ウォーターサーバーとコーヒーマシンが一体化した画期的マシン >>

90年GSX-1100F(GV72A)に入れるオイルで迷っています。(できればバイク用品店で手軽に手に入るブランド、型番を希望)夏場の熱ダレ、冬場の始動性含め、できれば通年使用できれば幸いです。またミッションタッチや、劣化スピードなども参考にさせて頂けますとありがたいです。(4.5l入れるのでl1500~2000円くらいで)
指定はSAE10Wー40API SEorSF になっています。10Wー50、15Wー50等、いかがでしょうか。
油冷ユーザー、経験者様よろしくお願いいたします。

(ついでにガソリンはハイオク、レギュラーどちらがよいでしょうか)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

ガソリンは、レギュラーで充分です。


自己満足したければ、ハイオクを入れたらいいでしょう。

オイルも、別に10W-40であれば、特にトラブルが出たことはないです。
オイルの劣化は、油温の積算になります。
安いオイルを頻繁に変えればエンジン寿命長持ち!ってのは、現在の進化したオイルの品質や、エコの観点から乖離しているようです。
(ちなみに、自動車&バイク業界でオイル交換は定期的な消耗品としてリターンで利益が見込めるので、そのように流布されているんですけれど…)
私も油冷エンジンですから、オイルについてはいろいろと情報を収集し続けています。
巷説が正しい!とかネットの情報は正しい!とか…何を信じるのも自由ですが、最終的には自分の信念で良いと思います。

私はINAZUMA1200なので、オイルクーラーがGSX-RやGSX-Fなどよりもかなり小さくなっています。
結果、油温は150度を超えたりします。
そうなると、さすがにギアが入りにくくなったりはしますけれど…GSX-R(-F)なのであれば、充分な冷却容量があるようです。
(私は、先日ネットでR1100用の平型をやっとゲットしました。GSFなどのメンテナンスでは、-R1100平型で充分だそうです)

現在、5W-50の部分合成油、20Lで8000円を使い続けていますが、とくにフィーリングが悪くなったりはしていません。
劣化は、目で見たり触ったりして判るものではないそうです。顕微鏡だの分析器などで調べないとならないようです。

高いオイルといえば、ケンドルGT-1を入れたことがあります。
薀蓄ほどではなかったです。コストコで買えるChevronシュープリームス10W-40よりはシフトフィールの良い状態が少し長かったんですけれど、シェブロンは1Lで300円位ですから…。

どうしても、信用&実績というのであれば、スズキの純正指定のエクスターが予算無いですから、一番いいでしょう。

ちなみに、毎日通勤に往復12キロで2年間車用4L1000円って言うのを使ったことがありますが、それでもトラブルらしいトラブルは発生しませんでした。
あの油冷エンジンは、本当に「頑丈で丈夫なエンジン」みたいです。
    • good
    • 5

私が過去に88GSXR1100に使用して良かったのはザーレンの10W40の鉱物油(高いけどね)常に油温管理していたので一番に気がついたのは油温の上昇が120度手前あたりで渋滞路でもあまり気をつけることが無かった、それまで5W50の有るメーカーのリッター3000円の物は渋滞路で120度は簡単に超えるけど・・・実際にはほとんど同じ値段ですが。



私は限定車だったのと過去にどんなバイクでもほとんど車用のオイル(ただしオイル専門の卸店から相談の上購入)しか使用経験は有りません、過去に一度だけヤマハのエフェロを使用したことがありますがそれだけで今は全く違うバイクですがやはり車用の鉱物油、もちろん基本的にエンジンに手を入れた物に乗らないためで過去にCB750FAはエンジンに手を入れていたため純正を使用していました。

なお、GSXR1100の時も平気でレッドゾーンに入れていましたよ、しかし、クラッチ滑りなどは一度も経験していませんし滑れば自分で交換するつもりでしたから平気で入れていました、交換頻度は長くても2000キロで早いときや油温が120度越えたときなどは1000キロでも交換していました(だからペール缶でしか買わなかった)ただし現在とはオイルの規格も多少変わっている部分が有るためお勧めはしません。
あくまで私は平気で使用すると言うだけで今は北米原油のオイルが欲しくて購入予定です(理由は検索してみてください)

最後に私のバイクや車は96年頃の物ばかりなので化学合成オイルは怖くて使用できません(理由は検索すればわかると思います)
    • good
    • 4
この回答へのお礼

88ですか!Fも88くらいからあるので、大変参考になりました。やはり湯温管理は必要ですね。油温計も早いうちに検討します!もう一台83年ホンダV4750もあるので、あまりにも高価な値段のオイルは手が届きませんが、参考に検索してみます。怖くて使用できない理由も有難うございます!

お礼日時:2012/08/08 01:10

バイクの長持ちはオイル交換回数に比例するっていいます。

どんな高価なオイルであっても、安い新品には絶対に及ばないって言われてます。つまりどれだけ新品状態で使い続ける、つまり頻繁に交換する方が絶対にバイクの為になります。国産でそれなりに名があるメーカーなら安価なオイルをバンバン交換されることを推奨します ただ交換を業者に頼むなら工賃が発生するのでこの方法はキツイかもw
    • good
    • 3
この回答へのお礼

バンバン交換できればいいんでしょうけど、バイク関係の仕事で使うなら仕方ないとして…オイル量も多く処分も大変ですし、かと言え、バンバン業者に頼むのも、ごく一般家庭持ちの当方には現実的にちょっと厳しいですね。距離や劣化スピードにもよりますが年2~3回が限界ですね。有難うございました。

お礼日時:2012/08/08 01:18

同世代のSUZUKI 水冷250マルチにはこれを使っています。


MA/SJ ●SAE:10W-40 ●ベースオイル:鉱物油
プラグなどの消耗品も安いのでご自分で3000キロ程度で
交換するならMonotaRoはお勧めします。
http://www.monotaro.com/g/00248891/

バイク用品の割引日25日に買えば、送料無料で
さらに10%OFFになりますよ。
http://www.monotaro.com/topic/cate_sale/07index. …

現在、SEやSFは入手困難で、かと言ってSGはかなり割高です。
SL以上の100%化学合成はあまりガスケットに良くないし
結構高くて油冷は交換量多いので部分合成含めそのバランスが
悩みどころです。

ハイオクはノーマルならほぼ気分で、レギュラー仕様には
メリットないです。最近のSSでハイオク指定ならハイオクのみです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

同年代のバイク…お互い大事にしていきたいですね。ガスケットも恐らくお爺さんみたいな物ですし、優全化学合成は怖いですね。マニュアルにもエンジン頭開けて増し締めの記載がありますし、予め漏れますよ~と言わんばかりです。有難うございました。

お礼日時:2012/08/08 00:59

91モデルのR1100(GV73A)に乗ってます、というか正確には持っていますと言うべきか...(別のバイクに乗るのが忙しくて長いこと検切れで車庫に置いたまま)。


オイルは普通に純正10w-40か、夏にややハードの乗る際は20w-50を入れていました。冷間時の粘度はユルいもの(5wとか、0wはもってのほか)は微振動が増えるのでNGです。通年使用なら10w-40か10w-50で充分かと思います。4輪用オイルはダメです。
ガソリンはレギュラーです、ハイオクのメリットはほぼゼロです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

GV73Aですか!兄弟みたいな物ですね!?低い粘度はパスします。大変参考になりました。有難うございました。

お礼日時:2012/08/08 00:52

>ついでにガソリンはハイオク、レギュラーどちらがよいでしょうか


ついでに・・が決定的?、レベルを疑い、油冷エンジンに疑問を持ちます。
空冷・水冷は知っていますが、油冷は、初めてききましたので想像できません。
水の代わりに油を使っているなら、熱容量が小さいため流速を速くする必要があるので、灯油以上にさらさらでないと駄目では・・・・。

この回答への補足

距離ある自走引き取りの為すぐ交換できる用品店でと思い(明日)急いでお知恵をお願いしておりました。油冷エンジンが空冷の派生的な程度の物であり、おっしゃるとおり、空冷に属するのは承知しております。どこをどのように噴射冷却しているかも承知しております。低粘度なオイルで油膜切れて熱ダレ、カムかじりを起こす危険性があるので、冬始動性と夏の熱対策のバランス良いブランド・粘度の情報があれば…と。欧州等長距離ツアラー的モデルなので向こうのマニュアル指定より、実際のユーザーからお聞きしたほうが良いかと思いました。日本の道路事情から、熱対策の方が重視しながらも、なんとか冬の始動性も考慮したい次第です。
冷却、エンジンオイル、ミッションもすべてまかなうので、サラサラでは粘度低下の劣化オイルより危険で即焼き付くと、試せませんが考えております。
ついでの…指定のガソリンオクタン価も承知しておりますが、海外向けマニュアルのため、日本のガソリンとのオクタン価違いから数値的にはどっちつかずの微妙なので、こちらもユーザーにお聞きしたほうが間違いないかと思いました。

補足日時:2012/08/07 12:03
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q油冷のバイクって夏場は大丈夫なんでしょうか?

現在、GSX1400の中古車を購入しようかと検討中です。

これまでは水冷のバイクした乗った事が無いので、分からないので質問させて頂きました。

以前、知り合いがXJRに乗っており、夏場にツーリングに行った際に危うくオーバーヒート
しかけました。空冷は夏場はヤバイなーと思ったのを覚えています。

油冷のバイクは夏場は油温が急激に上昇したりすることは無いのでしょうか?
実際に乗っている方、回答お願いします。

Aベストアンサー

大丈夫です。
何も問題ないです。
更に言えば、GSX1400はオイルクーラーが大きめで冷却ファンも付いていますから、コレまでの油冷よりは熱対策をされています。

ただ、渋滞などで延々と停車している状況や、無駄な長時間のアイドリングなどはやめておいたほうがいいです。
アイドリングストップをしていても、そうそうセルモーターはだめになりませんから。

なお油温は炎天下の渋滞などではあっという間に130度を超えます。
エンジンオイルの寿命は120度を超えての時間の積算のようですから、オイルの寿命は水冷より短くなります。

友人のゼファー1100、XJR1200、イナズマ1200(私)でツーリングに行った時に油温の差をチェックしたことがあるのですが、XJR<ゼファー<イナズマでそれぞれ10度ずつ温度が高くなっていました。
でも、みなオーバーヒートの症状なんて少しも出ていないですので、普段の整備や運転方法(適度に休憩を入れるとか、アイドリングストップをするとか)にもよるんだと思います。

Qキャブレターのオーバーホールの相場は?

以前バイクのエンジンがかからないということで質問させていただきました。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=385457

結局バイク屋で見てもらおうと思って電話で症状を伝えました。
(600cc4気筒エンジン)
キャブのオーバーホールとパッキンの交換で3万円くらいみてほしいと言われました。キャブ内の他の部品も交換すると1万円くらい余分にかかるともいわれました。

さすがに高いなぁと思いましたが修理のためなら仕方ありません。
しかしぼったくられるのも嫌なので、キャブのオーバーホールの相場を教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

工賃と部品代含めれば、それくらいになるでしょうね。

でも、バイク屋さんは、あとでお客さんに「あのとき幾らって言ったじゃないか!」と言われるのが嫌なので、高めに見積もる場合が多いです。
実際はもうちょっと安く上がる可能性もあります。

今はどこのバイク屋さんも仕事がなくてピーピー言っていますから、
そんなぼったくるような商売しているところは少ないですよ。
悪い噂はすぐに広まるからね。

そうそう、工賃を値切るのは止めた方が良いですよ。
メカニックはそれが一番頭に来ます。
自分の腕を安く見られるって事ですから。
最初からお客さんの方で、「予算これくらいなんですけど・・・」
と言ってもらえれば、なんとかやりくりしようって気になるかな。

Q油冷にファンが付いてないのは?

最近、よくファンが回ります~という話をすると、
水冷だね、と言われるのですが(^_^;)
(まぁソレは正解なんですけど)
逆になぜ、油冷にはファンが付いていないのでしょうか?
油冷の方が効率がいいからファンがいらない?
付けても意味が無いから付けない?
油冷の後付けのキットってあったような気がしますし...
水冷と油冷の境目って、何でしょうか?
よろしくお願いします<(_ _)>

Aベストアンサー

熱を外部に放出する時には、低い温度より高い温度のほうが早く冷えます。

冷却に水でなく油を使ったのはこの為です。

油であれば温度を高く出来ますので、冷却する再の効率が上がり、ファンが要らないという事でしょう。(うちには油冷エンジンのバイクがあります。)

水冷はラジエターキャップがあるのは知っていると思います。
水は加圧することで沸点を上げられます。
極端に上げられませんが、少しでも冷却水の放熱効率を上げるために、ラジエターキャップで冷却水を加圧しているんですよ。

油冷のメリットは、メンテナンス性と重さです。
水冷に比べオイルでエンジン内部の潤滑と温度の高いところを直接冷やして、行きますので水冷に比べ量(重さ)が少なくて済みます。

またメンテナンスは、冷却水と潤滑の両方をエンジンオイルが行うため、冷却水がありませんのでオイル交換だけで済むわけです。

油冷の後付キットはありません。
きっと、オイルクーラーと勘違いされているのでしょう。
オイルクーラーと油冷エンジンはまったく違う物です。

冷却水を抜いてオイルクーラーだけでは放熱は出来ません。
オイルクーラーは、放熱できない(不足する)オイルの冷却を行うための物です。

自動車などでは、エンジンオイルを冷却水で冷却するなんていう装置もあったりしますけどね。

熱を外部に放出する時には、低い温度より高い温度のほうが早く冷えます。

冷却に水でなく油を使ったのはこの為です。

油であれば温度を高く出来ますので、冷却する再の効率が上がり、ファンが要らないという事でしょう。(うちには油冷エンジンのバイクがあります。)

水冷はラジエターキャップがあるのは知っていると思います。
水は加圧することで沸点を上げられます。
極端に上げられませんが、少しでも冷却水の放熱効率を上げるために、ラジエターキャップで冷却水を加圧しているんですよ。

油冷...続きを読む

QXJR400Rとイナズマではどちらがお勧めですか?

私は身長180体重70の男です。
中古で30万程度。
400のネイキッドで考えてるのですが、XJR400Rとイナズマではどちらがお勧めですか?
どちらも見た目が好きなんですが、乗りやすさなど分からないので質問させていただきました。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

大きさは自分で調べてくれ!と言いたい所ですが(嘘)、当方調べて見ました。

CB400SF: 全長2040mm 全幅725mm 全高1070mm
XJR400R:   2085mm   735mm   1085mm
イナズマ400:   2140mm   745mm   1090mm

CB400SFは知ってると言う事で、一応比較対象として・・・・。
大きさ的にはCB=XJRで、イナズマは一回り大きいです。
(ちなみにZEPHYR750:全長2105mm 全幅770mm 全高1095mmとなり、イナズマとほぼ同じ大きさとなります。)
あと車重はイナズマ:187kg、XJR:177kg、CB:170kgとなってます。

で、先程”イナズマには社外パーツが少ない”といいましたが、調べて見るとヨシムラ・べガスポーツ・ファディダディ・ストライカー・P’Sサプライ・SP忠男・EXTEC・WR’Sとマフラーがちゃんと出てました。

最後に当方どちらとも乗った事ないので詳細は知りません。
(当方TZR250SPR・NSR50・シグナスX-SR・JOGスポーツに乗ってます。)

大きさは自分で調べてくれ!と言いたい所ですが(嘘)、当方調べて見ました。

CB400SF: 全長2040mm 全幅725mm 全高1070mm
XJR400R:   2085mm   735mm   1085mm
イナズマ400:   2140mm   745mm   1090mm

CB400SFは知ってると言う事で、一応比較対象として・・・・。
大きさ的にはCB=XJRで、イナズマは一回り大きいです。
(ちなみにZEPHYR750:全長2105mm 全幅770mm ...続きを読む

Q油冷エンジンのオイル漏れ

エンジンオイルのオイル漏れについて

当方、GSX1400(K4)、通勤にて往復60km使用しておりまして、走行距離が52,000kmです。なかなかの走行距離で、何があってもおかしくないのかもしれませんが・・

エンジンの前部から、オイルクーラーへオイルが流れる、出口と入口のホースの結合部から、オイルが漏れていることに、先週気がつきました。

お世話になっているショップにて、とりあえずその箇所のOリングの交換を試みましたが、やはりまだ漏れています。そこで次回は、接合部が歪んでいる可能性があるので、ペーパーで平らにしてみようかということになりました。もしそれでだめなら、ホース部分の取替になるかという話でした。

自分でも、少し検索してみましたが、純正のままで漏れたという症状は 見当たりませんでした。もし、同じ経験をされた方がいらっしゃれば アドバイスやその時の対処法等お願いしたいと思います。どうかよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ホース自体の 伸び・膨張による 差込ゆるさも気になるところ
現状での対処は
液体パッキン+外側から リークリペアー(スプレー漏れ止め剤)を塗り込むのも最後の秘策ですね 強烈 ねばねば なスプレーで しばらく放置で固まります 意外と漏れが止まり 皆絶賛している漏れ止剤です。外塗りなので 後ではがすのも 手間ですが 可能
Straightや セブンイレブン通販 ヤフオクで 入手できます。

Qどの車種を選べばいいのでしょうか(>_<

現在カワサキの大型SSに乗っています。
先日ツーリングで2日で700キロ走ると腕と腰が痛くてたまらなくなりました。。。
エンジンの熱もすごいし、50キロ走るごとに休憩しなければならず、なかなか思うように走れませんでした。
もう一つの大きな問題はその故障率で、先日山奥でエンジンが動かなくなった時はどうしようかと思いました。
バイクショップに行くと「カワサキだから・・」と言われました。

こんなことが続いてしまったので、ネイキッドに買い換えようかと思っているのですが、ネイキッドと言えども色々あるので、どれにしようか悩んでいます。
ちょっと予算が少ないので、最初CB1300SFかXJR1300にしようかと思いましたが、止めました。

私は高速走行とかはしないので、低回転トルクでグイッと引っ張ってくれる感じを大切にしたいので、低回転でトルクを発揮するバイクがいいなと思って選んでいると
GSF1200が目に止まりました。
これは価格も安いですし、低回転でトルクを発揮してくれそうです。
(最大トルク 9.8/4000rpm)
ただ一つ心配なのは、10年前のスズキ車はそこまでいい評判を聞かないので、買ってもまた故障しないだろうか・・。と心配です。
カワサキ車であれだけ苦労したので、故障しない車種がいいのですが。

この車種はそこまで故障率を心配しなければならない車種でしょうか?「そんなもんあたりはずれがある」というご意見はもっともですが、
一般的な評判を知りたいのです。
もし他の車種などオススメがありましたらご紹介ください。
よろしくお願いします。

現在カワサキの大型SSに乗っています。
先日ツーリングで2日で700キロ走ると腕と腰が痛くてたまらなくなりました。。。
エンジンの熱もすごいし、50キロ走るごとに休憩しなければならず、なかなか思うように走れませんでした。
もう一つの大きな問題はその故障率で、先日山奥でエンジンが動かなくなった時はどうしようかと思いました。
バイクショップに行くと「カワサキだから・・」と言われました。

こんなことが続いてしまったので、ネイキッドに買い換えようかと思っているのですが、ネイキッドと言え...続きを読む

Aベストアンサー

以前GSF1200に乗っていました。
このバイクは最大トルクを4000rpmで発生しますので、パンチ力がものすごく、2速でもアクセルを開けるだけでウィリーを始めます。
コーナーでも下手にアクセルを開けると、トラクションがかかればバンクしたままウィリーを始め、トラクションがかからなければドリフトとなってしまいます。
高速道路では4000rpmといえば速度にして120kmぐらい出ているでしょう、ここからアクセルを全開にするとリミッターが入るまではほんの一瞬です。
4000rpmからはトルクがだらだらと下がっていくわけですが、このような特性のエンジンというのは高速走行中に負荷がかかって速度が落ちた場合、4000rpmでは速度の減少となりますが、これ以上の回転であれば速度が落ちると逆にトルクアップとなり、速度の減少が少ないという特徴があります。
4000rpm以上はあまりエンジンの延びはないですが、速度違反となりますが150km前後で走ると、強い向かい風や登り坂となってもあまり速度が落ちてこないことになります。
GSF1200の場合、4000rpmという日常よく使う回転域に最大トルクがあるため、市街地を走ってみるとトルクがありすぎて走りにくいこともあります。
発進時にスネーキングなどもしょっちゅう発生していましたし、雨天時にはアクセルの開け方には特に神経を集中させる必要もあります。
私はこれで6万km走りましたが、ほとんどノークラッチでシフトアップしていたにもかかわらず、ノートラブルで頑丈ですよ。

なぜ手放したのか、それはあまりにもじゃじゃ馬だったからです。
その後Bandit1200Sを購入しましたが、長距離の高速走行はカウルが無く風をライダーが受けやすいGSFのほうが楽でした。
トルク特性が高速道路で100km~120kmで走ったときに気持ちが良かったからでしょう。
Banditはそれ以上の速度域が気持ちのいい速度域でした。
このあたりが疲労度の違いとなっていたのでしょう。

今私はBMWR1200STに乗っていますが、フラットなトルク特性と、フロントのテレレバーのために疲労度はさらに少ないものとなっています。
価格のために誰にでもお勧めできるバイクではありませんけど・・・・

以前GSF1200に乗っていました。
このバイクは最大トルクを4000rpmで発生しますので、パンチ力がものすごく、2速でもアクセルを開けるだけでウィリーを始めます。
コーナーでも下手にアクセルを開けると、トラクションがかかればバンクしたままウィリーを始め、トラクションがかからなければドリフトとなってしまいます。
高速道路では4000rpmといえば速度にして120kmぐらい出ているでしょう、ここからアクセルを全開にするとリミッターが入るまではほんの一瞬です。
4000rpmからはトルクがだら...続きを読む

Qバンディット1250Sとバンディット1200S 油冷ファイナルエディション)どっちが買い?

バンディット1250S 新車95万円と
バンディット1200S(油冷ファイナルエディション)新車85万円
とした場合あなたならどっちを買いますか?後者は絶版。
独断の回答を期待します。また、それを選んだ理由を聞かせてください。走り・質感・快適性・経済性・将来性などなんでもOKです。
色んな角度から購入の参考にさせて下さい。
『自分の好きな方買えば?』的なご回答はご遠慮下さい。

以上、よろしくお願いします。  Bandit1200S(Bandit1250S)

Aベストアンサー

迷うことなく油冷ファイナルを買います。
水冷バンディットはたぶん非常にいいバイクなのでしょう。しかし、開発/発売されたばかりの新型バイクです。今後、細かい改善が加えられて完成度が高まっていくと思われます。逆に言えば、完成度/熟成度について現時点では評価が定まっていない、とも考えられます。
それに比べて油冷ファイナルは、二十年以上前に開発されたスズキ油冷エンジンの現時点での最終進化型です。二輪車の直4油冷エンジンとしてはこれ以上ないぐらいに完成されています。
種々の条件からメーカーが油冷エンジンの将来を見切った結果の水冷化ですが、ユーザー側からすれば選択の幅が狭まった寂しさを感じます。

もしあなたが、扱いやすく定評ある「いいバイク」に乗りたいなら、ホンダやヤマハやカワサキの水冷エンジンのバイクを買うことをお勧めします。そうではなく、バイクそのものに個性や楽しみや味わいを求める気持ちが少しでもあるなら、油冷ファイナルを買うべきです。
スズキ油冷の「ゴリゴリッ」とした独特のエンジンフィーリングは、他のバイクにはない独自の味わいがあります。この味わいのためにいくつかの側面を犠牲にせざるをえないことも確かです。それでも私は、スズキ油冷エンジンに魅力を感じます。

迷うことなく油冷ファイナルを買います。
水冷バンディットはたぶん非常にいいバイクなのでしょう。しかし、開発/発売されたばかりの新型バイクです。今後、細かい改善が加えられて完成度が高まっていくと思われます。逆に言えば、完成度/熟成度について現時点では評価が定まっていない、とも考えられます。
それに比べて油冷ファイナルは、二十年以上前に開発されたスズキ油冷エンジンの現時点での最終進化型です。二輪車の直4油冷エンジンとしてはこれ以上ないぐらいに完成されています。
種々の条件から...続きを読む

QCB400SF とイナズマの購入で迷っています。

3ヶ月前に二輪の免許を取得したものです。

金銭的にも目処がついたので、そろそろバイクを買おうと考えています。
色々と考えて、ネイキッドでCB400SF VTEC2とイナズマ400の中古で良さそうなのがあるので、この2台で迷っているのですが、正直決めきれません。

CB400SF VTEC2は2003年で5000キロ、車体価格が39万、総額で45万くらいです。
ホンダドリームの特約店のような所なのですが、購入地域が現在の家からかなり離れています。

イナズマは2001年で12000キロ、車体価格が25万、総額で30万ちょっとです。家の比較的近くのショップです。

初心者としては、気持ち的にはややCB400に傾いているのですが、値段の関係もあってイナズマでもいいかな~と考えています。

そこで両車種の、乗りやすさ、壊れやすさ、メンテナンスのしやすさ、水冷と油冷で具体的に走行やメンテナンスにどう影響があるのか・・など、色々とアドバイスを頂けたらと思います。自分だったら、こっちを買うよ、等なんでも結構です。

CB400は教習所でも乗ってみて、またネットで見ていても、乗りやすいという意見が大半です。イナズマの方の意見も頂けると助かります。

どちらも中古車で程度の関係もあるので、一概にどうこう言えないと思いますが、よろしくお願いいたします。

3ヶ月前に二輪の免許を取得したものです。

金銭的にも目処がついたので、そろそろバイクを買おうと考えています。
色々と考えて、ネイキッドでCB400SF VTEC2とイナズマ400の中古で良さそうなのがあるので、この2台で迷っているのですが、正直決めきれません。

CB400SF VTEC2は2003年で5000キロ、車体価格が39万、総額で45万くらいです。
ホンダドリームの特約店のような所なのですが、購入地域が現在の家からかなり離れています。

イナズマは2001年で12000キロ、車体価格が25万、総額で30万ちょっとで...続きを読む

Aベストアンサー

初めてであれば、5000キロのCBSFを勧めます。
私はイナズマ1200ですが、400はほぼ同じ大きさ(エンブレムとフレーム径が違うだけらしい)…ですので、普通の400よりは大柄です。もっとも、乾燥重量はCBSFとさほど変わりないと思います。
イナズマも決して乗りにくいと言う類のバイクではないと思います。低速低回転から十分なトルクはありますから…高回転でカシャ!って切り替わる音はしないですけど、所詮は400ですから廻せばソコソコ楽しいエンジンではあります。

メンテナンス(油脂類の交換程度)は自分でやろうと思っているのであれば、冷却水が無い分、イナズマの方が覚える事が少なくて済むとは思います。ただ、冷却液の交換なんざぁ車検の時にするかしないかです(基本はするんですけどね)。
ただ、シビアにならなくても良いのですけど、やはりオイルに対してCBSFよりは気を使うのが油冷のマナーです。渋滞などにはまると、油温は150度になったりしますから、そうなったら早めに交換した方が無難となります(し、油冷はそもそもマニュアルに書かれている交換期間自体が短い)…CBSF等の水冷ではオイルは適切な温度に管理されますから、マニュアル通りでOKです。

400CCで12000キロ走っていると言う事は、これからいろいろと部品交換が必要になってくると言う頃でしょう…スプロケット&チェーンは確実だろうし…年式によればハブダンパーやフロントフォークのシールなんかも要チェックだろうし…オイルの選択を間違うと、オイルシールからオイルが滲んだりするし(走行にはさほど問題ないけど、見た目と精神衛生上、修理したくなる)。

どの程度バイクが痛んできたら修理に出さないと!と言う判断が出来ない(相談に乗ってくれる仲の良い信頼できるバイク乗りの知人がいればOK)のであれば、5000キロのバイクの方が無難であると思います。ましてや、ホンダだし。

初めてであれば、5000キロのCBSFを勧めます。
私はイナズマ1200ですが、400はほぼ同じ大きさ(エンブレムとフレーム径が違うだけらしい)…ですので、普通の400よりは大柄です。もっとも、乾燥重量はCBSFとさほど変わりないと思います。
イナズマも決して乗りにくいと言う類のバイクではないと思います。低速低回転から十分なトルクはありますから…高回転でカシャ!って切り替わる音はしないですけど、所詮は400ですから廻せばソコソコ楽しいエンジンではあります。

メンテナンス(...続きを読む

QBANDIT1200S(バンディット1200S) について

最近大型免許を取得し、新車でBANDIT1200S油冷ファイナルバージョンの購入を検討している者です。
いくつか質問させてください。

(1)マフラーを交換したらどれくらい馬力上がりますか?
(2)リミッターカットしたら最高速はどのくらい出ますか?
(3)リミッターカットしたら実用域(0→100km/h)の出力特性は(どんな感じに)変わりますか?
(4)新型の1250S空冷と比べて、峠ではどちらが優位だと思われますか?
(5)故障しやすいパーツはありますか?(弱点など)

以上、色々書きましたが答えれる部分だけでもいいので、オーナーもしくは詳しい方是非アンサーお願いします!
素人な質問ですみませんm(__)m

Aベストアンサー

姉妹車のイナズマ1200に乗っています。いいですよ、湯冷…エンジンのデザインが特に。お金さえあれば、僕も欲しいです(買い替えたい)ファイナルエディション。さて…
1)期待するほどではないです(測定誤差の範囲です)、が軽量化にはなります。パワーアップを体感できるかどうかは微妙な所でした。見てくれは圧倒的に良くなります。
2)…知りません。たいした事は無いと思います…でも、所詮は高速道路でも100キロ制限ですから。サーキットを走るのならエンジンより先にカウルをなんとかせにゃぁなぁ。
3)中低速のトルクは上がる事もあるそうです。(ただ、気持ちの問題でしょうね…せっかくつけたんだからって言う可能性は否定できません。理論ではリミッターカットで回転数と点火をコントロールしているので、中低速のトルクが上がるのは非論理的ですから。)
4)…空冷の1250Sは知りません。水冷であれば存在していますけど…でも、どちらも大差ないと思います。腕による所が多いでしょうね。油冷はチョッとだけ軽いですけど、ライダーのダイエットでリカバーできちゃいますからねぇ…。
5)特にありません。そのへんは伊達にファイナルエディションとは言っていません。強いて言えば、クラッチが弱点だったそうですが…現時点では普通に乗っている限りは問題ないです(他車と比較しても)。
参考に、このページを紹介します。
http://www.geocities.co.jp/MotorCity/2237/index.html
ファイナルエディションについてはさほど情報は豊富ではないですけど。

なお、バンディえっとは優れたツーリングバイクですが、峠を攻めたいのであればスーパースポーツの方が圧倒的に面白いですよ。また、スピードについてもしかりです。リミッターカットやマフラー交換で馬力やスピードを追及すると、スーパースポーツ(例えばGSX-R1000)よりお金がかかるでしょうね…カウルもハーフカウルですから。

参考URL:http://www.geocities.co.jp/MotorCity/2237/index.html

姉妹車のイナズマ1200に乗っています。いいですよ、湯冷…エンジンのデザインが特に。お金さえあれば、僕も欲しいです(買い替えたい)ファイナルエディション。さて…
1)期待するほどではないです(測定誤差の範囲です)、が軽量化にはなります。パワーアップを体感できるかどうかは微妙な所でした。見てくれは圧倒的に良くなります。
2)…知りません。たいした事は無いと思います…でも、所詮は高速道路でも100キロ制限ですから。サーキットを走るのならエンジンより先にカウルをなんとかせにゃぁなぁ。
3)...続きを読む

Q【比較】タクマイン逸5w-50とワコーズプレステージ

初めて、自分でオイル交換をしてみようかと考えています。
車種はスズキGSX1400です。今まではバイク屋にて、ワコーズプレステージエスを入れていました。そこで色々と調べてみると、タクマイン逸を見つけました。双方ともにリーズナブルな価格帯なので、大きな違いはないのかもしれませんが、定価で言うとワコーズの方が高価格で、ネットで割引されているものをみると、タクマイン逸とそうかわりませんので、悩んでしまいました。
何かアドバイスを頂けると幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

リクエストにお答えして…ただ、こちらは議論をする場ではないので、以降は回答を控えたいと思いますが…。ちなみに、私もタイヤはツーリング用(ダンロップロードスマート)です。

通勤の片道30キロの状況がわからないのですが、GSX1400はGSF&INAZUMA&GS1200よりも容量の大きなオイルクーラーを装備し、冷却ファンも付いていると言うことで、オイルの温度はよほどひどい渋滞に遭遇しない限り適正値(90~110)を保つって聞いています。

オイルの劣化について一番影響するのは温度と言うことだそうです。
100%化学合成が比較的熱劣化に対して強い!と言われています。
現在のオイルの耐久性というか、使用はマニュアルどうりだと1万キロくらいは使うことになっていますよね。ところが、バイクだとほとんどのバイク乗りは過剰に気を使う=趣味ですから、それが楽しい(自己満足と言う)んですけど=年2回3,000~5,000キロ毎に交換していますよね。
コストパフォーマンスの観点からみれば、鉱物油の10W-40(純正が実は鉱物油だったりする)をマニュアルどうりの交換で充分だと思います。
高い値段の割りにたいした事無かった「がっかりだよ」オイルっていうのは経験していますが、安いからと言って極端な粗悪オイルっていうのは経験がありませんから。コストコの300円オイルでさえ「これ、エンジンに悪そう」とは感じはしませんでした。実際にエンジンを開けて見てはいないから、根拠は無いですがカムのカジリとか…がダメになる前に、サスやその他の樹脂類などが速くダメになると思います。

私は、今回は実はケンドルを入れてみました。GTの20W-50って奴でした。(これから暑い季節を迎えるので…いくらか熱耐性があると、HPを見て誤解したのです。)当初は宣伝どうりのいい感じでしたが、やはり、渋滞などに遭遇してファンが無いGSF系オイルクーラー(容量の大きい社外品に交換していますが、走らなければ意味がない)では油温はあっけなく130度を超えてしまいました。で、以後は癖になったのか、さほど酷くないペースで走っていても130度~に到達するようになりました。当然、130度を超えちゃうと、オイルがパシャパシャになっているような感じがしました。私としては、宣伝どうりとは思えないのでがっかりです。「ホームセンターで売っているUTCモーターサイクルオイル10W-40の1L¥680とエンジンフィーリングも耐久性も変らないじゃん!」となりました。(さすがに、コストコのシェブロンシュープリーム約1L¥300よりは耐久力は高いと思いますが…それでも値段相応の価値とは私には思えません。)
宣伝どうりであれば、ケンドルで1年1回のオイル交換で済ませようと思っていましたが(年間3,000キロも走らないし)、その考えは「却下」になりました。

以後については、もしカストロールRSが特売で安く(量販店で4L¥3,000位で販売される事があるので)手に入れば、次からはそれにしようと思っています(カストロールのHPで、EDGEシリーズは明確に四輪専用ですから二輪に使うな!となっていますが、RSはその注意書きが無い)。理由は、安値の100%化学合成だから。
でも、手に入らなければホームセンターのUTC10W-40で良いや!と考えています。

片道30キロの通勤であれば、2ヶ月とかでオイル交換になりますよね。であれば、20Lペール缶で買っても1年くらいで使い切るから、損は無いと思います。選択肢はいろいろ有ると思います。100%化学合成で1L\1,000位であれば、私もレッドフォックスが有力な選択肢になるんじゃないかと思います。
でも、私は年で3000キロですから…年2回交換しても、ペール缶の保存では2年近く使い切るのにかかってしまうので、それもチョット…って感じですから。

オイルについては、いろんな考えを持っている人がいるので、四輪用のオイルを使うのはクラッチが湿式のバイクではリスクが高いからやめるべきだ!という人もいますが、二輪に使用するな!と書かれていないオイルであれば経験上クラッチが滑った事なんてありません。(二輪に使うな!という超省エネエンジン用オイルは使った事無いだけです…。)
マイクロロンも使いましたが、クラッチすべりなんか全然無かったし。

リクエストにお答えして…ただ、こちらは議論をする場ではないので、以降は回答を控えたいと思いますが…。ちなみに、私もタイヤはツーリング用(ダンロップロードスマート)です。

通勤の片道30キロの状況がわからないのですが、GSX1400はGSF&INAZUMA&GS1200よりも容量の大きなオイルクーラーを装備し、冷却ファンも付いていると言うことで、オイルの温度はよほどひどい渋滞に遭遇しない限り適正値(90~110)を保つって聞いています。

オイルの劣化について一番影響するのは温度と言うことだそうです。
1...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング