失礼します。

アニメ。特にヒーローやロボット、カッコ良いアクションや必殺技があるのが好きです。
そんな趣味で、ガンダムも好きなのです。

で、ガンダムを見てて、この作品にロボモノとしての魅力よりも、
戦争モノとしての魅力を感じました。

立場や境遇の異なる人達の正位・正当性、エゴイズムが交錯し、互いに互いの存在を相容れようとしない。
殺して奪って相手を不幸にして、自分がなりたくない姿に相手を追いやって、
取り返しの付かないことの連鎖が続き、戦禍が拡大していく。

ガンダムという作品は、そんな中で生きる人たち。
例えば、少年が闘いに巻き込まれ、戦争を知り、
戦争に無自覚ではいられなくなった。
自分の守りたいモノのために、闘いに参加する。

守るために闘って闘って、自分の闘いには正当性があった。
でも、見方が変われば、自分は人殺しをしていき、相手を自分がなりたくない姿にしていた。
まあ、誰かしら感情をぶつける、異なる考えを持った相手がいて、それに諭される・気付かされることになるのがほとんどでしょう。
そうして更に、自分が闘うであろう人のことまで考える。

軍人なんて上の命令に従ってるだけで良い。殺す相手のことまで考えてたら、闘っていけない。
自分達は自分達で、家族や仲間を守るために闘っていけば良い。
そんなことを大人が言うでしょう。
でも、精神的に割り切れない、理想を掲げ夢見る少年らには、それで納得出来るものでもないでしょう。
そこが子供であり、主義主張を掲げて戦う大人とは異なる。

でも、だからこそ。
大人連中が諦め捨てた。平和的に、互いに互いを思いやる夢物語のような世界に対する思いを、
拙いながらも頑なまでに割り切れることをせず、それに尽力することが出来る。


安寧な日常とはかけ離れた戦時に身を置き、
そうして戦争を知り、過ちを知り、人の愚かさや醜さ、欲深さを知る。
それらから成長していき、人間的に大きな成長をする。

他にだって、恋人・友人・家族を殺されて復讐のために闘う人。
政府の隔離施設で、人権を無視した実験を施され、戦争のために生まれ育った人。
人が作り出す環境によって、排他され殺されて行った人達。
そんな人達がたくさん出て交錯し、お互いに自身の感情をぶつけ合い、
何かしらの気付き・成長していくという人間ドラマに、魅力を感じました。


戦争なんて非日常的ですが、極端だからこそ感情移入もし易く、
そんな人達が成長していくのが、とても面白いのです。

長文失礼します。
それでお聞きしたいのですが、このような、戦争における人間ドラマを楽しめる作品はないでしょうか?
映画などはよく見ますが、結構断片的で、なかなか感情移入し辛く、
人間的な成長も微々たるもので、あまり楽しめません。
なので出来れば、それなりに長めのものをお願いします。

大河ドラマなんかも良かったですね。
時代背景はだいぶ異なりますが、感情移入しやすかったです。
ああ、ただ戦争を描写したものでもイマイチです。
出来るだけ端的で直情的な方が、感化され易く良いです。



お手数ですが、ご意見。ご回答お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

ちょっと微妙な物もあるかもだけど、戦争や抗争が背景にある物等


宇宙戦士バルディオス
光速電神アルベガス
ビデオ戦士レザリオン
宇宙大帝ゴッドシグマ
銀河漂流バイファム
無限のリヴァイアス
電脳冒険記ウェブダイバー
熱血最強ゴウザウラー
超力戦隊オーレンジャー(特撮)
天地無用GXP
デュアル!ぱられルンルン物語
まだまだ上げれてないものいろいろあると思います。
    • good
    • 0

>長文失礼します。



本当に失礼ですね。
本題とは関係のない、小学生の読書感想文レベル のぼくのいけん を延々と読まされる身にもなって戴きたい物です。
しかも、全く見当違いの明後日の評価ですし。

だいたい、ガンダム程度で戦争とか、人間ドラマとか語っている時点で、レベルが知れます。
(ところで、どの「ガンダム」なのでしょうか)
その程度なら、何を見ても感動できるでしょうね。


>映画などはよく見ますが、結構断片的で、なかなか感情移入し辛く、人間的な成長も微々たるもので、あまり楽しめません。
>なので出来れば、それなりに長めのものをお願いします。

↑から、要求されているものは、TVシリーズだと思います。
また、文章の程度から、質問者様は中学生以下だと判断しました。

回答
【太陽の牙ダグラム】(アニメ)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%AA%E9%99%BD% …

【伝説巨人イデオン】(アニメ)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%9D%E8%AA%AC% …

【聖戦士ダンバイン】(アニメ)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%81%96%E6%88%A6% …

【ガンパレードマーチ】(小説)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E6%A9%9F% …

【宇宙の戦士】(小説)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%87%E5%AE%99% …

とりあえず、人生だの正義だの人間ドラマだのは、↑程度のものを百本程度は見てから語っていただきたいですね。
「戦争モノの作品を教えてください。」の回答画像4
    • good
    • 0

プライベートライアン

    • good
    • 0

のらくろ二等兵

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q『ドラゴンボール』はヤムチャという一人の武道家の成長と闘いの物語ですか?

『ドラゴンボール』という作品は、
ヤムチャという一人の武道家の成長と闘いの物語ですか?

Aベストアンサー

残念ながら違います。七つ集めるとどんな願いでも叶う玉・ドラゴンボールを軸に、冒険をしながらライバルや凶悪な敵との闘いを通して、主人公孫悟空を中心に展開する友情や感動、熱いバトルなど数々の物語を描いた漫画です。

参考URL:http://www.toei-anim.co.jp/tv/dragon/

Q「そんなのかんけーねー」の人の「オッパッピー」って何

題名そのままなんですが・・・・
「そんなのかんけーねー」の人の
「オッパッピー」ってなんですか?

Aベストアンサー

「オーシャン・パシフィック・ピース」の略らしいですよ。

参考URL:http://zokugo-dict.com/05o/oppapie.htm

Qあの人ってどんな人?そんな検索サイトを探しています。

テレビ・ビデオなど見ていて、気になるけど解らない人って多いです。
タレントなのか、記者とか専門家なのか、または素人さんなのか。
そんな人たちを探すことのできる検索サイト知りませんか?

先日気になった人探してみたら、何時間も掛かった上に結局出て来なかったことがありました。探し方がいけないのかなぁ?
よろしくお願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

こちらで聞いてみたら如何ですか?
スッキリしてください(笑)。

参考URL:http://www2s.biglobe.ne.jp/~mochida/index.htm

Qなぜ人間同士の殺し合いを描く作品が減った?

昔は実写映画でも、時代劇でも、アニメでも、特撮作品でも、
人間同士の殺し合いが今と比べると多く描かれていた気がします。

昔は地域社会が密接で、地域社会の顔色を伺った多数派迎合と共感が多く、
今は地域社会を気にせず自由な視点意見をネットで見る人が増えたのか
冷静な客観的な視点や指摘によって
大勢が揃って短絡的感情的に一喜一憂する事に釘が刺されている様な気もします。

なぜ人間同士の殺し合いを描く作品が減った(気がする)のでしょうか?

Aベストアンサー

どっちがいいというわけではなく、先に殺し合いが多い話を観てきた上で監督、脚本家は育っている影響もあると思います。
いい加減シンプルでストレートな魅せ方は飽きられてますし、作り手もそういう時代の上に立っているからこそ違う手法に走るのは自然な事です。
シンプルなのは皮肉的な意味も含めてアメリカ映画で十分って風潮もあります。
シン・ゴジラで人の死ぬシーンがほとんどない事を記者に問われ「そんなに人が死ぬところが観たいんですか?」と返された、なんて話もあります。

他の方へのお礼で「今はそれなりに仕方ない状況や理由を用意しないと」と書かれていますが、何年か前に脳噛探偵ネウロという漫画では逆説的にそれを皮肉って「どいつもこいつも「実は事情があった」とかうんざりだ!純粋な悪が必要だ!」というセリフもありました。
半世紀くらいしたら逆転してるかもしれませんねw

Qドッペルゲンガーに会ったら死ぬと教えてもらったんですが、それって殺され

ドッペルゲンガーに会ったら死ぬと教えてもらったんですが、それって殺されるってことですか?それとも、何か事故みたいな形で死ぬのでしょうか?
いつドペッてもいいように心の準備をしたいので教えてください。

Aベストアンサー

ケルトの民話に
バン・シー
という妖精がいるのをご存知ですか。
この妖精が、泣きながら着物を洗っているのを見ると、死ぬ(洗われている服の持ち主が)。という妖精です。
が、妖精が現れ服を洗うから死ぬわけではなく、死ぬから妖精が現れ、着物(正確には経帷子)を洗うのです。

ドッペルゲンガーもそれに同じ。
どんな形であれ、死が近いから現れるもの であって、会ったから死ぬ ものではないということですねえ。
要するに「そろそろ心構えしておけ」という予告に来てくれるものであって、それを思えば親切です。殆どの場合、死は全ての人にとって不可避、いつ死ぬか判らないのですから。

ちなみに文豪・ゲーテもドッペルゲンガーに会ったそうです。ぴちぴち20代の頃。彼が見たドッペルゲンガーは8年後の姿(ゲーテ21歳の時だそうですから、29歳ということでしょう、どうして「8年後」と特定できたのかは判りませんが)をしていたとか。
一説に寄れば、ドッペルゲンガー とは死ぬときの自分の姿 をしているそうで、つまりこれでいけばゲーテの寿命は29年だったわけです。
が、結局ゲーテはオーバー80まで元気に生きた ということは歴史が証明しております。

ま、死ぬ心構えをつけておくというのはいいことだ と思いますよ。

ケルトの民話に
バン・シー
という妖精がいるのをご存知ですか。
この妖精が、泣きながら着物を洗っているのを見ると、死ぬ(洗われている服の持ち主が)。という妖精です。
が、妖精が現れ服を洗うから死ぬわけではなく、死ぬから妖精が現れ、着物(正確には経帷子)を洗うのです。

ドッペルゲンガーもそれに同じ。
どんな形であれ、死が近いから現れるもの であって、会ったから死ぬ ものではないということですねえ。
要するに「そろそろ心構えしておけ」という予告に来てくれるものであって、それを思えば...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報