‘キトサンが食べたものの油分を吸着してそのまま排泄される為、身体に吸収されない’と知って早速ドラッグストアで買って飲んでいます。
しかし、キトサンとはどのくらいの量の油を吸着してくれるのでしょうか?
また、油の種類やちょうり法で違いがあるのでしょうか?例えば焼肉の油とヨーグルトに含まれる脂肪分などです。
ちなみに私の飲んでいる物は、キトサン100%のカプセルタイプです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

脂分をどのくらい吸収してくれるのかは分かりませんが


キトサンを摂取しているのであれば、水溶性のキトサンのほうが栄養価から吸収のスピードから断然いいですよ^^
    • good
    • 0

キトサンが脂肪を吸着して排泄するには訳があります。

脂肪、特に脂肪酸はマイナスになっています。細かい科学的説明はここでは抜きにします。一方キトサンはプラスなのです。そのときのpHにもよりますが、この作用で吸着排泄になるわけです。その昔は高脂血しょうなどの人にはプラスイオンのついた樹脂を摂取させていたこともあるそうです。キトサンは大きな分子なので、計算は難しいのですが、重量/170*6.2*10^23個の脂肪が付く概算になります。ただ、脂肪にはいろいろな大きさのものがあるので、おおむね(重量/170)*200gくらいの値を脂肪が付くのでいいのではないのでしょうか。実験値についてはしりません。
    • good
    • 0

sae777 さん こんにちは。


そもそも キトサンとは、
カニ殻などを加工して炭酸カルシウムやタンパク質、色素などを除くとキチンになります。キチンからアセチル基を除いてできるものがキトサンです。キトサンは、酢やクエン酸、乳酸、アスコルビン酸などの弱酸に溶けますが、水には溶けず、食品として食べてもほとんど体内に吸収されません。そして、このキトサンを特殊な技法で低分子化し、体内で十分に吸収できるようにしたものが水溶性キトサンです。

キトサンの効果について。
降コレステロール作用
血糖値調節作用
血圧降下作用
免疫力強化作用
抗血栓作用
細胞活性化作用
抗菌、抗カビ作用
腸内有効細菌増殖作用
重金属の体外排せつ作用
創傷治療促進作用
免疫力を高めたり、体内の有害物質を吸着排泄するなどの機能性食品です。
動物実験で血中コレステロール及び中性脂肪値の減少効果を確認。
が、一般的に 言われてます。

油分を吸着(ダイエットと解釈)ですが、抜粋書き

1994年5月、キリンビールは以下のような実験をもとに、キトサンに脂肪排せつ効果があると発表しています。

ラットを2群に分け、一方にはセルロース(食物繊維)を5%添加した高脂肪食を、もう一方にはキトサンを5%添加した高脂肪食を与えた。
2週後からラットのふんを採取し、脂肪吸収率(脂肪分の体内への吸収率)を観察した。
その結果、キトサンを加えなかった群の脂質消化吸収率が95%だったのに対し、キトサンを加えた群では50%となった。
さらに、キトサンにアスコルビン酸(ビタミンC)を加えて同様の実験を行ったところ、脂質消化吸収率は13%まで低下した。
また、同じキトサンでも、脱アセチル化度(精製度)の高いものほど、また高分子のものほど脂肪排せつ効果が高いことがわかった。

キトサンは あくまで免疫力を高めたり、体内の有害物質を吸着排泄するなどに、効果ありますが、動物実験の成果で、キトサンがダイエットに効果的とは・・・・・・・です。続けていても 体に害はないですが(用法容量信頼性を守るなら)油分除去は、有名では ありませんね。
ではでは。

参考URL:http://www.humanbalance.net/kitosan/
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qカロチンの吸収と油の関係

私が小学生だったころの家庭科の教科書では、カロチンは油に溶けるから油で炒めると良い…といった具合に大雑把な説明だったと記憶しています。

どうしても油で炒めるんじゃないとダメなんでしょうか?
油に溶け出るとして、その油がフライパンに残ったりしてもったいないような…。
腹の中で一緒になれば良いというものではないのでしょうか?

例えば人参。
生の人参にドレッシングとかマヨネーズとかディップをつけて食べるんじゃダメなんでしょうか?
生と温野菜では違うんでしょうか?

油にも動物性植物性色々ありますが、吸収のしやすさに違いはあるのでしょうか?

Aベストアンサー

ビタミンは必須微量元素のことで、
ビタミンCとか水溶性ビタミンは、水に溶けて、尿や汗などで代謝されちゃうから定期的な補給が必要なんですが、
油溶性ビタミンって代謝されないので、体内で蓄積するんです。だから油溶性ビタミンの過剰摂取は、有毒で、長期的に深刻な病気になります。

で、ビタミンAの1日所要量って2000IU、ベータカロチン換算1200μg(マイクログラム)であって、0.0012g。
これ、人参だとたった23gでとれてしまいます。にんじんスティック1本ほど。
150gの普通サイズの人参一本で過剰摂取量に達します。緑の葉物野菜やワカメなど海藻にもカロチンが必ず含まれますので、日本人の日常生活では過剰摂取気味です。

生鮮野菜の全く手にはいらない中世の船乗りでもない限り、ビタミンA欠乏は全く考慮する必要がありません。
妊婦とかだと胎児に影響を与えるので、過剰摂取を気にして控えた方がいいくらい。

ビタミンは微量元素で、栄養はバランスであって、
栄養素を沢山摂取することが身体に良いと勘違いしないでください。
過ぎたるは及ばざるが如しで、身体に悪いこともたくさんあります。

ビタミンは必須微量元素のことで、
ビタミンCとか水溶性ビタミンは、水に溶けて、尿や汗などで代謝されちゃうから定期的な補給が必要なんですが、
油溶性ビタミンって代謝されないので、体内で蓄積するんです。だから油溶性ビタミンの過剰摂取は、有毒で、長期的に深刻な病気になります。

で、ビタミンAの1日所要量って2000IU、ベータカロチン換算1200μg(マイクログラム)であって、0.0012g。
これ、人参だとたった23gでとれてしまいます。にんじんスティック1本ほど。
150gの普通サイズの人参一本で過剰...続きを読む

Q油についてなんですが、キャノーラ油と大豆油のうち、

油についてなんですが、キャノーラ油と大豆油のうち、
大豆は飽和脂肪酸が、キャノーラに比べて多いみたいですが、
キャノーラは製造過程で、トランス型不飽和脂肪酸が生成されるみたいなんです。
人体にとって、どちらの方が危険とみなされるんでしょう?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

トランス型不飽和脂肪酸の方が断然体に悪いです
http://www.getwell.co.jp/tr.htm

Q食べる 飲む 吸収 違い

ある程度以上の固形の物を食べるのと、液体状の食べ物、または飲料を摂取するのとでは
エネルギーや脂肪、栄養の吸収は違ってくるのでしょうか?

例えばそれぞれ全く同じのカロリーや栄養分の食べ物と飲み物とを摂取した場合
体で吸収するそれらの量は違ってくるのでしょうか?

最近食欲が無く、飲むヨーグルトや野菜ジュースなどを一食として摂取する事が多く
本当にそれで栄養が摂れているのか心配です。

どなたかご存知の方、ご回答よろしくお願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

固形か液体かでエネルギー、脂肪、栄養の吸収(効率)は変わりません。従って同じ栄養価のものなら、固体で食べても、液体で飲んでも、栄養価は変わりません。ただ長期にわたり咀嚼をせずに液体食物ばかり飲んでいると、咀嚼機能・消化機能の衰える可能性があります。

>飲むヨーグルトや野菜ジュースなどを一食として摂取する事が多く本当にそれで栄養が摂れているのか心配です。

飲むヨーグルトと野菜ジュースだけだと栄養が偏っているし、絶対量が不足しています。絶対量をこれらで補うと、糖分の摂りすぎになります。これらは食後のデザートや食事の補助として飲むものです。やはり基本は固形の食品をお勧めします。

サプリメーカーが出しているダイエット食品には、ビタミン・ミネラルがバランスよく配合されている物も多いので、利用するのも良いでしょう。水や牛乳で溶いて飲むタイプもあります。食事の補助として摂るには良い物だと思います。

Q仮に、一粒飲むだけで、一日に必要な栄養をすべてまかなえるカプセルが開発

仮に、一粒飲むだけで、一日に必要な栄養をすべてまかなえるカプセルが開発されたとします。(水分は別に摂取するとします)

その場合、そのカプセルで、人間は生きていくことができるのでしょうか?

やはり、身体になにか不都合なことが起きるのでしょうか…

Aベストアンサー

本当に必要なだけの栄養素が摂取出来るのであれば、何の問題もなく生きていけるでしょうね。

実際に食事を口から摂れない人向けに、胃に小さな穴を開けて直接流動食を流し込む方法があります。
カームソリッドと言う商品も発売されております。

また、点滴だけで生きている人もいるので、全然問題無いです。

ただ、一カプセルだとめちゃくちゃ大きなカプセルでしょうが…

Qシソ油を飲もうとしています。

私はすごい便秘症です。
便秘解消の効果があると知り、シソ油を毎日5ccほど飲もうと思っています。この量は摂り過ぎではないでしょうか。自分で調べてみたものの、専門では全くないため、わかりませんでした。どなたか栄養に詳しい方、教えてください。

Aベストアンサー

No.1の方の言われるとおり、適切なエネルギーで栄養バランスの良い食事をとることが最も大切です。
その上でしそ油などを利用するとより効果的です。栄養バランスの中で、脂質のとり方が重要なポイントの1つですが、
 (1)脂質全体の摂取量を食物以外で80Kcal前後に抑える。
 (2)飽和脂肪酸やリノール酸の過剰摂取をしないようにする。
 (3)不飽和脂肪酸はn-3系脂肪酸:n-6系脂肪酸=1:2に近づけるようにする。
 (4)炒め物や揚げ物にはオレイン酸の多い油(オリーブ油や品種改良されたひまわり湯など)を用いる。
ことが健康維持にとって重要です。しそ油の摂取は(3)に関連しています。日本人は平均的にリノール酸などのn-6系の不飽和脂肪酸を摂りすぎており、逆にαリノレン酸やDHA,EPAなどのn-3系の不飽和脂肪酸の摂取が不足しています。それが、アレルギーをはじめとする様々な疾患の温床になっていることが指摘されています。しそ油はαリノレン酸を最も多く含む油の1つですので、うまく利用すれば(3)の改善につながります。これが、便秘にすぐ効くかどうかは分かりませんが、腸の粘膜の正常化などには寄与すると思われますので、長い目で見れば便秘の改善につながるかもしれません。しそ油を摂取する注意点としては
 (1)熱に弱いので、炒め物や揚げ物には使わない。サラダのドレッシングに混ぜるなどして利用する。
 (2)光で自動酸化するので冷暗所に保存する。
 (3)n-3系の脂肪酸は体の中で酸化しやすいので、緑黄色野菜などと一緒に摂取する。
などが挙げられます。

また、便秘を解消する一般的方法として次の事項がありますので参考にしてみてください。
 (1)三食きちんととって、煮野菜、海藻、穀物、豆類などで繊維質を十分摂取すること。お粥などのあまり消化の良いものを食べるとより便秘になる。
 (2)水分を多めにとること(食事以外で最低1日1リットル)、夜寝る前に300ccくらいの水/お茶を飲むと良い。
 (3)毎日朝の食事の後の規則的な排便習慣を身につける事。
 ・朝は少なくともでかける1時間前に起床し、直ぐ冷たい飲み物をコップ一杯のみ、お腹を時計回りにマッサージする。
 ・朝食はしっかりとり、食後じっとしていないで腹筋などの体操をする。朝食をとる事で胃結腸反射が起こり便意をもよおすので、すみやかに排便する。
 ・朝食を抜いたり、急いで出かけると、出勤や通学で便意をもよおし、結局我慢してしまい、便秘の元となる。
 (4)市販の下剤を多用すると大腸の機能を衰えさせるので多用しない。

No.1の方の言われるとおり、適切なエネルギーで栄養バランスの良い食事をとることが最も大切です。
その上でしそ油などを利用するとより効果的です。栄養バランスの中で、脂質のとり方が重要なポイントの1つですが、
 (1)脂質全体の摂取量を食物以外で80Kcal前後に抑える。
 (2)飽和脂肪酸やリノール酸の過剰摂取をしないようにする。
 (3)不飽和脂肪酸はn-3系脂肪酸:n-6系脂肪酸=1:2に近づけるようにする。
 (4)炒め物や揚げ物にはオレイン酸の多い油(オリーブ油や品種改良されたひまわ...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報