小口現金の仕訳作成について質問です。

会社に互助会制度があります。
今度、イベント費用を互助会から出します。
イベント会社に費用を支払ったので、領収書をもらいました。

普通に文具などを買うときは、
借方(消耗品)/貸方(現金) 
となるので、現金が減ったということがわかります。

しかし、今回の場合、
借方(現金)/貸方(立替金)
「互助会立替金入金」と書いてあります。

支払ったのに現金が入ることになっているのは何故なのか理解できません。

どなたか教えていただけませんでしょうか。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

本来互助会の出費については関係ないのですが、


会社がイベント会社に互助会にかわって
費用を一時支払ったということでよいですね。

その場合、
立替金/現金 となります

で、互助会からお金を返してもらった時点で

現金/立替金 となります。

ですから、たぶん、後者の仕訳を見たのではないですか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
お礼が遅くなり申し訳ありません。
理解できたと思います!

お礼日時:2012/09/12 15:49

会社の互助会参加者がイベント(例えばボーリング)をしました。


例えばの仕訳処理。
(借方)福利厚生費00,000/(貸方)現金00,000
互助会がイベント代金を支払いました。つまり互助会が立替えてたのです。

これを
(借方)現金00,000/(貸方)立替金00,000この形にすれば
現金が相殺されて立替金が残ります。

互助会は支払イベント代金の領収書を会社へ送りました。
会社は(借方)立替金00,000/(貸方)現金00,000
これで振替仕訳処理は終りです。

よいことを教えます。自分でメモし仕訳をしてみるのです。
貸借勘定科目の上に管理場所つまり互助会・会社とゴム印を押印か,
書き込んでごらん。管理場所が分かります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
お礼が遅くなり申し訳ありません。
互助会費の担当ではないので、よくわからないのですが、もう少し考えてみます。

お礼日時:2012/09/12 15:50

いっている事が不可解ですが、本当は現金が出て行ったのですよね。


それならば

借方(立替金)/貸方 (現金)
「互助会立替金支払」となるはずです。

借方(現金)/貸方(立替金)
「互助会立替金入金」と書く場合は、その互助会から会社に対して立替金を返してもらう場合です。
最も先に互助会からの入金があり、後で業者への支払いということもありますから、前後を取り違えたということはないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
お礼が遅くなり申し訳ありません。
参考にして考えてみます。

お礼日時:2012/09/12 15:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q15年間の自治会費の未払い、請求されました・・・

15年間の自治会費の未払い、請求されました・・・

現在の団地に住んで15年。当初自治会費は口座引き落としで月1000円。しかし口座の変更や何やらでいつの間にか自治会費引き落としはされなくなっていました。というか口座を変更して、そのままにしていて、自治会からも音沙汰無く、自分の記憶では新しい口座に切り替わってそこから毎月の自治会費は引き落とされているものと思っていました。

ところが先日、突然自治会から『15年間自治会費の口座引き落としがされていませんでしたので15年分の約15万円を支払ってください』と言われました。

毎月口座から自治会費が引き落とされているか確認せず、口座変更も連絡しなかった私が悪いのは分かりますが・・・・やはり15万円支払わなければならないのでしょうか?


詳しい方、助言を

Aベストアンサー

自治会費が、必ずしもこれに該当するとはこの場で確たることは申し上げられませんが、定期給付債権に該当すると思われますので、5年で時効が完成します。
そうすると、15年分を請求されたとのことですが、債権は5年で消滅しますので、少なくとも15年前から5年前までの10年間分については時効が完成していますので、
あなたが自治会に対して「これこれ、このような理由により私に債務はありません」と言えば(これを法律上「援用」といいます)債務は消滅します。
しかしながら、今から5年前までの分については債務が残ります。

これとは別の視点で、あなたが自治会に加入していたのか、自治会との間で債権・債務があるか、という問題があります。
質問の内容をみる限りでは、「自分の記憶では新しい口座に切り替わってそこから毎月の自治会費は引き落とされているものと思っていました。」とおっしゃっているので、自治会に加入している意思があると思われます。

そうなると、あなたと自治会との間には債権・債務が存在するとことになりますので、あなたは滞納している5年分の自治会費+その遅延損害金(特段の定めがなければ年利5%)を支払う義務があると言えます。

遅延損害金については、自治会で別段の規定があればその利率になります。
また、先ほど述べた時効の利益を得るためには「援用」が必要です。
援用しなければ、全ての債務(15年分)に対して支払いの義務があります。
自治会の会費が定期給付債権(5年で時効成立)であるか否か、援用した場合、それが何年分にあたいするかは別途確認する必要があります。

自治会費が、必ずしもこれに該当するとはこの場で確たることは申し上げられませんが、定期給付債権に該当すると思われますので、5年で時効が完成します。
そうすると、15年分を請求されたとのことですが、債権は5年で消滅しますので、少なくとも15年前から5年前までの10年間分については時効が完成していますので、
あなたが自治会に対して「これこれ、このような理由により私に債務はありません」と言えば(これを法律上「援用」といいます)債務は消滅します。
しかしながら、今から5年前までの分については債務...続きを読む

Q仕訳を教えて下さい。 講師に礼金として小口現金より10,000円引き出

仕訳を教えて下さい。 講師に礼金として小口現金より10,000円引き出しました。同日に礼金9,000円を支払い3日後に源泉所得税1,000円を支払いました。小口引出日と源泉所得税の支払日が違います。この場合の仕訳を教えて下さい。

Aベストアンサー

>同日10,000円引き出し、9,000円を支払い、1,000円は手元にありました。
これでは補足になっていません。本来、手元にある現金を「小口現金」と呼ぶのですから、御社における言葉遣いの問題かもしれませんが、「小口現金から引き出す」という表現自体が意味不明ですし、手元にある現金を小口現金にしない理由もわかりません。
単に手元現金を小口現金に含め漏らしていただけなら、No.4の方の回答通りで良いはずです。


仮に、御社の会計ルールで、金庫から現金を出すことを「小口現金から引き出す」という風に表現し、「手元の現金については小口現金とはしない」こととしているのだとしたら、その「引き出した現金」は、支払いが済むまでの間、あなたが管理していたのでしょうから、あなたに対する仮払金として処理するのが妥当でしょう。

・引出時
仮払金(質問者)10,000/小口現金 10,000
・講師支払時
支払報酬(講師謝礼)10,000/仮払金(質問者)9,000・預り金(講師謝礼源泉所得税)1,000
・源泉所得税支払時
預り金(講師謝礼源泉所得税)1,000/仮払金(質問者)1,000


あるいは「小口現金」と社内的に呼んでいる「預金」口座から「引き出す」のでしょうか。だとしたら引き出した時点で預金から現金に替わるということになります。本来「小口現金」というのはこのような手元の現金を指すものです。

・引出時
現金 10,000/○○預金(小口現金口)10,000
・講師支払時
支払報酬(講師謝礼)10,000/現金9,000・預り金(講師謝礼源泉所得税)1,000
・源泉所得税支払時
預り金(講師謝礼源泉所得税)1,000/現金 1,000

>同日10,000円引き出し、9,000円を支払い、1,000円は手元にありました。
これでは補足になっていません。本来、手元にある現金を「小口現金」と呼ぶのですから、御社における言葉遣いの問題かもしれませんが、「小口現金から引き出す」という表現自体が意味不明ですし、手元にある現金を小口現金にしない理由もわかりません。
単に手元現金を小口現金に含め漏らしていただけなら、No.4の方の回答通りで良いはずです。


仮に、御社の会計ルールで、金庫から現金を出すことを「小口現金から引き出す」という風に...続きを読む

Q自治会費

借りたいと思っている物件の、ちらしの備考欄に、自治会加入とありました。マンション自体は分譲なのですが、私は賃貸で入ります。一人暮らしだし、自治会と言われても接点がないと思うのですが、自治会費を払わないといけないのでしょうか。
というか そもそも自治会費ってなに って感じです。
どなたか 事情通の方、自治会費関連でなにかご存じの方お教えいただけると助かります。

Aベストアンサー

自治会の決算書が今手元にありませんが、

町内の街灯の設置やその電気代も自治会費から支出しています

街灯にも2種類有って、

・道路灯は道路管理者が設置し管理しています
・防犯灯は町内会等が設置し管理しています

市役所等との交渉等も自治会の仕事ですね。
回覧板も有るかも知れません
危険箇所の点検
ゴミ置き場の管理
防災訓練

TVで報道している近所のゴミ屋敷との交渉も自治会長さんが頑張ってましたね

地区によって内容は異なりますが、その活動のための経費が町内会費(自治会費)です

Q買物券を使った小口現金の仕訳について

・給食用食材を10,000円分購入、500円の買物券を使用
 実際払った額は、9,500円の仕訳を教えて下さい

Aベストアンサー

材料費 10,000  /  現金 9,500
                雑収入 500

でも良いと思います。

雑収入の摘要には「金券充当」で。

Q自治会費について

古民家(空き家)を賃貸で貸す事になりました、
今迄から空き家でも自治会費を払っていました、今回空き家に住んでもらう人は自治会費を納めますが、家主(私)も違う町に住んでいるのですが,自治会費を引き続き払ってもらう事になると、自治会長から言われているのですが、一軒の家から二重に払うみたいで、おかしく感じますがどうですか。

Aベストアンサー

おかしいと言われればおかしな話ですが、町内に不在家主(地主)が多数有るなら、その対策として二重払いを認めているかもしれません。
そういう場合は借主は半額とかと言う制度も有るかと思います。
自治会とお書きですので、もしかすると地縁による法人化をしていて、色々と自治会の権利も有りますが、義務も結構有る所かも知れません。
特に自治会が消滅してしまう事が一番の問題ですので(実際は一軒だけの会員になってしまって、自治会が持っている不動産などをその一軒の所有にされると悪いので)宅地で家が建っていたら、その地主は他の地区に住まいしていても自治会費を払うとかって、結構有る規則っぽいです。(その土地で無くて、離れた所に家が有って、同じ自治会に入っていれば貸家の方の分との二重払いは免除とか)

Q社員互助会の会社助成について

従業員より構成する互助会に、会社より助成金を毎月
300円×会員人数分を福利厚生費として計上しています。
会員の中には親会社からの出向社員も含まれています。
税務上、福利厚生費として全額計上するのは問題ないのでしょうか?

また、毎月助成していて、例えば全従業員を対象とした旅行時に
更に助成するのは問題ないのでしょうか?

以上、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

仮払金で処理し、支出の都度、福利厚生費に振り替えるのでしょうか?

補足への回答
 質問の通り支払都度本来は振替ます。
ただ、実務上は処理が煩雑になりますので、会計上は支出時に福利厚生費処理し、決算時に互助会通帳残高を申告調整(別表4加算:留保)するのが一般的です。

Q自治会費 法人

自治会費とはなんなんでしょう?
別の市で事業をやってたときはそういう話もまったく出てきませんでした。
地域によってあったりなかったりするのでしょうか?また強制なのでしょうか?


そこで

1 自治会費は法人でも払わないといけないのか?

2 その区内ですんでいます。そこで私の世帯としては払ってますが2重払いに
ならないのか?

です。あと自治会費の名目をお願いします。

Aベストアンサー

次のように考えることは出来ませんか。
・マンションでは管理費・共益費がいるように、自治会もその字の運営費が必要です。
(経費はもっと色々な多くの使途に使われていますが、役員を常駐で置いている場合は
 その人件費も賄わなくてはなりませんし、わざわざ個人の家に集金されるべき小さな半強制
 みたいになっている寄付金や賦課金もあります。自治会の方針を決めたり行事事のすべての
 運営費や下部組織のクラブなどの支援金もそこから出費されているのはご存じの通りです)

・さて、その集める金額がどれくらいのものかは普通役員の執行部が提案して、評議員会に諮り
 総会で承認を得るなど、規約で明らかに書かれています。

・所で事業者へのお願いに関しても上記の内に含まれますが、例えば個人住宅が少なくてお店や
 事業所が多ければ、(それでも一定の支出を必要とするとき、やはりその土地を占有している
 ことには変わりありませんから、率こそ変われ)協力願う事になるでしょう。

=簡単に云えば、法人格には固定資産税の一種、戸建には住民税の一種くらいの気持ちで
 お考えになれば納得されるのではないかと思います。
 小生の地域でも個人住宅の棟数や寡婦世帯、店舗面積、集合住宅の場合の徴収先など
 色々な条件を加味して決定されています。

次のように考えることは出来ませんか。
・マンションでは管理費・共益費がいるように、自治会もその字の運営費が必要です。
(経費はもっと色々な多くの使途に使われていますが、役員を常駐で置いている場合は
 その人件費も賄わなくてはなりませんし、わざわざ個人の家に集金されるべき小さな半強制
 みたいになっている寄付金や賦課金もあります。自治会の方針を決めたり行事事のすべての
 運営費や下部組織のクラブなどの支援金もそこから出費されているのはご存じの通りです)

・さて、その集める金額がど...続きを読む

Q現金仕訳で、事業主貸と事業主借の仕訳で困っています

個人事業主で本年度から青色申告者です。現金の仕訳についてですが、事業主貸と事業主借の仕訳に困っています。

現金の仕訳についてですが、

(1)事業用の通帳から必要に応じて
「事業主貸し/普通預金 (適用)引出し」で処理して、

(2)給料日には
「給料賃金/現金 (適用)月分給料 」
「・・・・・・・ /預り金(適用)預り金 源泉所得税」

(3)事業用の接待につきましては
「接待交際費/現金」などと仕訳を行っています。

しかし、勘定科目の「現金」はマイナスが増えて行くだけで困っています。


自分なりの考えとしまして、(1)預金から引出した後、必要に応じた金額を「事業主借/現金」の仕訳を行ってから(2)(3)の仕訳を行う
のかとも思っています・・・
それとも、根本的に全く仕訳方法が間違っているのでしょうか?


生活費や個人的嗜好品などの購入も(1)の仕訳で預金から引出した現金を使っています。
これに対しても何かの仕訳をしなければいけないのでしょうか?

どうか良いご回答をお願いします。

Aベストアンサー

仕訳処理の考え方に誤りがあります。

二つの方法があるので、どちらかに統一して下さい。


A.現金勘定を使う方法。

(1)事業用の通帳から必要に応じて
「現金/普通預金 (摘要)引出し」で処理して、

(2)給料日には
「給料賃金/現金 (摘要)xx月分給料 」
「・・・・ /預り金(摘要)源泉所得税」

(3)事業用の接待につきましては
「接待交際費/現金」


B.現金勘定を使わない方法。

(1)事業用の通帳から必要に応じて
「事業主貸/普通預金 (摘要)引出し」で処理して、

(2)給料日には
「給料賃金/事業主借 (摘要)xx月分給料 」
「・・・・ /預り金(摘要)源泉所得税」

(3)事業用の接待につきましては
「接待交際費/事業主借」


私ならBの方を選びます。シンプルであり間違いが少ないので。

現金勘定を使うと、仕訳処理が非常に複雑になり、また現金の管理も面倒です。事業用の現金と生活用の現金を区別して管理しなくてはなりません。

また、事業用の現金で生活費や個人的嗜好品などを購入する場合も仕訳が必要になります。しかし、

(1)事業用の通帳から必要に応じて
「事業主貸/普通預金 (摘要)引出し」

で処理しておけば、現金で生活費や個人的嗜好品などを購入しても仕訳は不要です。

仕訳処理の考え方に誤りがあります。

二つの方法があるので、どちらかに統一して下さい。


A.現金勘定を使う方法。

(1)事業用の通帳から必要に応じて
「現金/普通預金 (摘要)引出し」で処理して、

(2)給料日には
「給料賃金/現金 (摘要)xx月分給料 」
「・・・・ /預り金(摘要)源泉所得税」

(3)事業用の接待につきましては
「接待交際費/現金」


B.現金勘定を使わない方法。

(1)事業用の通帳から必要に応じて
「事業主貸/普通預金 (摘要)引出し」で処理して、

(2)給料日には
「給料賃金/事...続きを読む

Q町内会費を払っているのに自治会費を払えと言われました。同じじゃないの?

町内会費を払っているのに自治会費を払えと言われました。同じじゃないの?

最近、マンションに引っ越しました。
マンションの家賃と一緒に町内会費も引き落とされているのに、今日自治会長なる人が突然いらして「自治会費を払ってください」と言われました。
「家賃と一緒に払っているはずですけど・・・」と言うとそれとは別と言われました。


すぐに「じゃあ払います」と言えず、一旦は帰っていただいたのですが2,3日中にはお返事をしなければと思っています。

ネットでいろいろ検索しても、町内会費と自治会費の両方が必要なんて出てこなかったので、投稿させていただきます。

町内会費と自治会費って違うものなのでしょうか?
また、どちらかだけではなく両方支払わないといけないのでしょうか?

Aベストアンサー

*自治会の総務部長を長らくやっていました。
*町内会費?の内容をマンションの管理会社に問い合わせて下さい。
*町内会費=自治会費です。地域の住民の方々に、名称の異なった会費を2重に取ることはありません。
*マンションの管理会社から自治会長に説明させれば、良し。

Q購買と小口現金との関係がよくわかりません。

購買と小口現金との関係がよくわかりません。
購買部とは基本的には業務に必要なもの、必要な数を把握し購買先を調べて選定し購入する部署と認識していますが、では小口現金で買うようなものと購買部で買うものとの線引きはどこにあるのでしょうか?また資産になるような設備等の大きな買い物も部門としては購買を通し経理が管理する流れが一般的と思っていいのでしょうか?
この点を理解するためにはなにを勉強したらいいのでしょうか?

Aベストアンサー

これは会社の規模や組織で違います。

まず小口現金で買うものは、事前の決裁が必要ないような小額で、かつ臨時的なものが基本でしょう。余り安価なもので、滅多に買わないものまで一々購買手続きをとしていたら煩雑すぎます。
小額でも例えばボールペンなど全社共通で大量に消費するものは購買で調達しますね。

設備関係は、購買部部門で担当する会社もあれば、別に専門部門を持ってそこで調達する所も多くあります。
これは設備投資や修繕が金額的に大きく、頻度も高い場合はそうでしょう。
そうでない場合は、臨時的に設備補修部門で担当する場合や、使用部署が直接交渉するなど、まちまちでしょう。

基本的に購買部門は材料資材を扱う部門と思いますが、その他の購入案件は会社の考えでいろいろです。

実際私がいた会社でも購買部門は無く、生産管理や業務という部署でその機能を果たしていました。
また設備調達は、修繕部門と現場が相談しながらという感じでした。

これらの参考書は、経営学や生産管理などの関係の書籍の売り場で組織論の本を探してみたらいかがでしょうか。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報