2000年12月にVAIO PCV-J12を購入し、ほぼ毎日使用しています。(windows Me)
主にインターネット(IE)、メール(OE)、エクセル97を起動します。(2つ一緒に起動することが多いです)
何度かフリーズしたので、教えてgooで検索して、リソースを調べた所、起動時54%の空きだったのでリソースを増やそうと思い

スタート→ファイル名→msconfig→スタートアップグループで
c:\ProgramFilesではじまるものを捜した所、
Real Tray と SAgent2Exopath の2つがあったのでチェックボックスを外しました。

その後、起動時74%の空きになったので、そのまま使用していたところ、
終了時(スタート→Windowsの終了→[終了]→OK)
OKをクリックした後、画面左上に

このプログラムからの応答がありません。ビジー状態か入力待ちか停止しています。
キャンセルをクリックすると無視してWindowsに戻ります。…(以下略)

このようなメッセージが出るようになりました。
毎回ではないのですが、長く(6時間ぐらい)電源を入れたままにしておくとなる様な気もします、どうしてこうなるんでしょう?直すにはどうすればいいでしょう?
色々な所で調べてみたのですが、判りませんでした。
どなたか、教えて下さい。お願いします。

A 回答 (4件)

>インターネット一時ファイルと履歴の削除を実行


これは、過去の質問で見つけてやってるんですが

>同じくCOOKIESも
↑に同じくCOOKIESも削除するを押します。一度履歴も削除しましょう。
>レジツトリーチェッカーを実行
>これは、どうすれば、いいんでしょう?
MICROSOFT WINDOWSのレジストリーのエラーを探し修復するWINDOWSの機能の一部です,アプリケーションでは在りません。
レジストリーをいじるのはmicrosoftサポートに従いますが、こちらはいつでも1度実行し完全修復すると,次回は「エラーは見つかりませんでした...」ときます。アンインストールしてないのなら,レジストリーから追いかけて修復できるし、ただ,消されているとWINMEが断定すれば,もう一度realのほうをインストールしなおす必要があります。多分、MSCONFIGのWINDOWSの実行の失敗が原因でメモリーにその問題の情報が入っている内に起動をしたため,参照元に情報が無くなってアクセスできず,従ってエラーになりますよね。
やり方は,スタート、プログラムのアクセサリー,システム情報からツールにあるレジストリーチェッカーをクリックして起動すればいいんですが,後はWINDOWS MEの指示に従ってください。(画面ではないです)
修復するを選択したほうが良いです。時間がたくさんかかりますから暇な時にやってください,やっている内容はスキャンデイスクとは違うような気がしますが,もともとを壊す機能で無いので疑わずに素直に指示に従いましょう。
>システムの復元
これは、やり方は判ったんですが、やっても大丈夫でしょうか?
良ければ、ご指導お願いします。
↑のシステム情報のツールにもありますが,こちらはレジストリー修復後に行います。悪い状態の復元ポイントを修正していつでも,どこでもいい復元ポイントに戻すため,常にいい復元ポイントにしとくことですね。悪い状態を作っても時間の無駄ですし。
WINMEにアップデートインストールの時システムやレジストリーはバックアップ(保存)しているので,その後の処理でMSCONFIGを実行したので,レジストリの修復ができなければ基本的にはMEのインストールしなおしになります。 VAIOには関係ないでしょう。いまどきはれじすとりをいじると直るWIN95って多いですけど、基本的には何べんも言いますけどサポート(ホームページ含む)に指示に従います。
提案!!
その1.)
IEを毎日つかっているそうで,デイスクの領域もたまる一方で消すにも暇が無く大変なら,IEのツール、オプション、詳細設定に「ブラウザーを閉じた時にTEMPORALIE FILEを空にする」にチェックを入れた方ガ時間短縮になります。履歴には残りますから。
その2.)
IEのツール,オプションから一時ファイルの設定を見てフォルダの大きさがあまり大きすぎればデイスク領域を圧迫することになります、数字の入力だけで変えられます,自分の最適値に調整しなおす必要はあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

toyoyukiさん、再び、回答ありがとうございます。
とりあえず、提案その1)は今やってみました。
提案その2)は90MBだったのを40MBにしてみました。
あとの3つは今度時間のある時にゆっくりやって見ます。
とりあえず、今の所、メッセージは出なくなりました。
コンピューターは簡単に手に入るけれど、素人には難しいですね。
これからも、日々、勉強です。

>質問に答えて下さった皆様へ
この質問は21日に一旦締め切らせていただきます。
また、質問させて頂くことがあると思いますが、その時も良ければご指導下さい。

お礼日時:2001/05/17 18:32

IEのツール、オプッション、全般タブからインターネット一時ファイルと履歴の削除を実行して見て!同じくCOOKIESも,そして~,スタートプログラム、アクセサリーシステム情報のシステムの復元と,レジツトリーチェッカーを実行してどうですか?そこら辺のボタンを触ってみればわかってくるような気が,,、ためすぎだとおもいますので、


リソースメーターなんかは、個別にいろいろありますので自分でやってみて
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。お礼が遅くなりすみません。(ちょっと具合が悪くパソコンのぞけなかったので…)

>インターネット一時ファイルと履歴の削除を実行
これは、過去の質問で見つけてやってるんですが

>同じくCOOKIESも
>レジツトリーチェッカーを実行
これは、どうすれば、いいんでしょう?

>システムの復元
これは、やり方は判ったんですが、やっても大丈夫でしょうか?
良ければ、ご指導お願いします。

お礼日時:2001/05/17 11:04

>このプログラムからの応答がありません。

ビジー状態か入力待ちか停止しています。
何のプログラムか分かりませんが、再現性の無いエラーは考えるだけ
疲れるので、Windows9X(ME)はこういうものだと思ったほうが無難です。
実際、複雑な問題やバグ、またOSもそれほど堅固に作られたものでは
ありません。
対処法としては、Windows9X(ME)を適宜再起動したほうが良いと思います。
Shiftキーを押しながらOKを押すと、少し早く再起動します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
やはり、しかた無いんでしょうか。

>対処法としては、Windows9X(ME)を適宜再起動したほうが良いと思います。
Shiftキーを押しながらOKを押すと、少し早く再起動します。

これは、時々、アプリケーションを全て終了して再起動するということですよね。
とりあえず、そうしてみます。

お礼日時:2001/05/15 09:53

ただ単にリソースが不足して終了できないという現象になっているだけだと思います。


Win95/98/Me系のOSはアプリケーションの起動・終了を
繰り返しているだけでリソースが減ります
変な話ですがリソースが不足すると終了できないようです。

それと多分この手の質問、検索するといっぱいでてくると思いますよ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。

>Win95/98/Me系のOSはアプリケーションの起動・終了を
>繰り返しているだけでリソースが減ります

これは、終了時に自分で起動したアプリケーションソフトを、全て終了しても最初より減ってると言う事ですか?

やっぱり、リソースなんですね…
検索…何度もしてるんですが、「このプログラムからの…」のメッセージがあるのが無かったので、違うのかもと思い質問させてもらいました。

お礼日時:2001/05/15 09:44

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qゲイン曲線とステップ応答の関係について(制御工学)

ゲイン曲線から読み取ることができる
定常ゲイン(ω=0での値)・ピーク値(ゲインの最大値)・バンド幅(ゲインが最大値/√2となるときの各周波数)
から、単位ステップ応答へどのような影響が出るかがよくわかりません。

今のところ自分で考えたことは、
・定常ゲイン
定常ゲインが∞で無い場合は、定常偏差が残るということが、最終値の定理からわかる

・ピーク値
減衰特性に影響すると書いてありましたが、ピーク値が小さいと、閉ループ伝達関数を求めて実際に求めた値が小さくなるので減衰が早いってことなのかな・・・?

・バンド幅
速応性に影響すると書いてありましたが、ここはまったくわかりません。
バンド幅が大きいほど、高周波数の信号でも追従できるということはわかりますが。。。


このような状態です。ご教授いただければ幸いですペコリ(o_ _)o))

図が入るところなので、説明が難しいようでしたら、参考になるようなURLでも構いません。

Aベストアンサー

あまり自信はありませんが、自分の理解している範囲では次のようになるかと思います。

・定常ゲイン
伝達関数G(s)とすると、最終値の定理より定常偏差eは、

e = lim(s→0) sG(s) * 1/s = G(0)

になります。したがって定常ゲイン|G(0)|が1以外のときに定常偏差が残ります。もっと言うと定常ゲインの値が定常偏差そのものになります。

・ピーク値
ピーク値が大きいと、ステップ応答でのオーバーシュートが大きくなります。これについては僕も詳しく分かりませんが、ピーク値が大きいと言うことはある周波数成分でのゲインが大きいため、全ての周波数成分を含むステップ応答を入力した場合の応答も大きくなると考えればよいのではないでしょうか。オーバーシュートが大きいほど応答は振動的になるので減衰は遅くなります。

・バンド幅
仰るとおりバンド幅が大きいほどより高周波な成分にも追従できるので速応性が高まります。ステップ応答で考えると応答が速くなるため、立ち上がり時間が小さくなります。

Qシステムリソース27%空きの状態で,MeからXPにできますか?

IBMのAPTIVAを使っていますが,メモリは増設して312MBありますが,システムリソースの空きが27%しかなく,時々固まるばかりか,使えないソフトや機能が出て困っています。
一方,IE6.0にアップグレードしようとして,Meがクラッシュして再インストールした経験から,PCがやっと動いているようで,正直言って触るのが怖いのです。
クロック周波数は,750MHzあるのですが,この環境でXPにアップグレードした人がいましたら,上手くいったか教えてください!
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

MEでシステムリソース27%は異常です。この状態で使用は不可能です。
使用方法、環境設定に問題があります。XPや2000にする以前に対策を実行した方がいいと思います。
この使い方でXPや2000に変えてもフリーズが無くなり、安定しますが動作が遅くなったり、別のトラブル発生の可能性があります。
リソースの確保には常駐ソフトを出来るだけ止め、デスクトップ上のアイコンの数を減らす(私は左側一列のみにしています)デスクトップの壁紙を消すことが必要です。
またその他の設定で不要な演出(Windowsにはアニメーションなどの画面演出が最初から入っており、それも止めた方がいいと思います。
これらの設定をするために便利で簡単なソフトがあります。詳しくは参考URLで。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=615865

Qステップ応答の周波数特性による解析方法について

制御工学において、伝達関数のsにjωを代入して得られる周波数特性からステップ応答波形を予測するときに疑問があります。
 例えば、周波数特性でω=ω1のときに、ゲインが1/5になり、位相遅れが40°であるような伝達関数があるとします。そこに、sin(ω1t)という信号を入れたら定常状態では出力が1/5×sin(ωt-40°)になりますよね。でもそれは定常状態での話であって、当然過渡状態では違う出力が出ると思うんです。
 で、ステップ応答っていうのは、別に時刻0秒に立ち上がってもいいじゃないですか?つまり、ステップ応答を正弦波の重ね合わせで捕らえた場合、その一つ一つの波は0秒付近では過渡状態にあると思うんです。なのに、定常状態でのゲイン利得や位相特性をつかって、オーバーシュートやリンキングの解析をするところに納得ができません。
 確かに、十分時間がたった後の方形波において、周波数特性から解析するのは納得です。十分時間が立てば、一つ一つの波は定常状態なので、位相特性やゲイン利得をそのまま適用できるからです。なのに、なんで普通のステップ応答にも適用できるのでしょうか?
 すいません。文章が下手なもので、質問の意図を理解してもらえないかもしれませんが、どなたかお願いします。

制御工学において、伝達関数のsにjωを代入して得られる周波数特性からステップ応答波形を予測するときに疑問があります。
 例えば、周波数特性でω=ω1のときに、ゲインが1/5になり、位相遅れが40°であるような伝達関数があるとします。そこに、sin(ω1t)という信号を入れたら定常状態では出力が1/5×sin(ωt-40°)になりますよね。でもそれは定常状態での話であって、当然過渡状態では違う出力が出ると思うんです。
 で、ステップ応答っていうのは、別に時刻0秒に立ち上がってもいいじゃないですか?つまり、...続きを読む

Aベストアンサー

No.5です。
No.6さん、No.7さんの欄「この回答への補足」(by 質問者さん)の記事に簡単にコメントします。

既に御自身で理解されている[10)]ように、平たく言えば「0~1000秒中のステップに対する出力を1000秒以後の定常状態での方形波の立ち上がりとみたてて考えている。」ということで結構ではないでしょうか。(ただし、この例では、時間の単位は秒ではなく μsec(マイクロ秒)ですが)
引用してあるWEBのページの筆者が、質問者さんみたいに深く考える人を想定していなかっただけのことです。しかし、別に、その筆者が良くないわけでもありません。
方形波の周波数がフィルタの折れ点(コーナー周波数)よりもかなり低い場合には、近似的に上記の考え方は成り立っていますので、OKです。
ただし、厳密には、0Vからはじめて方形波を印加した場合の、最初の部分と、定常状態になった後の部分では、方形波の立ち上がりの波形は違います。たとえば、方形波が正負対称な波形ではなくて、0Vと1Vの(DC成分をもった)波形を考えれば、DC成分の過渡状態が明確に現れますので、違いを理解しやすいかと思います。

質問者さんが疑問に思われたことへの、ひとつの厳密な回答例として、形は少し異なりますが、関口忠『電気回路II』(オーム社、現代電気工学講座)p50~p59に解説があります。図書館にでもあれば、参考にしてみてください。

No.5です。
No.6さん、No.7さんの欄「この回答への補足」(by 質問者さん)の記事に簡単にコメントします。

既に御自身で理解されている[10)]ように、平たく言えば「0~1000秒中のステップに対する出力を1000秒以後の定常状態での方形波の立ち上がりとみたてて考えている。」ということで結構ではないでしょうか。(ただし、この例では、時間の単位は秒ではなく μsec(マイクロ秒)ですが)
引用してあるWEBのページの筆者が、質問者さんみたいに深く考える人を想定していなかっただけのことです。しかし、別...続きを読む

QWin2000で起動が遅いのでスタートアップからアプリを外したいのですが・・

質問のタイトルの通り、起動が遅いので、
ファイルの実行で「msconfig」と指定しても、
エラーになり、画面が表示されません。

Win98、WinXPでは「msconfig」で実行して、
起動時のアプリを外すことはできたのですが、、
Win2000」だとできません。。

どなたか教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちわ。

Windows2000にはWindows98/XPのmsconfig(システム設定ユティリテイ)中の、自動起動プログラ ムを制御する機能は含まれていません。初期起動プログラムを制御するには、下記の方法で設定を変更することが可能です。
ただ、レジストリを調整することになることになるので、自己責任でおねがいします。

1. [スタート]-[ファイル名を指定して実行] より MSINFO32 を起動する。
2. [ソフトウェアの環境]-[スタートアッププログラム] をクリックする。右側に、起動されるプログラ ムの一覧が表示される。
3. [スタート]-[ファイル名を指定して実行] より REGEDIT を起動する。
4. 2. で表示されたコマンドの文字列を検索し、保存場所を探す。
大抵、HKEY_LOCAL_MACHINE \Software \Microsoft \Windows \CurrentVersion \Run* や HKEY_CURRENT_USER \Software \Microsoft \Windows \CurrentVersion \Run に登録されて いる。
5. 場所が特定できたら、起動したくないコマンドのエントリを削除する。

また、Windows2000用のmsconfigというソフトがあります。
英語版だそうですが、どうでしょうか?

参考URL:http://www.nemu.to/tool/etc_variable.htm

こんにちわ。

Windows2000にはWindows98/XPのmsconfig(システム設定ユティリテイ)中の、自動起動プログラ ムを制御する機能は含まれていません。初期起動プログラムを制御するには、下記の方法で設定を変更することが可能です。
ただ、レジストリを調整することになることになるので、自己責任でおねがいします。

1. [スタート]-[ファイル名を指定して実行] より MSINFO32 を起動する。
2. [ソフトウェアの環境]-[スタートアッププログラム] をクリックする。右側に、起動されるプログラ ムの一覧が表...続きを読む

Q周波数応答のオープン特性とクローズ特性について

周波数応答のオープン特性とクローズ特性について質問です。
クローズ特性のゲインが落ち始めた後の傾きは、オープン特性の傾きと同じになるものだと思っていたのですが、異なる傾きの特性となってしまいました。
どうしてこのようになるかわかりません。
この場合、気にしなくてもよいのでしょうか?
それとも、どこか設計ミスがあるのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

両者特性グラフをを重ねてください。同じはずですよ。閉回路ゲイン低下後の10倍周波数後はどうですか?
低域周波数でのゲインは違いますが、回路ゲインが同じになり、その後の低下傾斜は同じはずです。
厳密に言えば違いますが、簡単に言えば、ゲイン低下開始後は、帰還回路が無いのと同じになるということです。
開放ゲイン特性及びゲイン低下開始以降の特性は帰還回路以外の、元の回路定数解析が必要です。

Qシステムリソースの空きについて。。。

OSはMeでメモリーは元々128MB、さらに128MBを足して
今は256MBになっているはずなんですが、
システムリソースがいつも不足気味です。
常に動いているアプリケーションはインターネットセキュリティーとアンチウィルス、くらいですが、空きが20%くらいしかありません。
メモリー増設前からこの状態で、増設しても変化が感じられないのですがなぜでしょう。
システムリソースの空きを増やす方法をどなたかご存知ないですか。

Aベストアンサー

こちらをご覧下さい。
http://homepage2.nifty.com/winfaq/sysres.html

参考URL:http://homepage2.nifty.com/winfaq/sysres.html

Q1次システムのゲイン特性について

1次のシステム
 H(z) = (a1 - z^-1) / (1 + a1*z^-1)
の周波数応答H(e^jw)についてのゲイン特性
 |H(e^jw)| = 1
となるようなのですが、計算しても1になりません。
ゲイン位相
 argH(e^jw) = tan^-1((a1^2 + 1)/(a1^2 - 1)tan(w))
も求められませんでした。
計算方法が間違っているのかもしれませんが
どなたかわかる方がいらっしゃったら教えてください。

Aベストアンサー

もとの、H(z)の式に間違いがあるような気がします。

H(e^(jw))で、w=0のとき、H(1)=(a1-1)/(a1+1)になるので、
a1の実部が0でなければ、|H(1)| != 1 になるような。

Qシステムリソースの空きを増やそうとしているのですが…

Meの問題点リソース不足を解消したいのですが
『スタートアップ』からチェックをはずしたいと思って
もどれをはずしていいかわかりません。

System Tray
Scan Registry
Task Monitor
Load Power profile
Hidserv
PC Health
NAV Agent
iamapp
Load QM
DXM6Patch_981116
LV Come
Tk BellExe
Load Pawer Profile
SSD PSRV
*SateMgr
Scrip Blocking
nisserv
Stilllmage Monitor
Scheduling Agent
SAgent2 ExePath
NK Vw Mon.exe
エプソンの環境設定
MjMem

以上にチェックがついています。
調べて幾つかチェックをはずしたのですが今度見るとまた
ついているみたいです。

再起動後に『起動オプション・・・・』っと言う画面が
出ます。
『起動オプションを選択する』にはすべてチェックが入
っていました。

よろしくお願いします。

Meの問題点リソース不足を解消したいのですが
『スタートアップ』からチェックをはずしたいと思って
もどれをはずしていいかわかりません。

System Tray
Scan Registry
Task Monitor
Load Power profile
Hidserv
PC Health
NAV Agent
iamapp
Load QM
DXM6Patch_981116
LV Come
Tk BellExe
Load Pawer Profile
SSD PSRV
*SateMgr
Scrip Blocking
nisserv
Stilllmage Monitor
Scheduling Agent
SAgent2 ExePath
NK Vw Mon.exe
エプソンの環境設定
MjMem

以上にチェックがついていま...続きを読む

Aベストアンサー

 一般的には、

1 SystemTray(タスクトレイ)

2 ScanRegistry(起動時のレジストリバックアップ)

3 LoadPowerProfile(省電力機能)

はWindowsの重要モジュールで、起動のトラブルを招く恐れがあるので、解除しない方が無難だと言われています。(http://homepage1.nifty.com/masawat/sen_html/resource.html)


 それで、私は本当だろうか、と思いすべて解除してみましたが、問題なく動いています(他の人には勧めていませんが)。


 まあ、詳しくはhttp://homepage2.nifty.com/winfaq/sysres.htmlを参考にしてください。「止めないことを推奨」とか、「停止を推奨」とか記されています。

参考URL:http://homepage1.nifty.com/masawat/sen_html/resource.html

Q位相交差角周波数 と ゲイン余裕 について

位相交差角周波数は周波数応答関数の虚部が0になる点で合っていますでしょうか。

一巡伝達関数が G(s)H(s) = K/s(s^2+2s+4) のとき、
周波数応答関数 G(jω)H(jω) = (-1/ω)*[2ωK/{4ω^2+(ω^2-4)^2}-K(ω^2-4)j/{4ω^2+(ω^2-4)^2}] で合っていますでしょうか。

ということは、
(ω^2-4)/{4ω^2+(ω^2-4)^2} = 0
ω=2
が位相交差角周波数ということでしょうか。

また、ゲイン余裕というのは
gm = -20ln|G(jω)H(jω)|
gm = -20log(10,|G(jω)H(jω)|)
のどちらが正しいのでしょうか。自然対数なのか、底が10の対数なのか、分かりません。

Aベストアンサー

>位相交差角周波数は周波数応答関数の虚部が0になる点で合っていますでしょうか。
>一巡伝達関数が G(s)H(s) = K/s(s^2+2s+4) のとき、.......

位相交差角周波数の定義は、「位相が -180 度になるときの角周波数」がふつうみたいです。

例示された場合なら、
  arg(G*H) = -arg{s(s+1)^2}|_s = jω
 = -(π/2) - 2*atan(ω)
なので、2*atan(ω) = (π/2) になるωだと思います。

>また、ゲイン余裕というのは
>gm = -20ln|G(jω)H(jω)|
>gm = -20log(10,|G(jω)H(jω)|)
>のどちらが正しいのでしょうか。自然対数なのか、底が10の対数なのか、分かりません。

ふつう使う dB 表示なら、下の式です。
  

Qスタート→プログラム→???

いつもお世話になっております。またまた、疑問というかパソコンが変なのでお聞きしたいのですが・・スタート→プログラム→と進んでいくと今までだったらバアーッと色々出てきて、駅すぱあとを利用したり、ゲームをやったり出来たのですが、数日前からスタート→プログラム→スタートアップになってしまって何にも出てこない状況です。このパソコンはもらい物で6年くらい前のものだそうです。私はパソコン初心者のためこれが一体どういう状況なのかさっぱり分からないのですが・・どなたか分かりやすく教えてください。

Aベストアンサー

表示がおかしくなる前に何か設定を変えたり、アプリをインストールした経験はないですか?

まずはシステムの復元を試してみてください。

参考URL:http://www-06.ibm.com/jp/domino04/pc/support/beginner.nsf/btechinfo/SYB0-02AAB50


人気Q&Aランキング