‘キトサンが食べたものの油分を吸着してそのまま排泄される為、身体に吸収されない’と知って早速ドラッグストアで買って飲んでいます。
しかし、キトサンとはどのくらいの量の油を吸着してくれるのでしょうか?
また、油の種類やちょうり法で違いがあるのでしょうか?例えば焼肉の油とヨーグルトに含まれる脂肪分などです。
ちなみに私の飲んでいる物は、キトサン100%のカプセルタイプです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

脂分をどのくらい吸収してくれるのかは分かりませんが


キトサンを摂取しているのであれば、水溶性のキトサンのほうが栄養価から吸収のスピードから断然いいですよ^^
    • good
    • 0

キトサンが脂肪を吸着して排泄するには訳があります。

脂肪、特に脂肪酸はマイナスになっています。細かい科学的説明はここでは抜きにします。一方キトサンはプラスなのです。そのときのpHにもよりますが、この作用で吸着排泄になるわけです。その昔は高脂血しょうなどの人にはプラスイオンのついた樹脂を摂取させていたこともあるそうです。キトサンは大きな分子なので、計算は難しいのですが、重量/170*6.2*10^23個の脂肪が付く概算になります。ただ、脂肪にはいろいろな大きさのものがあるので、おおむね(重量/170)*200gくらいの値を脂肪が付くのでいいのではないのでしょうか。実験値についてはしりません。
    • good
    • 0

sae777 さん こんにちは。


そもそも キトサンとは、
カニ殻などを加工して炭酸カルシウムやタンパク質、色素などを除くとキチンになります。キチンからアセチル基を除いてできるものがキトサンです。キトサンは、酢やクエン酸、乳酸、アスコルビン酸などの弱酸に溶けますが、水には溶けず、食品として食べてもほとんど体内に吸収されません。そして、このキトサンを特殊な技法で低分子化し、体内で十分に吸収できるようにしたものが水溶性キトサンです。

キトサンの効果について。
降コレステロール作用
血糖値調節作用
血圧降下作用
免疫力強化作用
抗血栓作用
細胞活性化作用
抗菌、抗カビ作用
腸内有効細菌増殖作用
重金属の体外排せつ作用
創傷治療促進作用
免疫力を高めたり、体内の有害物質を吸着排泄するなどの機能性食品です。
動物実験で血中コレステロール及び中性脂肪値の減少効果を確認。
が、一般的に 言われてます。

油分を吸着(ダイエットと解釈)ですが、抜粋書き

1994年5月、キリンビールは以下のような実験をもとに、キトサンに脂肪排せつ効果があると発表しています。

ラットを2群に分け、一方にはセルロース(食物繊維)を5%添加した高脂肪食を、もう一方にはキトサンを5%添加した高脂肪食を与えた。
2週後からラットのふんを採取し、脂肪吸収率(脂肪分の体内への吸収率)を観察した。
その結果、キトサンを加えなかった群の脂質消化吸収率が95%だったのに対し、キトサンを加えた群では50%となった。
さらに、キトサンにアスコルビン酸(ビタミンC)を加えて同様の実験を行ったところ、脂質消化吸収率は13%まで低下した。
また、同じキトサンでも、脱アセチル化度(精製度)の高いものほど、また高分子のものほど脂肪排せつ効果が高いことがわかった。

キトサンは あくまで免疫力を高めたり、体内の有害物質を吸着排泄するなどに、効果ありますが、動物実験の成果で、キトサンがダイエットに効果的とは・・・・・・・です。続けていても 体に害はないですが(用法容量信頼性を守るなら)油分除去は、有名では ありませんね。
ではでは。

参考URL:http://www.humanbalance.net/kitosan/
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qきのこキトサンと甲殻類キトサン

こんにちは!

少し教えて頂きたいのですが「きのこキトサン」と「甲殻類キトサン」とキトサンに種類がありますよね…。

母から「キトサンを飲め!」と言われ色々探しています。
母からは「蟹の甲羅から取れる~」と言われているので甲殻類キトサンの事だとは思います。

甲殻類キトサンの効果にみられる解毒作用をメインに探しているのですが、通販で探しても殆どが「きのこキトサン」しは見つかりません。

説明を読んでみると「甲殻類キトサンとは働きが異なります」と言った事が書いてあり、購入するに出来ない状態です。
「きのこキトサン」の油分の吸着を抑える・コレステロールのうんぬんは分かったのですが、肝心の解毒作用に関しては殆ど記載が無いのです。

きのこキトサンと甲殻類キトサンでは全く違うのでしょうか?
きのこキトサンには解毒作用はあるのでしょうか??

何方かご存知でしたら教えてください!

Aベストアンサー

No.1の者です。
どうも偏屈オヤジなもので投稿がお気に障りましたら申し訳ありません(周りからはいつも「デリカシーが無い」と言われています)

自分としては医者に処方された医薬品ですらあまり信用していませんからまして人づてに聞いたサプリメントや健康食品の類などほとんど「詐欺」に近い認識なものでついつい皮肉った投稿をしてしまった次第です。
本来の回答としましてはキノコから抽出しようが甲殻類の殻(キチン)から抽出しようがどちらも「キトサン」ですから成分が純粋に近ければ近いほど内容は同じ効能も同じであろう、ことだけ回答すれば良かったのかも知れませんね。

ただ・・・お母様のお近くの「専門家」の方ですけど「自分」は信用しませんよ、例え医学博士だったとしても。
自分の持論としては天然成分で身体に良いものがあるのならそれは食物を摂取するなかで自然に身体に取り入れるべきでわざわざ一部の成分だけ抽出して薬品として飲むなんて不自然だと思ってます。
そもそもそれじゃ「美味しくない」し、美味しくいただかなくちゃその食品に対して失礼だと思ってますから。

実はウチのカミサンのお母さんが健康オタクなもんでウチの食卓にも時々訳のわからないものが出てきたりします。ところが、若々しいお肌を保つためにコラーゲン入りのクリームだのなんだのを奨めて来る反面手羽先の煮込み等ゆっくりじっくり煮込む料理等はガス代を節約するつもりかなんか分かりませんが煮込み方が足りなくてコラーゲンを摂取するつもりなら全然物足りません。

そういった次第で「キトサン」とやらを摂取したいなら甲殻類やきのこを適切な調理で美味しくいただく中でごく自然に摂取するのはどうかな?と思ったわけでしてこれはこれで「ひとつの意見」としてご拝読いただけるなら幸いです。

No.1の者です。
どうも偏屈オヤジなもので投稿がお気に障りましたら申し訳ありません(周りからはいつも「デリカシーが無い」と言われています)

自分としては医者に処方された医薬品ですらあまり信用していませんからまして人づてに聞いたサプリメントや健康食品の類などほとんど「詐欺」に近い認識なものでついつい皮肉った投稿をしてしまった次第です。
本来の回答としましてはキノコから抽出しようが甲殻類の殻(キチン)から抽出しようがどちらも「キトサン」ですから成分が純粋に近ければ近いほど内容...続きを読む

Q油の消化吸収について

サラダ油を80g使用したお菓子を食べ、油分のカロリーを丸々消費できないとします。
そしたら摂取した油は80gそのまま体内に残って、そのまま80g脂肪として蓄積されますか?
それともある程度排出されて、体内に残って脂肪になるのは僅かですか?
摂取して残った分は全て脂肪となるのか気になります、詳しい方お願いします。

Aベストアンサー

体内に入った油のカロリーが消費されなければ、脂肪として蓄積されることは確かですが、
油にも種類があって、バターやショートニング、四足動物の油は融点が低く、体内で固まりやすいので脂肪にも変わりやすいと思います。
良質なサラダ油やエクストラバージンオイル、魚の油は、さらさらで体内でも固まりにくいと思います。

油は人の細胞をコーティングしているし、エネルギーにもなるしとっても大事です。
脂肪をつけたくないからといって油抜きの食事をしていると、鬱症状や冷え性、低体温乾燥肌になりやすい体になるそうです

もっと知りたい場合は、Momo Hosokawa LuvtelliIIを読んでみてください。

Qキトサン

アメリカに留学中で、しかもダイエット中です。
油っこいものを食べなければいけないときにキトサンを飲むようにしています。
日本の製品では食後に服用というのもあるのですが、私が使用してるものは食前30分前に服用と書いてあります。(お水1杯と)

その点で「?」となったのですが、基本的にキトサンはいつ飲むのが効果があるのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちわ。私もキトサンを1年位愛用してます。
特にダイエットの為というわけではないのですが、私も太りやすいので、現在の体重維持のために1日1回飲んでます(飲むといっても錠剤ですが)。おかげで一応ベスト体重を維持してます。。私のもcyatarouさんと同じで食前にとった方が効果的、とあったので、なるべくそうしてます。色んなキトサンがあって、いつ取るのが効果的か書いてないものもあるので、そういう時は食後すぐ!に取ってます。。その製品の注意書きに従って服用するのがいいのではないでしょうか? あまり助けにならずごめんなさい。(私も大昔USに留学した時、1年で10キロ近くデブになって帰国しましたー!こちらで和食に切り替え、またウーロン茶をすごく飲みつづけたら半年で戻りました。
cyatarouさんもUS生活&食事を楽しみつつ、油と砂糖の取りすぎにはどうぞご注意下さいね)

Q油の吸収率について

カロリー計算をする場合、フライやてんぷらなどの衣への油の吸収率は何グラムくらい吸収されるのでしょうか?

Aベストアンサー

素材によって、かなり違います。ですので、ひと口に言う事は出来ないと思います。
ちなみに、女子栄養大学出版部から「調理のためのベーシックデータ」という本が販売されています。(下記URL参照)
http://www.eiyo21.com/sinkan/index.html (上から6番目の本です)
この中に、揚げ物の吸油率(素揚げ・から揚げ・天ぷら・フライ)という項目があります。代表的?な素材、約10品目~約20品目の吸油率・給油量・カロリー等を知る事が出来ます。こちらを参考にされた方が良いと思います。

Q研究ブームが去ったキトサンですが

キトサンには、脂質の吸収阻害効果があるようですね。

そこで質問ですが、1gで、どれぐらいの脂質を集めることができるのでしょうか?

Aベストアンサー

MiJunです。

>学会誌でしょうね。
有料のデータベースで検索可能であれば、その方が早いでしょうね・・・?

特許ですが、
・特開H06-00717(特許2667351)
で、これはアスコルビン酸との併用です。
その中で引用されている文献として、
・Nagyvary,J.J.: Nutr.Rep.Int.20,677(1979)
・I.Ikeda: J.Nutr.119, 1383 (1989)
・特開H03-29017(日本化薬;キトサン+アルギン酸)
・小林ら 日本家禽会誌、28,88(1991)
(Abst:雛の血漿中トリグリセリド濃度の検討?)
これらの中で「特開H03-29017」しか内容はチェックしてませんが・・・?

ご参考まで。

Qカロチンの吸収と油の関係

私が小学生だったころの家庭科の教科書では、カロチンは油に溶けるから油で炒めると良い…といった具合に大雑把な説明だったと記憶しています。

どうしても油で炒めるんじゃないとダメなんでしょうか?
油に溶け出るとして、その油がフライパンに残ったりしてもったいないような…。
腹の中で一緒になれば良いというものではないのでしょうか?

例えば人参。
生の人参にドレッシングとかマヨネーズとかディップをつけて食べるんじゃダメなんでしょうか?
生と温野菜では違うんでしょうか?

油にも動物性植物性色々ありますが、吸収のしやすさに違いはあるのでしょうか?

Aベストアンサー

ビタミンは必須微量元素のことで、
ビタミンCとか水溶性ビタミンは、水に溶けて、尿や汗などで代謝されちゃうから定期的な補給が必要なんですが、
油溶性ビタミンって代謝されないので、体内で蓄積するんです。だから油溶性ビタミンの過剰摂取は、有毒で、長期的に深刻な病気になります。

で、ビタミンAの1日所要量って2000IU、ベータカロチン換算1200μg(マイクログラム)であって、0.0012g。
これ、人参だとたった23gでとれてしまいます。にんじんスティック1本ほど。
150gの普通サイズの人参一本で過剰摂取量に達します。緑の葉物野菜やワカメなど海藻にもカロチンが必ず含まれますので、日本人の日常生活では過剰摂取気味です。

生鮮野菜の全く手にはいらない中世の船乗りでもない限り、ビタミンA欠乏は全く考慮する必要がありません。
妊婦とかだと胎児に影響を与えるので、過剰摂取を気にして控えた方がいいくらい。

ビタミンは微量元素で、栄養はバランスであって、
栄養素を沢山摂取することが身体に良いと勘違いしないでください。
過ぎたるは及ばざるが如しで、身体に悪いこともたくさんあります。

ビタミンは必須微量元素のことで、
ビタミンCとか水溶性ビタミンは、水に溶けて、尿や汗などで代謝されちゃうから定期的な補給が必要なんですが、
油溶性ビタミンって代謝されないので、体内で蓄積するんです。だから油溶性ビタミンの過剰摂取は、有毒で、長期的に深刻な病気になります。

で、ビタミンAの1日所要量って2000IU、ベータカロチン換算1200μg(マイクログラム)であって、0.0012g。
これ、人参だとたった23gでとれてしまいます。にんじんスティック1本ほど。
150gの普通サイズの人参一本で過剰...続きを読む

Qキノコ キトサン サプリ

キノコ キトサン サプリ

こんにちは。


アメリカの油っこい料理を食べ続け2キロ太ってしまい、ダイエットをはじめようと思っています。


キトサンを食後に飲むとよいと聞いていたので、DHCのキノコキトサンというサプリを購入したのですが、食前に飲むように言われました。

また、DHCのホームページには、コーティング作用があるため、食前に飲むようにと書かれていたのですが、従来の商品がいうように食後に飲んでは効き目がないのでしょうか?


ちなみに、カニ由来のものよりキノコ由来のキトサンのほうが効き目があるという情報を得て今回購入しました。



正しい情報を知っている方、ご回答お願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

キトサンはコレステロールと結びつき排出する効果がありコレステロール値を優位に下げるとしてトクホとしても売られています。キトサンは脂質を包み込む効果があるので飲むのは、脂質の多い食事前か、食間に摂るのが効果があると思います。

あとDHCによるとキノコキトサンには複合糖質が含まれており燃焼に効果があるらしいですが、複合糖質とは糖質以外の栄養素も含まれた食品を指し、米やパンも複合糖質ですので、単に砂糖のような単糖類に比べれば脂肪が燃えやすい環境になると云うテキトーなものです。なのでカニ由来のキトサンで良いと思います。

Q油についてなんですが、キャノーラ油と大豆油のうち、

油についてなんですが、キャノーラ油と大豆油のうち、
大豆は飽和脂肪酸が、キャノーラに比べて多いみたいですが、
キャノーラは製造過程で、トランス型不飽和脂肪酸が生成されるみたいなんです。
人体にとって、どちらの方が危険とみなされるんでしょう?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

トランス型不飽和脂肪酸の方が断然体に悪いです
http://www.getwell.co.jp/tr.htm

Qブラックタイガーからキトサン抽出できますか?

工業的利用されるキトサンのほとんどが紅ズワイガニから抽出されているようですが、ブラックタイガーから抽出はできますか?紅ズワイガニから抽出したほうがキトサンの質がよいのでしょうか。

Aベストアンサー

> ブラックタイガーから抽出はできますか?
・出来ます。

> 紅ズワイガニから抽出したほうがキトサンの質がよいのでしょうか。
・紅ズワイガニもブラックタイガーも甲殻類ですから、キトサンの質に大差はありません。
紅ズワイガニは、足欠けなどが缶詰などの加工用に、大量に回されるため、殻が破棄物とし大量に発生します。
この廃棄物の殻を利用してキトサンが生成されています。

ブラックタイガーは、殻付きのままスーパーなどに出回るため、殻が破棄物とし大量に発生しないので、キトサン生成会社として非効率なだけです。

Q食べる 飲む 吸収 違い

ある程度以上の固形の物を食べるのと、液体状の食べ物、または飲料を摂取するのとでは
エネルギーや脂肪、栄養の吸収は違ってくるのでしょうか?

例えばそれぞれ全く同じのカロリーや栄養分の食べ物と飲み物とを摂取した場合
体で吸収するそれらの量は違ってくるのでしょうか?

最近食欲が無く、飲むヨーグルトや野菜ジュースなどを一食として摂取する事が多く
本当にそれで栄養が摂れているのか心配です。

どなたかご存知の方、ご回答よろしくお願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

固形か液体かでエネルギー、脂肪、栄養の吸収(効率)は変わりません。従って同じ栄養価のものなら、固体で食べても、液体で飲んでも、栄養価は変わりません。ただ長期にわたり咀嚼をせずに液体食物ばかり飲んでいると、咀嚼機能・消化機能の衰える可能性があります。

>飲むヨーグルトや野菜ジュースなどを一食として摂取する事が多く本当にそれで栄養が摂れているのか心配です。

飲むヨーグルトと野菜ジュースだけだと栄養が偏っているし、絶対量が不足しています。絶対量をこれらで補うと、糖分の摂りすぎになります。これらは食後のデザートや食事の補助として飲むものです。やはり基本は固形の食品をお勧めします。

サプリメーカーが出しているダイエット食品には、ビタミン・ミネラルがバランスよく配合されている物も多いので、利用するのも良いでしょう。水や牛乳で溶いて飲むタイプもあります。食事の補助として摂るには良い物だと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報