ウォーターサーバーとコーヒーマシンが一体化した画期的マシン >>

Ikow!を使って英語を勉強しています。
単語はちょっとずつ覚えてきましたが、例文を見てもなぜそうなるのかがわかりません。

knowの例文で、

He knows a lot.(彼は物知りだ)

なぜknowの例文なのにknowsとsがつくのか、あと、a lotがまだ勉強していないので分かりませんでした。
そしてなぜknows a he lotではいけないのか、なぜこの順番になるのか、そこから分からないのです。

なので単語テストみたいなのは出来るようになっても、文章を読んだり、文章に当てはめるテストが分からないです。

かと言って例文丸暗記では効率が悪いですし…
そういった初歩から学べるサイト、参考書などはありませんか?

全く英語が分からないので意味不明な文章になっているかもしれません、すみません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

#1.です。

お礼どうも。

>「主語」や「動詞」のような専門用語?がそもそもよくわからないです。
>普通はこういった英語に使われる疑問詞などのような言葉は別で勉強するのでしょうか?

今回ご紹介したサイトの中の「ヘッチャラ英語学習」の左のMENUの中の
*「主語の話」
http://www.geocities.jp/gyouseikowa/eigo/syugo.h …
*「動詞の話」
http://www.geocities.jp/gyouseikowa/eigo/dousi.h …
*「疑問詞」
http://www.geocities.jp/gyouseikowa/eigo/gimonsi …

にかなり詳しく説明がしてあります。また、1度目に理解できない場合も、何回か繰り返していると理解出来る時があります。その間に新しい英単語を覚えたり、様々な英文に触れていることが、理解の助けになるのだと思います。<英文法・中学生向き>で取り上げた各サイトを順に読んでみて下さい。その後、<英文法・高校生向き>に取り組まれるとよいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

挙げていただいたサイトをよく読まずに質問してしまってすみません。
まずは中学英語の教えて頂いたサイトをよく読み、iknow!と並行して勉強していきたいと思います!

お礼日時:2012/08/10 18:05

私も有料になる前に iKnow を利用していました。

退屈と言えば、退屈ですが、無料でしたので利用していましたが、有料になってまで、利用しようとは思いませんでした。

「初歩の英語学習」に適したサイトなどが実際少ないと感じています。文科省も民間任せだけにせずに、独学で色々な科目を学べるサイトを立ち上げてくれるとよいと思っています。いろいろな理由で、学校に通えていない人が、案外増えているのが現在の状況の様に思うからです。

☆NHK語学番組
http://www.nhk.or.jp/gogaku/
の「基礎英語1~3」が、独学であっても英語の基礎を固めるには、最適だと思います。しかし、ラジオの講座ですので、すでに4月から3分の1ほどのスケジュールを消化しています。8月は、それぞれの番組の復習シリーズですから、遅れを取り戻すことが出来るかもしれません。このサイトで、ラジオの番組が、1週間遅れで聴くことができます。しかし、中学のレベルを完成するのに3年かかってしまうのが、欠点と言えば欠点です。

NHK語学番組の復習には、
☆ゴガクル
http://gogakuru.com/
も利用できます。

<英文法・中学生向き>
☆ヘッチャラ英語学習
http://www.geocities.jp/gyouseikowa/eigo/

☆中学英語学習サイト
http://english.005net.com/youten.htm

☆中学英文法辞典
http://www.geocities.jp/happy_proposal/index.html

<英文法・高校生向き>
☆英語学習
http://eigogakusyu-web.com/
最近「英文法」と「英単語学習」の分かれました。「英文法・善120 Lesson 一覧」をクリックして下さい。

☆英文法の泉
http://www.e-bunpou.net/index.html

☆英語喫茶
http://www.englishcafe.jp/

サイトを中学生、高校生で分けて紹介しましたが、質問者さんが、He knows a lot. の語順で疑問を持たれているようですので、中学生向きのサイトも紹介しました。それぞれのサイトから気に入ったものを選ばれて、少しずつ読まれるとよいと思います。

He knows a lot.

の knows は、「3人称・単数・現在(3単現)」の -s です。a lot は「たくさん」と言う意味で、「彼はたくさん知っています」→「彼は物知りだ」と訳されています。英語は、「主語+動詞」が基本で、その後に「目的語」や「補語」が続く場合もあります。

書籍の英文法では、

くもん出版・スーパーステップ中学英文法
http://www.kumonshuppan.com/jsp/jsp/category/kob …

が良く出来ていると言うのを、このサイトの他の方の質問で知りました。他にも有名な出版社のものであれば、信頼できると思います。

私自身PCを始めて無用英語学習サイトがたくさんあることを知り、「お気に入り」に登録しているうちにかなりの数になったので、皆さんと共有できればと思い、少しまとめてみましたので、宜しかったらご利用下さい。

☆無料英語学習サイトの紹介
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n19270
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「主語」や「動詞」のような専門用語?がそもそもよくわからないです。
国語から勉強したほうがいいのでしょうか(汗)
ほとんどのサイトがそれを分かっている上で進めているので
途中でややこしくなってしまいます。
普通はこういった英語に使われる疑問詞などのような言葉は別で勉強するのでしょうか?

お礼日時:2012/08/09 16:52

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング