世界史を勉強していて疑問に思ったことがあります。
 
 古代ギリシャのラウレイオン銀山やらボリビアのポトシ銀山やら日本の石見銀山やら、銀を多く算出(獲得)した国はその後繁栄しています。
 これは何故ですか?

 銀に石炭や鉄以上の実用性があるとは思えないのですが、どうして銀は世界的に取引の材料にされたのでしょう?

 ご存知の方、どうか受験生に分かるように教えていただければうれしいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

逆に通貨が全く信用されなかった国があります。


日本です。

新銭になる度に1000%もデノミする物だから
庶民は信用が全くなくなり物々交換に頼るようになります。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9A%87%E6%9C%9D% …


古代ギリシァのコインは世界中(当時の文化圏)で通用しました。
つまり、それを持っていれば世界中で買い物出来たのです。

当時は物々交換が主流であり、
保存の利く米や小麦が通貨代わりでした。

物々交換の原則はお互いの信用です。
全く知らない人と米と魚を交換します。

腐る寸前の魚を売り付けられたり、良く分からない肉だったりと、大損する事は普通でした。

通貨は

保存出来ます。
小さいので倉庫がいりません。
身近に保管出来ます。

魚を取ったらすぐに銀貨へ変える市場(社会)はすぐに誕生します。
銀貨はたちまち流通社会を生んだのです。


銀貨は簡単に偽造出来ません。
銀は重いので銀本位では重さで取引されました。


古墳時代、中国はどんどん日本の銅を輸入しました。
日本の銅鉱石には銀が多く含まれ、中国はそれを分離する技術を持っていたからです。
    • good
    • 1

>受験生



艮(ごん) 山にかたどり、静止の徳を表す。
    • good
    • 1

銀は「金より良い」とかいう漢字の成り立ちを無視した回答は論外として、


単純に万人が魅力に感じるその輝き、そして希少価値にあるのでしょう。

貨幣などへの加工のしやすさ、金よりも産出量が多いことから世界的な取引の材料にもなったのでしょう。
石炭は近代以前では実用性はありませんし、鉄は加工のしやすさなど取引材料としての柔軟性にかけます。

冒頭の銀山が産出・獲得した国を繁栄させたかについては、繁栄の基準が不明なため回答できかねます。
例えば、毛利氏は尼子氏との抗争の結果石見銀山を獲得しましたが、織田信長との戦いでは劣勢に立たされています。毛利氏は中国地方の大部分を勢力範囲としていましたが、石見銀山の力で勝ち得たものではありません。
石見銀山を直轄した徳川幕府にしても、海禁政策により世界各国との競争状態に入りませんでしたので、銀山がきっかけで繁栄したかどうか判断できません。
むしろ近代以前の日本は銀より流通貨幣としての銅銭を重視していたように感じます。
ポトシ銀山も、年代から見て獲得したからスペインが繁栄したわけではないでしょう。
    • good
    • 0

 銀は,その美しさにより古くから宝飾品として利用されており,いわば贅沢品の材料でしたが,貨幣経済が発達してくると,金とともに貨幣の材料としても広く使われるようになりました。


 経済の発達に貨幣が不可欠だということは説明しなくても分かると思いますが,現代のように国家権力でただの紙に価値を持たせるという手法を採れなかった時代には,貨幣の材料には(1)材料それ自体に高い経済的価値があること,(2)材料が加工しやすく,しかも丈夫で長期間使用しても壊れにくいこと,という要件を満たす必要がありました。
 そして,洋の東西を問わず,一般的に貨幣の材料として適切なのは金,銀,銅くらいしかなく,しかも金はあまりにも希少で貨幣として流通させるには量が少なすぎ,銅は高額の取引に使うには価値が低すぎたので,銀が貨幣またはその材料として広く利用されるようになりました。
 たぶん,受験生レベルならこのくらいの知識で十分でしょう。
    • good
    • 1

金は人工的に作れないことはご存知ですよね?



純度の低い銀ならば 鉄や化合物を混ぜればできます しかし高純度の銀は精製が難しく
作るのに時間がかかったため価値が高かったのです


銀 という字をよく見てください 金より良いと書きます
つまり 人工的に作れる物質としての価値は金より高かったわけです
 
鉄は戦のための武具に使用したりできるので大量に必要で しかも硬く 硬貨などに加工するのが大変でした
しかし銀はやわらかいので加工しやすかったという点もあります

そのぶん武具などには不向きで 硬貨などに転用されたらしいですね
    • good
    • 1
この回答へのお礼

 ご回答ありがとございました。

 銀が人口的に作れるというのは、恥ずかしながら初めて知りました。
 よくわからない質問ですみませんでした。 

お礼日時:2012/07/19 10:52

何故か、と聞かれると非常に難しい質問ですね。



例えるなら「ダイヤモンドに黒鉛以上の実用性があるとは思えないのに、何故あんなに高いのか」という質問と同じ類の質問です。

というわけで、あえて答えるとすれば、「皆がそれに価値を認めたから」ということになるでしょうか。

一応背景としては、当時の先進国、つまりヨーロッパですが、ここでは金や銀が貴重だった、という経緯があります。その結果として、これらの国々ではすべての物の価値の基準として金や銀が使われるようになりました。つまり金や銀の量そのものが「お金」になるということです。これを金本位制や銀本位制と呼びます。
金があまりにも貴重だったため、ヨーロッパの国の多くでは金と銀の両方を基準とした「金銀複本位制」が採用されていたのですが、やはり金がお金として流通させるにはあまりにも稀にしか見られなかっため、これらは実質的に「銀複本位制」になっていました。

で、上のようなヨーロッパの事情があるところに、銀が突然大量に産出される国が出現すると、その国はその銀をお金として使うことにより、豊かになることができるわけです。なんだかずるいですが、当時としてはそれ以外の基準を作りようがなかったという事情があります。つまり、お金として使える条件
・皆がそれに価値を認めている
・勝手に作ったりすることが難しい
・お金として流通させるのに多すぎず、少なすぎない量が世界(そのお金を作った人々が生きる範囲、という意味での世界です)に存在している
を一番満たしていたのが金・銀だった、というのが理由になるでしょうか。

この回答への補足

 ご回答ありがとうございます

 多くの人間が価値を認めたというのは=欲しいと思ったということですよね。
 つまり金やら銀やら(ダイヤモンドやら)は単純に「綺麗だから傍に置いておいてずっと見ていたなぁ」と思う人が多かったということですか?
 古代人で最初に銀を手にいれた人間が「銀はお前にやるから代わりにお魚ちょうだい」と言って「いいよ、それ綺麗だから、僕もそれ欲しい」といった人間がいた。というかそういう人間の方が多数派だということですよね。
 誰かがそれをやり始めたからあとの人間たちは金銀を別にお金の価値以外の理由で欲しくなくとも、誰かがお金として使ってしまったがために、お金として金銀を求めなければいけなくなった、とこういうことなのでしょうか?

 追加でいろいろ申し訳ございません。
 ご回答いただけるとうれしくおもいます。

補足日時:2012/07/19 01:43
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「この本は何度も繰り返して読むことに価値がある」を英語で…

英語の勉強をしていて、
This book is worth reading over and over again.
を「この本は何度も繰り返して読む価値がある」と訳してしたのですが、
「この本は何度も繰り返して読むことに価値がある」を英語で言うには、
どこをどのように変えればいいのでしょうか。
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

「この本は何度も繰り返して読むことに価値がある」とはどういう
意味なのか、いまひとつよくわからないのですが・・・

You will know the true value of this book only if you read it
over and over again.

Only by reading it over and over again will you realize how
valuable this book is.

You can't learn the value of this book unless you read it over
and over again.

いずれも「この本の価値は何度も読んではじめてわかる」というような
意味ですけど、これではいかがでしょうか。

Q近代~古代という日本史・世界史の本を探しています

学生のころは、日本史・世界史を縄文時代から順番に勉強していき、卒業近くになったときは、戦後の近代史を全く学ばずに終わってしまいました。
今になって思えば、重要なのは2000年以上の大昔のことではなく、今の生活に密着した近代を多く学ぶべきであり、現代から過去を振り返っていって、その転換期がどのように発生したのかを知ることが大切であったと思います。
再度、歴史を学びたいと思い、書店でできる限り分厚い本を探していますが、全部が全部、時系列に書いてあるものばかりで、逆時系列のものがありません。できれば、現代~戦後のことが3割ぐらい書かれていて、残りが戦前~古代のもの、というのが読みたいのですが。
1冊にまとまった量の多い日本史・現代史をご存知の方、教えてください。

Aベストアンサー

 イイ質問ですね。歴史を学ぶ時には幾つかのスタイルがありますが、今日現在の小学校から高校までの歴史の授業はご指摘のとおり「古代から現代に至る時系列的なデータの羅列」が殆どであり、それぞれの歴史事象を歴史的過程の中にどのように位置付けるか、という最も大切な部分が見落とされていることも事実です。
 もう一つの方法もご指摘のとおり「現代からその対象となる歴史事象を見る」スタンスです。こうした歴史考察の視点を学ぶことができるのは大学の学部での専門課程となります。そして実際の歴史研究の中でこうしたスタイルを積極的に取り入れている学部としては法学部あるいは政治経済学部の「近代日本政治史」や「近代日本経済史」の講座になります。歴史研究を対象とする文学部の歴史学科でも扱わないこともありませんが、専門分野としては前者の方が一歩先行しているといっても過言ではありません。
 こうした点でお奨めできるのは、みすず書房刊行の『日本の200年 上・下』『歴史としての戦後日本 上・下』共にA.ゴードン氏の著作です。しかしながらご要望には叶えられない点もあります。この書物も時系列的な処理を行っているのですが、それに先だって「始めに」として著者がこうした記述で日本の歴史それも近現代史を扱う時の視点を幾つか整理してから具体的な本文に入っていく点です。そしてもう一つ、こちらは内外の歴史学及び関連諸科学の研究動向を見ても皆無です。1冊で日本の歴史を網羅している書物はありません。あるとすれば悪名高い「日本史教科書」を逆のページから読むしか今のところでは手だてはありません。
 逆に「なぜ歴史書は古代の記述から始まるのか」との問いに対する答えとして「○○という歴史事象に対して××のような不具合が生じ、△△という手段で対処した」との人間の足跡を辿ることの意味を考える、スタイルに規定されているからとも考えられます。
 何れにせよ、現代史的視点から歴史を捉え直すことは大切なことではありますが、その際に一つだけ注意せねばならない点があることも書き添えさせていただきます。それは「現在における概念やシステム」を前近代の社会を見る時に濫用してはならない、とのことです。戦後の一時期、日本の歴史学界にもそれ以前の歴史学のあり方に対する反動から「太閤検地以前は全て古代社会である」と乱暴な議論があったことは確かで、その根拠たるや「マルクスの○○という論文に書かれているこの部分が該当するから」という、ゾッとするようなモノでした。一つのモデルをそのまま緩用するなどと今の私達からみれば「とんでもない勘違い」が真剣に論議されていたなどと笑い話にもならない笑い話に陥らないように自らのスタンスを常に検証しつつ、歴史を学んでください。

 イイ質問ですね。歴史を学ぶ時には幾つかのスタイルがありますが、今日現在の小学校から高校までの歴史の授業はご指摘のとおり「古代から現代に至る時系列的なデータの羅列」が殆どであり、それぞれの歴史事象を歴史的過程の中にどのように位置付けるか、という最も大切な部分が見落とされていることも事実です。
 もう一つの方法もご指摘のとおり「現代からその対象となる歴史事象を見る」スタンスです。こうした歴史考察の視点を学ぶことができるのは大学の学部での専門課程となります。そして実際の歴史研究...続きを読む

Q価値を引き出すって英語で何と言うの?

価値を引き出すって英語で何と言うの?

お願いします。

Aベストアンサー

価値を引き出す
http://eow.alc.co.jp/search?q=%E4%BE%A1%E5%80%A4%E3%82%92%E5%BC%95%E3%81%8D%E5%87%BA%E3%81%99&ref=sa

Q理系に進学する者です。 高校に入ってから、ずっと疑問なんですが、 日本史や世界史って勉強する必要あり

理系に進学する者です。
高校に入ってから、ずっと疑問なんですが、
日本史や世界史って勉強する必要ありますか?

Aベストアンサー

理系に進学し、大学で学んでいる者です。
確かに私も理系に直接関連しない分野は学びたいひとだけ学べばいいと思っていましたが、特定分野に全く関連しない分野というものは存在しないというのが現実なんです。そういう意味で、学びたくないことを学ぶのは無駄ではないんです。

例えば、私は理系のなかでも近代の科学者の功績に興味を持って、学校は関係なくそれについて自主的に学んだりしています。
そこで引っかかってしまったんですが、科学者の生涯を知る上で西洋史の知識がベースになさすぎて困ったのです。
…なんてことも起こり得るので、無理矢理にでも勉強させられる時期にきちんとやっておくのは大事だなと思ったりします。

Q学校の英語学習の価値は?

英語話せる人に質問があります。

日本では、英文法を中心に英語の授業を行っていますよね。
毎日毎日、日本の学生は、机に座ってひたすらペンを走らせ英文解釈をしてるばっかりですよね。

では皆さんは、実際にこういった授業が、実際に英語を利用するときに、役立ちましたか?やはり語学ってのは、ちゃんと会話した上で学んでいくものですよね?

Aベストアンサー

>日本では、英文法を中心に英語の授業を行っていますよね。

そうかもしれませんが、教師は教師用の本からのものを板書するだけとかが主流でしょうか。生徒はそれを写して、試験が来ると一生懸命に暗記して、ああ、満点だと英語があたかもできたとか思っているのでしょうか。そのような授業の英文法でしたら、全く無意味な英文法です。

英文法って言うのはもっとアクティブなはずです。
相手の言っていることを理解し、今まで誰も言ったことのない文を作るのが文法の意味なんですよ。試験や資格のための文法ではなく、コミュニケーションにアクティブな役目を果たすのが「文法」なんです。

>実際にこういった授業が、実際に英語を利用するときに、役立ちましたか?やはり語学ってのは、ちゃんと会話した上で学んでいくものですよね?

先に書きましたような英文法は役立たないです。
アメリカ人と会話するのは機関銃のようなものだと言われます。まるで卓球のようなやりとりだと言われることは多いでしょう。三単現だから、-sだとか、go-went-goneって、活用をいちいち思い出し、goの次には○○○とか考えながら、I went shopping yesterday.の文を作っていたなら、実用レベルとは言えません。
自分のからだの一部になっていなければなりません。
確かに、三単現など間違っても大きな誤解は生じないかもしれませんが、それは話し言葉でのこと。海外旅行や趣味程度の英語であれば、高度の文法知識はいらないかも知れませんが、ビジネスやアカデミックな場など正確な文章を要求する場合には少し上の文法も重要になってきます。音になれるためには音に接していなければなりません。1000時間単位で接していないとその言語の生の音にはなれないかも知れません。
「習うより慣れろ」とはよく言われます。実践も大切です。でも、ほんとうに相手の言った初めての内容を理解し、オウム返しでない英語の文で自分の気持ちを伝達するには、「文法」って言うものは不可欠なのです。
もちろん、人のことを言える立場ではまだまだありません。まだまだ英語力が足りないと思うこともあり、文法も知らないことも回答しながら思うこともあります。
って言うことで、ご参考まで。

>日本では、英文法を中心に英語の授業を行っていますよね。

そうかもしれませんが、教師は教師用の本からのものを板書するだけとかが主流でしょうか。生徒はそれを写して、試験が来ると一生懸命に暗記して、ああ、満点だと英語があたかもできたとか思っているのでしょうか。そのような授業の英文法でしたら、全く無意味な英文法です。

英文法って言うのはもっとアクティブなはずです。
相手の言っていることを理解し、今まで誰も言ったことのない文を作るのが文法の意味なんですよ。試験や資格のための文...続きを読む

Q日本史と世界史の勉強法(センター試験)

こんにちは。
現在高3、受験生です。
センター試験では日本史Bと世界史Bを選択します。
どのように勉強すれば効率よくセンター試験で得点できるようになりますか?
九州大学法学部を受験しようと思うので83%くらいはとれるようになりたいのですが
今はセンター形式の模試を受けてもよくて50%後半、悪い時は40%行かないくらいしかとれません…。


(1)教科書を読んでまとめノートを作る
これは夏休み中に少しやったのですが他の教科と並行しながらだったのであまり進んでいません。
教科書は
日本史:詳説 日本史B(山川出版社)
世界史:世界史B(東京書籍)
です。

(2)問題集をとく
今持っているのは
日本史:日本史総合テスト日本史B 改訂版―詳説日本史準拠、詳説日本史 10分間テスト」(いずれも山川出版社)
世界史:総合マスター世界史B(浜島書店)、詳説世界史 10分間テスト(山川出版社)
です。
すべて学校で買ったものです。
水王社から出ている「1分間世界史 1200」というのも持っていますがこれは自分で買ったものです。
できればこれ以上増やしたくはありません…(今お金がありません;)

(3)センター過去問をとく

(4)その他(具体的にお願いします)


どれが一番いいと思いますか?
具体的に、こうした方がいいよ、という方法があればそれも教えて下さい!
ちなみに、関係ないかもしれませんが年号覚えるのが苦手です。
語呂合わせがあれば比較的覚えてるんですが…。
焦っているので読みにくい質問になってしまいました。
誤字脱字、その他間違いがありましたらすみません。

よろしくお願いします。

こんにちは。
現在高3、受験生です。
センター試験では日本史Bと世界史Bを選択します。
どのように勉強すれば効率よくセンター試験で得点できるようになりますか?
九州大学法学部を受験しようと思うので83%くらいはとれるようになりたいのですが
今はセンター形式の模試を受けてもよくて50%後半、悪い時は40%行かないくらいしかとれません…。


(1)教科書を読んでまとめノートを作る
これは夏休み中に少しやったのですが他の教科と並行しながらだったのであまり進んでいません。
教科書は
日本史:詳説 日本...続きを読む

Aベストアンサー

受験は日本史しか使ってないので、日本史の方だけ回答させていただきます。

歴史は暗記。これに尽きます。
なので教科書の内容が頭に入っていないといけません。

問題集と教科書を往復するのが、この場合のやり方です。
問題を解いて、その根拠となる知識が書かれている教科書部分を探して確認する。ついでに前後の内容も確認して知識を定着させる。
また問題を解く。教科書の知識を定着させる。

これの往復です。

十分に消化できてない内容が歴史の中であるようでしたら、そこだけ抽出してノートにまとめるといいでしょう。
そして、そこだけ問題を解きまくると。

センター日本史は、「テーマ問題」「古代」「中世」「近世」「近現代」の大問5つかなんだかの構成だったはずです。
そのなかで、どの時代が得意かあるいは不得意か、自分なりに研究して苦手を潰していってください。

センターで露骨に年号を聞かれることはほとんどありませんから、問題ないと思います。
ただし、事件の並べ替え問題で迷うことがあるので、事件の順序を頭にたたきこむか、年号をある程度覚えておくかするといいでしょう。

問題集は手を広げずに、一つに絞って何度も解くことを繰り返す方がいいです。
そして何度か繰り返して、ミスなく解けるようになったら別の一冊に手を出すという形がいいと思います。

日本史しか力になれず、すみません。
世界史の方も頑張ってください。

受験は日本史しか使ってないので、日本史の方だけ回答させていただきます。

歴史は暗記。これに尽きます。
なので教科書の内容が頭に入っていないといけません。

問題集と教科書を往復するのが、この場合のやり方です。
問題を解いて、その根拠となる知識が書かれている教科書部分を探して確認する。ついでに前後の内容も確認して知識を定着させる。
また問題を解く。教科書の知識を定着させる。

これの往復です。

十分に消化できてない内容が歴史の中であるようでしたら、そこだけ抽出してノートにまとめると...続きを読む

Q英語教育で学生に付加価値を付けている大学は?

大多数の大学生は一般教養として大学で英語のクラスを履修しながら、大学受験をピークに英語力が却って落ちてしまうとは良く言われることです。つまり、ピアノのレッスンのクラスを履修しながら、ピアノを弾くのが却って下手になっていってしまうというような、どうにも納得しがたい状況になってしまっています。

しかし、こういった教育とは程遠い状況になっていない大学もあるはずです。大学生の皆さんにお聞きします。「うちの大学での英語プログラムでは、学生の英語のスキルが伸びていっている」という大学がありましたら、その英語のプログラムの内容を簡単にご紹介していただけないでしょうか。出来ましたら、大学名も。

Aベストアンサー

目的意識が無いと単なる教養でほとんど無意味です.
TOEIC対策の英語クラスをやっている大学はけっこうありますよ.
就活の一環でもあるし.
要は本人次第です.大学などに期待してはなりません.外部の学校もあるし,やる気があれば自分で道が開けます.

Q世界史上、貨幣の単位で4進法を採用した例はありますか。

江戸時代、両・分・朱の単位は4進法でした。
なぜ4進法にしたのかという理由が知りたいのですが、
一つの仮定として、取引の決済時、秤量貨幣であれ銀や金の延棒であれ、1/2、1/4、1/8なら分割しやすいという従来からの商慣習を踏襲したのではないかと、推測しています。
しかし、このような理由であれば、他国でも同じように考えて、4進法にするのではないかと思って質問しました。

このカテの下記No.の質問の続きです。 よろしくお願いします。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5179499.html

Aベストアンサー

アメリカのセントは4進法です。
1ドル・50セント・25セント

ヨーロッパの場合は2進法と5進法です。
1ユーロ=1ユーロ
2ユーロ=2ユーロ
3ユーロ=1ユーロ+2ユーロ
4ユーロ=2x2ユーロ
5ユーロ=5ユーロ

江戸時代の日本は貨幣システムが複雑ですので、4進法が便利だったと思われます。
通貨:両・分・朱・文
重量:貫
数:ひ(字を失念)=100文
1両=4分
1分=4朱又は10ひ
1朱=250文
1ひ=25枚の4文銭
貫との換算は4等分がやりやすいので4進法になるのだと思います。

メキシコ貿易銀は8レアルであり、4進法や2進法では便利ですが、10進法では使えない硬貨です。
1970年までの英国は、
1ポンド=20シリング=10フローリン=4クラウン=60グロート=240ペンス
です。フローリン以外は4の倍数で作られており、4ペンスの買い物は1グロートで対応、3グロート(12ペンス)は1シリング、2シリングは1フローリンとなっており、4進法と12進法で作られていました。英国の基本通貨がソブリン・クラウン・シリングですので、4進法とも言えます。
1ソブリン(ポンド)=4クラウン

アメリカのセントは4進法です。
1ドル・50セント・25セント

ヨーロッパの場合は2進法と5進法です。
1ユーロ=1ユーロ
2ユーロ=2ユーロ
3ユーロ=1ユーロ+2ユーロ
4ユーロ=2x2ユーロ
5ユーロ=5ユーロ

江戸時代の日本は貨幣システムが複雑ですので、4進法が便利だったと思われます。
通貨:両・分・朱・文
重量:貫
数:ひ(字を失念)=100文
1両=4分
1分=4朱又は10ひ
1朱=250文
1ひ=25枚の4文銭
貫との換算は4等分がやりやすいので4進法に...続きを読む

Qやっぱり英語って覚える価値ある?

国語、数学、物理、化学、歴史・・・大学に進むためにいろいろな教科を
学ばなければなりませんが、いろいろ考えると、どう考えても時間的、
コストパフォーマンスがいいのは英語ではないかと思います。
言語を学ぶ教科なので、他の教科と違い、どのような問題が出題されるのか
予測しずらいということはなく、一度覚えた語句や英文などは一生もので
使えるし、社会でも外国人や国際情勢に携わる仕事に就く場合は一番活躍
できるし、頭の中に蓄積していく分野なので、いつも重い関係書を持ち歩く
ことは必要ないし・・・。
将来を考えると、英語、フランス語、中国語などの言語を勉強する学科が
いいのかなと思っていますが、皆さんはこの考え方どう思いますか?

Aベストアンサー

日本において英語はほとんど使わない、というのは事実です。なぜなら日本のGDPは8割が国内需要だからで、ほとんどの国民は日本語ができれば、生活できるわけです。

また、英語は「所詮言葉に過ぎない」のです。

言葉が話せることは、実はあまり重要ではありません。一番重要なのは「話す中身」なのです。
ですからTOEICで満点とれても、それ以外の知識が小学生レベルなら、英語を使って話す中身も小学生レベルでしかない、ということになります。

ですから、本質的には「語学を覚える価値」というのはものすごく低いのです。特に日本の○○語学科、は世界的に見てもレベルが低く、その国の言葉を話せるようになる人はむしろ少ないのが現状です。

また、受験英語は単語や文法は覚えられるとしても、実際に会話できるレベルにはまったくなりません。

ただ受験英語にも利点はあります。それは「点数の個人差が激しい」ということです。
たとえば、理学部を目指した時に、それを目指す受験生はとうぜん数学や物理などが得意です。ですから点数に差がつきにくいので、結局合格を決めるのが英語の点数、ということになるのです。

ですから、受験対策として英語に重点を置くのは正解です。正解ですが、社会人になったときの資産になるかといえば、ならない、といえます。

日本において英語はほとんど使わない、というのは事実です。なぜなら日本のGDPは8割が国内需要だからで、ほとんどの国民は日本語ができれば、生活できるわけです。

また、英語は「所詮言葉に過ぎない」のです。

言葉が話せることは、実はあまり重要ではありません。一番重要なのは「話す中身」なのです。
ですからTOEICで満点とれても、それ以外の知識が小学生レベルなら、英語を使って話す中身も小学生レベルでしかない、ということになります。

ですから、本質的には「語学を覚える価値」というのはものすご...続きを読む

Q世界史の質問/古代ローマ

こんにちは。
一橋大学社会学部志望の者です。

世界史の質問です。

古代ローマにおいて第一回三頭政治は
“元老院に対抗し”た私的結合だと書いてありますが、
そのうちの一人であるカエサルは
のちに元老院からインペラトルの称号を授かっています。

また、第二回三頭政治は元老院公認の私的結合とあります。


インペラトルの称号を授かる、元老院が公認する、ということは、
何かしらあって、いわゆる「仲直り」をしたという考えでいいんでしょうか?

仮にそうだとしたら、何があったのですか?



教えていただけたらありがたいです。

Aベストアンサー

まず、第一回と第二回はメンバーが異なります。
第一回:ポンペイウス、カエサル、クラッスス
第二回:オクタヴィアヌス、アントニウス、レピドゥス

第一回は元老院と対立したポンペイウスが主導したものです。
当時のローマは元老院と市民が同等の力を持った民主共和政の政治形態でした。
ポンペイウスは元老院に対抗するため、市民に絶大な人気があった若きカエサルと手を組もうとします。
一方カエサルは実力者ポンペイウスと渡り合うには若輩であったため、ポンペイウスと犬猿の仲であったクラッススを引き込みます。
この政治敵密約が第一回三頭政治です。
表向きには存在しない同盟なので元老院の公認などあるわけありません。
のちにクラッススが戦死して三頭政治体制は崩壊します。
更に元老院と手を組んだポンペイウスとカエサルとの間で戦争になります。
ポンペイウス及び他の元老院派軍人を打ち破ったカエサルはインペラトルの称号を獲得します。
インペラトルは後に皇帝の別称となりますが、当時は人間国宝のような名誉称号です。
更に、インペラトルは凱旋式典でどれだけ多くの市民が「いよっ!大統領!」ならぬ「いよっ!インペラトル!」と叫んだかで決まるというものでした。
元老院は市民の総意を受けて、名誉称号「インペラトル」を授けたのです。

第二回は密約ではなく公然と行われたものです。
市民集会によって認定された正式な国家機関である「国家再建三人委員会」という公職集団が元老院排除に乗り出したものです。

ですから、

> インペラトルの称号を授かる、元老院が公認する、

これは間違った認識です。
インペラトルの称号を授けたのも、公認したのも、元老院ではなくローマ市民だということです。

まず、第一回と第二回はメンバーが異なります。
第一回:ポンペイウス、カエサル、クラッスス
第二回:オクタヴィアヌス、アントニウス、レピドゥス

第一回は元老院と対立したポンペイウスが主導したものです。
当時のローマは元老院と市民が同等の力を持った民主共和政の政治形態でした。
ポンペイウスは元老院に対抗するため、市民に絶大な人気があった若きカエサルと手を組もうとします。
一方カエサルは実力者ポンペイウスと渡り合うには若輩であったため、ポンペイウスと犬猿の仲であったクラッススを引き込...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報