『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

最近、鍼灸なるものを初めて経験しました。

本来、体に鍼をさす刺すという行為そのものが精神的に受け入れられなくて
興味がなかったのですが、長引く脚の故障で試しに受けてみようかという気持
になり、たまたま居住地の近くにある鍼灸院に行きました。

おそらく、鍼灸にもいろいろあるのではないかと思います。
そこの鍼灸院はhpで紹介もしているところであり、複数いる施術師というのか
先生方は皆、国家資格を持たれている方々だそうです。

驚いたのは、ここの鍼灸院では、痛いところに鍼を刺すのではなく、反対側の
同じところか近くに刺したり、背中に刺したりして、数分間、そのままにして、
合計で約15分か20分程度の治療をするものでした。

結果として、痛みは緩和しています。

ただ、費用は必ずしも安くはないので、長く継続できるかどうかは今後の
結果によります。

印象として、決して怪しげな鍼灸院ではなく、先生方、受付の対応も
極めて親切丁寧なものです。

整形外科に行っても、レントゲンを撮って、「骨に異常はない、炎症です
安静にするのが一番です」という決まり切った答えで、湿布薬をもらって
それで終わりというものです。

鍼灸院では、体の根本的に悪いところを治療して、結果的に痛みが出て
いるが、そこを直すのではなく、根本的な原因の部分を治していくという
そういう印象を受けました。

あと何回、続けるか決めかねていますが、長年、肩こりにも悩んで
いますし、予算を組んで、割り切ってそこそこの回数を続けてみようか
という気もしています。

鍼灸にもきっといろいろあると思うのですが、鍼灸の施術師というのは
本来、国家資格なのでしょうか。

いろいろな経験のご意見をお聞きできたらありがたいです。

宜しくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

●資格


鍼灸師免許は国家資格です。


大体鍼灸は「痛そう・・」「怖い・・」と言った印象を受けやすく、自然と「最後の砦」的役割を果しています。
そして、それに応えるだけのものを鍼灸は持っています。
個人的には鍼灸に勝る治療法は無いと思っています。
痛い所に鍼を刺さずとも結果を出すのですから、良い鍼灸院だと思います。
それなりに自身とプライドをもってやっているから、それなりの金額がするのでしょう。
費用は術者(先生)のやる気に比例します。
安いところはお値段なりという傾向はあるかと思います。
医者の得意技は手術です。
ですからそこまでの必要が無い人は、医師では物足りないだろうと思います。
後何回通うか?判断材料の一つとして先生に聞いてみれば良いと思います。
全然して良い質問ですよ。
ただ、治すのでなく良い付き合いをしていくと言う考え方がよろしいかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

大変参考になりました。

>費用は術者(先生)のやる気に比例します。

この辺が微妙ですが、今お世話になってる先生は
結構、キャリアがあるようで今後が楽しみです。

お礼日時:2012/07/22 07:35

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング