四ヶ月前、約一ヶ月原因不明の急性肝炎で入院しておりました。
(あらゆるウイルス、自己免疫について調べていただきましたが原因不明。薬剤性はやや疑い有、くらいでした)
一時肝臓の数値はAST800 ALT2000 γ200 程まで上がっておりました。
入院中はじめて医師にBUN(尿素窒素)値が低いと言われ、数値は4~9の間を行ったりきたりしていました。
一番酷かった4の時はPT%も下がりちょっと肝を冷やしました。

現在は退院し通常の生活に戻っているのですが、
未だに血液検査等をするとBUN値が6~9と低いままです。
(現在も予後観察のために数週間に一度採血をしております)
AST19 ALT20 γ25 と肝臓の数値はもう正常値に戻っているので、今回が採血の最終回で、となりました。

しかしお医者様からも取り立てて説明の無いままなのですが、尿素窒素が低いというのはやはり良くないのでしょうか?

肝臓をやっているので気にしたほうがいいのか、それとも他の数値は正常化しているので普通にしていいのか・・・・・・。
モヤモヤしております。

通院せずとも構わないという嬉しさに舞い上がり質問することを忘れて帰ってきてしまったものの、BUNの数値を上げる努力をするべきなのかどうなのか迷っております。
どなたかご返答いただけましたら有難いです。
宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 お礼と補足を頂きました。



 >  一応直近の他の数値ですと、

ALB 4.9 BUN 6  CREAT0.59
Na 137 低い K 4.4 CL 103
T-bil 0.9 ALP 219 LDH 159 CHE 358 

 <  とのことですが、BUN 6 Na 137 T-Bil 0.9 に少々問題アリのようですね。

 BUN 6については、No1で説明しました。

 Na 137下限一杯は、どんなことが原因なのか? 塩分控え過ぎの食生活? 水分過剰? あるいはその両方が重なっているのか? 
 抗利尿ホルモン分泌過剰? 利尿剤? ・・・・いろいろと想像させられます。ただし、Na 137を下回ってNa 134以下になったら要精査と云うことになります。

 面白い話を一つ。『健康維持のために塩分制限を金科玉条の如く守って、腎臓は塩分再吸収に大忙しとなります。その時に、体はインスリンを多く分泌する必要があって、お蔭で肥満が治り難い』なんてこともあります。←医師からは聞かせて頂けない話でした。

 T-Bil 0.9(基準値内)ですが、直接ビリルビンの基準値は 0.0~0.2 ですので、想像ではありますが間接ビリルビン値は0.7以上が予測されます。
 この意味は、赤血球寿命120日の処90日とか100日に寿命が縮まっていることを示唆している、と考えて良い。そのために貧血様症状(疲れる・だるい・肩こり・頭痛・時には関節痛等々)が現れることがあります。
 と云うことは、赤血球増産が要求されていて、タンパク質、動物性鉄、ビタミンB群、ビタミンA等々が赤血球産生に関わりますので、体が貴女にもっと食べて! と叫んでいるとお考えください。

 また、ビタミンE不足が赤血球膜破壊亢進を助長していますので、この栄養も大切です。

 自らの健康は自ら守る! そんな時代になっています。しかし、どうしたら守れるか?がここでは記しきれません。国民栄養所要量が厚労省から発表されています。しかし、それを教科書のように守っただけでは、ヒトの健康を損なう事実を医師も管理栄養士も理解していません。
 何故なら、そこに示された栄養所要量は「この数値を下回ったら大変な栄養欠乏症が出ますよ」と云う指針なのですから。

 分子整合医の書いた「栄養医学ガイドブック」柏崎 良子著 Gakken この本をお勧めします。栄養の働き・血液検査の示す意味・栄養医学からみる治療の実際 等々、目から鱗の本です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しくありがとうございました!

Naが低いのは、私結構水を飲むのでそれ+入院中の肝庇護食が結構減塩食でそれを真似して食べてたのがあると思います。
入院中ご飯が食べれなかった時に水さえ欠乏しなければ大丈夫なので水をたくさん飲みましょうねと言われ、そのままずーっと飲みすぎなのかもしれません。(水大好きなので、一日2L近くのみます・・・・・・)

冷静に考えてみればすごーくしんどい時の食事と、大分良くなってきてこれから体を作ろう、という時の食事が一緒で良い訳がありませんね。
各種野菜、海草、納豆は結構食べているのでこれからはたんぱく質を増やします。ご指摘の感じですと低脂質高たんぱく食をすればなんとなく全てが好転しそうですね。

肝臓の数値も回復しているのでこれからはたんぱく質たべて、運動して、健全な生活をしようと思います。

お礼日時:2012/07/21 16:04

取り立てて上げる努力をする必要はないと思いますよ。


あれは一般に上昇した方が問題な検査なので。
ただ、低過ぎると栄養不足などが言われますが・・・。
ご自身で特に体調不良がないようなら
今のところは普段通りの生活で良いのではないでしょうか?
だから医師も特に注意しなかったのだと思います。

ただし、尿量がとても多くなった(一時間おきにジャージャー出てくるくらい)
など、変な事が起きたらすぐに今回入院された病院へ行ってくださいね。
ご参考までに
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました!
病気では無く、栄養面での問題と言う事である程度の自己管理は大事なのでしょうね。

体の不調が出ない限りはひとまず安心しつつ、食生活をちょこーっと気にしてみます!

ありがとうございました!

お礼日時:2012/07/21 08:19

 尿素窒素低値の意味は、食生活のタンパク不足です。

たんぱく質の構成元素は、酸素O・炭素C・水素H・窒素N・(リンP)です。この内、窒素だけは腎臓経由以外では排泄できないと云う特性があります。つまり、タンパク質を食べ足りないと尿素窒素が低下してしまうのです。

http://medical-checkup.info/article/41841670.html 病院の検査の基礎知識  の中ほどにタンパク摂取不足も記されています。

 もう一つ、肝機能低下によって肝臓でのタンパク合成が減った所為もあるかと思います。その意味は、タンパクが代謝されたときに生じる有害なアンモニアを無毒化して水溶性の尿素に変換されるのですが、重症肝障害では尿素産生も減り、尿素窒素が低下します。RTの低下も記されていたのでそうしたことも窺われ、念のため記してみました。

 数値が正常値になっているにも拘らず、尿素窒素の低下が続くならば、やはり、低たんぱく食が原因ではないかと思います。たんぱく質(赤身肉、魚、卵、豆類等々)をしっかり食べるて、BUNを17~20位に上昇させましょう。大切なことですよ。

タンパク質の働き
1. エネルギーになる。
2. 体内の重要な酵素を作る。
3. 日夜作りかえられている、血液・骨・皮膚・髪の毛・爪・内臓等の構成材料になる。
4. ホルモンになる。
5. 人の心を正常に働かせる神経伝達物質の材料になる。
6. 皮膚に張りを持たせたり、内臓を所定の位置に座らせておくコラーゲンの材料になる。
7. 薬や栄養素を体内運搬するときの運搬役をする。
8. 免疫力を高める(肺炎や風邪などに強くなる)
9. 血管を丈夫にする。
10. 栄養や薬、神経伝達物質を細胞内に取り込む受容体(受入場所)の材料になる。

 つまり、低たんぱく食の生活を続けると、皮膚や髪の状態が悪くなり、心身の不調が始まり、良い食事を摂っても栄養が体の隅々まで運び難くなり、風邪を曳き易いなど免疫力の低下が起きて、血管が切れやすく(知らぬ間にできる足や二の腕のアザ・脳出血など)、そして、シワやシミが増えてくる等々、老化促進が顕著になります。酷くなると、60歳過ぎて腰が曲がるなどもあります。

 その他の検査数値も、基準値内であっても記していただくと、それなりの栄養的アドバイスができます。
 血液検査は病気を発見するばかりではなく、今後の健康を維持するためにも良き道標となります。

 最後に、一つ例え話を。『家が燃え盛る炎に包まれて、消防車が駆けつけて消火作業は完了。鎮火を見届けて消防車は引き上げます。しかし残ったのは黒焦げになった家。これを建て替えしなくてはいけません。ここまでが病気治療を終えて退院なさったあなたの状態です。しかし、火事になった家があなたの身体で、消防車が病院と置き換えれば、建て替え作業(健康体への回復)は誰の仕事だろうか? 薬も病院もその作業はしてくれません。人は薬では健康を取り戻せません。それをできるのは良い食事(栄養)しかありません』
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。
病気というわけではないけれども、病み上がりなので体を作り直すことが必要になってくるのですね!納得です。
入院中に油っこいお肉や赤身魚を一切とらなかったので、そのままの食事が良いのかと毎食野菜メインでたまにお肉(少量)、ブリの塩焼き、さばの水煮やら、ちょこっとずつ食べてました。
野菜炒めにもお肉入れなかったり、そのせいもありそうです。。。


一応直近の他の数値ですと、

ALB 4.9 BUN 6  CREAT0.59
Na 137 低い K 4.4 CL 103
T-bil 0.9 ALP 219 LDH 159 CHE 358 

でした。
確かに退院後から今にかけて直ぐ風邪を引いたり、疲れやすくなったり、あちらこちらの神経痛が出たりと健康体とは程遠い感じです。
1ヶ月近く寝たきりだったので体力もなくなっているので徐々に筋力を戻すためにも食生活は大事ですね。

ありがとうございます!

お礼日時:2012/07/20 17:50

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q急性肝炎後の症状

夫の病気で質問します。
ウイルス性急性肝炎(原因ウイルスは調べたけどわかりませんでした)
後の症状ってどれくらい続きますか?
医師からは2,3ヶ月くらいはかかると聞いたのですが、微熱と頭痛が続いています。
特に頭痛が強く、普通の生活が営めないくらいです。
定期的に受診して、肝機能はよくなったり悪くなったりです・・・。
また、新しい病気にかかってしまったのか、気持ちの問題なのかわかりません。

Aベストアンサー

私の場合も原因ウィルス不明の急性肝炎になり2週間入院しました。毎日の点滴治療で肝機能は良くなりましたが、以前と比べるととても疲れやすくなったように思います。頭痛があるとのことですが、肝機能が完全には良くなっていないからでしょうか?体の辛さは本人にしか分かりません。どうか無理しないように・・と思うばかりです。

質問の答えになっていなかったらごめんなさい。

Q血液検査の結果、血が濃いと言われましたがいいのでしょうか?

不妊治療で体外受精をする為、血液検査をしました
結果、Hgb(ヘモグロビン)が15.5 Hct(?)が44.5で
「血が濃いですね」と言われました。
「脱水症状に気をつけてください」
との事だけでしたが、治療にあたり数値が高いことは大丈夫なのでしょうか?
「血が濃い」=なんなのかいまいち分かりません。
あまりいい事ではないのですよね・・・?
また、改善することは可能なのでしょうか?
医療関係の方からアドバイスをいただけたら幸いです

Aベストアンサー

私も職場の検診で同じような指摘を受けています。

女性からの基準値からすると、ヘモグロビンもヘマトクリット(Hct)も貴女の場合、かなり高めですが、異常値とは言えないと思います。私も同じような感じで、職場の臨床検査技師さんからは、「高めだけど大丈夫じゃない?」と言われています。

参考の情報を見ていただければよいのですが、嘔吐、下痢、脱水症状などで一時的に「血が濃く」なることはあります。血液中から水だけが減れば、当然、血球の量が相対的に増えますから。だから、「脱水症状に気をつけてください=「脱水症状でこうなっている可能性があります」、あるいは「脱水症状が続くとますます血が濃くなるので良くないですよ」とアドバイスされたのでしょう。

多血症の場合、血が異常に濃いということは「ドロドロ」ということです。勿論、サラサラな方(すぎても困りますが)が良いです。頭痛やめまい、高血圧、脳梗塞などの危険性が増えます。

ただ、貴女の場合、多血症とは関係ないかもしれません。一時的なものかもしれないし、夏場の暑さや、ストレスも関係しているかも。もう少し継続的なデータが必要です。

まあ、きちんと診察を受けているのだから、だから不妊治療にどうこうというわけではないでしょう。心配しすぎることがかえってストレスになるかも。取り合えず、水分をたっぷり取るようにして、健康的な毎日を送るよう心がければよいのでは?

どうしても気になるようでしたら、内科で相談すればよいでしょう。但し、もしかしたら、薬を処方されるかもしれません(この程度ではその必要はないはずなのですが)。その時はキチンと妊娠する可能性ある旨を伝えてくださいね。

参考URL:http://www.nms.co.jp/naika2/blood/pv.html

私も職場の検診で同じような指摘を受けています。

女性からの基準値からすると、ヘモグロビンもヘマトクリット(Hct)も貴女の場合、かなり高めですが、異常値とは言えないと思います。私も同じような感じで、職場の臨床検査技師さんからは、「高めだけど大丈夫じゃない?」と言われています。

参考の情報を見ていただければよいのですが、嘔吐、下痢、脱水症状などで一時的に「血が濃く」なることはあります。血液中から水だけが減れば、当然、血球の量が相対的に増えますから。だから、「脱水症状に気をつ...続きを読む

Q急性肝炎について

私の旦那が、健康診断の血液検査で引っかかり、昨日再検査をしたところ、急性肝炎の可能性がありますと診断されました。

何型肝炎か、急性か、慢性かがまだ分からないので2週間後にまた病院へ行くのですがそれまでは特に薬も出ていません。

急性肝炎はどうやって治すのでしょうか?
まだ自覚症状も黄疸も出ていません。
早い段階で気づけたのですが、これからどうなっていくのか心配でなりません。

どなたか分かる方いらっしゃいますか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

お酒を良く飲まれる方なら、γGTPがそのくらいになることもあるかな。
一週間くらい、禁酒して再検して下がっていればそういうこと。
あとは、お酒を飲まなくても、脂肪肝になっていると上昇するけど、
それは腹部の超音波とか、簡単な検査でわかる。 こやつを克服するには
ダイエットと運動が必要。
http://www.newton-doctor.com/kensa/kensa01.html

あと、薬を常用しているとあがることもあるけど、その辺は医師の
指示通りにしないといけないね。

その他の原因で肝機能が悪化している可能性もあるし、そうであれば、
治療や経過観察が必要になるものもある。

Q肝炎の方を介護した兄や肝炎の方がつかった爪きりを

旅行バックにいろいろな物と一緒にいれてもっていったんですが服や下着や洗面用具などにあたりそこから皮膚にあたり肝炎に罹患しないでしょうか??

Aベストアンサー

こんにちは。心配性ですね(^_^.)

質問者さんに外傷があって、そこに血液が触れなければ
おおかた大丈夫です。

怪我に注意して下さいね>゜))))彡

Q急性肝炎について教えて下さい

先日、病気になり、「EBウイルスによる肝機能障害」と診断されました。
もう病気は良くなりましたが、今後、この病歴を人(医者や一般人)に説明するのに何と言えばよいのか迷っています。

一時的な肝炎なので、「急性肝炎」とも言えそうですが、ネットなどで「急性肝炎」で調べると、一般的にA型~E型のことで、EBウイルスは含まれていません。

そこで質問です。
1)この病気を「急性肝炎」と説明するのは誤りですか?正確に説明するには、診断のとおり、少し長いけど「EBウイルスによる肝機能障害」と言うのがベストなのでしょうか?
それとも、EBウイルスなんてなじみがないから、ウイルス性肝炎と言えば良いのでしょうか?ただ、人にまだ感染するのではないかと恐れられても困るので、どう説明すればよいでしょう?

2)急性肝炎について調べていたら、「差別」という言葉が出てきました。そう言えば、以前にC型肝炎患者が差別で苦悩しているという新聞記事をみたような気もしますが、その時は、あまり関心がなかったので、よく憶えていません。肝炎患者が差別を受けるのは、感染の恐れがあるからですか?でも感染の恐れのある病気なんていくらでもあるのに、なぜ肝炎だけ差別されるのでしょうか?

先日、病気になり、「EBウイルスによる肝機能障害」と診断されました。
もう病気は良くなりましたが、今後、この病歴を人(医者や一般人)に説明するのに何と言えばよいのか迷っています。

一時的な肝炎なので、「急性肝炎」とも言えそうですが、ネットなどで「急性肝炎」で調べると、一般的にA型~E型のことで、EBウイルスは含まれていません。

そこで質問です。
1)この病気を「急性肝炎」と説明するのは誤りですか?正確に説明するには、診断のとおり、少し長いけど「EBウイルスによる肝機能障害」と...続きを読む

Aベストアンサー

> 一時的な肝炎なので、「急性肝炎」とも言えそうですが
その通りです。原因が何であれ、起こっている現象は急性肝炎に間違いありません。
病気全体としては「伝染性単核症」という病気です。若い人がかかるもので(ある程度年が行くとすでにこのウイルスには気づかないうちに風邪症状などとしてすでに感染しており免疫ができています)、扁桃腺が腫れたり首のリンパ節が腫れたりし、これに急性肝障害を伴う というもので、要するに肝障害はこの病気の一部分なのですね。ですから、正確なところとしては「EBウイルス感染症」とか「伝染性単核症」ということになりますが、いずれにせよ一般には耳なじみのない病名であることには違いないでしょうね(^^; 実は EB ウイルスの感染というのはありふれたものなのですが。
一般の人にも理解しやすく、という感じで言うのであれば、「風邪ウイルスの一種によって起こった急性肝炎(肝障害)」という説明にでもなるでしょうか。

> 肝炎患者が差別を受けるのは、感染の恐れがあるからですか?
そうですね、この感染症がこうした目で見られるようになった原因のひとつは「性行為感染症」としての側面がピックアップされ誇大に広まったからかと思われます。AIDS 等と同じで、特定のことにさえ注意を払っていれば、普通に生活している分には伝染性のある病気ではないのですが・・・

> 一時的な肝炎なので、「急性肝炎」とも言えそうですが
その通りです。原因が何であれ、起こっている現象は急性肝炎に間違いありません。
病気全体としては「伝染性単核症」という病気です。若い人がかかるもので(ある程度年が行くとすでにこのウイルスには気づかないうちに風邪症状などとしてすでに感染しており免疫ができています)、扁桃腺が腫れたり首のリンパ節が腫れたりし、これに急性肝障害を伴う というもので、要するに肝障害はこの病気の一部分なのですね。ですから、正確なところとしては「EBウ...続きを読む

Q山梨大生が急性アルコール中毒で死亡

昨日、山梨大学1年生が今年2月22日にテニスサークルの友人との飲み会で飲酒し、急性アルコール中毒で死亡していたというニュースを見ました。サークルのメンバーのアパートで仲間と焼酎を回し飲みして、死亡したそうです。山梨大学は「一気飲みはなかった」としています。

そもそも、未成年飲酒の事実があるわけですが、2月に起こった話が、いま頃、明るみに出て報道されています。遅くなったのは大学側が隠していたからでしょうか?

2月という時期から、入学以降、今まで何度も飲み会があり、飲酒してきているので、亡くなった学生さんは自分の体質的な量を知っていたものと思われます。単に、自ら進んで飲んだとは思えないのですが、先輩などから飲まないと仲間はずれにされるなどの精神的な圧力をかけるなどの、「飲酒の強要」は一切行なわれなかったのでしょうか?焼酎を回し飲みって拒否権はあったのでしょうか?

昨年まで、飲酒運転も明るみに出ませんでした。一方、相当数の方がお酒を強要されて、急性アルコール中毒で亡くなっていると聞いたことがあります。うやむやにされて、表へ出てこないようです。

昨日、山梨大学1年生が今年2月22日にテニスサークルの友人との飲み会で飲酒し、急性アルコール中毒で死亡していたというニュースを見ました。サークルのメンバーのアパートで仲間と焼酎を回し飲みして、死亡したそうです。山梨大学は「一気飲みはなかった」としています。

そもそも、未成年飲酒の事実があるわけですが、2月に起こった話が、いま頃、明るみに出て報道されています。遅くなったのは大学側が隠していたからでしょうか?

2月という時期から、入学以降、今まで何度も飲み会があり、飲酒してきて...続きを読む

Aベストアンサー

>自ら進んで飲んだとは思えないのですが、先輩などから飲まないと
>仲間はずれにされるなどの精神的な圧力をかけるなどの、
>「飲酒の強要」は一切行なわれなかったのでしょうか?


ご質問のこの箇所が気になりましたので……以下は体験談ですが、参考にして頂ければ幸いです。

昔話で恐縮ですが、大学時代の友人にアルコールが全くだめで、
コンパや宴会の類を大の苦手にしている男がおりました。
いわゆる、典型的な「下戸」と呼ばれるタイプの人間です。

恐らく、彼には遺伝的にアルコールを分解する酵素が少ないか、欠落していたのでしょう。
下戸を自認していた彼は、ビールをちょっぴり口に含んだだけでも顔が赤らむ始末でした。

けれどもどうであれ、学生時代を振り返ると、時々は先輩、後輩、友人達と酒を酌み交わし、
馬鹿騒ぎをすることが慣習?のようにもなっていましたし、
そういう場を欠席すれば、付き合いの悪い奴とか言われそうで……(汗)
友人もきっとそれが理由で、飲み会に(渋々と)出席だけはしていたようです。

私は、彼が体質的にアルコールを受けつけないのを、重々承知していましたので、
「防火壁」の役目を自ら買って出ました。
学生仲間の集う酒の席では、必ずや傍らに陣取り、彼が下戸であることを説明して、
酒を勧めに来る強者どもを、やんわりと退散に追い込むのが務めでした。

しかし、これがなかなか難しい。
よたよたと酒を勧めに来る輩というのは、当然の如く酔っているので話が通じません。
私が必死に防ごうとしても、こういう輩は防火壁をくぐり抜け、大声で彼を怒鳴りつけ、
哀れな飲めない友人に無理やり酒を飲ませようとします。

喧嘩が起きそうになったこともあります。
相手が飲めないと分かると益々絡んできて、薄笑いさえ浮かべ「お前は男ではない」とか、
「社会に出たら誰も相手にしてくれない」などと申します。

「回し飲み」や「一気飲み」といったものを、我々は運良く経験しませんでしたが、
稀にそういったことが起こりそうな時には、何とか理由をつけて、
彼をトイレなどに急いで逃がしてやったものです(笑)

こうした経緯もあり、幸いにも彼は、飲み会で多量の酒を口にすることはありませんでした。
だが、相手が体質的に飲めないことを知っているのに、飲酒を強要する……
今考えれば、これは立派な「犯罪」と言えるような気もします。

表題の若くして亡くなられた学生さんへ、謹んで哀悼の意を表し、ご冥福をお祈り致します。

>自ら進んで飲んだとは思えないのですが、先輩などから飲まないと
>仲間はずれにされるなどの精神的な圧力をかけるなどの、
>「飲酒の強要」は一切行なわれなかったのでしょうか?


ご質問のこの箇所が気になりましたので……以下は体験談ですが、参考にして頂ければ幸いです。

昔話で恐縮ですが、大学時代の友人にアルコールが全くだめで、
コンパや宴会の類を大の苦手にしている男がおりました。
いわゆる、典型的な「下戸」と呼ばれるタイプの人間です。

恐らく、彼には遺伝的にアルコールを分...続きを読む

Q急性肝炎から肝臓癌

よろしくお願いいたします。

急性肝炎の診断がくだり
後日肝臓癌だと診断されることはありますか?

Aベストアンサー

ご質問の意味が良くわからないのですが、
急性肝炎と肝癌を間違えるか、という意味ならば、
そんなことは、まず、起きないでしょう。

ただし、肝癌の原因は、肝炎なので、
肝炎をきちんと治療せずにいると、
慢性肝炎となり、肝硬変となり、ついには、肝癌となる
場合があります。

肝炎になってから、肝癌になるには、何年、何十年とかかります。

Q急性アルコ-ル中毒の後遺症は?

20年くらい前に急性アルコール中毒になり意識がなくなり一晩だけ入院しました。その後なにもありませんが長年たってから後遺症がでたりということはあるのでしょうか?神経的なものとか、、、お教え願います。

Aベストアンサー

 医学的な見地からですと慢性的なアルコール中毒の後遺症については関連性が指摘しやすいですが、急性アルコール中毒のような一過性の刺激に対しての長期的な副作用・後遺症については、その追跡調査の困難さからいって、関連性を指摘することは困難でしょう。何か症状があっても、20年前の急性アル中が原因であるということは言えないのです。

 神経細胞は普通に生活していても、じわじわと死んでいきます。たばこ・薬物や老化・微小血管の梗塞によって退行的に死ぬ場合もあれば、学習効果による積極的な選択死もあります。原因がたくさんありますので、一括りにアルコールのせいにするわけにもいかないでしょう。

 で、あなたの体の件ですが、20年前のアルコールはとうの昔に分解されています。恐らく、当時壊れた神経細胞は復活することは無いでしょう。現在、御健常であるのならば、壊れた神経細胞はあなたの生活に影響を及ぼすほどの部位では無かったと考えてよろしいかと思います。

 中枢神経以外の臓器についてのご心配もあるかと思いますが、こちらの方も、当時から引きずっている細胞(骨ですらおよそ5年で細胞が入れ替わります)は、恐らく心臓くらいのものでしょう。他の臓器はほとんど当時とは入れ替わっていると考えていいです。

 よって、20年前の急性アル中の副作用は気にするほどのものではないということです。それ以外のリスクファクターの方が世の中多いですよ。

 アル中にならなければ、本当は天才だった・・・などとifを思うのは自由ですが(笑)。

 医学的な見地からですと慢性的なアルコール中毒の後遺症については関連性が指摘しやすいですが、急性アルコール中毒のような一過性の刺激に対しての長期的な副作用・後遺症については、その追跡調査の困難さからいって、関連性を指摘することは困難でしょう。何か症状があっても、20年前の急性アル中が原因であるということは言えないのです。

 神経細胞は普通に生活していても、じわじわと死んでいきます。たばこ・薬物や老化・微小血管の梗塞によって退行的に死ぬ場合もあれば、学習効果による積極的な...続きを読む

Q急性肝炎のとき自慰行為をすると肝臓の数値は上がってしまうのですか?

急性肝炎のとき自慰行為をすると肝臓の数値は上がってしまうのですか?

体に良くないのでしょうか!?

Aベストアンサー

 程度の問題ですが、やはり安静が原則でしょう。

 慢性や劇症にならないように体力を保って下さい。

Q腸閉塞、退院後の健康管理のことで

主人が腸閉塞で入院。原因としては虫垂が炎症を起こしそれによって小腸の癒着がおきたとのこと。
13日間の入院中は絶食&点滴、その後おかゆ、造影剤検査で上から下まで流れるということで退院。胃の検査と注腸検査も異常なしでした。

手術なしで退院したのですが、医師は「癒着は治ってるわけではないが、ちゃんと流れてるから大丈夫でしょう」といわれました。

また退院時に、「消化のよいものを摂るように」とだけアドバイスがありました。

退院後の1週間の食事として・・
・やわらかめに炊いた白ご飯や発芽米入りご飯、
・煮魚や焼き魚
・鶏肉や芋の煮物
・卵とじうどん
・豆腐ハンバーグ
・サンドイッチ(卵、ポテトサラダ、ハム、トマトなど)
他にヤクルト、ヨーグルト、バナナ、野菜ジュース、牛乳を摂っています。
間食でおしるこ、カステラ、クッキーなども食べてます。(少量)

運動としては15分~20分程度の散歩をするくらいで、あとはずっと家にいます。
入院前身長182センチ、74キロだったのですが、今は61キロに減ってしまいました。
明日から仕事復帰です(運送業)
そこで質問です。
・↑のような食事はどうでしょうか?問題ないですか?
・消化のよいものといわれても、なかなか献立がうかばず困っています。お勧めの食材や献立を教えてください。
・刺し身のような生魚は、やめたほうがいいでしょうか?
・痩せてしまったのが気になるのですが、食事量は増やすべきでしょうか?
・油や肉をなるべく控えてはいますが、体力のためには少しは摂ったほうがいいでしょうか?
・カレーライスやとんかつや唐揚げ、ビールなどいつになったらOKでしょうか?

それから「癒着は治ってない」というのがとても気になります。癒着したままなのに手術しないということもあるのでしょうか?
長くなりましたが、どうぞアドバイスなどあればお願いいたします。

主人が腸閉塞で入院。原因としては虫垂が炎症を起こしそれによって小腸の癒着がおきたとのこと。
13日間の入院中は絶食&点滴、その後おかゆ、造影剤検査で上から下まで流れるということで退院。胃の検査と注腸検査も異常なしでした。

手術なしで退院したのですが、医師は「癒着は治ってるわけではないが、ちゃんと流れてるから大丈夫でしょう」といわれました。

また退院時に、「消化のよいものを摂るように」とだけアドバイスがありました。

退院後の1週間の食事として・・
・やわらかめに炊いた...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは!

私も腸の癒着が原因で二度ほど手術を受けました。一度目は開腹術(これが更に悪化させる原因でした)で、二度目が別の病院で腹腔鏡術です。
手術を受けるのはよほどひどい場合が適応だそうです。たまに傷む程度では、手術をする事で更にひどくなる可能性があるからなのだとか。だから、しばらくは食事に気をつけて様子を見て行きましょうね。「癒着が原因で痛みが始まった時は、まずは絶食。」と当時の主治医は言っていました。

消化の良い食事と言っても、柔らかい素材で出来た食事の場合、よく噛まないで飲み込んでしまう恐れがあります。そうすると逆に消化の負担になるかもしれません。柔らかい食事でもよく噛んで唾液としっかり混ぜて食べるようにしてください。
主治医が完全普通食でも大丈夫と言われたら、多少歯ごたえのある物も加えて、いつもの何倍何倍もよく噛んで食べる方がお腹にも優しいですし、バリエーションも増えますよ。


私は一回目の術後は酸化マグネシウムを処方してもらっていましたが、今はツムラの漢方薬の麻子仁丸(126番)を処方してもらっています。市販の便秘薬は主治医に相談してからの方が無難です。私は昨年、市販便秘薬を飲んで腸閉塞を起こしかけ、救急車で運ばれた苦い経験があります。くれぐれもご注意を。
水分を充分に取り、適度な脂分と食事を摂る事で便の滑りがよくなります。時々はお腹のマッサージも効果的ですよ。

↓腸のマッサージ
http://www.slaria.com/college/lesson04/massazi.html

↓便秘解消の食事例

http://www.greenhouse.co.jp/wellness/support/2005/talk_12.html

参考URL:http://www.hatakawa-clinic.jp/hatakawara/bm2.html

こんにちは!

私も腸の癒着が原因で二度ほど手術を受けました。一度目は開腹術(これが更に悪化させる原因でした)で、二度目が別の病院で腹腔鏡術です。
手術を受けるのはよほどひどい場合が適応だそうです。たまに傷む程度では、手術をする事で更にひどくなる可能性があるからなのだとか。だから、しばらくは食事に気をつけて様子を見て行きましょうね。「癒着が原因で痛みが始まった時は、まずは絶食。」と当時の主治医は言っていました。

消化の良い食事と言っても、柔らかい素材で出来た食事の場合、よ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報