四ヶ月前、約一ヶ月原因不明の急性肝炎で入院しておりました。
(あらゆるウイルス、自己免疫について調べていただきましたが原因不明。薬剤性はやや疑い有、くらいでした)
一時肝臓の数値はAST800 ALT2000 γ200 程まで上がっておりました。
入院中はじめて医師にBUN(尿素窒素)値が低いと言われ、数値は4~9の間を行ったりきたりしていました。
一番酷かった4の時はPT%も下がりちょっと肝を冷やしました。

現在は退院し通常の生活に戻っているのですが、
未だに血液検査等をするとBUN値が6~9と低いままです。
(現在も予後観察のために数週間に一度採血をしております)
AST19 ALT20 γ25 と肝臓の数値はもう正常値に戻っているので、今回が採血の最終回で、となりました。

しかしお医者様からも取り立てて説明の無いままなのですが、尿素窒素が低いというのはやはり良くないのでしょうか?

肝臓をやっているので気にしたほうがいいのか、それとも他の数値は正常化しているので普通にしていいのか・・・・・・。
モヤモヤしております。

通院せずとも構わないという嬉しさに舞い上がり質問することを忘れて帰ってきてしまったものの、BUNの数値を上げる努力をするべきなのかどうなのか迷っております。
どなたかご返答いただけましたら有難いです。
宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 お礼と補足を頂きました。



 >  一応直近の他の数値ですと、

ALB 4.9 BUN 6  CREAT0.59
Na 137 低い K 4.4 CL 103
T-bil 0.9 ALP 219 LDH 159 CHE 358 

 <  とのことですが、BUN 6 Na 137 T-Bil 0.9 に少々問題アリのようですね。

 BUN 6については、No1で説明しました。

 Na 137下限一杯は、どんなことが原因なのか? 塩分控え過ぎの食生活? 水分過剰? あるいはその両方が重なっているのか? 
 抗利尿ホルモン分泌過剰? 利尿剤? ・・・・いろいろと想像させられます。ただし、Na 137を下回ってNa 134以下になったら要精査と云うことになります。

 面白い話を一つ。『健康維持のために塩分制限を金科玉条の如く守って、腎臓は塩分再吸収に大忙しとなります。その時に、体はインスリンを多く分泌する必要があって、お蔭で肥満が治り難い』なんてこともあります。←医師からは聞かせて頂けない話でした。

 T-Bil 0.9(基準値内)ですが、直接ビリルビンの基準値は 0.0~0.2 ですので、想像ではありますが間接ビリルビン値は0.7以上が予測されます。
 この意味は、赤血球寿命120日の処90日とか100日に寿命が縮まっていることを示唆している、と考えて良い。そのために貧血様症状(疲れる・だるい・肩こり・頭痛・時には関節痛等々)が現れることがあります。
 と云うことは、赤血球増産が要求されていて、タンパク質、動物性鉄、ビタミンB群、ビタミンA等々が赤血球産生に関わりますので、体が貴女にもっと食べて! と叫んでいるとお考えください。

 また、ビタミンE不足が赤血球膜破壊亢進を助長していますので、この栄養も大切です。

 自らの健康は自ら守る! そんな時代になっています。しかし、どうしたら守れるか?がここでは記しきれません。国民栄養所要量が厚労省から発表されています。しかし、それを教科書のように守っただけでは、ヒトの健康を損なう事実を医師も管理栄養士も理解していません。
 何故なら、そこに示された栄養所要量は「この数値を下回ったら大変な栄養欠乏症が出ますよ」と云う指針なのですから。

 分子整合医の書いた「栄養医学ガイドブック」柏崎 良子著 Gakken この本をお勧めします。栄養の働き・血液検査の示す意味・栄養医学からみる治療の実際 等々、目から鱗の本です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しくありがとうございました!

Naが低いのは、私結構水を飲むのでそれ+入院中の肝庇護食が結構減塩食でそれを真似して食べてたのがあると思います。
入院中ご飯が食べれなかった時に水さえ欠乏しなければ大丈夫なので水をたくさん飲みましょうねと言われ、そのままずーっと飲みすぎなのかもしれません。(水大好きなので、一日2L近くのみます・・・・・・)

冷静に考えてみればすごーくしんどい時の食事と、大分良くなってきてこれから体を作ろう、という時の食事が一緒で良い訳がありませんね。
各種野菜、海草、納豆は結構食べているのでこれからはたんぱく質を増やします。ご指摘の感じですと低脂質高たんぱく食をすればなんとなく全てが好転しそうですね。

肝臓の数値も回復しているのでこれからはたんぱく質たべて、運動して、健全な生活をしようと思います。

お礼日時:2012/07/21 16:04

取り立てて上げる努力をする必要はないと思いますよ。


あれは一般に上昇した方が問題な検査なので。
ただ、低過ぎると栄養不足などが言われますが・・・。
ご自身で特に体調不良がないようなら
今のところは普段通りの生活で良いのではないでしょうか?
だから医師も特に注意しなかったのだと思います。

ただし、尿量がとても多くなった(一時間おきにジャージャー出てくるくらい)
など、変な事が起きたらすぐに今回入院された病院へ行ってくださいね。
ご参考までに
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました!
病気では無く、栄養面での問題と言う事である程度の自己管理は大事なのでしょうね。

体の不調が出ない限りはひとまず安心しつつ、食生活をちょこーっと気にしてみます!

ありがとうございました!

お礼日時:2012/07/21 08:19

 尿素窒素低値の意味は、食生活のタンパク不足です。

たんぱく質の構成元素は、酸素O・炭素C・水素H・窒素N・(リンP)です。この内、窒素だけは腎臓経由以外では排泄できないと云う特性があります。つまり、タンパク質を食べ足りないと尿素窒素が低下してしまうのです。

http://medical-checkup.info/article/41841670.html 病院の検査の基礎知識  の中ほどにタンパク摂取不足も記されています。

 もう一つ、肝機能低下によって肝臓でのタンパク合成が減った所為もあるかと思います。その意味は、タンパクが代謝されたときに生じる有害なアンモニアを無毒化して水溶性の尿素に変換されるのですが、重症肝障害では尿素産生も減り、尿素窒素が低下します。RTの低下も記されていたのでそうしたことも窺われ、念のため記してみました。

 数値が正常値になっているにも拘らず、尿素窒素の低下が続くならば、やはり、低たんぱく食が原因ではないかと思います。たんぱく質(赤身肉、魚、卵、豆類等々)をしっかり食べるて、BUNを17~20位に上昇させましょう。大切なことですよ。

タンパク質の働き
1. エネルギーになる。
2. 体内の重要な酵素を作る。
3. 日夜作りかえられている、血液・骨・皮膚・髪の毛・爪・内臓等の構成材料になる。
4. ホルモンになる。
5. 人の心を正常に働かせる神経伝達物質の材料になる。
6. 皮膚に張りを持たせたり、内臓を所定の位置に座らせておくコラーゲンの材料になる。
7. 薬や栄養素を体内運搬するときの運搬役をする。
8. 免疫力を高める(肺炎や風邪などに強くなる)
9. 血管を丈夫にする。
10. 栄養や薬、神経伝達物質を細胞内に取り込む受容体(受入場所)の材料になる。

 つまり、低たんぱく食の生活を続けると、皮膚や髪の状態が悪くなり、心身の不調が始まり、良い食事を摂っても栄養が体の隅々まで運び難くなり、風邪を曳き易いなど免疫力の低下が起きて、血管が切れやすく(知らぬ間にできる足や二の腕のアザ・脳出血など)、そして、シワやシミが増えてくる等々、老化促進が顕著になります。酷くなると、60歳過ぎて腰が曲がるなどもあります。

 その他の検査数値も、基準値内であっても記していただくと、それなりの栄養的アドバイスができます。
 血液検査は病気を発見するばかりではなく、今後の健康を維持するためにも良き道標となります。

 最後に、一つ例え話を。『家が燃え盛る炎に包まれて、消防車が駆けつけて消火作業は完了。鎮火を見届けて消防車は引き上げます。しかし残ったのは黒焦げになった家。これを建て替えしなくてはいけません。ここまでが病気治療を終えて退院なさったあなたの状態です。しかし、火事になった家があなたの身体で、消防車が病院と置き換えれば、建て替え作業(健康体への回復)は誰の仕事だろうか? 薬も病院もその作業はしてくれません。人は薬では健康を取り戻せません。それをできるのは良い食事(栄養)しかありません』
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。
病気というわけではないけれども、病み上がりなので体を作り直すことが必要になってくるのですね!納得です。
入院中に油っこいお肉や赤身魚を一切とらなかったので、そのままの食事が良いのかと毎食野菜メインでたまにお肉(少量)、ブリの塩焼き、さばの水煮やら、ちょこっとずつ食べてました。
野菜炒めにもお肉入れなかったり、そのせいもありそうです。。。


一応直近の他の数値ですと、

ALB 4.9 BUN 6  CREAT0.59
Na 137 低い K 4.4 CL 103
T-bil 0.9 ALP 219 LDH 159 CHE 358 

でした。
確かに退院後から今にかけて直ぐ風邪を引いたり、疲れやすくなったり、あちらこちらの神経痛が出たりと健康体とは程遠い感じです。
1ヶ月近く寝たきりだったので体力もなくなっているので徐々に筋力を戻すためにも食生活は大事ですね。

ありがとうございます!

お礼日時:2012/07/20 17:50

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • ビタミンK欠乏症<内分泌系とビタミンの病気>の症状や原因・診断と治療方法

    ビタミンKのはたらき  脂溶性(しようせい)ビタミンであるビタミンKは、肝臓において、血液凝固因子II、VII、IXおよびXの生成に関わっています。また、オステオカルシンという蛋白質を活性化することによって骨の形成を促進することも知られています。 原因は何か  正常な状態では、腸内細菌叢(そう)でビタミンKが十分につくられるために、ビタミンK欠乏症は起こりません。しかし、未発達な新生児・乳児や、抗生剤投与な...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q急性肝炎と診断されましたが・・・

高熱が2週間ほど続き、病院へ行くと急性肝炎とのこと・・・

A型、B型、C型でもなかったので一安心だったのですが・・・

高校生の時に「EBウイルス」で入院している為
「EBウイルス」ではないとのこと。

何かしらのウイルスによる急性肝炎だろうと言う事だったのですが・・・

2週間の入院後、正常値の20倍近くあった数値も
今では正常に近い2桁に。

先生に聞いてくるのをうっかり忘れたので、
分かる方がいらっしゃればお伺いしたいのですが・・・

アルコール性の肝炎ではないこの場合、
アルコールは飲んでも大丈夫なのでしょうか??

また、EBウイルスにもかかり、また何かわからないウイルスで
肝臓を患ったという事は、他の人より肝臓が弱いのでしょうか・・・?!

Aベストアンサー

他のカテゴリーでも質問されていましたが、肝炎の原因ウイルスはたくさんあります。そのカテゴリーでの回答の誤解だけ解いておきますと、質問者の仰るようにEBウイルスでも肝炎がでます。非B型は昔、B型までしか分かっていないときに、B型ではない何か、という意味で使われていただけですから、誤解しないようにしてくださいね。

肝炎ウイルスの場合、少なくとも問題となるのがB型、C型ですから、それ以外であればそこまで執着することはないと思います。ウイルス以外にも薬剤、アルコールなど原因は多種ありますが、おそらくこれらは違うという診断なのでしょうね。

飲酒はおそらく問題ないと思います。ただ、質問者の仰るように肝臓が弱いという可能性は否定できないと思います。仮にお酒に強かったとしても、アルコール性肝障害などが出やすいかも知れません。食事が偏ったら脂肪肝になりやすいかもしれません。
できれば、摂生を心がけたほうがいいと思います。

Q肝臓の検査でGPTの値が1000越え

何度も何度もこちらでお世話になっている者です。

今現在、父が、肝臓の調子が悪く、度重なる検査の結果、肝硬変ぎみ?という結果がでました。
そして、週3回の注射(これ以上悪化させないためらしいです。)と、毎日の薬(ウルソ薬)を飲んでいます。

総合病院で、いろんな検査(検査入院をし、肝臓の細胞を採取したり、造影剤を入れてみたり、MRIをとってみたり)をしたんですが、近所の内科に移って、注射治療をしています。

ですが、先日、近所の内科にて血液検査をしたところ、GPTが1147、GOTが875という、異常な数値まで上がりました。
それまではGPT、GOTともに500程度。

治療が始まってから、数値が上がるなんてことはありますか?
それとも、病状が悪化してるんでしょうか?

薬を飲み出してから、のどに物がつかえてる感じ、吐き気がして、食欲がなくなり、お腹も張るそうです。(ゲップやおならが出やすいとのことです。)
そして、とにかくだるいとのことでした。

薬を飲む前は、食欲もすごいあって、病人なのか?と思うくらいだったのですが、薬を飲み出してからは、まったく食欲がなくなったみたいです。

数値も一時は下がったのに、いきなり1000台になり、本人も、そうとうこたえてるようです。

これって異常でしょうか?
同じような方で、数値が実際に下がった方がいらしたら、アドバイスよろしくお願いいたします。

日に日に笑顔がなくなる父をみているのがほんとにつらいです。

病院も、入院しろとは言ってません。このくらい数値が上がると普通入院じゃないんでしょうか?

よろしくお願いいたします。

何度も何度もこちらでお世話になっている者です。

今現在、父が、肝臓の調子が悪く、度重なる検査の結果、肝硬変ぎみ?という結果がでました。
そして、週3回の注射(これ以上悪化させないためらしいです。)と、毎日の薬(ウルソ薬)を飲んでいます。

総合病院で、いろんな検査(検査入院をし、肝臓の細胞を採取したり、造影剤を入れてみたり、MRIをとってみたり)をしたんですが、近所の内科に移って、注射治療をしています。

ですが、先日、近所の内科にて血液検査をしたところ、GPTが1147、GOTが87...続きを読む

Aベストアンサー

お父様つらそうでおさっしいたします。
私も肝硬変患者で父も42歳であと叔母やいとこも肝硬変で他界しておりますので
その苦しみや周りの方の苦しみもわかるつもりでおります。
もちろん専門家ではないのですのでめったな事はお話できる
立場におりませんがGTPが1000以上との事
これは肝臓の細胞が何らかの攻撃をうけやられている度合いです。
かなりだるいのではないのかなあとお察しいたします。
打っている注射もトランスアミナーゼ(GPT,GOTなど)を
下げる薬で根治療法ではないと思います。
肝硬変そのものより合併症(食道静脈瘤、癌、肝性脳症など)
が怖いわけでCTや血管造影や肝臓の現在の状態をみる肝性険など
一通りの疑われるような検査をなさっていらっしゃると思います。

肝硬変そのもので死んでしまうわけではありません。(私もそうですから)検査にあわせ治療をしていけば長く持たせる事ができます。
ただ現在のような急性期には十分な安静と栄養が必需です。
自宅でそれができないような環境なら入院をしたほうがいいかもしれません。
いずれにしろ長丁場の戦いです。基本的な生活習慣と栄養など主治医の
先生とよくご相談をしながら治療していかなくてはなりません。
治すよりうまく付き合う事が大事です。

お父様つらそうでおさっしいたします。
私も肝硬変患者で父も42歳であと叔母やいとこも肝硬変で他界しておりますので
その苦しみや周りの方の苦しみもわかるつもりでおります。
もちろん専門家ではないのですのでめったな事はお話できる
立場におりませんがGTPが1000以上との事
これは肝臓の細胞が何らかの攻撃をうけやられている度合いです。
かなりだるいのではないのかなあとお察しいたします。
打っている注射もトランスアミナーゼ(GPT,GOTなど)を
下げる薬で根治療法ではないと思...続きを読む

Q急性肝炎について教えて下さい

先日、病気になり、「EBウイルスによる肝機能障害」と診断されました。
もう病気は良くなりましたが、今後、この病歴を人(医者や一般人)に説明するのに何と言えばよいのか迷っています。

一時的な肝炎なので、「急性肝炎」とも言えそうですが、ネットなどで「急性肝炎」で調べると、一般的にA型~E型のことで、EBウイルスは含まれていません。

そこで質問です。
1)この病気を「急性肝炎」と説明するのは誤りですか?正確に説明するには、診断のとおり、少し長いけど「EBウイルスによる肝機能障害」と言うのがベストなのでしょうか?
それとも、EBウイルスなんてなじみがないから、ウイルス性肝炎と言えば良いのでしょうか?ただ、人にまだ感染するのではないかと恐れられても困るので、どう説明すればよいでしょう?

2)急性肝炎について調べていたら、「差別」という言葉が出てきました。そう言えば、以前にC型肝炎患者が差別で苦悩しているという新聞記事をみたような気もしますが、その時は、あまり関心がなかったので、よく憶えていません。肝炎患者が差別を受けるのは、感染の恐れがあるからですか?でも感染の恐れのある病気なんていくらでもあるのに、なぜ肝炎だけ差別されるのでしょうか?

先日、病気になり、「EBウイルスによる肝機能障害」と診断されました。
もう病気は良くなりましたが、今後、この病歴を人(医者や一般人)に説明するのに何と言えばよいのか迷っています。

一時的な肝炎なので、「急性肝炎」とも言えそうですが、ネットなどで「急性肝炎」で調べると、一般的にA型~E型のことで、EBウイルスは含まれていません。

そこで質問です。
1)この病気を「急性肝炎」と説明するのは誤りですか?正確に説明するには、診断のとおり、少し長いけど「EBウイルスによる肝機能障害」と...続きを読む

Aベストアンサー

> 一時的な肝炎なので、「急性肝炎」とも言えそうですが
その通りです。原因が何であれ、起こっている現象は急性肝炎に間違いありません。
病気全体としては「伝染性単核症」という病気です。若い人がかかるもので(ある程度年が行くとすでにこのウイルスには気づかないうちに風邪症状などとしてすでに感染しており免疫ができています)、扁桃腺が腫れたり首のリンパ節が腫れたりし、これに急性肝障害を伴う というもので、要するに肝障害はこの病気の一部分なのですね。ですから、正確なところとしては「EBウイルス感染症」とか「伝染性単核症」ということになりますが、いずれにせよ一般には耳なじみのない病名であることには違いないでしょうね(^^; 実は EB ウイルスの感染というのはありふれたものなのですが。
一般の人にも理解しやすく、という感じで言うのであれば、「風邪ウイルスの一種によって起こった急性肝炎(肝障害)」という説明にでもなるでしょうか。

> 肝炎患者が差別を受けるのは、感染の恐れがあるからですか?
そうですね、この感染症がこうした目で見られるようになった原因のひとつは「性行為感染症」としての側面がピックアップされ誇大に広まったからかと思われます。AIDS 等と同じで、特定のことにさえ注意を払っていれば、普通に生活している分には伝染性のある病気ではないのですが・・・

> 一時的な肝炎なので、「急性肝炎」とも言えそうですが
その通りです。原因が何であれ、起こっている現象は急性肝炎に間違いありません。
病気全体としては「伝染性単核症」という病気です。若い人がかかるもので(ある程度年が行くとすでにこのウイルスには気づかないうちに風邪症状などとしてすでに感染しており免疫ができています)、扁桃腺が腫れたり首のリンパ節が腫れたりし、これに急性肝障害を伴う というもので、要するに肝障害はこの病気の一部分なのですね。ですから、正確なところとしては「EBウ...続きを読む

QB型急性肝炎で入院しました

彼氏が急性のB型肝炎で入院しました。
GOT,GPTの数値が3000近くあって
劇症化の一歩手前でしたが、1週間経ってもまだ
数値が2000前後でなかなか下がりません。
数値って 下がるのにどれくらいの期間がかかるのでしょうか?
本人は鬱も患っているので、不安が大きくて仕方がないようです。
同じような病気を経験された方に病気の経過など教えていただければ
参考になります。

Aベストアンサー

私はB型慢性肝炎ですが、GOT,GPTが2000前後まで上がり、1ヵ月半入院したことがあります。やはり劇症化の危険がありましたが、インターフェロンと薬で正常値に戻すことが出来ました。その間数値は上下しながらもだんだん下がっていきました。個人差はありますが、回復するにはやはりこの位の入院期間は必要なようです。今は主治医の先生の指示に従って安静にしておくしかないと思います。彼氏の一日も早い回復をお祈りいたします。他のB型慢性肝炎の質問で私の回答がありますのでよければ参考にして下さい。

参考URL:http://okweb.jp/kotaeru.php3?q_id=689166

Q彼女から、B型肝炎を確実にうつされました。

彼女から、B型肝炎をうつされました。
彼女とは、今年1月から性交渉をしていました。彼女から、B型肝炎(HBV感染)を移されました。
11月に17日間体調不良で入院し、退院したばかりです。彼女の血液検査の結果、B型肝炎のHBe抗原を持っていることが、分かりました。彼女に聞くと、母が隠していたらしく、彼女もショックを受けていました。
お互い、治療は必要かとは思いますが、彼女はお金がないので、治療はしないと言っています。
将来、彼女が別の男性と性交渉で、そのままの状態ですると新しい男性にB型肝炎が感染するのはわかりますが、将来、彼女は発病する可能性は、あるのでしょうか?
また、私の方は経済状況は厳しいのですが、必ず治して行きたいと思っています。
私自身に、抗体が出来てから、もし将来、他の女性を性交渉をもってしまったら、その女性には簡単に移るものなんでしょうか?
何卒、知識のある方、お教え下さい。何卒、よろしくお願い致します。m(_ _)m

Aベストアンサー

まず、ご本人が入院までされたことは、残念な結果ですね。でも、水平感染の場合、少しのダルさ程度で完治するのがほとんどのようで、病院でちゃんと治療されたのなら、もう大丈夫だとみていいでしょう。一過性感染の場合、慢性化することはありません。抗体もできているので、彼女と性交渉しても、もう、彼女のウイルスで肝炎になることはないです。とりあえず、治療に関する出費も、いまは考えなくても大丈夫と思われます。
ただ、ウイルスが完全になくなったわけではないので、性交渉、献血は気をつけた方がいいかと思います。感染力は、さほど強いウイルスではないので「簡単」には感染しないと思いますが。この点、いまいちど病院に確認すると安心だと思います。

問題は、ご本人よりも彼女の方でしょう。彼女は親からの垂直感染で、今後、慢性化する傾向が高いです。中には、抗体ができて完治する方もいるようですが。ただ、慢性化したとしても肝硬変、肝臓がんへと移行するとは限らず、なんの症状もなく過ごされる方が多いようです。治療するかどうかは、定期的な検査から判断されると思います。特に、先に挙げた肝硬変などは、40代になってから発病するようなので、まだ、20代でしたら、少なくとも半年に1回は血液検査でウイルスの動きをチェックされた方がいいです。

正直、個人的には、もしかしたら性交渉でも感染しないのでは??と楽観的に思っていたのですが(私の母親はキャリアで、私自身も垂直感染キャリアです。母親は、3人の息子を産みましたが、父親に感染させてません。)具体的な例を聞かされ、やはり感染はあるんだ・・・と改めて認識しました。

ご参考になれば幸いです。

まず、ご本人が入院までされたことは、残念な結果ですね。でも、水平感染の場合、少しのダルさ程度で完治するのがほとんどのようで、病院でちゃんと治療されたのなら、もう大丈夫だとみていいでしょう。一過性感染の場合、慢性化することはありません。抗体もできているので、彼女と性交渉しても、もう、彼女のウイルスで肝炎になることはないです。とりあえず、治療に関する出費も、いまは考えなくても大丈夫と思われます。
ただ、ウイルスが完全になくなったわけではないので、性交渉、献血は気をつけた方がいい...続きを読む

QB型急性肝炎に、2度目の感染は?

2年前から付き合ってる彼女がいます。数ヶ月前からHの関係になりました。
ところが、僕がB型の急性肝炎になって入院しました。その間彼女にも血液検査を受けるように言ったんですが、自分でも疑ってなくて、受けてませんでした。ところが最近になって、風邪気味が治らないと言う事で、先日血液検査を受けました。結果はまだ出ていません。僕は先日退院しましたが、近いうちに彼女と会う事になってます。久しぶりなので、彼女は当然Hをするものだと思っています。
彼女が好きなので、いたずらに傷つけたくないし、うまくすれば結婚も考えていましたので、このまま付き合いを止めたくはありません。
ただ、B型に2、3回かかると慢性肝炎になり、肝硬変、肝がんにも、発展すると言われて、怖くなってます。
死にたくは無いし、彼女には一生の問題なので、軽々しく、この問題を処理できません。
まずは、彼女の血液検査の結果待ちですが、
B型肝炎には、2度、3度とかかるのか、
もし彼女がB型の慢性肝炎だったら、結婚を前提の交際は、どうすればいいのか。
どなたか、くわしい方教えてください。

Aベストアンサー

基本的には、一度感染して抗体がある間は再度感染する確率は極めて低いと言えます。
感染予防のために、医療従事者はワクチンを接種して、抗体を作るぐらいですから。ただ、抗体は永久ではなく、消えることもあるので注意が必要です。
性行為では、感染する確率は高いと思われますが、あなたの場合、感染からまだ日が浅く、抗体は新しいので、すぐに感染することはないと思いますが、今後のことまでははっきり断言できないのが現状です。
すみません、説明がうまくなくて。

Qアルコール性急性肝炎について

先日、体調の不調を感じ血液検査をしたところ、GOTが7000IU/リットル超
GPTが10000IU/リットル超 との結果で、即入院しました。
 2週間で正常の数値に戻り、無事 退院することができました。
 病名は、アルコール性急性肝炎で、脂肪肝でもあると言われましたが、肝生検では異常はありませんでした。
 私は、お酒が大好きで、また飲みたいのですが、医師からは止められています。
 このような場合、肝臓はいつ正常に戻るのでしょうか。また、本当に二度とお酒は飲めないのでしょうか。
 ど素人の私にどうか教えてください。

Aベストアンサー

うーん。ペンネームでおわかりかと思いますが僕もかなりの大酒家で・・・
とてもひとごととは思えず思わず書き込んでしまいました。
急性のアルコール肝炎といっても普通はGOT,GPTは三桁程度までのかたしか見かけない者ですから・・。教科書的にはGOT>GPTの上昇ですし。
とにかく肝生検まで成されておられるので診断は確かでしょうから7000とか10000とかゆう数字からみるとそうとうひどい肝炎だったようです。
どんな飲み方をされるのでしょうか?
脂肪肝というのはアルコールを代謝するために肝臓の細胞が働くので脂肪の代謝に手が回らなくなって肝臓に脂肪が溜まってしまう状態です。
普通は禁酒すれば回復可能な状態なのでエコーの輝度やγ-GTPなんかを参考にしてまた少しくらい飲めるものなのですがこの数字を見せられると誰に聞かれてもやめた方がいいとしか言いようがないでしょう。
他の方でにあればこのまま飲み続けると肝硬変になって・・・とか、後は本人の問題で・・・とかアドバイスするところですがはっきり言って次に同様の症状がでた場合肝硬変より先に肝炎で死亡してしまうことも考えられます。
kawakawaさんのおっしゃるとおりやめた方が身のためと思います。
ご自愛ください。

うーん。ペンネームでおわかりかと思いますが僕もかなりの大酒家で・・・
とてもひとごととは思えず思わず書き込んでしまいました。
急性のアルコール肝炎といっても普通はGOT,GPTは三桁程度までのかたしか見かけない者ですから・・。教科書的にはGOT>GPTの上昇ですし。
とにかく肝生検まで成されておられるので診断は確かでしょうから7000とか10000とかゆう数字からみるとそうとうひどい肝炎だったようです。
どんな飲み方をされるのでしょうか?
脂肪肝というのはアルコールを代謝するために肝臓の細胞が働...続きを読む

QHBs抗体が+なんですが・・・・

人間ドックでの検査結果が『HBs抗体が+』となっていました。
『HBs抗原は-』なのです。
これって、肝炎の保菌者って事なのでしょうか?
また治療方法などはありますか?
8年前の元彼が肝炎の保菌者で、何度かエッチはしたのですがそれが原因なのでしょうか?

Aベストアンサー

過去に感染して、抗体を獲得したと思われます。元彼とのHの時に感染した可能性がありますが、他の感染経路もありますので断定はできません。
抗原が-で、抗体が+の場合は保菌者ではないので心配ありません。詳しくは医師に聞いてください。

「参考」
B型肝炎ウイルス検査でわかること
血中に出現するB型肝炎の抗原や抗体を検出することでB型肝炎ウイルスの感染の有無やその病期をみることができる。

HBs抗原 : HBV感染状態
HBs抗体 : 過去のHBV感染(防御抗体)、ワクチン接種後の抗体獲得
HBc抗体 : 低抗体価-過去のHBV感染(多くの場合HBs抗体陽性)
         高抗体価-HBV感染状態(ほとんどの場合HBs抗原陽性)
HBe抗原 : 血中HBV多い(感染性強い)
HBe抗体 : 血中HBV少ない(感染性弱い)

治療を必要としないケース
一般に、HBe抗体が陽性で、肝機能が正常な場合は、ウイルスに感染していても特別な治療行う必要はありません。
ただし、ごくまれにHBe抗体が陽性であっても、GOT、GPTの値が高く、肝機能が異常である場合には、肝炎を発症することがあります。
したがって、HBe抗体が陽性だからといって安心せず、定期的な検査を受け、肝臓が悪くならないように自己管理する心がまえが大切です。

HBe抗原が陽性で、肝機能が正常の場合は、あるとき、GOTとGPTの値が一時的に急上昇し、それをきっかけにHBe抗原が自然消滅して、HBe抗体が陽性になる
ケースが普通です。
こうなればもう安心ですが、HBe抗体が陽性になるまでは3ヶ月に1回ぐらいは定期検査を受けたほうがよいでしょう。

治療を必要とするケース
HBs抗原が陽性で、しかも慢性肝炎の人は、病状はさらに進行する危険性が高く、他人に感染させるおそれもありますから、ウイルスに対する治療を行わなねばなりません。

過去に感染して、抗体を獲得したと思われます。元彼とのHの時に感染した可能性がありますが、他の感染経路もありますので断定はできません。
抗原が-で、抗体が+の場合は保菌者ではないので心配ありません。詳しくは医師に聞いてください。

「参考」
B型肝炎ウイルス検査でわかること
血中に出現するB型肝炎の抗原や抗体を検出することでB型肝炎ウイルスの感染の有無やその病期をみることができる。

HBs抗原 : HBV感染状態
HBs抗体 : 過去のHBV感染(防御抗体)、ワクチン...続きを読む

QALT(GPT)が異常に高いのですが…

先日、献血を受け、その結果がハガキで送られてきました。見てみるとALT(GPT)が92IU/Lで、「医療機関での受診をおすすめします。」とのことでした。説明書きを見ると急性肝炎・慢性肝炎や脂肪肝などで数値が上がります。とあります。そこで質問なんですが、
1.肝炎でまず考えたのが、B型・C型肝炎等のウイルス性肝炎なんですが、献血結果で送られており、「献血にご協力頂きありがとうございました」以外に特にコメントがないということはその可能性はないと考えてよいのでしょうか?
2.ALTの92という数値は検査に急を要するレベルなのでしょうか?ちなみに前回(H17.9月は26IU/L、H16.4は67IU/Lでした。)
3.肝炎・脂肪肝の症状はどのようなものでしょうか?
ちなみに他の項目の数値は
AST(GOT)が48IU/L
γ-GTPが78IU/L
総蛋白が7.1g/dL
ALBが5.0g/dL
コレステロールが223mg/dLです。宜しくおねがいします。

Aベストアンサー

こんばんは。NO.1です。

最近太ったということで、原因として一番怪しいと思います。
肥満体型ではないようですが・・・

時間をみつけて病院へ行くとのこと。
用心に越したことはありません。
手遅れになってからでは悲しいですからね。

今更なんですけど、病院へ行くときは献血の葉書を持って「ちょっと数値が高いみたいなんだけど・・・」というと担当の医師もなぜ病院へ来たのかというのが明確になって検査・治療の流れがスムーズになると思います。

ちなみに脂肪肝について・・・
脂肪は主に肝臓で分解されるんですが、処理をし切れずに肝臓にたまってしまったものを脂肪肝といいます。
例えるならば、脂肪という借金を肝臓(消費者)がためてしまうわけです。
ある程度まで消費者は借金を借金で返す、つまり自転車操業してでも生活できます。
このときは破滅への道を辿っていることに気付かないそうです。
しかし借金が雪だるま式に膨らむとついには破綻してしまいます。
この状態が肝臓で言うと肝硬変や肝癌という状態です。

脂肪肝は薬など使わなくても高タンパク低脂肪な食生活である程度改善できます。
脂肪肝と診断されても悲観なさらずに「重篤な病ではなく脂肪肝でよかった」位に思ってくださいね!

こんばんは。NO.1です。

最近太ったということで、原因として一番怪しいと思います。
肥満体型ではないようですが・・・

時間をみつけて病院へ行くとのこと。
用心に越したことはありません。
手遅れになってからでは悲しいですからね。

今更なんですけど、病院へ行くときは献血の葉書を持って「ちょっと数値が高いみたいなんだけど・・・」というと担当の医師もなぜ病院へ来たのかというのが明確になって検査・治療の流れがスムーズになると思います。

ちなみに脂肪肝について・・・
脂肪は主に...続きを読む

Q教えてください。肝機能の検査結果について

先日、激しい眩暈・体のだるさで3日間寝込み
病院で検査してもらったら肝臓の値が、

GOT:200
GPT:523
ALP:251
γ-GTP:90

になっており、先生からは「安静にしてなさい」といわれました。

現在も、眩暈・体のだるさがありますが動ける時は仕事には行っていますが問題ないのでしょうか?

また、指の震え・食欲不振もあるのですが今回の結果と因果関係はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

肝臓を専門にしている内科医です。
めまいやだるさなどの症状があり、原因がまだ不明の状態で肝機能がこの値であれば、私なら入院をおすすめします。
すぐに入院が出来ないとしても、数値が上昇(悪化)傾向にあるのか、低下(改善)傾向にあるのかで対応は変わってきますので、来週と言わず明日にでも再検査するべきだと思います。
示されている検査値(GOT、GPT)は逸脱酵素と言って、肝臓の細胞内に含まれている酵素の血液中の濃度を測定していますので、肝臓の細胞が破壊されている程度を示しています。正常値は30程度ですので、比較的強い肝細胞の障害と言えます。
しかし、肝臓は非常に余裕のある臓器ですので、ある程度細胞が壊されても、余裕がある分、身体を維持していくのに必要な能力は保たれていることが多いのです。これを肝予備能と言います。
しかし、それにも限界がありますので、あまりに急激に肝細胞が破壊されると、余裕が無くなり深刻なことになり得ます。
肝予備能を推し量る検査としては、PT(プロトロンビン時間)が代表的です。また、黄疸を示す総ビリルビン値も重要です。
重症肝炎などでは、GPT値が1000以上、場合によっては5000を越える様な場合もありますので、500程度なら入院を必要としない場合もあります。疾患によってはデスクワーク程度なら許可する場合もあります。しかしながら、それは(PTやビリルビン値などを確認して)肝予備能が充分保たれていること、肝機能障害の原因がはっきりしていて、以後の経過がある程度予想できることが前提です。
ご質問の内容からだけでは、是非ともすぐに再検査及びウイルス性肝炎など原因検索をするべきです。特にPTの低下やビリルビン値の上昇がある場合は、入院治療が必要です。
肝臓は余裕のある臓器ですので、結果的に入院しなくても問題なく治癒する可能性もありますが、確率は低いですが劇症肝炎など致命的な疾患に進展する可能性はゼロではありません。

肝臓を専門にしている内科医です。
めまいやだるさなどの症状があり、原因がまだ不明の状態で肝機能がこの値であれば、私なら入院をおすすめします。
すぐに入院が出来ないとしても、数値が上昇(悪化)傾向にあるのか、低下(改善)傾向にあるのかで対応は変わってきますので、来週と言わず明日にでも再検査するべきだと思います。
示されている検査値(GOT、GPT)は逸脱酵素と言って、肝臓の細胞内に含まれている酵素の血液中の濃度を測定していますので、肝臓の細胞が破壊されている程度を示しています。正...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報