2か所以上での給与所得がある場合での質問です。

現在A社のパート収入、年間70~110万があります。
A社には扶養控除申告書を提出し、年末調整をしています。

これとは別に、新たにB社のパートも始める事になりました。
B社の年収は110万程度の予定。
所得税は乙欄で控除し、年末調整はしない。


この場合、確定申告の義務はありますか?
2か所以上の給与所得がある場合、
「給与所得の収入金額から、雑損控除、医療費控除、寄附金控除、基礎控除以外の各所得控除の合計額を差し引いた金額が150万円以下」
なら、申告義務がないと理解しているのですが、間違っていますか?

私の合計収入は多くても220万。(それ以下の可能性が高い)
給与所得控除後の金額は、
220万-(220万×30%+18万)=136万 となります。

このように、150万以下なので申告する義務はないと思うのですが?
年調によって還付になる場合でも自分が損になるだけだという事を
了解していれば、問題ないでしょうか?
又、B社で乙欄控除し、かつ所得が150万以下なので申告義務がないのであって、
もしB社で誤って甲欄控除されていたら、どのような場合でも申告は必要である、という事ですよね?

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

>2か所以上の給与所得がある場合、「給与所得の収入金額から、…以外の各所得控除の合計額を差し引いた金額が150万円以下」なら、申告義務がないと理解しているのですが、間違っていますか?



これは合っています。

>私の合計収入は多くても220万。(それ以下の可能性が高い)給与所得控除後の金額は、220万-(220万×30%+18万)=136万 となります。
>このように、150万以下なので申告する義務はないと思うのですが?

残念ながら「給与所得の収入金額から」というのは「給与所得(に区分される所得の【給与所得控除前】)の収入金額」という意味になります。つまり、「220万円-(差し引ける所得控除)≦150万円」が申告不要のラインになります。

具体的には「給与所得の源泉徴収票」の「支払金額」が「給与所得の収入金額」に相当します。

『No.1300 所得の区分のあらまし』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1300.htm

>年調によって還付になる場合でも自分が損になるだけだという事を了解していれば、問題ないでしょうか?

「確定申告が不要な場合」の「所得税」についてはおっしゃるとおりです。

ただし、(今回のケースはおそらく大丈夫ですが)「住民税(都道府県民税+市区町村民税)」について【別途】申告が必要な場合があります。

具体的には、勤務先から(自分の住所地の)市区町村に「給与支払報告書」が提出されていない場合(なおかつ、確定申告をしない場合)に「住民税の申告」が必要になります。

「給与支払報告書」は「給与所得の源泉徴収票」と同じもので、「原則」提出は義務ですが、「途中退職や短期雇用、なおかつ、支払総額が30万円以下」の場合は【任意】になります。また、まれに提出義務を果たしていない事業主もいます。

『所沢市|給与支払報告書の提出について(会社の経理担当の方へ)』
http://www.city.tokorozawa.saitama.jp/kurashi/te …
『多摩市|個人住民税(市民税・都民税)の申告について』
http://www.city.tama.lg.jp/seikatsu/11/14703/003 …
※申告不要の規定は自治体ごとに微妙に違います。

『静岡県|個人住民税特別徴収制度』
http://www.pref.shizuoka.jp/soumu/so-140/tokubet …

>B社で乙欄控除し、かつ所得が150万以下なので申告義務がないのであって、もしB社で誤って甲欄控除されていたら、どのような場合でも申告は必要である、という事ですよね?

「申告義務の有無」の判断は別にして「B社で誤って甲欄控除されていた」場合は「【B社が】正しく源泉徴収をやり直す」のが原則です。もちろん、「給与所得者」自身が「確定申告」してしまうのが手っ取り早いのでそれでも問題はありません。

しかし、「源泉徴収や年末調整」の事務処理を正しく行う責任は、あくまで(給与所得者ではなく)「給与の支払者」にありますので「給与所得者の確定申告」の規定では「甲欄・乙欄」といったことまでは言及していません。つまり、厳密に言えば「給与所得者は給与所得者の義務を果たせば良い」ということになります。

『No.1900 給与所得者で確定申告が必要な人』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1900.htm

※とはいえ、「給与所得者」自身のミスで2ヶ所に「扶養控除申告書」を提出してしまったような場合であれば(事業主の対応次第ですが)「給与所得者」自身が確定申告で清算するのが筋でしょう。

-------
(補足.1)

ご存知かもしれませんが、「給与所得」しかない場合の「確定申告」は(複数の所得があっても)非常に簡単です。医療費控除などそれなりの準備が必要なら別ですが、何もなければ「源泉徴収票」の数字を転記するだけです。「慣れていれば」、PCで作成&プリントアウトまで行なっても10分もあれば足りるのではないでしょうか?郵送でも問題ないので税務署に出向く必要もありません

『確定申告書等作成コーナー』
https://www.keisan.nta.go.jp/h23/ta_top.htm

税務署で相談を受けたい場合は2/15までに済ませると混雑が避けられます。

『税についての相談窓口 』
http://www.nta.go.jp/shiraberu/sodan/sodanshitsu …
※住民税は【お住まいの】市区町村役場(役所)です。

※間違いがないよう努めてはいますが最終判断は税務署に確認のうえお願いいたします
    • good
    • 2
この回答へのお礼

理解しやすい説明でした。
ありがとうございました。

お礼日時:2012/11/07 20:42

>2か所以上の給与所得がある場合、


「給与所得の収入金額から、雑損控除、医療費控除、寄附金控除、基礎控除以外の各”所得控除”の合計額を差し引いた金額が150万円以下」
なら、申告義務がないと理解しているのですが、間違っていますか?

正しいです。給与所得と退職所得以外の所得金額が20万円以下ならば、という条件付きですが。


>私の合計収入は多くても220万。(それ以下の可能性が高い)
給与所得控除後の金額は、
220万-(220万×30%+18万)=136万 となります。
このように、150万以下なので申告する義務はないと思うのですが?

「給与所得控除」は、上の文章の”所得控除”には該当しません。
「給与所得控除」というのは、給与所得について決められた法定の”必要経費”なのです。

質問者の合計給与収入は220万円ですから、雑損控除、医療費控除、寄附金控除、基礎控除以外の各”所得控除”の合計額が70万円以上でないといけないわけです。


>年調によって還付になる場合でも自分が損になるだけだという事を了解していれば、問題ないでしょうか?

雑損控除、医療費控除、寄附金控除、基礎控除以外の各”所得控除”の合計額が70万円以上ならば確定申告の義務がないので、確定申告をすれば還付されるはずの所得税を放棄すれば、確定申告しなくても構わないわけです。
【根拠法令等】所得税法第百二十一条第一項第二号ロ


>又、B社で乙欄控除し、かつ所得が150万以下なので申告義務がないのであって、もしB社で誤って甲欄控除されていたら、どのような場合でも申告は必要である、という事ですよね?

所得税法第百二十一条では、甲欄控除か乙欄控除かについては一切触れていないので、仮にB社で誤って甲欄控除されたとしても、合計給与収入から雑損控除、医療費控除、寄附金控除、基礎控除以外の各”所得控除”の合計額を差し引いた金額が150万円以下ならば同条第一項第二号ロが適用され、確定申告義務はありません。B社で甲欄控除したのはB社の誤りであって質問者には責任がないのですから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しく説明頂きありがとうございました。

お礼日時:2012/11/07 20:43

>2か所以上の給与所得がある場合、


「給与所得の収入金額から、雑損控除、医療費控除、寄附金控除、基礎控除以外の各所得控除の合計額を差し引いた金額が150万円以下」
なら、申告義務がないと理解しているのですが、間違っていますか?

いいえ、そのとおりです。そう書いてあります。しかし、

私の合計収入は多くても220万。(それ以下の可能性が高い)
給与所得控除後の金額は、
220万-(220万×30%+18万)=136万 となります。

>このように、150万以下なので申告する義務はないと思うのですが?

〔説A〕
「給与所得の収入金額から、雑損控除、医療費控除、寄附金控除、基礎控除以外の各所得控除(各種所得控除には給与所得控除は含まない)の合計額を差し引いた金額が150万円以下でさらに (中略) の人は申告は不要。

〔説B〕
「給与所得の収入金額から、雑損控除、医療費控除、寄附金控除、基礎控除以外の各所得控除(各種所得控除には給与所得控除を含む)の合計額を差し引いた金額が150万円以下でさらに (中略) の人は申告は不要。 

〔説A〕なら確定申告の義務はあるかもしれない、ないかもしれません。
〔説B〕なら給与所得控除(給与収入220万に対して84万)ですでに150万円以下なので確定申告の義務がない。

しかし「給与所得控除」は「所得控除」の一つなのではなくて、「給与所得控除」と「所得控除」は別物と理解すべき、つまり説Aが有力だと考えられます。
 (税務署の説明は 紛らわしい書き方をしていると感じます。)
「所得控除の合計額」といった場合、「給与所得控除」の額は考えないのが普通です。

>B社で誤って甲欄控除されていたら、どのような場合でも申告は必要である、という事ですよね?

誤って甲欄で源泉徴収したのはB社の責任ですから、そのことで直接貴方が確定申告の義務が生じることはありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうござました。

お礼日時:2012/11/07 20:44

給与所得控除後の額が150万円以下ならうんぬんではないです。


「給与等の金額が150万円以下」とは給与所得控除前の支払を受けた額が150万円以下ということです。

なお「年調によって還付になる場合でも自分が損になるだけ」は「確定申告書の提出で還付になる場合でも(提出しなければ)自分の損になるだけ」ですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2012/11/07 20:45

収入-給与所得控除=所得



です。

>「給与所得の収入金額から、雑損控除、医療費控除、寄附金控除、基礎控除以外の各所得控除の合計額を差し引いた金額が150万円以下」

『給与所得の”収入”金額』であって『給与所得の”所得”金額』ではありません。

>私の合計収入は多くても220万。(それ以下の可能性が高い)
給与所得控除後の金額は、
220万-(220万×30%+18万)=136万 となります。

であれば『給与所得の”所得”金額』は136万ですが『給与所得の”収入”金額』は220万です。

>このように、150万以下なので申告する義務はないと思うのですが?

そうはならないと思いますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2012/11/07 20:44

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q給与所得以外の所得が20万円以下の場合の市民税・県民税の申告は?

給与所得者ですが、昨年給与所得以外の所得が10万円程度ありました。所得税の場合は20万円以下であれば申告不要と聞いているのですが、市民税・県民税の申告は必要と聞きました。
現在川崎市に住んでいるのですが、具体的にどこにどの様に申告すればいいのでしょうか?もしご存知の方がいましたらお教え下さい。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

参照URL(川崎市役所のHPです)の下のほうに、区役所
の地図がでていますので、お住まいの区の市民税課に
住民税の確定申告をすることになります。
(市民税と県民税あわせて住民税の申告となってます)

「平成17年分の給与所得の源泉徴収票」、「給与所得以外
の収入経費の分かるもの」、「印鑑」を用意したうえで
区役所の市民税課に行き申告を行うか、
区役所に電話して住民税の申告書を郵送してもらい記入
して郵送で送るかになります。
(平成18年3月15日が期限になっています)

http://www.city.kawasaki.jp/23/23syunou/home/siori/newpage7.htm

↑また、川崎市役所のHPをみてみますと、下のほうの
「▽納付納入の方法」にあるように、給与所得以外の所得の
税金の納め方は「普通徴収」を選択した場合6月、8月、
10月、翌年1月の通常年4回にわけてご自身で納付する
か、「特別徴収」として給与から差し引くかの選択になります。

参考URL:http://www.city.kawasaki.jp/guide/mijika/mi_8.htm

参照URL(川崎市役所のHPです)の下のほうに、区役所
の地図がでていますので、お住まいの区の市民税課に
住民税の確定申告をすることになります。
(市民税と県民税あわせて住民税の申告となってます)

「平成17年分の給与所得の源泉徴収票」、「給与所得以外
の収入経費の分かるもの」、「印鑑」を用意したうえで
区役所の市民税課に行き申告を行うか、
区役所に電話して住民税の申告書を郵送してもらい記入
して郵送で送るかになります。
(平成18年3月15日が期限になっています)

h...続きを読む

Q医療費控除の「総所得の5%」の「総所得」は総支払額?それとも給与所得控

医療費控除の「総所得の5%」の「総所得」は総支払額?それとも給与所得控除後の金額?

「10万円か総所得の5%のいずれか少ない金額」と書いている物が多く、源泉徴収票の「総支払額の5%」だと思っていましたが、先日、送られてきた健康保険組合の医療費のお知らせには「給与所得控除後の金額の5%」と書いてありました。どちらが正しいのでしょうか?

もし「給与所得控除後の金額」だとしたら、いくら位の額になるか、源泉徴収票を頂くまでわかりません。会社での年末調整終了後、自分で確定申告で修正申告すればいいのでしょうか?

Aベストアンサー

 NO.1です。補足をいただいたので、付け足します。

 >会社での年末調整終了後、源泉徴収票をもらってから 確定申告すればいいんですね?

  そうです。
  年末調整の手続きの中には医療費の控除が含まれていないため、確定申告が必要です。

 >訂正することになるのかと思い修正申告になるのかと思ってました。

  ちょっと細かい話で恐縮ですが、

  ・確定申告 … 1度目の申告のことです(年末調整後に申告する場合も、1度目と数えます。)。

  ・修正申告 … 1度目の申告の後(年末調整は含みません)、確定申告の期間を過ぎてから、再度内容を訂正した申告をする場合です。この訂正は、最初の申告より税額が増える場合のみです。減る場合は申告書を訂正して提出しても認められませんので、『更生の請求』という別の手続きが必要です。

  ・訂正申告 … 1度目の申告の後、確定申告の期間内に、再度内容を訂正して提出された申告書はこう呼ばれています。この場合の訂正は、税金の増額、減額、ともに可能です。

Q給与所得者の保険料控除申告

今年初めて、所得があり、限度内に収めましたが、(扶養の枠内)自分自身簡易保険(個人年金)5件ほど加入しています。年間30万円の掛け金全部、証明書を添付して、私の会社へ、提出する必要があるでしょうか?
 又、申告するとどうなるのでしょうか? 控除というのは、給料から引かれるのでしょうか? なるべく引かれるのを少なくするには、どのようにしたらいいのでしょう?困っています。

Aベストアンサー

給与収入が103万円以内であれば、所得税が課税されませんから、生命保険料控除申告をする必要は有りません。

所得税が課税になる場合、生命保険料控除申告をすると、最高5万円まで、課税所得から控除され、その分に対する所得税が安くなります。

なお、ご主人が生命保険料控除の枠が余っている場合は、あなたの分をご主人の方で控除することも出来ます。

Q住宅ローン控除と給与所得以外の所得

どなたか分かる方がいらっしゃればと思い質問します。

2005年に主人の名義でローンを組んで家を建てたので、その年の年末調整が終わった後に確定申告をして、住宅ローン控除の手続きをしました。
そして、ちゃんと手続き通りに2006年の年末調整で所得税支払い分が戻ってきたのですが、昨年は主人に給与所得以外の所得があり(20万円以上でまだ税金を納めていない所得)それについては個別にまた確定申告が必要なようです。

さて、ここで質問なのですが…
住宅ローンの残高×1%-所得税にすると、まだまだ残高の方が多いので、この副収入分にかかってくる税金(これも所得税なのでしょうか?)は結果的に収めなくてもよくなるのではと思うのですが、どうでしょうか?
数字に弱いので、確定申告の書式を見ただけで軽く気持ち悪くなってきています…すみませんが、お知恵を拝借させて下さい。

Aベストアンサー

確定申告では、所得の総額を申告し、控除の総額を引いた残りに課税され、正しい税額を算出しなおす作業になります。

副収入分については所得税が課税されなければなりませんので、20万円収入が増え、ローン残高分のマイナスをして、正しく計算しなおすことになります。

なお、国税庁のサイトを見ると、ネット上で申告書を作成できます。数値を入力すると計算してくれます。
それをプリントアウトして、必要書類を添付して郵送すれば申告可能です。

Q給与所得と雑所得 配偶者特別控除

私の今年の給与は年間103万未満になりますが(育休中のため)、
FXをやっています。今まで損失ばかりだったのですが、
ようやくちまちま利益が出てきて取戻しをはかっています。

配偶者特別控除ですが、給与+FXの利益〈雑所得)で141万未満にならなければ
受けられないのでしょうか。今までは受けたことがないのでいまいち仕組みがわかりません。
給与所得が38万というのは65万の控除後ですよね?
国税局にかけたのですが、平日なのになかなかつながりません・・・。

確定申告はあまりしないので(医療費控除くらい)、わかりやすく回答いただけると助かります。

「年収103万から141万は配偶者特別控除」↓

http://allabout.co.jp/gm/gc/12041/2/

Aベストアンサー

>配偶者特別控除ですが、給与+FXの利益〈雑所得)で141万未満にならなければ…

「配偶者控除」は、配偶者の「合計所得金額」が 38万円以下であることが条件です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1191.htm
38万円を超え 76万円以下なら「配偶者特別控除」です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1195.htm

「合計所得金額」とは、給与と FX とをそれぞれ「所得」(収入とは意味が違う) に換算してから合計した数字のことです。
【給与所得】
税金や社保などを引かれる前の支給総額から、「給与所得控除」を引いた数字。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1410.htm
【(FX) 雑所得】
「売値 = 収入」からその FX の「買値」と「経費」を引いた「利益」。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1521.htm

>私の今年の給与は年間103万未満になりますが…

「給与所得」は 38万円未満と言うこと。
これに「(FX) 雑所得」を足して 38~76万円の間であれば、夫は今年の年末調整もしくは来年の確定申告で、配偶者特別控除を取ることができます。
配偶者特別控除の控除額は、階段状に変化します。

>「年収103万から141万は配偶者特別控除」↓…

その URL は、給与所得だけの場合の話。
しかも「所得」でなく「収入」の数字を言っていますので、給与所得以外の所得がある人にはあまり参考になりません。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>配偶者特別控除ですが、給与+FXの利益〈雑所得)で141万未満にならなければ…

「配偶者控除」は、配偶者の「合計所得金額」が 38万円以下であることが条件です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1191.htm
38万円を超え 76万円以下なら「配偶者特別控除」です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1195.htm

「合計所得金額」とは、給与と FX とをそれぞれ「所得」(収入とは意味が違う) に換算してから合計した数字のことです。
【給与所得】
税金や社保などを引かれる前の支給総額から、「給与...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報