よろしくお願いします。

「母性本能」はあると思いますか?私は人間は本能はないと思っているのですが、発達心理学を学ぶと「マターナルディプリベーション」等母性を裏付けするようなものが実に多いです。(勉強不足かもしれませんが)もちろん生物学・心理学・発達心理学・社会学では論点が違うため同じ答えがでるとは思えませんが。

生物学的に男と女の性別が違う限り育児は女の当然の責任であると思われてしまうのは仕方の無い事でしょうか。「男も女もどちらもかけがえの無いもの」という言葉を聞くにつれ、なにか現実では騙されたような気分になるのは私だけでしょうか。

「女」という性別を、その与えられ(ているとします)ている役割を損なものと考えてきたからそう思うのかもしれません。論点がずれましたが、母性について率直な意見を聞かせて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

母性本能はありますよ。

絶対、なぜなら母性本能が無ければ私たちは,産まれてないからです。子供嫌いな人でも産んでみると好きになったという話もありますから。女は愛情の生き物なんです。メリットデメリットではなく、好きという感情で、人や物を選ぶ、女性とは、本来そういうものなんです。もし女に母性本能がなければ、子供を20年も育てることもできなし、子供以外何もいらないなんて言えるはずがありませんから。まぁもっとも最近は女性の社会進出も進み、プライドが高く、傲慢な女性が増え、母性本能どころか、人を愛するということができなくなってしまった人が多いですが
    • good
    • 0

わたしもいわゆる「母性(本能)神話」はウソである、と習ってきたクチです。


一時期「母原病」という言葉がはやったときにはすべての発達のトラブルの原因が母子関係に因があるかのように言われたものです。母子関係が重要だ、母性が重要だということへの発見から素直に極論に走ってしまったのだと思います。

わたしは「母性」というのは人としての生み、育む身体的・心理的性質、そしてそれを持つもの、持つ予定のもの、持つ役割を過去に持ったものの全てを指します。もっと広くいくと、地域の母性、なんて捕らえ方もします。紛らわしいですが、育てる性質としての「母性性」は男性も持ち合わせているものです。そして、女性も「父性」を持っています。
 社会的に日本人がどう子育てをしてきたかはserpent-owlさんのお書きになったとおりです。「当たり前」「日本人の伝統」(これが曲者!)と思わされてきたことが、必ずしも日本の文化的歴史からすると、実は伝統ではなかったりします。

 そして人を産み・育む性質への素晴らしさは「母性」への解釈が変化しても、
変ることがないと思っています。
    • good
    • 0

母親という観点ではなく、子供の側からの観点で


考えてみました。
出産という女性にだけ与えられた資格の中で
子育てを通して学んでいく1つ1つの事柄も
大切な母性だと思います。母乳をもらうときの
乳房のぬくもり、まだ目も見えないのに全てを
ゆだねたようにジッとみつめる赤ちゃんのまなざし。
必ずしもそうとは言い切れないかもしれませんが
子供にとって『母性』から与えられるものは
決して理屈ではないと思います。そしてそれは
父親では全てを補うことが難しい部分でもあるのでは
ないでしょうか。

今の世の中の事件(虐待など)を見ていると
それこそ『母性』というもの自体うすれてきているのだろうかとつらくなるのですが、『女』という性別、
結構すてたもんじゃありませんよ。
自分の命にかえても守りたいものができる経験なんて
めったにできませんからね。
    • good
    • 0

母性本能というモノはないと思います。

先の回答にある通り、本能ではなく「女だからやらなくては」とか「すべての人類は、女性から生まれる」とか、男が育児を押しつけるため、または、女の存在意識を高めるため生まれてきた社会的造語と思います。ただし、人間にも本能はあります。なにも出来ない未熟児で生まれる人間の乳児の生きる力がそうだと思うのですが。大きくなるにつれて理性によって抑制されているだけだと思います。ちょっとした刺激で、動物的な行動をとる人間が増えていますが、それも本能がある現れではないでしょうか。
    • good
    • 0

こんにちは。


母性本能を母性愛と解釈させていただければ
生物学的には現在唯一見つかっている物質としての愛です。
もちろんこんなに複雑になった人間社会の母性とは違う意味合いに
なると思いますが。。。
下に参考URL載せておきます

参考URL:http://www.bonyu.com/advice/bosei.html
    • good
    • 0

 「本能」というのは生物種として先天的に刻み込まれた行動パターンのことですよね。

動物の場合には、たしかに母性本能のように見える行動が広範に観察されます。例えば、出産・授乳経験のある雌ネコは「小さくてフワフワした生き物」に保護本能が働いて、まれにではありますがヤマネやリスであっても面倒を見てしまいます(ニュースになったりしますね)。
 が、人間の場合、母性本能と俗に言われる行動パターンは先天的なものではなく「後天的に、社会から刷り込まれた思い込み」と考える方が適当です。しかも、太古の昔からそうだったというものでさえありません。わずか百年ほど前でも、母親「だけが」子どもの養育に専従しているケースは、統計的に言って「まれ」と言っていいほど少ないのです。実際には、母のみならず父も、祖父母も、隣近所もひっくるめて、寄ってたかって子どもを育てていました。
 そういう時代では「母性本能」などというものは大きな価値を持ちませんでしたし、考えられもしなかったでしょう。「親が子を愛する」という当たり前のレベルの話ですから。
 がしかし、ここ百年にも満たないごく最近になってから、近代的な家族形態や就労形態が定着してきます。「核家族化」と「男は外で仕事、女は家を守る」という分担です。事ここに至って「子育ての負担が母親一人に集中していく」という現象が生まれました。まさにここに「母性本能」が神話化される原因があります。ここで言う「神話化」というのは、それがあたかも、もともと人間という生物の本性であり、批判も否定もできない絶対的な前提であるかのように考えられるようになったということです。女性たちに、母親たちにそう考えてもらう方が、近代産業社会にとって、そして男性たちにとって都合がよかったからです。
 そういう次第ですから、「母性本能」なるものは、その実なんら「本能」ではありません。

 なお、私が回答を寄せた関連する質問に以下のものがあります。なんのことはない、ここに書いたのと同じようなことを書いているのですが、この問題の広がりとしてはこのようなものもあるということで、参考になれば幸いです。

 心理学カテゴリー http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=46437
 哲学カテゴリー  http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=66776
    • good
    • 0

文部省認定済高等学校家庭科教科書には、「母性はつくられるもの」とありました。


発達心理学の「マターナル・ディプリベーション」は、たとえ
「母性」を裏付けするものであっても、
「母性本能」を「裏付け」してはいません。

現在の社会学(あるいはジェンダー・スタディーズ)の視点からすれば、母性本能は造られた神話であり、「3歳までは母の手で」という謳い文句も何の根拠もないものという研究成果に到達しています。

人間に本能はあります。生物ですから。
母性本能があるというのは、真っ赤なうそです。
    • good
    • 0

母性本能というと判りませんが,


人間には本能は無いということは無いと思います。
動物でも,雄が卵を温めたり,子供の世話をする種は,いくつかありますし。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q母性本能は女性だけのものですか?

母性本能は女性だけのものですか?

また、人種や個人差で、母性本能が強い強くない、と差がありますが、

母性本能というのは、何が源ですか?

女性としての脳か、ホルモンか。。など。

Aベストアンサー

男性が育児から逃げるための、都合のよい言い訳だと思っています。
私は女性で、小学生の娘と、幼稚園児の息子がいます。
若い頃から子供が苦手で、子供は好きではありませんでした。
なので、本能として自分に母性が備わっていたと、感じたことはありません。

経験から想像するに、ホルモンは大いに関係していると思います。
あとは、お腹にいるころから一緒に過ごすことで、母親になる準備期間がありますから、
赤ちゃんが生まれた瞬間から、母親業が板についているように見えるかもしれません。
(実際は、初めての経験で、怖かったり戸惑いばかりなのですが)
初めてでも、赤ちゃんをすんなり受け入れる女性の姿を見て、
「本能的だ」と男性は感じるのではないでしょうか。
男性は準備期間がありませんから、産まれてからすぐに父親になることが、
なかなかできない人が多いように思います。
私の夫も、産まれたばかりの子供を見て、「宇宙人がやってきた」とばかりに、
遠巻きに眺めたり、写真を取るだけで、最初は触ろうとしませんでした。

オスが子守りを担当する生き物もいますよね。
そういう場面を見ると、「本能なのかな」と思うこともあります。
だけど、人間に関していえば、育児の担当が男性か女性か決まっているわけではないので、
本能だと決めつけることはできないと思います。

男性が育児から逃げるための、都合のよい言い訳だと思っています。
私は女性で、小学生の娘と、幼稚園児の息子がいます。
若い頃から子供が苦手で、子供は好きではありませんでした。
なので、本能として自分に母性が備わっていたと、感じたことはありません。

経験から想像するに、ホルモンは大いに関係していると思います。
あとは、お腹にいるころから一緒に過ごすことで、母親になる準備期間がありますから、
赤ちゃんが生まれた瞬間から、母親業が板についているように見えるかもしれません。
(実際は、初...続きを読む

Qヒトの配偶システムの生物学、心の順向と社会

ヒトは生物学的には完全な一夫一妻制の生物でないようです。

一夫多妻制や乱婚制など含むようです。

ですので、カップルや夫婦で好きな人は一人だというのも少し不自然なんですが、かといって、世帯が存在するので、たとえば相手の奥さんも好きとかあるいは家族持っていて不倫が自由になっているというのも社会が不安定になってしまいます。完全に行動まで自由にすると性病も蔓延してしまいますし。

心の中では好きな人は緩やかに一夫多妻制的あるいは乱婚的というのが自然なんでしょうか?
心の健康や社会の維持を考えて、心、行動で社会性など不安定にならないものって適切なものや可能なものってどこまでなんでしょうか?

またどんな社会性の中でゆるやかな感覚はやはり自然なんでしょうか?

Aベストアンサー

 どういう意図をもってのご質問かで、回答の仕方が(内容がではない)変わりますが、『生物学的に完全な一夫一婦制の生物』なんて、地球上に存在しません。

 夫婦の絆が固い場合の例えとして出される「おしどり」は、毎年配偶者を換えますが、これはかなり有名な話です。

 一生配偶者を換えない生物でも、相手が死ねば(営巣地にやってこなければ)、平気で(かどうかはわかりませんが)配偶者を換えます。

 人類が一夫一婦制度を採用したのは、野生に近い時代に脳を発達させることを選んでしまったせいです。正確には、意識的に選んだのではなくて、そういう方向に進化してしまったということですが。

 そんなことが知りたいんじゃないと言われそうなので省略しますが、人間は、生物としては未熟児を産みます。非常に手がかかる。

 そのため母親は餌を採りに行けない、母子が生きるために確実に誰かに餌を持ってこさせなければならない。

 放っておけば盛りの付いた女を求めて戻ってこないであろう男を特定の女に縛り付けるための、つまり母子のために作り出した「束縛」制度が「夫婦」制度です。反射的に女の側も束縛を受けることになってしまいましたが。

> またどんな社会性の中でゆるやかな感覚はやはり自然なんでしょうか?

 ご質問の意味がわかりませんが、人間も、”生物的には” 性はデタラメ、誰相手でもOKだと言えます。
 

 どういう意図をもってのご質問かで、回答の仕方が(内容がではない)変わりますが、『生物学的に完全な一夫一婦制の生物』なんて、地球上に存在しません。

 夫婦の絆が固い場合の例えとして出される「おしどり」は、毎年配偶者を換えますが、これはかなり有名な話です。

 一生配偶者を換えない生物でも、相手が死ねば(営巣地にやってこなければ)、平気で(かどうかはわかりませんが)配偶者を換えます。

 人類が一夫一婦制度を採用したのは、野生に近い時代に脳を発達させることを選んでしまったせいで...続きを読む

Q「母性本能」とは?

母性本能、というのが、女性にはあって、子供に注がれる、という話があります。

この母性本能とは、一体どういったものなのでしょうか?

また、愛情とは違うものなのでしょうか?

Aベストアンサー

私は母性本能という言葉に、少し抵抗を感じます。なぜ【母性】だけが本能なの?とか考えてしまうのです。(趣旨と外れてスミマセン)

私には3歳の娘がいます。育児は疲れるし、辛いことも多いですが、やはり子供はかわいいです。でもそれが本能だからとは思いません。#2の方がお書きですが、母性とは、徐々に沸いてきて深まってゆくものだと私は思います。実際、妊娠するまで子供は嫌いだったし(嫌いというよりも、苦手という表現の方がピッタリかな?)、妊娠しても、よその子や赤ちゃんが「かわいい」と特別感じることもなかったし・・・知らない赤ちゃんに向かって、赤ちゃん言葉で話しかける人がいますよね。私はこういう人とは全く別のタイプです。

出産してもすぐには、「赤ちゃんってかわいいものなんだ!」という実感はなかったです。カワイイにはかわいいけど、ただただ大変で(苦笑)不妊治療でやっと授かった命でもこんなに大変に感じたのですから、思いがけず妊娠した人の苦労はどんなもんなんだろう?と思ったほどです。それでも手探りで世話をするうちに、段々いとおしさが増してきたというか、今では娘のいない生活など想像もできません。それほど大切でかけがえのない存在です。不思議なことに、今は子供が好きになりました。以前は赤ちゃんの泣き声が不愉快だったはずなのに、「こんな風に泣いていた頃もあったな~」なんて懐かしさに浸りながら、気持ちが温かくなるのを感じます。子供がはしゃいでうるさくても、「あらあら、お父さんとお母さんは大変ね~」くらいです。不思議ですよね。

こんな私ですが、出産のお知らせハガキを送った友達から「仕事している○○さんの顔しか知らなかったけど、赤ちゃんと一緒だとこんなに表情が違うんだね。感動してジーンとしてしまいました」という返事が届きました。その写真は、出産の直後に夫が撮ったものです。助産師さんが娘を洗って戻ってきて、私の横にチョコンと寝かせたツーショットなのですが、自分ではそんなことを言われようとは想像もしていませんでした。母性本能ってもしかしてあるのかな??とふと思ったことも事実です。

だけどやっぱり、母性は徐々に沸いてくるものだと思います。

私は母性本能という言葉に、少し抵抗を感じます。なぜ【母性】だけが本能なの?とか考えてしまうのです。(趣旨と外れてスミマセン)

私には3歳の娘がいます。育児は疲れるし、辛いことも多いですが、やはり子供はかわいいです。でもそれが本能だからとは思いません。#2の方がお書きですが、母性とは、徐々に沸いてきて深まってゆくものだと私は思います。実際、妊娠するまで子供は嫌いだったし(嫌いというよりも、苦手という表現の方がピッタリかな?)、妊娠しても、よその子や赤ちゃんが「かわいい」と...続きを読む

Q営業の心理学というテーマ

私は大学院の卒論のテーマを「営業の心理学」と決めました。
そこで、社会人の方にまずご質問です。
営業に関してとても大切と思えるところ。そして、何が一番重要なのかなど、ここを科学的に理解したほうがいいんじゃないかな?などのアドバイスをいただけたらなと思います。

それと参考文献で何かお勧めなどはないでしょうか?
その本の特徴と、どういうところが読み応えあるのかなどを個人的にでもいいので添えてもらえると幸いです。


よろしくお願いします

Aベストアンサー

営業ですから、必ず相手がいます。そして目的と成果があります。
相手の気持ちがそれほどでもない状況からスタートし、最終的に購買意欲を高まらせるという過程が、営業マンの能力であるとすると、恐らく優劣だけでなく、手法に個人差があると思います。
同時に相手次第で、手法を選ぶということにもなると思います。

先ずは会話のパターンを抽出し、組み合わせの頻度を出し、同時に相手の反応もモニターします。環境や場面など初期条件も大きな影響を持つでしょう。
そうしたデーターを分析することで、、、

どのような場面で、どのような相手の場合、自分がどのようなタイプであれば、どのような手法で攻めるのが最適か?
というパターンが出てくれば実用性の高い研究になると思います。

先ずは優秀な営業マンを複数みつけて、行動をじっくり眺めることではないでしょうか?

Q現実的に女性とは母性本能あるの?

現実的に女性とは母性本能ありますか? よくドラマでは駄目な男にも優しくしてくれる女性がいますが、現実には男はジャニーズで若くて給料もたくさんもらってる男に寄ってゆきます 結局女性の母性本能って自分の子供に対してだけではないのですか?

Aベストアンサー

母性本能だけでは結婚して,幸せに暮らしていけませんからね。そんな相手よりも、自分を包んでくれるお金も包容力もあるいい男の方が、どんな女性もよい筈です。

Q心理学?のことについての。。。。

近年の、社会的話題(拉致問題、政治家の行動、環境問題など)を1つ取り上げて、しきり行動の理論を適用した場合に考えられる政策的結論を検討せよ!という課題がでているのですが、、しきり行動といのはしきる人のこと??なんだとは思うのですがしきり行動ていまいちわかりません。この、課題もちょっとよくわかりません。誰かわかる人がいたら教えてください。。お願いします。。。

Aベストアンサー

>しきり行動といのはしきる人のこと??
そうですよ、しきり行動の場合、非公式のリーダーの事です。
(正式、公式には任命されていない)

非公式のリーダーを適用した場合に考えられる政策的結論を検討せよ!

になるのかなぁ。

Q女の子は男のどんな行動やしぐさで母性本能をくすぐられるんですか?

女の子は男のどんな行動やしぐさで母性本能をくすぐられるんですか?

またくすぐられるのはなぜですか?

時々雑誌とかを見ていると、一見マイナスに見えるような男性の行動が

女性の母性本能をくすぐるというのを見て不思議でたまりません。

Aベストアンサー

こんにちは。前の回答へのお礼、ありがとうございました。
色気を感じるのは「カッコイイ」、母性本能をくすぐられるのは「かわいい」という感じなので、両者はだいぶ違うものと認識しています。
上目遣いとか、甘えられたり、子供っぽいしぐさにかわいさを感じて、ぎゅってしたくなります。どうしてと聞かれれば、彼のことが好きだからでしょうか。一見マイナスに見えるしぐさでも、大好きな人がするならいとおしいです。

Q【フェミニスト】女は女の肩を持つ。男は一定数が異性に下心で肩を持つので女の意見が優位になる。日本

【フェミニスト】女は女の肩を持つ。男は一定数が異性に下心で肩を持つので女の意見が優位になる。

日本社会をダメにしているのは下心で女肩を持つ下心男のフェミニストだ。

このフェミニストってどういう意味ですか?

フェミニストってなんですか?

Aベストアンサー

その言葉を説明するのはすっごいめんどく…いえ、難しいです。

フェミニズムは女性を縛る差別諸々を無くして男女同権を目指そうっていう考えでして、それを主張する人をフェミニストと言います。目指すものは同じなんですけど、どういう方法でどういう考えで男女同権を目指すかってところで、フェミニストにもいろいろありまして、その歴史はとてもめんどく…いえ、長く深いのです。
詳しくは、某百科事典サイトで調べてください。

本来はそんな感じですけど、世間では女性をちやほやする男性を指してもフェミニストって言います。揶揄なのか何なのかこっちの方は由来はよくわかりません。引用文のフェミニストはこちらの用法だと思います。
詳しくは、某百科事典サイトで(略)

にしても

女は女の肩を持つ。男は一定数が異性に下心で肩を持つので女の意見が優位になる。日本社会をダメにしているのは下心で女肩を持つ下心男のフェミニストだ。

ってどこからの引用ですか?最後の方文章拙いし、うがち過ぎな分析だし、れっきとした印刷物だとこれはひどいから、にちゃんねる系?

Q母性本能って男にもありますか?

母性本能って男にもありますか?

Aベストアンサー

母性本能かは判りませんが私は自分の子供が障害を持って生まれてきた時に
こいつを守れるのは俺だけだと感じました。
保育器の中の息子を見て涙が止まらなかったのを憶えています。
ガキだった俺が大人におやじになりました。

Q近親相姦を防ぐ本能?

思春期の女のコがお父さんのことを臭いというのは
近親相姦を防ぐ本能だと聞いたのですが、
逆にお父さんは娘さんを臭いと思うのでしょうか?

カテ違いだったら指摘お願いします。

Aベストアンサー

異なる「MHC遺伝子」の異性の「匂い」に好感を持つとする研究者(ウェデキンド)の話は聞いたことがありますが、発表の後当然追試が行われていて、結果としては「好感を持つ傾向」はあるが、MHCの型が似ていると「快・不快の判断が鈍る」様で「拒絶する傾向」は無い様です。
また、追試結果も男女同様の結果だったり、色々あります。

>逆にお父さんは娘さんを臭いと思うのでしょうか?
逆に、男性は自分と似ているMHC型の女性(容姿で匂いではない)を魅力的と評価する傾向があるとしています。

http://www.biol.s.u-tokyo.ac.jp/users/shinkajin/res4.html
ヒトの配偶者選択 MHCに依存した配偶者選択

http://d.hatena.ne.jp/lateral55/20050321
遺伝子があやつる異性の好み:あるいは体臭と免疫の話

要は中高年男生の「加齢臭」を嫌っているだけです。

以前、外国のテレビ番組でpezpez様の御紹介と同じ内容のものを見たことがありますが、テレビは結構いい加減なときがあります。

参考URL:http://www.biol.s.u-tokyo.ac.jp/users/shinkajin/res4.html

異なる「MHC遺伝子」の異性の「匂い」に好感を持つとする研究者(ウェデキンド)の話は聞いたことがありますが、発表の後当然追試が行われていて、結果としては「好感を持つ傾向」はあるが、MHCの型が似ていると「快・不快の判断が鈍る」様で「拒絶する傾向」は無い様です。
また、追試結果も男女同様の結果だったり、色々あります。

>逆にお父さんは娘さんを臭いと思うのでしょうか?
逆に、男性は自分と似ているMHC型の女性(容姿で匂いではない)を魅力的と評価する傾向があるとしています。

http://...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報