痔になりやすい生活習慣とは?

ムーヴにエンジンオイル4Lを継ぎ足しで全部入れてしまいました。

入れ過ぎが悪いと知らずにやってしまいました。

エンジンをかけるとマフラーから白煙がかなり出ます。

走るとスピードが出なくて少し走るとエンジンが止まります。

どうしたら良いでしょうか?

オイルを抜けば良いでしょうか?

少し前にも入れ過ぎたみたいで白煙が出ましたが少し走ると白煙が収まり通常通りになりました。

今回はエンジンが止まったりします。

分かる方教えてくださいm(_ _)m

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

エンジン下部のドレンボルトを外せば、オイルが抜けますので、適正量に調節して下さい。

オイルの継ぎ足しが度々必要な場合はエンジンの寿命がきていることも考えられます。(通常、継ぎ足しは不要です)
    • good
    • 5

>4Lを継ぎ足しで



と言うことは今現在、全部で8L程が入っていますよね???

であれば、取りあえずドレンから全て抜いて下さい。

そして交換時の規定量-0.5Lを入れ直して下さい。

アイドルでしばらく様子を見て下さい。

問題なさそうであれば
もう一度ドレンから抜いて
規定量を入れ直すのが良いと思います。

それで調子が悪いようであれば
工場へご入庫下さい。

>少し前にも入れ過ぎたみたいで白煙が出ましたが少し走ると白煙が収まり通常通りになりました。

これなら全く平気なんですが、今回はちょっとやばいですよ。
    • good
    • 2

継ぎ足しで4リットル入れたと言う事は、残量プラス4リットルで、6リットル程度のオイルが入っていると言う事でしょうか。



軽乗用車のエンジンに6リットルでは、異常に多過ぎですから、これ以上エンジンを始動する事は避けて、ドレーンからエンジンオイルを排出させて、適正量に調節してください。

このオイル量の調節作業が自分で出来なければ、最寄の自動車修理屋さん等に連絡して、量の調節作業をしてもらってください。

そしてプラグの点検やエアークリーナーのブローバイの汚れの点検等、行ってもらってください。
    • good
    • 4

オイル交換の時ではなく継ぎ足しで4Lですか?それはいくらなんでも・・・。


ムーブですと交換時で3L弱程度です。
今は多すぎるオイルがブローバイのパイプを通って燃焼している状態でしょう。プラグもオイルだらけでまともに点火できず、しかもオイルが多すぎてエンジンが回るだけでもアップアップの状態。
早急にオイルを抜いて適正量に入れ直しましょう。
    • good
    • 1

軽自動車のような小型車じゃないなら4リットル入れても平気です。


ドレーンボルトを抜いて数リットルオイルを抜いて、適切な量にオイルを足せば良いです。
    • good
    • 5

一度、全量を抜いて、規定量に戻してください。



>白煙

エンジンオイルが、燃焼して白煙が出ているのです。
あまり放置すると、触媒が異常過熱して、車両火災になるかも。


>少し前にも入れ過ぎたみたいで・・・

という事は、わざとやっている?!
で、ムーブという車体サイズを考えても、追加が4Lとは多すぎます。
また、追加が頻繁に必要ならば、エンジン終わってますね。
乗り換えのご検討をしてください。
    • good
    • 1

>今回はエンジンが止まったりします。



ピストンがオイルの燃焼物で焼き付いている可能性があります。エンジンの分解洗浄が必要でしょう。
    • good
    • 1

まずオイルを入れすぎたクルマで走ったりエンジンを始動するのをやめる。


ドレンボルトを外してオイルを全部抜く。どれくらいのオイルが入っているのかわからないから。
その後にドレンを元通り締め、「規定量」のオイルを入れる。規定量は、取扱説明書か、可能ならサービスマニュアルで調べること。


機械が自然に直ることはない。オイルは少なすぎても多すぎてもだめ。
ちゃんと整備しないとエンジン壊すよ。
    • good
    • 1

とりあえず、オイルを全量抜いてから、規定量入れるしかないんじゃないですか?


白煙はオイル入れすぎのせいで、オイルまで一緒に燃えてるからでしょうね。

エンジンが止まるのはオイルでプラグがベトベトになってるのかなぁ…?
とりあえず、、エンジンオイル→プラグの順で交換すればいいと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qエンジンオイルって、入れ過ぎると、どうなる?

主に、エンジンオイルの交換時、規定量以上のオイルを入れてしまい、そのまま
運転した場合、どうなるのでしょうか?

エンジンに、何か不具合が生じるのか、それとも、規定量を超えたオイルが、どこ
からか漏れるのか、どうなるのでしょうか?

私の場合は、エンジンオイルの交換時、次いでに、市販のエンジンオイル添加剤
を入れているのですが、その添加剤の説明書きにて、「油量が規定量内であること
を確認して下さい」との趣旨の注意書きを、よく目にします。
実際、そこで、オイルゲージを使って、規定量内かどうかを量ることはしないのです
が、超えていたとしたら、どうなるのか疑問に思い、質問をさせて頂きます。
今まで、それで何か不具合が出たことはないので、特に問題はないような気はしま
すが、教えて下さい。

Aベストアンサー

二輪と違ってだいたいの自動車のエンジンはドライサンプではないですよ。フェラーリとかポルシェは別ですけど。
オイル交換の時、エンジン底部にあるドレンボルトのみを抜いていますよね(ゲージ穴からも吸えますが)。オイル量を量るオイルゲージをエンジンに差し込んでいますよね。
けっこうな容量のオイルタンクがエンジンとは別に装備されていませんよね?
http://www2.yamaha-motor.jp/bike-word/word.asp?id=40
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%C9%A5%E9%A5%A4%A5%B5%A5%F3%A5%D7

ですのでオイルを入れ過ぎると動いてる部分(クランクシャフト)がオイルを叩くような事になって大きくパワーロスをします。
http://www.gulf-japan.com/faq09.htm#qa48
でもだいたいの自動車は相当悠長な作りになっていますから少し超えたぐらいでは何ともないはずです。50CCとかでは油断できませんよね。
多すぎるよりは少なめのほうがマシというのが今日の基本です。


ウェットサンプと言っても、デフのようにオイル溜めの中に潤滑部分が漬かっているような原始的な物ではなくてちゃんとポンプで汲み上げて各部に送るような仕組みになっていますので安心してください。

二輪と違ってだいたいの自動車のエンジンはドライサンプではないですよ。フェラーリとかポルシェは別ですけど。
オイル交換の時、エンジン底部にあるドレンボルトのみを抜いていますよね(ゲージ穴からも吸えますが)。オイル量を量るオイルゲージをエンジンに差し込んでいますよね。
けっこうな容量のオイルタンクがエンジンとは別に装備されていませんよね?
http://www2.yamaha-motor.jp/bike-word/word.asp?id=40
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%C9%A5%E9%A5%A4%A5%B5%A5%F3%A5%D7

ですのでオイルを入れ...続きを読む

Qエンジンオイル規定量の1.7倍入っていた車

先日、知り合いのオイル交換をしたところ、(アリスト エンジン形式2JZGTE)
メンテナンスデーターによると、エンジンオイル交換時、5,3リットルが規定量のところ
9リットル以上入っていました。

間違えて他のオイルを抜いたのかと思いましたが、間違いなくエンジンオイルでした。

前回はいつもの工場ではない所で交換しています。

1,7倍も入っていた理由として、アリストはエンジンオイルを交換し、エンジンを回すと、オイルパンにオイルが落ちてくるまで、かなり時間がかかったので、もしかしたら、前回オイル交換した人が、エンジンを回し、漏れチェックなどをしたのちに、
オイル量が少ないと勘違いし(オイルパンまでオイルが落ちてきていなかった)
規定量以上、補充したものと推察しますが、知り合いはは半年乗っていても、不具合を感じなかった様子です。


疑問に思ったのですが、
○1,7倍のオイルを入れても、走行に「目立った変化」はないのでしょうか?

自分で交換するときは、ゲージの上限より5ミリでも入れすぎると、気になって、わざわざオーバーしていた分を抜いていました。

オイル量を規定より入れすぎるのは当然車に良くはないとは思いますが、
例えば、ゲージの上限より1センチくらい上でも(大体500CCくらい?) 走行に「支障」は出ないのでしょうか? (たぶん今回 アリストのゲージは 上限より1,5センチくらい上だったと思います、それ以上だったかもしれません)   

ここでの支障とは、長期的にエンジンにダメージが出るという物ではなく、短期的な支障、
車がノッキングする とか オイルが噴く とか そうした 走行に支障が出る症状や、
車に対する知識が「普通の人」が「オイル交換してから 何か調子がおかしい」 と感じるほどの 違いが出てくるものでしょうか?

知人(男性)は 車に対する知識が無いので、1,7倍も多くのオイルが入っていても、車の変化に気づかなかったのでしょうか? もし 車好きな人ならば、変化に気づいていたのでしょうか?
それとも、目立った変化は車には現れないものなのでしょうか?

○エンジンオイルを入れすぎた場合(500CC位大目に入れている場合)長期的に見てエンジンにどんな不具合が出てくるものなのでしょうか?

ご存じの方お教えください

先日、知り合いのオイル交換をしたところ、(アリスト エンジン形式2JZGTE)
メンテナンスデーターによると、エンジンオイル交換時、5,3リットルが規定量のところ
9リットル以上入っていました。

間違えて他のオイルを抜いたのかと思いましたが、間違いなくエンジンオイルでした。

前回はいつもの工場ではない所で交換しています。

1,7倍も入っていた理由として、アリストはエンジンオイルを交換し、エンジンを回すと、オイルパンにオイルが落ちてくるまで、かなり時間がかかったので、もしかしたら、前回...続きを読む

Aベストアンサー

中古車屋の整備士です。

エンジンオイルは2倍以下ぐらいまでなら何とか問題ありません。
それを超えると白煙が出るとか、エアクリーナーにオイルが入るとか・・・・

しかし、上限以上入れると
クランクシャフト等の回転部分がオイルに浸かるためパワーロスになります。
また、オイルを撹拌するためにオイルがあわ立ちます。
あわ立ったオイルで潤滑不良や冷却不良を起こすことが有ります。

問題のないエンジンなら上限を超えて入れないほうが得策です。
また下限以下でもすぐに支障が出ることはありません。(余裕があるため)
ですので、入れすぎよりも下限のラインに合わせるぐらいがちょうど良いと言えます。
オイル消費がひどい物は多少多めに入れることもあります。


それから・・・
エンジンオイルだと思ってATオイルを抜いていませんか?
一度ATオイルの確認をしてください。

Qエンジンの焼きつきってどんな症状で気がつくんでしょうか?また自分で直せ

エンジンの焼きつきってどんな症状で気がつくんでしょうか?また自分で直せないものなのでしょうか?

エンジンが焼きついたまま走るとどのようになるのでしょうか?またそのためにエンジンが焼きついた時の症状を教えてください。

また私には無理でしょうが、バイク屋に修理を頼まなくても自分で修理できるものなんでしょうか?
できるのであれば方法が載っているサイト等も教えていただけると助かります。

Aベストアンサー

焼き付きも症状が軽い場合抱きつきと表現する場合も有り、この場合エンジンが冷えれば取りあえず始動することが多いです、しかし、どのみちきちんと修理しないとエンジンは正常に無いために完全に焼き付く等の可能性が高く成ります。

又激しい焼き付きの症状であれば走行中でもエンジンがロックしてMTのバイクであれば転倒することも有ります、当然焼き付きをおこした状態ではクランキングも出来ません。

どちらの場合でもエンジンに寄りますがここで質問しているレベルだと修理は無理だと思います、まず原因を特定しないと修理しても短期間で再発するでしょうし、2ストなどクランクまでダメージが有ることも・・・

又4ストでも同じで時には修理よりもエンジン載せ替えを洗濯する方が安くなることも有ります(カブのエンジンで知人の場合そうなりました)なお、バイクのエンジンから車のエンジンまで色々と修理経験は私も有りますがオーバーヒートや焼き付きは非常に高価な修理に成ることも有ります(時にはヘッドの交換まで)この辺りまで来ると付け焼き刃で修理なんてしない方が良いと思います(返って高く付くかも)

もし質問者が勉強だと思い実施されるならそのエンジンに寄っては色々と特殊工具なども必要になりますからきちんとした工具からそろえることになり、それだけで修理費用を上回る可能性も有ります(エンジンにも寄りますが)カブなどの単気筒ならともかく4気筒などは敷居が高いですよ(私も今では他の仕事をしているため触りたくないくらい)

なお、現在は自分の大型バイクの修理は(外車)していますが今までそろえた工具では駄目なことも有り時には工具探しからすることも有ります(今のところ大きいトラブルはないけど)簡単に書きましたが焼き付きといってもその原因も複数、トラブルの箇所も見ないと全ては特定しきれませんから少しづつ簡単な事から勉強した方が良いです。

焼き付きも症状が軽い場合抱きつきと表現する場合も有り、この場合エンジンが冷えれば取りあえず始動することが多いです、しかし、どのみちきちんと修理しないとエンジンは正常に無いために完全に焼き付く等の可能性が高く成ります。

又激しい焼き付きの症状であれば走行中でもエンジンがロックしてMTのバイクであれば転倒することも有ります、当然焼き付きをおこした状態ではクランキングも出来ません。

どちらの場合でもエンジンに寄りますがここで質問しているレベルだと修理は無理だと思います、まず原因...続きを読む

Qエンジンオイルの入れすぎ

自分は、ハーレーのFLSTC(ヘリテイジソフテイルクラシック)2003に乗っています。
先日、エンジンオイルを自分で始めて交換したのですが、どうやらオイルの入れすぎだったらしく、交換した後、エンジンをかけたら、最初は普通に掛かったのですが、だんだん爆発音がおかしくなり、まったくエンジンが掛からなくなってしまいました。
慌てて、オイルの量を減らして見たのですが規定量にしても掛かりません。
最初、かぶっているのかと思い、プラグを拭いてみたり、プラグを新しい物に交換してみたりしてもだめで、ガソリンも入っているし、チョークを引っ張ってみたりもしたのですが、もう何をやっても掛かりません。
セルは回っているのですが、弱くなってきたので、車のバッテリーにもつないでみたのですが、だめでした。
しまいには、セルを回すと、カチカチカチカチと異音までなりだして、かなりやばそうなんですが、原因が分りません。
唯一おかしいと思える所は、エアクリーナーが油で全体的にしめっている所です・・・^^;
ただ、完全に塗れているわけではなくて、湿っている程度です。
いつもお願いしているショップと連絡が取れなくて、周りの知人でも、わかる人がいませんでした。
気になって原因だけでも分ればと思うのですが、分る方教えてください。 よろしくお願いします。

自分は、ハーレーのFLSTC(ヘリテイジソフテイルクラシック)2003に乗っています。
先日、エンジンオイルを自分で始めて交換したのですが、どうやらオイルの入れすぎだったらしく、交換した後、エンジンをかけたら、最初は普通に掛かったのですが、だんだん爆発音がおかしくなり、まったくエンジンが掛からなくなってしまいました。
慌てて、オイルの量を減らして見たのですが規定量にしても掛かりません。
最初、かぶっているのかと思い、プラグを拭いてみたり、プラグを新しい物に交換してみたりしてもだめで...続きを読む

Aベストアンサー

バイクのクランク室(オイルが入っている部屋)とエアクリーナーボックスはホースで繋がっています。
これは、ピストンは上昇するときにクランク室に吹き抜けた混合気(未燃焼ガソリン)をエアクリーナーに戻し、燃焼させるためです。
オイルを入れすぎるとそのホースからオイルが噴出し、エアクリーナーエレメントを詰まらせます。
詰まれば、当然空気が通らなくなるのでエンジンは掛かりません。

正常なバッテリー(四輪からのジャンプでも可)でエアクリーナーエレメントと外してエンジンが掛かれば、エアクリーナーエレメントの交換で直ります。

Qアクセルを踏むと変な音がするように・・

国産のオートマ車なんですけど、
今朝から、アクセルを踏むと変な音がするようになりました。
表現がむずかしいのですが、金属がこすれ合うような音?みたいな。
普通に走行はできるのですが。

そういえば、オイル交換とかメンテ類は、一昨年の車検以来何もしていません。
それ以来どのくらい走行したかは全然チェックしていなくて。
(現在は77000キロくらいです)
遠出はそんなにしないのですが、毎日の生活に頻繁に使用しています。
新車の頃は、マメに気をつけてオイル交換や定期点検していたのですが
もう今はぜんぜんで・・。

今日は日曜で行きつけの修理工場がお休みです。
できれば夜乗りたいので、オートバックスなんかで治る程度のものなら
すぐに行きたいと思うのですが。

私は女性で、車(特にエンジンや機械面)には全く知識がありません。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

既に良い回答が出ていますね。
vitaminzaiさんの場合と同じかどうかはわかりませんが、
参考になればと思い、私の経験を記します。

私は以前、エンジンオイル交換を怠ったために、エンジンを壊したことがあります。
テレビで有名になった「某 エンジンオイル添加剤」を過信して、オイル交換を怠ったのです。
エンジン内にスラッジと言う「汚れとオイルの塊」が出来ていて、エンジンの回転がスムーズでなかったのです。音も気になっていました。

信号が変わって、調子に乗って「急アクセル」を踏んだ瞬間に壊れました。(回転数4500~5000rpmを越えてところでした。)
車種にもよりますが、修理には2000ccクラスで70万円程度かかります。

今回の対応は、ブレーキパッドだけでなく、
使用状況を伝えて、エンジン内の汚れのチェックもしてもらいましょう。
今回はオイル交換前にエンジン内洗浄もしてもらうことをお勧めします。

基本的に、点検整備が済むまでは
☆☆☆「急アクセル」は踏まないでください。☆☆☆
やさしい運転ならば大丈夫だと思います。

別の話ですが、
エンジンの外部についているベルトやプーリー(ベルトがかかっている輪)が滑って「キュルキュル」と金属的な異音(摩擦音)を出す場合もあります。これは簡単に直ります。

既に良い回答が出ていますね。
vitaminzaiさんの場合と同じかどうかはわかりませんが、
参考になればと思い、私の経験を記します。

私は以前、エンジンオイル交換を怠ったために、エンジンを壊したことがあります。
テレビで有名になった「某 エンジンオイル添加剤」を過信して、オイル交換を怠ったのです。
エンジン内にスラッジと言う「汚れとオイルの塊」が出来ていて、エンジンの回転がスムーズでなかったのです。音も気になっていました。

信号が変わって、調子に乗って「急アクセル」を踏んだ瞬間...続きを読む

Qオイル入れすぎました

自分でオイル交換をしたのですが、明らかに入れすぎました。
いろいろなサイトを見てみますと、入れすぎはよくないようで、適量まで抜きたいと思いますが、ドレンボルトをはずして抜くと勢いよくでて抜きすぎてしまうのが心配です。
そこで、注入口から抜きたいと思いますが、何かよい道具はありますでしょうか?できれば、安価なもので代用とか、簡単に自作できればうれしいです。
バイクはスカイウェイブです。
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

ドレンボルトをギリギリまで緩め、抜けるか抜けないかの所で
少しずつオイルを抜く。

規定量の所でドレンボルトを締めればOKです。

Qクルマの走行距離で30万キロ突破は難解ですか?

クルマに関する質問が有ります。
ぜひ、お教え下さい。

Q1.クルマの走行距離が30万キロ突破するというのは難しいことですか?
   また、とてつもない記録に入りますか?

Q2. クルマの走行距離が30万キロを超えると、スバル社など自動車メーカーの広報誌に掲載される  のは事実か?

Aベストアンサー

>クルマの走行距離が30万キロ突破するというのは難しいことですか?

難しい事では、ありません。
私自身、新車から25年間乗り続けた(国産車)経験がありますからね。
また、旧車を趣味にしている方にとっては普通の事です。
質問者さまも、本屋で「Old Timer」という月刊誌を読んでみましよう。
新車で購入してから、数十年乗り続けているオーナーの記事(写真付き)が載っていますよ。
長く乗り続けているオーナーの多くは・・・。
「定期的なオイル交換+定期点検整備+異常を感じると修理」を行っているだけです。

>また、とてつもない記録に入りますか?

自家用車として利用していれば、記録になりますね。
国土交通省は「国産車は、世界最低水準の性能・品質だ。10年乗ったら廃車だ!」と、今でも運輸省時代の方針を堅持していますよね。
この命令に従わない者には、毎年車検という罰を科していました。
(アメリカ政府の命令で)毎年車検罰が廃止になりましたが、今では代わりに「自動車税UP」という罰を科しています。
国・自動車業界に反する行動をする訳ですから、記録になります。^^;

>スバル社など自動車メーカーの広報誌に掲載されるのは事実か?

事実です。
先に書いた通り、国内では10年落ちの車は「廃車が原則」です。
が、廃車になった車は「海外に輸出されて、現地で高性能車として高く売買」されます。
東南アジア各国等では、10万キロ・20万キロ・30万キロ走行は普通の事。
実際、マレーシア旅行の時にチャーターした車は「20万キロ超え」のツワモノでした。
えっ?何故、20万キロって分かるの?
この国産車は、オドメーターが6桁でした。^^;

>クルマの走行距離が30万キロ突破するというのは難しいことですか?

難しい事では、ありません。
私自身、新車から25年間乗り続けた(国産車)経験がありますからね。
また、旧車を趣味にしている方にとっては普通の事です。
質問者さまも、本屋で「Old Timer」という月刊誌を読んでみましよう。
新車で購入してから、数十年乗り続けているオーナーの記事(写真付き)が載っていますよ。
長く乗り続けているオーナーの多くは・・・。
「定期的なオイル交換+定期点検整備+異常を感じると修理」を行...続きを読む

Q高速でターボ車から白煙!部品交換で本当に大丈夫?

今年の7月末に中古車販売のガ○バーでテリオスキッド(中古車)を買いました。
買ってすぐの8月初旬、高速道路に乗って10分くらいたったところで、突然マフラーからすごい量の白煙を出し緊急停車。その後の調べで、ガ○バーの納車前の整備の際、オイルを入れすぎ(規定の倍量くらい)てオイルが漏れたことが原因と分かり、オイルフィルターの交換(+オイル交換)でその時は終わりました。
そして昨日、2度目の高速道路走行となり、30分くらいは快調に走っていたのですが、また白煙噴出で緊急停車。ダイハツによると今回はターボチャージャーが壊れているので一式交換しなければならない、ということでした。幸いガ○バーの1年保障期間中のため、部品代を含め費用約20万円は負担しなくていいことになりました。
なお、8月の時点ではそこまでの状況は確認できなかったとの事です。
とりあえず、一式交換すれば、今度は同じようになることはないので大丈夫、という話ですが、2度も恐ろしい思いをしたので、本音を言うとあの車で高速には乗りたくない。でも時々は遠出しますので実際は高速は利用します。びくびくしながら乗るのはもうごめんです。本当に今後は大丈夫と思われますか?安心したいので、今後の注意点も含めアドバイスをお願いします。

今年の7月末に中古車販売のガ○バーでテリオスキッド(中古車)を買いました。
買ってすぐの8月初旬、高速道路に乗って10分くらいたったところで、突然マフラーからすごい量の白煙を出し緊急停車。その後の調べで、ガ○バーの納車前の整備の際、オイルを入れすぎ(規定の倍量くらい)てオイルが漏れたことが原因と分かり、オイルフィルターの交換(+オイル交換)でその時は終わりました。
そして昨日、2度目の高速道路走行となり、30分くらいは快調に走っていたのですが、また白煙噴出で緊急停車。ダイハツによる...続きを読む

Aベストアンサー

この症状は、時々ありますよ。
私も過去3台ほど、タービン交換をしました。
ターボのタービンは、1分間に10万~20万回転もする部品なので、回転中のタービン回転軸が、金属同士の接触をしないようになっています。
どういう構造かと言うと、「タービンのシャフトをオイルで浮かせて」回転させているんです。
この潤滑方法を「全浮動」と言います。
オイルで浮かせているので「浮動」なわけです。
タービンを浮かせる為には、結構な油圧が必要となります。
その油圧に耐えながら、シャフトとオイルラインを仕切っているのがオイルシールです。
そのシールがへたったり、切れてしまうと、タービンシャフトのシールからオイル漏れを起こし、燃えてしまって、結構な量の白煙を噴いてしまうわけです。
この状況は、タービンがきちんと回り、油圧も掛かっている高回転時に発生する事が多いです。
記載されている「高速道路の走行中」は、この条件に当てはまります。
タービンシールの漏れの場合、低速走行時にはオイルが漏れない場合も良くあります。
その場合は、異常を発見する事すら難しいのが実情です。

マフラーの出口近辺に、オイルが付着するほどの多量の漏れですと心配ですが、白煙の発生だけでしたら、その部品交換で大丈夫だと思いますよ。
白煙の量に驚く人が多いのですが、それほど多くないオイル消費でも、かなり多い白煙が出るのが、この症状の特徴です。
症状を聞く限り「もう大丈夫」と言えると思います。

この症状は、時々ありますよ。
私も過去3台ほど、タービン交換をしました。
ターボのタービンは、1分間に10万~20万回転もする部品なので、回転中のタービン回転軸が、金属同士の接触をしないようになっています。
どういう構造かと言うと、「タービンのシャフトをオイルで浮かせて」回転させているんです。
この潤滑方法を「全浮動」と言います。
オイルで浮かせているので「浮動」なわけです。
タービンを浮かせる為には、結構な油圧が必要となります。
その油圧に耐えながら、シャフトとオイルラ...続きを読む

Qターボ付き軽自動車のトラブルをおしえてください

こんにちは、よろしくおねがいします。
中古車販売業者さんから、「ターボ付きの軽自動車は、とにかくターボ機構のトラブルが多いよ」と言われたんですが、具体的に知りたく、お詳しい方、または経験者様、「軽のターボにまつわるトラブルいろいろ」ということでおしえてください。

(1)どういう原因でどういうトラブルが起こるのか。
(消耗により不可抗力なものでも、メンテを怠った結果のものでも知りたいです。)
(2)その症状はどんなものか。
(3)それが起こってしまうと所有者は何をしないといけなくなるのか。
 (走行の可不可や、修理費用なども)

ちなみに私は、メンテがきっちりされてきた5万キロ走行くらいの
ターボ付き中古軽を買って、15万キロくらいまでしっかり乗りたいなと
考えているので、質問しました。

Aベストアンサー

ターボチャージャーとは本来空気の薄い高高度を飛ぶ航空機用に開発された部品です。戦時中アメリカのB-29が日本の戦闘機の届かない高高度を悠々と飛行し本土爆撃を敢行出来たのもターボが在ったからこそです。

航空機に採用されるという事は、車と違い『壊れたから停まる』という事が出来ない航空機においても使用出来るだけの、ある程度の信頼性が確保されていると言う事が出来ます。そういう部品ですから、手入れが行き届いていれば滅多な事で壊れる事はありません。

上記の通り『手入れが行き届いていれば』問題ありませんが、手入れを怠ると意外ともろいのも事実です。具体的には既に回答にあるとおり『オイル管理不良に因る焼き付き』が最も多く、他に同じ原因で起こるセンターシールブローによる白煙吐き、インペラシャフトのガタ発生によるタービンのハウジング接触(異音、破損)などが代表的な症状となります。なのでオイルだけはそこそこ以上のモノを3000~5000kmに1回は必ず交換しましょう。また最近のタービンは水冷なので水漏れも致命的ですから発生したらすぐ修理しましょう。ちなみに先の回答にチラッと出ていました『アフターアイドル』ですがサーキットで使うのでない限り必要ありません。本当に必要でしたら車両メーカーがそうする様に最初から作ってます。

最後にタービン本体ではありませんがターボ車の不具合で一つ。
ターボ車はターボゆえにブースト圧が掛かります。 ターボ無しの車は負圧のみですのでバキュームホースは常にマニホールド負圧によって『引っ張られている』為に抜けにくいですがターボ車はブースト圧が掛かり始めると『ホースが押される』形になり、そこへ吹き返しのオイル等も加わってホースがふやけ、抜けてしまう事があります。するとエアフローメーターで測っている分以外の空気をそのホースから吸ってしまい、結果『ガスが薄い』状態となり最悪ピストンが溶け落ちます(経験者)。これは全開時ではなくゼロ発進でアクセル半開位の時にエンジンから『カリカリッ』と音が聞こえた次の瞬間にはもうピストンが逝ってしまっています。10万km近くなってきたらバキュームホースも総とっかえしましょう。

ターボチャージャーとは本来空気の薄い高高度を飛ぶ航空機用に開発された部品です。戦時中アメリカのB-29が日本の戦闘機の届かない高高度を悠々と飛行し本土爆撃を敢行出来たのもターボが在ったからこそです。

航空機に採用されるという事は、車と違い『壊れたから停まる』という事が出来ない航空機においても使用出来るだけの、ある程度の信頼性が確保されていると言う事が出来ます。そういう部品ですから、手入れが行き届いていれば滅多な事で壊れる事はありません。

上記の通り『手入れが行き届いて...続きを読む

Qクリアがはげてきたので、クリア層だけ修復したいのですが…

プジョー205(赤:ソリッド)に乗っています。
最近ルーフのクリア層が急速にはげてきました。
最初は塗料とクリアの間に気泡が入り、点々としていたのですが、最近になって急激にめくれ始めてしまいました。
今のところルーフの1/5程度ですが、日に日に拡がっています。
(ボンネットや側面は問題無さそうなのですが・・・)

もう8年落ちの古い車ですし、板金塗装屋さんに持っていって修復する程の物ではないので、自分で処置しようと思っています。
とはいうものの、どのように直していいか分かりません。
単純にクリアスプレーみたいの買ってきて吹いても駄目なものでしょうか?
外車というのは影響しますでしょうか?
(ちなみに板金屋さんに持ってたら費用はどのくらいかかるんでしょう?)
これ以上剥離が拡がらないようにするのが目的なので、仕上がりの綺麗さなどは気にしないつもりです。
自分でやる時のコツや、道具など、またお奨めのサイト等ありましたら教えて下さい!
車好きの皆さん、よろしくー!

Aベストアンサー

いったん剥げてしまったクリヤーは完全にはがさなくてはなりません。その上から塗料を吹いても中に空気が入ったりしてまたすぐ剥げてしまいます。ペーパーなどで剥がれるクリヤーはすべてはがし、段差などないよう処理し、段差が少しでもある場合は、パテなどでならします。
その上にサフェーサーを吹き、色、クリヤーと塗装します。屋根となると、素人では無理でしょう。
ディスプレイなどでやっているのはプロですからあんな綺麗に仕上がるのです。
そんな簡単にできては私ども食っていけません。(笑)
一応、技術を売っているわけですから。
修理にかかる材料を買ってきて自分でやってみてもいいでしょうが、その材料費ちょっとでプロにやってもらう値段と変わらなくなってくると思いますが。
缶スプレーではとても屋根の面積を吹き切れないでしょう。エアー圧も必要になりますし、上の面というのはとてもごみがつきやすいのでその処理も大変です。
今時期でもまだ虫もいますしね。(塗ってる最中に飛び込まれるのです)
下の方も答えてますが、費用としては、屋根のみなら処理と塗装で5万弱ってところでしょうか。

近所の鈑金屋さんにでも一度相談するとよいですよ。
近くにないならディーラーで聞くか、タウンページなど使ってもいいかと。
友達などで鈑金したことある人とかに上手いとかここは安いよとかいう情報も聞いてみては?

いったん剥げてしまったクリヤーは完全にはがさなくてはなりません。その上から塗料を吹いても中に空気が入ったりしてまたすぐ剥げてしまいます。ペーパーなどで剥がれるクリヤーはすべてはがし、段差などないよう処理し、段差が少しでもある場合は、パテなどでならします。
その上にサフェーサーを吹き、色、クリヤーと塗装します。屋根となると、素人では無理でしょう。
ディスプレイなどでやっているのはプロですからあんな綺麗に仕上がるのです。
そんな簡単にできては私ども食っていけません。(笑)
一...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング