鎌倉幕府の北条氏は室町幕府に倒されたと思いますが、戦国時代に出てくる北条氏はどんな関係なのでしょうか?
子孫?親戚?無関係?

どなたか教えてください。

A 回答 (4件)

戦国時代の幕開けに関東の覇者となった戦国大名の北条早雲が初めて歴史に登場するのは、文明10年(1478)、駿河の守護大名である今川家の内紛の調停役としてでした。


彼の姉か妹かが今川家の側室の一人であったということらしいです。
この頃、早雲は四十六歳、まだ伊勢新九郎長氏(ながうじ)と称していました。出自については諸説いろいろあります。
その後、伊豆の韮山に北条氏の末裔がおり、そこの主が亡くなって未亡人が1人となったところに婿養子として入り、北条の名を継ぐようになりました。もっとも早雲自身は最後まで伊勢氏を名乗り、北条姓に変わるのは2代の北条氏綱からですが。
この改姓は非常に重要な意味を持ちます。つまり鎌倉幕府の実質上の主であったあの名門、北条氏の流れを汲む者であると名乗れることは、大きなハクがつくことになるからです。このような権威付けは当時では非常に重要なことと思われます。由緒ある家柄だということは、支配者としての「資格」のあることを意味するからです。もちろん資格があっても実力がなければすぐに亡ぼされてしまいますが、実力があっても資格がないと、人々は支配者としてなかなか認めたくはない。室町幕府の権威が低下し、実力の世となっても、人心の変化は、まだまだそういった古くからの権威をあがめ、由緒を尊ぶ気風は十分に残っていました。戦国時代、下克上の三羽烏とも言われる北条早雲、斎藤道三、松永久秀のうち、道三と久秀はまもなく滅んでしまったのも、このあたりに原因の一つがあるのではないでしょうか。
    • good
    • 13
この回答へのお礼

そうですか、養子に入ったのですね。血はつながらないにせよ、やはりぜんぜん無関係なわけではなかったのですね。疑問が解決し、すっきりました。
時代の背景などとても勉強になりました。
ありがとうございます。

お礼日時:2004/01/27 10:57

無関係です。

そのため鎌倉時代の北条氏と区別するために、戦国時代の北条氏は後北条氏と呼ばれます。後北条氏の初代は有名な北条早雲ですが、もともと伊勢新九郎と名乗っており、京都の出身で、1469年頃に駿河に下向したらしいです。ですから桓武平氏に端を発する鎌倉時代の北条氏とは全くの無関係となります。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2004/01/27 10:54
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2004/01/27 10:53

十中八九、無関係でしょう。



参考URL:http://www15.cds.ne.jp/~eagle/moto/1519hujusuun. …
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2004/01/27 10:53

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qエクセルかワードで家系図を作りたい

エクセルかワードで家系図を作りたいのですが
なかなか上手く作れません。
どなたか良い見本でもあれば見せてください。

Aベストアンサー

Wordの「組織図」を使うと楽ですよ。

「挿入」-「オブジェクト」-「新規作成」の「オブジェクトの種類」ボックスにある [MS Organization Chart 2.0] をクリックします。

ここにない場合は、[コントロール パネル] の(アプリケーションの追加と削除)でインストールします。

Q鎌倉執権北条氏と、戦国時代の後北条氏の家紋・・・

はじめまして。

鎌倉執権北条氏と、戦国時代の後北条氏は、同じ「北条」でも血のつながりがあるとは言えないと聞きました。
それなのに、どうして家紋が同じ三つ鱗なのでしょうか?

Aベストアンサー

ただ単に後北条の始祖伊勢早雲が自家の繁栄を願って北条と名乗ったのです。
つまり家紋もそれにあやかったんだと思います。

Q家系図の信憑性

ある日、うちに家系図があることを知りました。
その家系図の最近のは地方の豪族?地主?藩主?かなんかで、それは信用できると思ったんですが、戦国時代らへんに有名武将の名があり、え?と思いました。で調べてみてもその武将の、うちの家系につながっている息子にあたる人物の名前は見つかりませんでした。
それ以前のは偽造みたいなもんだと思っていますが、その家系図の謎の人物らへんに関してはどうなんでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 家系図について

 江戸時代には、仕官するため(家柄が良いと仕官しやすい)に家系図偽造するなどが横行し、家系図偽造の専門家までいました。

 ただ、地方の相当古い名家(室町時代は土豪で江戸時代は大庄屋を勤めたなど)の場合は、ご質問のような事例が時折見られます。

 こう言ったケースでは、かなり信憑性のあることがあるのです。

事例:
 都から有力な貴族が荘園や領地に行き来したり、有力守護大名などが領地を見回ったりした場合、宿屋などはありませんから、その通りがかった村の有力者=土豪の家に泊まることになります。
 その時、土豪の家に年頃の娘が居れば「チャンス!」とばかりに、夜の伽に出されます。
 上手くいって子供ができれば、手紙を出し子供が出来た旨を報告し、生まれれば認知してもらいます。
 生まれた子供が男であれば、貴族・大名の血を引く貴種として、その土豪の家の格を上げ有力なものとすべく当主として育てられます。

 この場合は認知しても、父親にはほとんど新たな義務は生じません。(祝いの品と自分の子供である旨の書付を送る程度。子供の家の方では、忘れ去られてしまうと困るので、毎年付け届けを送るようになり、利益の方が大きいかも。)
 逆に貴族や大名にとって、騒乱などで地方に逃げたり兵を集めるときなど、協力が期待できます。(実際は貴族・大名の子でない場合もあったでしょうが、どちらにもメリットのある話なので、割合簡単に認知したようです。)

このような場合、家系図は・・・?
 
 当然正式な結婚の元に生まれたわけではなく、父親の屋敷に引き取ってもらうわけでもありませんし、このようにして生まれた子供が、その貴族・大名の家系図に載せられることは、ほとんどありません。
 また、その土豪の家系図からはそれ以前の男系は消えてしまい、その大名や貴族の家系図が正規の男系として記録されるようになります。

 家系図について

 江戸時代には、仕官するため(家柄が良いと仕官しやすい)に家系図偽造するなどが横行し、家系図偽造の専門家までいました。

 ただ、地方の相当古い名家(室町時代は土豪で江戸時代は大庄屋を勤めたなど)の場合は、ご質問のような事例が時折見られます。

 こう言ったケースでは、かなり信憑性のあることがあるのです。

事例:
 都から有力な貴族が荘園や領地に行き来したり、有力守護大名などが領地を見回ったりした場合、宿屋などはありませんから、その通りがかった村の有...続きを読む

Q鎌倉幕府執権北条氏の集団自害

北条氏が滅びたとき得宗家、六波羅探題をはじめ地方の出先機関の一族の多くが集団自決をしてるようですが、日本の歴史のなかで戦に敗れて集団自決したのは平家と北条氏と先の大戦の一般市民だけだと思われますが他にもあるのでしょうか?北条氏は平家の子孫ですから先祖の例に倣ったのでしょうか?また切腹という自害方法は鎌倉時代以前にもあったのでしょうか?その思想はどこからうまれたのでしょうか?腹切といえば薩摩武士が思い浮かびますが、やはり島津家の鎌倉時代の名残なのですか?

Aベストアンサー

初めて切腹をしたのは、平安時代末期の武人で、弓の名手、鎮西八郎と呼ばれた勇将、源為朝だそうです。彼は戦い敗れた時、敵に捕まり首を落とされるのを嫌い、自ら切腹して果てました。彼の潔い鮮烈な死は、敵方にも感銘を与えたと言われます。後の鎌倉時代に武士道が広まるに従って、敵に捕まり斬首されるよりは、源為朝を見習って切腹するという考えが定着していったと言われます。

北条氏が平氏に倣って集団自決したのかはわかりません。その可能性はあります。ただ、戦いに破れ、もはや再起を諦めた者が自決の道を選ぶのは決して珍しい事ではありませんでした。湊川の戦いに敗れた楠木正成は弟の正季以下50余名と共に自決しています。

Q徳川家康の家系図について

以前、どこかで徳川家康は、征夷大将軍になるために、家系図を清和源氏の流れに辿り着くように整理したと聞いたことがあります。

そして、清和源氏の家系図の前に、藤原摂関家に家系図の流れが辿り着くように整理したことがあると聞いたことがあるのですが、それぞれ徳川家康が、どれくらいの年齢だったのでしょうか?
特に、藤原氏の流れに家系図を辿り着かせた年代が知りたいです。

征夷大将軍になったのが、1603年だったと思うので、それ以前だと思うのですが。

詳しい方いらっしゃいましたら、教えて下さい。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

moxafan さん、こんばんわ。

永禄9(1566)年の24歳のときみたいですね。この時三河を統一し、徳川に改姓したようです。ついでに朝廷から官位をもらったため、正当な出自を記した家系図が必要になったようです。最初は清和源氏を名乗る予定でしたが、代表である源氏の長者がいませんでしたので、やむなく藤原氏を名乗ったようです。

詳細は下記のURLを参照してください。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%B3%E5%B7%9D%E5%AE%B6%E5%BA%B7

Q鎌倉時代の北条氏の子孫

鎌倉時代の北条氏の子孫って現在も存在するのですか?

Aベストアンサー

得宗ではなく北条一門ということであれば、これだけの家があります。
桜田氏、名越氏、赤橋氏、普恩寺氏、常盤氏、塩田氏、伊賀氏、金沢氏、大仏氏、佐介氏、甘縄氏、規矩氏、糸田氏、極楽寺氏
もっとあるかもしれませんが全部、鎌倉の北条氏でルーツは初代北条時政です。全国に守護職として拡散しましたから子孫は当然いるでしょう。

最後の執権北条高時が新田義貞に攻められて、一族郎党自害したという伝承がある鎌倉の腹切りヤグラでは、毎年、5月22日に供養の行事をやっています。
そこに日本を代表する役者さんが芸名(本名小田)で塔婆を奉納しています。
縁があるからと聞いたことはありますが、どういう関係かは知りません。
他にも塔婆は奉納されていますし、極楽寺北条氏からは足利尊氏が出ています。

Q家系図を作成した結果A4で28枚になった印刷方法は?

家系図を作成しました、その結果A4コピー用紙で標準サイズで全部で28枚になりました。
この家系図を一枚の紙又は2枚を加算して印刷する方法はありませんか?教えて!

Aベストアンサー

>エクセルのソフトですので縮小は難しい

いえ、エクセルでも印刷時に縮小することは可能ですよ。
というか、シートを分割しているわけではなく、1シートに作ったという事でしょうか?
で、普通に印刷しようとしたらA4で28ページ分になった、と。

だとしたら話はもう少し簡単です。
エクセルは印刷する範囲を任意で設定できます。
そのまま印刷すると分割される場合も、任意で範囲を変更できるのです。
http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/359/359657/

この方法で家系図全てを選択すると、自動的に縮小されて1枚に印刷する形になります。
あまりに小さくて見えない場合は、分割する数をコントロールすればいいだけです。

Q伊達氏、真田氏、徳川氏、豊臣氏、毛利氏、武田氏、北条氏

伊達氏、真田氏、徳川氏、豊臣氏、毛利氏、武田氏、北条氏
は今でも続いているんでしょうか?それとも滅んだんでしょうか?

Aベストアンサー

大名家は直系の子孫は絶えることが少なくなく、親戚周りから養子が入って血脈を継ぐことで氏族としては繋がっています。
北条氏も狭山藩1万石の大名として幕末まで続き、創価学会の北條浩(4代目会長)などが出ています。
徳川氏は家光の(男系の)血脈は館林藩越智清武で絶えていますが、8代将軍吉宗の血脈として、德川恒孝氏が徳川宗家でしょう。
豊臣氏は氏(うじ)ですから、木下家が豊臣氏であり、足守藩木下家として幕末を迎えます。
血筋としては、真田信繁の3男に秀次の血が入っており、出羽亀田藩の家臣として三次氏を称しています。

Q家系図って何ですか?

どのカテゴリか分からないのでこちらで質問させて頂きます。
趣味講座のチラシを見ていたら「家系図講座」というのがありました。
あなたの家系図を作ってみませんか?という誘い文句が書いてあって、
入門、中級、上級と書いてありました。級まであるので驚きました。
家系図って祖父母との間に父が生まれて母と結婚して子供が何人生まれて…、
という事を図に書くんですよね?
それを書いて何の意味があるのでしょうか?
名家とかなら作成する意味がありそうですが、
普通の凡人の家の家系図って書く意味があるのでしょうか?
作成する事で何かメリットはあるのでしょうか?

Aベストアンサー

調べてみたら、ものすごく古い時代まで遡る事ができて、有名な天皇と血が繋がっていたとか、代々家に伝わる家系図 (既に多数の有名人の名が載っている) を詳しく調べてみたら、あらよあらよと更にビックネームが挙がってきたとか、そういうのが楽しい (単なる知識欲も含む) から、もしくは伝統を伝えたい・早くしないと調べられなくなるかもしれない (国が、国の保有する家系に関する史料を処分していっているそうです。うろ覚えですが) から、などが作成の動機ではないでしょうか。

『調べたら、家系は以外に凄かった』を夢見る心もあるでしょうし。どれくらい古い時代まで遡れるかは、運と根気 (業者を使うなら、根気よりもお金) 次第みたいです。

Q後北条氏と鎌倉について

後北条氏の創始者と言えば伊勢宗瑞ですが、なぜ彼は本拠を鎌倉でなく小田原に定めたのでしょうか?
宗瑞の子氏綱の代から伊豆・相模(強いては鎌倉)の地に由緒ある名字“北条氏”を称しますが、その後の関東経略を進めて行く上での後北条家と鎌倉の関係、鎌倉の位置づけはどの様なものだったのでしょうか。
確かに戦国の世、要害堅固な小田原こそ居城に相応しいかも知れませんが、鎌倉も天然の堅固な地として有名ですよね。新しい城下町造りに鎌倉では古きしがらみが大きかったのでしょうか。はたまた滅ぼしたとは言え名族三浦一族の勢力圏として久しいからでしょうか。
関東制覇を目指す上で小田原では西に偏りすぎの感が否めません。西から大軍で攻められては伊豆の関を破られたら一撃?・・・・(現に天正18年には・・)

Aベストアンサー

小田原を本拠に定めたのは氏康です 氏康は戦国一の民政家としても有名なぐらい
民を大事にした人です 鎌倉は狭くて広大な城と城下を築くには不向きな土地です

小田原は鎌倉に比べて守りは低いですが氏康はその分小田原城を強固に改築し城下ごと堀で覆う 当時としては珍しい城作りをしています
戦になった時 城下の民を犠牲にしてでも篭城するという一般的な考え方があった時代 氏康は民を守るための城作りをしました

現に小田原は難攻不落の名城と呼ばれ 武田信玄や上杉謙信が攻めても落ちなかった城です
 
関東制覇を目指すうえで西に偏りすぎと書いていますが 現に氏康は関東を制圧しています

秀吉に小田原を落とされたとき すでに氏康は死去していて当主の氏政には氏康ほどのカリスマ性は当然ありませんでした

しかし城攻めの天才と呼ばれた秀吉でさえ小田原を落とすのに二十万という大軍を使っています
氏政が愚かでも氏康が作った小田原城がいかにすごかったかがわかります

さすが戦国三強の一人ですね


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング