『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/ …

上記URLで今年度の全国の小中学生対象の学力調査結果を県別の順位で確認することができます。


その結果でどうしても理解できないのが、沖縄のだんとつの毎回最下位とゆう結果です。

ボクは地元が大阪で現在も在阪の学校に通っています。大阪の体たらくはとっても納得できます。この地域でまともに学習できているのはごくごく一部なので、理解できない人は一回1年でも住めばわかると思います。


よく東北や北日本で成績がいい、つまり気候によって大きく左右されるとゆう方がいますが、それは間違っていると思います。

だって最北の北海道、東北いちの人口をほこる宮城が順位がめちゃめちゃ低いです。上位10位を見ても、東京、そして四国の香川県もはいっています。

東京が6位とゆうことは都会が不利、田舎が有利もないとおもいます。



そんな中上位を見てみると、もう毎回の常連と化している、北陸勢と秋田県です。イメージとしては田舎でのどかで県民性もなんとなくのんびりしている感じがします。


ちょっと話が長くなりましたが、そういった全く僕の個人的な思いですが、沖縄ってすっごく家族とか結びつきが強くて、なんてゆうか学習環境もいいような感じがします。

それなのになんで毎回こんなに成績が悪いのでしょうか?少なくとも、ボクが生まれ育った大阪に比べたら100倍マシだと思います。

成績が上位にくいこまないまでも、ここまでダントツに最下位ってあまりもおかしくないでしょうか?(大阪がダントツに最下位なら多分、日本全国納得すると思います)


なんでなのでしょうか?お忙しいとは思いますがお詳しい方教えてください。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

大阪民国は、日本のサイトにアクセスするな。


さっさと浄化されて、日本から出て行け腐れ土民が。
大阪は日本じゃないからな???
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お前、マジ、すげぇなっ!

どっかの国の王子サマ級のDQNだぜっ!

おつかれーっ!!

お礼日時:2012/08/22 20:16

 今回も小学校学力が1位になった秋田県に住む者です。


 今回の調査は全国の全ての学校が調査に関わっているわけではなく,各県の大・中・小規模の学校から抽出校が選ばれ,調査が実施されています。全学校が関わったら結果は違うとおっしゃった方もいらっしゃいましたが,客観性は十分あり,調査結果としてはかなり信憑性の高いものと思われます。

 さて,秋田県や福井県,富山県等の学力が高いのに比べ,沖縄県が学力が低いという結果には様々な要因が考えられます。

1 教員の意識の差
 学力が高い県は,全国学力テスト(以下全学テ)に対する意識が高いと思われます。いや,意識を高くせざるを得ない状況にあるのです。つまり,「上位を維持するために」という県教育委員会からの圧力もと,県レベルでの学力テストの実施,授業法改善に関わる研究等が半強制的に行われています。そして,学力の低い学校には専門官という名目で授業法の指導が入ります。学校の先生は否が応でも結果を出すために,頑張らなくてはならないのです。。

2 無答数の少なさ
 正答数にばかりが注目されていますが,学力の高い県は無答数の低さも顕著です。とにかく何か書いているため空欄が無いのです。「下手な鉄砲・・」じゃないですけど,分からなくても記号などは何か書けば当たる可能性はあります。意識して子どもが埋めているんではないと思いますが,先生からの「必ず何か書きなさい」という指示のもと,時間内で一生懸命解答欄を埋めているのです。

3 「家庭学習」
 秋田には「一人勉強」「家庭学習」という名の宿題があります。毎日ノート2ページ,あるいは60分と時間や量を決められ,計算問題や漢字,その他の学習に取り組み,毎日提出するというシステムがあります。当然,家庭での採点や教師のチェックも伴います。これは,習い事をしていようが塾に通っていようが,全く容赦ない義務です。長期休みにも継続され,秋田の子どもたちを強制的に机に向かわせている凄いシステム(習慣)です。こんなことを東京なんかでやったら,「家の子をいつ寝せればいいんだ」「塾に行かせてるから学力に心配はないからやらせない」等のクレームが来るでしょう。沖縄や大阪にはこんなシステムは無いでしょう?

4 子どもを取り巻く環境
 秋田県や北陸の各県は,持ち家率が高く,また祖父母との同居率も高いと言います。つまり,子どもが家に帰った時に,家に誰かいる率が高いのです。(これは沖縄もあてはまる点ですが)そのため,上記の家庭学習をやるときにも,家の人を意識しているのです。

5 高い地元定住意識
 沖縄には地元志向というか,「子どもたちが都会へ出ていくよりも,地元に残って家業を継ぎ,先祖伝来の土地や家屋を守って欲しい」という親御さんの気持ちが強いのではないでしょうか。実際,20年位前までは秋田県内の農村部や山間部にもそのような風潮は残っておりました。しかし,農家を取り巻く環境の変化で農業離れが進み,地元に残る若者は数%しかおりません。県内の都市部や他県へ出たいという意識が高く,そのためにはある程度の学力をもっていないとという教えを親や先生に小学校低学年から植えつけられます。それに失敗し夢敗れた者たちが憂さ晴らしに酒をあおり(酒消費量上位),人生に絶望感を覚え自ら命を絶つ(自殺率全国1位)という現実もあるのですが。

6 日照時間
 沖縄は南国ですから日が長いですよね。冬でも雪が降らないので,外で遊べます。家庭学習なんかやってられないでしょう(笑)。温かいですよね。それに引き換え,雪国秋田や福井,富山は冬はもの凄い量の雪が降ります。日も短く,冬は4時くらいには暗くなっちゃいます。早く家に入ってTVを見たりするんですが,暇なんで勉強しようかって気にもなるんですね。寒くていつまでも外にいませんし,スキーなんか休日にスキー場に行かなきゃできませんから。

 まあ,考えられる理由を6つくらい書いたんですが,全てがあてはまるとは限りませんのでご理解ください。

 蛇足ですが,秋田県の学力の高いのは小・中までで,大学進学率は全国35位と高校の学力はお粗末なものです。(沖縄は大学進学率も最下位ですね)
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうです。

お礼日時:2012/08/22 20:14

日本全国の全ての学校がこの調査に入っているんだったら、また別の結果が出ます。



しかし、これは自由参加で学校単位での参加が可能ですから、参加していない学校もありますので、優劣の差が実力の差以上に出てくるのは必至です。

強制的な学力調査の場合は大都市圏の学校が上位に入ります、大阪も上位に入ります(^_^)v


沖縄が最下位なのは、全体的な学力の低さと、参照する参加校数の少なさからきます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>しかし、これは自由参加で学校単位での参加が可能ですから、参加していない学校もありますので、優劣の差が実力の差以上に出てくるのは必至です。

来年度は全員参加とゆうことです。では来年は相当順位がいれかわるはずですよね?そうでしょうか?ほっとんど変わんないと思います。


>強制的な学力調査の場合は大都市圏の学校が上位に入ります、大阪も上位に入ります(^_^)v

あの、どこの地元県の人か知りませんが、大阪が上位になんか絶対はいんないっすよ。頭いいやつはいますよ、もちろん。ただ、それ以外の大勢がガチでバカばっかりなんですよ。別にバカでいいとおもってるヤツが大勢なんで。ってか、こうゆうので、いっつも大阪を擁護する人って、実際に大阪の学校とかに通ったことない人か、ずいぶん歳くってる人ばかりだとおもいます。

だって通ってるオレらが一番くわしいに決まってんでしょ。


>沖縄が最下位なのは、全体的な学力の低さと、参照する参加校数の少なさからきます。

じゃあ全員参加の来年は違う結果がでるってことですよね?5年連続で最下位ですよ?1年まってまた回答お願いしまーす!

お礼日時:2012/08/09 11:27

私は大阪府で高校の教員をしています。


全国学力テストの都道県別の成績をみて感じられるのは、
「学力以外に生きていく道があるかないか」です。

東北や日本海側の地域はは自由業的な産業が少なく、どうしても、
学力=生活力ということになり、競争が激しいのだと思います。

反対に、沖縄、大阪は自由業的な産業が非常に多く、学力以外の面で
生活力が判定されるところだと思います。
例えば、紅白歌合戦を見ると沖縄出身、大阪出身の歌手がいかに多いかが
よくわかります。
また、北海道、三重、高知は観光地であり、漁業が盛んという共通点があります。
私の経験では、親の職業と子供の学力にはかなりの相関関係があり、最も
高いのがサラリーマン、その次が農業、その次が自営業です。
漁業関係の師弟はかなり学力が低いことが多いです。
また、県民性にも大きな特徴があります。
学力の低い都道府県はおしなべてラテン系といえる楽天的な県民性を持っています。
先のことをあまり考えず今がよければいいのです。

大阪在住ならばおわかりだとおもいますが、大阪府内でも南北の学力差は大きいです
淀川以北の池田市、箕面市、豊中市などはゲルマン系に近い性質で勤勉で努力しますが、
笑いのセンスなどには欠ける面があります。
岸和田市、高石市など南部にいくほどラテン系の要素がつよく、特に岸和田市民は
だんじり祭りに酸化するために1年間を過ごしています。
私が懸念するのは大阪市西成区、門真市、寝屋川市、東大阪市などの巨大な貧困地区を
抱えた地域です。生活保護と茶髪の子供達が非常に多いことがわかります。
学力はほぼ無いに等しく、全国の幼児虐待の半分くらいがこの地域で発生しています。
貧困と若年結婚、低学力、貧困という負の連鎖から逃れられません。
私が生まれ育った千林という地区は大半が商業関係の師弟でした。(私もです)
多くの家庭では勉強は不必要なもので、読み書き、そろばんさえできればいいというものでした。
しかし、その読み書きも完全ではなく、私の友人にはひらがなを全て書けない生徒が
2名いました。今は超一流企業の社員をしています。

さて、沖縄の成績が低いのには理由があります。
農業、漁業の割合が多く、企業が少なく、学力で評価させることが少ない。
米軍基地に生活基盤の20%程度を依存し、最低ラインの生活は保障されやすい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>反対に、沖縄、大阪は自由業的な産業が非常に多く、学力以外の面で
生活力が判定されるところだと思います。

そうですねー、周りみると、バカでもやっていけてますもんね。学力の価値がちょっと違うのかもですね。


>漁業関係の師弟はかなり学力が低いことが多いです。
それいったら、内陸県はあたま良いってことになりませんか?北陸も秋田も海ありますよ。漁業がさかんかどうかは分からないけど、それなりに漁師さんはいるんじゃないですか?

>学力の低い都道府県はおしなべてラテン系といえる楽天的な県民性を持っています。
すっごい分かるんですけど、北海道ってさすがにラテンではないんじゃないですか?県民性っていわれると、う~んそっかーってなりますが、大阪と沖縄の1,2フィニッシュってなんか違和感があります。


岸和田は・・・なんてゆうか幅広くやばいですよね。オレらも行くのをためらいます。



先生がんばってください!(とっても大変だとおもうけど・・・)

お礼日時:2012/08/09 11:40

要は学習のインセンティブが明確かどうかという話しだと。




新学歴社会と日本 (中公新書ラクレ)

まとめると東京から東大が多いのは東大卒を見ているから。そして地方から東大進学が少ないのは、東大卒がそばにいないから。いるのは医者くらい。

ということで、私は新潟出身なので、上の意見に なるほどと思った。
確かに、東大卒はいなかったなぁ周りに。そして医学部進学が多かった。

先日テレビでつくば市の紹介をしていたが、小学生が将来なりたい職業で、全国ではスポーツ選手なのだが、つくば市は研究者なんだそうだ、一番人気が。

学習のインセンティブの強度かと思います
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>東京から東大が多いのは東大卒を見ているから。そして地方から東大進学が少ないのは、東大卒がそばにいないから。いるのは医者くらい。

え~と、つまり東京や関西の頭のいいやつは東大や京大に行って、地方の人は国立の医学部を目指す傾向が多いってことですか?

なんてゆうんだろ、言ってることはすごく分かるんですけど、もっと具体的に沖縄について教えてほしいんですけど・・・

お礼日時:2012/08/09 11:18

沖縄はこういう人種しかいません。



ttp://bokete.jp/boke/1032102

秋田県や北陸地方で成績がいいのは、単に母数が少ないだけです。
子供の数が少ないほど、高い子供が平均を引っ張って、結果上がります。
大都市圏が例外なのは、私立学校がたくさんあり、競争があるからです。

秋田県は「秋田商法」と呼ばれる位に、商売が下手です。
サービス業とか、秋田県民は非常にダメです。
それは、農家しかいないため、「他人をもてなす気持ち」とかないからです。
自分のことしか考えていないんですね。
なので学力の平均が高いからと言って、その土地の民度が高いとは限りません。
福井県とか、酷いでしょ???
山形では運動マットにはさんで殺した事件もありました。

つまり、
田舎=バカ
という図式が成り立ちます。
暴走族とか存在するのも、もう田舎しかいません。

よろしいか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>秋田県や北陸地方で成績がいいのは、単に母数が少ないだけです。
だから、秋田県や、北陸地方と同じか、それより人口少ない県なんて結構あんだろうがよ?島根県とか。

>田舎=バカ
大阪にすんでみろって。ぶっとんだバカの数だったら負けねぇって。少なくとも、秋田県や北陸地方に比べたら、数も割合も絶対に多い。

>暴走族とか存在するのも、もう田舎しかいません。
いるっての。お前どこの県なんだよ?

オレら大阪の人間はバカだからって別にきにしないんだけどさ、それ以外にいっくらでもぬきんでたものあるからよ。
結局お前の地元はさ、なんの特色もなく、なおかつ頭も悪い県だってことだろ?ランキングもずいぶんな下位なんだろ?終わってんな?

おつかれー!

お礼日時:2012/08/09 11:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qこの成績で偏差値63の公立高校は無理?

通塾してない中2の娘は、偏差値63の公立進学校を志望しています。
中1、3学期の、成績表は5教科23。9教科39でした。
定期テストは学年230名の中学校で平均40番でした。
得意科目は、英、数。やや点を取れない科目は理、社で、
この2教科が、学年順位を下げています。

2年1学期の定期テストは、5教科計206点、学年順位43番。
2年夏休み明け実力は、5教科計194点、学年順位38番でした。

2年1学期に受けた塾の模試は偏差値59でした。

質問は、これから塾に行き頑張るとして
偏差値63の公立高校は、可能性があるかというものです。
言い訳のようですが、塾に行き効率の良い学習指導を受ければ
私は、少しは競争もあるし成績がわずかながら上向くのではと思うのです。
でも塾に行ったからといって上がるわけは無く
塾+本人の努力とやる気だと思いますが。

偏差値59ぐらいの子が偏差値を63まで上げるのは
奇跡に近いと言われました。
やはりそうなのでしょうか?
最初から、無理なのでしょうか?
やはり偏差値63の公立の進学校に行く人は、
最初から、偏差値65ぐらいある人ばかりなのですか?
アドバイス、よろしくお願いします。

通塾してない中2の娘は、偏差値63の公立進学校を志望しています。
中1、3学期の、成績表は5教科23。9教科39でした。
定期テストは学年230名の中学校で平均40番でした。
得意科目は、英、数。やや点を取れない科目は理、社で、
この2教科が、学年順位を下げています。

2年1学期の定期テストは、5教科計206点、学年順位43番。
2年夏休み明け実力は、5教科計194点、学年順位38番でした。

2年1学期に受けた塾の模試は偏差値59でした。

質問は、これから塾に行き頑...続きを読む

Aベストアンサー

ウチの子(現高三)と同じ状況ですね。
ウチの子は、中三の春60ぐらいから、63の公立に行きました。
校内の成績は、9教科36~39ぐらい
220人中良いときで30番台後半、悪いときで60番ぐらい。5教科平均点は、400~420点でした。

どのデーターを取ってもほぼ同じですね。

>偏差値59ぐらいの子が偏差値を63まで上げるのは奇跡に近いと言われました。

ウチも中三春の時点で同じ事言われました。
子供の高校の同級生の話を聞くと、得点率90%は当たり前、5教科満点という強者も結構います。
ここで、偏差値の話から
偏差値65以上の上位7%に成績表の5が付きます。
偏差値63は、上位9.7%(22/223)
偏差値59は、上位18.5%(42/223)
となります。結構当たってますね。
つまり、63まで上げるということは、
学内で、22番以内に入るということです。
中間期末は、範囲も少ないので、突如ランクインすることもありますが、常時20番前後が出れば、偏差値63ぐらいなったと言って良いでしょう。

もし、受験直前まで偏差値63までたどり着かなかった場合、志望校の志願倍率などみて受験を決めたら良いと思います。1.1倍ぐらいなら、60ぐらいでも充分合格できると思います。(ウチの子の時はコレだった)
1.3倍だったら60では先ず無理だと思います。

普通、志願倍率が教育委員会から、HPに発表になってからも志願先を変更できると思います。(地域によって違うかも)

成績上位(43/223)から、22番ぐらいに上げるのは、『相手も頑張っている』ゾーンなので、結構努力が必要です。(それでも絶対ではない)

いずれにせよやる前にあきらめるより、直前まで頑張る事を小生は薦めます。

ウチの子(現高三)と同じ状況ですね。
ウチの子は、中三の春60ぐらいから、63の公立に行きました。
校内の成績は、9教科36~39ぐらい
220人中良いときで30番台後半、悪いときで60番ぐらい。5教科平均点は、400~420点でした。

どのデーターを取ってもほぼ同じですね。

>偏差値59ぐらいの子が偏差値を63まで上げるのは奇跡に近いと言われました。

ウチも中三春の時点で同じ事言われました。
子供の高校の同級生の話を聞くと、得点率90%は当たり前、5教科満点という強者...続きを読む


人気Q&Aランキング

価格.com 格安SIM 料金比較