夫は2年ほど前から青色申告で個人事業をしています。
妻は今年から青色専従者になりました。
つい先日、青色専従者に関わる手続きとして、
(1)青色事業専従者給与に関する届出書
(2)給与支払事務所などの開設届出書
(3)源泉所得税の納期の特例に関する申請書
を税務署に提出してきました。

来月確定申告したあとすぐに、隣の県に引越しをすることになっているのですが、その場合、何か税務署に提出する書類はありますか?
(特に、上の(2)は変更届を出す必要があるように感じますが・・・。)
普通のサラリーマンが引越しするときと同じように、市役所に転出届を提出するだけでよいのでしょうか?
どうぞ宜しくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

#1の追加です。



「給与支払事務所などの開設届出書」の件ですが、この届出書も提出済みでしたら、「給与支払事務所等の開設・移転・廃止届出書」を異動前及び異動後のそれぞれの管轄税務署へ「所得税・消費税の納税地の異動に関する届出書」とともに提出します。

この届出書も参考URLでダウンロードできますので。

参考URL:http://www.nta.go.jp/category/yousiki/gensen/ann …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくのご丁寧なご回答、どうもありがとうございました。
URLの方も、参照してみました。
郵送で送ればいいとは、手続きが楽で助かりますね。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2004/01/24 21:37

異動前の管轄税務署と異動後の管轄税務署へ「所得税・消費税の納税地の異動に関する届出書」を提出します。



届出書は参考URLでダウンロードできますので、記載してそれぞれの税務署へ郵送すれば手間がかからないと思います。

参考URL:http://www.nta.go.jp/category/yousiki/syotoku/an …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q個人事業主の青色申告と個人そのものの確定申告の関係が分かりません。

個人事業主として開業届を出しました。青色申告の申請も出しました。
個人事業主として、会計処理もやっています。
個人事業主として、事業所得を青色申告します。

ここで分からないことがあります。個人事業主としての申告に加えて、個人自体の確定申告もするのでしょうか。
年金収入があったり、投資の損失(雑所得)があります。

それとも、個人が個人事業主として、青色申告することになったら、
個人の確定申告は必要が無くなり、
個人としての年金収入、投資損失(雑所得扱いのもの)も併せて、
個人事業主だけで青色申告するのでしょうか。

ネットで調べましたが、どこにも説明が無く、全然分かりません。

ちなみに、税理士を1ヶ月間だけ依頼するとおいくらぐらいでしょうか。

Aベストアンサー

所得税の確定申告というものは、個人が行うものです。
個人が個人事業を営むと事業所得を生み出すわけですが、個人の確定申告で、他の所得それぞれを計算後、合算して申告を行うのです。

人間を複数に分けることはできません。

確定申告書を見ていただければわかりますが、各種所得の合計から各種所得控除を引いて課税所得を計算し、税率を乗じて税額を計算するのです。

法人は、経営者の個人の自覚とは別に法人格を得ることとなりますので、経営者の確定申告とは別の計算となりますが、個人事業は、そんなことにはなりません。

例をあげますと、私は会社の役員が本業です。しかし、親族会社や知人会社などでも働いております。給料だけでも5か所から少しずつもらっています。さらに、個人事業も行っております。
私の確定申告では、各給料をもらっている会社から源泉徴収票をもらい、給与所得を計算します。年末調整の有無は問わずです。また、個人事業の会計処理を行い決算を組み、決算書を作成し、事業所得を計算します。
給与所得と事業所得を所得税の確定申告へ記載し、各種所得控除を差し引く形で申告書を作成しています。

あなたの場合も同様で、年金収入などを雑所得として計算し、事業所得を別に計算し、確定申告書で合算するのです。
別々に計算すると、基礎控除などが何十二も控除できることとなってしまい不合理が生じてしまいます。当然税務署からも指摘事項になることでしょう。

所得税の確定申告というものは、個人が行うものです。
個人が個人事業を営むと事業所得を生み出すわけですが、個人の確定申告で、他の所得それぞれを計算後、合算して申告を行うのです。

人間を複数に分けることはできません。

確定申告書を見ていただければわかりますが、各種所得の合計から各種所得控除を引いて課税所得を計算し、税率を乗じて税額を計算するのです。

法人は、経営者の個人の自覚とは別に法人格を得ることとなりますので、経営者の確定申告とは別の計算となりますが、個人事業は、そんなこと...続きを読む

Q白色専従者給与と青色専従者給与、違いがわかりません。

現在登録派遣でフルタイムで仕事をしています。
夏頃から派遣会社での仕事を辞めて、フリーで仕事を始める予定です。

自宅マンションの一室を事務所として、個人事業の届け出を出そうと思っています。
私が事業主となるよりサラリーマンの主人が形だけの事業主となって私が専従者になった方が税制上お得?と考えています。

事業主になる以上、主人は勤務先の会社とは別に青色申告をしなくてはいけないのですよね?
私に支払われる専従者給与が青色か白色かというのは、その支払う額によって分かれるのですか?

Aベストアンサー

ご主人を名目的な経営者にしても、実質的にはあなたが事業主としてみなされます。
自営業では、事業主は給与を経費に出来ません。
また、事業に従事していないご主人を専従者とする事も不可能です。

なお、青色申告にすると、記帳方式によって最大55万円の青色申告特別控除と言う制度や、その他にも税制上の特典がありますから、青色申告をされた方が有利です。

青色申告は、開業から2ケ月以内に申請する必要があります。
詳細は、参考URLを御覧ください。

参考URL:http://www.taxanser.nta.go.jp/2070.htm

Q個人事業主なのに、給与所得だけだが、青色申告特別控除額65万はどうなる

去年、個人事業主として開業し、去年は青色申告しました。

今年は1月からずっと派遣社員をしており、
2社から源泉徴収票をもらうことになりました。
自分で確定申告をやります。
(年末に書類が準備できず、今の派遣会社で年末調整をしてもらうことができなかったので)

この場合、青色申告特別控除額65万は全く無関係になり、
給与所得控除とか社会保険控除などを計算すればいいのでしょうか。

今年、青色申告特別控除が関係あるのか、無いのかがよくわかりません。

もし、青色申告特別控除が関係ないなら、貸借対照表・損益計算書は不要になる
のでしょうか。

今年は、個人事業主としての収入は0円です。
そうすると、個人事業主の廃業届も必要になりますか?それとも個人事業主
かどうかは無関係で、そのまま継続していてもよいことになりますか?

Aベストアンサー

派遣社員として2社から源泉徴収票をいただいているとい
うことですが、この契約が、給与なのか報酬なのかにより
変わってきます。

「給与等の源泉徴収票」をいただいているなら、
青色申告特別控除は、事業所得・不動産所得等の方しか
受けることができませんので、青色特別控除は関係なくな
ります。
また質問に記載されていますように、給与所得控除で所得
計算をしますので、貸借対照表・損益計算書も不要になり
ます。

「報酬等の支払調書」を1社からでもいただいていれば、
その収入は、事業所得に該当しますので、青色申告特別
控除を受けることができます。
また、貸借対照表・損益計算書も継続して記帳する必要
があります。


収入が給与のみで、個人事業としての収入がなくなって
いる場合は、「個人事業の廃業届」と「青色申告の取り
やめ届出書」、(従業員を雇っていたら「給与支払事務所
の廃止届」も)を税務署に提出する必要があります。

Q青色事業専従者給与について

こんにちは。

7月に個人事業の申請をだしたのですが、
妻を経理として、青色事業専従者になってもらおうと思ってます。
月額15万として、年間180万。

会社に入ってるときは、妻の年間所得が、ある程度(100万?)以上
行くと扶養から外れて、保険を自分で加入しないといけないということを聞いたのですが、

国保の場合は、健保と同じような考え方で、扶養から外れることはあるのでしょうか?
それとも、国保には、扶養という考えかた自体なく、幾らあげてもよいのでしょうか?

Aベストアンサー

国保の保険料は世帯単位で計算されます
加入者全員の住民税合計額から保険料の所得割が決まります
所得税の扶養家族(所得が103万円以下)なら住民税が非課税ですから、所得割もその人の分はありませんが、専従者給与を減らせば、その分あなたの所得が増え、住民税も増えるわけですから、あまり意味が無いと思います

Q個人事業主の白色申告、青色申告

現在個人事業主として白色申告、売り上げは800万円くらいです。

個人事業主の白色申告、青色申告のそれぞれのメリット、デメリットを極簡単に教えて貰えますか。

Aベストアンサー

一口に青色申告といっても、記帳の仕方によって2種類に分けられます。

(1) お小遣い帳よりは少し丁寧な程度・・・10万円が控除
(2) 正規の簿記による記帳で貸借対照表を添付し、期限内に申告・・・55万円の控除

来年に申告する分から (2) は65万円に引き上げられます。
ただ、正規の簿記は、商業系の学校を出てきた人でないと簡単ではありません。しかし、近年は申告用のパソコンソフトがたくさん出ています。65万円の控除があれば 約6万円税金が安くなるわけですから、ソフトに 1~2万円思い切っても 1年でもとを取れそうです。

そのほかにも青色申告にはさまざまな特典があります。詳しくは国税庁のタックスアンサーをご覧ください。ぜひ青色申告されることをお奨めします。

参考URL:http://www.taxanser.nta.go.jp/2070.htm

Q今日、税務署に開廃業等届出書を提出しました。

今日、税務署に開廃業等届出書を提出しました。
そこで税務署員の方にも質問したのですが
少し疑問が残るので皆様のご意見もお聞かせ願います。

1:実際報酬の生じる仕事を開始したのは1/4~なので開業日は1/4~になるとは思うのですが
  開業にあたってそろえたもの(パソコン・プリンター・ソフト・雑費等)は12/30~になります。
  この場合、去年そろえたものは繰延資産となり、5年償却と言われました。
  でもそんなに長く続ける予定ではないので出来れば今年に償却したいと思い、
  青色申告承認申請書も提出しました。
  1月入ってから購入したら全て今年全額経費に出来たのでしょうか?

2:お仕事内容はCAD設計で1Rの部屋で在宅にて仕事をします。
  家賃・水道光熱費・通信費を按分した上で経費にする予定です。
  以前質問だけで税務署に伺った際は大体8時間仕事するなら
  3,4割経費に出来ると言われました。 
  
  でも今日伺った際には完全に仕事するための部屋があり、
  全体の平米数との割合を出せば経費に出来る言われました。
  あと、設計に水道は使わないので水道代も経費には出来ないし、
  ほとんど仕事でしか使わないインターネット代も半分経費にする事ですら
  証明するのは難しいとの事でした。
  税務調査が入った際、しっかりとした理由に基づいてるものでないと経費に出来ないみたいです。
  税理士さんによって言ってることが異なり、混乱しています。

  お家でデザイン、設計業をされている方々はとこまで経費にしているのでしょうか?

今日、税務署に開廃業等届出書を提出しました。
そこで税務署員の方にも質問したのですが
少し疑問が残るので皆様のご意見もお聞かせ願います。

1:実際報酬の生じる仕事を開始したのは1/4~なので開業日は1/4~になるとは思うのですが
  開業にあたってそろえたもの(パソコン・プリンター・ソフト・雑費等)は12/30~になります。
  この場合、去年そろえたものは繰延資産となり、5年償却と言われました。
  でもそんなに長く続ける予定ではないので出来れば今年に償却したいと思い、
  青色...続きを読む

Aベストアンサー

1.ついて
開業前の12月に買った物でも、支払い時点が1月開業日以降の物であれば、経費で落とせます。
銀行引き落とし日で
該当勘定科目/パソコン/普通預金

2.ついて
按分勘定科目 按分方法 必要根拠
家賃 専有面積による按分 専有面積計算書
水道光熱費 一日当たりの稼働時間割合の按分 時間割合計算書
車両費 年間使用割合にての按分(日曜祭日夏季年末年始休暇を除く割合) 按分計算書
通信費 件数割合で按分 按分計算書

お客さんが来たらお茶等出しますよね、仕事中にコーヒーなど飲みますよね、ですから、電気だけでなく水もガスも使うでしょ?
てっことは、水道光熱に関わる物は水道光熱費で会計します。

ご参考まで

Q個人事業主の届け出と青色申告承認申請書について。

皆さま確定申告の時期でお忙しい事と存じます。

それとは別にこの2月から「経営コンサルタント」の入り口として月20数万円の売り上げから「個人事業主」に相当するしごとを始めました。
とりあえずまだクライアントは1社のみでこの先の予定は全く未定です。
3月15日の「青色申告申告締め切り」迄に現在この程度の売り上げでも「個人事業主届け出」とともに「青色申告の申請書も」出す意味があるものでしょうか?

前提では最低月20万のが現在の契約は年末までは続けながら、できれば事業を拡げていければと考えていますが、ポイントは万が一今の月20万程度の売り上げでも青色にする意味があるかないのかご教示戴ければ誠に幸いです。

Aベストアンサー

>この2月から「経営コンサルタント」の入り口…
>3月15日の「青色申告申告締め切り」迄に…

2月の何日に開業ですか。
青色申告承認願いは、十把一絡げに 3/15 締め切りではなく、開業日から 2ヶ月以内です。
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/shinkoku/annai/09.htm

>現在この程度の売り上げでも「個人事業主届け出」…

「個人事業主届け出」なんて届けはありません。

開業届
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/shinkoku/annai/04.htm
のことなら、売上高の多寡で出したり出さなかったりするものではありません。

あなた自身で“「個人事業主」に相当する”と自覚しているのなら、出さなければいけません。
開業届は青色申告承認申請とは異なり、開業日から 1ヶ月以内です。

ただ、青色申告承認申請ほど期限が厳格ではなく、遅れてもペナルティはないのが実情ですので、気づいた時点で速やかに出しておきます。

PDF を印刷して郵送するだけ、100円足らずをけちってどうするんですか。

>ポイントは万が一今の月20万程度の売り上げでも青色にする意味が…

それは個人の価値観の問題で、解はありません。

税金が少々高くなったとしても日々の事務作業が少ない方が良いと思うなら白色申告で良いし、少しでも税金は安い方が良いなら事務量は増えても青色申告をすべきです。

青色申告の特典
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2070.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>この2月から「経営コンサルタント」の入り口…
>3月15日の「青色申告申告締め切り」迄に…

2月の何日に開業ですか。
青色申告承認願いは、十把一絡げに 3/15 締め切りではなく、開業日から 2ヶ月以内です。
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/shinkoku/annai/09.htm

>現在この程度の売り上げでも「個人事業主届け出」…

「個人事業主届け出」なんて届けはありません。

開業届
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/shinkoku/annai/04.htm
のことなら、売上高の多寡で出したり出さな...続きを読む

Qみんなの青色申告(ソリマチ)と、やるぞ!青色申告(ホロン)

個人事業主です。経理は初めてで青色申告の為、上記のソフトで迷っています。

実際に使われている方、経理に詳しい方の意見が聞きたいので宜しくお願い致します。

きっと分からないことが多く質問をするので、
無料で質問・サポートが受けられるところが良いです。

*開業届を今月に出しますが、その場合2ヶ月以内に
今月~の分を青色申告すれば良いのでしょうか?
出来れば一緒にご教授下さいませ。

Aベストアンサー

「みんなの青色申告」はお試しダウンロードがありますので、一度使ってみてはいかがですか?
サイトで見るだけでは分からない使い勝手が分かります。自分の場合、入力操作がしにくかったので、見合わせました。

「やるぞ!青色申告」は使った事がないので、詳細は分かりませんが…。サイトで見ただけではちょっと入力がしにくそうな感じがしますね。

意外と、経験者の方に聞いて使ってみたのに自分には合わなかったという話もありますので、あちこちの会計ソフトのお試し版を使ってみる事をお勧めします。
どのみちタダなのですから、大いに利用しましょう。
自分の場合、いくつか渡り歩いて弥生のソフトに落ち着きましたが、結局の所自分の業種にに合っていて、使いやすいかどうかです。
どのみち、1年で新バージョンが出て、新しいのに買い換える事が多いですから。

サポートについては、ソフト自体の質問意外の経理の部分については、あまり期待してはいけません。
自分で書籍などを買って勉強した方が良いでしょう。
今のソフトには仕分の仕方等、初心者さんにも使いやすいようにガイドが付いていますが、もっと基本的な部分は書籍の方が分かりやすく書いてあります。


>開業届を今月に出しますが、その場合2ヶ月以内に
>今月~の分を青色申告すれば良いのでしょうか?

今年の2月16日~3月15日に申告するのは、平成16年分の確定申告です。
1月に開業であれば、開業~12月31日までの確定申告を平成18年の2月16日~3月15日の間に行います。

「みんなの青色申告」はお試しダウンロードがありますので、一度使ってみてはいかがですか?
サイトで見るだけでは分からない使い勝手が分かります。自分の場合、入力操作がしにくかったので、見合わせました。

「やるぞ!青色申告」は使った事がないので、詳細は分かりませんが…。サイトで見ただけではちょっと入力がしにくそうな感じがしますね。

意外と、経験者の方に聞いて使ってみたのに自分には合わなかったという話もありますので、あちこちの会計ソフトのお試し版を使ってみる事をお勧めします。
...続きを読む

Q個人事業主から法人化した場合の青色申告について

素朴な疑問ですみません。
興味があって質問させてもらいました。

もし個人事業主を開業し、青色申告手続きをして、2年が経過したとします。
(1月~12月31日)、
そして、5月より法人化した場合に、税務署に青色申告の申請をすると思うのですが、
どのような手続きの仕方があるのでしょうか。
まずは個人事業の廃業届けをしてから、法人化した会社の青色申告書を提出でしょうか?

よく分かっていませんが、もしよろしかったら教えて下さい。

Aベストアンサー

>そして、5月より法人化した場合に、税務署に青色申告の申請をすると思うのですが、
どのような手続きの仕方があるのでしょうか。
まずは個人事業の廃業届けをしてから、法人化した会社の青色申告書を提出でしょうか?

まず個人事業主から始め、その後法人化したとしても個人と法人は別の存在になるため届出の順番等はありません。
個人は個人で廃業等の届出をし、法人は法人で青色申告の承認の申請等をすることになります。

個人については1月~12月までの収支等を翌年2月16日~3月15日までに申告等をしていましたが、法人については定款で定めた事業年度の末から2月以内に法人税等の申告をすることになります。

Q青色申告の際、現金出納帳の提出は必要ですか?

今年4月に個人事業を開業しました。青色申告については初めてになるので、疑問がいろいろとありますので、こちらで教えていただければと思います。

「所得税の青色申告承認申請書」で「現金出納帳」に○をつけたのですが、やはり必ず「現金出納帳」を提出しなければならないのでしょうか?

というのは、経理上、現金出納帳に記載する仕訳が発生しないだろうというのが理由です。

”現金出納帳に記載する仕訳が発生しないだろう”
↑の理由は、今までの経費は全て「事業主借」で仕訳し、年末に一括で「事業主借」/「普通預金」 で処理しようと考えています。

この考え、および、「現金出納帳」の提出についてどなたかアドバイスいただければ幸いです。

Aベストアンサー

求められたら提出しますが、必ず提出しなければならないものではありません。


人気Q&Aランキング