専門家に聞いた!繰り返す痔の原因は!? >>

火力発電所の発電量は100万kW
地熱発電は20万kWとか言いますが
これは年間この電力が維持される事を言うのですか?
1秒あたりこの電力が出るのですか?
それとも・・・
この値は最大ってことですか?平均してと言うことですか?
質問がたくさんですいません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

一応専門家としておきます。

発電所勤務した経験は有りませんが、自分も気になっては居ましたので、問い合わせた事(基本的な部分で不十分でした)を参考に、まとめます。
 
 電力会社(北海道電力)では、火力でも地熱でも、発電とか発電量というのは、全て発電機の能力を言っているというのです。発電量とは、と聞きますと、Kwh(キロワットアワー)だと言うのです。アワーは1時間の事です。
 ただ、発電が○○万Kwと言うのは、と聞きますと、ミクロ的には電圧x電流のことになる。というのです。
時間的には1秒ですか、1時間ですか、と聞くと、あいまいに横に話がそれるのです。
 現場の人も、大雑把なのです。人にもよるでしょうが。
私の結論
 通常、VIcosφワットが負荷をかけた時の1秒間の消費電力(直流消費電力値に換算した価、つまり時間経過に関係なく一定消費値、これが実効値の意味)。
 但し電流は、必ず1秒間の価(1秒間の電荷の流量で計ることに決まっているから、逃げて通れない)。
 だから上の計算式は、1秒間の電力消費値=発電機が現実に送電している価。発電機の最大能力は、常識的には、
VIで表す、Vは一定と考えると、電流I(電線の太さ)で、発電機の最大送電能力=発電機の容量が決まります。通常容量は電力値で決まるので掛け算した価で3Kw,20万Kw,100万Kwなどと表示します。電圧を高くして使っても電流を減らし、掛け算したワット数が同じなら良いのです。但し、電圧を上げるには絶縁を強くしておかないとなりません。絶縁調整は、自由が利きませんので、電圧は、定格で使うのが常識です。
 電気機器のVI値を容量と言いますが、Iはいつの場合も1秒間の価です。これを忘れて機械的に暗記していると、全て曖昧になってきます。あなたのような疑問(当然)が出てきます。
 
 次に、最大関心事、に入ります。
電力W,KWと
電力量WH、またはKWH
の違いについて。

電力kWも1秒間の電力量といえます。電流は1秒間の価ですから。しかし私たちが、電熱器、蛍光灯、洗濯機、テレビを見る実用的時間感覚と、それに支払う電気料金の実用的観点から、電力ワットは1秒間の電力量ではあるが、秒にこだわっていてはどうにもならない、実用的に分や時間感覚で計算して電気を使った電気量を=電力量を計算し、料金支払いする事にしよう。と割り切り、電力を基準にして単に何時間使ったかを掛け算、して電力量とする習慣にしている。ということです。だから、ワットが秒だから使った時間を秒に直さなければならない、と考えるのは正しいのだけれども、実用的に取り決めた支払い上の習慣からすると、秒に直し、さらにKWに直すのは時間的に損をする、とりかいしましょう。
 
 最後の結論
 発電所の人は、発電量は、KWHの事です。Hは時間です(多分1時間のこと)。
 発電○○ワットは発電機の最大能力だといい、1秒ですか1時間ですかと尋ねても、曖昧なので(考えた事がないのだと思います)、私が、電流は1秒間の取り決めだから時間的には1秒に価ですよね、と言いますと、ミクロ的にはそうですね。といった具合でした。
 それで、わたしの結論ですが、
 火力発電所の発電量がVIHと言う時間のH(hour)
も、上に述べた電力秒の秒を時間の頭文字に付け替えただけで、実用感覚に合わせて実感しやすいようにしただけです。実際に時間かけて測定しているわけでありません。

 あなたの発電量100万KW は、基本的には100万KW秒であって、家電製品と違い、大きな発電機だし長時間運転し続けるものだし、秒では、上に紹介した実用感覚習慣にもふさわしくない、ので形式上、時間Hにして表現している、と私は考えています。
 地熱発電のKW表現も電力量KWh表現も基本は
電力=KW1秒だと言う事です。どちらも電力量であり、KWhは、実用感覚に合わせた表現です。

 実際に送電した電力量は、VIcosφx実際の使用時間○○時間KWとなります。

 基本に忠実なあなたに、
 誰も話してくれないウラ話しでした。
 







 
    • good
    • 2
この回答へのお礼

大変的の射ているお答えを有難うございます。
とってもすっきりしました。
いや専門の人に尋ねても
電力は電力量を微分した値だからね・・・
としか言わなかったので、頼りなく思いました。
基礎はしっかり抑えるべきですね
有難うございました。

お礼日時:2004/01/29 22:26

発電所で表示される出力はその瞬間の出力で、基本的に最大出力です。

供給電力量などという名称で1000MWh/年と表示する場合もあります(年とありますが1時間あたりと思ってください)。
 去年の夏、東電の原発不祥事で、東電管内でピーク時に何千万キロワットの消費と言われましたが、これも瞬間の消費電力です。
    • good
    • 0

発電能力(発電出力)と発電量の違いについて。



W(ワット)は発電能力で発電所(発電機)から出される電圧(V)と電流(I)を掛け算したものです。V×Iです。100万kWの発電所という場合、最大100万kWまで発電できるということです。燃料があれば継続して出せる力です。

さらにこれに時間(T)を掛けたものが発電量です。V×I×Tです。たとえば100万kWの発電所の1時間の発電量は100万kWHと表します。24時間ならは2400万kWHです。Hは時間を表します。

なお、上ではWと記しましたが正しい単位はVAです。

この回答への補足

教科書にあるとおりですね

補足日時:2004/01/29 20:55
    • good
    • 0

100万kWとか 20万kWの発電量とは、その発電所(発電機)に100万kWとか 20万kWの負荷が接続できることで、


負荷が無ければ発電量はゼロです。

一般的には定格発電容量が表示されます。
 
時間当たりの発電量はKWHで表示されます。
 従ってKWで表示される電気量は瞬間の量です。

100万kWの発電所の1日当たりの発電量は2400万KWHとなります。

この回答への補足

KWは瞬間の量ですか
つまり1秒間の発電量ですよね?
もしこの発電量が1分つづけば
この値に60をかければよいとのことですか?

補足日時:2004/01/24 18:57
    • good
    • 0

そもそも電力とは単位時間あたりのエネルギーです.


電力 の W (ワット)は1秒あたり1ジュール(J)のエネルギー,ということです.
したがって,100W の電球は1秒あたり100 J のエネルギーを消費します.
1時間(60×60 秒)なら 100×60×60 J 消費します.

電力と時間を掛けたものがエネルギー(電力量)になるわけですが,
電力関係では1 W を1時間で Wh (ワット・アワー)といいます.
つまり,
1 Wh = 3600 J
この千倍(つまり,1 kW を1時間)を 1 kWh と呼んでいます.
電気料金は基本的に何 kWh 使ったかで決まります.

火力発電所の発電量は100万kWという表現はちょっと変ですね.
発電能力が 100万 kW というならわかります.
発電量なら単位が kWh でないといけません.
100万 kW なら1秒あたり 100万 kJ (キロジュール)の電気エネルギーを
供給するわけです.

発電能力はいわば車の速度みたいなもの,
発電量は走行距離みたいなもの,でしょうか.

100万 kW の発電所というのは多分最大能力と思います.
無駄に発電しても仕方がありせんから,
電力需要によってはこれより低い出力で運転していることもあると思います.

この回答への補足

早速有難うございます。
火力発電所の発電量は100万kWという表現は
発電能力が 100万 kW かも知れません。
うろ覚えですみません。

補足日時:2004/01/24 18:51
    • good
    • 0

通常Wという時は、1時間あたりのことだと思います。



例えば、100Wの電球は1時間に100Wの電力を消費するということです。(間違ってたらこめんなさい)。

発電所についてはわかりません。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QkWとkWhの2つの単位について

電気の単位kWとkWhの2つの単位について、
本やインターネットでいろいろ調べたのですが、
何となく理解できたのですが確信が出来ません。

1kWhとは、「1時間に1Kwの電気を消費・発電する単位」ですよね。

では、「100kW」の規模の発電所があるとすると、
その発電所は1時間に100kWの電気を発電しているって考えていいんですか?

Aベストアンサー

kW を時速。kWh を距離と考えると分かりやすいかもしれません。

そうすると、次のようになります。

 kW はその時の速さ(瞬間発電量)
 kWh は、すすんだ距離(発電した量の合計)


時速 100km の車が1時間進むと、100km すすみますよね。
同じように 100kW の規模の発電所が1時間で 100kWh だけ発電できます。

同じように、100kW の発電所が24時間発電すると、2400kWh だけ発電できます。

Qブレーカーの定格遮断容量について

カテゴリが違っていたら、申し訳ありません。
ブレーカーの仕様に定格電流と定格遮断容量とありますが、違いや意味を教えてください。定格電流は、その電流値を超えた場合にトリップするものだとは認識しているのですが。遮断容量は大きいほうがいいのでしょうか?詳しい説明をお願いします。

Aベストアンサー

こんにちわ!
いつも質問ばかりしていては、皆さんに申し訳ないので、微力ながら知っている範囲でお答えします。
ご参考にして頂ければ幸いです。

定格電流は、その遮断器に連続的に電流が流れ続けた時の動作の限界値を表していると思います。
限界値である定格電流値になった場合の動作は、日本の規格(JISなど)では、不動作の状態を維持する最大値を表しています。
しかし、諸外国では、動作する値を表す場合も多いようです。(例えば、アメリカ製など)
具体的に言うと、日本製の225AF/225ATの遮断器に225Aの電流を流したとしても遮断器はOFF動作しません。
しかし、アメリカ製の250AF/225AT(フレームという概念についての説明は、割愛します)の遮断器に225Aの電流を流すと遮断器はOFF動作を起こします。
これは、規格の考え方の違いでどちらが正しいとかという問題ではありません。しかし、一つの電気設備で、複数の規格を採用しなければならない場合などは、保護協調上注意を要する点であります。
この定格電流値以下で遮断器を利用している限り、遮断器の開閉操作を行ったとしてもメーカーが保証する回数まで(一般に数千回~数十万回)は、操作が可能である値という意味もあります。

一方、遮断容量は、その遮断器が、流れている電流を遮断できる最大の容量を表していると思います。
一般的に電気的な容量とは、電圧×電流×時間で表されます。これは、エネルギーの容量を表し、遮断容量の場合も同じです。よって、容量であるにも関わらず電流値であると捉えらえることは間違いだと思います。
しかし、現実には、遮断容量が、電流値で表されていることが多いのも事実です。
その理由は、日本の(多分全世界でそうだと思いますが?)電源事情が、定電圧送電方式となっているからです。即ち、電圧の項は、定数として扱えるため、変数となる電流値で表せば事実上問題がないのと、実用上合理的となるからだと思います。
実際の遮断器に書かれている、遮断容量の記載を見ると判るのですが、使う電圧によって遮断できる電流値が変わります。これは、遮断容量が変わるのではなく、遮断容量は同じであるため、遮断できる電流値が変わることを意味しています。
同じ型の遮断器を異なる電圧で使用する場合など勘違いし易いので、注意が必要です。また、動作時間が変更できる機能がある場合も遮断できる電流値は変わってきますので注意のほど。
電流を遮断すると言うことは、アーク電流によるエネルギー放出(一般的に、熱、音、光の形で放出される)を、遮断器構部分で絶えうる必要があります。
定格以上の容量を遮断しようとすると熱により接点が溶着したり、溶断してしまうことがあるようです。

最後に、遮断容量の大きいものの方が良いのかどうかと言う点については、必要な遮断容量が確保されていらば、最小値でかまわないと思います。
皆さんもご指摘している通り、遮断容量が大きくなると、値段、寸法、納期(受注生産品になったり)が大きく(高く、長く)なります。
必要な容量とは、その回路に流れる最大の電流値(容量を電流値で表した場合)で決まります。一般的に、最大電流値となるのは、短絡時となります。
ただし、エネルギーの供給源は、電源だけとは、限りません。例えば、三相誘導電動機が接続されていると電動機の運動エネルギーがエネルギー供給源となり数サイクルの間電源となりますので注意が必要です。
さらに、定格電流を超える電流値を、遮断した場合は、メーカーの保証動作回数までの動作が保証されるわけではありません。
短絡電流の遮断については、動作特性をよく調べて使用してください。経済性を無視すれば、一度短絡電流を遮断した遮断器は、交換すべきだという人もいます。

以上、だらだらと述べましたが、少しでも参考になればと思います。

こんにちわ!
いつも質問ばかりしていては、皆さんに申し訳ないので、微力ながら知っている範囲でお答えします。
ご参考にして頂ければ幸いです。

定格電流は、その遮断器に連続的に電流が流れ続けた時の動作の限界値を表していると思います。
限界値である定格電流値になった場合の動作は、日本の規格(JISなど)では、不動作の状態を維持する最大値を表しています。
しかし、諸外国では、動作する値を表す場合も多いようです。(例えば、アメリカ製など)
具体的に言うと、日本製の225AF/225ATの遮断器に...続きを読む

Q電力の単位KWとKVAの違いと換算方法

単位KWとKVAの違いが分かりません。どっちも電圧E×電流Iじゃないんですか?換算方法とかあれば教えてください。

Aベストアンサー

KWはその装置の消費する本当のエネルギーで有効電力と呼ばれます。
KVAはその装置にかかる電圧の実効値と電流の実効値を
かけたもので皮相電力と呼ばれています。

皮相電力[kVA]から(有効)電力[kW]への換算は、
有効電力=皮相電力*力率 
でこの力率は電流の位相と電圧の位相が完璧に一致している抵抗のような負荷の場合は1になります。
逆に,コイルやコンデンサ成分のあるような負荷(モータなど)は位相がずれるためにこれより小さく(普通0.8くらい)になります。
なぜこのような2通りの表現があるかというと,皮相電力が規定してあると電流絶対値が決まりますので,必要なブレーカの容量,電線の太さなどが決まります。
電力だけだと,決まりません。

QNをkgに換算するには?

ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?一応断面積は40mm^2です。
1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?
ただ、式の意味がイマイチ理解できないので解説付きでご回答頂けると幸いです。
どなたか、わかる方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kgfです。

重力は万有引力の一種ですから、おもりにも試験片にも、地球からの重力はかかります。
しかし、試験片の片方が固定されているため、見かけ、無重力で、試験片だけに40kgfの力だけがかかっているのと同じ状況になります。

試験片にかかる引っ張り力は、

40kgf = 40kg×重力加速度
 = 40kg×9.8m/s^2
 = だいたい400N

あるいは、
102グラム(0.102kg)の物体にかかる重力が1Nなので、
40kg ÷ 0.102kg/N = だいたい400N


>>>1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?

いえ。
1kgf = 9.8N
ですね。


>>>一応断面積は40mm^2です。

力だけでなく、引っ張り応力を求めたいのでしょうか。
そうであれば、400Nを断面積で割るだけです。
400N/40mm^2 = 10N/mm^2 = 10^7 N/m^2
1N/m^2 の応力、圧力を1Pa(パスカル)と言いますから、
10^7 Pa (1千万パスカル) ですね。

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kg...続きを読む

Qタンジェントとアークタンジェントの違い

タンジェントとアークタンジェント、サインとアークサイン、コサインとアークコサインの違いをすごく簡単に教えてください。

Aベストアンサー

タンジェントやサイン、コサインは、角度に対する関数です。
例えば
 tan60°=√3
のような感じで、角度を入力すると、値が出てきます。

逆に、アークタンジェントなどは、数値に対する関数です。
 arctan√3=60°
などのように、数値を入力すると角度が出てきます。

そして、タンジェントとアークタンジェントの関係は、
springsideさんも書いてありますが、逆関数という関係です。
逆関数というのは、原因と結果が逆になるような関数です。
例えば、
  45°→タンジェント→1
  1  →アークタンジェント→45°
のように、「1」と「45°」が逆の位置にありますよね?
こういう関係を、「逆関数」というんです。

どうでしょう、わかりましたか?

Qkwh発電機

識者の方、御教授ください。
300kwhの発電機と云う物は1時間に300kwの電気を作れる。の意味ですか?
24時間稼動すれば7200kw発電するのですか?
理論上で結構ですのでお願い致します。
もしも詳しければそれが一般家庭何件分の電気になるのかもお教え下さい。

Aベストアンサー

単位に誤解が有りますkwとkwhで

300kwの発電機が1時間で発電できる量が300kwhで、24時間では7200kwhです。
kwは発電機の大きさ、時間を掛けてkwhと成ります。
家庭での使用電力は大きなバラツキがあり、冷房、暖房などで大きく異なりますが、
概ね小生の推定で、昼間2kw使用と仮定すると150軒分、夜間0.3kwとすると1000軒分と成りますが

Qmin-1の意味は?

回転数とは思うのですが、min-1はどういう意味で、また何の略で、どう読むのでしょうか。

RPMであれば、round per minutesで
1分間の回転数という意味ですよね。

min-1とRPMはイコール(=)なのですか?
またなぜー1とつけるのでしょうか。

分かる方、お願い致します。

Aベストアンサー

#1の方の回答の通りですが、ちょっと補足めいたことを。

読み方は「まいふん」だと思います。そう言ってます。

rpmは[revolutions per minute]1分間あたりの回転数ですね。
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=rpm
もしかすると「round」という言い方もあるのかもしれませんので否定はしませんが、
「revolutions」と言う場合が多いと思います。

で、なぜRPMを使わないかというと、
単位の表示方法を世界的に統一しようという動きがあり、(SI単位系を使おー)
「revolutions」は「回」という、それを表す単位がSI単位系に無いため、
RPM → min^-1 となります。

天気予報の気圧を表すミリバールという単位がヘクトパスカルになったのも
SI単位系を使おーという動きのためです。

インチ、ポンド、フィートなども使うのを避ける方向になっています。

Q日本の10電力会社ごとの総発電容量を知りたい

東京電力、関西電力、中部電力、中国電力・・・etc.
日本全国主要電力会社の
各総発電容量(水力・火力・原子力等合計)が
いくつなのか教えて下さい。
調べられるサイトがあればそちらでもOKです。
分かる範囲で結構です。

ちなみにもし分かれば、
需要量(ピーク)がどれくらいなのかも
合せてお願いします。

Aベストアンサー

参考URLは電気事業連合会のHPですが、ここの[需要実績]や[受発電]のページのデータは使えないでしょうか。

参考URL:http://www.fepc.or.jp/

Q熱交換の基礎式を教えてください。

熱交換器における基礎式を教えてください。
蒸気と水での熱交換を行う際に、入口温度と出口温度の関係、
それに流速等も計算のデータとして必要なんだと思うんですが、
どういう計算で熱量、流速を決めればいいのか熱力学の知識がないので
分かりません。
いろんな書籍を買って勉強していますが、難しくて分かりません。
それに独学ですので、聞ける人がいなくて困っています。
どなたか、簡単に熱交換の基礎式などを教えてください。

Aベストアンサー

 伝熱の計算は非常に難しいのですが、「難しい」と言っているだけでは先に進みませんので、そのさわりを。
 基本式は、Q=UAΔtです。
 Q:交換される熱量
 A:伝熱面積
Δt:伝熱面内外の温度差
  (冷却水入出の差ではない)

 ここで曲者は、U(総括伝熱係数とか熱貫流係数とか呼ばれるもの)です。
 Uの内部構造は、1/U=1/h1+1/hs1+L/kav.+1/hs2+1/h2と表現され、hを見積もる事が大変難しいのです。
 h:伝熱面の境膜伝熱係数、内外2種類有る。
 hs:伝熱面の汚れ係数、内外2種類有る。
 L:伝熱面厚み
 kav:伝熱面の熱伝導率の異種温度の平均、熱伝面内外で温度が異なり、温度によって変化する熱伝導率を平均して用いる。
 hは、流体の種類や流れる速さ(主な指標はレイノルズ数)によって変化します。
 hsは、どの程度見積もるか、、、設備が新品ならZeroとしても良いのですが、使い込むとだんだん増加します。
 更には、Aも円管で厚みが有る場合は、内外を平均したり、Δtも入り口と出口の各温度差を対数平均するとか、色々工夫すべきところがあります。

>冷却管はステンレス製(SUS304)です。
 →熱伝導度の値が必要です。
>冷却管の中の水の温度は入口が32℃で出口が37℃です。>流量は200t/Hr程度流れております。
 →冷却水が受け取る熱量は、200t/Hr×水の比熱×(37-32)になります。この熱量が被冷却流体から奪われる熱量です。=Q
>冷却管の外径はφ34で長さが4mのものが60本
>冷却管の外径での総面積は25.6m2あります。
 →冷却管の壁厚みの数値が計算に必要です。
 伝熱面積も外側と内側を平均するか、小さい値の内側の面積を用いるべきです。

 まあしかし、現場的な検討としては#1の方もおっしゃっているように、各種条件で運転した時のU値を算出しておけば、能力を推し測る事が出来ると思います。
 更には、熱交換機を設備改造せずに能力余裕を持たせるには、冷却水の温度を下げるか、流量を増やすか、くらいしか無いのではないでしょうか。

 伝熱の計算は非常に難しいのですが、「難しい」と言っているだけでは先に進みませんので、そのさわりを。
 基本式は、Q=UAΔtです。
 Q:交換される熱量
 A:伝熱面積
Δt:伝熱面内外の温度差
  (冷却水入出の差ではない)

 ここで曲者は、U(総括伝熱係数とか熱貫流係数とか呼ばれるもの)です。
 Uの内部構造は、1/U=1/h1+1/hs1+L/kav.+1/hs2+1/h2と表現され、hを見積もる事が大変難しいのです。
 h:伝熱面の境膜伝熱係数、内外2種類有る。
 hs:伝熱面の汚れ係数、内外2...続きを読む

QWordで、1ページを丸ごと削除するには?

1ページしか必要ないのに、真っ白な2ページ目がその下に表示されてしまった場合、この余分な2ページ目を一括削除(消去)する為に、何かいい方法があるでしょうか?

Aベストアンサー

<表示されてしまった場合>
これはそれなりに理由があるわけで、改ページや改行によって、次のページにまで入力が及んでいる時にそうなります。
特に罫線で表を作成し、ページの下一杯まで罫線を引いたときなどには、よくなる現象です。

さて、メニューの「表示」で段落記号にチェックが入っていないと、改行や改ページなどの入力情報が見えず、白紙のページを全て選択→削除してもそのままということが良くあります。
1 改行マークが白紙のページの先頭に入っていれば、それをBackSpaceで消してやる。
2 罫線を使っている場合は、それでも効果がない場合がありますが、その時は行数を増やしてやる。
などの方法があります。