2009年7月に掛かり付けの病院で慢性肝炎の定期検診のエコー検査で癌が見つかり、県立がんセンターで手術をし、助かったと思っていたら3か月目位から腫瘍マーカーが上がりだしたのでCT検査を受けると、再発(A)早期発見なので、動脈塞栓術を、と勧められたので2010年1月に手術し治ると思っていたが、退院後1か月でCT検査で効果は認められずもうい1か所再発(B)、主事医は、切ると負担が大きいので、エコーで見えるので、ラジオ波とエタノールの2本立ての治療すると確率は高いと決定してくれましたが、再発(A)が心臓の動脈に密接しているので会議の結果、内科で4月から、抗がん剤(ジェムザール)を点滴する事に成りましたが、10月には効かなく成るとの事で、結局1か月開けて切除手術を12月にする予定でしたが、混んでいるとかで2011年1月に手術、手術時間が予定より4時間も早かったので失敗だと思っていると主治医と主治医の上司の医者が「2カ所共完全に取れましたよ!」と言われ喜んでいたのですが、1か月後のCT検査では再発(A)は、そのまんま(騙されたのか?)
3月に再発(A)に再び動脈塞栓術の手術、6月頃までは少し小さく成りかけていましたが、また腫瘍マーカーが、上がりだし、8月のCT検査では再発(A)は拡大し、さらに再発(?)追加、
9月に2箇所、再び動脈塞栓術で、再発(A)は、その場で失敗、再発(?)は1か月後のCT検査では、影も形も無く「癌では無かったみたい」と言い、再発(A)は大きく成っているのでまた抗がん剤を勧めるが、6か月後は、運しか無いとの返事。
一か八かの手術をお願いしましたが、そんな危険な手術はしないと言われ何か無いかと尋ねると、粒子線治療!
即飛びつきましたが、癌でも無い所の塞栓術をした為か。肝内のあちこちに膿瘍が出来、延期延期で2012年4月に最後の再発(A)を粒子線治療を終え、1か月後の経過観察CT検査をし、結果を楽しみに聞くと 4月から転勤で変わって来た新しい主治医が、いきなり「誰が粒子線治療なんか勧めたんや、もう何の手術も出来んし、末期癌やから見放す!」と言われたので、粒子線センターに問い合わせると、「別の場所は手術可能ですよ、何でしたら相談に乗りますし、病院も紹介します。」との返事、1か月後、予約を取っていたので、がんセンターの受付で先生に見捨てると言われたので、余所の病院へ行く為の手紙を依頼しました。
で、診察に成ると「何や、もうここの病院は止めるか?」と言うので余所の病院では、手術出来るそうですが、どうせてして貰えないのですか?と聞くと、「そんな医者おったらして貰え!」取りあえず上と相談して内科に回したから内科へ行け!」
結果的には末期癌」では無く決定的な癌が3個再発なので、手術を受けたいのですが、
内科医師は、ジェムザール+シスプラチン、効か無ければTS-!で延命治療と言うので、3か所は手術を受けたいと言うと胆管細胞癌に手術は無駄や!
と言われた二で、今まで無駄な事を繰り返してたんですか?と問うと、
「それをしたから3年も持ったんや」と矛盾した回答?
他の病院で、どの様な手術に成るか、解りませんが、出来れば手術を受け、一応癌を無くし、丸山ワクチンを考えていますが、がんセンターの先生の言う通りの無駄な抵抗でしょうか?
私は、抗がん剤で弱り仕事も出来ず日常生活が出来ないなら生きているとは言えないと思うのですが?
3年の治療費で、借金まで出来、どうすれば良いのか悩んでいます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

親族に肝臓癌患者を抱えるだけの素人です。

やはり治療方針の選択には悩みが付きまとっております。
直接的なアイデアではないのですが、気になった疑問点を少し書かせていただきます。

・肝細胞がん なのか 胆管細胞がん なのか
   塞栓は 肝細胞がんに対して行われ、 胆管細胞がんには行われない。 
   ジェムシタビン、TS-1、シスプラチンは、胆管細胞癌に使われる。
   肝細胞がんならソラフェニブが注目されている
・手術という言葉に医師との間で齟齬が生じているのではないか?
という2つの点です。

肝臓がん(肝細胞がん・胆管細胞がん)の治療アルゴリズムに登場する治療方法は
「切除手術」「経皮的局所療法」「肝動脈塞栓療法」「動注化学療法」「肝移植」「緩和医療」
の、6つとのことです。
http://www.gsic.jp/cancer/cc_03/guideline02/02.h …

この、切除手術 のみを 医師は「手術」と言い、tryyaさんは経皮的局所療法(ラジオ波焼灼療法等)や肝動脈塞栓療法のことも手術と受け止めているのではないか?という印象を質問文からは受けました。 
用語の使い方の食い違いが起きていなければ良いのですが。 

ラジオ波焼灼療法(これを手術とは医師は言わないように思います)も切除(=手術)よりも負担が少ないということから選択されるケースも多いと聞きます。   

粒子線センターで紹介を受けた病院へ転院なさって治療方針の相談をなさってはいかがでしょうか?
そこで、抗癌剤はもちろん、それ以外の治療方法についても、納得のいく説明が受けられるかどうか?はとても大切だと思います。

また、在宅での緩和医療、抗癌剤の投与、丸山ワクチンに関しても協力をして下さるような訪問医療を実施している医師が見つかると少しは安心感が違うのでは、と感じます。 
    • good
    • 2
この回答へのお礼

komo7220様

詳しく回答して頂き有難う御座います。
私の癌は、肝内胆管細胞癌です。で、今年の3月から細肝内胆管細胞癌に代わっていて当時の主治医は、細が付いているけど意味が解らないと言ってました。

komo7220様の回答では>塞栓は 肝細胞がんに対して行われ、 胆管細胞がんには行われない。<と掛かれていますが、3回動脈塞栓術(TAE)手術を受け、粒子線センターの先生からも可能との事ですが、私の場合、散らばって3ヵ所有るので近畿地方で1度に手術を行う医師は塞栓術専門の三重県か岡山県の大学病院にしか居ないし、治癒の確率も低いので、免疫細胞治療を勧められましたが、もうお金も
無いし、1クールなら何とか出来きるが予後、叉再発するのでは無いですか?と問うと、何とも言えないが可能性は大との事でした。

また、ラジオ波、エタノール治療に付いても聞きましたが、皮膚に近い場所や肋骨の裏側とか、外部からの治療は無理な様で、また開かないと無理な様で、ただ2回開いて要るので癒着も激しいだろうし、一か八かの手術に成るので、取りあえず がんセンターで、ジェムザール+シスプラチンの延命治療をしながら丸山ワクチンを承諾しない がんセンターに内緒で丸山ワクチンを打つ事を勧められ、昨日 日本医科大学付属病院で、ワクチンを貰って来ました。
丸山ワクチンは、抗がん剤の副作用にも効くとの事で、通常と違った投与方法SSM(A)を毎日打つ事に成り今日から始め、7日から がんセンターに入院し抗がん剤遅漏する事に成りました。
入院は薬の量を決める為2~3週間の予定で、効くけば6か月間外来治療、予後の平均生存率は、12か月50%だそうですが、効く人には抜群に効く丸山ワクチンを投与出来るので、気分的には、余命6ヶ月では無く、生きる意志と精神力が付きました!

お礼日時:2012/08/03 23:23

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q早期の乳がんでステージ4ってありえますか?

先日母が乳がん健診でステージ4と診断され、
詳しく検査した結果「早期の乳がん」と
お医者さんからいわれたそうです。
最初に母から聞いたのがステージ4と聞いていたので
驚いて私がネットでいろいろしらべたら、
ステージ4は早期ではないことをしりました。

1.お医者さんの告知でステージ4の患者を
「早期の乳がん」と告知することはありますか?

それとも母が健診の結果を間違えてるのでしょうか。
私は会社勤めではないので、
検診の結果がどうやって記されているのか
わかりません。

2.会社での乳がん健診の結果は
 ステージでしるされているのでしょうか?

こちらの質問事項をみていたらカテゴリーという言葉も
出てきていましたが、

3.カテゴリーとはなんですか?
 
以上、答えて頂けたら本当に嬉しい限りです。
みなさん、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

早期の癌は1期から2期までのものを言いますので、4期は進行癌という事になります。したがって、早期がんで4期というのはありえません。健康診断くらいで進行具合まではわかりません。癌と聞いて気が動転し、お母様が勘違いしたのではないかと思います。
 今は正しい病期を伝えるはずですが、病院によっては気を使って、本人には正しく言わないところがあるのかも知れません。ご家族が付き添って、今の主治医に確認するのがいいと思います。
 カテゴリーというのは1から5まであって、1は、ほぼ良性であろう腫瘍、2から5になるまで段階的に悪性の可能性が増し、5はほぼ100パーセント悪性という分類です。
 どうぞお大事に。

Q胆管癌・化学療法について

親が胆管癌になり、手術不可の為に抗がん剤治療をする事になりました。

調べてみると、胆管癌は化学療法が効きにくいとありましたが本当でしょうか?
現在リンパに転移の疑いがあり、手術が難しいそうです。
抗がん剤治療をして、癌が小さくなれば手術するという事らしいですが、そんな事可能なのですか?

もし抗がん剤が効いたとしても、化学療法だけで治すのはやはり難しいのでしょうか・・・
それなら副作用の事などを考えると、抗がん剤をやる意味が薄いのではと考えてしまいます。

わかる範囲で教えて頂けると助かります。

Aベストアンサー

こんにちは。

お辛いですね。心中お察しします。
胆管癌は仰る通り化学療法が効きにくい癌になります。縮小や延命効果もあまり多くありません。

ご本人の体質により抗がん剤の副作用が変わってきますので、ご本人が辛くなければ化学療法を続けるメリットはあるかと思いますが、大変重い副作用の場合はQOLの改善を目指すかどうかをご本人と話し合う方が良いと考えます。

また、大変言いにくい事ですが胆管癌は転移が多くその場合はQOL(生活の質)を向上した緩和治療を薦められる事もある様です。

専門家ではないですが、少しでもお力になれると幸いです。
質問者さんもお身体を大事になさって、無理せずご本人と相談なさってくださいね。

Q大腸がん、腹膜に転移ステージ3、なぜ?

80代の父が直腸がんの手術をしました。
がんは直腸から腹膜に食い込んでいたそうです。
腹膜から取り出したがんは小指の先ぐらいでした。
どの本を見ても腹膜にがんが達しているとステージ4となっていますが、
医師の説明では4ではなく3の一番進んだものとのこと。
これはどうしてでしょうか?
また5年生存率はステージ4と同じでしょうか?

Aベストアンサー

腫瘍が直接腹膜に浸潤しているときはT4aで、遠隔転移がなければStageIIIbかIIIcです。
お父様はリンパ節転移があったのでStagaIIIcだったのでしょう。
また、少しでもはなれた腹膜に転移があれば遠隔転移ありM1でstageIVです。
下記のサイトのページをめくるとわかります。

参考URL:http://cancerstaging.blogspot.jp/2005/02/colon-and-rectum.html

Q先月、乳がん検診でエコーで小さな黒い影が見受けられ、しこりもあるということで細胞診を受けました。とこ

先月、乳がん検診でエコーで小さな黒い影が見受けられ、しこりもあるということで細胞診を受けました。ところが結果が3週間以上たってもでません。通常2週間で結果は出るらしいのですが、どうしてこんなに日にちを要するのか疑問です。病院には少しクレームをゆって連絡をくれるようにしましたがまだ連絡がありません。もう検査日から20日以上もかかっています。日にちかかりすぎだとおもうのですが。細胞診を受けたことがある方、何日で結果出ましたでしょうか??教えてください。

Aベストアンサー

検診ですよね?
細胞診は、小規模の医療機関などは、専門の検査会社に検体を取りに来てもらって、
結果が出たら、医療機関に届けるというシステムになっており、多少時間はかかります。
細胞診や他のデータすべてが出てから、専門医に診断を行って頂く。
特に診断の微妙なケースなどは、複数の医師に診断を仰ぐことがある。

いずれにしても、時間を要するのは確かです。

QステージIV:癌摘出後の抗がん剤治療について

はじめまして。抗がん剤の使用について教えていただきたいです。

去年、父が大腸癌で入院をすることになりました。
検査の結果、既に肝臓にも転移しており、ステージは、IVです。

当初の予定では、手術にて癌を全て摘出し、抗がん剤治療を受けるとのことだったのですが、

大腸(横行結腸)の癌 及び、肝臓(約6割)を摘出したあと、
主治医より、「抗がん剤治療は、今後転移した場合に使用しましょう。
なので、抗がん剤治療は行いません。」
と言われました。

本人は、「抗がん剤治療をしなくて済む」と喜んでおりますが、
わたくしとしましては、
・抗がん剤治療をしないと癌が進行してしまうのではないうのではないか?
・ステージIVなのに、抗がん剤治療をすすめない場合もあるのか?

と疑問に思っております。

主治医に聞くことが早いとは思っておるのですが、
本人を同席して話を聞くには、ショックが大きいかもしれないと思うと
主治医に聞くことができません。

どなたか、お詳しい方がいらっしゃいましたら、教えていただきたいです。

Aベストアンサー

http://www.jsco-cpg.jp/guideline/13.html
http://www.jsco-cpg.jp/item/13/algo.html
大腸がんの診療ガイドラインの治療アルゴリズムによると、「遠隔転移巣ならびに原発巣がともに切除可能な場合には,遠隔転移巣の切除を考慮する。その際,原発巣には根治切除を行う。」となっているので、原発巣である横行結腸の癌と、肝臓転移巣の手術が患者さんの同意の上選択されたのかもしれません。

また、大腸がんの術後補助化学療法は、治癒切除が行われたStage III結腸癌がガイドラインでは治療が推奨されているようです。
また、化学療法自体は、切除不能転移・再発大腸癌が対象のようです。

病状は、各個人によって異なりますし、各種臓器の機能も均一ではありませんから、それぞれの病状に応じて治療内容がガイドラインから外れることもあると思います。

予後や再発した時の治療についてなど、ご家族として知っておきたいこともあるでしょうから、お父様の許可が得られるのであれば、担当医とご相談されるのが良いかもしれませんね。

参考URL:http://www.jsco-cpg.jp/guideline/13.html

http://www.jsco-cpg.jp/guideline/13.html
http://www.jsco-cpg.jp/item/13/algo.html
大腸がんの診療ガイドラインの治療アルゴリズムによると、「遠隔転移巣ならびに原発巣がともに切除可能な場合には,遠隔転移巣の切除を考慮する。その際,原発巣には根治切除を行う。」となっているので、原発巣である横行結腸の癌と、肝臓転移巣の手術が患者さんの同意の上選択されたのかもしれません。

また、大腸がんの術後補助化学療法は、治癒切除が行われたStage III結腸癌がガイドラインでは治療が推奨されている...続きを読む

Q肝炎と関係のない肝細胞癌

知り合いが原発性の肝細胞癌と診断されました。
肝炎・肝硬変は持っておらず、珍しいタイプの癌と言うことなのですが
こういった場合の肝細胞癌の原因はなんなのでしょうか?お酒も大量に飲む人ではありません。
来月手術して腫瘍は切除するとのことですが、肝炎と関係ない場合も再発の可能性は高いのでしょうか?

身内ではないため、医者に聞くこともできずに心配しております。
くわしい方がいらっしゃいましたらよろしくお願いしま。

Aベストアンサー

肝癌だけに限らず、人間は日々全身のいたるところで癌の元が生まれています。
しかし、それを排除するという機能を持っているために、癌にならないのです。
なので、その排除する機能がうまく働かなかった場合には、肝炎、肝硬変などを経ずに肝癌になる場合があります。
肝炎や肝硬変を併発している場合より、むしろ単発のものの方が予後もいいですし、再発も少ないです(完全に取り切れれば、再発は健康な人が癌になる確立とほぼ同じです)が、転移してたら再発する恐れがありますね。
でも、転移を含めて検査をしての手術であるでしょうから、あまり深く心配なさらなくてもいいと思いますよ。

Q胃がん ステージ4

義母が、先日胃がんのステージ4と診断されました。
他の臓器への転移は、検査の上では、見られないけれども、リンパに転移が見られるとのことで、ステージ4と言われました。
今週から、抗がん剤の治療を始めました。TS-1とシスプラチンだそうです。
それらを、2クールしてから、年明けに胃の全摘手術をします。
ステージ4とは、やはりかなり深刻なのでしょうか?
抗がん剤をして、全摘手術をすると、また元気な義母になってくれるのでしょうか?
主人は一人っ子で、私のこども達も小さいので、まだまだ元気でいて欲しいのですが。

手術をしてみないとわからないとは思いますが、今後のことをどれぐらい考えなければならないのか、全くわかりません。
同居ではない、私はどんなふうに考え行動すればいいのでしょうか。。。

Aベストアンサー

2年前に義父が胃がんのステージ4と診断されました。
同じように他臓器に転移はありませんでしたが、リンパには転移していて、胃の全摘と転移したリンパの
切除手術をしましたが、手術してからちょうど2ヶ月で亡くなりました。

NO.2さんも書いておられますが、ステージ4で年明けの手術というのは疑問に思います。
他臓器に転移しているよりもリンパに転移があるというのは、かなり悪い状態なのです。
もう一度、医師に確認されたほうがよいと思います。
場合によっては、セカンドオピニオンをしてもよいのです。

告知の問題は私はどちらともいえませんが、お義母さまも自分の状態がなんとなくわかっていると思います。
辛いでしょうが、今あなたやご主人ができることは、この診断が正しいのか、ほかに治療法はないのかなどを調べたり医師と相談したりすることです。
そして最悪のことも考えて、お義母さまや家族が後悔しないようにすることです。

Q肝臓癌の原因はC型肝炎のウイルスやB型肝炎のウイルスと思うのですが飲酒

肝臓癌の原因はC型肝炎のウイルスやB型肝炎のウイルスと思うのですが飲酒で肝臓癌になる場合はあるのですか?

Aベストアンサー

 アルコールの摂取を続ける事で、肝臓ではアルコールの分解と共に中性脂肪の合成が進み、その結果、肝臓は脂肪まみれになり脂肪肝を発症する。 さらに飲酒を続けると、アルコール性肝炎や肝硬変に進み、最後には確実に肝臓がんを合併し、死にいたることが通例である。
お酒に強い人ほど強いがゆえに、肝臓を著しく痛めつける傾向がある事が報告されている。

ただし、脂肪肝の段階で、節酒するか断酒に踏み切れば、肝臓は元の健康な状態に戻ることが確認されている。脂肪肝と指摘された場合には、速やかにお酒を控えることが重要とされている。
 飲酒する人の肝臓癌発病率は、酒を飲まない人の数十倍である。

お酒やめますか 人間やめますか\(^^;)

Q子宮頸がんの私のステージは・・・

不正出血で細胞診をしてもらったところ
「高度異型成~初期がんかも」ということでがんセンターへ。

がんセンターで組織診をしてもらったところ
「扁平上皮癌・浸潤癌・腺がん」かもしれない。

「まず、円錐手術で病理検査をしてから子宮摘出範囲を決めます。
急ぎましょう。」
と言われました。

私はかなり悪いのですか?
ステージでいえばどのくらいなのだろうか・・・

Aベストアンサー

No.1です。
追加で……

腺がんの場合には、切除範囲が広がる可能性があります。
いずれにしても、病理検査を結果を待つ以外に
方法はありません。

サイコオンコロジーという言葉をご存知でしょうか?
検索をすることをお勧めします。

ついでに、医療コーディネーターという職業の人がいることも
知っておいてください。
利用するかどうかは別として、
情報として、知っておくべきだと思います。

また、がん保険に契約しているならば、
保険会社が提供する情報や相談も利用してください。

Q扁平上皮癌の疑いで、細胞診を受けました。所見で、異型細胞増殖中とあるの

扁平上皮癌の疑いで、細胞診を受けました。所見で、異型細胞増殖中とあるのはまだ前癌病変であることを意味していますか。

Aベストアンサー

がんであろうが、前がん状態であろうが、正常でない(異型のある)細胞が増えているとそう表現されることがあります。
全体所見と診断のなかから一文だけ取り出しても、それが全体の結果を反映しないこともありますから、一文だけに拘泥されるのは良くないと思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報