教えて! goo のコンテンツに対する取り組みについて

レイモンド・チャンドラーとかいう人の本の中らしい、と、いうことまでは調べました。なんと言うタイトルの本を買えば出てくるのでしょうか?今とても気になっている言葉で、どうしても知りたいです。お願いします。

A 回答 (7件)

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!買って読んでみます。助かりました。

ポイントは2人だけなので早い順に入れましたが、
その他、皆さん、ありがとうございました。

お礼日時:2004/01/25 01:19

プレイバックの第23章



If I wasn't hard,I wouldn't be alive.If I couldn't ever be gentle,
I wouldn't deserve to be alive

ストーリーは「長いお別れの」のほうが面白いんですけどね。
    • good
    • 1

「プレイバック」ですね。



以下のURLを参照して下さい。
http://www.asahi-net.or.jp/~ia7y-/longgoodbye.html

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~ia7y-mrs/longgoodbye …
    • good
    • 0

こんばんは、



「男は強くなければ生きていけない。しかし、優しくなければ生きていく資格がない」

とゆう台詞ですよね、

私立探偵フィリップ・マーロウの出て来る「長いお別れ」だったと思いますが、

翻訳でこうなっただけで、実際には、コーヒーを入れるフィリップ・マーロウに
女が「よく気がつくのね」と言われ「マメでなかったらやっていけない」とかなんとか
言ったのを格好良く上の台詞にしたと聞いた事がありますが。
    • good
    • 0

「プレイバック」だったと思います。



ちなみに「男はタフでなければ生きていけない。
優しくなければ生きていく資格がない。」ですね。
    • good
    • 2

「男は強くなければ生きていけない、優しくなければ生きる資格がない」


日本では高倉健主演の映画「野性の証明」(1978年、森村誠一原作)の
宣伝文句に使われたので有名ですね。

元々は1950年頃のアメリカ作家レイモンド・チャンドラーが生み出した
架空の私立探偵 フィリップ・マーロウの言葉として世に知られているとの事。
下記サイトによれば『長いお別れ』の本にあるそうです。

http://lantana.cool.ne.jp/ikiterutte/genki2/otok …

http://www.asahi-net.or.jp/~ue4k-ngt/bnavi/chand …

参考URL:http://lantana.cool.ne.jp/ikiterutte/genki2/otokoha.htm,http://www.asahi-net.or.jp/~ue4k-ngt/bnavi/chand …
    • good
    • 0

こんばんは。



「プレイバック」です。ハヤカワ文庫。

「強くなくては生きていけない、優しくなければ生きていく資格がない」
けだし名文。

参考URL:http://www02.so-net.ne.jp/~m-sasaki/novels-chand …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング