして処理することはモラル的にも反しますし、内容によっては「保険業法」という法律にも抵触する可能性があります。おそらく各手続きも代理店が代行したりしていることでしょう。

質問者さんが会社のやり方に憤りを感じることは理解できます。しかし私個人としては、同じ業界にいるものの中にそういったことを売りにしているような人間がいることに憤りを感じてしまいます。

ところで人身事故にしない、というのを被害者の方は承知・納得しているのでしょうか?加害者のことのみを考えた処理ではないでしょうか???それを考えると怖いですね。

様々な見解がでていますね。

私個人としても「人を死傷させ補償が必要な場合は(どんな小さな事故も)人身事故にする。」「人身に関する補償がほしければ人身事故にする」という姿勢でいます。

人身に纏わる補償はまず自賠責保険から行われ、それが終わると初めて任意保険が機能することになっています。

自賠責保険は基本的に「被害者救済」を目的とした保険なので、交通事故で死傷したことが明らかであれば、保険金は払われることになります。ここにも人身事故として受理されていなければならないとい...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報