液化石油ガス、高圧ガス、エルピーガスなどのガス関係の定義がよくわかりません。それぞれの定義を教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

液化石油ガスがLPG(Liquefied Petroleum Gas)で、これはLPガスそのものの事です。

原油精製の各段階で発生する石油ガスを液化したものです。
実際に家庭で使われているLPガスのほとんどがプロパンを主成分とする為にプロパンガスとも呼ばれます。都市ガスも以前はLPGでしたが、資源や環境の問題などの観点から急速に天然ガスへの移行が進んでいます。
都市ガスと、いわゆるボンベで供給されているプロパンガスの違いは、配管かボンベかという供給形態の違いと、LPGの種類です。一般的には都市ガスはプロパンガスよりは比重の軽いものが選択されていますが例外もあります。
100円ライターのガスはブタンガスですが、これもLPGのひとつです。
よく似た言葉でLNGというのがありますが、これは液化天然ガス( Liquefied Natural Gas)のことで、文字通り天然に存在するものを高圧で液化したものです。主成分はメタンで燃焼による公害物質の発生量が少ないクリーンなガスとされています。
高圧ガスというのはよくわかりませんが、液化などに伴い、高圧となったガス全般をさすのではないでしょうか。
    • good
    • 0

基本的には同じものと考えて言いと思いますよ。

ただし、高圧ガスの定義となると大きな枠で捕らえると下の方がおっしゃる通り圧力をかけたものを示しますが、液化に伴うのではなく高圧にすると液化するといったほうがいいのかも・・・またurinariさんが知りたいのは法的な定義だとしたら液化石油ガスとLPGは同じもので扱いは液化石油ガス法になり都市ガスでいうとガス事業法と同じようなものと思っていいです。また高圧ガスは高圧ガス保安法と言うものがあり実はこれも主にLPGの事となります。LPGの場合使う用途により自由に圧力を調整して使う事ができます。例えば一般家庭の場合は低圧、小規模業務用の場合は中圧、溶解炉など大規模工業用は高圧などと用途に合わせた圧力の調整ができる半面、危険度もそれぞれ違います。それを安全に使うために保安、管理するものが高圧ガス保安法です。熱量で言えばLPGは24000kcal、都市ガス13Aは12000kcalとLPGは熱量が高く、一般家庭に流れるガスの圧力もLPGは約3キロパスカル、都市ガス13Aは2,2キロパスカルと圧力も高い為いろいろな法律で規制されているのが現状です。参考になればいいのですが。
    • good
    • 0

専門家ではありませんが、僕自身で勉強した資料を申し上げます。

「都市ガス便覧」編者・田中義高/発行所・(株)技報堂です。この資料のなかに色々お尋ねのページが記載されております。ご参考までに申し上げました。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q高圧ガス のステッカー

高圧ガスのステッカーを貼っている車がありますが、
あのステッカーを一般車に貼ったら違法になりますか?

駐車場で車を探すのに便利なので貼りたいのですが・・・。

Aベストアンサー

あくまでも、危険物標識や高圧ガス標識は
該当する貨物を積載しているときには表示しなさいとなっているけど
空荷の時の既定は明確になっていない
危険物看板が固定で取れないものもあるので

ただ、たとえば
http://www.nara-kousha.or.jp/douro/2hanna/seigennhinmoku/seigenhinmoku.htm
のように、トンネルだと通行制限があるので
1BOXのように中が見えないと
おそらく警察などにとめられて職務質問を受けます

私はオープンの軽トラだったので気にしなかったですけど
箱車とかローリーだと、いちいち検問されるのを嫌がるので
基本的に空車のときは表示をはずしています

Q液化石油ガスの付臭剤について

LPG,LNGは無色・無臭で付臭剤を添加しているそうなのですが、その付臭剤とはどのようなものですか?また、添加する割合は?添加方法とは?
いろいろ調べてみたのですが良く分かりません。ご回答宜しくお願いします。

Aベストアンサー

LPGはエチルメルカプタン(これが主流なのかな?)
タンクで混ぜるのではなく、ローリー車や貨車又は船舶への出荷の時に添加します。
混ぜ方は色々ありますが普通は出荷量調整弁の上流側に定量ポンプで注入し調整弁でミキシングしています

Q高圧ガス移動監視者と製造保安責任者どちらを取得?

Wikipedhiaを見たら、『高圧ガス移動監視者講習は、前節にある高圧ガス保安協会が行う
講習である。よって、所定の高圧ガス製造保安責任者免状の交付を受けている者は、この
講習を受講せずに移動監視者になることができる。』と書いてあります。

高圧ガス製造保安責任者の資格をもっていれば、甲種でも乙種でも、申請するだけで、
高圧ガス移動監視者になることができるのですか?

ならば、これから資格を取るなら、高圧ガス製造保安責任者を取ったら、二つもらえることになるから
得と考えたらよろしいのでしょうか?

Aベストアンサー

「得」でしょうけど、取得の機会(回数)が違います。
高圧ガス移動監視者は年4回あるそうですが
高圧ガス製造保安責任者を取るには年1回11月に行われる試験に合格しないと。

参考URL:http://www.khk.or.jp/activities/regalexamination_course/course_b/course_trs_safetychf.html

Q石油は無限ですか?ある大学で水素と酸素ガスから石油を作る事が既に成功しておりますが、石油がなくな

石油は無限ですか?

ある大学で水素と酸素ガスから石油を作る事が既に成功しておりますが、石油がなくなったらどのようになりますか?
バイオエタノールですか?
電気ですか?
プラスな回答お願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

石油資源は地球が有限であるので有限な資源であることは確かです。
昔はあと20年でなくなると言われたりしましたが、今でも掘削をしているので、これからどの程度の掘削ができるのか判りませんね。

>水素と酸素ガスから石油を作る事が既に成功
これは何かの間違いです。石油は炭素と水素が主な元素ですので、酸素が幾らあっても石油はできません。

バイオメタノールでエタノールではありませんね。
これは問題が有って穀物を食糧資源にするかエネルギー資源にするかで人の食べるものに影響します。

石油もバイオメタノールも化石燃料にはかわりはないので、地球温暖化対策とは相反するものであることは確かです。
現実的に考えると原子力が補完していくないように思いますね。

Q高圧ガス関連

窒素ガスが充填された高圧ガスボンベ(7m3)を使って作業をする場合、高圧ガス保安法のどの部分が対象となりますか?

Aベストアンサー

こんにちは。私は高圧ガス製造保安責任者(乙種化学)の資格を(一応)保有している者です。
最初に高圧ガス保安法の条文が書かれたページを紹介しておきます(参考ページ[1])。なお以下の記述では、特に断らない限り圧力はゲージ圧(大気圧との差圧)です。高圧ガス保安法の記法に従っています。

まず作業自体についてのチェックポイントですが
(1)高圧ガスを製造する工程が作業に含まれるか
(2)何らかの装置を使う場合、装置内に(元ボンベ以外の)高圧ガス容器を抱いているか
です。高圧ガスの定義は高圧ガス保安法(以下、法)の第二条にありますからご覧ください。
高圧ガスの製造とは、何らかのガスを圧縮して高圧ガスにする行為のほか、圧力を下げて異なる状態の高圧ガスにする行為も該当します。加熱による加圧も確か該当したと記憶しています。ただし圧力を下げた結果、高圧ガスの定義から外れた状態のガスになるなら高圧ガス保安法上の「高圧ガスの製造」にはなりません。
高圧ガスの製造行為に該当する作業を行う場合、その製造量(1日あたり)に応じて第一種製造者または第二種製造者となり、申請(第一種)または届出(第二種)が必要です(法五条)。また当該の作業での高圧ガス製造量が小さくても、同一事業所内で他に高圧ガスを製造していて第一種製造者に該当していたりするといろいろと細かい規制を受けます。その際は事業所で、有資格の製造保安管理技術者や保安係員が選任されているはずですので(法第二十七条の二)、その方に相談して指示を仰いで下さい。

それから装置内に高圧ガス容器を抱いている場合について述べます。具体的にはボンベからのガスを、高圧ガスの状態のままどこかにいったん溜めてそれから使用するような場合が該当します。このような容器については製造時の検査と、その後の定期検査が必要になります(法四十一条~四十九条)。No.1のご回答で法四十四条の説明がありますがこれは基本的に装置(容器)メーカの責務ですので、容器を自作する場合を除いてユーザ側には関係ありません。
また高圧ガス容器に該当しない場合でも、容器の大きさと内圧によっては労働安全衛生法上の第二種圧力容器に該当し、定期自主点検が必要になります。
余談ですが実験装置などで窒素ガスやアルゴンガスを使う場合、ボンベのバルブの直後に減圧器を入れ、1 MPa以下に圧力を下げてから各部にガスを供給することが一般的です。(1 MPa以下に下げることで高圧ガスに該当しないようにしている)

消費行為だけでもガスの種類によっては届出が必要になりますが(法第二十四条の二)、これはシランやアルシン、液化酸素などの危険度の高い高圧ガスのみが対象で、窒素の場合は該当しませんから今回は検討しなくて大丈夫です。

次に貯蔵の問題に触れたいと思います。用いるガスが窒素のように危険度の低いガスであったとしても、300 m^3以上のガス(ボンベでの貯蔵も含まれる)を保管する場合は「貯蔵所」としての届出を都道府県知事に行う必要があります。さらに1000~3000 m^3以上(ガスの種類とその比率により異なる)になると申請が必要です(法第十五条~第二十条の三)。従ってヘリウムや窒素だけであったとしても、無制限にボンベを置いてよい訳ではありません。作業自体が高圧ガス保安法上何らの制限にかからないものであったとしても、貯蔵量の規定は別途考慮しなくてはならないということです。
h_i_r_o_b_o_wさんお勤めの工場の「置場」がどのくらいの規模で、制限量までどのくらいの余裕があるか分かりませんので確実なことは申し上げられませんが、置場の担当者の方と一度相談することをお勧めします。(置場のガスの量だけでなく、建屋内のガスの量まで考慮(合算)する必要があることもあります。置場の担当者の方で分からなければ後述のように都道府県庁の担当者に訊いてください)

今回のご質問に関しては、作業の詳細・装置の構造や、h_i_r_o_b_o_wさんお勤めの工場が高圧ガスに関して現在どのような状況なのかが完全に分からないと断言はできないこと、何卒ご理解ください。また私も単に装置ユーザの立場の人間であり、全ての作業や工程、基準に通じているわけではありませんので、万全を期すために最終的には作業地の都道府県庁の担当者に確認されることをお勧めします。(高圧ガス保安関連の管轄は都道府県です)

高圧ガス保安法上の規制に該当しなくても、定期的に装置の点検を行って記録を残したり、必要な安全装置(例えば酸素濃度計)を設けたりといった行為は行うべきことは申し上げるまでもありません。私は窒素ガスを使った実験をしていますが、酸素濃度計を設けた上に濃度計自体も月に一度動作チェックをして作業の安全を図っています。

[1] 高圧ガス保安法 http://www.houko.com/00/01/S26/204.HTM
[2] 高圧ガス保安法に関する説明 東京都の例 https://www2.kankyo.metro.tokyo.jp/hoan/hanbai/todokegaiyou.htm
[3] 高圧ガス保安法に関する説明 三重県の例 http://www.pref.mie.jp/SHOBO/gyousei/koatsu/
[4] 高圧ガス保安法に関する説明 岡山県の例 http://www.pref.okayama.jp/seikatsu/bosai/hoan_gas.htm
[5] 高圧ガス保安協会(参考になりそうな情報は意外に少ない) http://www.khk.or.jp/

参考URL:http://www.houko.com/00/01/S26/204.HTM

こんにちは。私は高圧ガス製造保安責任者(乙種化学)の資格を(一応)保有している者です。
最初に高圧ガス保安法の条文が書かれたページを紹介しておきます(参考ページ[1])。なお以下の記述では、特に断らない限り圧力はゲージ圧(大気圧との差圧)です。高圧ガス保安法の記法に従っています。

まず作業自体についてのチェックポイントですが
(1)高圧ガスを製造する工程が作業に含まれるか
(2)何らかの装置を使う場合、装置内に(元ボンベ以外の)高圧ガス容器を抱いているか
です。高圧ガスの定義は高圧ガス保安...続きを読む

Qロシア産の石油を「赤い石油」と呼ぶのはなんでですか? 共産主義の赤? あと日本の石油元売りが赤い石油

ロシア産の石油を「赤い石油」と呼ぶのはなんでですか?
共産主義の赤?
あと日本の石油元売りが赤い石油を嫌がるのはなんでですか?

どなたか教えていただきたいです

Aベストアンサー

「赤い原油」の赤は共産主義の赤です。ロシアはもう共産主義国ではありませんが、今でも旧ソ連のイメージがあるので赤い原油と呼ぶのでしょう。
日本の石油元売りがロシア産の原油を嫌がっているということはありませんし、実際かなり大量のロシア原油を輸入しています。ただ、ロシアはクリミア併合問題で欧米の制裁を受けていることから、あまり大々的には宣伝していません。アメリカあたりから変な干渉がかかると面白くないと思っているのでしょう

Q高圧ガスに関してですが、次の場合、高圧ガスの製造になるのでしょうか?

高圧ガスに関してですが、次の場合、高圧ガスの製造になるのでしょうか?
液化ガスをオートクレーブに仕込後、不活性ガスで2MPa以上に昇圧するという場合です。
そもそも高圧ガスの「製造」の定義がよく理解できておりません。法令集みても製造行為の定義らしきものが見当たらず、苦慮しております。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>高圧ガスの「製造」の定義
高圧ガス保安法にあるはずです。
「製造」とは、加圧、気化、減圧、配分など手段にかかわらず「高圧ガス保安法」に「高圧ガス」として定義される気体を作ることです。
だから、ボンベから小分けしたり、より低圧な状態にしたりしても出来たものが「法」に定められた高圧ガスになるなら全て「製造」です。
ただし、1MPa、0.1Lが下限です。

Q高圧ガス開閉器

高圧ガス開閉器(PGS)の処分はどのようにすれば良いのでしょうか。SF6のガスが入っていると普通に処分できないような気がするのですが、よくわからないのでご指導ください。

Aベストアンサー

普通はメーカーに戻して処分してもらいます。

Q高圧ガスボンベの一般家庭での保管はNGでしょうか?

高圧ガスボンベ(3.4L型 11.6MPa)を普通のアパートの一室に、持込、保管するのはやはり問題でしょうか?
もし問題でしたら、一般高圧ガス保安規則や高圧ガス保安法などのどこに抵触するのか?(調べてみましたが特に該当しそうなところは見当たりませんでした。。)
個人でガスボンベを所有する場合には、どのように保管すればよいか?(ガスキャビネットなどを用意すれば室内で保管して良いのでしょうか?あるいは室外で保管するのでしょうか?)

どなたか高圧ガス関係に精通している方はいらっしゃいましたら、教えてください。

Aベストアンサー

問題ありません。

高圧ガス保安法の該当部分は、一般則第18条第2項「貯蔵の方法にかかる技術上の基準」で、
 ・容器置場の周囲2mは火気禁止で可燃物も置かない
 ・40℃にならないようにする
 ・直射日光を避ける
 ・転倒防止措置を講じる
だけ守っていればOKです。

3.4L容器で11.6MPa充填ということは、貯蔵量は約0.4Nm3です。
貯蔵量が300Nm3以上になると、第二種貯蔵所として都道府県への届出が必要になり、
1階建ての建物でなければならず、2階建て以上の建物に貯蔵するならシリンダーキャビネットに
収納しなければならなくなりますが、
それ未満の貯蔵量であれば、規制事項は上記のみです。
同じ容器であれば、770本以上です。
そんなにたくさん持ち込まないでしょ?

Q高圧ガスやプロパン事業の業界のこれからについて

高圧ガスとLPガスの需要はこれからはどうですか?

転職活動中の者です。
高圧ガスの販売及び溶接材料機械工具などの販売やLPガスの販売を事業としている会社があり、少人数の会社ですが
創業は古く、給与面での条件が悪くないので、応募する対象として検討しようかと思っています。

ただ、HPなどはなく、情報が得られずで。。
ちなみに、市の消防署の指定の業者さんの中の一社ではあるようです。

この高圧ガスとLPガスの需要ってどうなのでしょうか?
LPガスってことはプロパンですよね?

このあたりでは、まだまだプロパンガスのお宅は多いものの、集合住宅などでは都市ガスも多くなっているようです。
プロパンって全国的にも減っていくものですよね?

地域性もあるのでしょうが、この先高圧ガスやLPガスの需要ってまだまだありますか?
ちなみにこのあたりは製造メーカーや工場が多い地域です。
求人には、不景気に左右されないとあります(ガスが必要なのは変わりませんものね)

厳しい業界が多いご時世ではありますが、こういったガスの会社って、安定性とか成長性といった面で、
どうなのでしょうか??

専門知識が全くないのでわかりません。

ご教授ください。よろしくお願いいたします。

高圧ガスとLPガスの需要はこれからはどうですか?

転職活動中の者です。
高圧ガスの販売及び溶接材料機械工具などの販売やLPガスの販売を事業としている会社があり、少人数の会社ですが
創業は古く、給与面での条件が悪くないので、応募する対象として検討しようかと思っています。

ただ、HPなどはなく、情報が得られずで。。
ちなみに、市の消防署の指定の業者さんの中の一社ではあるようです。

この高圧ガスとLPガスの需要ってどうなのでしょうか?
LPガスってことはプロパンですよね?

この...続きを読む

Aベストアンサー

プロパンガスはオール電化の普及などで減少傾向にありますがまだまだ需要は続くと思われます。
高圧ガスは工業用なので景気に左右されると思います。高圧ガスでも医療用などは需要が増えていくと思います。(微増かな)
プロパンで安定し、あとは営業努力で成長すると思いますが。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報