【復活求む!】惜しくも解散してしまったバンド|J-ROCK編 >>

登山を初めて半年の29才のものです。


来月東南アジア一高いキナバル山に登るのですが。


富士山を登頂できる体力があればキナバル山も登れると書いてあったので。


その予行で、先週富士山に登ってきました、9合目過ぎたぐらいからけっこう頭が痛くなりました。


ガイドの人に高山病にならないように、深呼吸と水を取るようにと言われて心がけましたが、けっこう頭が痛くなりました。


一応登頂はしました。体力的にはいけたけど、高山病が怖いです。


僕は正直高山病を舐めてたのと、あまり効果ないとインターネットなどで見たので、買わなかったのですが。


同じツアーの人は、酸素水、食べる酸素、酸素スプレーなどすごく対策をしていました。


来月キナバル山に登るのですが、何ども行けないところなので、登る前に、できるかぎりの努力をして、悔いのないように登りたいのですが。


おすすめの高山病対策と登ったことある方はキナバル山対策などがあれば教えてください。


酸素スプレーは、飛行機乗る場合持っていけないのですか?


普段片手のステッキ使っているのですが、キナバル山はステッキ邪魔になりますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

高山病対策としては、決定的なものはないようです。



例えば、三浦雄一郎の低酸素室は良いようです。
http://www.snowdolphins.com/hypoxia/pg89.html
「登山・トレッキング目的での低酸素室利用料金」もあるようです。
http://www.snowdolphins.com/hypoxia/hypixia_fee. …

「酸素」はおまじない、のようです。
ご存知でしょうが、筋力はいくら鍛えても高山病とは関係ありません。

「深呼吸と水」はやらないより遥かに良いんでしょうが、
私がキリマンジャロ登山した際はそれでも高山病になりました。
ちなみに、キリマンジャロも初心者で登れる山です。金さえあれば。
(日本発のツアーで飛行機、ホテル全て込みで50万とか。
 現地申し込みのツアーならば10万円台。英語が得意なら現地申し込みの方が断然お得)
高山病予防の為、5~6日かけてゆっくり登るので体力もそんなに必要ありません。
(1日に4時間程度しか歩かない)
次回、いかがですか?
なお、私はツアー会社に騙されて、日本で羽毛の寝袋やダブルストックや大きいリュックなど買って行きましたが、キリマンジャロの登山口にはすごい大きなレンタル屋がたくさんあり、なにもかも現地レンタル出来ました。
    • good
    • 0

体力的には富士山に登る体力があればキナバルにも登れます。


しかし高山病は別です。
標高3000mを過ぎると、誰しもいくらかの高山病症状が出ます。
個人差があって、軽い人と重い人がいます。
体力、脚力とは関係ありません。
体質的なものです。
富士山の9合目程度でやや症状が出たあなたは、比較的弱い方だと思います。
4000mを過ぎたら確実にもっとひどい症状が出るでしょう。
高山病は酸素スプレーなどではどうしようもありません。
かかったら、一刻も早く低いところに下りるしかありません。
高山病にもっとも効果的な薬は、ダイアモックスです。
登る前日ぐらいからこの薬を服用すると、高山病の症状をかなり軽減してくれます。
多少の頭痛、食欲不振程度で済む場合が多いです。
ヒマラヤの4000m以上に登る人はたいていこの薬を持参しています。
ダイアモックスは緑内障の薬ですが、高山病の特効薬としても有名です。
購入には医者の処方箋が要りますが、高価なものではありませんからぜひ利用されたら如何でしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはり弱い方なんですか、ならないように気をつけてみます。

お礼日時:2012/08/07 17:39

こんにちは。

私も富士登山日帰りでしました。富士山登れればキナバル山も登れるんですね。私も行きたいなあ。
私も酸素缶を持参、食べる酸素を半月前から服用してました。食べる酸素はその場で、ではなく、しばらく前から食べるようにと山屋さんに言われました。不安なら今から食べる酸素を服用してはいかがですか?

私も若い頃は普通に高山病になってました。2000m越えると頭が痛くなるのね。
思えば基礎体力が有りませんでした。質問者さんはどうですか?
後、女性の場合、貧血ぎみの方が多いです。レバー+ビタミンC(鉄分+吸収アップ食材)を日ごろから食べるようになさって下さい。
食べるモノ食べて、後は基礎体力を付けて下さい。
速めジョギングで肺に負荷をかけて鍛えます。
ジョギングしてるせいか、高山に登っても頭が痛くなる事は無くなりました。
それとダメ押しで毎週末、どこでも良いから行ける山へ行き、山を歩く筋肉を増強するのが一番です。

キナバルと飛行機の事は分かりませんので、分かる範囲で書きました。
坂道ジョギングをして、お尻~後の太ももの筋肉を鍛えれば、ステッキもいらなくなりますよ。
ゆっ~~っくり登って、キナバルを楽しんで下さいね。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q全くの初心者が高山病にかからず富士山に登る方法

友人が昨年の夏に富士山に挑戦しましたが、高山病で9合目でダウンしました。
夜22時頃に5合目を出発して早朝に頂上に着く段取りだったらしいのですが、私は、初心者は8合目で1泊すべきだと思いました。
また、5合目で1~2時間休息して、少しでも身体を気圧に慣らすべきだと思いました。
友人はそのいずれもしませんでした。
それはともかく、富士山に初めて登る人が高山病にかからずに頂上まで行ける方法はありますか?
それとも高山病にかかるか、かからないかは、当日の体調及び体質的なもので、どうにも防ぎようはありませんか?
携帯の酸素ボンベも役に立たないと言っていました。

Aベストアンサー

 「途中で1泊」は必ずしも有効とは限りません。
 既に高山病の症状が出てしまった場合は、その高度に留まることは症状を悪化させることはあっても回復することはありません。
 富士山の山小屋は、馴れていない人が疲労回復できるような状況ではない場合が非常に多いので、下手をすると宿泊は「高山病を発症させる引き金」になりかねない可能性もあります。
 まだコンスタントなペースで一気に頂上を目指した方がリスクは少ないかなと思います。

 脅かすわけではないですが、高山病はけっこう怖いですよ。
 高校生が燕岳のテント場(標高約2300m)で幕営していて高山病で亡くなったのは、つい数年前のことです。父親と幕営していたのですが、就寝時には異常なかったそうです。
 私も学生時代、槍ヶ岳の肩の小屋(標高3100m)で、別パーティーのやはり学生が高山病を発症した事件に遭遇したことがあります。前日の夜に頭が重いと言って早めに就寝したそうなのですが、朝にはもう人事不省になってました。
 厳冬期だったのでヘリも来れず、既に肺水腫を起こしていて一刻を争う状況だったので、当事者のパーティーと私達のパーティーの総勢6人で担いで下ろしました。
 時期的に雪崩の超危険地帯の飛騨沢を怯えながら搬送し、槍平(正月に雪崩で何人か亡くなった場所です)で救助隊に引き渡したのですが、後で聞いたらもう数時間遅かったら危なかったそうです。

 ・・・ま、そんなことは滅多には起きないのですが。

 でも、経験的にも、ある標高で長い時間留まることは、必ずしも高山病の防止に効果があるわけではなく、却って悪化させる可能性があります。
 一番良いのは、「ある標高差を上下する」ことです。標高2800mまで登って2300mまで下りてきて1泊、というのが確実に効果があることで、実際にヒマラヤ等の高所登山ではそうやって高度馴致を1ヶ月ほどかけて行います。
 ・・・でも、富士登山でそんなことやらないですよね、誰も。

 あとはなるべくゆったりしたペースで登ること、深い呼吸を意識すること、水をたくさん飲んで小便をたくさんすること、に留意するくらいでしょう。

 「途中で1泊」は必ずしも有効とは限りません。
 既に高山病の症状が出てしまった場合は、その高度に留まることは症状を悪化させることはあっても回復することはありません。
 富士山の山小屋は、馴れていない人が疲労回復できるような状況ではない場合が非常に多いので、下手をすると宿泊は「高山病を発症させる引き金」になりかねない可能性もあります。
 まだコンスタントなペースで一気に頂上を目指した方がリスクは少ないかなと思います。

 脅かすわけではないですが、高山病はけっこう怖いです...続きを読む


人気Q&Aランキング