大腸にできたポリ-プって手術しなくても薬で治るものなのでしょうか?お教え願います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「大腸ポリープ、ガンについて」
さらに
http://daichou.com/method.htm
(内視鏡によるポリープ切除の方法)
http://leo.city.naze.kagoshima.jp/housecall/cgi- …
(結腸直腸のポリープ)
このページで「原因と危険因子」「治療」と関連リンク先を参照してください。

憩室炎であれば薬剤治療もあるようですが・・・?
ポリープは内視鏡下によるオペが適応だと思います。

ご参考まで。

参考URL:http://daichou.com/polyp.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考資料など細かくご回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/05/18 02:28

大腸ポリープの大半は、腺腫とよばれるもので、前癌状態と考えられており、約一割程度は癌になると考えられています。


現在、大腸ポリープの治療は、その大部分が内視鏡的に行われます。茎のあるものは、そこに金属の輪をかけて焼き切りますし、そうでないものも、粘膜に生理食塩水を注入し膨らませて切除したりします。もちろん、癌化したものは、その進達度にもよりますが、手術の適応になることがあります。薬では、治りません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりました。ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/05/18 02:27

それ以上大きくならなければ大丈夫ですが、ポリープから悪性腫瘍(ガン)


に変化するケースもありますので手術がいいと思います
今の技術ですと内視鏡による手術のためお腹に1センチの切開を三カ所だけです入院は1泊2日で当日シャワーも出来るそうです
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ポリープと言ってもガンの子供みたいなものなんですね。ご回答ありがとうございます

お礼日時:2001/05/18 02:30

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q骨折? 治療しなくても自然治癒できますか?

旅行中、バスの棚に置いた25キロほどのスーツケースを取ろうとした時、うまく取れず右足薬指の上に落ちました。
直後、赤く腫れ痛みもありましたが、
旅行中だったので氷で冷やし、足をかばいながら歩き旅行を続けました。

それから10日が経ちましたが、一向に腫れは引きません。
安静にしていれば痛みませんが、上から押したり、
歩いたり、ぴったりした靴を履くと、強い痛みがあります。
指は、曲がります。

足の、しかも第4指だし、骨折だとしても放っておいたら治るだろうと思い、10日も経ってしまいましたが、
今更ながら病院へ行くほど重症なのだろうかと心配になってきました。

海外在住で言葉・保険などに制限があるため、
できれば、自然治癒できたらいいなと思っているのですが。

アドバイスをお願いいたします。

Aベストアンサー

最低一度は病院に行くことをお勧めします。

というのも、基本的に骨折の治療というのは、自然治癒ですから、その意味では病院はかならずしも必要ありません。骨折にいたらずヒビが入っただけであれば、あるいは骨折しても骨がずれていない場合には、そのまま固定することで治ります。


しかし問題は骨がずれている場合です。この場合ずれたままで固定されてしまうと元には戻せなくなります。これはレントゲンを撮影すればすぐにわかります。

あと自分で固定できればよいけど、うまい固定方法がないと、こちらも病院で固定してもらう話になります。一度固定されればあとは2ヶ月ほどそのままにすれば骨はつきますので、その後リハビリして動かすようにすればよいです。

つまり初め一回だけは受診したほうがよいです。そのあとは自然に直してもかまいませんが。

Q大腸手術後の吻合不全で、食べ物が通りません。

87歳の母が大腸手術後、腸閉塞をおこしました。小腸と大腸のつなぎ目のところがふさがっていて、いまだ食事もできず、これからどうなるのか心配と不安でいっぱいです。
アドバイスをよろしくお願いいたします。


大腸(小腸に近い部分)にポリープができて5月26日に手術。
内視鏡が通らないため(5月6日から入院して何度も内視鏡を入れてみられましたがだめでした。)腹腔鏡下手術をしました。

6月8日に退院。
傷から汁が出ていたのでつけかえに近所の病院に行くように紹介されました。

6月9日に具合が悪くなり、紹介された近所の病院に行くと腸閉塞といわれ、絶食点滴。

6月15日の昼から、再び食事開始。
6月16日に具合が悪くなり、再び腸閉塞を起こしかけているとのこと。

それ以来、首から高濃度の栄養を点滴で入れています。

6月27日お尻からバリウムと空気を入れた。
画像をみせてもらったがバリウムは大腸の中だけに白くうつっていた。小腸には行っていなかった。
下からはダメでも上からだったら穴が開いていたら通るかもしれないので、上からバリウムをいれてみますとのこと。腸が通ってないし、活動が弱いので大丈夫か聞いたら、水溶性で体の中に吸収されていくものを使うとのこと。
でも心配です。下から入れたあと、6月30日朝37度7分。7月1日朝38度8分熱が出て、解熱剤を入れています。
7月1日(今日)上からバリウムを入れ、今後のことを決めていきます。手術をした病院の先生にも連絡をとりますというようなことをいってありました。

87歳と高齢であるので2度の手術はさけたい気持ちでいっぱいですが、素人から見ても状況がきびしそうです。
先生はもし手術になったら、バイパスをつける方法もあるしというようなことを言ってあったのですが、くわしくは言われませんでした。

今度はちゃんと普通に生活できるようにしてあげたいのです。それにはどんな方法があるのでしょうか。
また、セカンドオピニオンを受けたくてもどこに行っていいかわかりません。よい病院(先生)がおられたら教えてください。遠くてもかまいません。(できたら西日本を。)
アドバイスをどうぞよろしくお願いします。

87歳の母が大腸手術後、腸閉塞をおこしました。小腸と大腸のつなぎ目のところがふさがっていて、いまだ食事もできず、これからどうなるのか心配と不安でいっぱいです。
アドバイスをよろしくお願いいたします。


大腸(小腸に近い部分)にポリープができて5月26日に手術。
内視鏡が通らないため(5月6日から入院して何度も内視鏡を入れてみられましたがだめでした。)腹腔鏡下手術をしました。

6月8日に退院。
傷から汁が出ていたのでつけかえに近所の病院に行くように紹介されました。

6月9日に具合が悪くなり...続きを読む

Aベストアンサー

(Q)どんな手術方法があるのか知識を持っていたいと思ったのですが・

(A)患部を切り取り、再度、端と端を吻合(くっつける)方法があります。
前に吻合した患部の状態が悪いときに使います。

側側吻合という方法もあります。
腸の端と端を吻合するのが普通の方法ですが、
これは、腸の横と横をくっつける方法です。

両手の人差し指を出してください。
指先同士を吻合するのが、端端吻合。
それに対して、指を重ねてください。
その重なった部分を吻合するのが、側側吻合です。
こうすると、吻合部分の面積を広くすることができるので、
狭窄防止(閉塞防止)に役立ちます。

または、今回、狭窄した部分は、そのままにしておいて、
別の部分でバイパスの吻合をする方法もあります。
左右の人差し指同士をくっつけたまま(今、閉塞しているの吻合部分)、
両手を合わせてください。
人差し指を曲げて、円を作ってください。
指の付け根が重なります。そこにもう一つ吻合(側側吻合)を
作ることで、バイパスとする方法です。
先生の言っていた、バイパスとは、このような方法だと思います。

Q大腸カメラ(大腸ファイバースコープ)に関して

大腸カメラ(大腸ファイバースコープ)に関しての質問です。

私の知っている某病院では大腸カメラの検査をする際に、必ず勤務員の一人がお腹の圧迫のためについています。検査開始から終了までほとんどずっと、お腹の圧迫をしてカメラが入りやすいように介助しています。

そこで、質問なのですが、最近では、大腸検査の時に、腹部を圧迫しながらカメラを挿入していくことが「一般的」なのでしょうか?

医療関係者の方々や、患者さんとしてこの検査を受けられた方々のご意見が頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

都内の病院で外科医をしております。
私はその病院で”消化器内視鏡”の認定医をしております。
大腸ファイバーはおよそ130cmほどありますが、肛門から直腸、S状結腸、下行結腸、横行結腸、上行結腸、そして盲腸まで挿入しなければなりません。
腸は伸縮に富み伸ばせば、下行結腸と横行結腸くらいで軽く1メートルを過ぎてしまいます。
そのため腸を”たぐり寄せ”ながらスコープを挿入していきますが、腹膜に固定されているのは下行と上行の結腸のみで他はどこにも固定されていないためにS状結腸やトランスと呼ばれる横行結腸がファイバーの通過時に伸びます。
腸が伸びると、患者さんにかなりの激痛があり、”お腹に”力が入るためファイバーを押し出そうとする力が働き、肛門が締め付けられるためにファイバーが進んで行きません。悪循環となってしまうのです。
そのために、大きな病院等では”消化器内視鏡技師”と云う消化器内視鏡学会の認定資格を持った職員や看護婦が検査に立ち会い(介助)必要に応じて”手圧迫”と云う技法を用います。伸びやすい腸に手を押し当ててファイバーの通過時に腸が伸びない様に”押さえて”いるのです。
施行医師によっては全く”手圧迫”を必要としない医師や”手圧迫”が無いと最後まで(盲腸部)ファイバーが入らない医師等、様々です。
大学病院等の大規模病院では”外科や内科で編成している”内視鏡班”と云う医師のグループがありますが、一般病院では、内視鏡経験のある医師が主となり内視鏡を行っている所もあります。
俗に云う”胃カメラ”が上手な医師でも大腸ファイバーは出来ない・・・と云う方もいらっしゃいます。
やはり、認定医制度をとっていますので、認定医がいる病院では、あまり”手圧迫”は行っていないのではないでしょうか?
しかし、一概にそれだけではなく、患者さん十人十色で腸の長さが様々ですので長く入りずらい患者さんは上手な医師でも”手圧迫”が必要な時もありますね。
胃カメラ(上部ファイバー)、下部ファイバー(大腸)問わず、現在の検査では施行医師の他に必ず先程書きました消化器内視鏡技師や看護婦が介助役として検査には最初から最後まで立ち会う事がとても多いですね。
これは施行中の変化に薬剤投与等の処置が必要な為ですので何卒、ご理解下さい。

都内の病院で外科医をしております。
私はその病院で”消化器内視鏡”の認定医をしております。
大腸ファイバーはおよそ130cmほどありますが、肛門から直腸、S状結腸、下行結腸、横行結腸、上行結腸、そして盲腸まで挿入しなければなりません。
腸は伸縮に富み伸ばせば、下行結腸と横行結腸くらいで軽く1メートルを過ぎてしまいます。
そのため腸を”たぐり寄せ”ながらスコープを挿入していきますが、腹膜に固定されているのは下行と上行の結腸のみで他はどこにも固定されていないためにS状結腸やトランスと呼...続きを読む

Q教えて下さい。 低温火傷し植皮手術も勧められているんですが入院、手術で

教えて下さい。 低温火傷し植皮手術も勧められているんですが入院、手術での金額はいくら位でしょうか?だいだいでいいので教えて下さい。

Aベストアンサー

金額については判りませんが、植皮をする事になれば、2週間以上の入院と共にさらに体の別の部分に新しい傷を作り、「絶対安静」と「入浴禁止」が待っています。
また修正のための2回目、3回目の手術を行う事もあります。

あなたが現在受けている治療は、ガーゼに抗菌軟膏(クリーム)をべったり塗って貼るという従来の治療法ですね?
今は湿潤療法という最新の治療法が普及してきて、全国でもこの治療法に切り替える病院が増えてきています。
湿潤療法では、低温火傷等の深い火傷でも、時間は掛かりますが上皮化させます。

植皮は極力避けたいと思っていられるのでしたら、先日このサイトで、同じような低温火傷での植皮の質問に、2回連続で詳しく回答していますので、参考にされると良いと思います。

http://okwave.jp/qa/q5820150.html

現在は、偶然にも受診した病院が湿潤療法を行っていたり、ネット等で調べて湿潤療法の病院へ転院された方はラッキーで、医師の言われるまま「ガーゼ治療は痛いのが当たり前なので我慢して続ける事」を正しいと信じて受けている方はアンラッキーといった状況です。
正しいと思っていた治療が間違っていた事がわかっても、大きな病院や熱傷専門病院は各種の事情ですぐに湿潤療法に切り替えられず、医療の現場も混乱しているくらいです。

何年か後には、湿潤療法が主流になりますが、その時には植皮の痕はもう戻りません。

金額については判りませんが、植皮をする事になれば、2週間以上の入院と共にさらに体の別の部分に新しい傷を作り、「絶対安静」と「入浴禁止」が待っています。
また修正のための2回目、3回目の手術を行う事もあります。

あなたが現在受けている治療は、ガーゼに抗菌軟膏(クリーム)をべったり塗って貼るという従来の治療法ですね?
今は湿潤療法という最新の治療法が普及してきて、全国でもこの治療法に切り替える病院が増えてきています。
湿潤療法では、低温火傷等の深い火傷でも、時間は掛かりますが上皮...続きを読む

Q股関節の手術後,ほとんど歩けなくて困っています。

 知りあいが困っています。何か良い情報がありましたら,教えてください。
 股関節の人工関節手術後,股関節脱臼と感染により,人工関節を抜去し,ほとんど関節がない状態です。一応,杖を使って歩くことは可能ですが,関節が非常に不安定で杖なしではまったく歩くことができません。かばって歩いているうちに反対側の足,特に膝も痛くなってきております。
 主治医には再手術で人工関節を入れることは不可能といわれております。
 手術前はゴルフなどもできるほど,元気に動くことができました。関節を固定して関節を安定させ,とにかく歩行ができるようにしたほうが良いのではと話をしてくれる人もいます。
 セカンドオピニオン,良い治療法あるいは手術のうまい病院や医師,なんでも良いです,情報がありましたら教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>人工関節を抜去し、ほとんど関節がない状態です。一応,杖を使って歩くことは可能ですが

人工関節というと「骨盤側の臼」と「大腿骨の骨頭」と両方とも置換&取り去ったのでしょうかね?

その方の詳しい情報が無いので自信ないのですが、股関節を構成する骨等が無い状態で歩き回る事は、(私としては)お勧めしません。患側には加重出来ませんから、多分「ほとんど片足歩き」のような感じだと思います。良いほうの膝は更に負担がかかりますし、骨の無い関節部もどんどん破壊される危険があります。

周囲の骨がしっかりしていれば再手術の可能性は否定されません。「再手術不可」ということは、「もともと骨がかなりもろく」て、はじめの手術も「上手くいくかどうかの賭け」だったのだと思います。そして「感染によって骨が結構ひどく障害を受けてしまった」ために、たとえ再手術してもセメント(接着剤・パテ)やスクリュー(ねじ)等による固定が上手くいかないであろう と、担当医は考えておられるのでしょう。

セカンドオピニオンを求められるのでしたら、人工関節置換術をよくおこなう先生に診てもらえるといいですね。例えばリウマチ患者さんが遠方からも集まるような、入院施設もしっかりしている整形外科(総合病院や大学病院も○)が近くにあると宜しいのですが。。。
とりあえず、ある程度の規模の病院にいる整形医にお尋ねになるとイイです。詳しい先生の紹介もしてくれると思います。

「受傷以前の状態に戻ろう」とこだわったり、「歩くことに固執」しないほうが、かえって予後が良いものになりそうな気がします。車椅子を上手に使う練習をおこなうほうが、結果としてその方のQOLを上げるかも知れません。

ただ、良い治療法が見つかるか開発される日までに お尻周りや下肢の筋肉が落ちないように、筋トレはずっと続けて貰ってください。関節部は動かさずにグーッと力を入れ続けるような感じで です。(骨の状況に合わせてエクササイズ・プログラムを組む必要があるので、実際の訓練担当の意見を守ってもらってください。)

以上、簡単ですがご参考まで

>人工関節を抜去し、ほとんど関節がない状態です。一応,杖を使って歩くことは可能ですが

人工関節というと「骨盤側の臼」と「大腿骨の骨頭」と両方とも置換&取り去ったのでしょうかね?

その方の詳しい情報が無いので自信ないのですが、股関節を構成する骨等が無い状態で歩き回る事は、(私としては)お勧めしません。患側には加重出来ませんから、多分「ほとんど片足歩き」のような感じだと思います。良いほうの膝は更に負担がかかりますし、骨の無い関節部もどんどん破壊される危険があります。

周...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報