道三が信長に会うために正徳寺で会見することになったとき 道三は物陰に隠れ信長を隠れ見ていましたよね?そのとき現れた信長は うつけの姿で こんなうつけなら正装する必要はないと道三は平服で会見場に行った
ところが さっきまでうつけ姿だった信長は凛々しいまでの正装をし威厳を放つ若殿姿になっていた…というエピソードですが

信長は道三が隠れて見ているのをしっててあえて うつけ姿をさらしたのか
それとも本当に普段のままの姿でいて 会見だからさあ着替えるかとなった ただそれだけの事だったのか?どっちが真相なのでしょうか?

後者だとしたら マムシと呼ばれた道三は意外とあぽ~んだったことになりませんか?
結局それで濃尾同盟が結ばれちゃうわけだし…

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 そのエピソードは小説などによく描かれるところですが、私は信じません。



 私は、道三は、信長と話し合ってその器量の大きさに惚れたのであって、服装は関係ないと思っています。

 なぜなら 道三が「信長は行軍中と同じ格好で来る」と信じていたら、なにも行軍中の姿(真実の姿)を見ようという発想は出て来ないはず。

 織田家の軍装や武器の種類・数を知りたいなら、雑兵にでも数えさせればいいわけで、自分の目で見る必要はありません。

 隠れて、自分の目で行軍中の信長を見ようとしたと言うことは、「信長が行軍中とは違うようすで自分の前に現れる」「盛装した姿を見ただけでは真実の姿は分からないかもしれない」と考えていたことを意味するはずだ、と思うのです。

 予想通り、盛装して現れたからといってなにほどのことやあらん。驚きも感激もしますまい。


 一般論、信長の立場としても、着替えるのは常識だったと思われます。

 あの時代、下位の者が上位の者と会うには服装から顔の上げ方、膝の進め方まで、作法があります。

 そのため、権力を握った後の信長から京都の奉行に任命された秀吉でさえ、たいへん苦労しています。

 もっと時代を遡る、信長若かりし頃、いかに下克上が始まったとはいえ、身分としても斯波家の家老の家臣の家系である信長が、美濃の主であり義父でもある道三に会うときに衣服を改めるのは当然だったと考えます。

 したがって、信長としても、なにか特別なことをしたという感覚はなかっただろうと思っています。


 私としては、道三と信長は(既存の小説では黙って飯を食べた、みたいなのが多いですが)、天下国家について語り合ったと思います。

 「義父上のなさった楽市楽座はすばらしゅうございます」「ほう、あれの良さに気がついたか。家臣どもにも、なにかと反対する者が多くて難渋しておるが」「いかさま、既存利益の上にあぐらをかいた者は反対いたしましょうな」

 などという会話の末、道三は信長の才能に気がついての同盟だと思っております。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そして息子の義龍がおろかだったという事ですね

お礼日時:2012/07/24 06:23

 小説ではそうなっているのが多いですが実際はどうなのかわかりませんが・・・・・・


移動ではラフな恰好の方がよいけど会見の場所では清掃してきたと言うことは、今で言うとTPOを使い分けている人物と見ることが出来ます。つまり信長が合理的な人物であることを表していると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

まぁ 信長も普通の格好なら道三の気持ちもわかりますが うつけ姿からの正装は してやられた と思ったのかもですね

お礼日時:2012/07/23 19:35

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q織田信長の子孫はどのような歴史を歩んだのでしょうか?

織田信長の子孫はどのような歴史を歩んだのでしょうか?
豊臣政権時、関原の戦後、徳川幕府時、幕末時、その後。。。

Aベストアンサー

そういったのはWikiが便利です。
↓は信長の次男 信雄の項 ですが、
ページの一番下にある「次代:織田高長」のリンクをクリックし、
高長のページの一番下の「次代:織田長頼」を...「次代:織田信武」を...1964年に亡くなった織田信大氏までたどっていけます。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B9%94%E7%94%B0%E4%BF%A1%E9%9B%84

あと、フィギュアスケートの織田信成選手も信長の子孫だとか...
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B9%94%E7%94%B0%E4%BF%A1%E6%88%90_(%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%AE%E3%83%A5%E3%82%A2%E3%82%B9%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%83%88%E9%81%B8%E6%89%8B)

Q【日本史・織田信長の死際の行動の謎】織田信長は本能寺に滞在中に家臣の明智光秀が攻めて来たという一報を

【日本史・織田信長の死際の行動の謎】織田信長は本能寺に滞在中に家臣の明智光秀が攻めて来たという一報を受けて、自分が普段座る鎮座に影武者の家臣を置いてその影武者に短い手槍を渡した。

織田信長本人は奥の間に移動して、明智光秀が攻め込む前に自害することを決意してすぐに自害用に家臣を連れて奥の間に行き介錯(かいしゃく)=自ら切腹した織田信長の首を跳ねる役の家臣を同行させて奥の間で自害した。

明智光秀がまだ攻め込こんでいないのになぜ明智光秀が攻め込むという一報を聞いて、明智光秀が攻め込む前に奥の間で自害したのか。

自害する必要がどこにあった?

なぜ織田信長は明智光秀と戦うという選択ではなく、最初から自害の道を選んでいたのか不思議じゃないですか?

おかしな話ですよね。

何かひっかかりませんか?

Aベストアンサー

光秀が攻めるときは、理詰めの確実な方法を取るはず。信長が前に出て戦闘状態になったら光秀の注文通り。
信長自身がしばらく生死不明という状況にするのが、あの夜の最善手だったからでしょう。
 事実、秀吉が引き返して山崎の合戦になったとき、秀吉側は、信長は脱出に成功、自分は信長の指示で指揮を取るという噂を流して、精神的動揺を誘ってます。

Q歴史物の読み方(例えば、織田信長とか)

現在、山岡荘八の織田信長を読んでいますが、地名が出てくると、チンプンカンプン。
字面を読んでいるだけの感じになります。
地図でもあれば位置関係を見ながら、どこに敵兵がいてとかもっと深く理解できるんでしょうけど・・

みなさんは、どのように歴史物を読んでいますか?

Aベストアンサー

jyuuza2 さん、こんばんわ。

そうですね。私も、御宿かわせみや幕末物を読んでいるときには江戸時代の古地図を参照しながら、読んでいます。

Q斉藤道三の紋章について

斉藤道三が意匠したという二頭立波の紋章とはどのようなものなのでしょうか?

詳しく出ているサイトはありませんか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

画像は参考URLを見ていただくとして(中頃に載っています)・・・
波紋自体は、武家にとっては人気のある家紋ですね。
波の勇壮さが、武を連想させるからとの理由です。

http://www.harimaya.com/o_kamon1/yurai/a_yurai/pack2/nami.html

参考URL:http://www2.harimaya.com/sengoku/html/saito_k.html

Q【歴史・安土桃山時代】安土桃山時代の100文って現在の貨幣価値で幾らですか?織田信長は安土城を地

【歴史・安土桃山時代】安土桃山時代の100文って現在の貨幣価値で幾らですか?

織田信長は安土城を地方の大名に見せるときに見学料として100文を摂取したそうです。

Aベストアンサー

当時は、金1両は約4000文でした。
1貫文は1000文で、1貫=10万円程度なので、4000文は4貫=40万円。
したがって、100文は1万円程度だと思います。
なかなか金儲けに長けている金額ですが、当時の安土城が見られるならば、私だったら1万円でもいいかな。

Q織田信長について聞きたいことがあります。

織田信長について聞きたいことがあります。 信長は本能寺で自害せず九州に逃れた説があると聞いたことがあります。 それは本当ですか?

Aベストアンサー

根も葉もない説ですね。本能寺は濠をめぐらした寺でしたから橋を渡って逃れるよりなく、一万の軍勢が取り囲んでいるところへ橋を渡って忍び出ることは不可能です。濠に飛び込んでも這い上がらなければならないのでこれもすぐに見つかってしまうでしょう。

Q中学の歴史について質問です。 戦国時代に織田信長が、1568年にほかの戦国大名よりも早く京都を抑え、

中学の歴史について質問です。
戦国時代に織田信長が、1568年にほかの戦国大名よりも早く京都を抑え、足利義昭を将軍としたのに、1573年に足利義昭を追放して、室町幕府を滅ぼしたのですか?

Aベストアンサー

元々、室町幕府はあまり他の大名を統制できるような力を持っていませんでした。
そして、応仁の乱を抑えられなかったことにより、完全に幕府、将軍の権力はなくなり、その時々の実力者が、自分の意向を世に広めるために、将軍の名前を使って命令をする、というような状態でした。
そのため、都合が悪くなると、将軍を退位させ、別の将軍を立てる、なんていうことも珍しくない状態でした。実際、足利義昭が将軍になる3年前には、義昭の兄である13代将軍・足利義輝が、近畿地方で一大勢力を持っていた三好氏によって殺害され、替わりに義栄が14代将軍として擁立される、ということまで起きています。

信長が義昭を将軍に添えたのも、理由としては同じです。
世の中に色々と命令などを出したいが、自分の名前で出すと周囲の大名たちの反発を生んでしまう。義輝を殺害して、義栄を擁立した三好氏と同じように信長も、義栄を追放して、義昭を擁立することで、義昭の名前を利用しようとしたわけです。
実際、足利義昭を将軍に添えてから数年で近畿地方における勢力を確立しました。
しかし、信長の力が伸びることに反発した義昭は、周囲の大名に対して信長を討って自分を助けよ、というような書状を出すなどしました。
信長としては、近畿地方をほぼ制した上に、自分の敵ばかりを作る義昭、室町幕府はもはや用無し。なので、追放し、幕府を滅ぼした、ということになると思います。

元々、室町幕府はあまり他の大名を統制できるような力を持っていませんでした。
そして、応仁の乱を抑えられなかったことにより、完全に幕府、将軍の権力はなくなり、その時々の実力者が、自分の意向を世に広めるために、将軍の名前を使って命令をする、というような状態でした。
そのため、都合が悪くなると、将軍を退位させ、別の将軍を立てる、なんていうことも珍しくない状態でした。実際、足利義昭が将軍になる3年前には、義昭の兄である13代将軍・足利義輝が、近畿地方で一大勢力を持っていた三好氏によ...続きを読む

Q織田信長が現実主義であることを物語るエピソードをお教えください。

織田信長はよく現実主義者だとよく言われますよね。
しかしそれを物語る具体的なエピソードは一般的には知られてはないような気も致します。
戦国時代は、多くの者が現実的だったでしょうし・・・。

勉強不足でお恥ずかしいのですが、「織田信長が現実主義であることを物語るエピソード」
について調べたのですが、よく分からなかったのでお教えください。

Aベストアンサー

黒人のヤスケに関するエピソードをご覧になれば、信長の現実主義者ぶりがわかると思います。
http://www.sabii.com/blog/archives/2005/03/118.php
http://blog.livedoor.jp/nobunaga_1534/archives/50938375.html

Q織田信長・徳川家康・豊臣秀吉 この3人をまとめてなんと言いますか? 歴史は苦手なもので…この3人はた

織田信長・徳川家康・豊臣秀吉
この3人をまとめてなんと言いますか?
歴史は苦手なもので…この3人はたしか、天下統一を目指していた方ですよね?

その辺を詳しく教えていただきたいです!!

Aベストアンサー

「(戦国)三英傑」でいいと思います。

Q武田信玄が斉藤道三と戦わなかった理由

武田信玄が諏訪を手中に収めたら美濃とは国境を接して隣国同士です
別に両家は同盟国でも婚姻関係にも無かった なぜ信玄は道三と戦わなかったのでしょうか?


後に上洛するさい わざわざ遠江に出て尾張ルートで上洛を目指しました
美濃を突っ切れば早かったと思うのですが(当時美濃は信長領でしたが) 一貫して美濃に手を出せない理由が何かあったのでしょうか?

Aベストアンサー

あ~同じ疑問持った事あります
いい加減に調べた事では

美濃方面からの進軍するには、信玄の領土の問題

1、進軍ルートが余り無かった

2、進軍ルートに不穏分子が多すぎた

などを、ある本で読みました


人気Q&Aランキング