デジタル一眼レフカメラの購入でご教授をお願いしますm(_ _)m。

フルサイズかAPS-Cか迷っているのですが、
下記の条件になった場合、どちらがいいのでしょうか?


【撮影対象】
(1)室内撮影がメイン
(2)できれば食品などの物撮りもできれば

【要望】
・室内撮影なので、できるだけ広角で撮影できるようにしたい
・暗い場所の撮影もあるので、そのシーンでもできるだけ明るくきれいに撮りたい
・ボディに合うレンズも教えて頂きたい

【使用媒体】
WEB

【予算】
レンズ込み、三脚等周辺機器込みで~50万
※もちろん安ければ安い方が嬉しいです・・・。

いろいろ検討してボディ「D800」+
レンズ「AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED」or「16-35mm f/4G ED VR」がいいかなとは思っているのですが(上記レンズの場合、広角や手ブレ等考えた上で総合的にどちらがいいのでしょうか?)、いかんせん、詳しくない為、本当にいいのかという不安が残り質問させて頂きました。

ご教授をお願いしますm(_ _)m。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (15件中1~10件)

できるだけ安くってなら、旧型になった(まだメーカーは新型と併売って言ってます)キヤノンEOS5D MarkIIレンズキット(EF24―105mmF4LIS USM)で良いじゃないですか。


それに、しっっかりした三脚とストロボ等の照明器具で予算内で収まるでしょう。
暗い所で明るく写すのは適正な露出を与えればよいだけの話で、極端な話カメラ本体の性能よりも撮影者の知識と技能が優先します(確かに長時間露出や高ISO感度時のノイズ問題などもありますが)。

特に食品の物撮りの場合は光の扱い方と露出、アングルによって見た者が美味しそう!食べたい!!と感じるか、何も感じないか極端に現れます。
また、広角で料理などを撮ると、斜めからの撮影が多くなる関係上、形がデフォルメされるので、標準~中望遠域の方が自然に写るでしょう。
状況によってはマクロレンズも必要になるかもしれません。

ただ、言える事は、その道で飯食っているプロもいる訳ですから、機材を金銭に糸目を付けずにつぎ込んでもそれだけでプロの様な美しい写真、思い通りの写真が撮れる訳ではありません。

知識・経験・テクニックなど機材以外に必要な要素の方が多いくらいです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

CBX750Fさん

ご助言ありがとうございます。

>ただ、言える事は、その道で飯食っているプロもいる訳ですから、
>機材を金銭に糸目を付けずにつぎ込んでもそれだけでプロの様な美しい写真、思い通りの写真が撮れる訳ではありません。

>知識・経験・テクニックなど機材以外に必要な要素の方が多いくらいです。

ご指摘の通りです。
腕がない分、機材でカバーしようという甘い考えがありました。
機材より知識や経験。基本ですよね。少し目が覚めました。

MarkIIレンズキットは少し考えましたが、ニコンの方が勝手にいいかなと思っていました。カタログとかの影響を受けていました・・・。
カタログとかは一流のプロが撮影したものですよね。

ありがとうございました!!

お礼日時:2012/08/12 23:43

私も古い洋館などで撮影したりします。

35mmフルサイズに広角単焦点を使います。
フルサイズを使うのは元々フイルムから始めたからなのですが、単焦点で広角となるとやはりフルサイズが選びやすいです。ただ、設計が古いものが少なくないですけど。

室内を写す場合、ズームでは歪みが出やすいです。直線の柱が曲がって写ったりします。あと、単焦点は明るいレンズが選べるので暗くなりがちな室内では撮影に少し余裕が出来ます。私の場合、旅行などレンズを絞りたい場合、24mm/35mm/60mmを使うことが多いです。24mmではちょっと狭いこともよくありますが、これで結構撮れます。20mmがあればなお良いのですが、単焦点は持っていないです。35mmは部屋を写すには狭すぎですが、60mmはマイクロレンズなので近距離でも撮れますし、少し離れた小さめのものを写すには都合が良いです。壁のちょっとしたライト、そう大きくない飾りなどが写しやすいです。D800に単焦点3~4本買えば50万円以下になりそうに思えます。
    • good
    • 2

目的に合うレンズがあればそれでいいような気もしますが


フルサイズ機の方がノイズ少なかったり色々違いますよ
レンズもやっぱり違いますね
許容範囲ではあるが比べちゃうとやっぱりダメ
    • good
    • 0

家電量販店でデジカメの販売のヘルパーをしています。


フルサイズの一眼は非常に重量があります。
ミラーレスのAPS-Cなら軽いですしWズームキットでも10万位でしょう。
安い物なら7万円程です。
キャノンのミラーレスAPS-C 9月に新発売です。
    • good
    • 1

50万あるのならフルサイズでいいじゃないですか。


EOS5D-3で良いのじゃないですか?(D800でもいいんですけど)
レンズは24-105F4L
広角ズームはそれ(24mm)で足りなければ買い足せばいいでしょう。
それと物をきっちり取るためのマクロEF50/2.5(かEF100/2.8USM)

D800でしたらやはり24mmからの標準ズーム
それと60mmのマイクロレンズ

例に挙げているレンズでは14-24の方が高級ですが16-35で充分では。
その前に標準ズームが要ると思いますけれど。
24mmがあればまあだいたい間に合う物だと私は思います。
フルサイズで14mmとかはまあ普通は要らないですね。

早くからRAWで撮影して調整できるようになった方が良いと思います。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

Postizosさん

ご助言ありがとうございます。

>フルサイズで14mmとかはまあ普通は要らないですね。

実際に使用感がないので、このような助言を頂けると非常に参考になります。

ありがとうございましたm(_ _)m

お礼日時:2012/08/13 11:47

Webに出すだけ、それもどうも話からすると一種の


「資料写真」ではないかと言う気がするんですが。
だとすると、APS-Cよりむしろコンデジの方が正解
なんじゃないですか?

だいたいWebの写真なんぞ、200万画素あれば十分
なんです。APS-Cでもややオーバースペック、フル
サイズなんぞ、「Webで見るだけ」なら全く不要です。

更に資料写真ならむしろ「隅々まできっちりピントが
出て、ボケてる部分が無い」方が正解。だったら、
被写界深度の深いコンデジの方が正解で、これを
きっちり三脚に乗せて、しっかりライティングをすれば
Web上なら、片手間に撮ったフルサイズなんかより
よっぽど良い写真が撮れます。

フルサイズを振り回してる最近の爺さん婆さんの撮る
写真のロクでもないことと言ったら・・・(苦笑)。写真は
機材2割の腕8割という持論を撤回して、「機材1%の
腕99%」と言いたいくらいです。

50万あったら、まずライティング機材を買い、次は三脚、
更に現像ソフトにいいモニタを買うのが先決。それらを
すべて済ませて、残った予算でカメラを買って下さい。
ライティングや現像は、腕だけではカバーできません
からね。そっちが絶対優先です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

FEX2053さん

ご助言ありがとうございます。

>「機材1%の腕99%」

私にも腕があったらそのように言っていたと思います・・・(苦笑)
カメラ関係ではありませんが、仕事でも同じですよね。
ただ、私には腕がありませんので、一般的な市場イメージに引っ張られてしまう心理が今非常に実感としてあります・・・。

>50万あったら、まずライティング機材を買い、次は三脚、
>更に現像ソフトにいいモニタを買うのが先決。それらを
>すべて済ませて、残った予算でカメラを買って下さい。
>ライティングや現像は、腕だけではカバーできませんからね。
>そっちが絶対優先です。

なんだか、非常に真理をついた内容だと思いました・・・。
今一度、冷静になって検討してみて総合的に判断していきたいと思います。

非常に参考になる助言ありがとうございました!!

お礼日時:2012/08/13 11:56

>>「広く撮影したい」⇒「広角が必要」⇒「フルサイズが必要だ」という思考回路になってしまっていまして。


>>実際に14mmがどの程度なのか使用したことがないので分らないレベルです。

広く撮影したい=広角が必要  までは間違っていませんが 「フルサイズが必要」は間違いです
いろいろ調べるのも、間違った知識は必要ありませんね

今つかっているカメラレンズのどこが不満なのかを書いて解決方法を尋ねてから買い換えるのが順番でしょう
日本のカメラ業界のためには沢山のお金をカメラに使ってほしいのは確かですがね
    • good
    • 1
この回答へのお礼

demioさん

ご返信ありがとうございます。

ご指摘頂いた内容をもう一度吟味して決断をしていきたいと思います。

ありがとうございました!!

お礼日時:2012/08/13 11:58

表現の幅の広さを比較すれば、35mmフルサイズのほうが圧倒的に広いです。


造りり出せる世界は、撮像素子の大きさが大きいほど、広がります。

最近、背景のきれいにボケた写真をプロっぽい写真って言っている初心者の方を多いようですが、これを撮りやすいのは、撮像素子の大きい35mmフルサイズ搭載機です。

それは、同じ画角を得るのに、撮像素子の小さいものの場合は、焦点処理の短いレンズを用いますが、素子が大きい場合は、長いものを用います。フォーマットの対角線の長さのレンズを付けた場合を、標準画角と言いますが、APS-Cの場合は、30mmくらいです。フルサイズになると43mmですが、一般に50mmを標準としています。やはり、30mmレンズと50mmレンズでは、同じ絞り値のとき50mmのほうがボケを得やすいです。逆の言い方をすると、ピントがシビアになります。

フィルムカメラが全盛だった頃、コンパクトだろうと、一眼レフだろうとみんなこの35mmフルサイズフォーマットで撮影していましたが、コンパクトは、絞りを絞った状態で、ピントが深くなるようにされていたいので、一眼レフにすると、「ピントが合わない」「一眼レフは良く写らない」なんていう方もいました。

デジタルになると、この傾向はさらに強まっています。コンパクトの撮像素子の大きさは、小指の先ほどの大きさしかありません。一方、一眼レフと言われるカメラのそれは、APS-Cで、18×24mmくらい、35mmフルサイズになると、24×36mm有ります。コンパクトは、標準の画角を得るために、数mmのレンズを使うので、ボカそうとおもってもまったくボケません。近くのものから、遠くのものまで、ピントの合った写真になってしまいます。そんなわけで、ピントにシビアな撮像素子の大きいカメラは、「良く写らない」、となってしまうようです。

でも、実際は、そんなことは無くて、大きな素子のカメラでも、絞れば、パンフォーカスの写真は撮れます。つまり、コンパクトは、一眼レフの創れる世界のほんの一部を撮影する単機能カメラという感じです。

私は、予算が許すのであれば、より表現の幅の広い、なるべく大きな素子のカメラを使うべきだと思います。でも、どうすれば思ったとおりの写真になるか、勉強することも必要です。D800+良いじゃないですか。でも、使用するレンズは、50mmくらいがいいと思いますよ。14-24mmや、16-35mmでは、癖(パースペクティブ=遠近感の誇張)が強すぎます。50mmF1.4など、明るい標準レンズを持つと、35mmフルサイズの表現の幅の広さをよく勉強できます。

最初は、ピントで悩むと思います。開放1.4のレンズの被写界深度は非常に薄いです。思ったところにピントが行かないと、イメージしたものとまったく違うイメージに変わってしまいます。AFの言うとおりにとってもうまくいかない場合も多々あると思います。使いこなしてみてください。

また、35mmフルサイズの創り出す絵は、フィルムの時代の4×5判(ジャバラのカメラ)の画質をしのぎます。ブレは厳禁です。ましてD800は、3600万画素と、中判デジタルに迫る画素数です。三脚は必須ですね。35mmフルサイズの創り出す緻密な世界を味わってみてください。

35mmフルサイズのカメラ+明るいレンズは、車にたとえるとフェラーリエンツォのようなものでしょう。はまればめちゃくちゃ速く、別世界を見せてくれます。APS-Cは、マツダロードスターくらいでしょうか、そこそこ気分は味わえますが、それほど速くもありません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

syashindaisukiさん

ご助言ありがとうざいます。

>コンパクトは、一眼レフの創れる世界のほんの一部を撮影する単機能カメラ

非常に分りやすい説明ありがとうございます。

自分の実力的にその表現の幅を最大限生かすことができるのか、
それとも、ある程度機能を絞って簡易に撮影することが目的なのか今一度熟考していきたいと思います。

正直なところ、フェラーリを乗りたい気持ちだけで、実力はロードスターだろ、
いや、カローラで十分だろというような感じなので・・・。

ご助言ありがとうございました。

お礼日時:2012/08/13 12:03

No.5です。

補足ありがとうございました。

APS-Cのカメラでも、今は広角は充実しています。というより、比較的安価に広角を撮りたいのであれば、フルサイズよりもAPS-Cのほうが適しています。
ところで今お使いの機種は何でしょう?

http://www.tokina.co.jp/camera-lenses/wide-lense …

例えばTokina AT-X 124 PRO DX IIは、APS-C一眼レフ用の広角レンズで、ニコンユーザーの間では、実売価格で倍以上する純正レンズと全く遜色なく撮れる、シャープで素晴らしいレンズと評されています。
私も持っていますが、本当にシャープに撮れる、満足する1本です。

食品の撮影については、今持っているレンズキットの標準で事足りませんか?
マクロレンズが必要とは思いませんし。もちろんマクロレンズはあれば便利ですし、マクロ撮影でなくてもレンズキットの標準レンズとは一味違った絵になります。

それよりライティングのほうがずっと重要ですよ。


D800については、もし今お使いのカメラでAUTOモードで撮っているなら、D800にはそのような完全自動のモードはありませんので、まずはシャッタースピード、絞り、感度とはなんぞや、というのを理解しなければ使いこなせる機種ではありません。
運転免許初心者が、いきなりレーシングカーに乗るようなものです。

しかし、D800はちゃんと使いこなせれば、それこそカタログレベルの素晴らしい写真が撮れます。高画素という数字だけがひとり歩きしていますが、このカメラは本当によくできています。
ちなみに、ここの回答常連者はC社びいきが多く、時に他社を貶す発言もありますが(ほんとうにC社が好きなんでしょうね)、それは1つの意見として心に留めておきましょう。
ニコンのJPG撮って出しがあまり良くなかったのは、個人的にはD2S/D200世代までかと思います。
D800は、JPGの撮って出しは、高感度カラーノイズの処理がRAWと比べて今一歩の感はありますが、それ以外は何ら不満を感じません。逆に、D300よりもJPG撮影が増えたくらいですから。


以上は余談として、まずは手持ちの機材を使いこなすことのほうが先です。
暗い場所でも明るく撮るには…どうしたら良いと思いますか? それは1万円のコンパクトカメラでも可能なことです。答えはあえて書きません。
写真・カメラの初心者向けの本はさんざん書店にありますので、そういったものを読んで勉強しましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

noct_nikさん

ご返信ありがとうございます。

>食品の撮影については、今持っているレンズキットの標準で事足りませんか?

事足ります。ただ、勝手なイメージ的にフルサイズならもっといいのが撮れるだろうと素人のイメージが先行してしまっていました。

皆様にご指摘頂いているように照明などカメラ以外の機材に注意を配った方がいいと思い始めました。

>それは1万円のコンパクトカメラでも可能なことです。

確かにご指摘の通りだと思います・・・。
どうも、真理を忘れていた気がします。ダメですね。。。

C社、N社、どこ社というようなメーカー希望はあまりなく、正直カタログの印象と口コミ掲示板に文字情報のみで判断していました。

フラットな意見を頂けると非常に安心します。

二度に渡るご返信ありがとうございましたm(_ _)m

お礼日時:2012/08/13 12:12

フルサイズだとマクロ撮影をした時にピントがシビアになりがちなので


その点で言うとAPS-Cが有利だと思います。
イメージサークルの小さいコンパクト機だともっと有利です。

それに
最近はAPS-C用のレンズがかなり充実してきてるので
APS-Cが出たての頃の『APS-Cは広角が弱い』と言う事も
もう無いと思いますよ。

14mmって使った事ないですが
ラフに撮ると自分の足が写っちゃうぐらいだと思います。

恐らく
質問者さんの要望を満たすのであればAPS-Cで十分大丈夫だと思います。
レンズはこんな感じでどうでしょう
http://kakaku.com/prdsearch/prdcompare.asp?PrdKe …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

gengensanさん

ご助言ありがとうございます。

レンズのURL非常に参考になります。

おそらく助言頂いた通り、私の要望にはAPS-C+広角レンズで十分だと思います。ただ、素人のいいものねだりではないですが、フルサイズを使ってみたいという気持ちとも揺れています。正直、APS-Cが本来だと思います。

今一度、整理して検討したいと思います。

ありがとうございました。

お礼日時:2012/08/13 12:15

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qオススメのフルサイズはありますか? 以前Canonの6Dについて質問 させて頂きましたが、他にオスス

オススメのフルサイズはありますか?

以前Canonの6Dについて質問
させて頂きましたが、他にオススメの
フルサイズ機はありますか?

用途は引き続きスナップです。

ミラーレスは全く考えいません。

ありましたら、皆様オススメの
フルサイズ機がありましたらお願いいたしますm(__)m

Aベストアンサー

出る出ると噂の絶えないEOS6D後継機。
逆に言えば、EOS6Dは、それだけ陳腐化を感じさせない基本性能の良さが光るカメラだと思う。

勿論、私もフルサイズ機の一員としてEOS6D使ってますよ。
スポーツ向きのカメラじゃないけど、風景・スナップなら過不足なし。何よりAPS-C機並みの軽で単焦点レンズ1本でと割り切れば、お散歩カメラに最適。

他にお勧めと言われても、対抗馬は、ニコンD750ぐらい。或いは、EOS6DMarkⅡのスペックが明らかになるまで待つかでしょう。

一言、言わせて貰うと、ニコンとキヤノンの絵作りは全く逆。
具体的に言うと、ニコンは被写体の色を忠実に再現するのに対し、キヤノンはユーザーがこんな色なら良いなと思うような絵作り。
その違いが明瞭に表れるのが人肌。これは、どちらが良い悪いでなくユーザーの好み用途次第でしょう。

Q一眼レフカメラと一眼レフデジタルカメラとデジタルカメラと・・の違い

最近、写真に興味を持った程度のど初心者です。


よくプロのカメラマンさん達は一眼レフの高級なカメラを使っていると思うのですが、そもそも一眼レフという名前はどういう意味なのでしょうか?(レフって?)

それと、
・一眼レフカメラ
・一眼レフデジタルカメラ
・デジタルカメラ
・普通にフィルムを入れて使うカメラ
の特徴や値段を教えていただけるとうれしいです。

他の方の質問も調べたのですが、単語などが難しくて・・

初心者むけのカメラ雑誌、HPなどがあれば教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

プロが使っているようなカメラは、レンズが交換できるタイプの一眼レフを使用している事が多いです。
一番のメリットは、そのままですが、撮影対象に合わせてレンズを交換して撮影できるという事です。
ボディのみ数十万、レンズも一本10万以上というものもありますが、一般の人が買いやすいようにお買い得な物も多数出ています。

価格は、一般にデジタルよりもフィルム(銀塩)の方が安く購入できます。
ですが、フィルムは撮影後に現像しないと見れませんが、デジタルの場合は、撮ったその場で画像を確認できます。デジタルの画像データとして保存されるので、プリントしなければ、いくら撮影しても購入後のフィルム代や現像代等がかかりません。
また、プリンタがあれば、自宅で好きな写真を好きな枚数だけプリントできて便利です。

価格なら↓
http://www.kakaku.com/camera/
用語なら↓
http://www.kakaku.com/camera/dictionary/
http://www.clubcapa.net/camera_word/digiyougo/digiyougo1.html
http://www.clubcapa.net/camera_word/jirin/jirin.html
デジカメのレビュー記事、撮影テクニック↓
http://arena.nikkeibp.co.jp/stage/camera/

プロが使っているようなカメラは、レンズが交換できるタイプの一眼レフを使用している事が多いです。
一番のメリットは、そのままですが、撮影対象に合わせてレンズを交換して撮影できるという事です。
ボディのみ数十万、レンズも一本10万以上というものもありますが、一般の人が買いやすいようにお買い得な物も多数出ています。

価格は、一般にデジタルよりもフィルム(銀塩)の方が安く購入できます。
ですが、フィルムは撮影後に現像しないと見れませんが、デジタルの場合は、撮ったその場で画像を確認...続きを読む

Qフルサイズの28mmとフォーサーズの14mm

35mmフルサイズの28mmレンズの場合、
APSーCサイズの18mm、フォーサーズの14mmで28mm相当となりますが
実際の画像は、フルサイズの28mmとは遠近感が全く違いますよね。
これはどうしようもないことですね。

要するに35mmフルサイズの18mmや14mmで写る部分をトリミング
してるように考えたらいいのでしょうか。

Aベストアンサー

>手前のものを同じ大きさになるように撮影した場合
>遠景の大きさが違う様に感じるのは気のせいなんでしょうか?

上手く説明出来ませんが、作図すれば理解できると思います。
まぁ、厳密に言えば、至近距離では、レンズの第一(前側)主点、第二(後側)主点との距離、ピント合せによる焦点距離の変化などの要素も無視できない値になりますので、全く同じでは有りませんが、ある程度の撮影距離を取れば、ほぼ、同等の画角とパースが得られる筈です。

>被写界深度はフルサイズで慣れていると少し戸惑いますね。

御尤も。他にも、ファインダーの見易さですね。
余談ですか、同じプリントサイズに出力した場合、フルサイズの28mmF8とフォーサーズの14mmF4とは、ほぼ同様の被写界深度になります。
要するに、画角換算を揃えたレンズを用いて、同じ被写界深度を得るには、F値を対角線長比で割れば解を求める事ができます。

Qフルサイズでなく、敢えてAPSサイズのカメラを購入する理由はありますか?

デジタル一眼レフの撮像素子のサイズは、フルサイズとAPSサイズ2種類(または3種類)の展開なのですが、なにか理由があるのでしょうか?
キャノンの新機種はどちらもAPSサイズです。

APS用のレンズをたくさん持っている場合は仕方ないです。
しかし、敢えてAPSサイズのカメラを選ぶ理由は何かあるのでしょうか?
望遠を稼ぐ以外にも何かアドバンテージはあるのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

いきなりフィルムよりの移行には画角(写る範囲の角度)
の問題はデジタル(撮像素子)フルサイズ機の方が違和感無く
使える利点がありますが、フルサイズデジタル故に構造的に
被写界深度やピント更に露出までもシビアになる「潰し」が
きかなくなる状態に期待が優先して陥る事となるのです。
それこそ画角の変化のメリットを置いといて、普及して熟成
してきたAPS-C機でDSLR(デジタル一眼レフ機)になれたり、
すでに慣れた方は、あえて道具として繊細なフルサイズ機
を道具として選ぶ即戦力でない事に気がつくはずです。
フルサイズが万能ではない、より繊細に扱う事で取り込む
情報量が物理的に大きいフォーマットを選ぶ理由がなければ
「大きなつづら」(童話雀のお宿参照)ですから。

Qフルサイズがすごいのか付けているレンズがすごいのか

フルサイズ使っている人って自ずといいレンズも使っていて
本体より高いくらいです。
APS-C機使っている人って、キットレンズだったり、APS-C用のちょっといいレンズだったりします。(もちろんフルサイズ用のいいレンズ使っている人もいますが)

http://photo.yodobashi.com/index.html
最近、ここの写真眺めていて、やっぱフルサイズは重厚感あるなあとか、階調豊かだなあとか、きめ細かいなあとか思っているんですが、実のところ使っているレンズも高価なものばかりです。単純比較ができません。
フルサイズとAPS-Cサイズ、中級くらいまでのレンズで撮り比べているようなサイトありませんか? 
また、APS-C機に高級レンズ付けている方の感想お聞かせください。

Aベストアンサー

レンズって中央部分と周辺部の写りって均一ではないのです。
周辺部では像が流れたり、四隅が暗くなったりします、
まあそれがレンズの味となるのですが。

APS-Cでフルサイズレンズを使う理由は、ただ単にそのレンズが
使いたいからということも有りますが、画角が狭くなることにより
中央のレンズの美味しい部分だけを使うということにもなり、
フルサイズでは絞り込んで周辺部のレンズの癖をなくすように
撮らないといけないのが、開放から撮れるということも出来ます。

まあ結局フルサイズでもトリミングすれば同じなんですけどね。

Q一眼レフデジタルカメラ コンパクトデジタルカメラ

一眼レフのフィルムカメラを持っています。(8年目を迎えようとしています)
また、あわせてコンパクトデジカメを持っていましたが5年目を迎える前に壊れてしました。

これを機にコンパクトデジカメを購入するか(キャノン)、一眼レフデジカメを購入するか(キャノンイオスキスX2)迷っています。

実家には一眼レフのデジカメがあるので(車で5分以内)必要なときはかりればいいのですが、コンパクトデジカメを購入して、また壊れたら・・・と思うと一眼レフデジカメを購入してたほうがいいかな?と思います。(借りるのもなんだかめんどくさい気もします)

用途は運動会、発表会です。

今のフィルムをつかえばいいのでしょうが、コンデジで撮った写真と意フィルムで撮った写真と整理するときごちゃつきそうです。
今も整理が滞っています。

どうしたらいいでしょうか?

皆さんは両方お持ちなのでしょうか?

Aベストアンサー

両方持っていて使い分けています。普段のちょっとしたスナップやレジャーでは圧倒的にコンデジの使用頻度が高いですが、発表会、運動会ではデジ一が活躍します。後者に重点を置くなら迷わずデジ一ですね。
ただし頻度はどのくらいでしょうか?年に2~3回程度ならご実家に借りて、取りあえず壊れたコンデジの買い替えという線でもよろしいのでは。
最近、コンデジを更新しましたが、性能もなかなかあがって来ているので(もちろん一眼にはかないませんが)、スナップ程度ならこれで十分と感じています。
コンデジって、あってもそんなに使わないけど、無いと不便を感じる、という感じですね。

ご参考に。

Qフルサイズより大きな素子

最近フルサイズ素子搭載のカメラの小型化が進んでいますが、
フルサイズより大きなサイズのほうがきれいに写るのであれば、
そっちのカメラの小型化もあると思うのです。

ペンタックスあたりでK-3ボディサイズに645の素子を搭載した
デジカメって出ないのでしょうか?

Aベストアンサー

ボディは小型化できても中判サイズのイメージサークルを持つレンズは小型化が難しいですからね。

特にペンタックスは中判カメラでは一眼レフタイプのレンズしか作っていませんから
それを小型化するのは難しいかもしれません。
かえってFUJIやMAMIYAのような距離計式の中判カメラを作っていたメーカーのほうが
レンズの小型化のノウハウはあるかもしれません。

ただ、そうしたレンズは焦点距離などのバリエーションが出せませんから
商売的には取り組みが難しいでしょう。

レンズ固定式であれば二眼レフの上半分(つまりビューレンズ部分)を切り取れば
現行の135サイズの一眼レフよりずっと小さくできます。

仕事で使っているハッセルブラッドSWC+デジタルバックの組み合わせは135一眼レフより小さいですから
そのセンサー部分を固定式にすればもっと小さくできるでしょう。
ただ、レンズ交換ができませんからアマチュア向けの商品としては魅力に欠けます。

Qデジタル一眼レフカメラとデジタルコンパクトカメラの性能比較

デジタル一眼レフカメラとデジタルコンパクトカメラの性能比較

デジタルの一眼レフカメラ、コンパクトカメラの
主観など一切無く純粋に性能の評価をしているサイトはありますか?

Aベストアンサー

コンパクトデジカメ、デジタル一眼レフ、交換レンズ、それぞれのメーカーサイトを確認されれば必要なデータは揃っていると思いますが?
どのような性能をお望みでしょうか?

ちなみに一眼レフは、相当数ある交換レンズと本体との組み合わせで撮影画の個性は大きく変わりますので、特定の組み合わせでの撮影画の比較はあまり意味を成さないと思います。

そもそも写真というのは多少芸術寄りの趣味のものですので、数値化して比較するということ自体ナンセンスなのではないかと思います。
ピカソとゴッホの絵を数値化して比較することに意味が無いように。

QフルサイズとAPS-Cの違いを詳しく

フルサイズはAPS-Cよりも画質がなぜ良いのか教えて頂きたいです。

というのも、現在発売しているペンタックスK-5、ニコンD7000はDxOMarkという
カメラの画質を比較検討しているサイトでは上記カメラはフルサイズ並のベンチスコアを
出していますが、カメラ屋でSDカード持参のうえ画質比較をしても、色々なサイトで画質を
比較しても、フルサイズの方が単焦点はもちろんズームであっても(安ズームであっても)
ヌケや立体感がある様に感じます。

今まで色々議論されてきた事だと思いますが、このヌケや立体感はベンチスコアでは
分からないフルサイズ特有の何かだと思いました。

この何かとは具体的に何でしょう?センサーサイズが大きいからという断片的な回答でなく、
もっと詳細を教えて頂きたいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

フルサイズとAPSサイズを、同画角で単純撮影した場合。
・フルサイズの50mmレンズは、APSサイズの35mmレンズになりますから。
単に、APSの方が広角となり、当然ながら、被写界深度やボケの差として現れるだけの話だと思います。

フルサイズとAPSサイズを、同画角、同絞り値で単純撮影した場合。
フルサイズの方が「被写界深度が浅く、大きくボケる」。
これが、写真の違いとして現れるだけの話です。

中型カメラ対35mmカメラでも同様なことが昔から言われてきました。

余談ながら・・・
・ヌケや立体感は、撮影者が意識的に創作するもので、カメラ任せにするものではありません。
APSサイズの一眼も、撮影主題が構図の中にしっかりと反映されていれば、ヌケや立体感はフルサイズと同じくらい、いや、それ以上に表現できます。

=ヌケ=
構図の上での配色に気を遣うこと。
人間の心理的な色合い(寒暖色、涼感色、青空などの空気感、白、黒)を、構図の上に配置すること。

=立体感=
人物写真ならば、モデルさんにちょっとだけ顔や体を横に向けてもらう。
とか、
街の写真やスナップならば、電柱やガードレールなどの長物を画面上に上手く配置するなど。。。
風景写真ならば、構図の中に空をどのくらいの比率で入れるか、ポートレートとするか、ランドスケープとするか、など。。。

フルサイズとAPSサイズを、同画角で単純撮影した場合。
・フルサイズの50mmレンズは、APSサイズの35mmレンズになりますから。
単に、APSの方が広角となり、当然ながら、被写界深度やボケの差として現れるだけの話だと思います。

フルサイズとAPSサイズを、同画角、同絞り値で単純撮影した場合。
フルサイズの方が「被写界深度が浅く、大きくボケる」。
これが、写真の違いとして現れるだけの話です。

中型カメラ対35mmカメラでも同様なことが昔から言われてきました。

余談ながら・・...続きを読む

Qデジタル一眼レフカメラ or ハイスペックなコンパクトデジタルカメラ?

今、デジタル一眼レフカメラもしくはハイスペックなコンパクトデジタルカメラどちらを買おうか迷っているところです!

予算は一応10万円ぐらいで…中古も視野に探そうと思っています。

そこでオススメを教えてください!一応コンパクトデジタルカメラのほうはRICOH GRシリーズやPENシリーズを考えてます!

主に友達のライブの写真を撮ったりします。
あとは紙媒体、Tシャツ、ブログなどのWEBに印刷や使用予定です!

Aベストアンサー

個人的には、ライブ撮影をメインに考えているのならコンデジはまずあり得ないですね。
どうしても、敢えてというのなら…「RICHO GXR+GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO」を試してみたいかな。でも、この50mmF2.5MACROはAFがかなり遅いらしいからなぁ…それにこれだけ揃えるとなるとデジタル一眼が買える値段になるし。

デジタル一眼の場合でも入門機は除外するかも。
入門機だとISO1600までしか設定できない機種があるし、ライブでISO1600では厳しいことが多い。最低でも3200に明るいF2.8の大口径ズームレンズは譲れないかな。となるとレンズキットは外した方が良い?

カメラというのは上を見ればキリがないので、予算に合わせて自分の足で見つけるのが一番です。
理想としてはNikon D3S、Canon EOS 5D MarkII、EOS 7DクラスがISO6400でも高画質を維持できていると思うので暗いところでも安心して使えますよね。

デジタル一眼の場合は「レンズにどれだけお金をかけられるか次第」と言うところがあります。撮影対象が幅広いと、それだけ用意した方がよいレンズも増えるし、同じ対象でもレンズは数種類あり価格もピンキリ。ケチったりすると結局は高い買い物になったりします。
その辺は、実際に自分でどれだけ手間をかけたか次第なんですけどね。

個人的には、ライブ撮影をメインに考えているのならコンデジはまずあり得ないですね。
どうしても、敢えてというのなら…「RICHO GXR+GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO」を試してみたいかな。でも、この50mmF2.5MACROはAFがかなり遅いらしいからなぁ…それにこれだけ揃えるとなるとデジタル一眼が買える値段になるし。

デジタル一眼の場合でも入門機は除外するかも。
入門機だとISO1600までしか設定できない機種があるし、ライブでISO1600では厳しいことが多い。最低でも3200に明るいF2.8の大口径ズームレンズは...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報