2009年7月に掛かり付けの病院で慢性肝炎の定期検診のエコー検査で癌が見つかり、県立がんセンターで手術をし、助かったと思っていたら3か月目位から腫瘍マーカーが上がりだしたのでCT検査を受けると、再発(A)早期発見なので、動脈塞栓術を、と勧められたので2010年1月に手術し治ると思っていたが、退院後1か月でCT検査で効果は認められずもうい1か所再発(B)、主事医は、切ると負担が大きいので、エコーで見えるので、ラジオ波とエタノールの2本立ての治療すると確率は高いと決定してくれましたが、再発(A)が心臓の動脈に密接しているので会議の結果、内科で4月から、抗がん剤(ジェムザール)を点滴する事に成りましたが、10月には効かなく成るとの事で、結局1か月開けて切除手術を12月にする予定でしたが、混んでいるとかで2011年1月に手術、手術時間が予定より4時間も早かったので失敗だと思っていると主治医と主治医の上司の医者が「2カ所共完全に取れましたよ!」と言われ喜んでいたのですが、1か月後のCT検査では再発(A)は、そのまんま(騙されたのか?)
3月に再発(A)に再び動脈塞栓術の手術、6月頃までは少し小さく成りかけていましたが、また腫瘍マーカーが、上がりだし、8月のCT検査では再発(A)は拡大し、さらに再発(?)追加、
9月に2箇所、再び動脈塞栓術で、再発(A)は、その場で失敗、再発(?)は1か月後のCT検査では、影も形も無く「癌では無かったみたい」と言い、再発(A)は大きく成っているのでまた抗がん剤を勧めるが、6か月後は、運しか無いとの返事。
一か八かの手術をお願いしましたが、そんな危険な手術はしないと言われ何か無いかと尋ねると、粒子線治療!
即飛びつきましたが、癌でも無い所の塞栓術をした為か。肝内のあちこちに膿瘍が出来、延期延期で2012年4月に最後の再発(A)を粒子線治療を終え、1か月後の経過観察CT検査をし、結果を楽しみに聞くと 4月から転勤で変わって来た新しい主治医が、いきなり「誰が粒子線治療なんか勧めたんや、もう何の手術も出来んし、末期癌やから見放す!」と言われたので、粒子線センターに問い合わせると、「別の場所は手術可能ですよ、何でしたら相談に乗りますし、病院も紹介します。」との返事、1か月後、予約を取っていたので、がんセンターの受付で先生に見捨てると言われたので、余所の病院へ行く為の手紙を依頼しました。
で、診察に成ると「何や、もうここの病院は止めるか?」と言うので余所の病院では、手術出来るそうですが、どうせてして貰えないのですか?と聞くと、「そんな医者おったらして貰え!」取りあえず上と相談して内科に回したから内科へ行け!」
結果的には末期癌」では無く決定的な癌が3個再発なので、手術を受けたいのですが、
内科医師は、ジェムザール+シスプラチン、効か無ければTS-!で延命治療と言うので、3か所は手術を受けたいと言うと胆管細胞癌に手術は無駄や!
と言われた二で、今まで無駄な事を繰り返してたんですか?と問うと、
「それをしたから3年も持ったんや」と矛盾した回答?
他の病院で、どの様な手術に成るか、解りませんが、出来れば手術を受け、一応癌を無くし、丸山ワクチンを考えていますが、がんセンターの先生の言う通りの無駄な抵抗でしょうか?
私は、抗がん剤で弱り仕事も出来ず日常生活が出来ないなら生きているとは言えないと思うのですが?
3年の治療費で、借金まで出来、どうすれば良いのか悩んでいます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

親族に肝臓癌患者を抱えるだけの素人です。

やはり治療方針の選択には悩みが付きまとっております。
直接的なアイデアではないのですが、気になった疑問点を少し書かせていただきます。

・肝細胞がん なのか 胆管細胞がん なのか
   塞栓は 肝細胞がんに対して行われ、 胆管細胞がんには行われない。 
   ジェムシタビン、TS-1、シスプラチンは、胆管細胞癌に使われる。
   肝細胞がんならソラフェニブが注目されている
・手術という言葉に医師との間で齟齬が生じているのではないか?
という2つの点です。

肝臓がん(肝細胞がん・胆管細胞がん)の治療アルゴリズムに登場する治療方法は
「切除手術」「経皮的局所療法」「肝動脈塞栓療法」「動注化学療法」「肝移植」「緩和医療」
の、6つとのことです。
http://www.gsic.jp/cancer/cc_03/guideline02/02.h …

この、切除手術 のみを 医師は「手術」と言い、tryyaさんは経皮的局所療法(ラジオ波焼灼療法等)や肝動脈塞栓療法のことも手術と受け止めているのではないか?という印象を質問文からは受けました。 
用語の使い方の食い違いが起きていなければ良いのですが。 

ラジオ波焼灼療法(これを手術とは医師は言わないように思います)も切除(=手術)よりも負担が少ないということから選択されるケースも多いと聞きます。   

粒子線センターで紹介を受けた病院へ転院なさって治療方針の相談をなさってはいかがでしょうか?
そこで、抗癌剤はもちろん、それ以外の治療方法についても、納得のいく説明が受けられるかどうか?はとても大切だと思います。

また、在宅での緩和医療、抗癌剤の投与、丸山ワクチンに関しても協力をして下さるような訪問医療を実施している医師が見つかると少しは安心感が違うのでは、と感じます。 
    • good
    • 2
この回答へのお礼

komo7220様

詳しく回答して頂き有難う御座います。
私の癌は、肝内胆管細胞癌です。で、今年の3月から細肝内胆管細胞癌に代わっていて当時の主治医は、細が付いているけど意味が解らないと言ってました。

komo7220様の回答では>塞栓は 肝細胞がんに対して行われ、 胆管細胞がんには行われない。<と掛かれていますが、3回動脈塞栓術(TAE)手術を受け、粒子線センターの先生からも可能との事ですが、私の場合、散らばって3ヵ所有るので近畿地方で1度に手術を行う医師は塞栓術専門の三重県か岡山県の大学病院にしか居ないし、治癒の確率も低いので、免疫細胞治療を勧められましたが、もうお金も
無いし、1クールなら何とか出来きるが予後、叉再発するのでは無いですか?と問うと、何とも言えないが可能性は大との事でした。

また、ラジオ波、エタノール治療に付いても聞きましたが、皮膚に近い場所や肋骨の裏側とか、外部からの治療は無理な様で、また開かないと無理な様で、ただ2回開いて要るので癒着も激しいだろうし、一か八かの手術に成るので、取りあえず がんセンターで、ジェムザール+シスプラチンの延命治療をしながら丸山ワクチンを承諾しない がんセンターに内緒で丸山ワクチンを打つ事を勧められ、昨日 日本医科大学付属病院で、ワクチンを貰って来ました。
丸山ワクチンは、抗がん剤の副作用にも効くとの事で、通常と違った投与方法SSM(A)を毎日打つ事に成り今日から始め、7日から がんセンターに入院し抗がん剤遅漏する事に成りました。
入院は薬の量を決める為2~3週間の予定で、効くけば6か月間外来治療、予後の平均生存率は、12か月50%だそうですが、効く人には抜群に効く丸山ワクチンを投与出来るので、気分的には、余命6ヶ月では無く、生きる意志と精神力が付きました!

お礼日時:2012/08/03 23:23

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q子宮動脈塞栓術について

先日、私の妻が、子宮筋腫の診察を受けましたが, 先生より、子宮動脈塞栓術の治療を勧められました。ただ,まだ筋腫の大きさがそれほど大きくないので、急ぐ必要はないとの診断でした。その時、子宮動脈塞栓術の手術は保健医療が適用で無いので今だと45万程度かかるそうですが,近い将来保健医療が適用になりそうなので、それを待つのもいいのでは?とアドバイス受けました。しかし、現在、症状が辛いので何年も待ってられそうにありません。先生はいつ保健医療が適用になるか判らないとの事でしたが,いつ頃保健医療が適用になるか情報をお持ちの方教えてください。又,早く保健医療が適用になる方法があれば併せてお願いします。

Aベストアンサー

わたしも子宮筋腫で動脈塞栓術については関心があります。漢方薬(トウキブクリョウガン)やリュープリンなどの注射も体に合わなくて、今のところ貧血に対して対処療法をしているだけです。

子宮摘出に替わるものとして、早く保険診療の適用になることが望まれます。動脈塞栓術の方法をご存知のお医者様でよかったですね。
わたしのチェックしている動脈塞栓術経験者のHPで、情報がありましたのでお知らせします。
http://www3.ocn.ne.jp/~embo/

ここのサイトから「かかりつけ医通信」を見てください。
http://backno.mag2.com/reader/BackBody?id=200306112220000000074854000
2003年6月のものですが、「現在中医協にも保険適応拡大の要望が出ていて近い内に保険診療として認められるもの、うんぬん」の記述があり、これにはわたしも期待を寄せています。

早く適用になる方法については、申し訳ないのですがわかりません。

参考URL:http://www3.ocn.ne.jp/~embo/

わたしも子宮筋腫で動脈塞栓術については関心があります。漢方薬(トウキブクリョウガン)やリュープリンなどの注射も体に合わなくて、今のところ貧血に対して対処療法をしているだけです。

子宮摘出に替わるものとして、早く保険診療の適用になることが望まれます。動脈塞栓術の方法をご存知のお医者様でよかったですね。
わたしのチェックしている動脈塞栓術経験者のHPで、情報がありましたのでお知らせします。
http://www3.ocn.ne.jp/~embo/

ここのサイトから「かかりつけ医通信」を見てください。
...続きを読む

Q単純CTで見つからない癌が造影剤ありCTで見つかることはありますか

去年義父がすい臓がんで亡くなりました。その頃から今まで妻が悲しみを忘れるように毎晩お酒を飲んでいました。その後、最近になり左わき腹に激痛があったため、病院に行きまして単純CTを取りました。しかし肝臓やすい臓は特に問題ないみたいです。そこで質問なのですが、義父がすい臓ガンで亡くなっていて、妻自身も左わき腹と背中に痛みがあるため、すい臓ガンを疑ってます。単純CTでは見つからなかった癌も造影剤ありのCTの場合、見つかったりもしますでしょうか?他に調べる方法等あれば教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

表題の質問ですが、十分あります。
CT検査も万能ではなく、ましてや造影剤を使わない検査は万能なはずはありません。
膵臓辺りなら超音波検査が、人によっては有効ですね。
全身の検査を思えば、PETの健診もいいかもしれません、お金があれば。
まあ、家族歴があるからといってわき腹と背中の痛みで膵臓癌と短絡的に考える必要もないと思いますが。

Q私は癌に成っていますが、お薬にも限界でいよいよ抗がん剤の投与と言われています。 そこで、免疫療法成る

私は癌に成っていますが、お薬にも限界でいよいよ抗がん剤の投与と言われています。
そこで、免疫療法成るものを受けて見ようと思いますが、何分にも保険外の治療で数百万円掛かって仕舞います。
流石に気軽く受ける訳にも行きません。
そこで質問ですが、何方か実際に受けた方があればその結果を教えて下さい。

Aベストアンサー

私は前立腺がんで骨転移のステージ4迄進んでおり、思いきって免疫療法成るものを受けました。
2週間ごとのサイクルで6回投与され、その結果PSAが僅かにさがりました。
しかし300万円近くの費用をそれ以上継続するには、流石に私の経済力では限界があり継続を断念しております。
その結果PSAはすぐに上がり始め、元の状態に戻ってしまっています。
経済力に余裕があ有ればもう少し良い結果が有るかも知れません。
効果が無いとは言えないだけに否定はしませんが、余程金銭的な余裕がある人で無ければお勧め出来ません。

Q肝動脈塞栓療法と肝動注療法の違い

 癌治療:肝動脈塞栓療法と肝動注療法の違い、双方のメリット・デメリットを教えて下さい。

Aベストアンサー

○肝動脈塞栓療法
http://www.os.rim.or.jp/~mia/taro2/pass/TAE.htm

○肝動注療法
http://www.med.kobe-u.ac.jp/anes/contents/manual/kandoutyu.html

Q前立腺癌→摘出手術→再発→ホルモン治療→またPSA値が上がりました。

前立腺癌→摘出手術→再発→ホルモン治療→またPSA値が上がりました。

どうぞ、よろしくお願い致します。

・平成19年初め、父71歳、前立腺癌と判明。骨などへの転移なし。グリソンスコア9。
 ステージなどの説明は一切なく、「簡単な手術で、取ってしまえば完治する。」
 と医者に言われ、何の疑問も迷いも抱かず、すぐに手術を決めてしまいました。
 (これが一番の後悔です。グリソンスコア9は悪性度の高い癌だから、
 都会の癌専門病院に連れて行くべきでした。)

・同年2月、摘出手術。癌は前立腺だけに留まっていたという説明でした。

・術後、尿が出ず、尿道狭窄が酷くて苦しみました。
 先生は、「縫合に失敗した。こんな酷いのは初めてだ。」と言って、父に謝りました。
 その後、麻酔もせず尿道の検査を何回も何回もさせ、
 4回の尿道を広げる手術を受けました。

・21年1月から、PSA値が上がり始めました。

・22年1月、再発したという事で、3ヶ月ごとのホルモン注射を始めました。
 この時、主治医は、「睾丸を取りましょう。」と、手術ばかりを勧めましたが、
 ネットで相談し、今は、ホルモン治療をする人が多い。という事を知り、
 ホルモン治療を選択しました。
 
・今月、PSA値が上がっていました。
 主治医は、「来年1月に、これからの治療方法を考えましょう。」と言われただけで
 血液検査以外、何の検査もしませんでした。

主治医は、ただ仕事をこなしているだけ、としか見えないような
そんな態度なので、色々な説明もなく、とても話しにくい人です。

私は、病院を変えた方がいいと思うのですが、父はその気はないようです。
父のような病状でどのような検査をすればいいのか、教えて下さい。
これから、何をすればいいのでしょうか。
父は今、どのような状態だと考えられるでしょうか。
転移でしょうか。

PET-CTを検討中です。受けた方がいいでしょうか。
今の状態で、癌が写るでしょうか。

よろしくお願いします。



 

前立腺癌→摘出手術→再発→ホルモン治療→またPSA値が上がりました。

どうぞ、よろしくお願い致します。

・平成19年初め、父71歳、前立腺癌と判明。骨などへの転移なし。グリソンスコア9。
 ステージなどの説明は一切なく、「簡単な手術で、取ってしまえば完治する。」
 と医者に言われ、何の疑問も迷いも抱かず、すぐに手術を決めてしまいました。
 (これが一番の後悔です。グリソンスコア9は悪性度の高い癌だから、
 都会の癌専門病院に連れて行くべきでした。)

・同年2月、摘出手術。癌は前立腺だけに留...続きを読む

Aベストアンサー

私の父が5年前に前立腺がんと判明し、グリーソンスコア9でした。
(骨に影があるが骨転移かどうかは判定しかねるとの事でした)
受診する数年前から具合が悪かったのに病院に行くのは嫌だと延々
しぶり続け、初めて行った時点ですでにかなり悪化していました。
あれから5年、手術はせず、ホルモン治療のみでPSA値1未満を維持しています。

父は田舎住まいで、通える範囲に泌尿器科のある病院が1つしかなく、
当時の担当医はぶしつけで話の出来ない人でした。
現在は担当医が変わり、人間らしい会話のできる人です。
どんな医師に当たるかということが、治療にいかに重要かを
身をもって知っています。
再発で睾丸を取るって・・・去勢じゃないですか。
男性の尊厳にかかわることなのに、そんなに簡単に言うような医師に
大切なお父様をまかせていいのでしょうか。

お父様が病院を変わる気がないのが一番の難関だと思うのですが、
現在の担当医に話してセカンドオピニオン用の書類を作ってもらい、
他の病院で意見を聞いたほうがいいと思います。
(セカンドオピニオンは診察ではなく相談なので
 お父様が行かず、あなた一人で行ってもOKです。)
できるだけ大きな信頼できる病院がいいでしょう。

前立腺がんは進行の遅いがんですので、まだ打つ手はいろいろあります。
放射線治療ひとつにしても、直接線源を刺す方法や局部に留置する方法とか、
粒子線治療やペプチドワクチン(このれらは先進医療で自費ですが)など
対策はいくらでも取れると思います。
大切なのは、しろうとが「どんな検査がいいのだろう」などと悩むより
信頼できる医師に出会うことだと思います。

先は長いです。お互いに頑張りましょう。

私の父が5年前に前立腺がんと判明し、グリーソンスコア9でした。
(骨に影があるが骨転移かどうかは判定しかねるとの事でした)
受診する数年前から具合が悪かったのに病院に行くのは嫌だと延々
しぶり続け、初めて行った時点ですでにかなり悪化していました。
あれから5年、手術はせず、ホルモン治療のみでPSA値1未満を維持しています。

父は田舎住まいで、通える範囲に泌尿器科のある病院が1つしかなく、
当時の担当医はぶしつけで話の出来ない人でした。
現在は担当医が変わり、人間らしい会話のできる人です...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報