私は他の人よりも、静脈の血管が浮いています。前は太っていたのであまり気にならなかったのですが、10キロくらいダイエットしてからは気持ち悪いくらい浮くようになりました。よく男の人で浮いてる人が多いと思うのですが、遺伝なのでしょうか?
それとも腕立てなどのせいでしょうか?血管は痩せないですよね。手を普通に下ろしていると、時々血管に血液が溜まってパンパンになり血管が痛んだり手がダルくなる事もあります。
血圧を計ってみたところ、77と98でした。正常値だそうです。 
ぜひ、対処法を教えてください!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

大学病院で皮膚科の講師をしています。


皮膚に近い浅い部分の血管が浮き出て見えるのは、
次のいずれかの場合が考えられます。
1.やせていて皮下脂肪の少ない人(色白の人は余計目立ちます)
2.筋肉質なスポーツマン(オリンピック選手などムキムキですよね。)
3.お年寄り(皮下脂肪が少なくなり、血管の周囲の結合組織が弱くなるため)
4.中高年の女性の下肢の静脈瘤(血管が弱くなり、むくみ易くなる)
5.肝硬変など肝臓の悪い人(血流が悪くなり、皮膚の血管がバイパスになる)
ご質問者の年齢と性別が分かりませんが、
若年の女性とすれば1.が圧倒的に多いことになります。
したがって対処法は、ある程度福与かになること、日焼けをすることです。
なお、一つ気がかりなのは、
「手を下ろしていると、手がパンパンになり痛んだりダルくなる」という点です。
もし若年女性ならば膠原病という自己免疫疾患も考慮する必要があります。
頬が赤くなりやすいとか、冬になると手が冷たくなるとか、
朝起きたとき手がこわばる、などの症状はありませんか?
    • good
    • 5

血管が浮くのは、血液がドロドロになっているからです。



私は、体重は、昔も今もほとんど変わらない(どちらかと言えば、今の方が少し太っているかも…)くらいです。
親と同居していたときは、母が、栄養バランスのとれた食事を作ってくれていたし、ほどよくスポーツもし、睡眠もちゃんととり、規則正しい生活を送っていました。
その時は全く血管は浮いていませんでしたが、1年前に一人暮らしを始め、食事は肉ばかり、運動は全くせず、夜は遅くまで遊び寝不足で…と、不規則な生活になったとたん、急に血管が浮き出てくるようになったのです。
親しい薬剤師に相談したら、血液が濁ってくると血管が浮き出てくると言われました。
対処法としては、血液をサラサラにすることをすればいいのです。
バランスの良い食事・程よいスポーツ・十分な睡眠… とりあえず、規則正しい生活をすれば良いのです。そして、ストレスは溜めないこと!!
ストレスが溜まると、一気に血液はドロドロになるそうです。

てっとり早い対処法としては、青汁が効果大です。

ただ、青汁であればどんな種類のものでもいい、というわけではありません。
よく耳にする"キューサイ"の青汁は、まずいし、効果もほとんどありません。

私の一押しの青汁は、日本薬品開発(株)発行の"プログリーン"。

これは、粉末になってますので、長持ちするし、品質も持続します。
それになんと言っても、飲みやすい!!
牛乳が苦手でなければ、牛乳でわって飲むとおいしいですよ~。やみつきになります。ホント、青汁とは思えない味です。

sae777さんは、手を下ろすとパンパンになって血管が痛んだり手がだるなったりされるようですので、かなり血液が汚れているのではないかと思われます。

ぜひ青汁を試してみてはいかがでしょうか!?

それでも治らないようであれば、内臓のどこかに悪いところがあるかも知れませんので、病院に行って、一度検査をした方がいいと思います。
それで悪いところがなければ、"ラッキー"ということで、規則正しい生活とストレスを溜めないように心掛けていれば、そのうちよくなってきますよ!!

お大事に…。
    • good
    • 0

血管が浮くのは、遺伝ではなく体質だと思います。



私も、以前は痩せ気味で気味が悪いほど血管が浮いていましたが、ここ数年間に5キロほど太ったら、あまり目立たなくなりました。
親・兄弟は正常だったことからも、体質でそのような血管になっていて、その上痩せていた為だと思います。

血液検査などのときは、看護婦さんが針を刺すのが楽だと喜びます。

あまり、気にされないでよいと思います。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q腎機能の改善は血管の若返りと柔軟化で可能なのでは?

腎臓の機能が低下したら治療は不可能と聞きましたが、
高血圧などによる血管の動脈硬化が原因だとか・・
動脈硬化を改善させれば腎機能は回復するのではないでしょうか?
クルミなどにその効果があると発表されたところなので。

Aベストアンサー

>腎機能の改善は血管の若返りと柔軟化で可能なのでは?

急性腎不全なら治りますが、
慢性腎不全になったらもう何をしても治りません。進行速度を遅らせるので精一杯です。

血圧が正常になれば悪化の速度を遅くすることはできます。
クレアチニンが1,3程度の初期の腎機能障害なら治ることが可能かもしれません。1,5を超えたらもう厳しいです。2,0ならもう立派な腎不全ですから進行速度を遅くするしかありません。

私は2,0で発覚し食事制限で二年ほど維持しましたが、大病を患いそれが原因でいっぺんに3,3となりそれから先は階段を転がり落ちるように透析に突入しました。いま透析18年目ですが、ピンピンしています。

Q静脈注射で・・・

ただ今、耳鼻咽喉科クリニックに勤めている新人看護師です。
注射が苦手です。余り注射をする機会がなく全く上達しません。

先日、定期的に注射に来られている患者さんにメイロン20mlを静脈注射しました。3週間前にこられた時も私が投薬したのですが、最後2ml位になった時に急に入らなくなりました。抜去し、違う手にし直したのですがそれも少ししたら入らなくなりました。
先輩看護師に聞いたら、「もしかしたら、ちょっとづつ針をおしこんでしまってたのかもね」といわれました。
そして昨日、またその患者さんが来られ同じ注射をしました。今回は、支持に気をつけ絶対に針を押し込んでいかないよう細心の注意をしながら投薬したのですが前回と同じくらいの残量になった時にまた急に入らなくなってしまいました。支持に気をつけていたので針が投薬中に知らず知らずのうちに押し込んでいたということはないと思います。
原因が分からずかなり悩んでいます。
患者さんは高齢ですが血管自体は張りもあってそんなに悪くはないとは思うのです。その方に今まで何回も投薬していますがこのようなことが続いて私自身、すごく自信をなくしています。
なぜ、投薬終了間じかになって急に入らなくなってしまうのでしょうか。
注射器に空気が混じっていてそれが針に入って薬が入っていかなくなるということは考えられますでしょうか。

うちのクリニックは看護師が二人しかおらず、その日注射係になった人が必ず注射をします。絶対に変わってくれません。なので、どうしても自分がしないといけなくかなりのプレッシャーです。
今回の投薬について考えられる原因は空気混入??、もしくはあと何か教えてくださいませんか。その時にどうしたらいいのかも教えていただくと嬉しいです。刺しなおしはしたくないので出来ればそのまま続けられる方法があれば重ねてお教えいただけると有難いです。
今回は、前回針を押してしまったのではないかということだったので、その時はもっとぐっと差し込んでみるといいよと教わりました。でも結局その方法では今回上手く行きませんでしたが。
質問が前後してしまい読みづらくなってしまいましたが宜しくお願いします。

ただ今、耳鼻咽喉科クリニックに勤めている新人看護師です。
注射が苦手です。余り注射をする機会がなく全く上達しません。

先日、定期的に注射に来られている患者さんにメイロン20mlを静脈注射しました。3週間前にこられた時も私が投薬したのですが、最後2ml位になった時に急に入らなくなりました。抜去し、違う手にし直したのですがそれも少ししたら入らなくなりました。
先輩看護師に聞いたら、「もしかしたら、ちょっとづつ針をおしこんでしまってたのかもね」といわれました。
そして昨日、またそ...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。開業医です。
空気混入等は当然シリンジに薬をつめるときに確認していると思います。
このようなケースで多いのは、患者さんが緊張していたりして、力が入って、微妙に肘を曲げてきていたりすることです。こちらが針を固定していても起きてしまいます。そして血管壁に針先があたり、注入できなくなります。握りこぶしを作ってもらう段階ですでに力が相当入っている人もいます。

注射する方も余裕がなくなっているようですが、ここは一呼吸おいて、患者さんをリラックスさせるべく、『親指を中に軽く握って、力をぬいて腕を伸ばしていてください。』と言って時間をかけて行うべきです。
腕が完全に伸びている状態を維持することです。
こちらが緊張していると患者さんにも伝わりますよ。

大変だと思いますが、お互い頑張りましょう。

Q若返りの薬って発明されるでしょうか?

人類の科学は凄いと思う昨今ですが、
若返りの薬っていつかは発明されるでしょうか?

Aベストアンサー

 いつごろになるか、と聞かれると私ごときでは答えようもないのですが、若返り、不老長命は可能になる、と断言しておきます。不死はちょっと分かりません。なお、注射も含めて、薬という形になるかどうかも分かりません。

 若返りと不老長命は不老長命が先と思われます。そういう哺乳類がいるのです。ハダカデバネズミといいます。成体まで成長すると一切の加齢・老化現象がなく、人類最強の発ガン物質を用いても細胞一つたりともガン化せず、他のネズミの12倍の寿命(約30年)があります。

 人間が長寿な場合は、半数がガンを発症します。死因としても上位にあります。それを考慮すると、ハダカデバネズミの不老長命の仕組みを解明して、そのまま人間に応用できたとすると、20歳代前半の姿で千年以上の寿命を保てることになります。

 なお、不老だけを追い求めるのは危険で、現状分かりつつあるのは、人間は老化を遅めて寿命を短くするか、早くに老けて長命を保つか、今の技術では人工的にはどちらかしかできなさそうだということです。

 若返りのほうは、ES細胞からiPS細胞に至る流れでの発見です。特にiPS細胞は通常の細胞を初期の未分化の幹細胞に戻す技術です。その過程を調べていて、どうやら細胞の一生の変化を逆転することは不可能ではなさそう、むしろできるからこそiPS細胞が作れるのではないかという見方が出てきています。

 これは細胞レベルでの時間逆転、つまり若返りの可能性を示唆します。楽観的な研究者になると、多細胞生物を受精卵まで戻し、さらに卵子と精子に分離できるはずだ、とまで言ったりしています。

 ハダカデバネズミの不老長命は、まだまだ細胞、さらにはDNAレベルを調べ始めたばかりといっていい段階でしかありません。細胞の若返りも、その仕組みの詳細も不明、多細胞生物への応用の見通しもありません。

 しかし現実にあったり、起こせたりするなら、必ず使いたいように使えるようにしてきたのが人類、特に科学技術の歴史です。若返り、不老長命も同じと思うのが妥当ではないかと思います。

 いつごろになるか、と聞かれると私ごときでは答えようもないのですが、若返り、不老長命は可能になる、と断言しておきます。不死はちょっと分かりません。なお、注射も含めて、薬という形になるかどうかも分かりません。

 若返りと不老長命は不老長命が先と思われます。そういう哺乳類がいるのです。ハダカデバネズミといいます。成体まで成長すると一切の加齢・老化現象がなく、人類最強の発ガン物質を用いても細胞一つたりともガン化せず、他のネズミの12倍の寿命(約30年)があります。

 人間が長寿な場...続きを読む

Q中心静脈カテーテルの合併症?

中心静脈カテーテルの合併症とはどんなものがありえますか?カテーテル感染から、いろいろなものが複合して(院内菌、一般の風邪など)急激に重篤な合併症がおこりえますか?カテーテル感染による感染時の特徴、敗血症の特徴、カテ感染によるショックの特徴を教えてください。CRPは9,3でした。

Aベストアンサー

 色々と病院に対する不信感がおありのようですので、やはりどうにか主治医の先生か、同じ科の先生と一回話し合う機会をお持ちになった方が良いかと思います。

>レセプトが届きました。病名には敗血症と急性脳症が同時にかかれていました。

 レセプトに記載されている病名は必ずしも実際に起こっている病名とは限りません。例えば痛み止めを処方するときに、消化管出血予防のために胃薬を一緒に処方したりしますが、その際には実際に患者さんに胃潰瘍が無くてもレセプト病名には「胃潰瘍」という病名を記載しなくてはいけません。そうしないと胃薬に対して保険がおりないのです。

 今回の場合は例えば主治医が重症感染症を疑って(実際に起こっていたかどうかは別として)、ガンマグロブリンを使おうとしたときには、やはりレセプト病名として「敗血症」と書く必要があったのだと思います。ですからレセプト病名=実際の病名では必ずしもないということはご理解ください。

>こういうものを使うときはインフォームコンセントと同意が必要なのではないのでしょうか

アルブミン製剤やグロブリン製剤を使用するときは通常同意書は必要ないと思います。

>大腸菌の細菌感染によるものなら院内感染で責任を問えるのですよね。

病院側の感染対策に不備が無ければ、IVH感染であってもすぐに病院側の責任が問われるということは無いと思います。IVH感染、院内感染というものは適切な対策をとっていればその発生率を減らすことはできると思いますが、0にすることは難しいと思います(0になることが理想ですが・・・)。

 以上の回答については、本来は私ではなく、主治医が答えるべきことだと思います。

 12回にわたって回答させていただきましたが、それぞれの回答は医師として客観的な考えを述べてきたつもりです。どうにかtakaoka0728様のお役に立てるようコメントしてきたつもりですが、残念ながら意に沿うようなお話を私はできていないように感じております。従いまして、今回の一連のやりとりにおける私の役割は終了したと考え、回答はこの回をもって終了させていただきます。

 takaoka0728様が納得のいかれる方向にいくことと、何よりもお子さんの病状が回復することをお祈り申し上げます。

 色々と病院に対する不信感がおありのようですので、やはりどうにか主治医の先生か、同じ科の先生と一回話し合う機会をお持ちになった方が良いかと思います。

>レセプトが届きました。病名には敗血症と急性脳症が同時にかかれていました。

 レセプトに記載されている病名は必ずしも実際に起こっている病名とは限りません。例えば痛み止めを処方するときに、消化管出血予防のために胃薬を一緒に処方したりしますが、その際には実際に患者さんに胃潰瘍が無くてもレセプト病名には「胃潰瘍」という病名を記...続きを読む

Q若返り

30代女性です。
最近ガックリと肌にきました。

皆様が実行されている若返りの方法を教えてください。

Aベストアンサー

体は、血流改善が一番。
お肌だけでなく、メタボ・冷え性・肩こりなどの予防・改善になります。

1.お肉をやめる。
2.炭水化物を減らす。
3.入浴は、顔から汗が出てくる程度(30分前後?)の半身浴をする。(週2~3)

1週間でわかると思います。(個人差はあると思いますが...。)

Q下肢静脈逆流の超音波検査について

下肢静脈の逆流をduplex超音波で評価する際、「leg in a dependent position」で血流誘導法で行うと資料にありました。

この「dependent position」は下垂位でということでしょうか?

Aベストアンサー

dependentというのは、ぶら下がっている..という状態です。それが下垂位と同じ意味かというと分かりません。
下垂位というと肩関節下垂位でいうと上腕が尾側をむいている状態です。立っていれば、dependentは、上腕は尾側を向いているので下垂位でいいかと思いますが、うつ伏せだと、depnedentは重力に従って下に垂れ下がっている状態になるので、上腕は"まえならい"状態になります。これも下垂位というのか??


ムリに日本語に訳さないでもいいかと思いますが。

Q若返りの為&若く見られる為に、あなたが実際にやっていることを教えて下さい!!

若返りの為&若く見られる為に、あなたが実際にやっていることを教えて下さい!!

Aベストアンサー

自分の潜在意識、引き寄せの法則の方法で、
「若返りたい、若く見られたい理由」をメモ帳にでも、
ノートにでも書いて、周囲の人達から、若く見られている
自分をイメージして、想像して、モチベーションを上げて
生活していれば、いつ間にか、その願いや願望が
叶っているかもしれませんね。

実際にやった事は有りませんが、
潜在意識と引き寄せの法則の1つの方法として回答してみました。

Q静脈栄養法について。。。

中心静脈栄養法(CPN)と末梢静脈栄養法(PPN)についてお尋ねします。

CPNでは高濃度の糖分やその他必要な栄養素のすべての輸液が可能で
PPNでは糖分は浸透圧が高く静脈炎を起こすため低濃度のものしか注入できないとありました。

どうして濃度によって注入の可否がでてきてしまうのでしょうか?

中心静脈は太く、高濃度を注入してもすぐに薄れてしまうからですか?

もしそうなら、低濃度のものを長時間注入することで問題はないのでしょうか?

ご存じの方がいらっしゃれば、よろしくお願いします・・・

Aベストアンサー

 末梢静脈栄養法とは?



  短期間(目安としては2週間以内)、口から必要なカロリーや水分などが

  十分摂取できない場合に、末梢の静脈を通して栄養補給などをする方法です。






  中心静脈栄養法との違いは?



  ・中心静脈に比べて血管が細く、流れる血液量も少ない。

   その為静脈炎や血管痛が起こり易く、血栓も生じやすくなります。


  ・末梢の静脈からは充分な栄養補給が出来ない。

    ☆1日に必要な栄養を補給するためには、末梢の静脈からは限界があります。


  ・末梢からの血管確保の方が容易で、穿刺時のリスクが低い。

    中心静脈の確保は医師でなければ実施できませんが、

    末梢血管の確保は熟練した看護師なら実施できます。

    穿刺時のリスクもより低くなります。

Q若返りをしたいのですが安い美容外科教えてください

私は31歳です。

昨年までは、まだまだ20代に見られていたのに最近は、やっぱり30代に見られてしまうことにショックを受けました(年とっているんで当たり前なのですが)

若返りをしたいと思いインターネットで検索して調べていましたが、どこも若返りやシワ取りのヒアルロン酸注入やボトックス注入は1ヶ所につき4万~5万くらいかかるようで、しかも持続は3ヶ月~半年というではないですか。

それならば、多少とも安くできるところはないかと思いました。私は横浜市在住です。

Aベストアンサー

ボトックスも2~3年続けて打っていれば、筋肉が萎縮して
シワなども出来にくくなりますよー。
でも、4~5万は、美容外科にかかるなら最低レベルの値段では
ないでしょうか?

Q静脈血でも酸素は少しはありますよね?

いつもおせわになります。現在看護学生です。
緊急で調べてるのですが、どうもわかりません
わかる方いたら教えてください。

看護国家資格の問題ですが

Qガスの運搬で正しいのはどれか
1、肺でのガス交換は拡散によって行われる
2、酸素は炭酸ガスより血漿に溶けやすい
3、酸素分圧の低下でHbと酸素は解離しにくくなる
4、静脈血中には酸素はほとんど含まれない。

で、答えは1なんですが、私的には4の問題で
静脈血も還元Hbが多くCO2がメインといえども
酸素だって少しは存在してるはずなんですが
なぜ4はダメなんでしょうか。
わかる方がもし、いらっしゃればアドバイスいただければと思います。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

まあまあ、落ち着いて。それぞれの選択肢を考えてみましょう。

1.肺でのガス交換は拡散によって行われる
   → 正しいのでこの選択肢はそのまま○。
2.酸素は炭酸ガスより血漿に溶けやすい
   → 炭酸ガスのほうが酸素より水(すなわち血漿)への溶解度が高いので、この選択肢は×。
3.酸素分圧の低下でHbと酸素は解離しにくくなる
   → 酸素分圧が低下するとHbは酸素をリリースしやすくなります。よってこの選択肢も×。
4.静脈血中には酸素はほとんど含まれない。
   → 既に回答が来ているように、静脈血中のガスは7割が酸素です。ほとんど含まれないとは言いがたい(「ほとんど~ない」と言ったら5%未満と見做してよいでしょう)のでこれも×。

よって質問者さんの「なぜ4はダメなんでしょう」というのは、慌てふためいて混乱しちゃったものとお見受けします。
なぜなら、考え方は「酸素だって少しは存在してる」と書いてらっしゃるとおりでよいのですから。
(ただし、CO2がメインというのは誤りです。CO2がメインだったらアシドーシスになっちゃいますよ。
 7割を占めている酸素がメインです。)
もし問題文が「静脈血に含まれる酸素は極めてわずかである」と書いてあれば、混乱しなかったかもしれませんね。
否定辞を使った問題は、しばしばうっかりミスを犯しやすいので重々気をつけてください。
国試合格をお祈りしています。

まあまあ、落ち着いて。それぞれの選択肢を考えてみましょう。

1.肺でのガス交換は拡散によって行われる
   → 正しいのでこの選択肢はそのまま○。
2.酸素は炭酸ガスより血漿に溶けやすい
   → 炭酸ガスのほうが酸素より水(すなわち血漿)への溶解度が高いので、この選択肢は×。
3.酸素分圧の低下でHbと酸素は解離しにくくなる
   → 酸素分圧が低下するとHbは酸素をリリースしやすくなります。よってこの選択肢も×。
4.静脈血中には酸素はほとんど含まれない。
   → 既に回答...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報