お世話になります

0Wオイルと5Wオイルまたは10Wオイルに関して質問です

0wオイルを使用すると 燃費が目に見えて向上しますが

 以前 「0Wはエンジン保護には弱い  10Wのほうが油膜が強くエンジンには良い」 との意見を聞いたことがあります

認識として  燃費は 0W>5W>10W ですが エンジンの保護・油膜の強さは 10W>5w>0w

との認識ですが これはあっているでしょうか?


モノタロウなどで 安い0Wがあるので使ってみたいのですが 油膜に問題があるなら
5Wを使用しようかと検討中です

0Wも5Wも10Wもエンジンの保護には差はないのでしょうか? 単に燃費の違いがあるだけでしょうか?

お教えください

A 回答 (17件中1~10件)

概ね、質問者さんの認識で、合ってると思いますよ。



私が他人に「良いオイルは?」と聞かれたら、
 「前の数字は、純正指定、後ろの数字は、純正以上、それなりに高価なもの」
と答えています、0W-20より、0W-30、の方が良いと思います。

価格重視の安価なものは、販売されてる方には、大変失礼ですが、
その場しのぎ用のオイルとしか見ていません。

誰にでも、解かりやすく明確に理由を説明できないのが、もどかしいですが、
20年もエンジン修理しると、そうなります。

安物入れ続けた車両と、新車から、良いもの使ってる車両じゃ、
同じ車種でも、圧縮計ったら、ビックリするくらい変わってるよ。

もっとも、10年未満で、車両を替えるのが普通な時代なんで、
一般のドライバーさんには、どうでも良いことかもしれませんが(笑)
    • good
    • 10
この回答へのお礼

経験からのご意見ありがとうございます

大変参考になります


長く乗るつもりなので 良いものを入れたいと思います

お礼日時:2012/08/07 14:01

0w-20指定の車に


10w-30とか入れたら重くなりすぎて
まともにエンジン回っていません。

上記は、?です
寒冷地以外でそう言う問題は起きない
(軽とか1000CCクラスの車での場合だけ一寸有るかも)
低温時の省燃費性能の問題なので
低温時の始動性能と燃費に問題が起きるだけです

0W指定の車に10Wの使用は通常の乗り方なら
やめた方が良いのは当然ですが
    • good
    • 8
この回答へのお礼

ありがとうございます

いろいろなご意見があり どれが正しいか・・・ でも 指定以外を入れるのはNGですね
ありがとうございます

お礼日時:2012/08/07 13:52

もうめちゃくちゃですね。



たんてきにまとめとく。

0wを使って良いエンジンは0w指定のあるエンジンだけ。

0w指定のあるエンジンで10wを入れて良い物などない。

0w指定にはそれくらい大きな壁がある。

スーパーマルチの
0w-50とか入れるって言うんなら話は別だが・・・
そう言う話じゃないでしょう?
0wオイルは
端的に0w-20とか30とかでしょ?
こんなもの昔のエンジンに入れたら至る所油膜切れ。
ターボ車に入れたらエンジン瞬殺。

0w-20指定の車に
10w-30とか入れたら重くなりすぎて
まともにエンジン回っていません。

質問主旨から勘案するに
>10Wの方が燃費が良い
のであれば、そのエンジンに0w-20や30を入れてはいけません!!!!
つまり、そのエンジン10w指定のエンジンなんでしょう?
寒冷期でも5Wが精一杯の旧式エンジンさ。
それに0w入れるなんて言うのは愚の骨頂です。
    • good
    • 12
この回答へのお礼

なるほど  注意します

お礼日時:2012/08/07 14:12

ハイブリットだろうが 漁船だろうが 必ず指定オイルを入れる事  常識です

    • good
    • 4
この回答へのお礼

了解しました
ありがとうございます

お礼日時:2012/08/07 14:11

 そもそも0W、5Wの「W」はウインター(冬)の略称で、寒冷地で使用する時の為の目安でしょ?



 で、ハイフンの後の数字は、オイルの硬さを表してるから、数字が大きいほど粘度が高い(硬い)ってことで、高温でも粘り気を保てるってことでしょ。


 エンジンオイルに求められるのは、内燃機関(基本を4サイクルとして)であるが故の「吸入→圧縮→膨張(爆発)→排気」サイクル時の、圧縮する時の圧縮力保持力と、膨張のときに起こる衝撃を吸収する力が必要とされます。

 0W-20を、レーシングカーに使っている所があると聞いたこともありますが、実際に油膜がはられているかどうかなんてのは、目で見て確認できないので、いろんなオイルを試して、同じようなエンジンの回し方をして、同程度の距離を走行して、汚れ(劣化)の少ないオイルが、あなたの車にあったオイルです。

 
 燃費云々は、エンジンをどれだけ大切に扱うかで、決まってくるのではないですか?


 オイルに関しては、エンジンとの相性もあるし、自分の車の乗り方と照らしあわせて選ぶのが一番だと思います。

 確か国内では、精油しているのは1箇所?だけだったかな。それを各メーカーで、添加剤の配合が微妙に変えているだけで、むしろ、鉱物油か、化学合成油かでの方が重要だと思いますし。


 0W、5Wとかは、そのエンジンの推奨値を超えなければ、気にしなくても構わないと思いますよ。

参考URL:http://www.ryomomaruzen.co.jp/oil05_5.htm
    • good
    • 4
この回答へのお礼

了解しました


ありがとうございます

ちなみに 鉱物油と化学合成油では どちらがいいのでしょうか?

お礼日時:2012/08/07 14:10

#12です 書き忘れです


ハイブリッド車は指定のオイルを入れてくださいね
これは守ること
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます


ハイブリット車注意します

先輩が プリウスに10Wを使用していて  大丈夫かな? と最近思ったところでした

お礼日時:2012/08/07 14:08

0Wと5Wと10Wの違いは基油の違い


基油のオイルに添加剤を入れて高温の時の
粘度を上げているだけの違い

以上のことからオイルの添加剤の違いで
性能は変わってきます

省燃費オイルは摩擦低減剤も添加剤として使う
添加剤の性能が低いと劣化も早いのでエンジンにも悪い
0Wより5Wの方が添加剤が劣化したとき
エンジンに負担が少ないのがお解りと思います
常識としてそこまでは使わないけど

オイルは他に清浄作用もあるので使うほど粘度は
上昇してきますが添加剤も劣化するので
その場合の粘度は油膜とは関係ない
但し過酷な使い方をすると粘度は短時間で低下します
その場合はエンジンが焼き付いたりします

最近は性能も上がっているけど出来れば純正オイルでも
5000キロで交換するのが良いと思います

外気温がマイナス5度以下でない限り10Wのオイルで
エンジンに悪影響は無いと思うけど
    • good
    • 4

普通の人が 普通の車を 常識的なオイル交換サイクル 普通の状態で 使うなら


そんな事は考える必要有りません

取説に記載されてる規格のオイルなら何を使っても問題無いです
    • good
    • 3
この回答へのお礼

了解しました
ありがとうございます

お礼日時:2012/08/07 14:07

通常の使用であればエンジンオイル粘度はメーカー指定を守るのは大原則ですが、エンジンの保護という観点からオイルを見る場合には注意が必要です。



当然ながらエンジンオイルの性能は粘度だけで決まるものではありませんが、以下粘度が高いことがエンジン保護性能につながるという前提です。



私にはエンジンの油膜の強さが10W>5W>0Wとなる理由が全く分かりません。

Wは低温時の粘度を示したものであり、これは油膜の強さによるエンジンの保護性能を示す数字ではなく、あくまで低温でエンジンを始動した際にセルモーターがクランキング可能か(あるいは、速やかにオイルが循環するか)を示す数字です。
また、ハイフンの後に続く二番目の数字は油温100℃のときの動粘度を示します。
この二つは全く別の指標であることを理解していない人が多すぎます。
そして潤滑油は温度と動粘度が比例関係にあります。

低温側が0~10でお話に上がっていますので高温側は30以上であると思いますが、仮に10W-30のエンジンオイルと0W-30のエンジンオイルを比較した場合は、-25℃以下の温度ではエンジン始動性に差が発生すると考えられ(10Wの方が粘度が高く冷間始動性が悪い)、100℃の時点では動粘度は両者共同じ、過酷な条件でエンジンオイルが100℃を超えてしまうような場合ではこの関係が逆転して0W-30の方が動粘度は高くなります。
つまり、マルチグレードのエンジンオイルのほうが低温始動性も高温粘度も上位に互換できるということが言えます。(もちろん、高温粘度側が30とはいっても9.3~12.5cStと幅がありますから、規格の下限性能であるのか上限性能であるのかでも話は大分違ってきます。)
しいて言うなら、10W-30のほうが低温粘度が高く、温まるまでは粘度が高いのでエンジン保護性能が高いとも言えますし、逆に粘度が高い分、オイルパンに落ち切ったエンジンオイルが隅々まで循環するのに時間がかかる為にドライスタート時に境界潤滑となってしまうことが考えられます。

車の運用形態から過酷な使用状態などあり得ない、というのであれば油温100℃以上の保護性能は関係のない話ですし、実際に街乗りされている状態での油温はほぼ冷却水温と同じです。
この場合は設問の通りに10W-30の方が粘度が高くなります。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

詳しくありがとうございます

指定オイルを入れる大切さがわかりました

お礼日時:2012/08/07 14:06

>認識として  燃費は 0W>5W>10W ですが エンジンの保護・油膜の強さは 10W>5w>0w


>との認識ですが これはあっているでしょうか

正解です。
0Wは極力 粘性抵抗を抑え 燃費を向上させる目的のオイルです。
低燃費エンジンで おW指定の エンジンに使用します。 ちょっと前の エンジンには やわらかすぎて 使えません。

逆に 10Wも 今どきのエンジンには向きません そうと前の国産車ですねー
低燃費車エンジンでなくても かなり前から 5W-ですよ
低燃費エンジン 0W指定車に 10Wを入れると 走りますが 燃費は かなり落ちます。
乗って 重ったるく体感するでしょう オイルポンプ負荷も体感はできませんが 固いオイルなので 負荷が多くかかります。

低燃費エンジンには 取説に 指定された粘度クレードを 使うこと。
知り合いFit乗りの人には、 夏場は 5W-20 秋冬春は 0W-20を使うように 言ってます。

0W-20は、劣化が早いようなので 早めの交換が 良いと感じてます 使っても 7千kmとか

また 粘度の数字だけでなく メーカーや エンジンオイル自体の 品質でも かなり エンジンオイルって
違います。 
回わらないオイル 燃費が伸びないオイル メカノイズが 大きくなるオイルなど 粗悪エンジンオイルも
多くあるんです。

良いオイルエンジンとの マッチングが良い オイルは スムーズに 静かに軽く 回り 燃費が向上します。アクセル軽くなるが 前に出ようとする 力が増えます。

MoNoTaROの オイルも 悪くはないようですが 良くはないと思います。
社用車等なら 良いでしょうが マイカーに使用は、おすすめしません。

ホンダ車の場合 
出光の エコメダリスト0W-20が エンジンとの相性が良く Fit、ステップワゴンの燃費向上オイルとして 有名です。

オイルは、価格が 高ければ 良いオイルとも 言えず  自車エンジンと オイルの マッチングで 最良エンジンオイルが 見つかれば 良い 走りと 燃費が受けられます。
油田を持たないメーカー原油仕入れが高ければ 売値も 高い
原油純度が 悪ければ 精製し添加剤を多く入れるので コストがかかる
レース スポンサーしてるメーカーは、利率を上げて売らないと やっていけない 知名度で売れる。

おすすめ オイル
おおよそ 出光、シェルヒリックス、SUNOCO スベルトの オイルなら 良いフィーリングが 得られると 思います。
普通に 買うと 安く買えませんが ヤフオクで買えば 安く 手に入ります。
4L一度購入し 試してもいてください。

あと エンジン保護性能が 高いのが バルボリンのエンジンオイルです。
ねちっこいオイル 5Wでも 固い感じで 燃費は若干落ちる傾向ですが エンジン保護性能が ばっちりなので たまに 入れてあげると良い感じに 思います。

エンジンオイルって いろいろ特徴があり 面白いですよ。
ダメダメオイルも 多く わかってくると いろいろメリットがあります。
エンジン性能を 生かすも 殺すも 油脂です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

詳しくありがとうございます

教えていただいたオイル試してみます

SMならどこも同じというわけではないのですね

お礼日時:2012/08/07 14:04

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qオリーブオイルと茹でたお湯を乳化することに関して

ペペロンチーニをよく作るのですが、仕上げでオリーブオイルとパスタを茹でたお湯を乳化させますよね?
一般にオリーブオイルは100℃以上に温度をあげるとその風味が失われるそうですが、一定以上の温度に上げないと乳化できませんよね?

少しずつ茹でたお湯を入れてかき混ぜることで乳化しやすくなるそうですが、温度もある程度高くないとうまい具合に乳化しないと思うのですが、どうすればよいでしょうか?

後、乳化させた後、オリーブオイルを少量垂らすのは何故ですか?

Aベストアンサー

よくパスタを作ります。乳化はおいしく作るポイントではありますが、そんなに神経を使う必要はないと思います。プロでも乳化させないでパスタを混ぜる人もいるぐらいですから(料理本にも乳化に言及していないものが多々あります)。

その上で申し上げますと、温度はあまり関係ないです。うまく乳化させるコツは、適度に混ぜ(攪拌)、振る(振動)こと。乳化の目的は、茹で汁とオイルを合わせて「ソースを作る」ことですから、簡単に言えば、十分に混ざり合えばいいわけです。正確に何度とということは気にせずに、茹で汁を加えたらスプーンでよく混ぜ、パスタを加えたら中火で熱しながら、フライパンを揺する。これでうまくいくと思います。茹で汁をあまり加えすぎると、水っぽくなってとろみがでませんから気をつけてください。

オリーブオイルを垂らすのは、香りづけです。中華で言う化粧油と一緒ですね。良質なオイルほど香りがたちますので、できればエクストラバージン・オイルを使いたいところです。

Q0W-20のエンジンオイルも使ってかまわないのでしょうか?

0W-20のエンジンオイルも使ってかまわないのでしょうか?
アクセラを使っているのですが、取り説に0W-20のエンジンオイルも使っていいことが書いてありました。

土日は高速道路をよく利用します。
たまには、山道ドライブも楽しみます。

0W-20は真夏のドライブには適したエンジンオイルなんでしょうか?
5w-30との燃費の差は本当に違うのでしょうか?

Aベストアンサー

メーカーが そのエンジンに指定しているなら 大丈夫という事でしょう。

しかしながら 0W-20は異常なほどサラサラなOILです これに合わせ オイルポンプも作られているとの事で 固すぎるOILは逆に オイルポンプ等に 負荷を掛ける事になりかねません。

で  5W-30ですが 保護性能は申し分ないです 安心して乗れますが 燃費は、悪化します 粘度がかなり違いますので エンジン的には、使用しても大丈夫な 粘度と 個人的には、判断しています。
夏場 6月~9月限定でしょう
 これ以上固いOIL 5W-40や0W-40はやめた方が良いです。

Fit乗りの知り合いと一緒に考えてるのですが 夏場は5W-20 秋・冬・春は 0W-20で燃費を稼ぐ
0W-20でも純正か 純正以上の油膜性能を持ってる OILなら安心して使え 
Fitの場合
出光エコメダリストか
シェルヒリックスを 使うよう指示しています。
今夏は 出光エコメダリスト0w-20を入れてしまったので RSTというショップの添加剤黒蜜を入れて 夏を乗り切る様にしています。(燃費はすこぶる伸びている様です1.5Lエンジンで 純正OILで19Km/Lが 21km/L)

5W-20は、出光か SUNOCO製を 現実的に買いやすい価格対の高性能OILなので 薦めています。(この粘度 あまり種類出ていません)

エンジンオイルは、エンジンとの相性が有るので 同じ結果が アクセラで出るとは、限りませんが
一応 他車種で 良い結果が出てるので 参考まで
 
エコエンジンには 低粘度のOILでないと 意味が有りません。
それと 噂では、エコエンジンなんて 10万km耐久で考えられ 0W-20と低粘度OILが使われてる 買い替えサイクル・耐久を計算されてる(長持ちさせなくて良い) 
寒冷地でなければ 常用OIL 5W-20が エンジンに最適など 言ってる人も 少なくありません。 あくまで 噂 予想の話です。

メーカーが そのエンジンに指定しているなら 大丈夫という事でしょう。

しかしながら 0W-20は異常なほどサラサラなOILです これに合わせ オイルポンプも作られているとの事で 固すぎるOILは逆に オイルポンプ等に 負荷を掛ける事になりかねません。

で  5W-30ですが 保護性能は申し分ないです 安心して乗れますが 燃費は、悪化します 粘度がかなり違いますので エンジン的には、使用しても大丈夫な 粘度と 個人的には、判断しています。
夏場 6月~9月限定でしょう
 これ...続きを読む

Qペペロンチーノのオイル乳化

先日、初めてペペロンチーノを作りました。
オリーブオイルにニンニクを入れ熱し、鷹の爪を入れ、オリーブオイルと同量位のパスタの茹で汁を入れました。
このやりかたで1回目、2回目はオイルがちゃんと乳化しましたが、3回目は乳化せず、4回目はオイルと茹で汁がバチバチと跳ね、フライパンにコンロの火が入る寸前でした。

作り方は全く変えていないつもりです。
何故うまく乳化しないのでしょうか?
コツがあれば教えていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

手際が良くなったんじゃないですか?

乳化させるには茹で汁を使います。
つまり、乳化には塩分の他に、パスタから溶け出たでんぷんが必要なんです。
手際が良くなると、パスタ投入からの時間が不十分になり、
するとでんぷんの濃度が薄く、単なる熱湯を使うのと大差なくなりますから、
乳化しにくかったり、必要以上にはねたりします。

それと、オイルの温度が高いかな・・・
焦げないことがわかってくると、火加減がほんのり強めになったり
加熱している時間が延びたりします。
これも慣れてくればこそ。
しかし、熱しすぎたオイルでは乳化のキメが粗くなるので
良い仕上がりではなくなります。
端的に言うと、乳化したとは言い難い状態です。

必要そうならフライパンの底を濡れ布巾でじゅっと冷まして、
それからちゃんと茹で汁になった茹で汁を使ってみてください。
きっとまたうまくいくと思いますよ。
そしてもっと慣れれば、茹で汁とオイルの見た目から
「あ、これ失敗しそう」って直感的にわかるようになります。
楽しんで続けてくださいね。

Qエンジンオイルの「10W-30」の意味

市販されているエンジンオイルに「10W-30」などの記述がされていますが、これはどういった意味なのでしょうか?

Aベストアンサー

粘度(硬いか 柔らかいか)

詳しくは、↓に全部書いてます。

参考URL:http://www.sunoco.co.jp/product/qa/

Qエンジンオイルの乳化について

H42V 三菱ミニカ 平成23年式 25000kmの中古に乗り始めて1年くらいです。
以前よりエンジンオイルは自分で交換しますが、この度フィラーキャップの内側に
乳化したオイルが結構付着していました。


お尋ねしたいのは「鉱物油と部分合成油などの違いで乳化しやすい、しにくいなどの違いが
あるかどうか」です。(鉱物油10W-30)を使用したいたサンバーでは同じ走行方法で
乳化したことは皆無だったので)現在は5W-30(モービルスーパー1000)

Aベストアンサー

こんにちは。
エンジンオイルの乳化は、エンジン内部(クランクケースやロッカーカバー内)の「結露」でしょうから、オイルの組成の違いには関係無いと考えます。
それも、「1年くらい」ということは、昨年(昨シーズン)は無くて、今年(今シーズン)初めてなのですよね。
同じ走行方法でも、FF車(ボンネットタイプ3気筒)とFR車(サンバーはキャブオーバーエンジンの4気筒ですよね)の違い、ギヤ比の違い(=常用エンジン回転数の違い)、今年の外気温(湿度)と昨年の外気温(湿度)の違いなどから、エンジンの温度上昇時間の差や最終のエンジン温度の差、エンジン冷却に掛かる時間の違い(キャブオーバーよりボンネット1枚のほうが冷えやすいでしょう)などが発生し乳化に至ったと考えます。
もう少し発生状況(環境)などを見極めてから、来シーズンは試しに鉱物油の5W-30を使ってみてはいかがでしょうかね。

Q車のエンジンオイル BEーUP シンセティック5Wー50

三菱ディオン(13年式)の後期タイプ2輪駆動のエンジンオイルを交換しました。前回、交換してから半年経過で、約3000キロ走りました。
純正オイルがわからなかったので、BE-UPシンセティック5W-50のレッド缶でお願いしました。0.5リットルあたり1,250円なので、4.2リットルで11,250円もかかりました。家に帰ってきてから、いろいろ調べたら、オイルの中でも、高いオイルということに気が付きました。関東地方で、レジャーで乗るぐらいだったら、4リットルで3000円ぐらいの10W-30のオイルで十分だったのでは……と後悔しています。それとも、このランクのオイルで正解だったのでしょうか?どなたか詳しい方がいましたら、教えてください。

Aベストアンサー

 大排気量でなおかつ高出力のエンジンでもないかぎり、「粘度表示」の上の数値が「50」というのは、そもそも選択肢から除外するべきでしたね。
 ディオンのような小排気量のエンジンですと高粘度のオイルは「抵抗」が増すのみで燃費面でいいことはないですし、4,2Lで11,250円という価格面でも(ご本人が納得できれば別ですが)あまりにも不経済です。
 走りを楽しむ、クルマいじりがすき、クルマを大切にしたいという理由で「オイルグルメ」に走るのは理解できますし、実際ドライブフィールや燃費が大きく変わることもありますから、「メーカー純正」なんてのにとらわれずにいろんなオイルを試してみるべきです。
 ただその選択肢をしぼりこむ際は「もちは餅屋」、石油元売メーカーのを基本に選ぶほうがいろんな点で間違いありません。
 エンジンオイルも「工業製品」ですから、生産量の多寡で値段が大きく変わります。値段の高いオイルが必ずしも「価格相応の性能」とは限りません。
 石油元売メーカーはベースオイルから自社生産していますから、生産量・価格面のバランスを考えたら、安い価格のオイルでも十分以上の性能を持っています。またメーカー純正オイル、カー用品店の自社ブランドオイルをつくっているのも石油元売メーカーです。オイル缶の表記を見るとわかりますよ。
 純正オイル以外で選択するのでしたら、私ならまず「モービル1」の一番安いRM(ロードマスター)10w-30をいれようかな?と考えますね。たいていのカー用品店で品揃えしていますから。
 一番安いといっても100%化学合成タイプですから、とんでもなく高性能ですし、セールで安くなっていたら、今回投じた金額のおよそ3分の1、通常価格でも半額以下で交換できます。
 BE-UPを品揃えしている「今回のお店」では非常に不誠実な担当者に当たってしまいましたね。お客の無知に付け込んで「ボッタくり」をしているとしか思えません。ターボエンジン等を搭載したクルマ向けにすすめてくるならわかりますが・・・。次回は別のお店を利用されることをおすすめします。長くなりましたが、ご参考まで、では。
 
 
 
 
 
 

 大排気量でなおかつ高出力のエンジンでもないかぎり、「粘度表示」の上の数値が「50」というのは、そもそも選択肢から除外するべきでしたね。
 ディオンのような小排気量のエンジンですと高粘度のオイルは「抵抗」が増すのみで燃費面でいいことはないですし、4,2Lで11,250円という価格面でも(ご本人が納得できれば別ですが)あまりにも不経済です。
 走りを楽しむ、クルマいじりがすき、クルマを大切にしたいという理由で「オイルグルメ」に走るのは理解できますし、実際ドライブフィールや燃費が大きく...続きを読む

Qスパゲティをつくるときに使うオリーブオイル

オリーブオイルについておしえてください。スパゲティをつくるのに向いているオリーブオイルってありますか?オリーブオイルならなんでも大丈夫とか、こういう種類がいいよなどあれば教えて下さい。わたしはおもに、スパゲティか、サラダに使っているのですが、詳しくないので、スーパーでみかけたものをそのまま買って使っています。アドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

エクストラバージンオイルだったらどれでも大丈夫dすよ。もちろん味の好みはあるでしょうが。

オリーブオイルの種類は

バージンオリーブオイル(酸度によってエクストラ・バージン[酸度は1.0%以下]、バージン、オーディナリー・バージンに分かれます)

精製オリーブオイル 癖などを取り除いた物です。

オリーブオイル  バージンオイルと精製オリーブオイルをブレンドした物です。

があります。

さっぱりと作りたかったら精製オリーブオイルがいいですね。

サラダなどでオリーブの風味を感じさせるのにはエクストラバージンオイルなんかがいいです。

どちらにせよ味には好みがあるのこ雨氷な物を見つけるまでいろいろ試すしかないです。

参考URL:http://homepage2.nifty.com/YMTI/kindofoliveoil.htm

Qディーゼルエンジンオイルとガソリンエンジンオイルの違い

1.5tonディーゼルトラックを所有していて、エンジンオイルを交換したいのですが、手元に賞品でもらったエンジンオイルがたくさんあります。

それらにはSFなどのガソリングレードが記載されていますがCEなどのディーゼルグレードの記載がありません。

両方記載されてあるオイルなら問題ないと思いますが、ガソリングレードしか記載されていないエンジンオイルをディーゼルエンジンに入れると何か不具合が起きるのでしょうか?
また、元来どういう違い(区分)があるのでしょうか?

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちはm(__)m

ガソリンエンジン用のオイルは
ガソリンエンジンオイルの特徴である低速低温での
スラッジ(低温スラッジ)や
対摩耗性や触媒に影響しないようになっていますが
ディーゼルエンジンオイルはその対応がありません

ディーゼルエンジンはオイルに対して熱での安定性や正常分散性や洗浄能力などを求められます
ガソリンエンジンオイルでは対応出来ないんです

例えば”SF/CE”などの表示であれば大丈夫ですが
単独表示のオイルの互換性はありません
応急処置での使用は大丈夫ですが
普通には使えません(使わない方が良いです)

ベースオイルは殆ど同じですが
成分の比率や添加剤の違いで
それぞれのエンジンの特徴に合わせて配合されています

Qエンジンオイルの乳化について

H42V 三菱ミニカ でエンジンオイルの乳化についてですが
4ヶ月4000kmで交換した際には給油キャップの裏に乳化したものが結構付着していました。
以前に乗っていたH32Vでは一度も起きたことがありませんでした。

取扱説明書には白いものが付着しますが心配ありませんと記述があります。
念のために自分でエンジンオイルを交換しましたが、3日目にまた少量付着しています。
ディーラーなどで専用のオイルを使用してのフラッシングがあるようですが、それをしないで
このまま乗り続けてもいいものでしょうか?

片道6~8kmの走行が多くて購入直後の昨年の夏前後には見られなかった症状です。
冬場に結露したものがオイルに混ざるという現象だということは分かるのですが、他の軽自動車でもよくあるものなのでしょうか?
冷却水のリザーバータンクにはオイル混入などは無く、フィラーキャップもしっかりと締まっています。(レベルゲージには付着しない)
このような状態で十分な潤滑がされるものかどうか・・・

Aベストアンサー

こんにちは、現役引退の元整備士です。
片道6~8kmの走行ですと、特に冬場には軽に限らず普通車でも乳化発生が懸念される距離ではありますね。
私も現役時代に普通車(1800cc)ではありますが、片道5~6kmの距離の通勤でオイルフィラーキャップ裏側が乳化、息子は現在1600cc車で片道4~5km通勤で乳化発生しています。
ただし、寒冷地在住ですので外気温はかなり低いですが・・・今頃の通勤時間帯は氷点下5℃程度です。

以前のH32Vでは発生がなく、H42Vになってから発生とのことですが、エンジン形式が異なりますので単純には比較出来ないとは考えます。
*H32Vは4気筒のたしかキャブレター車、H42Vは3気筒のインジェクション車、新車当時の排気ガス規制基準も異なっていると思われます。

現在は、フィラーキャップ裏側だけでレベルゲージに付着したオイルには乳化が見られないのでしたら、乳化の初期段階でオイル全体は白濁した訳ではないでしょうから、オイル交換やフラッシングまでは必要ないと考えます。
また、フラッシングやオイル交換をしても、同じ条件下(外気温や湿度によりますが・・)では、また発生してしまう可能性も大でしょう。

私の車のときの乳化、息子の車の乳化も、フィラーキャップに付着した程度でしたのでオイル交換などはせず、そのかわりに一週間に一度程度は乳化が見られなくなるまで、ちょっと長めの走行(仕事帰りに回り道やちょっとしたドライブ:15~20km程度)をして完全暖機(エンジン全体の温度を十分に上げて結露で発生した水分やオイル内の水分を完全に飛ばしてしまう)をしていました。
私はこれが一番効果的ではないかと考えています。(短距離走行繰り返し時のバッテリー消耗の充電にも効果的ですよね)

そういう具合で7~8年は使っていましたが、エンジンには何ら問題はなかったですね。
今も息子には、週一はちょっと長めに走行するように勧めています。
ちなみにオイル交換は約1万キロまたは年1度程度の間隔で実施していました。

こんな具合で良いと思うのですが・・・・ご参考になれば幸いです。

こんにちは、現役引退の元整備士です。
片道6~8kmの走行ですと、特に冬場には軽に限らず普通車でも乳化発生が懸念される距離ではありますね。
私も現役時代に普通車(1800cc)ではありますが、片道5~6kmの距離の通勤でオイルフィラーキャップ裏側が乳化、息子は現在1600cc車で片道4~5km通勤で乳化発生しています。
ただし、寒冷地在住ですので外気温はかなり低いですが・・・今頃の通勤時間帯は氷点下5℃程度です。

以前のH32Vでは発生がなく、H42Vになってから発生とのことですが...続きを読む

Qエンジンオイルの交換周期とエンジンオイルフィルターの交換周期は同じですか?

一般的に、自動車のエンジンオイルは5000kmで交換しています。それでは、エンジンオイルフィルターも5000kmごとに交換する必要がありますか?

Aベストアンサー

オイル交換毎に交換する必要はありません。
よほどエンジン内部が汚れてるエンジンでもなければ フィルターは、オイル交換2回に1回が一般的です。

おおよそメーカーは、オイル交換10,000kmとか言われてます
なので 20,000km2回目のオイル交換時に オイルフィルターを一緒に交換で良いです。
しかし 多走行 半年程度で10,000km走る方なら良いですが
年間10,000km走るか走らないかの人は、 短距離走行(近所の買い物)などで エンジンオイルが熱せられ湿気を追い出すまでもなくエンジン停止させるので 酸化劣化が起きやすいので 距離でなく 1年以内に一度交換といったサイクルが 長い目で見て エンジンには良いです。
また エンジンを大切に思う方は、
NAで 5~7,000km毎のエンジンオイル交換
ターボで 3~5,000km毎のエンジンオイル交換がお薦め
軽の場合 小さいエンジンで 3L程度の少ないオイル量で 700kg位の車体を引っ張り走るので 小型車より回転数は、高く過酷なので
3~5,000kmで交換が良いです。

オイルフィルターは、汚れの詰りが起きる前に交換なので オイル交換が 3,000kmと早めの場合 3回目でも10,000km走行なので 3回目フィルター交換でも 大丈夫です。(走行距離の少なさと早めのオイル交換してるので汚れが少ないのでフィルターも詰り難い)
決まりはないので ご自身の判断で!

オイルエレメントは、純正が一番です ホームセンターなどで売ってる社外品は、純正よりフィルター面積が極少し少ない様ですが 今まで何個も使ってきましたが問題は起きたことありません。
社外品で高価なスポーツフィルターは、価格相応の効果は、感じ取れません 無駄
メーカーが儲かるだけ

オイル交換毎に交換する必要はありません。
よほどエンジン内部が汚れてるエンジンでもなければ フィルターは、オイル交換2回に1回が一般的です。

おおよそメーカーは、オイル交換10,000kmとか言われてます
なので 20,000km2回目のオイル交換時に オイルフィルターを一緒に交換で良いです。
しかし 多走行 半年程度で10,000km走る方なら良いですが
年間10,000km走るか走らないかの人は、 短距離走行(近所の買い物)などで エンジンオイルが熱せられ湿気を追い出すまでも...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング