始めたばっかりのアルバイトで
給料から年金を引くからと言われました
普通アルバイトは所得税しか
引かれなくないですか?
今までアルバイトの経験しかなくて
年金は払ったことはないです
アルバイトで年金を払うのは普通ですか?
毎月1万引かれると聞いて
出来れば払いたくないです
まだ長く続けるかもわからないのに
払うのは無駄な気がして…
年金を払うのは強制なんでしょうか?
払っても貰えないこともあるんですよね?
明日までに書類提出と言われ
断ろうか迷っています
年金免除というのもあるとも聞いて
詳しい方いたら教えてください

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

長いです。

リンクも多用しています。

>普通アルバイトは所得税しか引かれなくないですか?

「給与所得の源泉徴収票」というものが発行される場合は受け取っているのは「給与所得」という種類の所得(≒収入)です。「給与所得」を得ている労働者を「給与所得者」と呼びますが、給与所得者が給与から差し引かれる主なものは以下の通りです。

○税金

・所得税:毎月の給与の金額と税額表で税額が決定。(年末調整で精算)
・住民税:前年(1月~12月)の所得に対する住民税。6月~翌5月の給与から分割して引き去り。ただし、会社が怠っている場合は自宅に納付書が届きます

『静岡県|個人住民税特別徴収制度』
http://www.pref.shizuoka.jp/soumu/so-140/tokubet …

○社会保険

・雇用保険:いわゆる失業保険。「原則」週20時間以上の労働時間があると(会社は)加入させる義務があります。
・厚生年金:パートもアルバイトも社員の3/4程度の労働条件なら(会社に)加入させる義務があります。(3/4はあくまで【目安】)
・健康保険:厚生年金に同じ

・労災保険:会社は加入させる義務がありますが従業員の保険料負担はありません。

『[PDF]雇用保険に加入されていますか~労働者の皆様へ~』
http://www.mhlw.go.jp/bunya/koyou/koyouhoken/pdf …
『厚生年金|適用事業所と被保険者』
http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp …
『労災保険とは』
http://www.rousai-ric.or.jp/tabid/60/Default.aspx

いわゆる「ブラック企業」などと呼ばれている会社や経営の苦しい会社はこれらの「社会保険」に意図的に未加入だったりします。

『厚生年金:悪質加入逃れは告発、企業名公表も 厚労省方針』
http://ameblo.jp/sr-sakurai/entry-11241430486.html
『社会保険|Wikipedia』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A4%BE%E4%BC%9A% …

---------
「厚生年金」は「健康保険」とセットで加入となります。つまり、「国民年金&市町村国保」→「厚生年金&健康保険」になるわけです。

「厚生年金」に加入すると「国民年金保険料」は厚生年金制度が負担してくれるので自分で払う必要はなくなります。

「健康保険」は会社や業界団体が運営している場合はそこに加入して、ない場合は「協会けんぽ」というものに加入します。加入したら14日以内に市町村で「国保」の脱退手続きをします。(当然「国保」の保険料は支払う必要がなくなります。)

「厚生年金&健康保険」の保険料は給料に応じて決まります、そして会社が半分払ってくれます。「雇用保険」は会社負担のほうが大きいです。

『社会保険料(等)計算ツール』
http://www.soumunomori.com/tool/
『標準報酬月額とは?』
http://www.office-onoduka.com/nenkinblog/2008/01 …
『国民年金保険料』
http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp …

>払うのは無駄な気がして…

厚生年金は加入期間に応じて「日本年金機構」に記録が残って、加入期間に応じて「国民年金」にプラスされます。

『~年金が「2階建て」といわれる理由~』
http://nenkin.news-site.net/kiso/kiso03.html
『国民年金と厚生年金の比較(違い)』
http://www.kokumin-nenkin.com/knowledge/kouseine …

>年金を払うのは強制なんでしょうか?

はい、国民年金は国民全員が納める義務があります。厚生年金は会社(≒事業主)の規模などによって加入する(させる)義務があります。

>払っても貰えないこともあるんですよね?

「国民年金」「厚生年金」「共済年金」の加入期間の合計が「25年以上」ないと1円ももらえません。「国民年金保険料の【未納】期間」は25年に含まれません。

25年の条件を満たした場合は、「国民年金の未納期間」があると「未納の月数/40×12」だけ受け取る国民年金が少なくなります。厚生年金は、上記の条件を満たせば、(たとえ1ヶ月でも)加入した期間と支払った保険料の額に応じて「国民年金」にプラスしてもらえます。

『受給資格期間』
http://www.nenkin.go.jp/n/www/yougo/detail.jsp?i …

>年金免除というのもあると

『(国民年金)保険料の免除等について』
http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp …

(参考)

『健保と国保、どちらがお得?|吉田社会保険労務士事務所』
http://www.h2.dion.ne.jp/~chimaki/ws/pan/ken_a.htm
※健康保険には「傷病手当金」があります。
『厚生年金の障害厚生年金とは?』
http://www.kokumin-nenkin.com/knowledge/shougai- …

『国民年金(など)は、節税に使える!』
http://www.kokumin-nenkin.com/knowledge/merit4.h …

『源泉徴収とは?支払者が所得税を納付』
http://allabout.co.jp/gm/gc/12014/
『住民税とは?住民税の基本を知ろう』
http://allabout.co.jp/gm/gc/14737/

『税についての相談窓口 』
http://www.nta.go.jp/shiraberu/sodan/sodanshitsu …
※住民税は【お住まいの】市区町村役場(役所)です。

※間違いがないよう努めてはいますが最終判断は各窓口に確認のうえお願いいたします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます
ということは
年金は引かれることになり
国保は脱退していいと
いうことですかね?

お礼日時:2012/08/06 10:18

ANo.3です。


ベストアンサーをいただきありがとうございます。
回答を追加していただきました。

---------
>年金は引かれることになり国保は脱退していいということですかね?

「厚生年金」については日本年金機構が指導している【目安】をもとに事業主(雇用主)が判断します。あきらかに目安を超えていているのに未加入にさせておくことはできません。

『日本年金機構|適用事業所と被保険者』
http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp …

『社会保険事務所の調査』
http://www.onyx.dti.ne.jp/~kinotaka/jouhou/0303. …
『会計検査院の調査』
http://www.onyx.dti.ne.jp/~kinotaka/jouhou/0303b …
※古い記事です。

「国民年金」にも強制徴収はあります。

『国民年金の強制徴収とは 差し押さえは急増』
http://www.hat.hi-ho.ne.jp/heart_thoughts/t/nenk …

「国保」については「14日以内に」脱退手続きをしなければいけません。また、職場の健康保険をやめた時も14日以内に加入手続きをしなければなりません。

「公的」医療保険は必ず1つ加入する義務がありますが2重加入はできません。きちんと手続きしないと結果的に2重加入になってしまうことがありますが、2ヶ所から医療費を支給してもらうことはできません。

(参考)

国民年金保険料は2年経過すると時効で納められなくなります。今年の10月から3年間に限り「希望すれば」10年遡って納められます。

『[PDF]年金確保支援法』
http://www.nenkin.go.jp/n/www/share/pdf/existing …

-------
『No.1130 社会保険料控除』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1130.htm
※厚生年金・健康保険などの天引き分は会社で「控除」を行なってから源泉徴収が行われます。

『[PDF]給与所得の源泉徴収税額表(月額表)』
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/g …
『[PDF]給与所得の源泉徴収税額の求め方』
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/g …

『No.2030 還付申告』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2030.htm
『Q5 給与所得者等で還付申告をしていなかった場合、何年前までさかのぼって還付申告をすることができますか。』
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/ …

『所得税・住民税簡易計算機【給与所得用】』
http://tsundere-server.net/tax.php
※あくまで目安としてお使いください。
    • good
    • 3

質問者さまは20歳を超えているのでしょうか?


だとすれば、まず国民年金に入っていなければいけません。
ただし、所得が少ない場合は免除もあります。支払いは免除されるけれども、入っていたという期間には数えてもらえますので、お住まいの市町村でご相談なさることをお勧めします。

アルバイト先から引くというのは、厚生年金だと思います。
だとすれば、健康保険もセットになりますから、制度的にはお得です。
労働条件が社会保険に加入すべき条件になっているなら、加入するかしないかを選ぶことはできません。質問者さまが仰る「払っても貰えない」となる典型例が、これが原因です。
お若い頃に、「年金なんて払っても無駄でしょ」と国民年金を払わなかった人が、正社員など社会保険を完備している会社に無事就職できた時に、払うけれども貰えない、になるのです。

会社が天引きすると言っている「年金」が何なのか、きちんと会社で訊いた方がいいと思います。
加えて、今、質問者さまが健康保険は国保なのかご家族の扶養なのか、年金は国民年金を納めているのか否か、税金は所得税住民税をご自分で払っているのかご家族の扶養なのか、確認しておかれた方がいいと思います。
健康保険や税金でご家族の扶養に入っていたりすると、それを外さないといけません、という話になる可能性もありますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます
私は今22歳で
国民年金は払ったことがありません
バイトで引かれるのが厚生年金なら
国民年金よりお得なんですかね?
健康保険は国保で
毎月引き落としされています
それもなにか関係してくるんでしょうか?
でも年金は25年払い続けないと
貰えないことも知りいろいろ難しいです
バイト先で強制なのか
もう一度詳しく聞いてみます;

お礼日時:2012/08/06 02:14

アルバイトでも一定の勤務時間を超えた場合は、年金の加入が義務付けられています。


(社員の3分の2以上)

経費節約等の理由で義務を果たしていない会社も多いですが、きちんとした会社は規定通り実行しています。

確かに手取り額が減ってしまうのは痛いですが、安心感の有る職場に勤めると言う意味では、むしろ良かったのではないかと思います。
それに、払った期間はそれだけ将来プラスになりますし。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます
アルバイトでも
年金の加入は義務なんですね;
ちゃんとした会社なのかと
少し安心しました

お礼日時:2012/08/06 02:17

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q年金受給資格がない場合、60歳を超えて国民年金を払うしか方策はないですか。

若い頃正社員として働きたくても、なかなか
社員として就職できずアルバイトと派遣で
働いてきました。自分が20歳だった頃は
国民年金は強制加入と言う通知もなかった
時代です。

今から60歳まで働いても、25年の公的年金
支払いの年金受給資格を満たすことができ
ません。不足している数年間を老人の任意
加入によって払って埋め合わせをしていく
と言う方法でしか、年金を受け取ることが
できないのでしょうか。

年金制度は極端な話、24年間厚生年金を
給料から天引きされた人は、年金を受け取る
ことができず、ほんの2-3年しか働かないで、
ずっと専業主婦になった人は、第3号のため
年金を受け取れると言うことですよね。

Aベストアンサー

厚生年金24年を給料から天引きされた人は年金もらえず・・・厚生年金受給資格あります(厚生年金もらえます)厚生年金は20年で受給資格ありますし、男性40歳~加入の場合15年で受給資格あります 女性は35歳~15年で受給できます(救済措置です)
今から働いても25年の公的年金の受給資格を満たすことが出来ない・・・国民年はx月加入期間・厚生年金はy月加入期間 結婚期間があれば奥さんなり夫が厚生年金加入期間があればカラ期間として計算できます。
年金は単純に25年加入しないと受給できないと決まってません、救済措置もありますし、男性、女性かでも違いますし貴方の年齢(生年月日)でも違ってきますとても複雑です。早めに社会保険事務所に行き年金の加入期間を調べてください。

Q厚生年金を継続して払えば妻の年金を払わなくてよい?

29年生まれで、今年60歳になります。

妻は55歳なので、私の支払いが終わると、
国民年金保険料を第一号被保険者として払わなくてはいけません。

私は38年支払っているので、満額の40年まで任意加入することが出来ると思います。
その場合、妻は、第三号として2年間は国民年金保険料を払わなくて済みますか?

なお、月400円払えば、支給額が増えると聞いたのですが、どうですか?

私は、今の勤め先で働くので、厚生年金にそのまま加入できます。
健康保険は国民健康保険にするより高くなるのでしょうか?

妻の年金保険料は払わなくていけないのなら、65歳まで待たずに、60歳から繰り上げ支給にしようかとも思います。

また、20万以上収入があると、年金を減額されてしまうと聞きましたがその点も教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

定年等で離職した場合は国民年金の1号被保険者に変わります。
この場合は3号被保険者(被用者年金制度の被扶養者)は適用されない為配偶者についても1号被保険者として保険料納付義務を免れません。
夫が60歳になった後に国民年金に継続して加入する場合、4号(任意加入)となります。任意加入ですと付加保険料は納付可能です(付加年金は2年受け取れば採算が合う有利な制度です)。但し保険料が納付期限(対象月の翌月末)迄に納付されない場合「任意加入自体を脱退」とされ2年の時効や追納・後納は一切使えません。
もし在職して厚生年金に加入継続(又は転職して適用)出来るのであれば厚生年金は70歳迄加入可能(但し厚生年金単独で45年が加入上限)ですし、3号被扶養者の制度も奥様が60歳に達する迄利用出来ます。この場合、部分支給の厚生年金があればそれは受給可能です。所謂在職老齢の支給カットは厚生年金に継続加入する場合に適用されます。厚生年金に適用されない場合、年金事務所に報酬月額の通告義務がありません。が厚生年金と健康保険はセットです。健康保険の記号番号で厚生年金加入歴は管理されています。よって健康保険だけ加入は出来ません(70歳超75歳未満は加入可能)
厚生年金・国民年金の繰上支給を受けるとかなり不利になります(60歳からだと3割支給カットが終生適用されます)。働くつもりならば繰上支給は受けない方がいいと思います。寧ろ部分支給年金も65歳で打ち切りとして65歳の現況届兼国民年金・厚生年金裁定請求書は提出しないで繰下受給を選ぶべきです。3ヶ月繰下受給すると年金は1.8%加算されます。繰下は最大70歳迄可能です(5年繰下すると42%加算)。

定年等で離職した場合は国民年金の1号被保険者に変わります。
この場合は3号被保険者(被用者年金制度の被扶養者)は適用されない為配偶者についても1号被保険者として保険料納付義務を免れません。
夫が60歳になった後に国民年金に継続して加入する場合、4号(任意加入)となります。任意加入ですと付加保険料は納付可能です(付加年金は2年受け取れば採算が合う有利な制度です)。但し保険料が納付期限(対象月の翌月末)迄に納付されない場合「任意加入自体を脱退」とされ2年の時効や追納・後納は一切使えませ...続きを読む

Q60歳を越えて厚生年金を払い続けても、年上の妻の年金は増額にならない?

60歳を越えて厚生年金を払い続けても、年上の妻の年金は増額にならない?

先日ご質問し、頂いたご回答に追加質問をしましたが、ご回答がつかないので、あらためて。

私が60歳を越えて厚生年金保険料を払い続けると(←65歳まで)、第三号被保険者である年上の妻の老齢基礎年金(←期間は充足している)受給額は満額を限度として増額されていくのでしょうか?

第三号被保険者の資格は20歳から60歳未満なので、妻が60歳になった以降は妻へは及ばない、とも解釈できますし、一方で、「任意加入の基準は・・・年齢が60歳以上65歳未満で日本国内に住んでいて、受給資格期間の足りない人や過去に未納期間などがあり満額の老齢基礎年金を受けられない人又は受けていない人」との記述もあり、(この場合の「任意」の意味がよく判っていないのですが)増額されていくのでは、との、期待も残ります。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

前回のご質問に答えた者です。追加質問に気付かず失礼致しました。

#前回の追加質問も含めた形での回等
妻が年上の場合、妻は60歳に達した月で国民年金第3号被保険者の資格を失うと共に、国民年金第1号被保険者になるための権利も喪失いたします。
そのため、妻が60歳に達した後も夫が厚生年金の被保険者(70歳まで加入可能)であり続けた場合、妻の保険料納付済月数及び保険料免除月数は増えません。
 ・保険料納付済月数は、簡単に書けば次の期間です。
   国年1号被保険者として実際に保険料を納めた月数
   国年2号被保険者として記録されている月数[但し、20歳以上60歳未満]
   国年3号被保険者してい記録されている月数
では、老齢基礎年金の受給権を取得していない妻や、このままでは満額になら無い妻は救済されないのか?
このような方に対しては任意加入と言う道が用意されております。
但し、任意加入した者は国民年金第3号被保険者と同じ扱いになるのでは無く、国民年金第1号被保険者と同じ国民年金保険料を納める義務が生じますので、ご注意下さい。
且つ、満額[保険料納付済月数等が480月]に達した場合には、任意加入の加入資格を喪失いたします。

と言う事で、妻が60歳に達した後
1 夫が厚生年金に加入し続けていても、それを理由として妻の老齢基礎年金が満額に近づくと言う事は無い。
2 妻が任意加入の手続きを行い、国民年金保険料を納めていけば、妻の老齢基礎年金は満額に近づく。
3 一生懸命保険料を払っても、満額が限度となる。

こんな所でよろしいでしょうか?

前回のご質問に答えた者です。追加質問に気付かず失礼致しました。

#前回の追加質問も含めた形での回等
妻が年上の場合、妻は60歳に達した月で国民年金第3号被保険者の資格を失うと共に、国民年金第1号被保険者になるための権利も喪失いたします。
そのため、妻が60歳に達した後も夫が厚生年金の被保険者(70歳まで加入可能)であり続けた場合、妻の保険料納付済月数及び保険料免除月数は増えません。
 ・保険料納付済月数は、簡単に書けば次の期間です。
   国年1号被保険者として実際に保険料を...続きを読む

Q年金も健康保険も払ってないんです・・・

24歳、自宅住まい、アルバイト1年半勤務、年収200万以上です。
年金は一回も払ったことありません。免除もしてないので請求はがきがたまに来ます。シカトしてます。
保険証は親と一緒のものです。親の会社には私の年収を伝えてあるらしいので、扶養は外れていると思うんですが・・。
給料から引かれるのは所得税だけです。住民税も払ってないし、請求もきません。
私的には、出費が少なくすむので、このまま払いたくないんですけど。いつか払わなきゃいけない日が来るんでしょうか?やっぱまずいですか?
説教的な回答ではなくて、あくまで事務的なご回答お願いします。

Aベストアンサー

まず、年金。前々職場が年金担当。未納者対策で電話・チャリンコで訪問して、「せめて、免除の申請を」とやってました。そこで良く訊かれるのは「払わないとどうなるの?」という内容。
答えは「障害とかになった時に、国民年金からの支給が出ない事。老後(現65歳基準)に年金が出ない」
「それだけ?」「法律上、義務になってる。」本音は「未納者に罰則適用例は一例も無い。」です。上司の前で言うとエラク叱られるが。年金なんて担当職員さえ「?」まぁ「交通事故にでもなったら免除しとくか」「子供が未納者」結構います。年金で差し押さえ、摘発なんて聞かないでしょう?優等生的な答えは「法律上の義務。未納は本人が困るだけ」これ以上は推測を…。
税金は課税部門。こっちは文面から、はっきり断言。今の状態でこれ以上何もやる義務は無い。何故なら「給与所得のみ」の人は、住民税の申告を自分でする義務は無い。(というより、除外項目に該当。)理由は
<給料から引かれるのは所得税…
所得税を雇用者サイドが税務署に申告済み。住民税はそれを元に各自治体で計算し、課税し、納付書を送付します。言い換えればまだ、住民税課税対象外です。税金滞納の心配は、納付書・督促状が来たら払えば良い。(親に年収を伝えてるだけで「偉い!」と言える。普通は、扶養者で所得税の写しを照らし合わせ「お宅のお子さんは扶養対象外では?」なんて一生懸命やってますから。)

と言うわけで、どうですか?ただ、そのうち住民税は納付書が来る可能性がありますが。
<いつか払わなきゃいけない日が来るんでしょうか?
その通りも「まだ住民税を払う日は来ていません!」
胸を張っていいとマジに思う。金持ちに限って親族を扶養・同居・事業専従者とかに利用したり、本当に「イヤラシイ」

P.S.住民税の申告義務は全くありませんが、例外は「医療費控除(親がする事になりますね)と「寄付金控除」(1万円以上寄付をしてその控除を希望するケース)これだけ。

まず、年金。前々職場が年金担当。未納者対策で電話・チャリンコで訪問して、「せめて、免除の申請を」とやってました。そこで良く訊かれるのは「払わないとどうなるの?」という内容。
答えは「障害とかになった時に、国民年金からの支給が出ない事。老後(現65歳基準)に年金が出ない」
「それだけ?」「法律上、義務になってる。」本音は「未納者に罰則適用例は一例も無い。」です。上司の前で言うとエラク叱られるが。年金なんて担当職員さえ「?」まぁ「交通事故にでもなったら免除しとくか」「子供が未納...続きを読む

Q派遣天引きで厚生年金だと思ったら国民年金しかも未納

先日、年金とくべつ便が来て確認したところおかしな箇所がありました。

私は2002年(平成14年)5月末から派遣社員としてずっと仕事を続けています。
当然厚生年金だと思っていたのですが確認したところ、
最初の2年位がずっと国民年金で納入されていて、なおかつ最後の数か月が未納となっているまま厚生年金に切り替わっていました。

これはどういうことなのでしょうか?

この当時の給与明細がないので自身で確認ができない&記憶がうろ覚えなのですが
少なくともこの時期に自ら国民年金を納めていた覚えはないので、派遣会社から天引きされていたと思うのです。

それが未納・・・。

これを放っておくのは得策ではないとわかるのですが、いかんせん知識が乏しいので
どういう話に持っていけばいいのかなやんでいます。
のらりくらりとはぐらかされそうで怖いです。

年金相談センターへ行こうと思っていますが、皆さんの経験や知識、意見等ほしいと思いました。


よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>最初の2年位がずっと国民年金で納入されていて、なおかつ最後の数か月が未納となっているまま厚生年金に切り替わっていました。

この時、健康保険はどうされてたでしょうか?
国民年金なら通常国保ですが、国保の場合自分で保険料を支払います。
また、勤務形態に変化はなかったでしょうか?

>この当時の給与明細がないので自身で確認ができない&記憶がうろ覚えなのですが
少なくともこの時期に自ら国民年金を納めていた覚えはないので、派遣会社から天引きされていたと思うのです。

派遣先が適用事業所(厚生年金)になったのはいつからでしょうか?
また、いっしょに勤めてた方などはどうなってたのでしょうか?

あなたの記憶もあいまいな点もありますが、通常国民年金は、納付書によりじぶん(あるいは家族が)で納めます。
会社が納めるはありませんし、給与からひくもありません。
方法としてはぐらかされる云々より、はっきり確かめましょう。
聞き方は、派遣先が適用事業所(厚生年金)になったのはいつからで、自分が厚生年金ひかれだしたのはいつからか。なぜ、2年後からひかれだしたか。
状況把握しないまま年金事務所にいっても解決はしません。
状況把握し、それでも疑問が残った場合年金事務所にいって下さい。

>最初の2年位がずっと国民年金で納入されていて、なおかつ最後の数か月が未納となっているまま厚生年金に切り替わっていました。

この時、健康保険はどうされてたでしょうか?
国民年金なら通常国保ですが、国保の場合自分で保険料を支払います。
また、勤務形態に変化はなかったでしょうか?

>この当時の給与明細がないので自身で確認ができない&記憶がうろ覚えなのですが
少なくともこの時期に自ら国民年金を納めていた覚えはないので、派遣会社から天引きされていたと思うのです。

派遣先が適用事業所(厚...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報