ウォーターサーバーとコーヒーマシンが一体化した画期的マシン >>

タイトルどおりですが、失業保険受給中に内職をする場合、
減額されない範囲を教えてください。

私は離職前の賃金が低かったので、離職時賃金日額(約3900円)の80%が
基本手当(約3100円)となっています。

 基本手当+「収入」≦賃金日額の80%、
 「収入」=「収入の1日分に相当する額」-1,296円(改正後)

ということは、

 3100円+(収入‐1296円)≦3900
 →収入=2096円以下なら減額されずに受給

という計算式で合っていますか?

また、給与支払いが認定日のあとであっても、内職収入予定額の詳細を聞かれるのでしょうか?


ご回答お願い致します。

A 回答 (2件)

賃金日額(3900円)の80%=3100円


3100円 ≧ 収入-1296円+3100円
結果、あなたの場合、基本手当日額が賃金日額の80%なので、内職による収入が1296円を超えなければ、基本手当が全額支給されます。

給与支払いが認定日のあとであっても、内職収入予定額の詳細を聞かれるのでしょうか?
→ 申告するべきと思います。申告しておいた方が安心でしょう。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。
参考にさせていただき、内職に励みます!

捕捉で回答いただければ幸いなのですが、
内職は日額いくらという感じで、月末に合算してお金をいただくのですが、
日によって金額はまばらです。
例えば1000円が3日、1500円が4日という感じなら、
月額9000円÷7日=1285円という算出の仕方をハローワーク側はされるのでしょうか?
それとも1日ずつ聞き取りかなにかがあって、1500円の4日間は減額になるのですか?

お礼日時:2012/08/01 23:07

私も経験がないので、推測でしかありませんが、失業手当は日ごとに認定するので、内職についても日ごとに申告するのではと思います。

何日かの平均した金額ではないと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
そのつもりで調整します。
助かりました。

お礼日時:2012/08/02 11:41

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q雇用保険期間中の内職について

雇用保険期間中に内職をすることになったのですが、いまいち1日何時間、いくらまでならいいのか分かりません。

基本手当日額は3514円です。
内職の仕事は一カ月に6万円予定です。
1日何時間、一カ月に何日働くのがいいのでしょうか。

情報が足りない場合指摘していただけると助かります。

ちなみに離職時年齢は29歳です。

Aベストアンサー

必要な情報を整理しますと、

①賃金日額:約4400円と想定
②その80%:3520円
③基本手当:3514円
④内職月6万円

①はご確認ください。

原則として、
③3514円+④が、②3520円より
大きいか小さいかで③の支給額に
影響が出ます。

④の日額が②3520円より大きいと
その日の③3514円は支給されません。

具体例として、
④の6万円を10日やって(×して)
受け取りました。
とすると、1日6000円になります。
そうすると、
④6000円>②3520円を超えているので
その日の基本手当は支給されません。
支給されないというのは、延長になる
ということです。

このパターンが一番効率的だと思います。

④30日、毎日一所懸命やって6万円
もらってます。ということにすると、
④1日2000円ということになり、
④2000円+③3514円>②3520円
となるため、
②3520円を超えた分、③から削られる
ことになり、かつ失業給付が支給された
ことになってしまいます。
④2000円+③3514円=5514円
5514円-②3520円=1994円が
基本手当から減額されてしまいます。

つまりあなたの場合、内職した分、
●ほぼそのまま基本日当が削られる
計算になります。

ですから、内職した日は支給停止となり、
先延ばしになった方が有利となるのです。

内職は『出来高払い』ということですから、
6万÷働いた日数が3520円となるように
設定されるのがよいと思います。

このあたり、でっち上げで不正受給と
受け取られないように極端な設定は
避けてください。

例えば3日で6万円分上げました。
ですので、あとの28日-3日=25日は
○なので25日分支給してくれ
というのは、何か言われそうです。

内職で10日。
10日分の基本手当は延伸。
残りの20日分は基本手当支給。
といった感じが穏当でしょうか。

もちろん実態に則した申告が
望ましいでしょうけどね。

いかがでしょう?

必要な情報を整理しますと、

①賃金日額:約4400円と想定
②その80%:3520円
③基本手当:3514円
④内職月6万円

①はご確認ください。

原則として、
③3514円+④が、②3520円より
大きいか小さいかで③の支給額に
影響が出ます。

④の日額が②3520円より大きいと
その日の③3514円は支給されません。

具体例として、
④の6万円を10日やって(×して)
受け取りました。
とすると、1日6000円になります。
そうすると、
④6000円>②3520円を超えているので
その日の基本手当は支給されません。
支給されないというのは、延長に...続きを読む

Q給付制限期間中にアルバイトをした場合、給付額はどうなりますか?

先日、自己都合退職をし、職安から認定を受けた者です。
給付制限期間が3ヶ月ありますが、この間、求職活動をしている間にアルバイトをした場合、3ヶ月後に給付される失業保険額はどのようになりますか?
当座の生活の為にはアルバイトをせざるを得ないので…。

御教授くださいませ。

Aベストアンサー

snakemenさん、はじめまして。

私も就職活動のため、職安に通っている者です。

回答としては、給付制限中にいくらアルバイトをしても、給付制限期間後の給付額には影響しません。

基本的に職安ではアルバイトを禁止している訳ではありませんよ。
ただ、仕事をしたら (その収入の大小に関係なく) 申告をしなさい、という事です。
(ですから、No.2 の方のご回答には、誤解があると思います。)

給付制限中は、第1回目の認定日の後は、給付制限が終わるまで認定日はありません。
ですから、給付制限終了後の最初の認定日の時に、給付制限期間中の就業状況を申告することになります。

この時に、給付制限期間が満了した日以後もアルバイトをしていると、その仕事をした日については、給付の繰り越しではなく、基本手当の替わりに 『就業手当』 として支給されることになります。
(支給要件に該当しないアルバイトの場合は、ただの繰り越しになります。)

就業手当 (or 早期就業支援金) は、基本手当日額の 30% (早期就業支援金の場合は 40%) しか支給されません。
就業手当の支給要件に該当するアルバイトでは、本人の意思に関係なく就業手当が支給されてしまいますので、意図的な繰り越しはできないようになっています。

また、そのアルバイトが継続的なものである場合、就職したと見なされ、基本手当の給付自体がストップする場合もあります。
(一般に、週20時間以上のアルバイトを 2週間以上継続していると、就職したと見なされるようです。ただし、職安によっても判断が違うようですが。)

給付制限中にまとまったアルバイトをしていた場合は、そのアルバイトが今後も継続するものかどうか、職安での審議の対象になります。
その場合は、行っていたアルバイトが終了したものであることを証明するために、『退職証明書』 の提出を求められることがあります。
退職証明書の書式は、『受給資格者のしおり』 に添付されていると思いますので、会社の担当者に書いてもらっておくといいでしょう。

なお、給付制限中のアルバイト自体が就職したと見なされた場合 (第1回目の認定日が来る前に、アルバイトを開始した場合などは、その時点で就職と見なされることがあります。) は、アルバイトを辞めた後で、再度求職申込みの手続きが必要になります。
その場合でも、給付制限は、当初の期間が満了すれば終了しますので (就職の扱いになっても、給付制限期間はそのまま進行します。)、給付制限の期間が過ぎていれば、改めて手続きをした時点から、直ぐに給付を再開できます。

snakemenさん、はじめまして。

私も就職活動のため、職安に通っている者です。

回答としては、給付制限中にいくらアルバイトをしても、給付制限期間後の給付額には影響しません。

基本的に職安ではアルバイトを禁止している訳ではありませんよ。
ただ、仕事をしたら (その収入の大小に関係なく) 申告をしなさい、という事です。
(ですから、No.2 の方のご回答には、誤解があると思います。)

給付制限中は、第1回目の認定日の後は、給付制限が終わるまで認定日はありません。
ですから、給付制...続きを読む

Q失業保険受給中内職の確定申告について

はじめまして。カテゴリ違いでしたらすいません。
長文になりますが、皆様の知恵をお貸しいただければと思います。


今月退職して、失業保険の受給申請をしました。
失業保険の受給申請後にとある会社からお仕事を頼まれたので内職をしました。
ハローワークに申告をするつもりですが、その内職というのが在宅ワークになります。
じつは退職前(会社員時代)からこの会社からたまにお仕事を依頼されて引き受けていました。つまり在職中から不定期になりますが仕事を請け負っていたということになります。

頻度自体は不定期で月に1~2回あるかないかといったところです。
今後これを本業にしていくつもりもありませんし、問題があるようでしたら今後引き受けないことも考えています。

現在就職活動中ですが決まらなければ年末調整をしませんので確定申告が必要になってくると思います。
その際この内職の収入も確定申告に加えなければならないと思うのですが、
「個人事業として事業を行っていた」とみなされ不正受給とならないか不安です。

なお、状況の詳細については以下になります。
●開業届けを出しておらず、収入は今年から発生。
●依頼会社からの支払いから源泉徴収は引かれていない。
 国税局のサイトを見たところ、所得税対象となる・ならない両方の見方が出来るあいまいな作業内容です。
●年間収入(経費未計算)は50万程度になると思います。

【確認したいこと】
(1)この場合不正となってしまうのでしょうか?まだ失業保険の受給は1円ももらっていないので取り下げた方が懸命でしょうか?

(2)確定申告の際、収入全部を利益として出すと税金が多いため必要経費を申告したほうがいいと聞きました。ただこれをやると事業としてみなされてしまうのでしょうか?
10万近くは経費として落とせそうなので落としたいという気持ちはありますが・・・。

(3)こういった質問は最終的にはハローワークに聞くべきなのでしょうか?
 それとも税務署でしょうか?

はじめまして。カテゴリ違いでしたらすいません。
長文になりますが、皆様の知恵をお貸しいただければと思います。


今月退職して、失業保険の受給申請をしました。
失業保険の受給申請後にとある会社からお仕事を頼まれたので内職をしました。
ハローワークに申告をするつもりですが、その内職というのが在宅ワークになります。
じつは退職前(会社員時代)からこの会社からたまにお仕事を依頼されて引き受けていました。つまり在職中から不定期になりますが仕事を請け負っていたということになります。

頻度自体...続きを読む

Aベストアンサー

なかなか微妙な問題ですね。まあ、そんな大した話にはならないかと思いますが。
・・・ということで、

(1)給付制限期間中(自己都合退職で、3ヶ月間受給できない方ですよね?)は、
アルバイト・内職等をしていても、特に問題はありません。
実際、ハローワークに出頭する必要もありませんから、申告する必要性もありません。
ま、何やってもいいってもんでもないですけど、ご質問の内容の仕事は、
特段問題があるようには見えません。

ただし、受給申請から7日間は「待期」と言って、その間に仕事をした場合は、
その仕事をした日数分だけ、受給期間が先延ばしになりますので、ご注意。
仕事をしていない日が、通算して7日間になった時点から、給付制限期間3ヶ月を経て、
基本手当が受給できることになります。

(2)単発的に請ける仕事が「開業」とみなされることはないでしょう。
雑所得として処理して、経費は普通に計上して問題ないと思います。
(その仕事に直接関係のある費用に限りますが)

(3)基本手当を受給し始めてから同様のことを行った場合は、
ハローワーク出頭時に申告する必要があります。
念のため、事前に、こういう仕事を単発でやることがあるのですが、と
確認してみてはいかがでしょう?
少なくとも、仕事をしない日の受給に問題は生じないと思いますがね。
ただ、月に1・2回のわりには、金額が大きいので、日数の掛かる仕事でしょうか?
きちんと、何日から何日まで、こういう仕事をしたということを明示できるようにしておきましょう。

で、確定申告をすべきかどうか・・・いや、するおつもりなんですよね。
もちろん、法的には要確定申告なので、した方がいいとは思います。
No.2さんのおっしゃるように、源泉徴収されていなければ、
質問者さんに報酬を支払った事実を把握することはできませんが、
その会社に税務調査が入って、質問者さんへの報酬が指摘された場合、
面倒な話にもなりかねませんからね。
(税務調査は、零細企業でもない限り、定期的に普通に入ります)

最後に、この質問をどちらに聞くか、という話ですが、
とりあえず、ハローワークで、受給関係の話をするのが先ですかね。
確定申告のことは、税務署でなければ、もちろんできないでしょう。
つまり、両方行く必要があるってことです。

なかなか微妙な問題ですね。まあ、そんな大した話にはならないかと思いますが。
・・・ということで、

(1)給付制限期間中(自己都合退職で、3ヶ月間受給できない方ですよね?)は、
アルバイト・内職等をしていても、特に問題はありません。
実際、ハローワークに出頭する必要もありませんから、申告する必要性もありません。
ま、何やってもいいってもんでもないですけど、ご質問の内容の仕事は、
特段問題があるようには見えません。

ただし、受給申請から7日間は「待期」と言って、その間に仕事をした場合は...続きを読む

Q失業認定申告書の収入のあった日の書き方について

9月4日初回認定日 10月4日が二回目の認定日だとします。

9月4日以降にアルバイトを始めて、アルバイトをした時間に応じて仕事をした日毎に
◯や×を付けますよね?
9月4日~10月3日までの給与が10月15日に支払われる場合、申告書にはどの様に記載すればいいのでしょうか?

Aベストアンサー

雇用保険事務の担当経験がある者です。


就労した日がある場合は、
おもに下記を基準にして認定カレンダーに印をつけます。

◯⇒1日4h以上働いた日
×⇒1日4h未満働いた日


◯印ばっかりであれば収入申告は必要ありません。
なぜなら、
◯印の日は就労日であり、基本手当が支払われない支払対象外の日となるからです。
この場合、
1日もらい損ねるわけではなく、先送り、つまり残日数としてあとに残していく形になります。


次に×印の日についてですが、
認定対象期間中に支払を受けた日があれば、
何日分をいくらもらったか申告する必要があります。
この場合、
×の日は基本手当の支払対象日となる代わりに、
収入額によって支払額に多少調整がはいります。
収入額全額さっぴかれるわけではないのでご安心ください。


わかりやすく、ご質問者さまの例をお借りすると、

【9月4日~10月3日】
時給900円のバイト
・1日5hを5日(22,500円)
・1日3hを7日(18,900円)
働いたとします。
この給与、計41,400円は10月15日に受けとります。

この場合、
【10月4日の認定日】
◯印を5日分、×印を7日分カレンダーに記入するだけです。

認定期間30日-◯印5日=25日分の基本手当が受けられます。

【その次の認定日】
収入申告として、
10月15日受/収入額18,900円/7日分
を記入します。

すると、収入額に応じて、受けられる基本手当が多少減額になる場合があります。


ややこしいのですが、

・カレンダーに書いた日の収入を同じ認定日に申告するわけではない
・4h以上働いた日と4h未満の日の収入額を分けて計算しなければならない

といった点がポイントになってくると思います。

◯×の違いなどはほかにもありますので、
受給資格者のしおりをよく読みながら書かれるとよろしいかと思います。


長々失礼しました。
ご参考になれば幸いです。

雇用保険事務の担当経験がある者です。


就労した日がある場合は、
おもに下記を基準にして認定カレンダーに印をつけます。

◯⇒1日4h以上働いた日
×⇒1日4h未満働いた日


◯印ばっかりであれば収入申告は必要ありません。
なぜなら、
◯印の日は就労日であり、基本手当が支払われない支払対象外の日となるからです。
この場合、
1日もらい損ねるわけではなく、先送り、つまり残日数としてあとに残していく形になります。


次に×印の日についてですが、
認定対象期間中に支払を受けた日があれ...続きを読む

Q退職後、失業保険の受給しながら扶養家族に入れるか

妻が先日会社を退職しました。
退職にあたり、年金および健康保険に関しては、私の扶養家族に入れたいと考えておりました。
その旨を会社の総務に相談したところ、失業保険の受給を受ける意思がある場合は、扶養には入れないとの説明を受けました。確かにインターネットで調べてみたところ失業保険の受給と扶養家族の加入の同時進行はできないようなことが書かれておりました。そこで質問なのですが、通常結婚されてる女性が会社を退職した後は、失業保険および扶養家族の手続きは、どのような順序でされているのでしょうか?失業保険をもらいおえてから、扶養家族に加入するのでしょうか。 参考までに妻の予測受給額は月15万円くらいかと思います。ご意見等お聞かせ頂きたくよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

長いですがよろしければご覧ください。
(※不明な点はお知らせください。)

>失業保険の受給と扶養家族の加入の同時進行はできない…

「雇用保険」と「公的医療保険」は制度上のつながりはありませんので、「同時進行はできない」ということはありません。

あくまでも、「医療保険の保険者(保険の運営者)」が、「被扶養者の認定」を行なう際に、「今後の収入見込み」などを参考にして、「被扶養者と認定することに妥当性はあるか?」を審査するということです。
ですから、審査の結果、「被扶養者に認定される」ことも「されない」こともあるということになります。

『保険者とは』
http://kokuho.k-solution.info/2006/01/post_1.html
『けんぽれん>よくある質問』
http://www.kenporen.com/faq/index.shtml

なお、「被扶養者の認定(審査)基準」は、「法令や通達など」を逸脱しない範囲で、【保険者が独自に定めている】ため、保険者によって微妙な違いがあります。

(昭和シェル健康保険組合の場合)『被扶養者について>扶養認定の各種基準』
http://www.showa-shell-kenpo.or.jp/shiori/fuyousha/fuyousha.html#fuyou_kijyun
(はけんけんぽの場合)『Q妻:退職し雇用保険を受給する予定です(自己都合の退職のため、3ヶ月後の受給です)。妻は扶養に入れますか? 』
http://www.haken-kenpo.com/faq/faq4.html#q0102
(リクルート健康保険組合の場合)『家族の加入について>条件』
http://kempo.recruit.co.jp/member/outline/family_a.html#cat04Outline04
>>失業給付 基本手当日額 3,562円未満

>…通常…どのような順序でされているのでしょうか?

上記の通り、「保険者の定める認定基準」自体に差異があるのが実情なので、「共通した手順」というものも特にありません。
「各々のその時の事情、今後の予定」などによって「ケース・バイ・ケース」となります。

ちなみに、退職後の「公的医療保険」には「3つの選択肢」がありますが、これも「すべての人に共通するベストの選択」のようなものはありません。

(協会けんぽの案内)『会社を退職するとき 』
http://www.kyoukaikenpo.or.jp/g3/cat315/sb3070/r147

---
まず、「保険給付」や「保健事業」は、【保険者独自のもの】が存在しますので、一概に「任意継続は損」とは言い切れないところがあります。

『横河電機健康保険組合>健康保険で受けられる給付』
http://www.yokogawakenpo.or.jp/shiori/shikumi/kyuufu.html
『横河電機健康保険組合>保健事業』
http://www.yokogawakenpo.or.jp/hokenjigyou/index.html

また、「市町村国保」は、「市町村ごとに」保険料が【大きく】違います。

『国保保険料が高額な市町村ランキング』
http://blog.livedoor.jp/rankcom/archives/51612068.html
『国保保険料が低額な市町村ランキング』
http://blog.livedoor.jp/rankcom/archives/51612067.html
※平成20年度 所得金額200万円 夫婦・子2人 固定資産税額5万円の場合の【目安】です。

なお、「協会けんぽ」の解説にもありますが、以下の制度の創設により、必ずしも「市町村国保の保険料負担が重い」とは言えなくなりました。

『倒産などで職を失った失業者に対する国民健康保険料(税)の軽減措置』
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000004o7v.html

---
さらに、「雇用保険の給付金(失業給付)の受給」については、以下のような要件があるため、「本人の就労の意思・健康状態」などによっても大きく左右されることになります。

『ハローワークインターネットサービス>雇用保険手続きのご案内>基本手当について>受給要件』
https://www.hellowork.go.jp/insurance/insurance_basicbenefit.html#jukyuyoken

*****
(備考)

「国民年金の第3号被保険者」の資格については、「日本年金機構」が認定を行なうことになっていますが、「健康保険の被扶養者」に認定された配偶者は、別途審査を行うことなく、認定されます。

『第1号被保険者』(と関連リンク)
http://www.nenkin.go.jp/n/www/yougo/detail.jsp?id=152
『~年金が「2階建て」といわれる理由~』
http://nenkin.news-site.net/kiso/kiso03.html
『日本年金機構>全国の相談・手続窓口』
http://www.nenkin.go.jp/n/www/section/index.jsp

*****
(その他参考URL)

『職域保険(被用者保険)』
http://kotobank.jp/word/%E8%81%B7%E5%9F%9F%E4%BF%9D%E9%99%BA
『あなたも入るかもしれない?協会けんぽって何』(2008/10/02)
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20081001/1019299/
『健康保険(協会けんぽ)の事務と手続等』
http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp?id=1964
『健康保険(協会けんぽ)の扶養にするときの手続き』
http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp?id=2278
---
(河内長野市の場合)『国民健康保険への加入など、届け出について』
http://www.city.kawachinagano.lg.jp/kakuka/kenkouzoushin/hokennenkin/gyoumu/hokumin_hoken/shikumi_kanyu/todokede/todokede.html
※どの市町村でも手続きは「ほぼ同じ」ですが、「全く同じ」ではありません。
『国民健康保険―保険料が安くなる制度―保険料の軽減制度』
http://kokuho.k-solution.info/2006/04/_1_29.html
『国民健康保険―保険料が安くなる制度―保険料の減免制度』
http://kokuho.k-solution.info/2006/04/_1_1_1.html
『北見市|国保上の世帯主変更について』
http://www.city.kitami.lg.jp/docs/2011020200019/
---
『全国社会保険労務士会連合会>各種相談窓口 』
http://www.shakaihokenroumushi.jp/general-person/soudan/

※間違いのないよう努めていますが、最終判断は各窓口に確認の上お願い致します。
※なお、ご紹介したサイトの信頼性についてはご自身でご判断ください

長いですがよろしければご覧ください。
(※不明な点はお知らせください。)

>失業保険の受給と扶養家族の加入の同時進行はできない…

「雇用保険」と「公的医療保険」は制度上のつながりはありませんので、「同時進行はできない」ということはありません。

あくまでも、「医療保険の保険者(保険の運営者)」が、「被扶養者の認定」を行なう際に、「今後の収入見込み」などを参考にして、「被扶養者と認定することに妥当性はあるか?」を審査するということです。
ですから、審査の結果、「被扶養者に認定され...続きを読む

Q失業保険給付中の内職の申請について教えてください!

失業保険を受けています。
内職の申請について、前回の認定日に申請できていなかった件について、すごくややこしいケースなので詳しい方にご相談に乗ってほしいです。

在職中より、写真を1枚500円といった感じで納品する報酬型の在宅仕事をしています。
過去撮ったものなので、実質メールで送るだけで働いた時間というものは存在しません。
また、在職中から先方に作品を納品していてストックがあり、その名から先方が必要な時に使用され、使用された場合に納品書が発行され、報酬が振り込まれるという形になります。

今失業保険を受け、一回目の認定が終わりました。
前回の認定日のときまでに、もちろん働いた時間も存在せず、また過去納品したものも使用されていなかったので、「内職はしていない」と記入して申請をしたのですが、
先日納品所が届き、前回の失業認定日以前の日付で「納品」という形になっていました。
(納品書は月半ばにしか来ないので、納品書をもらうまでわかりませんでした)

納品日は失業認定日前ですが、〆日は月末、さらに振り込みは翌月末であるため、前回の認定日前の報酬でさえまだ手元に入っていない状態です。

この場合、私は詐欺や不正受給になってしまうのでしょうか。

今回の認定日には、このような事にならないよう、こまめに「納品」となる日を確認して申請したいと思っています。
ですが、今回から申請することで前回の分がうその申告をしたとみなされたり、内職の会社がどんな会社か聞かれたりして会社に問い合わせをされるのであれば、
いっそのこと申請しない方がいいのでしょうか。

失業保険を受けています。
内職の申請について、前回の認定日に申請できていなかった件について、すごくややこしいケースなので詳しい方にご相談に乗ってほしいです。

在職中より、写真を1枚500円といった感じで納品する報酬型の在宅仕事をしています。
過去撮ったものなので、実質メールで送るだけで働いた時間というものは存在しません。
また、在職中から先方に作品を納品していてストックがあり、その名から先方が必要な時に使用され、使用された場合に納品書が発行され、報酬が振り込まれるという形になりま...続きを読む

Aベストアンサー

その納品なるものの状況次第かと。
過去に撮ったものって何か怪しげなのしか想像できないんだけど、いずれにしても、単純に労働なり作業なりしてその報酬を受け取るという形ではないので、いわゆる内職と言えるかどうかさえ怪しいです。

例えば、ヤフオクで不要品などを売って収入を得ても、それは内職でもバイトでも何でもありません。
そのために仕入れて売る、というような形なら事業収入ですから、就労したと見なせますが、単に不要品を売るだけだと事業所得でも、もちろん給与所得でもありません。失業給付にも全く関係ありません。
また、失業前に作業した報酬が入るのも失業給付には関係ありません。
詳細が分からないのではっきりした事は言えませんが、たぶん、問題にならないと思います。職安で相談されたらいいです。

Q妊婦が失業保険をもらう事は可能でしょうか?

現在妊娠6週です。8月末で現在正社員で勤務していた会社を退社します。
妊娠は予想外の事で本来は8月末で退社の後、主人の扶養に入り失業保険を貰い、その後パートの仕事をしようと考えておりました。

10年位前に知り合いの方で妊娠を隠して失業保険を貰った人がいるのですが、実際こういう事は可能なのでしょうか?
母子手帳は役所を通じてもらいますが、そういうつながりでバレたりしないのでしょうか?

Aベストアンサー

受給期間延長の手続きは、皆さんがおっしゃるとおり、手続きをしてみてください。

もうひとつ、耳よりな話を、
妊婦さんで離職する場合、離職日から出産予定日まで期間によっては、離職後に社会保険の育児休業手当てが、産前・産後6ヶ月位もらえたはずです。
これは、離職後でも自分で手続きができます。
ただし、医者の診断書が必要ですし、出産予定日と離職日が離れていると、受給資格がなくなるので、すぐに、最寄の社会保険事務所に問い合わせてください。

出産手当金も、あなたの給与金額によっては、ご主人から申請するよりも、ご自身で申請したほうが、多い金額をもらえる場合もあるので、調べる価値はあります。

しかし、ご自身の今年1月~8月までのボーナスも含めた給与の額面金額の総額が、130万円を越える場合、12月まで扶養に入れませんよ。

その場合は、離職後12月まで、健康保険の任意継続か、国民健康保険に加入するしなければなりませんし、国民年金の3号被保険者にもなれないので、9月~12月まで国民年金保険料も支払わなければなりません。

また、失業保険をもらっている間も、扶養には入れません。
自分で、国民年金と健康保険または、国民健康保険に加入しなければなりません。扶養に入った段階で、失業保険の受給資格を失うとおもいます。

みなさん、それをだまーって受け取っていらっしゃるようですが、「失業保険は、その保険が受け取れないと生活できないに人のための保険なので、ほかの人に養ってもらう(扶養される)ひとは、保険金を受け取る必要がないだろう。」とういうのが、国の考えみたいです。

受給期間延長の手続きは、皆さんがおっしゃるとおり、手続きをしてみてください。

もうひとつ、耳よりな話を、
妊婦さんで離職する場合、離職日から出産予定日まで期間によっては、離職後に社会保険の育児休業手当てが、産前・産後6ヶ月位もらえたはずです。
これは、離職後でも自分で手続きができます。
ただし、医者の診断書が必要ですし、出産予定日と離職日が離れていると、受給資格がなくなるので、すぐに、最寄の社会保険事務所に問い合わせてください。

出産手当金も、あなたの給与金額によって...続きを読む

Q失業保険の受給期間延長中のアルバイトについて。

昨年9月に出産のため退職し、11月にハローワークで受給期間延長手続きをしました。まだ、子供が小さいため、しばらくは求職する予定ではありませんが、先日、1日だけ短期アルバイトをしました。
失業保険の書類を改めてみてみると「★受給期間延長期間中に就労した場合(短期間・短時間のアルバイト、パートも含む)は、その時点で延長できなくなりますのでご注意ください」と書いてあり、焦っています。
通常の、離職した日の翌日から1年間という受給期間は過ぎてしまっていますので、もし、延長できなくなってしまったら、このまま失業保険を受け取ることができないのでしょうか?
とても困っていますので、ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

本来は受給期間中に労働を行い就労の範囲に含まれるとその日より延長が解除されます。

ですが職安の方にその件をお聞きしたとき、内職等の(1日4時間未満の労働等の自己の労働)失業状態の要件を満たすなら問題なくまた、
1日程度の仕事などでは内職として受給期間の延長に影響を及ぼさないように処理してくださるそうです。

*ただし状態としてその仕事を繰り返した場合はその限りではありません。

ですから延長を遡及して完全に取り消すといったことは無いので職安の方に相談、報告をなさると宜しいですよ。

参考までに、
http://okwave.jp/kotaeru.php3?q=1646515

Q離職票は、いつ頃、渡されるものなのでしょうか

離職票は、いつ頃、渡されるものなのでしょうか
今月末で会社都合で解雇されるのですが、失業保険を申請するときに必要な離職票は、通常、いつ頃、渡されるのでしょうか。
早く申請しないと受給期間に影響してしまうようなのですが・・・。
会社の上司に聞いたのですが、本社の総務でないとわからない・・・と、はっきりしません。
どれくらい待たされたら「早く!」と催促してよろしいものなのでしょうか。
解雇で退職日がわかっているのだから、退職日に離職票を渡してくれたら、一番助かるとは思うのですが・・・。
宜しくお願いいたします。

ジャンルがわからないので、一応、雇用保険繋がりで、質問させていただきました。

Aベストアンサー

離職票は、会社が作成し、会社がハローワークへ提出することで、ハローワークが会社に対して交付することで、あなたに渡せる状態となります。
会社だけでの都合で作成できません。

未来日での手続きは出来ませんし、給与の額を記載するためには退職後でなければ退職日までの計算は出来ません。月給制で固定だとしても推測・予定ですからね。

あなたの手続き日が遅れると、受給期間には影響しませんが、受給が出来るようになる日が遅れることになるでしょうね。

会社の法律上の期限は、退職後10日以内となっています。しかし、10日で処理できる企業ばかりではないと思います。
私の前職は、税理士兼社会保険労務士事務所で、この手の手続きのプロです。私が退職したときの離職票は1ヶ月以上あとに渡されたと思いますね。良い悪いはべつとして、早く発行してくれる会社はあまり聞きませんね。

私の経営する会社では、私が手続きを行うため退職日から数日の間に手続きを行い、本人の希望に応じて郵送・手渡しを行いますね。

Q退職時の有給消化中にアルバイトをすることについて

退職時の有給消化中にアルバイトをすることについて教えてください。
現在勤務している会社を近々に退職します。(社会保険入っています。)次の会社も決まっています。
退職時に有給を消化する予定ですが、新しい会社に入るまで、ヒマなので、その間に短期のアルバイトをしようと思います。
この場合、確定申告や、社会保険等で、なにか面倒なことが伴いますか?

Aベストアンサー

原則的には副業禁止に法的根拠がありませんから強制できません。
単純な禁止規定に違反して副業しても、「それだけなら」懲戒どころか普通解雇もできません。
例外としては、寝不足になったりして本業がおろそかになる職務専念義務違反。
守秘義務違反。
ライバル会社に利する競業禁止、忠実義務違反。
など、副業そのものではなく、それに伴って会社に不利益を与えた場合のみ問題となります。
休憩、休日、休暇中は会社に拘束されていませんから、基本的には何をやろうが自由です。

有休中ですから職務専念には違反しません。
あとは、会社の秘密をもらさず、会社と競争しているようなところで働かなければ問題ありません。
もっとも、会社によっては法律を知らずに文句を言うところもありますから気を付けましょう。
所得税は、最終的に年末調整に入れれば問題ないです。
社保は、主たる事業所で加入するだけなので関係ありません。
時間外労働が引っ掛かる場合がありますが、副業の時間外を厳密にやっている会社を見た事はありません。
http://www.jil.go.jp/hanrei/conts/047.htm
平仙レース事件 浦和地裁 s40.12.16
病気休職中の労働者のバイトでは解雇無効

原則的には副業禁止に法的根拠がありませんから強制できません。
単純な禁止規定に違反して副業しても、「それだけなら」懲戒どころか普通解雇もできません。
例外としては、寝不足になったりして本業がおろそかになる職務専念義務違反。
守秘義務違反。
ライバル会社に利する競業禁止、忠実義務違反。
など、副業そのものではなく、それに伴って会社に不利益を与えた場合のみ問題となります。
休憩、休日、休暇中は会社に拘束されていませんから、基本的には何をやろうが自由です。

有休中ですから職務専念には...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング