プロが教えるわが家の防犯対策術!

高校の夏休みの課題で
税についての作文が出ました
私は、消費税について書こうと思っています

そこでなのですが
・何故増税をするのか、他に解決策はないのか
・増税することによるメリット、デメリット
・そもそも増税する必要があるのか

色々調べた結果、メリット、デメリットくらいはわかりましたが
その他は情報が多く、何が正しいのか分からないので
この4つについて
簡単に教えていただきたいです
よろしくお願いします

A 回答 (7件)

まずまず、ひも解いていきましょう。



「なぜ増税をするのか」
ということについて。
まずはこのグラフを見てみてください。
http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/4e/50/d8854a …

「出生」と書いてある線が確認できるかと思います。
その名の通り、昭和22年(終戦直後)から今までの間に、毎年何人ずつ子供が生まれているのか、ということを示したグラフです。

よく「少子高齢化」と言われますが、本当に出生者数が多いのは、「戦直後」の「第一次ベビーブーム」と呼ばれる世代と、その世代の2世、「第二次ベビーブーム」と呼ばれる世代です。

それ以外の世代に関しては、確かに現在と比べて出生者数に差はあるものの、そこまで大騒ぎするほど深刻な人口差ではないことがわかるかと思います。

日本の人口構造を見る場合、この「第一次ベビーブーム(団塊の世代)」の人口がネックになります。

この世代の人たちが一体今何歳になっているのか、というと・・・63歳。グラフで最も出生者数の多い年の世代が今64歳です。来年には65歳となり、「年金受給世代」となります。また、そのさらに10年後。2023年には75歳となり、「後期高齢者」と呼ばれるようになります。この世代の人たちの人口が、余りに多すぎるんです。

今現在はまだ「医療保険」を支払っている世代であり、また「介護保険」に関しても負担している世代です。ところが、後期高齢者となる時期を目安として、今まで保険料を納めていた世代が、サービスを受ける側に変わってしまう、と言われています。

そうなってしまうと、これまで現役世代が納めた保険料の中から、受給世代に向けて「保険金額」として支払われていた保険制度が、一気に財源不足に陥ってしまいます。

不足する財源は当然国庫の中から支払うしかないのですが、今の財政収入ではこの増額分を賄うことが出来ません。そこで、「増税して対応しましょう」ということになったのです。

ところが、税金とは、基本的に国民が一年間に起こした消費の中からねん出されるものなのですが、企業業績が悪く、国民所得が拡大しない場合(景気が悪い時のこと)、たとえ増税したとしても税収が却って少なくなってしまう恐れがあります。

そこで注目されたのが「消費税」。

↓こんどはこちらのグラフを見てみてください。
http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/3c/67/01293b …

こちらは、主な税金の収入(歳入)を示したグラフです。
見るとよくわかるのですが、景気の後退局面では、消費税以外の税収(特に所得税、法人税)はものすごく落ち込んでいるのに、消費税だけはどのような状況にあろうと、また税率を引き上げた折、景気の状況に変わらず、一定の収入が維持され、また引き上げた分だけ収入が増えていることが良くわかると思います。

このことから、将来的な社会保障の財源として収入を読みやすく、景気にも影響されにくいことから消費税に白羽の矢が立てられたのです。

「他に解決策はないのか」
この、社会保障の分野に限って言えば、消費税増税以外に解決策はまず考えられないと言っていいでしょう。サービスの受給者人口がこれから増えていくことは物理的に避けることのできない問題であり、その財源を補うほどの収入の伸びを今の日本経済に期待することはまず考えにくいこと。仮に来年から出生者数を増やせるほどの何か特別な方策が登場したとしても、彼らが税負担年齢(労働年齢)になるのはそれから20年後。2023年にはとても間に合わないのです。

「増税することによるメリット、デメリット」
メリットはまずないと言っていいでしょう。メリットを期待するのではなく、せめて現状を維持するために増税するのです。デメリットは、増税することによってこの国の景気そのものに大ダメージを与えてしまう可能性が非常に高いこと。増税分を商品やサービスの価格に転化することが出来ず、利益を食いつぶしてしまい、倒産する企業がおそらくたくさん増えるでしょう。失業者が大量に増え、自殺者の数も増加するなど、今の日本の経済状況で増税することにはデメリットしか思い浮かびません。

「そもそも増税する必要があるのか」
最初の問いに対して回答したように、増税を行わなければこの国の社会保障のシステムを維持することは非常に厳しいと思います。ですが、そもそもで考えると、「なぜ社会保障を維持しなければならないのか」ということにこの問題の本質はあるように思います。

つまり、医療費や介護費が高くなれば、高くなった分家計に負担をかけますし、またサービスを受給できなくなれば、高齢者を支える世代に非常に負担がかかり、現役世代が労働する時間を作ることすら非常に難しくなる可能性が非常に高くなります。

そうなると生活そのものを送ることが非常に厳しくなり、生きていくことそのものが難しくなりかねません。

ところが、では増税したことによって、確かに医療や介護の面では負担が軽くなり、楽になったかもしれません。ですが、実生活(食べたり飲んだり、服を買ったり、光熱費を支払ったり)が苦しくなって、たとえば住む家さえまともになくなるような状況が生まれたとき、また医療費や介護費の負担は現状のままですが、その現状のままの費用すら負担することが厳しい状況が生まれたとき。果たしてでは「増税してよかった」と思えるかというと、決してそうではないと思います。

ですが、たとえ増税したとしても、十分にご飯を食べることが出来て、そこそこの家に住むことが出来て、医療費や介護費用を十分に負担出来て・・・という生活が当たり前に遅れるのであれば、きっと誰も文句は言わないと思います。

今のこの国が目指しているのはこの状態です。
つまり、増税したとしても、増税した以上に国民一人一人の収入が増え、所得が増えたのなら、誰も文句を言う人はいないのではないか、ということです。

増税は確かに必要です。ですが、増税する前に、きちんと景気を回復させ、さらに成長へとつなげていくこと。国民一人一人の所得をきちんと増やすことが、今のこの国には一番大切なことではないでしょうか。総理大臣が国民に、「政治生命をかけて」でも約束しなければならないのは、増税することではなく、国民の所得をきちんと増やすことではないでしょうか。
    • good
    • 10
この回答へのお礼

詳しい回答ありがとうございます

お礼日時:2012/07/31 00:01

国会議事堂潰して、霞が関1本でやったらどうだ?




国会議員もいらねーぞ。てかいらないだろ。


政治も知らない連中 無論、こね、親族 推薦 ごますり 


大御所様にとりいって政治家になってること自体


日本崩壊の道をたどっていると思うが。


さて、今回のテーマは、消費税、また、脱原発でいこーかってな感じで


選挙のテーマを決めて無駄でしかない選挙する。


それで必ず、政治家と官僚が結果的に責任を負わないから


無責任かつトンチンカンな経済政策が進められ


国民なんか無視。挙句の果てに海外逃亡。


原発事故の時も、蜘蛛の子散らしたように逃げまくってたでしょ。


あれが、本当の、社会悪お代官様なんだよ。


だ  か  ら


政治家はもう信用ないんだよ



国民をいじめる


政治的ハラスメント集団なんだよ。。


信用ないからもう何やっても



無    駄



もうね、選挙やんないでね。。。





   
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます

お礼日時:2012/07/31 00:01

 こんばんは。



メリットがありましたか?

そのメリットは誰が言っているのでしょうか?

消費税大増税は国民から10兆円以上もの現金を奪う

政策です。当然国民は10兆円もの消費を嫌でも控える事に

なります。外食・衣類・趣味・車・家・旅行などなど、一般的な

収入の家庭ならば何かを我慢しなければいけなくなります。

 何も難しく考えることはありません。消費を控えるというよりも

出来なくなるという悪影響悪循環が、日本中に広まる事になるので

、日本の経済に与える影響は想像を絶するくらい大きな物になる

のは間違いありません。倒産や失業者が街にあふれ生活保護受給者

が100万人増えるとの試算もあります。また増税により自動車販売台数

が50万台近く減り、住宅着工数も大幅に減るとも言われています。

 そうなると国民から10兆円もの金を巻き上げたにも関わらず、税収

は殆ど増えないか減る可能性が高いのです。

 多くの国民は日本の消費税率が低いと思わされていますが、

消費税以外の税で日本人は多額の税金を収めているのです。

勉強だと思って日本人が収めている税金の数々を、一度

調べてみる事をおすすめします。

 消費税・固定資産税・印紙税・自動車重量税・免許更新手数料・

不動産取得税・入湯税・揮発油税と地方揮発油税・・・・・・・

参考URL:http://rh-guide.com/tokusyu/syohizei.html
    • good
    • 3
この回答へのお礼

回答ありがとうございます

お礼日時:2012/07/31 00:02

簡単。




私はここに消費税を




((政治的ハラスメント))



定義  日本国において政治的地位や権力で弱い立場の日本国民に対して

    精神的又は経済的な苦痛を与えることにより、
    
    結果として日本国民の社会環境をを悪化させる行為
    

と宣言いたします。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます

お礼日時:2012/07/31 00:02

>色々調べた結果、メリット、デメリットくらいはわかりましたが


>その他は情報が多く、何が正しいのか分からないので
>この4つについて
>簡単に教えていただきたいです

何が正しいかわからない
これを他人に聞いて書いたのでは、あなたの考えになりません。

人は立場によって正しいと思うものは変わるのです。
見方によれば、全部正しいかもしれないし、
全部間違いかもしれません。

いろいろな発言や文章を聞いたり読んだりして、
いろいろな観点から判断するしか有りません。
中には嘘を言っている人がいるかもしれません。
矛盾した事をやっている人がいるかもしれません。
それらを全部ひっくるめて、自分で判断する必要があります。
それもまた、大人になる勉強です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます

お礼日時:2012/07/31 00:02

色々調べた結果、メリット、デメリットくらいはわかったのなら、



そのメリット、デメリットを書いて、
何故増税をするのか、他に解決策はないのか・そもそも増税する必要があるのかはわかりませんて書きばいいじゃん。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます

お礼日時:2012/07/31 00:02

今の状況じゃ、老人に毎日冷や水ぶっ掛けるようなものだな。

死にはしないだろうけど、ひいひい言うだろうよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます

お礼日時:2012/07/31 00:03

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング