お世話になります

0Wオイルと5Wオイルまたは10Wオイルに関して質問です

0wオイルを使用すると 燃費が目に見えて向上しますが

 以前 「0Wはエンジン保護には弱い  10Wのほうが油膜が強くエンジンには良い」 との意見を聞いたことがあります

認識として  燃費は 0W>5W>10W ですが エンジンの保護・油膜の強さは 10W>5w>0w

との認識ですが これはあっているでしょうか?


モノタロウなどで 安い0Wがあるので使ってみたいのですが 油膜に問題があるなら
5Wを使用しようかと検討中です

0Wも5Wも10Wもエンジンの保護には差はないのでしょうか? 単に燃費の違いがあるだけでしょうか?

お教えください

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (17件中1~10件)

概ね、質問者さんの認識で、合ってると思いますよ。



私が他人に「良いオイルは?」と聞かれたら、
 「前の数字は、純正指定、後ろの数字は、純正以上、それなりに高価なもの」
と答えています、0W-20より、0W-30、の方が良いと思います。

価格重視の安価なものは、販売されてる方には、大変失礼ですが、
その場しのぎ用のオイルとしか見ていません。

誰にでも、解かりやすく明確に理由を説明できないのが、もどかしいですが、
20年もエンジン修理しると、そうなります。

安物入れ続けた車両と、新車から、良いもの使ってる車両じゃ、
同じ車種でも、圧縮計ったら、ビックリするくらい変わってるよ。

もっとも、10年未満で、車両を替えるのが普通な時代なんで、
一般のドライバーさんには、どうでも良いことかもしれませんが(笑)
    • good
    • 12
この回答へのお礼

経験からのご意見ありがとうございます

大変参考になります


長く乗るつもりなので 良いものを入れたいと思います

お礼日時:2012/08/07 14:01

0w-20指定の車に


10w-30とか入れたら重くなりすぎて
まともにエンジン回っていません。

上記は、?です
寒冷地以外でそう言う問題は起きない
(軽とか1000CCクラスの車での場合だけ一寸有るかも)
低温時の省燃費性能の問題なので
低温時の始動性能と燃費に問題が起きるだけです

0W指定の車に10Wの使用は通常の乗り方なら
やめた方が良いのは当然ですが
    • good
    • 9
この回答へのお礼

ありがとうございます

いろいろなご意見があり どれが正しいか・・・ でも 指定以外を入れるのはNGですね
ありがとうございます

お礼日時:2012/08/07 13:52

もうめちゃくちゃですね。



たんてきにまとめとく。

0wを使って良いエンジンは0w指定のあるエンジンだけ。

0w指定のあるエンジンで10wを入れて良い物などない。

0w指定にはそれくらい大きな壁がある。

スーパーマルチの
0w-50とか入れるって言うんなら話は別だが・・・
そう言う話じゃないでしょう?
0wオイルは
端的に0w-20とか30とかでしょ?
こんなもの昔のエンジンに入れたら至る所油膜切れ。
ターボ車に入れたらエンジン瞬殺。

0w-20指定の車に
10w-30とか入れたら重くなりすぎて
まともにエンジン回っていません。

質問主旨から勘案するに
>10Wの方が燃費が良い
のであれば、そのエンジンに0w-20や30を入れてはいけません!!!!
つまり、そのエンジン10w指定のエンジンなんでしょう?
寒冷期でも5Wが精一杯の旧式エンジンさ。
それに0w入れるなんて言うのは愚の骨頂です。
    • good
    • 16
この回答へのお礼

なるほど  注意します

お礼日時:2012/08/07 14:12

ハイブリットだろうが 漁船だろうが 必ず指定オイルを入れる事  常識です

    • good
    • 4
この回答へのお礼

了解しました
ありがとうございます

お礼日時:2012/08/07 14:11

 そもそも0W、5Wの「W」はウインター(冬)の略称で、寒冷地で使用する時の為の目安でしょ?



 で、ハイフンの後の数字は、オイルの硬さを表してるから、数字が大きいほど粘度が高い(硬い)ってことで、高温でも粘り気を保てるってことでしょ。


 エンジンオイルに求められるのは、内燃機関(基本を4サイクルとして)であるが故の「吸入→圧縮→膨張(爆発)→排気」サイクル時の、圧縮する時の圧縮力保持力と、膨張のときに起こる衝撃を吸収する力が必要とされます。

 0W-20を、レーシングカーに使っている所があると聞いたこともありますが、実際に油膜がはられているかどうかなんてのは、目で見て確認できないので、いろんなオイルを試して、同じようなエンジンの回し方をして、同程度の距離を走行して、汚れ(劣化)の少ないオイルが、あなたの車にあったオイルです。

 
 燃費云々は、エンジンをどれだけ大切に扱うかで、決まってくるのではないですか?


 オイルに関しては、エンジンとの相性もあるし、自分の車の乗り方と照らしあわせて選ぶのが一番だと思います。

 確か国内では、精油しているのは1箇所?だけだったかな。それを各メーカーで、添加剤の配合が微妙に変えているだけで、むしろ、鉱物油か、化学合成油かでの方が重要だと思いますし。


 0W、5Wとかは、そのエンジンの推奨値を超えなければ、気にしなくても構わないと思いますよ。

参考URL:http://www.ryomomaruzen.co.jp/oil05_5.htm
    • good
    • 6
この回答へのお礼

了解しました


ありがとうございます

ちなみに 鉱物油と化学合成油では どちらがいいのでしょうか?

お礼日時:2012/08/07 14:10

#12です 書き忘れです


ハイブリッド車は指定のオイルを入れてくださいね
これは守ること
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます


ハイブリット車注意します

先輩が プリウスに10Wを使用していて  大丈夫かな? と最近思ったところでした

お礼日時:2012/08/07 14:08

0Wと5Wと10Wの違いは基油の違い


基油のオイルに添加剤を入れて高温の時の
粘度を上げているだけの違い

以上のことからオイルの添加剤の違いで
性能は変わってきます

省燃費オイルは摩擦低減剤も添加剤として使う
添加剤の性能が低いと劣化も早いのでエンジンにも悪い
0Wより5Wの方が添加剤が劣化したとき
エンジンに負担が少ないのがお解りと思います
常識としてそこまでは使わないけど

オイルは他に清浄作用もあるので使うほど粘度は
上昇してきますが添加剤も劣化するので
その場合の粘度は油膜とは関係ない
但し過酷な使い方をすると粘度は短時間で低下します
その場合はエンジンが焼き付いたりします

最近は性能も上がっているけど出来れば純正オイルでも
5000キロで交換するのが良いと思います

外気温がマイナス5度以下でない限り10Wのオイルで
エンジンに悪影響は無いと思うけど
    • good
    • 5

普通の人が 普通の車を 常識的なオイル交換サイクル 普通の状態で 使うなら


そんな事は考える必要有りません

取説に記載されてる規格のオイルなら何を使っても問題無いです
    • good
    • 3
この回答へのお礼

了解しました
ありがとうございます

お礼日時:2012/08/07 14:07

通常の使用であればエンジンオイル粘度はメーカー指定を守るのは大原則ですが、エンジンの保護という観点からオイルを見る場合には注意が必要です。



当然ながらエンジンオイルの性能は粘度だけで決まるものではありませんが、以下粘度が高いことがエンジン保護性能につながるという前提です。



私にはエンジンの油膜の強さが10W>5W>0Wとなる理由が全く分かりません。

Wは低温時の粘度を示したものであり、これは油膜の強さによるエンジンの保護性能を示す数字ではなく、あくまで低温でエンジンを始動した際にセルモーターがクランキング可能か(あるいは、速やかにオイルが循環するか)を示す数字です。
また、ハイフンの後に続く二番目の数字は油温100℃のときの動粘度を示します。
この二つは全く別の指標であることを理解していない人が多すぎます。
そして潤滑油は温度と動粘度が比例関係にあります。

低温側が0~10でお話に上がっていますので高温側は30以上であると思いますが、仮に10W-30のエンジンオイルと0W-30のエンジンオイルを比較した場合は、-25℃以下の温度ではエンジン始動性に差が発生すると考えられ(10Wの方が粘度が高く冷間始動性が悪い)、100℃の時点では動粘度は両者共同じ、過酷な条件でエンジンオイルが100℃を超えてしまうような場合ではこの関係が逆転して0W-30の方が動粘度は高くなります。
つまり、マルチグレードのエンジンオイルのほうが低温始動性も高温粘度も上位に互換できるということが言えます。(もちろん、高温粘度側が30とはいっても9.3~12.5cStと幅がありますから、規格の下限性能であるのか上限性能であるのかでも話は大分違ってきます。)
しいて言うなら、10W-30のほうが低温粘度が高く、温まるまでは粘度が高いのでエンジン保護性能が高いとも言えますし、逆に粘度が高い分、オイルパンに落ち切ったエンジンオイルが隅々まで循環するのに時間がかかる為にドライスタート時に境界潤滑となってしまうことが考えられます。

車の運用形態から過酷な使用状態などあり得ない、というのであれば油温100℃以上の保護性能は関係のない話ですし、実際に街乗りされている状態での油温はほぼ冷却水温と同じです。
この場合は設問の通りに10W-30の方が粘度が高くなります。
    • good
    • 9
この回答へのお礼

詳しくありがとうございます

指定オイルを入れる大切さがわかりました

お礼日時:2012/08/07 14:06

>認識として  燃費は 0W>5W>10W ですが エンジンの保護・油膜の強さは 10W>5w>0w


>との認識ですが これはあっているでしょうか

正解です。
0Wは極力 粘性抵抗を抑え 燃費を向上させる目的のオイルです。
低燃費エンジンで おW指定の エンジンに使用します。 ちょっと前の エンジンには やわらかすぎて 使えません。

逆に 10Wも 今どきのエンジンには向きません そうと前の国産車ですねー
低燃費車エンジンでなくても かなり前から 5W-ですよ
低燃費エンジン 0W指定車に 10Wを入れると 走りますが 燃費は かなり落ちます。
乗って 重ったるく体感するでしょう オイルポンプ負荷も体感はできませんが 固いオイルなので 負荷が多くかかります。

低燃費エンジンには 取説に 指定された粘度クレードを 使うこと。
知り合いFit乗りの人には、 夏場は 5W-20 秋冬春は 0W-20を使うように 言ってます。

0W-20は、劣化が早いようなので 早めの交換が 良いと感じてます 使っても 7千kmとか

また 粘度の数字だけでなく メーカーや エンジンオイル自体の 品質でも かなり エンジンオイルって
違います。 
回わらないオイル 燃費が伸びないオイル メカノイズが 大きくなるオイルなど 粗悪エンジンオイルも
多くあるんです。

良いオイルエンジンとの マッチングが良い オイルは スムーズに 静かに軽く 回り 燃費が向上します。アクセル軽くなるが 前に出ようとする 力が増えます。

MoNoTaROの オイルも 悪くはないようですが 良くはないと思います。
社用車等なら 良いでしょうが マイカーに使用は、おすすめしません。

ホンダ車の場合 
出光の エコメダリスト0W-20が エンジンとの相性が良く Fit、ステップワゴンの燃費向上オイルとして 有名です。

オイルは、価格が 高ければ 良いオイルとも 言えず  自車エンジンと オイルの マッチングで 最良エンジンオイルが 見つかれば 良い 走りと 燃費が受けられます。
油田を持たないメーカー原油仕入れが高ければ 売値も 高い
原油純度が 悪ければ 精製し添加剤を多く入れるので コストがかかる
レース スポンサーしてるメーカーは、利率を上げて売らないと やっていけない 知名度で売れる。

おすすめ オイル
おおよそ 出光、シェルヒリックス、SUNOCO スベルトの オイルなら 良いフィーリングが 得られると 思います。
普通に 買うと 安く買えませんが ヤフオクで買えば 安く 手に入ります。
4L一度購入し 試してもいてください。

あと エンジン保護性能が 高いのが バルボリンのエンジンオイルです。
ねちっこいオイル 5Wでも 固い感じで 燃費は若干落ちる傾向ですが エンジン保護性能が ばっちりなので たまに 入れてあげると良い感じに 思います。

エンジンオイルって いろいろ特徴があり 面白いですよ。
ダメダメオイルも 多く わかってくると いろいろメリットがあります。
エンジン性能を 生かすも 殺すも 油脂です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

詳しくありがとうございます

教えていただいたオイル試してみます

SMならどこも同じというわけではないのですね

お礼日時:2012/08/07 14:04

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qエンジンオイル【0W-20】と【5W-30】はどちらがお勧めですか?

現在、平成14年式ステップワゴンに乗ってますが、取り扱い説明書には推奨オイルの欄に※【0W-20】【5W-30】【5W-40】【10W-30】
「※:【0W-20】は、最も省燃費性に優れたオイルです。」
と書いてあり
【0W-20】と【5W-30】で悩んでいます。
【0W-20】と【5W-30】で乗ってみて違いが分かりますか?
カーショップでは、千円ぐらい違いますが、やっぱり【0W-20】の方がお勧めなのでしょうか?宜しくお願いします。

Aベストアンサー

0W-20のオイルで 夏場でも油膜切れはおこりませんよ。
素人判断ですね(笑)

イメージだけで考える人は、そう思うのかも知れませんね。
確かに0W-20は 専用エンジンのみの指定になっています。
(5W-20も専用エンジン指定です)

整備手帳に記載が あるなら そのオイルを入れてもいいと
いう事です。

0W-20のオイルは、カーレースでも使用され メーカーの
厳しいテストを受け世に出ていますので なんら問題ありません。

だいたい油膜切れまで AT車が、激しい走行を公道で可能でしょうか?

素人のイメージ専攻型の人は 皆さん そう言いますね。
大きな間違いです。

ちなみに 私は1年中 5W-20を入れてます。

Qメーカー指定粘度オイル(0W-20)を入れる理由は

先日オイル交換をしようとボンネットをあけたら、
「必ず0W-20のオイルを使用してください」とでかでかとステッカーが張ってありました。(事務用品で作れるようなステッカーです、メーカーが作ったステッカーではありません)

たぶん 車検時にディラーが貼り付けたものと思います。  

取説を読むと、 0W-20  5W-20 が指定オイルになっていましたが
これまでずっと 10W-30(20?)をいれていました。

10Wの方がエンジン洗浄力があると思い 10Wを使用していました

もちろんメーカーの指定が一番いいのかもしれませんが、燃費を上げるために0Wオイルを入れさせているような気もします。

0W指定のエンジンに10Wを入れると どんな不具合があるのでしょうか?

それとも これといって目立った問題はなく(そう目立った問題になるとは思えませんが)
メーカーが望む燃費が維持できないだけでしょうか?

または エンジンの保護にはやはり指定粘度のオイルが良いのでしょうか?

お教えください

Aベストアンサー

>10Wの方がエンジン洗浄力があると思い 10Wを使用していました

他にも回答がありましたが、オイル粘度は洗浄作用とは無関係ですよ。

>燃費を上げるために0Wオイルを入れさせているような気もします。

その通りですね。
「原発廃止の為に、ECO節電。節電すれば、電力不足は起きない!」ポンコツ菅首相断言。
「省エネの為に、電気使用料を減らして石油ストーブを使おう!」ポンコツ民主党。
色々と、全く意味の無い燃費向上目的でオイル粘度を選択しています。
燃費なんかは、温度・湿度・風速などの環境で多くの誤差が出ますからね。
特に、信号が一切無い+渋滞が無い+坂道が無い状態で走行しないと実験結果は出ません。
国土交通省届出用数値を得る目的で、これらの粘度のオイルを勧めているのでしよう。

>0W指定のエンジンに10Wを入れると どんな不具合があるのでしょうか?

質問者さまが住んでいる地域が分かりませんが、粘度は「適用・耐用できる気温」を意味しています。
0Wだと、マイナス40度から0度の範囲に対応。
10Wだと、マイナス20度からプラス10度の範囲を対応。
質問者さまがマイナス40度からマイナス20度超寒冷地で住んでいれば、エンジンが故障します。
潤滑油としての機能を、全く果たしませんからね。
日本国内でも、温暖化とエセ環境保護団体が叫んでいますが「極端に低温」になる地域がありますよね。
(10000年単位で考えれば、地球は温暖化・寒冷化を繰返しています)
また、タコメータ上の最高エンジン回転数で常時走行する場合もエンジンが故障(焼き付き)します。

>メーカーが望む燃費が維持できないだけでしょうか?

先に書いた通り、メーカー指定粘度を利用しても「メーカーが望む燃費は期待薄」です。

>エンジンの保護にはやはり指定粘度のオイルが良いのでしょうか?

設計・試験走行時に、一番適した(馬力・トルク・燃費が期待できた)粘度がメーカー指定です。
安心を考えれば、メーカー指定オイルの方が無難でしようね。
但し、各種エンジンオイル添加剤を入れると意味が無くなります。

私個人としては、最高速度は(追い越し時を除いて)道交法を守っています。
最近は、10W-30の「国内平均オイル」を用いていますね。
日本国内全ての環境で、用いる事が出来ますし安価です。
メーカー指定は、10W-30・5W-30・0W-30と取説に書いています。
その下に「使用する地域の外気温度を基準に、上記オイル粘度を選択して下さい」と書いていますよ。
国産車ではありませんが、国産車も実質的には同じです。

>10Wの方がエンジン洗浄力があると思い 10Wを使用していました

他にも回答がありましたが、オイル粘度は洗浄作用とは無関係ですよ。

>燃費を上げるために0Wオイルを入れさせているような気もします。

その通りですね。
「原発廃止の為に、ECO節電。節電すれば、電力不足は起きない!」ポンコツ菅首相断言。
「省エネの為に、電気使用料を減らして石油ストーブを使おう!」ポンコツ民主党。
色々と、全く意味の無い燃費向上目的でオイル粘度を選択しています。
燃費なんかは、温度・湿度・風速などの...続きを読む

Q古い車に5W-40のオイルは大丈夫?

平成5年式の軽四輪(箱型ワゴン)に乗っています。(9万km走行)
ディーラーでオイル交換を頼むと、最近では5W-40の純正オイル(部分合成油)を入れられます。
今までは10W-30だったのが、5W-40にして問題がないのかと担当者に聞くと、
何ら問題ありませんよ。かえって燃費は良くなります。と言われました。
実際、5W-40に2回交換して、6000kmは走りましたが、
燃費の差はそんなに感じませんが、音がうるさくなったり(もともとうるさいから)、オイル漏れが生じたりということはありません。(まあまあ快適と思います。というか、あまり違いがわからない?)

しかし、知人からは、14年前の車に5W-粘度のオイルを入れると、良くない。と言われました。
その理由を聞くと知人の方が説得力があるので、気になって仕方がありません。
理由:(1)エンジンの設計自体が、5W粘度を想定していない。
(2)9万kmも走っている軽四に、低粘度オイルの使用はエンジン摩耗を促進する。
(3)旧車に粘度の柔らかいオイルを入れるとエンジン音がうるさくなる。
(4)夏場で焼き付きを起こす可能性が高い。
(5)オイル漏れを起こしやすい=エンジンを痛める。

確かに、当時のエンジンオイル(指定オイル)は10W-30で、5Wと言う粘度自体が存在しませんでした。
しかし、○-○バックスで交換しようとのぞいても、軽四輪用(3L)のオイルは5W-40がほとんどで、
格安品(安すぎて不安!)に10W-30が見られる程度です。
平成5年当時の車両に入れるオイルを、
5W-40のオイルと、10W-30のオイルとで比較した場合、、
実際、どちらを入れるのが、車にとって正しい選択なのでしょうか?
今の車は気に入っていますので、快適に末永く乗ろうと思っていますので・・・
次のオイル交換の時期も近づいてきており、どちらにしようか決めかねている次第です。

平成5年式の軽四輪(箱型ワゴン)に乗っています。(9万km走行)
ディーラーでオイル交換を頼むと、最近では5W-40の純正オイル(部分合成油)を入れられます。
今までは10W-30だったのが、5W-40にして問題がないのかと担当者に聞くと、
何ら問題ありませんよ。かえって燃費は良くなります。と言われました。
実際、5W-40に2回交換して、6000kmは走りましたが、
燃費の差はそんなに感じませんが、音がうるさくなったり(もともとうるさいから)、オイル漏れが生じたりということ...続きを読む

Aベストアンサー

オイルの粘度表示 5W-40 という意味ですが5Wというのは低温時の粘度表示で40というのが高温時の粘度表示です。
10Wより5Wの方が低温時に軟らかいので始動直後などの抵抗が減りエンジンが冷えている間の燃費が若干良くなります。
高温時というのはエンジンが温まった状態ということですから普通走行しているときに40番のほうが粘度が高いということになります。
その為抵抗によって燃費は落ちます。
ただ長年使用したエンジンでは各部が磨り減って新車時よりすき間が大きくなっているところがあります。
こういった部分を高粘度でカバーしてピストンの密封性を良くしたりすることでパワー燃費が若干回復することがあります。

逆に粘度が極端に低いオイルは使えません。
最近の省燃費車のように0W-20のような高温時20番のオイルは燃費もよくなりパワーも出ますがエンジンが20番に対応していないとオイルシールなどからオイル漏れしてしまうそうです。

Qエンジンオイルの5W30と5W20の違い

エンジンオイルの5W30は、5W20に比べて、

(1)油温が上がりにくい
(2)油温が上がっても性能が落ちにくい
(3)両方とも見当はずれ

どれでしょうか。

Aベストアンサー

こんばんは。#2です。
ちょっと不親切だったので。

SAE10W-30といったマルチグレードやSAE30といったシングルグレードがあります。
シングルグレードオイルは、高温時のオイルの粘度のみが表示されています。
マルチグレードオイルは、最初のWの付いた数字は低温時の粘度を表し、小さくなるほど低温でも一定の粘度を保て、あとの数字は大きくなるほど高温でも必要な粘度を保てます。
したがって、5W-30は、5W-20に比べて、 油温が上がっても性能が落ちにくいといえるでしょう。

参考URL:http://www.woow-kobe.com/shopinfo/oil/kiso2.htm

Qエンジンオイル モービル1と、WAKOS

 アテンザ 23S に乗っています。
 現在、エンジンオイルは、 モービル1 の 0W-30 に、
 WAKOSの添加剤 スーパーフォアビークル を入れています。

 聞いた話によると、モービル1は、すぐ たれ易い との事・・・

 真実かどうかは、分かりませんが、 次回は、WAKOSの、プロステージ S 0W-30
 を入れてみようか  と考えています。

 高速道路で、それなりに回しますが、基本は、通勤を含む タウンユースです。

  WAKOSの方が、わずがに 安価です。

 経験されたかた 、 詳しい方  等々

  どちらが向いているか 教えて下さい。

  宜しく、御願いします。

Aベストアンサー

それほど詳しいわけでもありませんがモービル1とWAKO'Sは精製しているのが同じ東燃ゼネラル(ESSO)というので基本油はあまり変わらないのではと思います
WAKO’SのほうはOEMで配合成分指定しているため、多少高価なのだと思います
ちなみにマツダ純正オイルはカストロールOEM、トヨタ、日産は東燃OEMといいますので純正が悪いというわけでもありません。単純にコストを下げるための配合をしているだけです。実際トヨタと日産は新車工場出荷時の充填オイルがモービルです。

質問の内容的にはモービル1+WAKO'S添加剤とWAKO'Sオイルのどちらがいいかということだと思いますがそのどちらかであればモービル1+添加剤のほうが潤滑性能的には上だと思います。WAKO'SオイルにWAKO'Sの添加剤を入れるのであればその分WAKO'Sのオイルのグレード(WR-Rなど)を上げるべきです。

ただアテンザのようにオイルが超高温になることがないであろうエンジンであれば柔らかめのオイルでフリクションロスを減らしたほうが体感できる変化がみられると思います。
ちなみに前回答者の方の言っていたグループAでのスカイラインGTRが超低粘度のオイルを使っていたのは本当で、1レース走り切れればそのあとは載せ替えるだけという状況で少しでもフリクションロスを減らすために常識ではありえないことをしていたようです(もちろん完走できるという計算上でのことです)。
話がそれましたがオイルはどれがいいと簡単に決めれるほど簡単な物ではありません。とにかくいろいろ試して「体感」でどれがいいと決めるしかないのが現状です。
私の場合、2JZにはオメガVSと添加剤色々(毎回代えて試しています)を1か月前後で交換し、RB25にはカストロールRSと添加剤色々を混ぜて1500km前後(約1~1か月半)くらいで交換しています。
どれがいいとははっきり言えませんがオイルの選択でシャシダイ上で660~690ps(30ps幅、外気温、給気温バラバラ)くらいの差が出ることもありますのでどれと決めずにいろいろ試してみてください。

それほど詳しいわけでもありませんがモービル1とWAKO'Sは精製しているのが同じ東燃ゼネラル(ESSO)というので基本油はあまり変わらないのではと思います
WAKO’SのほうはOEMで配合成分指定しているため、多少高価なのだと思います
ちなみにマツダ純正オイルはカストロールOEM、トヨタ、日産は東燃OEMといいますので純正が悪いというわけでもありません。単純にコストを下げるための配合をしているだけです。実際トヨタと日産は新車工場出荷時の充填オイルがモービルです。

質問の内容的にはモービル1+WAKO'S添加...続きを読む

Q省燃費型オイル(0W-20)のおすすめメーカーは?

現行プリウス(NHW20)Gグレードに乗ってます
少しでも燃費をよくしたい為に、省燃費型オイル(0W-20)の選定で迷っております。

あるカー用品店では「BPのバービスキュート」が純正オイルと比較して
品質が良いと店頭で宣伝表示されております。
http://www.bp-oil.co.jp/product/vervis/vervis-cute.html
しかも、値段も純正オイルより数百円安いのです。
それが本当なら「BPのバービスキュート」に決定なのですが、他に純正品やホンダの
オイルの方が燃費がよくなるという情報をお持ちの方がいらっしゃいましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

0W-20というのはかなりの低粘度で品質の悪いオイルだと高温時に熱ダレを起こして
オイル膜がエンジン内部を保護できなくなりパワーが落ちたり、メカニカルノイズが増してきたりと
十分に考えて使用しないと逆効果の方が多くエンジン本体にも良くありません。

バービスキュートはいわゆる廉価版オイルでプリウスなどの最新高品質のエンジンには使わない方がいいですよ。
ショップが薦めるのはそのオイルが粗利が高かったり、店にとって有利な製品を薦めるのが普通ですので
グレードを見てもとても高品質で薦めるオイルではありませんね。

もし0Wー20のオイルを入れるのであれば最低限100%化学合成のオイルを入れた方がいいですね。
モービル1など高品質の100%化学合成の0W-20だと6000円以上しますから
もしそれを高いとお思いなら純正オイルをトヨタのディーラーで入れることをオススメします。
0Wー20だと確かにフリクションが減って燃費が向上しそうですが、逆に5W-30より
トルクが無くなりますから同じスピード感覚で走ろうと思えばその分アクセルを踏まないと
速度が上がりませんから0W-20にしたからといってもほとんど変わらないと思うべきですし実際にほとんど変わりませんよ。

それよりコンパクトカーより100万高い車ですから一月にコンパクトカーより1万円分
燃費が良くても差額をペイ出来るまでに8年以上かかります。
それまでは急発進、急制動などをせず出来る限りのエコ運転に徹するのが一番の燃費向上だと思います。

0W-20というのはかなりの低粘度で品質の悪いオイルだと高温時に熱ダレを起こして
オイル膜がエンジン内部を保護できなくなりパワーが落ちたり、メカニカルノイズが増してきたりと
十分に考えて使用しないと逆効果の方が多くエンジン本体にも良くありません。

バービスキュートはいわゆる廉価版オイルでプリウスなどの最新高品質のエンジンには使わない方がいいですよ。
ショップが薦めるのはそのオイルが粗利が高かったり、店にとって有利な製品を薦めるのが普通ですので
グレードを見てもとても高品質...続きを読む

Q0w30 5w30 10w30 温間時の違い。

数字の小さい方が冷間でwはウィンターを示す。
低温下でのエンジン始動時に影響。その後、関係なくなる。

30の方が温間(エンジンが温まった後)を示す指数。


そのように認識しています。

では、0w30 5w30 10w30 この3種類のオイルは温間時では、粘度、油膜、、潤滑性能、耐久性などは同等なのでしょうか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

後者の数字は、確か100℃の時の粘度を表していたと思います。
つまり100℃ならば、ほぼ同じ粘度を示すが、それを超えたところでは違ってくる可能性があるわけです。

QBMWのオイル交換をスーパーオートバックスにて

当方、BMW323i(E90)に乗っております。エンジンオイルの事でご意見をお願いします。

量販店でのオイル交換は一抹の不安もあり、いままでは正規ディーラーで交換していたのですが、ディーラーですと24000円(フィルター+工賃込)ほどします。
スーパーオートバックスですと純正同等のオイルを使用しても約半額強で済みます。

今の車も乗ってあと1年くらいと考えていますので、あまりお金をかけたくないのが正直なところです。
SABにおいても作業員のスキルによるとは思いますが、SABでオイル交換することはどう思われますか?

Aベストアンサー

問題ないと思いますよ。

新車で購入し、8年間とか乗り、「後1年とか乗って買い直そう」という感じだと想定しました。

車は、長く乗ろうと考えた時に、どうせならきちんと整備して・・・とお金を投資するという事があると思います。

反面、「後乗って2年とかで買い直すつもり」という感じになると、必要以上にあまりお金をかけたくないという気持ちだったりします。

たぶん、E90のオイル量というのは、4Lくらいで、オイルエレメント交換するとプラス0,5Lくらいになると思います。

一般的にオイルは、アンダーカバーを開けると、オイルパンというものがエンジンの下部に付いており、ここのドレンプラグを開きますとエンジンオイルが抜ける。

そしてエレメントを取り外して、新品と交換し、ドレンプラグを締め、新しいエンジンオイルを入れるという感じの作業です。

どちらかといえば、近年では、エンジンを温めた後に、エンジンオイルレベルをチェックするホースにオイルチェンジャーで上から抜く方式が主流のような気がします。

BMW(バリエリッシュ・モトーレン・ベルケ)のオイル交換が高いのは、オイルレベルセンサーとかの点検とかもやっているのかもしれません。

作業そのものは、他の国産車とかと同じような工程ですので、初心者レベル級のスタッフに当たってしまっても、問題出ない範囲内です。

問題というのは、極端な言い方をすれば、ドレンプラグを締め付けが弱いとかの場合、オイルが漏れる可能性とかもあると思うのです。

でも、オイルレベルチェックは、車のセンサーが付いていますので、減ればチェックランプ点灯するので気づくと思われますから。

参考URL:http://minkara.carview.co.jp/en/userid/487006/blog/26805071/

問題ないと思いますよ。

新車で購入し、8年間とか乗り、「後1年とか乗って買い直そう」という感じだと想定しました。

車は、長く乗ろうと考えた時に、どうせならきちんと整備して・・・とお金を投資するという事があると思います。

反面、「後乗って2年とかで買い直すつもり」という感じになると、必要以上にあまりお金をかけたくないという気持ちだったりします。

たぶん、E90のオイル量というのは、4Lくらいで、オイルエレメント交換するとプラス0,5Lくらいになると思います。

一般的にオイル...続きを読む

Q燃料添加剤のワコーズF1は、オイルを汚しますか?

F1は、使用するとカーボンやスラッジが分解されて、オイルに溶け込み、オイルが汚れる。使用後はオイル交換もした方が良い。
と言うのは本当ですか?

ガソリン添加剤は、オイルとはあまり関係なく、いつでも投入可能と考えていました。上記の内容を考えて投入する場合は、オイル交換の少し前に入れる事になります。
F1の投入は、オイル交換前が良いか、いつでも良いか教えて下さい。

今1台の車に入れないで、入れる時期を待っています。

Aベストアンサー

スロロットルバルブ、インジェクターに付着した汚れを溶かし落とし 燃焼させるので オイルが汚れる訳です。
酷く汚れるかと言えば 汚れ具合次第 10万km何も洗浄剤を入れてないなどならかなり汚れの付着が酷く F1一回投入程度では、汚れが取りきれないものです。

F1投入で 少なからず汚れるので オイル交換前に入れるのが望ましく
投入して 3千km5千km走行しても問題は起きないでしょう オイルエレメントが汚れは、ろ過します しかし 気分的に 気にする人神経質な人には、早めのオイル交換が安心できるといった所かな
投入し3千kmはまず大丈夫 しかし個人的には、5千kmを超える走行は、避けたい気分です。

Q100%化学合成油の寿命

車にモービル1(100%化学合成油)を使用してます。オイル交換は
3000から5000キロまたは半年に1回交換て言われてますよね?化学合成油の場合はもっと長持ちしますか?長持ちするとしたら何キロ、どのくらいの期間もちますかね?量販店などでは3000キロか3ヶ月で交換て言われるので、さすがに早すぎると思います。詳しい方教えて下さい。

Aベストアンサー

ちょうど良かった。モービル本社に質問したら「自動車メーカーのメンテナンスノートどおり」でいいとのことです。でも、ディラーでは1万キロひっぱるのは良くないからみんな5000キロ交換でしている。とのことです。それで今化学合成100%入れてますが、4000キロぐらいで潤滑剤の性能がはっきり落ちますね。メーカーの言い分ですと、「性能が落ちても使える」レベルが1万キロとか1.5万キロの話で、自分の走りよさやフィーリングを大事にするならディラーの言うように「早い」ほうがいいということです。ですので、ご自分で新しいオイルを入れたときから「エンジン音」「燃費」が悪くなったと思ったら変えるのもいいかと思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報