親子におすすめの新型プラネタリウムとは?

先日、為替手形を受け取りました。

引受人側にて発行された手形で、金額も引受人が記入しています。
しかし、手形に印紙が貼られていませんでした。

印紙税はどちらが負担する義務がありますか?

手形を受け取った側として、領収書を発行する際にも印紙を貼らないといけないと認識しています。
為替手形を受け取った場合、手形と領収書と両方負担しなくてはいけないのでしょうか・・・。

教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

為替手形だろ?振出人欄が白地だけっつーことなら、その手形を発行した者が納税義務者よ。

引受人が発行したんなら、そいつが納税義務者っつーことよ。

つーか、みんなが迷いそうな事柄はこういうところに書いてあるものよ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/inshi/7103.htm


それとな、納税義務者と負担者とは似てるようで別物だから気をつけな。

分かりやすくいうと、納税義務者っつーのは滞納したときに税務署が向かっていける相手だ。負担者っつーのは当事者間の契約なり力関係なりで実質的に金を出すってことになった者だ。税務署は、誰が税額を負担するのかについては関知しねーっつーことよ。


もひとつ、「『最後に双方が署名捺印する事により完成し、課税文書となる物』の場合『最後に署名した者』が『完成者』となるので、最後に署名した者が印紙税を負担する事になる」っつーのは出鱈目か誤魔化しだからこれも気をつけな。

複数の当事者が署名ないし記名捺印する文書のうち、契約書みてーに当事者が共同で作成するものについては、印紙税法上それら当事者は連帯納税義務を負うのよ。この場合も誰が負担するのかは同じ話で、当事者間で決めることになる。税務署は関知しねー。貼ってなけりゃ、共同作成者の誰からでも税務署は印紙税も過怠金もぶん取れるのよ。


しかしよ、誰もきちんと答えてくれねーと参っちまうよな。すぱっと答えねぇ奴もいるしよ。真逆を答えちまう奴もいるしよ。どっちも分かってねーんだろうよ。

ANo.1やANo.5なんか税理士と名乗ってんだぜ?税理士がこの程度のことも分かんねーってんだからよ、嫌になっちまうよな。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

納税義務者と負担者について教えて頂き、すっきりしました。
力関係・・・ありそうです。

助かりました。

お礼日時:2012/07/24 12:14

肝心な手形当事者のことが書かれていませんが?それで「どちらが」と質問されても意味不明。


為替手形には発行時点で振出人、引受人、受取人の三者の当事者が存在します。このうち印紙税を負担するのは原則として作成名義人である手形振出人です。当たり前ですが、為替手形の性質上、引受人は振出人ではありませんから、通常印紙税を負担することはありません。ただし、発行時に手形金額が記載されていない不完全手形については、その金額を補充して完全手形とした者が印紙税を負担しますから、振出人が署名だけをして金額を記載せずに為替手形を引受人に提示し、引受人が金額を補充して手形を完成させたのであれば引受人が印紙税を負担することになります。また、振出人も引受人も金額を記載せず、受取人が金額を補充して完全手形にした場合には、受取人が負担します。
引受人が先に署名と金額記入をし他場合、振出人が署名していない手形は手形としては完成していませんから、その時点で引受人が印紙税を負担することはありません。法的に、引受人が為替手形として完成した手形を「発行」するということはあり得ないということです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

>為替手形には発行時点で振出人、引受人、受取人の三者の当事者が存在します。

手形について無知でした。ありがとうございました。

お礼日時:2012/07/24 09:29

>貼ってなくても文書としての効力は有効です。


原則はそうなのですが、印紙がないと銀行が取り立てに応じません。
従って最後に誰がはるかはともかく取り立てに出すのであれば貼っていないと現実的にその手形の取立てができないので手形としては不完全な状態ということになります。

為替手形の実務では、債務者である支払人(引受人)が最初に手形を作成して債権者の振出人に渡し、振出人が押印して完成させると言うことが多くあります。
この場合は印紙税法上の文書の最終的作成者は振出人ではないでしょうか。

実務上も印紙なしで支払人(引受人)から振出人に送られることが多いと思います。
少なくとも私の会社の得意先から送られてくる為替手形はそうでした。
印紙税を理由に取引を断るのも不合理なので、何も相手には言わずにこちらで印紙を張って取立てに出していました。
    • good
    • 2

**注意**



課税文書は「発行者と完成者が異なる場合があり、発行者が負担するとは限らない」と言う事にご注意を。

例えば「最後に双方が署名捺印する事により完成し、課税文書となる物」の場合「最後に署名した者」が「完成者」となるので、最後に署名した者が印紙税を負担する事になる。

「どちらが発行者であっても一切関係ない」ので注意すること。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

chie65535さん、回答ありがとうございました。

>「最後に双方が署名捺印する事により完成し、課税文書となる物」の場合「最後に署名した者」が「完成者」となるので、最後に署名した者が印紙税を負担する事になる。

とのことですが、今回の手形は
 
 引受人 : 記載済み
 金額  : 記載済み
 振出人 : 未記載 (私共の会社にて記載が必要) でした。

chie65535さんのご回答では、 振出人箇所に署名する当社が「完成者」となることになりますか?

すると、手形の印紙も当社負担、発行する領収書にも同額の印紙が必要となるわけでしょうか。
理解が間違っているようでしたら、ご指摘をお願いします。

お礼日時:2012/07/23 18:32

  約束手形及び為替手形は印紙税額一覧表の第3号文書に該当し、手形金額に応じて印紙税が課税されます


http://www.nta.go.jp/taxanswer/inshi/7103.htm

印紙税法
 (納税義務者)
第三条  別表第一の課税物件の欄に掲げる文書のうち、第五条の規定により印紙税を課さないものとされる文書以外の文書(以下「課税文書」という。)の作成者は、その作成した課税文書につき、印紙税を納める義務がある。
2  一の課税文書を二以上の者が共同して作成した場合には、当該二以上の者は、その作成した課税文書につき、連帯して印紙税を納める義務がある。

 なので作成者(手形の発行者)が収める義務があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

やはり、発行者が納める義務があるのですね。
もう少し勉強してみます。

ありがとうございました。

お礼日時:2012/07/23 18:34

印紙税は「手形を完成させた者」が納付する。



従って、手形を受け取った者が署名して手形を完成させる事を利用して、受け取る側に印紙税を負担させる事が出来る。

例えば、手形金額無しの手形を受け取り、後で受け取った側が金額を記入して手形を完成させた場合、金額を記入して手形を完成させた者が印紙税を納付する。

領収証の印紙税も「領収証を完成させた者」が納付する。
    • good
    • 1

>印紙税はどちらが負担する義務がありますか…



印紙税は、該当の文書を作成した者に課せられる税金です。
したがって、その手形を発行した者が負担しなければなりません。

>為替手形を受け取った場合、手形と領収書と両方負担しなくてはいけないの…

文書を受け取った者に印紙税を納付する義務はありません。
貼らなくて良いです。
貼ってなくても文書としての効力は有効です。
作成した者が脱税犯に問われるだけのことです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々に回答頂きありがとうございました。
勉強になります。

お礼日時:2012/07/23 18:19

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q為替手形の収入印紙貼付について

現在、商社で勤務しています。
売掛債権の回収では、「約束手形」がメインなのですが
時折、「為替手形」が混じります。
いつも疑問に感じていたのですが振り出された為替手形には、収入印紙が貼られていません。
収入印紙を貼付する印紙税義務は発生しないのでしょうか?約束手形では、普通無いケースですので教えて頂きたくお願い致します。

Aベストアンサー

印紙税法では約束手形・為替手形の区別なく、手形には所定の金額の収入印紙を貼るように規定されています。

収入印紙は「手形を完成させた」者が納付します。約束手形では金額、期日などとともに振出人が署名した時点で手形として完成しますので、その時点で収入印紙を誰が納めるのかが明確です。

ところで為替手形の場合、(手形を振り出す)振出人と(お金を払う)引受人は一般的に異なります。お尋ねのケースでは振出人欄が未記入で、引受人欄のみに署名された手形のことではないかと思います。

本来は振出人が引受人を指定して手形を振り出し、それを引受人が署名した時点で印紙税の納付が行われるのですが、逆の順番に、つまり先に引受人が金額や期日とともに引き受けの署名をしてしまって、買掛金の決済に使うことがよくあります。

この方法ですと、まだ振り出し人が署名していない(手形が完成していない)ので、引受人は印紙税を納付しなくて良いのです。つまり、約束手形のような使い方をしながら印紙税の納付を他人に押し付けるという商行為が一般的に行われているのです。商売の力関係がそうさせているのだと思います。

もちろん、このケースでは振出人が署名した時点で、印紙税を納付しなければなりません。

印紙税法では約束手形・為替手形の区別なく、手形には所定の金額の収入印紙を貼るように規定されています。

収入印紙は「手形を完成させた」者が納付します。約束手形では金額、期日などとともに振出人が署名した時点で手形として完成しますので、その時点で収入印紙を誰が納めるのかが明確です。

ところで為替手形の場合、(手形を振り出す)振出人と(お金を払う)引受人は一般的に異なります。お尋ねのケースでは振出人欄が未記入で、引受人欄のみに署名された手形のことではないかと思います。

本来...続きを読む

Q約束手形に収入印紙が貼られていません

先日、裏書譲渡された約束手形を受け取ったのですが、収入印紙が貼られていませんでした。裏書のものを受け取ったのは初めてだったのですが、はらなくてもよいのか?いや、そんなことはないだろうと思い、その会社に問い合わせたところ、「うちの会社は収入印紙は受取人に貼ってもらうことになっている」というように言われました。
これってあっていいことなのでしょうか?領収書の印紙も手形の印紙もうちの会社負担というのは、おかしいことなのではないでしょうかね?しかも高額の印紙です。

Aベストアンサー

約束手形の場合は、手形の作成者が印紙税の納税義務者ですので、受取人に印
紙を貼る法的義務はありません。
無視して、通常の手形として手形交換所(銀行)へ手続きを行ってください。
(回し手形にしても結構です)
印紙は手形要件ではありません。あくまでも印紙税法で定められた納税方法
が、手形への印紙の貼付であるだけです。

http://www.taxanswer.nta.go.jp/7103.htm

http://homepage2.nifty.com/kskt/kogitte&tegata.htm


>「うちの会社は収入印紙は受取人に貼ってもらうことになっている」というように言われました。

振出人が、質問者さんの会社の取引先であれば、無用な軋轢を避けるのも
商売の一環と考えるの一考です。後々の商売との損得勘定をした上で、質
問者さんの会社で印紙を貼るのも選択肢の一つです。
(理不尽な会社で、印紙税の脱税で指導を受け、逆恨みされてはかないま
 せん。上得意であれば損をして得を取るのも・・・)

廻り手形で、振出人は質問者さんの会社とは直接的な利害関係の無い会社
であれば、躊躇する必要はありません。印紙が貼ってあるかどうかを考慮
する事無く通常の処理を行ってください。
印紙税法上の脱税行為のペナルティを受けるのは、手形の振出人です。

約束手形の場合は、手形の作成者が印紙税の納税義務者ですので、受取人に印
紙を貼る法的義務はありません。
無視して、通常の手形として手形交換所(銀行)へ手続きを行ってください。
(回し手形にしても結構です)
印紙は手形要件ではありません。あくまでも印紙税法で定められた納税方法
が、手形への印紙の貼付であるだけです。

http://www.taxanswer.nta.go.jp/7103.htm

http://homepage2.nifty.com/kskt/kogitte&tegata.htm


>「うちの会社は収入印紙は受取人に貼ってもらうことになってい...続きを読む

Q手形の印紙額について

約束手形の印紙がくについて、疑問に思ったので教えてください。
取引先から、¥2,100,000-の手形をいただきました。
領収書を発行し、内消費税¥100,000-を但し書きして
税抜き額¥2,000,000の印紙400円をはりました。
でも、いただいた手形の印紙は600円でした。

経理をしていて聞くのも恥ずかしいのですが、手形も領収書と同じ税抜き額の印紙 400円ではないのでしょうか?
今後の為にも、ぜひ、教えてください。

Aベストアンサー

消費税を区分記載することによって、本体価格のみで印税額が決められるのは、次の文書であり、この中に約束手形は含まれません。
しかも、手形は必ずしも課税取引のみに使用されるわけでは決してありません。
もらった手形に消費税が含まれているかいないかなど、手形の要件に何ら必要ありません。
したがって、先方の貼ってきた 600円で間違いありません。

(1) 第1号文書(不動産の譲渡等に関する契約書)
(2) 第2号文書(請負に関する契約書)
(3) 第17号文書(金銭又は有価証券の受取書)
http://www.taxanswer.nta.go.jp/7124.htm

税金について詳しくは国税庁の「タックスアンサー」をご覧ください。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/index2.htm

Q為替手形の入金方法

平成17年1/31付の為替小切手を受け取りました。
支払期日は平成17年4/30で、振出人の記入はなく、支払人と、引受の企業名は同じで、収入印紙は貼ってありません。
受取人は、当社の名前が記入されています。
この場合、

(1)振出人は空欄のままでいいのですか?
(2)収入印紙を貼るのは当社ですか?
(3)裏書は必要でしょうか?
(4)期日前に銀行に持ち込んではいけないのでしょうか?

以上の事がわからないのですが、どなたか教えて下さい。

Aベストアンサー

手形は、期日前には預金口座に入金は出来ません。

まず、銀行に裏書をして「取立て」の依頼をします。
そうするし、支払い期日に資金化されて、預金口座に入金されます。
なお、支払地が地方の場合は、資金化するまで支払い期日より数日後になる場合があります。

銀行に「取立の依頼をしたい」と云えば、依頼書を渡されますから、それに記入して提出すれば良いのです。
参考urlをご覧ください。

銀行も説明不足ですね。

参考URL:http://www.fukui-iic.or.jp/nbss/gosoudan/qa/qa10/answer11.html

Q手形の領収証について

手形を取引先からもらいました。(金額は、\150,000)
そして、取引先から領収証と手形送付代金を送ってくれ。
と言われています。初めて、手形を扱うのでどうしたらいいのか、わかりません。とりあえず、領収証と送付代金を
送ろうと思うのですが、領収証の出し方さえわかりません。助けてください。 まず、領収証の紙(用紙)は、市販のものであればなんでもいいんですか?あと、但し書きには、なんと記入するのですか?ちなみに、\150,000なので、収入印紙は\200でいいですか?会社のはんこは、住所・法人名・代表取締役名+角印でいいのですか?
何個も質問してすみませんが、どなたか丁寧に教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

#2の追加です。
>取引をしている銀行とは、弊社の取引銀行ということですか?

そうです。

>あと、裏面に裏書して渡すというのは、法的に、債務保証するということとは、違うのですか?

債務保証とは違います。  
裏書とは、手形の裏面に手形の移動の経過を記載するものです。
それと同時に、その手形が不渡りになった場合は、受取人や取立を依頼した銀行に返済する責任が生じます。

参考urlをご覧ください。

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~VR5J-MKN/112-1.htm

Q約束手形を受取りました。領収書には3万円以上収入印紙を貼るのですか?

小さい町工場の経理をしています。はじめて約束手形を受け取りました。が当社が領収書を発行するにあたり3万円以上の手形だった場合、は領収書に収入印紙を貼るのでしょうか?前に手形の場合、収入印紙は不要と聞いたことがあるのですが。

Aベストアンサー

>領収書を発行するにあたり3万円以上の手形だった場合、は領収書に収入印紙を貼るのでしょうか?

金銭又は有価証券の受取書や領収書は、印紙税法の17号文書に相当しますので
収入印紙を貼付する必要があります。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/7105.htm
http://www.taxanswer.nta.go.jp/7141.htm


>手形の場合、収入印紙は不要と聞いたことがあるのですが。

手形の収入印紙と領収書の収入印紙
  手形 10万円~100万円 200年
  領収書 3万円~100万円 200円
手形金額が5万円の場合、手形には印紙は要りませんが、領収書には必用です。
 このあたりと混同されているのではないでしょうか。

Q相殺の領収書について

当社からA社に60000円の請求があります
A社から当社には10000円の請求があり
相殺でということで50000円の振り込みがありました

A社からは10000円の相殺分の領収書が届いており
本日当社にも10000円の相殺分の領収書を発行願いますというFAXがきました。

いままで相殺はあまりしたことはなく
領収書の発行もしたことはありません

同じ額の領収書が行き来するのは変ではないですか?
頭がこんがらかってしまいました

どなたか教えてください

Aベストアンサー

本来は6万円の領収書を発行するところでしょうが
振り込み分(5万円)は領収書が不要で残りの1万円
分の領収書を発行すればよいのでしょう。

Q受講料の仕訳の仕方

仕訳の仕方を教えて下さい。

仕事で必要な講習を会社負担で社員に受講させました。このとき、受講費用はどういう勘定科目にすればいいのでしょうか?

受講すると資格が得られるのですが、個人に対する資格ではなく、会社に対する資格となります。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

前の方が答えてみえるように「福利厚生費」で一般的にはよろしいかと思います。
また、講習会などがよくある場合には、「研修費」なんていう科目を使われても良いと思いますよ。
今年から「人材育成投資税制」なんてのも始まりましたんで、人材育成関係の費用だけ「研修費」なんていう別科目で管理しておくとわかりやすいかもしれませんね。

Q手形や期日指定支払の際の起算日について教えて下さい

みなさま、こんにちは。

支払手形や期日指定支払(振込)で20日締め、翌月16日起算、サイトは120日、支払日16日というような条件があるのですが、あまり理解できないので
どうか助けて下さい。

普通企業の締め日と起算日はいっしょにしないものなのですか?
20日に締めたら、その日を起算日にした方が楽なような気がするのですが。

またサイトが120日にもかかわらず、支払日が16日とあれば、支払日が優先
されるのでしょうか?
2月のように短い月を含む時は計算が大変そうですね・・・

どんなことでも結構ですので、教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>支払手形や期日指定支払(振込)で20日締め、翌月16日起算、サイトは120>日、支払日16日

例えば、3月10日に\100、同月15日に\200の取引があった場合、20日で締めます
ので翌月4月16日に\300の支払手形を振り出します。(支払手形で支払います)
また、サイトが120日なので8月16日に取引銀行の口座から\300引き落とされます。
それから「支払日16日」というのは「翌月16日起算」とイコールじゃないですか?

>普通企業の締め日と起算日はいっしょにしないものなのですか?

起算日の意味をどうとらえていますか?
例えば、末締め翌月末現金振込、という支払条件なら実質30日サイトの期日支払
と同じですから、締め=起算日になるでしょう。
支払手形の場合だと振出日=起算日ですね。先ほどの例なら16日が振出日です。
(通常、手形による支払日=振出日になると思います。)

>またサイトが120日にもかかわらず、支払日が16日とあれば、支払日が優先
>されるのでしょうか?

これはおそらく何かの間違いでしょう。

>2月のように短い月を含む時は計算が大変そうですね・・・

通常、30日を1ヶ月とします。企業によっては実日数による計算を行うところも
あります。

>支払手形や期日指定支払(振込)で20日締め、翌月16日起算、サイトは120>日、支払日16日

例えば、3月10日に\100、同月15日に\200の取引があった場合、20日で締めます
ので翌月4月16日に\300の支払手形を振り出します。(支払手形で支払います)
また、サイトが120日なので8月16日に取引銀行の口座から\300引き落とされます。
それから「支払日16日」というのは「翌月16日起算」とイコールじゃないですか?

>普通企業の締め日と起算日はいっしょにしないものなのですか?

起算日の意味をどう...続きを読む

Q期日現金とはどういうものなのでしょうか?

決済条件で

検収月末締翌月末60日手形
検収月末締翌月末60日期日現金

とあります。

ここでいう期日現金とは、どういうことなのでしょうか。

仮に60日後に現金ということであれば、
検収月末締翌月末60日期日現金といわずに
検収月末締翌々々月末現金でもいいのではないでしょうか。

または期日現金とは、手形のように銀行がその60日間、
いかなる場合も保証してくれるという意味なのでしょうか。

また単純な質問ですが、ここでいう期日とはどういう意味なのでしょうか。


有識者の方、ぜひともお答え下さる様よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

手形を発行するにあたって、当然負担が発生します。(発行事務、用紙代、管理、印紙税負担等)それを削減するために近年は大手企業を中心に「手形決済」から「期日現金支払」へ変更するところが増えているようです。

>ここでいう期日現金とは、どういうことなのでしょうか。
>ここでいう期日とはどういう意味なのでしょうか。
手形を発行しないが手形を発行したと同じ効果を持たせるため、90日後とか120日後などの決められた期日に代金として現金を銀行振込みする、ということです。信用取引のうえ成り立つ性格のものですが、やはり力関係が背後にあると言えます。

>または期日現金とは、手形のように銀行がその60日間、いかなる場合も保証してくれるという意味なのでしょうか。
=してくれません。

期日現金支払は手形とはちがって、割引きや回し手形ができないデメリットがあります。
でも、「ファクタリング会社」(売掛債権の支払保証や買取りを引き受けるサービスを提供する会社)を間に挟んめば、期日以前でも所定の手数料を払えば代金を受け取ることもできます。(手形割引きに該当します)
ファクタリング会社は大手都市銀行系の6社が主力で、銀行に問い合わせれば教えてくれます。

このような意味でも取引先が支払い条件を変更してきた時点でその背後にある事情を掴むのは重要なことだと思います。

因みに建設業界では下請業者利益保護のため手形支払から期日現金支払の変更は禁止事項です。(下請法)

手形を発行するにあたって、当然負担が発生します。(発行事務、用紙代、管理、印紙税負担等)それを削減するために近年は大手企業を中心に「手形決済」から「期日現金支払」へ変更するところが増えているようです。

>ここでいう期日現金とは、どういうことなのでしょうか。
>ここでいう期日とはどういう意味なのでしょうか。
手形を発行しないが手形を発行したと同じ効果を持たせるため、90日後とか120日後などの決められた期日に代金として現金を銀行振込みする、ということです。信用取引のうえ成...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング